見るまえに跳べ

70年代 日本のロック 日本のフォーク 岡林信康 高田渡 遠藤賢司 武部行正 大滝詠一 細野晴臣 久保田麻琴と夕焼け楽団 葡萄畑 布谷文夫 西岡恭蔵 ガロ めんたんぴん はちみつぱい はっぴいえんど 加川良 赤い鳥 村井邦彦 南正人 裸のラリーズ 友部正人 西岡たかし 銀河鉄道 トランザム 頭脳警察 シュガーベイブ 山下達郎 大貫妙子 ティン・パン・アレー 小坂忠 金延幸子 加藤和彦 かまやつひろし 村八分 ジャックス 早川義夫 荒井由実 鈴木茂 井上陽水 丘蒸汽 林亭 クニ河内 ハプニングス・フォー 三上寛 ブレッド&バター 永島慎二 吉祥寺

久保田麻琴/まちぼうけ いよいよ紙ジャケ&最新リマスタリングで復刻

2007-08-31

7850.jpg このアルバム、一体今までに何回聞いただろうか。
CDとLP(残念ながらセカンドプレス)で所有、文字通り擦り切れるくらい聞いて、そのたびにこのアルバム全体に流れる妖しい香りと暖かい木の温もりに包まれる。
1973年の久保田麻琴のデビューはそれまでの裸のラリーズでのベーシストという異色な経歴も納得できる心温まるアシッド・フォーク作だ。

久保田麻琴/まちぼうけ
1.あさの光
2.かわいいお前
3.汽車
4.ひとごみ
5.山田氏の場合
6.丸山神社
7.まちぼうけ
8.休みの風
9.メイク・ラブco.
10.時は近づいて
11.プア・ボーイ
12.挽歌

10/26発売。オリジナルLPに忠実な紙ジャケット仕様。インナースリーブ他再現。 ¥2,500(税込)
通販でのご予約受付開始は9月上旬を予定。

この記事へのトラックバックURL

http://blog.diskunion.net/user/yaji/yaji/cwtb.cgi/7850
この記事へのトラックバック 自分が世界中で最も敬愛するアーティストのおひとり、久保田麻琴氏。 2006年の... 世界の音を訪ねる─音の錬金術師の旅日記/久保田麻琴(岩波新書刊)【専門家や海外ジャーナリストのブログネットワーク【MediaSabor メディアサボール 】】at 2007-09-03 14:33:39

この記事へのコメント

のあさん
はじめまして。コメントありがとうございます。
もう95年ですか、この前の音蔵は。
12年間こんな心温まる歌が廃盤状態だったのが信じられません。
音は間違いなく保障しますので、是非聞いてみてください。
ジャケット同様の秋や冬に聞きたくなる温かさに溢れています。
「シロートブレバタ」もありがとうございました!

ムギムギさま
はじめまして。コメントありがとうございます。
東芝音源とコロムビア音源は埋もれた名盤が多数ですね。
コロムビアは今後復刻が相次ぐみたいなので期待大です。
ハプフォーもチョコチョコ紙ジャケでリリースされていますが、完全復刻したいです。
「まちぼうけ」よろしくお願いします。随時コチラでも情報アップしていきます。
Posted by yaji at 2007-09-02 14:34:47
同意です。。。
70年代初期の東芝音源は本当に良質なものが多いのにも関わらず、再発少ないですよね。
個人的にはハプニングス・フォーあたりも完全復刻してほしいのですが……
即刻予約します。
Posted by ムギムギ at 2007-09-01 23:45:26
ずっと待ってました。
以前、EMIから音蔵シリーズで出ていた要で、中古発見もあまりにも高額で我慢していました。
夕焼け・・・の作品を聞いてこのアルバム一度は聞いてみたかったのでよかったです。感謝します。

同様に先日の「シローとブレ・バタ」とても音もよく感激でした。
Posted by のあ at 2007-09-01 15:34:27
名前 メール URL コメント
TOP OF PAGE
blog.diskunion.net ©2005 disk union company limited