見るまえに跳べ

70年代 日本のロック 日本のフォーク 岡林信康 高田渡 遠藤賢司 武部行正 大滝詠一 細野晴臣 久保田麻琴と夕焼け楽団 葡萄畑 布谷文夫 西岡恭蔵 ガロ めんたんぴん はちみつぱい はっぴいえんど 加川良 赤い鳥 村井邦彦 南正人 裸のラリーズ 友部正人 西岡たかし 銀河鉄道 トランザム 頭脳警察 シュガーベイブ 山下達郎 大貫妙子 ティン・パン・アレー 小坂忠 金延幸子 加藤和彦 かまやつひろし 村八分 ジャックス 早川義夫 荒井由実 鈴木茂 井上陽水 丘蒸汽 林亭 クニ河内 ハプニングス・フォー 三上寛 ブレッド&バター 永島慎二 吉祥寺

岡林信康158

2010-12-01

13530.jpg 10月の中頃から色々嬉しくて素敵な事があって、あっという間に12月になってしまい、驚いておりますが、生活と音楽が更に身近に感じられる毎日です。


さて、先週末は岡林信康大先生と2日間色々やってました。土曜日は取手まで足を運び、なんだか漫画みたいな不思議な空気感の午後を過ごしました。そして今週末には京都へ出張、年末年始に一気に進めようと思っております。
これ以外にも決まってきており、決まるときには決まるもんだなぁと感じてます。
非常にあやふやな事ばかり書いていて申し訳ないですが、今後の展開にもご期待ください。

さて、今月15日には『だからここに来た-全日本フォーク・ジャンボリーの記録-』のDVDがいよいよリリースされます。岡林さんはこの頃の「私たちの望むものは」はウケていなかったと感じている様ですが、アジってるかも知れないけれど、その跳んだ後の方が重要かもしれないけれど、この演奏はやっぱり凄まじい。間違いなく顔で歌っている。そしてこの歌のピークがその1年後、『狂い咲き』で一気に弾けるというそのタイムラグが岡林さんの歌らしいなぁと感じました。

Posted by yaji at 18:43:32Comments(0)TrackBack(0)
TOP OF PAGE
blog.diskunion.net ©2005 disk union company limited