MUSIC 4 YOUR LEGS

House...Garage...All Dance Grooves...

VARIOUS ARTISTS "FROM THE VAULTS PRESCRIPTION" (PRESCRIPTION)

2011-03-29

13971.jpg 曲名はぜんぜん覚えてないけどほぼコンプリートってくらい好きなレーベルからまたしてもコンピ。この空気感が好きです。


90年代のシカゴ・ディープハウスを象徴する重要レーベルPrescriptionから、またしてもファン垂涎の90'sシカゴハウスコンピレーションがリリース!

シカゴを拠点に数々の傑作をリリースしていた一人がシカゴの重鎮Ron Trent。彼が主催するPrescriptionは今もなお精力的にリリースを重ねる重要レーベルの1つであり、これまでに数々のハウスクラシックを残してきた。
本作『From The Vaults Prescription』ではシカゴ・ディープハウスの黄金期=テクノロジーの進化とともに、より楽曲性を増したハウス作品が量産された「90年代中期」にスポットを当て、この時代を彩った入手困難な名曲と、埋もれていた秀曲をピックアップ。
中でも注目はFonda Rae"Touch Me"のリフを引用し美しいブレイクを備えた、強力コンビChez and Trent(Ron Trent & Chez Damier)によるアンビエントハウス"Don't Try It"や、ダンスクラシックTwo Man Sound "Que Tal America"をアフロディープにアレンジしたA Man Called Adamの"Que Tal America (Mericana Mix)"、Glen Undergroundと長きに渡り活動をともにしたCei-BeiのユニットKurt Harman Projectによるディープ&スローなゴスペルハウス"Comin' Back"等で、どこを切ってもこの時代にしかない空気感やグルーヴを放つ。
そしてクライマックスに収録されているのは、中古市場でも高い人気を誇るRon Trentの95年作"Pop, Dip And Spin"で、重厚なベースラインを軸にゆったりとしたグルーヴでリズムを紡いでいく大人の色気に満ちた至高のディープハウス。貴重なアーカイヴがまたCDかによって蘇った。

TRACK LIST
1. Morning Fever - Ron Trent 7:49
2. Thank You - Chuggles 7:11
3. My Brazillian Love - Abacus 8:08
4. Don't Try It - Chez and Trent 6:05
5. Comin Back - Kurt Harman Project 9:29
6. The Meaning - Chez and Trent 9:00
7. Piano Track - Ron Trent 9:25
8. Que Tal America - A Man Called Adam (Mericana Mix) 7:57
9. Pop Dip and Spin - Ron Trent 9:25

Posted by yoppy at 19:04:22Comments(0)TrackBack(0)

DONATO DOZZY "K" (FURTHER)

2011-03-28

13961.jpg 2010年ベストの呼び声高いDONATO DOZZYの傑作ファースト・アルバム「K」が遂にCD化!!

PANORAMABARにおけるアフターアワーズのレジデントDJやアンダーグラウンド・レイヴLABYRINTHへの出演などで世界的に注目を浴びるイタリアの才能・DONATO DOZZY。自ら主宰するORANGE GROOVEやELETTRONICA ROMANAなどからリリースされた12"はカルト・ヒットとなり、未だに多くのDJがプレイしている。そのDOZZYがシアトルを拠点とするユニークなレーベル・FURTHER RECORDSから2010年に発表したファースト・アルバムがこの「K」だ。
当初カセットテープで100本限定にてリリースされたが瞬く間に完売、その後LPにて再リリースされこちらも輸入盤店を中心に驚くべきセールスを記録している。
今回待望のCD化を果たす本作「K」は、彼のDJセットの如くゆっくりと時間をかけ変化していくアンビエント作品。ローマのスタジオでアナログ機材を用いて制作された。じわじわと身体に浸透していくような柔らかくエモーショナルなドローン・シンセ、全体を包み込む静謐で壮厳な雰囲気が実に独特の世界観を形成する。
自己満足の安易なアンビエント作品とは一線を画し、アルバム全体が瑞々しく美しいフロウを描く。聴き込むほどに意識が開放されていくトリッピーなサウンドはチルアウトとしてはもちろん、日々の喧騒を忘れる束の間の清涼剤となることだろう。

Posted by yoppy at 17:14:12Comments(0)TrackBack(0)

MK/OMAR S "GIVEN(DUB)/ SARAH" (FXHE RECORDS)

2011-03-28

13960.jpg OMAR Sによる掘り起こし企画。FXHEレーベル新作はOMARSとMK(Marc Kinchen)のスプリット12“

80年代後期にKevin SaundersonのKMSレーベルから作品を残し、Reese ProjectやChez DamierからTom Tom Club、Bobby Brown、B-52's、Betty Booなど、アンダーグラウンド~メジャー問わず幅広いアーチストのリミキサーにも起用されたベテランMarc Kinchen。
本作はそのリミックスを最も多く手がけていた90年代前半にMarc Kinchenが、NYのハウスレーベルから4th Measure Men名義 リリースされていた作品。アンダーグラウンドな雰囲気に満ちたベース、荒削りなサックスとヴォイスサンプルが醸すオールドスクールハウス!一方のOMAR Sは今回もLate80's~Early90'sのオマージュを全開にしたトラックで、ダーティーなハットやマイナーコードのキー、固めのスネアやクラップ/カウベルの入れ方など、こちらもオールドスクールの魅力を味わえる!両面大スイセン!

Posted by yoppy at 17:12:22Comments(0)TrackBack(0)

BIG STRICK "DETROIT HEAT" (7 DAYS)

2011-03-28

13959.jpg デトロイトからOMAR Sの従兄弟であるBIG STRICKがセルフレーベルを立ち上げてのアルバムデビュー。

92年にカセットテープにレコーディングされたままお蔵入りとなっていたOMAR-SとBIG STRICKの両者による手刷りのCDR MIX-CDが08年に突如リリース、以降OMAR SのレーベルFXHE(フェクシー)から2枚のアナログをシングルをリリースし、それら日本でもスマッシュヒットを記録した他Toby Tobiasらにも支持された。
デトロイトやシカゴのダンスミュージックが急加速した80年代に現場で受けた初期衝動そのままにトラックメイクされた本作はフィジカルなダンスミュージック。
オールドスクールな空気が立ち込めるその作品群は80年代のDANCEMANIA~TRAXから90年代初期のハウスのダークな質感を備えプリミティヴなエナジーを放っている。FXHEからリリースされた音源を含む全14トラック!

Posted by yoppy at 17:10:09Comments(0)TrackBack(0)

MYTHICAL BEASTS "COMMUNICATE" (INTERNATIONAL FEEL)

2011-03-28

13958.jpg いろんな80年代。
Foolish FelixやUrban Mythとしても知られるFelix Dickinsonと、Rekids〜Jiscomusicまで多彩な活動をするToby Tobiasの2人によって結成したMythical BeastsがInternational Feelに登場!
A-1は2人によるオリジナルで80sのアンダーグラウンドな雰囲気を前面に押し出した重厚なスローモーディスコ。ロウなイントロからジワジワと駆け上り壮絶なピークを作り出すキーボードソロのブレイクは圧巻!またオリジナルの音色を踏襲しながらも異なったグルーヴをかもし出した3アーチストによるリミックスを収録!Todd Terje,Idjut Boys,Soft Rocksも熱烈サポート!

Posted by yoppy at 17:07:42Comments(0)TrackBack(0)

THEO PARRISH "FEEL FREE TO BE WHO YOU NEED TO BE" (SOUND SIGNATURE)

2011-03-28

13957.jpg デトロイト・ハウスの代名詞的な存在、セオ・パリッシュ。私が思うには、彼がクリエイトする音楽の魅力は大きく分けて2つあると思う。
1つは彼が幼少期に過ごしたシカゴからの影響、荒く初期衝動を伴ったシカゴハウスのリズム感。そしてもう1つは「Summertime Is Here」(99年)で開花したジャズ的な要素だろう。最新アルバム『Sketches』からのアナログカットとなるこの1枚にはその2つが収録されている。
Aサイドにはアルバムの最後を飾った”Feel Free To Be Who You Need To Be”。アシッドをオーバードーズさせてしまったかのようなクレイジーなイントロから、体の芯を突き動かす80年代後期のシカゴハウスなボックストラックへとスライド。そしてフリップサイドにはこのアルバムの中で最も長い12分超の大作”360@129on696 Feat. Dumminie Deporres”を収録。静かな高揚感、そしてこれは「デモミックスか?」と思わせるくらいラフなキーボードの生々しさ。まるで、曲は作りこむほどライヴ感が失われるんだと言わんばかりだ。
セオ自身が「このアルバムにおいて最も重要な2曲」と言い切ったが、嘘ではない。そして彼のスキルやアイディアが止まることなく進化し続けているとを、この1枚が証明してくれるだろう。

Posted by yoppy at 17:05:03Comments(0)TrackBack(0)

LOCUSSOLUS "LOCUSSOLUS" (INTERNATIONAL FEEL)

2011-03-23

13936.jpg 4/28を皮切りに15箇所での全国ツアーも開催されるDJ HARVEY。MAP OF AFRICAが合作と数えるならソロの近い形では実質1stアルバムになるのかな?アンダーグラウンドなタイトルとしては今年もっとも話題となるリリースでしょう。

CDと配信もありますが、3.Gunship (Andrew Weatherall Remix)と、10.Throwdown (Harvey’s Dub)はこのCDのエクスクルーシヴヴァージョンとなりそうです。


TRACKLIST
1. Gunship
2. Little Boots
3. Gunship (Andrew Weatherall Dub)
4. I Want It
5. Throwdown
6. Tan Sedan
7. Next To You
8. I Want it (Lindstrøm & Prins Thomas Remix)
9. I Want It (Time and Space Machine Remix)
10. Little Boots (An Emperor Machine Special Full Length Version)

数々の伝説を紡いできたDJ'S DJ HARVEYのプロジェクト・ロクスソルスの1stアルバム完成!

ニューヨークがラリー・レヴァンやデヴィット・マンキューソ、シカゴがロン・ハーディやフランキー・ナックルズであるならば、ロンドンのレジェンドはDJハーヴィに間違いない。
伝説を作るきっかけとなったパーティ「Moist」や現在も続く「Sarcastic Disco」を通じ、その場を共有したクラウドだけでなく多くのDJ達にも影響を与え続けている一方、現在のニュー・ディスコ・シーンにおけるクラシックス再評価の方法の一つであるリ・エディットを、早くからカルト・レーベル<Black Cock Records>よりリリースし、このシーン形成の基礎を築き上げてきた。
2007年、トーマス・バロック(Rub N Tug)と共にマップ・オブ・アフリカとして<Whatever We Want>からアルバムをドロップ、この年のアンダーグラウンドにおいて最も話題のリリースとなった。
その後活動レーベルの拠点をウルグアイの<International Feel>へと移したDJハーヴィは、2010年より自身のプロジェクトLocussolus名義で3枚の先行シングルをリリース。立ち止ることの無く進化をし続けるサウンドが話題を呼び、いずれもレコードショップのチャートを席巻する大ヒットを記録。
遂に完成に至った本作では先行シングルからのヒットトラックを全て収録している他、アンドリュー・ウェザーオール(Sabres Of Paradise, Two Lone Swordsmen)、リンドストロム&プリンス・トーマスがリミキサーとして参加し、アルバムの深みを一層引き立ててている。長いキャリアの中でこれまでに触れてきた膨大な音、ジャンルを越えたダンス・クラシックス、ハウス〜バレアリック、それらを現在のクラブシーンの音へと繋ぎ合わせることで、想像をはるかに超えたサウンド・フォルムへと仕上がった。新たな伝説を予感させる究極のアルバムが遂に完成した。

Posted by yoppy at 15:50:39Comments(0)TrackBack(0)

JUNIOR BOYS "WORK REMIXES" (PHILOMENA)

2011-03-09

13900.jpg これまたヤバいPHILOMENAの超限定盤!

先日リリースされたBEN KLOCK 『Berghain 04』の前半、DVS1の次にプレイされていたダークなヴォーカルトラックJunior Boys - Work(Marcel Dettmann Remix)、そしてPrins Thomasによるバレアフィールなリミックス(これまた最高!)もカップリングとこれは見逃せない1枚!!

入荷数確定までご予約はもう少々お待ちくださいませ。

The Philomena series returns with two previously unreleased remixes of "Work" from the Junior Boys' album "Begone Dull Care". The A-side features the well-received Diskomiks by Prins Thomas. On the flip, Marcel Dettmann shows us his interpretation that you might have already heard on the latest Berghain 04 compilation by Ben Klock. As with all earlier releases, Philomena 03 is only available here right now with a nice high-quality sleeve

Posted by yoppy at 19:10:37Comments(0)TrackBack(0)

AMADOU & MARIAM/MIKE OLDFIELD "JE PENSE A TOI / TUBULAR BELLS" (PHILOMENA)

2011-03-09

13899.jpg ドイツ地下のレーベルPHILOMENAの2番。
ごく一部でしか入手できなかったこの1枚が近日、少量だけ入荷予定!

Amadou & Mariam をHenrik Schwarzが、Mike OldfieldをAmeがエディットという豪華すぎる内容!!!
ヴァイナルオンリーの超限定盤です。

Philomena is back! To our suprise, it features Henrik Schwarz's remix of Amadou & Mariam's "Je Pense A Toi" and Âme's remix of Mike Oldfield's classic "Tubular Bells". Unlike other bootlegs featuring Henrik Schwarz edits, we were quite astonished about the high quality sound and the great artwork, which is the reason we want to bring Philomena 02 in our shop again.

A1: Je Pense À Toi (Henrik Schwarz Remix)
B1: Tubular Bells (Ame Remix)

Posted by yoppy at 19:00:57Comments(0)TrackBack(0)

DJ DUKE "CLASSICS" (MUTING THE NOISE)

2011-03-09

13898.jpg こちらも近日入荷予定。限定盤のため入荷数が未定です。ご予約は入荷数確定次第、開始いたします。

再評価が進む90'sハウスがまたしてもリイシュー!93年リリース、DJ DukeがSound Man名義でリリースした「The Factry」を、AmeのKristianとFrankのプライベートレーベルMutin The Noiseがリイシュー!ヘヴィに仕立て上げられたベースラインと浮遊感を誘うキーのリフ、ストレートなハットの差し込み方と90'sのマテリアルを纏った正統派のアンダーグラウンドトラックは今なお素晴らしい輝き!フリップサイドには94年リリース、Armand Van Heldenと同ネタのサンプルを散りばめたDJ Duke 「Throw Ya Hands (In The Air)」のDJ Pierreリミックス!

TRACK LIST
A1 : The Factory
B1 : Throw Ya Hands (DJ Pierre Remix)

Posted by yoppy at 18:54:38Comments(0)TrackBack(0)

P.ELDAN "MONOCHORDIUM" (MUTING THE NOISE)

2011-03-09

13897.jpg DIXONとAMEが運営するレーベルINNERVISIONS傘下の新レーベルMUTING THE NOISE。
サイトだけでしか手に入れられなかった限定盤が近日入荷

あのGURU GURU周辺の人物とも噂があるものの、まったく詳細がつかめないP.ELADANなるアーチストがAMEによるヴァイナルオンリーのレーベルMUTING THE NOISEの1番を飾った!
BPM110程度の生ドラムを延々と展開、ガムランを彷彿とさせる他方向へ飛び交う様々なウワもの、僅かなビートのもたつきやエフェクトまで全てがヴィンテージな鳴りだが、いつ頃製作されたのかも謎のまま。。。ドープ極まりない2ヴァージョンを収録!

The other day I met an old schoolmate whose father was part of the Guru Guru posse around Mani Neumeier. We talked about the hippie festivals in Odenwald which we visited during our schooltime. He surprised me by saying that his father is doing new stuff nowadays inspired by contemporary electronic music. Our new sublabel "Muting The Noise" will release his work. But suitable for an old krautrock legend, his name will stay a secret. Now out on a great 10-inch. - Kristian (Ame)

Posted by yoppy at 18:52:07Comments(0)TrackBack(0)

AME "PRIMARY STRUCTURES" (INNERVISIONS)

2011-03-09

13894.jpg トラックリストからは決して掴み取れないストーリー、純度の高い音が色彩豊かに、アメーバのように変化。いつでも旅に出られる、それぐらい奥深い内容です。


MTGサイトで限定販売されていた話題のAME最新MIX-CD遂に一般解禁!究極の『インテリジェンス・ミックス』がコレ!
今から約8年前、SONARKOLLEKTIVからのデビュー以降、世紀の傑作「Rej」を始め数々のフロアヒットをリリースし常にシーンの重要なポジションに存在してきたクリスチャンとフランクのユニット=Ame(アーム)。
フロアへのアプローチが強かった前作のミックス作品から3年、本作では本来のDJミックスがもたらす偶発的なインパクトと予想不可能な展開に重点を置いたかのような、勢いだけではない「自由奔放」、かつ間違いない「旅」を約束してくれる内容に仕上がった。
フロアの温度や明暗、有機的/無機的、重心の高低と既存のミックス作品には決してないであろう多角的なレンジの広さを選曲とミックスのセンスで見事なまでに表現、それらがまったく違和感なく空間へと解き放ちその色に染めてしまう・・・
ジャンルを越えアヴァンギャルドなサイケ/クラウトロックな要素をも用い、ミックス作品を「音のアート」にまで押し上げた傑作、にして怪作!

TRACK LIST
1. Ame - Intro
2. To Rococo Rot - Forwardness
3a. N.D.F. - Since We Last Met
3b. Dorisburg - Sinai Hypnosis (Dub)
4. Von Spar - Daddy Longlegs
5. Charanjit Singh - Raga Megh Malhar
6. Knife, The - The Seeds
7. Tête - Rotor
8. Ruede Hagelstein - Emergency
9a. Lucky Dragons - Typical Hippies
9b. B.D.I. - Industrial Kites
10. XX, The - VCR (Four Tet Remix)
11. Âme - Rrose Selavy
12. Owen Palett - Red Sun No. 5

以前から全てのCD、レコードにおいて妥協の無いパッケージデザインを行ってきた彼ららしく今回も表面は光沢を持ったシルバープリントで包まれた4面の見開きデジパック仕様!

4月中旬入荷予定

Posted by yoppy at 15:35:46Comments(0)TrackBack(0)

INSTANT HOUSE "1988-1993" ()

2011-03-02

13860.jpg 国内仕様盤にはJOE CLAUSSELL自身が手がけたライナーノーツの日本語対訳付、また初回分のみJOE CLAUSSELLのMIX-CDが付属します。

JOE CLAUSSELLを中心としたINSTANT HOUSEのベスト盤リリース決定。ハウス史において語り継がれる「Awade(Ah-Wa-Day)」収録。


JOE CLAUSSELLを中心とした伝説のプロジェクト Early 90’s NY HOUSEを席巻したINSTANT HOUSEベスト盤の登場!
JOE CLAUSSELLがキャリアをスタートするきっかけとなった1988年結成の伝説のユニットINSTANT HOUSEのレア音源が約20年の時を経て待望のCD化!カルトヒットを記録し、今なおフロアで鳴り続ける至高のアフロ・ディープ傑作「Awade」、ミステリアスなベースラインと黒いキーボードソロが絡む「Over」、90年代のNYディープハウスを象徴するかのようなシンプルなトラックメイキングで深いグルーヴを生み出す「Lost Holizons」など、今聴いても圧倒的な完成度。以降ドラムマシンを中心としたトラックメイクから離れ、SPIRITUAL LIFE MUSICやSACRED RHYTHM MUSICといった生音を軸としたハウスへのアプローチが強まることから、JOE CLAUSSELLのキャリアにおいて今となっては貴重なアーカイヴといえる1枚。現在再評価が進む90s HOUSEなだけに、各方面で話題となること必至!全ハウスファン垂涎の作品集!


TRACK LIST
1.Dub House [04:02]
2.Bring Me Down [04:34]
3.Mellow Out [05:04]
4.I’m Free [03:58]
5.Hard Metal [04:34]
6.Asking Forgiveness [06:56]
7.Over (Stan’s Mix) [05:54]
8.Raw Africa [05:53]
9.Lost Horizons (The Mind Travel Mix) [13:15]
10.The Beginning [09:31]
11.Asking Forgiveness [06:56]
12.Awade (Raw Shelter Mix) [07:18]

Posted by yoppy at 17:07:36Comments(0)TrackBack(0)

GUTI "PATIO DE JUGEOS" (DESOLAT)

2011-03-02

13859.jpg LOCO DICE & MARTIN BUTTRICH主宰レーベルDESOLATの新作はアルゼンチン人アーティストGUTI!!

COCOON、CADENZA、OSTGUT TONらと並び常に人気レーベルの上位に位置するDESOLATがミニマルダブ・ユニット・PULSHARに続いて送り出すのは、アルゼンチン人アーティスト・GUTIのファースト・アルバム! GUTIはこれまでに自身の主宰するUNLOCK RECORDINGSの他、CROSSTOWN REBELSやWOLF + LAMB MUSIC、SUPPLEMENT FACTSなど注目レーベルからのリリースが続く気鋭の若手。DAMIAN SCHWARTZとコラボレートした実質的ワールドワイド・デビュー作"Salsón"がスマッシュ・ヒットを記録、LOCO DICEのMIX CD「LAB 01」に収録されることとなり、DESOLATとの関係がスタートした。

また昨年には来日を果たし、ELEVENにてライブを披露した事も記憶に新しい。
スペイン語で“遊び場(PLAYGROUND)”という意味を持つ本作「Patio de Juegos」は、GUTIがこれまで受けてきたアルゼンチン・フォーク、ブルース、ロック、ジャズなどの音楽的教養をエレクトロニック・ミュージックに落とし込んだ意欲作。
ピアノやオルガン等生楽器がカラフルでアップリフティングなミニマルハウスM-10"Wanna Be"、フォルクローレのような民謡調の歌がメインとなるM-12” All the Girls”など個々のトラックの完成度には目を瞠る。
また、GUY GERBERをフィーチャーしたセンチメンタルなシンセリフが印象的なテックハウスM-4"We Shall Overcome"、グラミー賞にもノミネートされたタンゴ・シンガー・DANIEL MELINGOの渋み溢れるヴォーカルが楽しめるパーカッシブ・ミニマルM-7"Lucio El Anarquista"など、全体の統一感を損なうことのないゲスト・ミュージシャンの起用も見事! 最初から最後まで一切の妥協なく紡がれた南米新世代の息吹をじっくりとご堪能あれ!

Posted by yoppy at 15:27:25Comments(0)TrackBack(0)

WOMACK & WOMACK "MY DEAR (THE LETTER) JOE CLAUSSELL REMIX"(WHITE)

2011-03-02

13858.jpg 柔らかな音に乗って心地よいヴォーカルパートが繰り返される長尺ハウスミックス。YOUTUBEにも動画が上がっています。

WOMACK & WOMACKによる91年リリース作をJoe Claussellがリミックス。元々4分に満たないトラックを引き伸ばした本作は、哀愁漂う中ハートウォームなキーボードとヴォーカルが美しいハーモニーを奏でる12分強のダンスラック!90'Sハウスの要素が強くクラシカルなトラックも極めてシンプルに、しなやかでありながらダイナミックなキーボードのブレイクもしっかり押さえた、聴きこむほど引き込まれる仕上がりの高さはさすが。オリジナルver、インストも収録!


この作品を含めGONGやJACKSON 5など一連のシリーズ、自身のセットでも頻繁にプレイされているお馴染みのシカゴハウスクラシック等のエディット/オーバーダブを集めたものがコンピレーションCD The Unofficial edits ad Overdubs by Joaquin Joe Claussell"へ収録される模様。

Posted by yoppy at 15:23:50Comments(0)TrackBack(0)

INSTANT HOUSE "DANCE TRAX EP" ()

2011-03-01

13850.jpg 随分前にアナウンスしたDANCE RAX EPがようやくリリースされる模様。
当時の未発表音源、Hat Hatが新たに追加収録予定。雰囲気的には生前のLARRY LEVANのセットに入っているようなダークなインストです。

Disc A
1. Bring Me Down
2. Hard Metal
3. Mellow Out

Disc B
1. Dub House
2. Raw Africa
3. I'm Free
4. Hat Hat

Posted by yoppy at 19:15:04Comments(0)TrackBack(0)
TOP OF PAGE
blog.diskunion.net ©2005 disk union company limited