MUSIC 4 YOUR LEGS

House...Garage...All Dance Grooves...

VARIOUS ARTISTS "FROM THE VAULTS PRESCRIPTION" (PRESCRIPTION)

2011-03-29

13971.jpg 曲名はぜんぜん覚えてないけどほぼコンプリートってくらい好きなレーベルからまたしてもコンピ。この空気感が好きです。


90年代のシカゴ・ディープハウスを象徴する重要レーベルPrescriptionから、またしてもファン垂涎の90'sシカゴハウスコンピレーションがリリース!

シカゴを拠点に数々の傑作をリリースしていた一人がシカゴの重鎮Ron Trent。彼が主催するPrescriptionは今もなお精力的にリリースを重ねる重要レーベルの1つであり、これまでに数々のハウスクラシックを残してきた。
本作『From The Vaults Prescription』ではシカゴ・ディープハウスの黄金期=テクノロジーの進化とともに、より楽曲性を増したハウス作品が量産された「90年代中期」にスポットを当て、この時代を彩った入手困難な名曲と、埋もれていた秀曲をピックアップ。
中でも注目はFonda Rae"Touch Me"のリフを引用し美しいブレイクを備えた、強力コンビChez and Trent(Ron Trent & Chez Damier)によるアンビエントハウス"Don't Try It"や、ダンスクラシックTwo Man Sound "Que Tal America"をアフロディープにアレンジしたA Man Called Adamの"Que Tal America (Mericana Mix)"、Glen Undergroundと長きに渡り活動をともにしたCei-BeiのユニットKurt Harman Projectによるディープ&スローなゴスペルハウス"Comin' Back"等で、どこを切ってもこの時代にしかない空気感やグルーヴを放つ。
そしてクライマックスに収録されているのは、中古市場でも高い人気を誇るRon Trentの95年作"Pop, Dip And Spin"で、重厚なベースラインを軸にゆったりとしたグルーヴでリズムを紡いでいく大人の色気に満ちた至高のディープハウス。貴重なアーカイヴがまたCDかによって蘇った。

TRACK LIST
1. Morning Fever - Ron Trent 7:49
2. Thank You - Chuggles 7:11
3. My Brazillian Love - Abacus 8:08
4. Don't Try It - Chez and Trent 6:05
5. Comin Back - Kurt Harman Project 9:29
6. The Meaning - Chez and Trent 9:00
7. Piano Track - Ron Trent 9:25
8. Que Tal America - A Man Called Adam (Mericana Mix) 7:57
9. Pop Dip and Spin - Ron Trent 9:25

Posted by yoppy at 19:04:22 │Comments(0)TrackBack(0) | MUSIC 4 YOUR LEGS TOP | 前の記事次の記事

この記事へのトラックバックURL

http://blog.diskunion.net/user/yoppy/yoppy/cwtb.cgi/13971

この記事へのコメント

名前 メール URL コメント
TOP OF PAGE
blog.diskunion.net ©2005 disk union company limited