見るまえに跳べ

70年代 日本のロック 日本のフォーク 岡林信康 高田渡 遠藤賢司 武部行正 大滝詠一 細野晴臣 久保田麻琴と夕焼け楽団 葡萄畑 布谷文夫 西岡恭蔵 ガロ めんたんぴん はちみつぱい はっぴいえんど 加川良 赤い鳥 村井邦彦 南正人 裸のラリーズ 友部正人 西岡たかし 銀河鉄道 トランザム 頭脳警察 シュガーベイブ 山下達郎 大貫妙子 ティン・パン・アレー 小坂忠 金延幸子 加藤和彦 かまやつひろし 村八分 ジャックス 早川義夫 荒井由実 鈴木茂 井上陽水 丘蒸汽 林亭 クニ河内 ハプニングス・フォー 三上寛 ブレッド&バター 永島慎二 吉祥寺

岡林信康153

2010-09-13

13207.jpg 9/11の土曜日より岡林信康「ロックミュージック」のweb通販でのご予約受付開始しました。たくさんのご予約ありがとうございます。引き続きよろしくお願いします。

昨今のような、CDがなかなか売れない時代に岡林さんが自主制作でCDをリリースするというのはやはり大変なことです。でもこんな時代に自主制作というチャンネルを併せ持つというのもやはり面白いと思います。それも今回は30年ぶりのロックアルバム。普通のロックアルバムではなく、曲順を見れば感じることが出来ると思いますが、これは実は日本の音楽のルーツに向っているわけで、過去と未来をこれほど行ったり来たりすることが出来るアーティストもそうそういないなぁとしみじみと感じます。
ここに収録されている、古くは1969年のものもある初収録アルバムも併せて聴いていただければ、声も演奏もスタイルも、一体どのように変化して今の姿に至ったのかが解ると思います。そして、またここから。

Posted by yaji at 18:36:34Comments(4)TrackBack(0)

岡林信康152

2010-09-07

13186.jpg というわけで、11月10日(水)に岡林信康の最新作そのものズバリの『ロックミュージック』がリリースされます。

今年2010年5月6日に吉祥寺スターパインズカフェにて開催したシークレットライブの模様と、7月18日に渋谷CCレモンホール(旧渋谷公会堂)で開催した全国ZEPPツアーの追加公演から「ロック」のみの演奏を抽出、収録した岡林信康待望の30年ぶりとなるロックアルバムが完成です。

以下収録内容です。
1.霧のハイウェイ(7/18渋谷CCレモンホール)
2.ミッドナイトトレイン(7/18渋谷CCレモンホール)
3.あの娘と遠くまで(7/18渋谷CCレモンホール)
4.自由への長い旅(5/6吉祥寺SPC)
5.君に捧げるラブソング(7/18渋谷CCレモンホール)
6.マンハッタン(5/6吉祥寺SPC)
7.今日をこえて(5/6吉祥寺SPC)
8.血まみれ(5/6吉祥寺SPC)
9.それで自由になったのかい(5/6吉祥寺SPC)
10.虹の舟唄
ボーナストラック
11.虹の舟唄(7/18渋谷CCレモンホール)
12.今夜は朝まで踊りましょ(7/18渋谷CCレモンホール)

URC時代〜現代へと連なる岡林信康のロックの流れが最新ライブから堪能できる内容となっております。本作より岡林信康にとってのロックとは一体何かって言うことが浮かび上がってくると思います。

そして、急遽ボーナストラックとして収録することになったCCレモンホールでの「虹の舟唄」、「今夜は朝まで踊りましょ」。ロックとエンヤトットの融合は、まさに日本人にしか出来ない「日本のロック」そのものだと思います。なんと言っても当日の観客の熱狂も凄まじかった。最初から最後まで一定の手拍子で誰もが身体をゆすりながらリズムにはまっていく瞬間に立ち会えたのは、非常に新鮮な感覚でした。

岡林さんも次の展開への手がかりと手ごたえを感じているはずですので、次はどんな作品を生み出していくのか、全ては岡林さんが選んだこの最新の「ロックミュージック」から繋がってくでしょう。

そして今回はなんと、岡林さんのご好意で、本編には収録されていない「山谷ブルース」「流れ者」のライヴ音源2曲を収録したスペシャル特典盤CDをご予約、お買上げの方に先着で差し上げます。
1.山谷ブルース(5/6吉祥寺SPC)
2.流れ者(7/18渋谷CCレモンホール)
こちらの特典ディスクは枚数限定プレスになります。追加プレス等は一切ありませんので、お早めにご予約ください。

それでは、『ロックミュージック』にご期待ください。

WEB通販でのご予約受付は9/11(土)午前零時よりスタートです。今しばらくお待ちください。

Posted by yaji at 18:32:20Comments(6)TrackBack(0)

岡林信康151

2010-09-05

土曜日、昼過ぎに岡林さんとスタジオへ。夜10時過ぎまでかかって作業終了しました。

次の展開は「ロックの流れ」です。

僕はやっぱり岡林さんはずっとロックだと思います。そして理屈じゃなく身体で感じられるリズムなんだろうな。

いろんなロックの形が全部、一本の線で繋がっていく中、少しでも多くの人に届けて行きたいと思います。

具体的な詳細はまたお伝えします。

Posted by yaji at 20:39:53Comments(0)TrackBack(0)
TOP OF PAGE
blog.diskunion.net ©2005 disk union company limited