MUSIC 4 YOUR LEGS

House...Garage...All Dance Grooves...

GENE HUNT "CHICAGO DANCE TRACKS VOL.1" (RUSH HOUR)

2011-04-18

14019.jpg 80年代の聖地シカゴにて産声を上げたハウスミュージック。CDRなどが存在しないこの時代、ローカルなアーチスト達が自作の音源をシェアするのに使っていたのがオープンリールテープやカセットテープだった。DJはそのオープンリールやカセットテープをピッチコントローラー付のプレイヤーを駆使し、レコードと交えクラブプレイをしていた。しかしこの時代のローカルなハウスレーベルといえば立ち上がってはすぐに潰れていくの繰り返しで、テープでシェアされてきた音源の多くは一度もレコードに刻まれること無く、シカゴのダンスフロアだけで役目を終えていったのだ.....。

86年、ハウスシーンが拡大しはじめていたシカゴでDJとしてのキャリアをスタート、Ron Hardyをはじめ多くのDJ達とシーンを形成してきたベテランGene Hunt。彼もまた、それらオープンリールを所有しDJをしてきた1人だ。約25年もの間、彼の自宅ガレージで使われずに保管され続けてきたオープンリールテープがRUSH HOURとGene Huntの手により、フルレングス・コンピレーションとなってとなって待望のパッケージ化。

Larry Heard、 Marshall Jefferson、Farley JackMaster Funk、Lil Louis、そしてRon Hardyまで、驚くべき豪華アーチスト達の未発表音源、未発表ヴァージョンを含む12トラックをチョイス。
特筆すべきはLarry HeardがGherkin Jerks名義で88年に発表した傑作レア・アシッド"Acid Indigestion"をMike Dunnがリワークを施した"Gherkin Aftermath 909"や、Lil LouisがTyleeとのジャムセッションを行う中で生まれたといわれるDance Mania史上の大傑作"Original Video Clash"のプロトタイプと思われる"Super Clash"などのウルトラ・レアなトラック!当時のシカゴのマッドな雰囲気を今に伝える貴重なアーカイヴが惜しげもなく納められた1枚。現在のハウスやテクノの源流を垣間見る、ファンならずとも見逃せない作品だ。

Tracklist
1. Virgo Four - The Dryer
2. Larry Heard vs. Marshall Jefferson - You're Mine vs. Destination (Zernell Gillie's rework)
3. Fingers Inc. - 326 Donnie (Gene Hunt's Box Rework)
4. Mr. Fingers - Finger Fuck
5. Dion & Tony - 1015
6. Steve 'Silk' Hurley - I Don't Know
7. Mike Dunn - Gherkin Aftermath 909
8. Farley J.M.F. - Yes He Saved Me (Gene Hunt Mix)
9. Craig Loftis - Yes I'm Right
10. Farley Keith Williams - J.M.F. Groove
11. Ron Hardy - Sensation (Original mix)
12. Lil Louis - Super Clash (DJ Cease aka George Dupree Rework)

5月中〜下旬入荷予定

Posted by yoppy at 16:41:16Comments(0)TrackBack(0)

DJ QU "GYMNASTICS" (STRENGTH MUSIC)

2011-04-14

14011.jpg USアンダーグラウンドハウスシーンの中心を担う一人。各国トップDJから熱烈支持を受けるDJ QUが満を持しての1stアルバムを遂にリリース。

06年にキャリアをスタート。07年に立ち上げた自身のレーベルStrengthからアンダーグラウンドヒット"For The Beneath"(A / B)を、そしてLevon VincentのレーベルDeconstruct Musicからはカルトヒット"Party People Clap"を残している他、Sascha DiveのDeep Vibes Recordings、Jus-EdのUnderground Qualityからも良質な作品をリリース。
これまでに製作したトラックはRicardo Villalobos、Cassy、Sven Vath、2562 (A Made Up Sound)、Trus'me、Vakula、Anton Zap、Omar-S等トップDJ達によってプレイされている。
彼のトラックの特徴はダークなグルーヴとモノクロなサイケデリック感。元々ハウスのダンサーであっただけに、シンプルかつ作りこまれた中に置かれたポイントを押さえたリズム配置のセンスが素晴らしく、DJツールとしての機能性や独特のコラージュ感、そしてその枠に収まりきらないミステリアスなシンセの音像等、全てが強烈な個性を放つ。
本作でもその特徴が全体に散りばめられており、果てしない奥行きを感じさせる空間的な鳴りには誰もがたちまち引き込まれてしまうだろう。

5/18リリース予定
国内盤ライナーノーツ:浅沼優子

Posted by yoppy at 16:12:35Comments(0)TrackBack(0)
TOP OF PAGE
blog.diskunion.net ©2005 disk union company limited