MUSIC 4 YOUR LEGS

House...Garage...All Dance Grooves...

GENE HUNT "CHICAGO DANCE TRACKS VOL.1" (RUSH HOUR)

2011-04-18

14019.jpg 80年代の聖地シカゴにて産声を上げたハウスミュージック。CDRなどが存在しないこの時代、ローカルなアーチスト達が自作の音源をシェアするのに使っていたのがオープンリールテープやカセットテープだった。DJはそのオープンリールやカセットテープをピッチコントローラー付のプレイヤーを駆使し、レコードと交えクラブプレイをしていた。しかしこの時代のローカルなハウスレーベルといえば立ち上がってはすぐに潰れていくの繰り返しで、テープでシェアされてきた音源の多くは一度もレコードに刻まれること無く、シカゴのダンスフロアだけで役目を終えていったのだ.....。

86年、ハウスシーンが拡大しはじめていたシカゴでDJとしてのキャリアをスタート、Ron Hardyをはじめ多くのDJ達とシーンを形成してきたベテランGene Hunt。彼もまた、それらオープンリールを所有しDJをしてきた1人だ。約25年もの間、彼の自宅ガレージで使われずに保管され続けてきたオープンリールテープがRUSH HOURとGene Huntの手により、フルレングス・コンピレーションとなってとなって待望のパッケージ化。

Larry Heard、 Marshall Jefferson、Farley JackMaster Funk、Lil Louis、そしてRon Hardyまで、驚くべき豪華アーチスト達の未発表音源、未発表ヴァージョンを含む12トラックをチョイス。
特筆すべきはLarry HeardがGherkin Jerks名義で88年に発表した傑作レア・アシッド"Acid Indigestion"をMike Dunnがリワークを施した"Gherkin Aftermath 909"や、Lil LouisがTyleeとのジャムセッションを行う中で生まれたといわれるDance Mania史上の大傑作"Original Video Clash"のプロトタイプと思われる"Super Clash"などのウルトラ・レアなトラック!当時のシカゴのマッドな雰囲気を今に伝える貴重なアーカイヴが惜しげもなく納められた1枚。現在のハウスやテクノの源流を垣間見る、ファンならずとも見逃せない作品だ。

Tracklist
1. Virgo Four - The Dryer
2. Larry Heard vs. Marshall Jefferson - You're Mine vs. Destination (Zernell Gillie's rework)
3. Fingers Inc. - 326 Donnie (Gene Hunt's Box Rework)
4. Mr. Fingers - Finger Fuck
5. Dion & Tony - 1015
6. Steve 'Silk' Hurley - I Don't Know
7. Mike Dunn - Gherkin Aftermath 909
8. Farley J.M.F. - Yes He Saved Me (Gene Hunt Mix)
9. Craig Loftis - Yes I'm Right
10. Farley Keith Williams - J.M.F. Groove
11. Ron Hardy - Sensation (Original mix)
12. Lil Louis - Super Clash (DJ Cease aka George Dupree Rework)

5月中〜下旬入荷予定

Posted by yoppy at 16:41:16 │Comments(0)TrackBack(0) | MUSIC 4 YOUR LEGS TOP | 前の記事次の記事

この記事へのトラックバックURL

http://blog.diskunion.net/user/yoppy/yoppy/cwtb.cgi/14019

この記事へのコメント

名前 メール URL コメント
TOP OF PAGE
blog.diskunion.net ©2005 disk union company limited