素晴らしき音楽との出会い

1年に2万キロ以上もの旅をしながら出会った様々な素晴らしき音楽をつれづれなるままにご紹介。

 
 

◆ROOTS CLASSICS ON CD VOL.35◆

2018-02-13

20815.jpg ◆ROOTS CLASSICS ON CD VOL.35◆

King Bennie Nawahi/Hawaiian String Virtuoso: Steel Guitar Recordings of the 1920's(YAZOO/YAZ2055.2/CD/0016351205520)

ハワイのスティール・ギター、ウクレレを始めとした弦楽器の巨匠、キング・ベニー・ナワヒの1928年から1949年までの音源を23曲コンパイルしたキラー・チューン満載の名盤「ハワイアン・ストリング・ヴァーチュオーゾ:スティール・ギター・レコーディングス・オブ・ザ 1920」。

ロバート・クラム率いるチープ・スート・セレネイダーズが1978年にリリースしたサード・アルバム「ナンバー・スリー」(Blue Goose Records/BG-2025/LP)でレコーディングした名曲「シンギング・イン・ザ・バスタブ」収録。

グッドタイム・ミュージック、アコースティック・スウィング、オールド・タイム・ミュージック、弦楽器のファンにお薦め!

1.Hawaiian Capers - King Nawahi's Hawaiians
2.Singin' in the Bathtub - Four Hawaiian Guitars
3.Ukulele Benny - Georgia Jumpers
4.May Day Is Lei Day in Hawaii - King Nawahi's Hawaiians
5.Dinah - Red Devils
6.Mauna Kea - King Nawahi's Hawaiians
7.Honolulu Bound - Hawaiian Beach Combers
8.My Little A-1 Brownie - Charles B. Smith
9.Big Feet Rag - Georgia Jumpers
10.My Girl from the South Sea Isles - Hawaiian Beach Combers
11.Ticklin' the Strings - King Nawahi's Hawaiians
12.Black Boy Blues - Four Hawaiian Guitars
13.California Blues - Georgia Jumpers
14.I've Seen My Baby - Q R S Boys
15.Waikiki Blues - Hawaiian Beach Combers
16.I Went to Hilo - King Nawahi's Hawaiians
17.Guitar Rhythm - Georgia Jumpers
18.Hawaiian Melody - Hawaiian Beach Combers
19.Aloha Means I Love You - King Nawahi's Hawaiians
20.Wiggle Yo Toes - Q R S Boys
21.Otto Wood, the Bandit - Slim Smith
22.Maui No la Ka Oi - King Nawahi's Hawaiians
23.I'm a Dreamer Aren't We All - Hawaiian Beach Combers



Posted by uncledog at 16:59:24Comments(0)TrackBack(0) │ROOTS CLASSICS ON CD
素晴らしき音楽との出会い TOP

◆ROOTS CLASSICS ON CD VOL.34◆

2018-02-08

20807.jpg ◆ROOTS CLASSICS ON CD VOL.34◆

ROY SMECK/Hawaian Guitar Banjo Ukulele & Guitar 1926-1949(Yazoo/YAZ1052.2/CD/0016351015228)

「弦の魔術師」の異名を持つバンジョー、ハワイアン・ギター、ウクレレ等、様々な弦楽器を自由自在に操るロイ・スメックの1926〜1949年の音源を集めた米国戦前ブルース復刻レーベルとして名高いヤズー・レコーズによるグレイトな編集盤にして名盤「ハワイアン・ギター、バンジョー、ウクレレ&ギター 1926-1949」。

1920〜30年代に活躍した4弦バンジョーの名手、ハリー・リーザーの向こうを張るような「タイガー・ラグ」や美しいメロディーに酔いしれる「ギターズ」、流麗な「スティール・ギター・ラグ」、エキゾチックな雰囲気が素晴らしい「ライムハウス・ブルース」、壮絶なバンジョーが炸裂する「二フティ・ピッキン」等収録。

ロバート・クラムによるジャケットも秀逸。

1.12th Street Rag
2.Frettin' Blues
3.Shuffle Off to Buffalo
4.Limehouse Blues
5.Nifty Pickin'
6.Tough Pickin'
7.Slippery Fingers
8.Steel Guitar Rag
9.Tiger Rag
10.Guitarese
11.Farewell Blues
12.Ukulele Bounce
13.Bugle Call Rag
14.Laughing Rag

●上記輸入盤CDは下記サイトにて好評販売中!
http://diskunion.net/portal/ct/detail/XAT-1245472768




Posted by uncledog at 13:50:40Comments(0)TrackBack(0) │ROOTS CLASSICS ON CD
素晴らしき音楽との出会い TOP

◆ROOTS CLASSICS ON CD VOL.33◆

2018-02-08

20806.jpg ◆ROOTS CLASSICS ON CD VOL.33◆

Harry Reser/Banjo Crackerjax 1922-1930(Yazoo/YAZ1048.2/CD/0016351014825)

1920〜30年代に活躍した4弦バンジョーの名手、ハリー・リーザーの超絶なバンジョー・ソロをメインに収録した米国戦前ブルース復刻レーベルとして名高いヤズー・レコーズによるグレイトな編集盤「バンジョー・クラッカージャックス 1922-1930」。

オハイオ州ピクア出身でニューヨークに移住して活躍したテナー・バンジョー及びプレクトラム・バンジョーの名手、ハリー・リーザーは1925年から1935年までNBC局でクリコット・クラブ・エスキモー・オーケストラのディレクター及びバンジョー奏者として全米で有名になっています。

又、トム・スタックスというシンガーを擁したハリー・リーザーとシックス・ジャンピング・ジャックスでも活躍。

なお、「Santa Claus Is Coming to Town」(邦題:サンタが街にやってくる)を初めてレコーディングしたのはハリー・リーザーで、1934年のことだそうです。

とにかくクールでかっこ良いスピーディーなハリーの演奏は全弦楽器奏者のファンなら一度は聞いておきたいものです。

1.Lollypops
2.Frosted Chocolate
3.Heebe Jeebes
4.The Cat and the Dog
5.Crackerjack
6.Flaperette
7.Kitten on the Keys
8.Easy Goin'
9.The Old Town Pump
10.Fair and Warmer
11.Pickin's
12.Crazy Jo'
13.Sugar Blues
14.Send Back My Honeyman

●上記輸入盤CDは下記サイトにて好評販売中!
http://diskunion.net/portal/ct/detail/XAT-1245472767



Posted by uncledog at 13:42:41Comments(0)TrackBack(0) │ROOTS CLASSICS ON CD
素晴らしき音楽との出会い TOP

◆ROOTS CLASSICS ON CD VOL.32◆

2018-02-07

20801.jpg ◆ROOTS CLASSICS ON CD VOL.32◆

V.A./Music Never Stopped:ROOTS OF THE GRATEFUL DEAD(Shanachie/SHA6014.2/CD/0016351601421)

グレイトフル・デッドがカバーしてきた米国のフォーク、カントリー、ブルース等の豊饒なルーツ・ミュージックをオリジナル・ヴァージョンで全17曲収録したグレイトなコンピレーション・アルバム「ミュージック・ネヴァー・ストップト:ルーツ・オブ・ザ・グレイトフル・デッド」。

ボニー・ドブソンの「モーニング・デュー」、バディー・ホリーの「ノット・フェイド・アウェイ」、オブレイ・ラムゼイの「レイン・アンド・スノウ」他。

ロバート・クラムが担当したジャケット・アートワークも秀逸!!

1.Rain and Snow - Obray Ramsey
2.Mama Tried - Merle Haggard
3.Iko Iko - Dixie Cups
4.Samson & Delilah - Rev. Gary Davis
5.Big Railroad Blues - Cannon's Jug Stompers
6.El Paso - Marty Robbins
7.It's All Over Now, Baby Blue - Bob Dylan
8.Spoonful - Charlie Patton
9.The Red Rooster - Howlin' Wolf
10.The Promised Land - Chuck Berry
11.Don't Ease Me in - Henry Thomas
12.Big Boss Man - Jimmy Reed
13.Turn on Your Love Light - Bobby 'Blue' Bland
14.Morning Dew - Bonnie Dobson
15.Not Fade Away - Buddy Holly
16.Goin' Down This Road Feelin' Bad - Woody Guthrie
17.I Bid You Good Night - the Pindar Family



Posted by uncledog at 19:16:27Comments(0)TrackBack(0) │ROOTS CLASSICS ON CD
素晴らしき音楽との出会い TOP

◆ROOTS CLASSICS ON CD VOL.4◆

2018-02-07

20663.jpg ◆ROOTS CLASSICS ON CD VOL.4◆

JOHN WILLIAMSON/SAME(TIGER CREEK MUSIC/CDB5637525598.2/CD/0634479151729)

久々に素晴らしいシンガー・ソングライターに出会ったような気分だ。その名はジョン・ウイリアムソン。

米国ジョージア州中部の小さな街、ビデーリア出身。20代の頃、全米を放浪しながら歌い続け、その後ナッシュビルに移住して2002年にセルフタイトルのデビュー・アルバムをリリースする。

シンガー・ソングライターのファンには初のシングル曲としてリリースされた3曲目の「ザ・マン・フー・レット・ア・メモリー・テイク・ヒム・ダウン」をまずは聞いていただきたい。アコギのイントロにキーボードが絡み、渋く語りかけるようなジョンのボーカルが入ってきた時、70年代の黄金のシンガー・ソングライター時代を経験した者なら心打たれること間違いないだろう。70年代シンガー・ソングライター作品のエッセンスが完璧なまでに含まれている文句無しの傑作だと言い切れる素晴らしい楽曲、唄、演奏である。

これが本当に2002年の新譜なのかとジャケットのクレジットを幾度もチェックしてしまったほどだ。そして続く「ブラッド、スウェット&ティアーズ」も背筋がゾクゾクするほど素晴らしい。

渋いけれどもその中にマイルドな聞く者を優しくグルーブするようなジョンの唄声は一度とりつかれたら病み付きになるかもしれない。

こんなシンガー・ソングライターが今でも現れる国、アメリカはやはり懐が深い。

1. I Might Say Anything
2. That's All I Ask
3. The Man Who Let a Memory Take Him Down
4. Blood, Sweat and Tears
5. The Man You Wanted Me to Be
6. This Old Truck
7. Someone Who Can
8. Where Does a Cowboy Go
9. Handouts, Hopes and Prayers
10. This Feeling Won't Last Long
11. This Town

●上記輸入盤CDは下記サイトにて好評販売中!
http://diskunion.net/portal/ct/detail/0413RK4698


●下記CDBABYのサイトにて一部試聴可能です
https://store.cdbaby.com/cd/williamson1



Posted by uncledog at 16:00:12Comments(0)TrackBack(0) │ROOTS CLASSICS ON CD
素晴らしき音楽との出会い TOP

◆ROOTS CLASSICS ON CD VOL.31◆

2018-02-06

20787.jpg ◆ROOTS CLASSICS ON CD VOL.31◆

R. Crumb & His Cheap Suit Serenaders/Number Three:Singing in the Bathtub(Shanachie/SHA6003.2/CD/0016351600325)

ジャニス・ジョップリンの名作アルバム「チープ・スリルス」のジャケット・アートワーク(イラスト)を手掛けたことでロック・ファンには有名な米国ペンシルベニア州フィラデルフィア出身の漫画家、イラストレイター、ロバート・クラム率いるチープ・スート・セレネイダーズが1978年にリリースしたサード・アルバムにして惜しくも同バンドのラスト・アルバムとなった「ナンバー・スリー」(Blue Goose Records/BG-2025/LP)。

SPレコード盤のコレクターとしても有名なクラムが戦前のポピュラー音楽、ブルース、ラグタイム、オールドタイム等に傾倒した音楽をプレイしたファンに人気の高いアルバムです。

今作では新たなメンバーとしてアコギ、スライド・ギター等の名手、ボブ・ブロッズマンが参加しています。

ジャケット・アートワークはロバート・クラムが担当。

1.Singing in the Bathtub
2.Chile Blues
3.Dream of Heaven
4.Suits Crybaby Blues
5.Collier Medley: Ben Hur March & Napoleon March
6.Shopping Mall
7.Yearning and Blue
8.Hula Girl
9.Pedal Your Blues Away
10.La Gima Polka
11.Sing Song Girl
12.Home
13.My Gal Sal
14.Hano Hano Hawaii



Posted by uncledog at 12:51:06Comments(0)TrackBack(0) │ROOTS CLASSICS ON CD
素晴らしき音楽との出会い TOP

◆ROOTS CLASSICS ON CD VOL.30◆

2018-02-06

20786.jpg ◆ROOTS CLASSICS ON CD VOL.30◆

R. Crumb & His Cheap Suit Serenaders/Number Two:Chasin Rainbows(Shanachie/SHA6002.2/CD/0016351600226)

ジャニス・ジョップリンの名作アルバム「チープ・スリルス」のジャケット・アートワーク(イラスト)を手掛けたことでロック・ファンには有名な米国ペンシルベニア州フィラデルフィア出身の漫画家、イラストレイター、ロバート・クラム率いるチープ・スート・セレネイダーズが1976年にリリースしたセカンド・アルバム「ナンバー・トゥー」(Blue Goose Records/BG-2019/LP)。

SPレコード盤のコレクターとしても有名なクラムが戦前のポピュラー音楽、ブルース、ラグタイム、オールドタイム等に傾倒した音楽をプレイしたファンに人気の高いアルバムです。

プロデュースは戦前ブルースの再発レーベルとして有名なヤズー・レコーズの創設者であり、このLPをリリースしたブルー・グース・レコーズの創設者でもあるニック・パールズが担当。

ジャケット・アートワークはロバート・クラムが担当。

R. Crumb(Vocal, Banjo)
Robert E. Armstrong(Accordion, Guitar, Banjo, Saw, Vocal)
Allan Dodge(Vocal, Mandolin, Ukulele, Violin)
Tom Marion(Banjo, Mandolin,Guitar)
Terry Zwigoff(Cello)
Irene Herrmann (Bells:tracks: A5)

1.Alabama Jubilee
2.Chasin' Rainbows
3.Fine Artiste Blues
4.Hula Medley
5.I Want a Little Girl
6.Persian Rug
7.Mysterious Mose
8.Crying My Blues Away
9.She Lived Down By the Firehouse
10.Diane
11.Make My Cot Where the Cot-Cot-Cotton Grows
12.Moana March



Posted by uncledog at 12:38:28Comments(0)TrackBack(0) │ROOTS CLASSICS ON CD
素晴らしき音楽との出会い TOP

◆ROOTS CLASSICS ON CD VOL.29◆

2018-02-06

20785.jpg ◆ROOTS CLASSICS ON CD VOL.29◆

◆祝、フォークウェイズ・レコーズ(スミソニアン・フォークウェイズ)70周年!!

◆Folkways Records’ 70th anniversary celebration series

ROLF CAHN & ERIC VON SCHMIDT/SAME(SMITHSONIAN FOLKWAYS/FOWY2417.2/CDR/0093070241725)

1950年代半ばからカリフォルニア州で活動を開始したフォーク・シンガー、ギターリストのロルフ・カーンがエリック・ヴォン・シュミットと意気投合して1961年にレコーディングされたアルバム「ロルフ・カーン&エリック・ヴォン・シュミット」(Folkways Records/FA 2417/LP)。

レッド・ベリーの「フランキー&アルバート」、ベッシー・スミスの「ノーバディ・ラヴズ・ユー」等をカバーしたブルース色の強い作品です。

*LPのオリジナル・ライナー・ノーツはCDに挿入されているPDFファイルにて読めます。

1. Grizzly Bear
2. Lazarus
3. Columbus Stockade
4. Buddy Bolden Blues
5. You Got To Hurry
6. 2:19 Blues
7. Nobody Knows You When You're Down And Out
8. Wasn't That A Mighty Storm
9. Frankie And Albert
10. Who's That Yonder
11. Make Me A Pallet
12. He Was A Friend Of Mine



Posted by uncledog at 11:41:03Comments(0)TrackBack(0) │ROOTS CLASSICS ON CD
素晴らしき音楽との出会い TOP

◆ROOTS CLASSICS ON CD VOL.28◆

2018-02-06

20784.jpg ◆ROOTS CLASSICS ON CD VOL.28◆

TEEGARDEN & VAN WINKLE/BUT ANYHOW(Wounded Bird Records/WUND290.2/CD/0664140029026)

スワンプ・ロックのファンに人気の高いドラムスとハモンドB3オルガン奏者のデュオ、ティーガーデン&ヴァン・ウインクルが1969年にリリースしたセカンド・アルバム「バット・エニハウ」(Atco Records/SD33-290/LP)。

オリジナル・ナンバーに加えてドノヴァンの「魔女の季節」、タジ・マハールの「シー・コウト・ザ・ケイティ・アンド・レフト・ミー・ア・ミュール・トゥ・ライド」、ジミー・リードの「ブライト・ライツ・ビッグ・シティ」、ジミー・マッグリフの「オール・アバウト・マイ・オール・ビッチ」等のカバーも収録。

ラフでワイルドかつファンキーな泥臭いそのサウンドとボーカルはスワンプ・ロックのファンはもちろん、ファンキー・ロック、70年代アメリカン・ロックのファンなら一度はチェックしておいて損は無い熱いものがあります。

名ドラマー、デヴィッド・ティーガーデンが60年代に音楽活動を始めたのはタルサ(米国オクラホマ州)のクラブ・シーンで、やがてLAに活動の場を移してレオン・ラッセルやJ.J.ケイルを含むLAの有名なスタジオ・ミュージシャンと共に活動。その後デトロイトに移住してハモンドB3オルガン奏者のスキップ・ヴァンウインクルとデュオ、ティーガーデン&ヴァン・ウインクルを結成してLPを6枚リリースしています。

David Teegarden(Drums, Vocal)

Skip "Van Winkle" Knape(Organ, Vocal)

1.Annie Had A Baby
2.Season Of The Witch
3.Cloud Castle Gate
4.Red Haired Woman
5.Autumn Flowers
6.Short One
7.She Caught The Katie And Left Me A Mule To Ride
8.Run Woman Run
9.Bright Lights Big City
10.All About My Ole Bitch (rendered from All About My Girl)



Posted by uncledog at 11:01:54Comments(0)TrackBack(0) │ROOTS CLASSICS ON CD
素晴らしき音楽との出会い TOP

◆ROOTS CLASSICS ON CD VOL.27◆

2018-02-06

20783.jpg ◆ROOTS CLASSICS ON CD VOL.27◆

TEEGARDEN & VAN WINKLE/AN EVENING AT HOME WITH(Wounded Bird Records/WUND272.2/CD/0664140027220)

スワンプ・ロックのファンに人気の高いドラムスとハモンドB3オルガン奏者のデュオ、ティーガーデン&ヴァン・ウインクルが1968年にリリースしたファースト・アルバム「アン・イヴニング・アット・ホーム・ウイズ」(Plumm Records/DS AIQ 101201/LP)。

デトロイトのレッド・カーペットでのライヴを7曲収録。

ラフでワイルドかつファンキーな泥臭いそのサウンドとボーカルはスワンプ・ロックのファンはもちろん、ファンキー・ロック、70年代アメリカン・ロックのファンなら一度はチェックしておいて損は無い熱いものがあります。

名ドラマー、デヴィッド・ティーガーデンが60年代に音楽活動を始めたのはタルサ(米国オクラホマ州)のクラブ・シーンで、やがてLAに活動の場を移してレオン・ラッセルやJ.J.ケイルを含むLAの有名なスタジオ・ミュージシャンと共に活動。その後デトロイトに移住してハモンドB3オルガン奏者のスキップ・ヴァンウインクルとデュオ、ティーガーデン&ヴァン・ウインクルを結成してLPを6枚リリースしています。

David Teegarden(Drums, Vocal)

Skip "Van Winkle" Knape(Organ, Vocal)

1.Introduction/Today I Left For The Big City
2.Can’t Get Enough Of Your Love
3.Scarborough Fair/Canticle
4.Woman Child
5.Alright Mama
6.Bring It On Home--Part I
7.Bring It On Home--Part II



Posted by uncledog at 10:47:40Comments(0)TrackBack(0) │ROOTS CLASSICS ON CD
素晴らしき音楽との出会い TOP

◆ROOTS CLASSICS ON CD VOL.26◆

2018-02-05

20782.jpg ◆ROOTS CLASSICS ON CD VOL.26◆

◆祝、フォークウェイズ・レコーズ(スミソニアン・フォークウェイズ)70周年!!

◆Folkways Records’ 70th anniversary celebration series

Barbara Dane/Barbara Dane Sings the Blues(Folkways Records/FOWY2471.2/CDR/0093070247123)

女性フォーク/ブルース/プロテスト・シンガーとして有名なバーバラ・デインが1964年にフォークウェイズからリリースした「シングス・ザ・ブルース」(Folkways Records/FA2471/LP)。

6弦と12弦ギターを弾きながらオリジナル作品に加えてタンパ・レッド、ウイリー・ディクソン、マ・レイニーのドス黒いブルースを歌っています。

1 You Don't Know Me
2 I Just Want to Make Love to You
3 Come Back, Baby
4 Stranger's Blues
5 Victim to the Blues
6 'Way Behind the Sun
7 Special Delivery Blues
8 It Hurts Me Too
9 Come on in (There Ain't Nobody Here But Me)
10 Hard Oh Lord
11 Working People's Blues
12 Dink's Blues (Dink's Song)



Posted by uncledog at 15:52:17Comments(0)TrackBack(0) │ROOTS CLASSICS ON CD
素晴らしき音楽との出会い TOP

◆ROOTS CLASSICS ON CD VOL.25◆

2018-02-02

20778.jpg ◆ROOTS CLASSICS ON CD VOL.25◆

STACY JAGGER/FADED MEMORIES(STACY JAGGER/CDB5637482927.2/CD/0634479188817)

「天使の歌声」「ビロード・ヴォイス」の持ち主であるナッシュヴィル出身の女性シンガー・ソングライター、ステイシー・ジャガーが2006年に自主制作盤でリリースして注目を浴びたデビュー・アルバム「フェイディド・メモリーズ」。

ブルーグラス〜フォーク〜ブルース〜ゴスペルなどのアメリカン・ルーツ音楽をバックグラウンドに持つ洗練されたアコースティック・サウンドに、スピリチュアルな佇まいの彼女の歌声がよく響きわたる内容。アコースティック・ギター弾き語りでしっとりと綴られる冒頭曲で作品表題曲の‘Faded Memories’に始まり、ヴァイオリン×マンドリンなどのアンサンブルと曲展開が印象的なブルーグラス・スタイルでの‘Take Me There’、珠玉のケルティック・バラード‘Innisfree’、ハーモニカのブロウがバックで鳴るバンド・スタイルのブルース・ナンバー‘Livin' Bread Woman’、チェロの演奏とハーモニーが効果的な‘The Mountain’、ピアノの音色が印象的なジャジーなナンバー‘The Man I Love’など楽曲も多彩で聴きどころ多数。

ボニー・レイットやトレイシー・ネルソン、カナダの女性スライド・ギターの名手、エレン・マクルウェイン等の素晴らしい女性ブルース・シンガーのようにルーツ・ミュージックを幅広く吸収し自分の中でブレンドして極上のアメリカン・ミュージックとして披露してくれる大型コンポーザーです。

01. Faded Memories
02. Take Me There
03. Jimmy
04. Bliss
05. Run
06. If You Were Mine
07. Dreamland Tree
08. Livin' Bread Woman
09. The Mountain
10. Innisfree
11. Before The World
12. The Man I Love

●上記輸入盤CDは下記サイトにて好評販売中!
http://diskunion.net/portal/ct/detail/04C844



Posted by uncledog at 15:21:00Comments(0)TrackBack(0) │ROOTS CLASSICS ON CD
素晴らしき音楽との出会い TOP

◆ROOTS CLASSICS ON CD VOL.24◆

2018-02-02

20777.jpg ◆ROOTS CLASSICS ON CD VOL.24◆

BOB MARTIN/Last Chance Rider(RIVERSONG RECORDS/5/CD/0793447347424)

ニューヨークのガーズ・フォーク・シティでスカウトされてRCAレーベルと契約し、1972年にナッシュビルのスタジオでレコーディングしたデビュー・アルバム「ミッドウエスト・ファーム・ディザスター」(RCA/LSP-4770)で有名なシンガー・ソングライター、ボブ・マーティン。

1977年12月に渋谷のロック喫茶「ブラックホーク」の松平さんが発行した音楽雑誌「スモール・タウン・トーク」第11号の特集「ブラックホークの選んだ99枚のレコード」の中の1枚に選ばれた名作でもあります。

レコーディングにはデヴィッド・ブリッグス(キーボード)、ノーバート・プットナム(ベース)、ケ二ー・バトレー(ドラムス)他、ナッシュビルのベテラン・スタジオ・ミュージシャンが参加。ボブ・ディランのフォロワー的な存在のフォーク・シンガーと言える存在で、味わい深い渋い歌声といぶし銀のサウンドが上手くブレンドして70年代を代表するSSW/フォークの名盤として人気の高いアルバムでした。

そのボブ・マーティンが1982年にリリースしたセカンド・アルバム「ラスト・チャンス・ライダー」(JUNE APPAL RECORDINGS原盤/JA043/LP)は米国のナショナル・アソシエーション・オブ・インディペンデント・レコード・ディストリビューターズから全米トップ・クラスのフォーク・アルバムと絶賛されたLPです。

有名なファースト・アルバムの影に隠れたようなアルバムですが、ファースト・アルバム同様に素晴らしい内容です。

ボブ・ディラン、サミー・ウォーカー、ウディ・ガスリー等のフォーク、シンガー・ソングライターが好きな方にお薦めの1枚。

<SIDE ONE>
1.GIVE ME ONE GOOD REASON NOT TO GO
2.BORDERLINE
3.HOTEL ST. JAMES
4.QUEEN OF THE MIDGET WRESTLING TEAM
5.LAST CHANCE RIDER

<SIDE TWO>
1.DAYLITE
2.OLD TIME COUNTRY TUNE
3.GIVIN' UP EASY
4.APPALACHIA LULLABY
5.HALF BREED

●上記輸入盤CDは下記サイトにて好評販売中!
http://diskunion.net/portal/ct/detail/RS150805-10



Posted by uncledog at 13:04:41Comments(0)TrackBack(0) │ROOTS CLASSICS ON CD
素晴らしき音楽との出会い TOP

◆ROOTS CLASSICS ON CD VOL.23◆

2018-02-01

20775.jpg ◆ROOTS CLASSICS ON CD VOL.23◆

UNCLE DOG/OLD HAT(PROG TEMPLE/PTCD8011/CD/4753314801110)

「イギリスのジャニス・ジョプリン」の異名を持つ女性シンガー、キャロル・グライムズを擁する英国スワンプ・ロック・バンド、アンクル・ドッグが1972年にリリースした唯一作にして70年代英国ロックの名作として人気の高い「アンクル・ドッグ」(Signpost Records/SG 4253/LP)。

アヴェレージ・ホワイト・バンドのホーン・セクションや元フリーのポール・コゾフ、ザ・フーとの共演で有名なラビット他をゲストに迎え、アーシーな米国南部ロックやカントリーと英国の叙情性が見事にブレンドし、練り上げられた奇跡とも言える傑作。

強力なキャロルのヴォーカルを中心に、冒頭から男女ヴォーカルのからみが素晴らしいブギー・スワンプ・ナンバー「リヴァ―・ロード」、粘り付くようなカントリー・ロック・ナンバー「ムーヴィー・タイム」、超絶な絶唱が聴けるサザン・ソウル・ナンバー「ウイ・ガット・タイム」、泥臭さの極みとも言いたい「ミステリー・トレイン」「ルーズ・ミー」他、駄作なしの全8曲。ジャケも素晴らしいの一言!

1. River Road
2. Movie Time
3. Old Hat
4. Boogie With Me
5. We Got Time
6. Smoke
7. I'll Be Your Baby Tonight (Dylan) / Mystery Train (Phillips/Parker)
8. Lose Me

●上記輸入盤CDは下記ウェッブサイトにて好評販売中!
http://diskunion.net/portal/ct/detail/RS131107-18




Posted by uncledog at 13:54:14Comments(0)TrackBack(0) │ROOTS CLASSICS ON CD
素晴らしき音楽との出会い TOP

◆ROOTS CLASSICS ON CD VOL.2◆

2018-01-30

20661.jpg ◆ROOTS CLASSICS ON CD VOL.2◆

J.MICHAEL HENDERSON/TO MAKE THE NIGHT COMPLETE (JMH RECORDS/JMH7601/CD/0793033106329)

1976年にインディアナポリスの700 WEST系レーベルからリリースされたシンガー・ソングライター、J.マイケル・ヘンダーソンのデビュー・アルバム「トゥ・メイク・ザ・ナイト・コンプリート」。

ジャケットから容易に想像できるようなジェントルな唄声と楽曲の良さが光る永遠の名作と言いたいアルバムです。

特にお薦めは3曲目の「ビコーズ・ザット・サムワン・イズ・ユー」。続く「ユー・マイト・シンク・アイム・ア・ストレンジャー」は優しく語り掛けるような歌唱で心がとてもなごみます。ノスタルジックなイントロが印象的な「ハヴ・アイ・ビーン・イン・ラヴ・アット・オール」もとても良い雰囲気。

全11曲収録。歌詞付き。

本人曰く、「クリスマスの時期は毎年、需要が多いアルバムなんだよね」。納得のいく一言です。

1.My Music
2.With Nobody Else Around
3.Because That Someone Is You
4.You Might Think I'm A Stranger
5.It Never Hurts To Cry
6.A Song For Jude
7.Everybody Sings The Blues
8.You're But A Dream, My Lady
9.Friend, You've Got It Made
10.Have I Been In Love At All
11.To Make The Night Complete

●上記輸入盤CDは下記サイトにて好評販売中!
http://diskunion.net/portal/ct/detail/0413RK2061

●J.マイケル・ヘンダーソンのウェブサイトは下記です
http://www.jmichaelhenderson.com/jmichaelhenderson/Welcome.html



Posted by uncledog at 18:29:54Comments(0)TrackBack(0) │ROOTS CLASSICS ON CD
素晴らしき音楽との出会い TOP

◆ROOTS CLASSICS ON CD VOL.22◆

2018-01-30

20766.jpg ◆ROOTS CLASSICS ON CD VOL.22◆

Long John Baldry/It Ain't Easy(Stony Plain Music/SPCD1310/CD/0772532131025)

ロッド・スチュワート、ブライアン・オーガー、ジュリー・ドリスコール等が参加していたスティームパケットのメンバーでもあった英国のロック・シンガー、ロング・ジョン・ボールドリーが1971年にリリースした5作目のソロ・アルバムであり、ノース・アメリカでのデビュー・アルバムともなった「イット・エイント・イージー」(Warner Bros. Records/K46088/LP)。

ロング・ジョン・ボールドリーのルーツであるR&B路線へと回帰したソウルフルな歌声が素晴らしい佳作です。

フェイセス、ローリング・ストーンズ等のギターリストとして有名なロン・ウッドやエルトン・ジョンがレコーディングに参加。

ロッド・スチュワート(A面)とエルトン・ジョン(B面)がプロデュースを担当。

初期のヒット曲「ドント・トライ・トゥ・レイ・ノー・ブギー・ウギー・オン・ザ・キング・オブ・ロック&ロール」収録。

Ron Wood(Guitar)
Sam Mitchell(Steel Guitar)
Rick Brown (Bass)
Elton John(Piano)
Ian Armit(Piano)
Ray Jackson(Mandolin)

1.Intro: Conditional Discharge
2.Don't Try to Lay No Boogie Woogie on the King of Rock & Roll
3.Black Girl
4.It Ain't Easy
5.Morning Morning
6.I'm Ready
7.Let's Burn Down the Cornfield
8.Mr Rubin
9.Rock Me When He's Gone
10.Flying
11.Going Down Slowly
12.Blues (Cornbread, Meat and Molasses)
13.Love in Vain
14.Midnight Hour Blues
15.Black Girl
16.It Ain't Easy
17.I'm Ready
18.Radio Spot



Posted by uncledog at 12:40:29Comments(0)TrackBack(0) │ROOTS CLASSICS ON CD
素晴らしき音楽との出会い TOP

◆ROOTS CLASSICS ON CD VOL.21◆

2018-01-29

20763.jpg ◆ROOTS CLASSICS ON CD VOL.21◆

BONNIE DOBSON/DEAR COMPANION(BIG BEAT/CDWIKD325/CD/0029667432528)

ボニー・ドブソンが1960年にリリースしたフィメール・フォークの佳作と言えるセカンド・アルバム「ディア・コンパニオン」(Prestige International/INT 13031/LP)。

フレッド・ニールやヴィンス・マーティン等のフォーク/シンガー・ソングライターからグレイトフル・デッド、ジェフ・ベック・グループ等のロック・バンドまで数多くのカバーを生んだ名曲「モーニング・デュー」の作者として有名なカナダの女性シンガー・ソングライター、ボニー・ドブソン。

今作はギターとフルートのみのシンプルなバッキングに初期のジョニ・ミッチェルのような透明感溢れる伸びやかな歌声が響いてくるピュアなフォーク・アルバムに仕上げています。

ボニーの歌声を全面に打ち出したじっくりと聴かせるフォーク・ソングがメインとなっておりますが、怪しげなフルートの音色が鳴り響く「VRANYANKA」や、ウィスパーな女性コーラスが気持ち良い「ザ・ボニー・ラス・オブ・ケンモア・タウン」が異色を放っています。

オリジナル・マスターテープからのリマスター。

1. DEAR COMPANION
2. MY MOTHER CHOSE MY HUSBAND
3. GIRL OF CONSTANT SORROW
4. VRANYANKA
5. BEN'S LULLABY
6. THE BONNIE LASS OF KENMORE TOWN
7. WHEN I WAS IN MY PRIME
8. AH! SI MON MOINE
9. BLUES JUMPED A RABBIT
10. DINK'S SONG
11. VERTSA DIEVCHA
12. THE CRUEL MOTHER



Posted by uncledog at 18:19:29Comments(0)TrackBack(0) │ROOTS CLASSICS ON CD
素晴らしき音楽との出会い TOP

◆ROOTS CLASSICS ON CD VOL.20◆

2018-01-29

20762.jpg ◆ROOTS CLASSICS ON CD VOL.20◆

HEDY WEST/HEDY WEST VOLUME 2(ACE/VCD 79124/CD/0029667051224)

米国ジョージア州出身のアメリカを代表する女性フォーク・シンガー、へディ・ウェストがヴァンガード・レコーズから1963年にリリースしたファースト・アルバム「へディ・ウェスト」(Vanguard Records/VRS-9124/LP)と1964年にリリースしたセカンド・アルバム「へディ・ウェスト・ヴォリューム2」(Vanguard/VRS-9162/LP)が2イン1でCD化。

PPMやキングストン・トリオがカバーして大ヒットした「500 MILES〜500マイルも離れて」は常に探されている方が少なくない名曲のため、この1曲のオリジナルを聞けるだけでもうれしいCD化です。

ボーナス・トラック2曲追加収録

*CDのジャケットはファースト・アルバム「へディ・ウェスト」の写真を使用しています

[Hedy West:Accompanying Herself On The 5 String Banjo](Vanguard Records/VRS-9124/LP)
1.DROWSY SLEEPER
2.COTTON MILL GIRLS
3.ERIN’S GREEN SHORE
4.SHADY GROVE
5.SINGLE GIRL
6.BURY ME NOT ON THE LONE PRAIRIE
7.500 MILES
8.THE BROWN GIRL
9.LETTER FROM DOWN THE ROAD
10.LITTLE WILLIE
11.SWEET JANE
12.MINER'S FAREWELL (POOR HARDWORKING MINERS)
13.FRAGMENTS
14.FARE THEE WELL

<BONUS TRACK>
15.COTTON MILL GIRLS (ALT)

[Hedy West/Volume Two](Vanguard/VRS-9162/LP)
16.BOSTON BURGLAR
17.MOONSHINER'S LAMENT
18.LADY BEAUTY BRIGHT
19.PANS OF BISCUITS
20.THE LITTLE CARPENTER
21.LEWISTON FACTORY MILL GIRLS
22.LITTLE MARGARET
23.DON'T GO DOWN THE LONESOME ROAD
24.LITTLE OLD MAN LIVED OUT WEST
25.FAIR AND TENDER LADIES
26.WILLIAM HALL
27.POOR LITTLE LOST BABY
28.ANGER IN THE LAND
29.RUN SLAVE, RUN
30.HUBBARD
31.FARTHER ALONG

<BONUS TRACK)
32.WHO’S GOING TO SHOE (THEM PRETTY LITTLE FEET)



Posted by uncledog at 17:38:02Comments(0)TrackBack(0) │ROOTS CLASSICS ON CD
素晴らしき音楽との出会い TOP

◆ROOTS CLASSICS ON CD VOL.3◆

2018-01-29

20662.jpg ◆ROOTS CLASSICS ON CD VOL.3◆

CHUCK PERRIN/BEAT.ITUDE(WEBSTER'S LAST WORD/WLW.2328/CD/0600092232824)

これはすごい! まるで50年代のコーヒーハウスでレコーディングされたかと錯覚をおこしてしまうようなビート精神溢れるクールなアルバムです。

ボンゴとタイトでクールなギターをバックに語りかけるように唄う「ザ・ビッグ・レイス」から始まる全13曲に駄作なし。

ミッチ・マンカーのクールなトランペットの音色がチャックの弾き語りを更に惹きたてていく2曲目の「アウト・ヒア・オン・ジ・エッジ」。

チャールズ・マクファーソンのサックスをフィーチャーした4曲目の「バード・リブズ」はビーバップ・ジャズのパイオニア、故チャーリー・パーカーに捧げた作品。流麗なサックスをバックに力強く歌い上げています。

究極の1曲は6曲目の「レッツ・クラッシュ・ルーティーン」。冒頭の1フレーズからチャックの唄声とギターにグルーブされること必至。宙を舞うフルート、バックに鳴り響くボンゴ。今一度、これはすごいアルバムです、まさに名盤!

しかし、まだあった極めつけの1曲が。それは8曲目の「マハトマ」。黄昏のベネチアを小船に乗ってゆらいでいるかのような非常に美しいインスト曲。澄み切ったアコギのサウンドにムーディーなフルートが色を添えます。あまりにも美しすぎる作品。

小包型変形ジャケット仕様、歌詞カード&インサート付き。

1. The Big Race
2. Out Here On The Edge
3. Bird Lives!
4. Highway To Hell
5. Ready For A Change
6. Let's Crush Routine
7. Behind The Wheel
8. Mahatma (instrumental)
9. Nothing Ever Stays The Same
10. I'll Get Lost
11. Zen
12. Anesthesia
13. It Ain't Over Yet (for Jack Kerouac)

●上記輸入盤CDは下記サイトにて好評販売中!
http://diskunion.net/portal/ct/detail/0413RK3534

●下記CDBABYのサイトにて試聴可能です
https://store.cdbaby.com/cd/chuckperrin2



Posted by uncledog at 16:00:48Comments(0)TrackBack(0) │ROOTS CLASSICS ON CD
素晴らしき音楽との出会い TOP

◆ROOTS CLASSICS ON CD VOL.19◆

2018-01-29

20761.jpg ◆ROOTS CLASSICS ON CD VOL.19◆

Danny Kalb and Stefan Grossman/Crosscurrent(Collectables/CCL6723.2/CD/0090431672327)

ブルース・ロック界のダニー・カルブとアコースティック・ギターの名手であり、後に教則本制作の大家となるステファン・グロスマンが1969年にリリースしたセッション・アルバムであり、アーバン・ブルースの佳作「クロスカレント」(Cotillion/SD 9007/LP)。

アル・クーパーが在籍していたことでも有名なブルース・プロジェクトのメンバーであり、ボブ・ディランの師匠として知られるフォーク・ブルース系ギターリスト、デイヴ・ヴァン・ロンクにギターを習ったというダニー・カルブとイーヴン・ダズン・ジャグ・バンド(ジョン・セバスチャン、マリア・マルダー等が在籍)のメンバーであり、数多くのソロ・アルバムをリリースしてきたステファン・グロスマン。

60年代フォーク・リヴァイバル・シーンの重要人物、二名によるアーシーでかっこよいブルース・セッションはブルース・ロック、ホワイト・ブルース、フォーク・ファン等にお薦め!!

Danny Kalb(Guitar)
Stefan Grossman(Guitar)
Arthur Koenig(Bass)
Joe Hunt(Drums
Robert Moses(Drums)
Don Brooks(Harmonica)

1.Devil Round the Moon
2.Singing Songs Unsung
3.Louise, Louise
4.Harvest of Your Days
5.Requiem for Patrick Kilroy
6.Eagles on the Half
7.Death Letter Blues
8.Crow Black Squall
9.Woman Dear
10.Danish Drone



Posted by uncledog at 13:48:16Comments(0)TrackBack(0) │ROOTS CLASSICS ON CD
素晴らしき音楽との出会い TOP

◆ROOTS CLASSICS ON CD VOL.9◆

2018-01-26

20736.jpg ◆ROOTS CLASSICS ON CD VOL.9◆

CHUCK PERRIN/44 MINUTES OF LOVE(WEBSTER'S LAST WORD/CD/0600092440021)

チャック&メアリーの片割れ、チャック・ぺリンが2005年に自主制作盤でリリースした新作(3rdソロ・アルバム)。

毎回異なるサウンドで楽しませてくれるチャックの新作はシンプルな唄ものです。しかし、幾度も聞き込んでいくとその素晴らしさが肌にしみこんでくるような佳作です。枯れた味わいのする名盤とも言えるかもしれません。

ジャケットはチャックの奥様が書かれた日本の墨絵のような作品で、見開きジャケットを開くと竹が描かれているのがわかります。そーだ、この墨絵のようないぶし銀のシンガー・ソングライター作品とも言えるでしょう。

なお、ジャケットの右下に写っている四角はタイトルの「44 OF LOVE」で、実は日本のハンコでタイトルを制作して押印したそうです。チャックは自宅でこのハンコを見せてくれました。多分、日本びいきと思われる奥様の影響かもしれません。

特にお薦めは2曲目の「ターン・ユア・ライツ・ダウン・ロウ」。トム・ウェイツのような渋めの唄声で優しく語りかけてくるような作風で耳に心地よく、知らず知らずのうちにグルーブされています。

1. I Gotta Have You
2. Turn Your Lights Down Low
3. Let's Stay Together
4. Alicante
5. Heart's On Fire
6. Balance
7. A Letter Home
8. Time Fades Away
9. Minor Blue Surcease

●下記サイトにて試聴可能です
https://store.cdbaby.com/cd/perrin


●チャックのウェッブサイトは下記です。
http://chuckperrin.com/



Posted by uncledog at 11:19:31Comments(0)TrackBack(0) │ROOTS CLASSICS ON CD
素晴らしき音楽との出会い TOP

◆ROOTS CLASSICS ON CD VOL.8◆

2018-01-26

20735.jpg ◆ROOTS CLASSICS ON CD VOL.8◆

CHUCK PERRIN/SWALLOW LIFE(WEBSTER'S LAST WORD/WLW-9999/CD/0600092999925)

アメリカはイリノイ州、ピオリアのインディー・レーベル、ウェブスターズ・ラスト・ワード・レコーズから各500枚のみの限定プレスでリリースされたチャック&メアリーの68年の激レアなアルバム「ブラザー&シスター」(1st)と69年の「ネクスト・オブ・キン」(2nd)の珠玉の名作は既に英国のREVOLAレーベルからの奇跡の初CD化によって御存じの方も多いと思います。同レーベルは上記デュオの片割れ、チャック・ぺリンのレーベルであり、現在も活動を続けております。そして今回ご紹介するのがチャックの99年の2ndソロ・アルバムです。

トム・ウエイツを彷彿とさせる渋い唄声にセンスの良い曲作り。チャック&メアリーの頃とはもちろんサウンドは異なりますが、唄心のある彼の作品はシンガーソングライターのファン、そして、もちろん、チャック&メアリーが好きな方にも是非、聞いていただきたいアルバムです。

お薦めは7曲目の「チェイシング・インシグニフィカンス」。チャックの曲作りの素晴らしさが満開の究極の一曲。初めて聞いた時はしばし、金縛り状態になってしまう濃くのあるサウンド、唄声。チャックの渋い唄声にからむ美しいティナのボーカル。泣きのギターがからみ、ハモンドB-3オルガンが隙間を埋め尽くします。これで悪いわけはありません。まさに必殺の一曲と言えるでしょう。

3面開きデジパック仕様、かつレッド・ゼッペリンの3rdのようなジャケットの内側の円盤が回転する変形ジャケット仕様。ブックレット付き。

1. MOTION (IS MY MANTRA)
2. LET'S CRUSH ROUTINE
3. LITTLE ITALY
4. GRAVEL BEACH
5. OUT OF THE COOL
6. ALL HALLOWS, JACK O'LANTERN WEATHER, NORTH OF TIME
7. CHASING INSIGNIFICANCE
8. ETERNAL FEEL
9. DON'T LOOK BACK
10. SOMETIMES IT'S EASIER TO KILL SOMEBODY ELSE
11. SWALLOW LIFE

●下記サイトにて試聴可能です
https://store.cdbaby.com/cd/chuckperrin




Posted by uncledog at 11:18:12Comments(0)TrackBack(0) │ROOTS CLASSICS ON CD
素晴らしき音楽との出会い TOP

◆ROOTS CLASSICS ON CD VOL.18◆

2018-01-25

20753.jpg ◆ROOTS CLASSICS ON CD VOL.18◆

BERGERFOLK/VOL.2:HAPPY LANDINGS(Folkways Records/FOWY32416.2/CUSTOM CDR/0093073241623)

米国のファミリー・バンド、バーガーフォークが1973年にフォークウェイズからリリースした2ndアルバム「ハッピー・ランディングス」(Folkways Records/FTS 32416/LP)。

女性飛行士として知られるアメリア・エアハートをモチーフとして制作されたアルバムで非常に美しいアコースティック・サウンドをバックに単独歌唱やハーモニー・ボーカルで唄う心温まるヒューマン・ソングの決定版と言いたい知る人ぞ知る名盤で、米国の懐の深さを思い知る素晴らしい1枚。

70年代のみならず今日でも継続して家族の絆を大切にしながら人間的な血の通った伝統的な音楽を奏でる者が多いアメリカはやはり奥の深い偉大な国だと改めて思い知る1枚。

*LPのオリジナル・ライナー・ノーツはCDに挿入されているPDFファイルにて読めます。

1.Amelia Earhart
2.Storms Are on the Ocean,The
3.Soldier's Joy
4.Oh, Had I a Golden Thread
5.Go Tell Aunt Rhodie
6.Annie Laurie
7.Poor Howard
8.Masters of War
9.Bright Morning Stars
10.E-rie-ee
11.Orphans of Wealth
12.Doney Gal
13.My Pigeon House / My Biggest Dream (medley)
14.Free Little Bird
15.Circus
16.Thinnest Man,The
17.Weave Me the Sunshine



Posted by uncledog at 13:41:51Comments(0)TrackBack(0) │ROOTS CLASSICS ON CD
素晴らしき音楽との出会い TOP

◆ROOTS CLASSICS ON CD VOL.17◆

2018-01-25

20752.jpg ◆ROOTS CLASSICS ON CD VOL.17◆

PROPINQUITY/PROPINQUITY(ASTERISK/NUMERO/NUMR43003.2/CD/0825764300322)

米国のマイナー・レーベル、OWL(アウル)から1973年にリリースされたプロピンキティの唯一のアルバム「プロピンキティ」(Owl Records/OWL 23/LP)。

モンキーズのメンバー、マイク・ネスミスの曲からとられたバンド名、プロピンキティ(類似)というバンドはサイケ・ファンの間では既に有名な存在だった。

コロラド州のサイケ/アシッド・フォーク・バンドとして知られているが、改めて聞くと素朴なアコースティック・サウンドをバックにヒューマン・ソングを聞かせてくれる素晴らしいバンドである。

女性ボーカル、カーラの可憐な美しいボーカルが聞く者の心を至福の世界へと導いてくれる2曲目の「アンド・アイ・ア・フェアリー・テイル・レディ」は究極の1曲。女性ボーカル・ファンにお薦め。きっとしばし金縛りに合う者が多いことだろう。

美しいコーティングを施した見開きジャケット仕様、ブックレット付。

1. People Come
2. And I A Fairy Tale Lady
3. Tappan Square
4. You Dont Have To Hurry
5. Standing In The Doorway
6. Dorian: 240 Lament
7. Window
8. Binghamton
9. Ill Be There In The Morning
10. Ohio
11. Miles Before Sleeping
12. Sea Song (Extended Play)
13. Suite For Windy Spring
14. Child
15. Where Im Bound
16. Chermaine



Posted by uncledog at 13:10:48Comments(0)TrackBack(0) │ROOTS CLASSICS ON CD
素晴らしき音楽との出会い TOP

◆ROOTS CLASSICS ON CD VOL.16◆

2018-01-24

20750.jpg ◆ROOTS CLASSICS ON CD VOL.16◆

Glen Campbell/Plays 12 String Guitar(Manufactured on Demand)(Essential Media Mod/ESMM4943806.2/CDR/0894231426322)

60年代にはLAのレッキング・クルーの凄腕スタジオ・セッション・ギターリストとして活躍し、その後カントリー・ポップ系シンガーとして大成功を収めたグレン・キャンベルが1966年にリリースしたインスト・アルバム「プレイズ・12ストリング・ギター」(Onacrest Records/ONA 5001/LP)。

「黄金の銃を持つ男」「ウォーク・ライト・イン」「グリーンバック・ダラー」「天使のハンマー」「グリーンフィールズ」等の名曲を素晴らしいギター・テクニックで料理しています。

レオン・ラッセルがハープシコードで参加。

*新規リマスターでの再発CDR化!!

1 Cotton Fields
2 The Man with the Golden Gun
3 Walk Right in
4 Gospel Harp
5 Country Shindig
6 Greenback Dollar
7 If I Had a Hammer
8 Cherry Beat
9 Greenfields
10 Shindig Hoot



Posted by uncledog at 18:52:03Comments(0)TrackBack(0) │ROOTS CLASSICS ON CD
素晴らしき音楽との出会い TOP

◆ROOTS CLASSICS ON CD VOL.15◆

2018-01-24

20748.jpg ◆ROOTS CLASSICS ON CD VOL.15◆

HOYT AXTON/The Balladeer: Recorded Live at the Troubadour(Manufactured on Demand)(Essential Media Mod/ESMM4943677.2/CDR/0894231420320)

映画及びテレビの男優としても活躍したシンガー・ソングライター、ホイット・アクストンが1962年にリリースしたデビュー・アルバム「ザ・バラディアー:レコーディッド・ライヴ・アット・ザ・トルバドール」(HORIZON/WP-7681/LP)。

後にカントリー・シンガーとして有名になったホイット・アクストンの初期の音楽活動はフォーク系シンガー・ソングライターだった。ホライゾン・レコーズからリリースされたアルバムはどの作品も骨太なボーカルとギターがあふれていてとてもクールです。

このデビュー・アルバムはLAにある有名なナイト・クラブ、トルバドールでのライヴを12曲収録。「ファイヴ・ハンドレッド・マイルス」「オックス・ドライヴァーズ・ソング」「ウォーキン・トゥ・ジョージア」「グリーンバック・ダラー」他。

*新規リマスターでの再発CDR化!!

1.Ox Driver's Song
2.Peggy-O
3.Walkin' to Georgia
4.Vandy
5.John Henry
6.Greenback Dollar
7.Swananoah Tunnel
8.One Grain of Sand
9.Brisbane Ladies
10.Darlin'
11.Five Hundred Miles
12.The Balladeer



Posted by uncledog at 16:05:06Comments(0)TrackBack(0) │ROOTS CLASSICS ON CD
素晴らしき音楽との出会い TOP

◆ROOTS CLASSICS ON CD VOL.14◆

2018-01-24

20747.jpg ◆ROOTS CLASSICS ON CD VOL.14◆

KIM CARNES/REST ON ME(Manufactured on Demand, Remastered)(Essential Media Mod/ESMM5316568.2/CDR/0894231437427)

1981年に世界的な大ヒットを放った「Bette Davis Eyes」(邦題:ベティ・デイビスの瞳)や2度のグラミー賞受賞で知られる女性シンガー・ソングライター、キム・カーンズが1972年にエイモス・レコーズからリリースしたデビュー・アルバム(Amos Records/AMOS 7016/LP)。

映画「バニシング・ポイント」のテーマを唄ったりしてきたキムの記念すべきファースト・ソロ・アルバムで、ハスキーなボーカルが光るスワンプ・ロック名作。

ダニエル・ムーア作スワンプ・ロック名曲「ワン・モア・リヴァ―・トゥ・クロス」、マーク・レスター&トレイシー・ハイド主演映画「小さな恋のメロディ」にも使用されたビージーズの初期の名曲「トゥ・ラヴ・サムバディ」、キャロル・キング&ジェリー・ゴフィン作「トゥ・ラヴ」、マイケル・マッギネス作「レスト・オン・ミー」他収録。

レコーディングにはジェームズ・バートン、ラリー・カールトン、マイク・ディージー他、実力派スタジオ・ミュージシャンが参加。

*新規リマスターでの再発CDR化!!

1 It Takes Time
2 Sweet Love Song to My Soul
3 Everything Has Got to Be Free
4 Do You Wanna Dance
5 I Won't Call You Back
6 To Love
7 To Love Somebody
8 Fell in Love with a Poet
9 One More River to Cross
10 You Can Do It to Me Anytime
11 Rest on Me

●キム・カーンズのウェブサイトは下記です
http://www.kimcarnes.com/



Posted by uncledog at 14:03:06Comments(0)TrackBack(0) │ROOTS CLASSICS ON CD
素晴らしき音楽との出会い TOP

◆ROOTS CLASSICS ON CD VOL.13◆

2018-01-24

20746.jpg ◆ROOTS CLASSICS ON CD VOL.13◆

V.A./Hootenanny at Troubador(Manufactured on Demand)(Essential Media Mod/ESMM4948505.2/CDR/0894231266324)

1960年代のフォーク・ミュージック全盛期にLAはウエスト・ハリウッドにある著名なナイト・クラブ、トルバドールで開催された歴史的なライヴ・イヴェント「フーテナニ―・アット・トルバドール」(Horizon Records/WP-1616/LP)のライヴ・アルバム(1963年リリース)。

後に「明日なき世界」のヒットを放ったバリー・マクガイアやジュディ・ヘンスケ、ホイット・アクストン他が参加。

「グリーンバック・ダラー」「朝日のあたる家」他。

*新規リマスターでの再発CDR化!!

1 Greenback Dollar - Hoyt Axton
2 Blues for a Hoot - Hoyt Axton
3 The House of the Rising Sun - Judy Henske
4 Go Tell It on a Mountain - Judy Henske
5 Rebel Soldier - the Other Singers
6 Wasn't It a Mighty Day - the Sherwood Singers
7 I'm a Drifter - Travis Edmonson
8 Eh la Bas - Travis Edmonson
9 Captain Kidd - Phil Campos
10 Soft Blow the Summer Winds - Barry Kane and Barry McGuire
11 Come All Ye Loyal Hereos - Judy Mayhan
12 Plane Crash at los Gatos (Deportees) - Paul Skyes



Posted by uncledog at 13:31:55Comments(0)TrackBack(0) │ROOTS CLASSICS ON CD
素晴らしき音楽との出会い TOP

◆ROOTS CLASSICS ON CD VOL.12◆

2018-01-24

20745.jpg ◆ROOTS CLASSICS ON CD VOL.12◆

JUDY MAYHAN/ROCKIN' THE CRADLE(Manufactured on Demand)(Essential Media Mod/ESMM4939083.2/CDR/0894231313721)

1960年代にグリニッチ・ヴィレッジのフォーク・シーンでボブ・ディランの師匠としても有名な巨匠、デイヴ・ヴァン・ロンクと出会い、アパラチアン・マウンテン・ダルシマーの弾き語りを始めたジュディ・メイハンが1962年にリリースしたデビュー・アルバム「ロッキン・ザ・クレイドル」(Horizon Records/WP-1605/LP)。

ジュディの美しいソプラノ・ヴォイスが冴えるアパラチアン・マウンテン・ダルシマーの弾き語りが堪能できる名作です。

素晴らしいモノクロ写真が映えるオリジナル・ジャケット仕様でのうれしい再発です。たまには素朴で美しい女性の唄などいかがでしょうか?

1 Rockin' the Cradle
2 Come All Ye Loyal Heroes
3 Johnny Went Foling
4 One Morning in May
5 I Gave My Love a Cherry
6 At the Foot of Yonder's Mountain
7 Lass from the Low Country
8 Turtle Dove
9 He's Gone Away
10 The Cuckoo
11 Rich Irish Lady

●ジュディ・メイハンのウェブサイトは下記です
http://www.judymayhan.com/




Posted by uncledog at 13:10:22Comments(0)TrackBack(0) │ROOTS CLASSICS ON CD
素晴らしき音楽との出会い TOP

◆ROOTS CLASSICS ON CD VOL.11◆

2018-01-23

20738.jpg ◆ROOTS CLASSICS ON CD VOL.11◆

BOBBY WHITLOCK/VINTAGE(THE DOMINO/BWCC6999/CD/0884501169998)

デラニー&ボニー&フレンズへの加入を通じてエリック・クラプトンと出会い、後に伝説のデレク&ザ・ドミノスを結成してロック史上の名曲として有名な「いとしのレイラ」をレコーディングしたシンガー・ソングライター、ボビー・ウイットロックが2009年にリリースした未発表音源集であり、本人のレコーディングとしては未発表曲だったものばかりを集めたまさに「ビンテージ」音源集「ビンテージ」。

収録されている全10曲は他のアーティストにカバーされたことのある数曲を含む全曲がボビー自身によって過去にレコーディングされながらもお蔵入りとなっていたものばかりを集めた秘蔵音源集。

レコーディングにはスティーヴ・クロッパー(元ブッカーT&MG’S)、レジー・ヤング、ジム・ケルトナー、ジム・ホーン、ディー・マレイ他、豪華メンバーが多数参加。

「ジス・タイム」はトム・ジョーンズが、「フーズ・ビーン・スリーピング・イン・マイ・ベッド」はグレン・フライ(イーグルス)がカバーした楽曲。6曲目の「マイ・オールド・パル」はエリック・クラプトンのことを唄った曲。美しいバラッド「ドント・パス・アス・バイ」は亡くなったボビーの父親を慈しんで作られた曲。スワンプ・ロックのファンには「サザン・ジェントルマン」と「ジス・タイム」が特にお薦め。

全体を通して言えることはやはり楽曲の良さと男らしい骨太でアーシーなボーカルの魅力に尽きます。もちろん、キーボードやピアノの演奏能力の素晴らしさも秀逸。

シンガー・ソングライター、スワンプ・ロックのファンはもちろん、70年代ロックの好きな方に是非、聞いていただきたい珠玉の1枚。

*ボーナス・トラックを2曲追加収録。「Dorothy & John」は1999年録音の未発表音源。

レコーディング参加アーティスト:

BOBBY WHITLOCK(VOCAL/BACKGROUND VOCAL/HAMMOND B-3/PIANO/GUITAR/DRUMS)
COCO CARMEL WHITLOCK (VOCAL/FLUTE:“PERFECT STRANGERS”)
STEVE CROPPER (GUITAR)
BARRY SWAIN (GUITAR)
PHILLIP DONNELLY (GUITAR)
BUDDY MILLER (GUITAR)
REGGIE YOUNG (GUITAR)
DARYL JOHNSON (BASS)
DEE MURRAY (BASS)
MIKE LEACH (BASS)
JIM KELTNER (DRUMS)
BRADY BLADE (DRUMS)
GRNE CHRISMAN (DRUMS)
BOBBY WARD (PIANO)
JIM HORN (HORNS/FLUTE)
WAYNE JACKSON (HORNS)

1. Whose Been Sleeping in My Bed (1999年)
2. Save Your Love for Me (1999年)
3. Southern Gentleman (1999年)
4. Streets of L.a. (1987年)
5. Island of Love (1995年)
6. My Old Pal (1999年)
7. Perfect Strangers (1987年)
8. Don’t Pass Us By (1999年)
9. This Time (They’re Won’t Be No Next Time) (1985年)
10. Your Love (1986年)

<bonus tracks>
11. It’s About Time (1999年)
12. Dorothy & John (1999年)

●下記サイトで試聴可能です
https://store.cdbaby.com/cd/bobbywhitlock1



Posted by uncledog at 12:12:18Comments(0)TrackBack(0) │ROOTS CLASSICS ON CD
素晴らしき音楽との出会い TOP

◆ROOTS CLASSICS ON CD VOL.10◆

2018-01-23

20737.jpg ◆ROOTS CLASSICS ON CD VOL.10◆

RODNEY BROWN/FREEDOM IN ME(RODNEY BROWN MUSIC/WRC8-807/CD/2090101000134)

カナダのノーザン・オンタリオを拠点として活動しているすぐれたシンガー・ソングライター、ロドニー・ブラウンが1977年に自主制作盤でリリースしたデビュー・アルバム「フリーダム・イン・ミー」。

カナダの大自然をバックにルーツ音楽に根ざしたヒューマン・ソングを唄い、演奏するロドニーのサウンドを聞いていると命が洗われるような気がいたします。

バンジョー、ギター、マンドリン等のアコースティック楽器の気持ちよい音色をバックに女性シンガーとのデュオで唄う「シング・ミー・ザ・ソング」やゆったりと独唱する「サンディーズ・ソング」は特にお薦め。

70年代シンガー・ソングライターのファンにお薦めの隠れた名盤。

1.Sing Me the Song
2.Sandi's Song
3.Rodney's Breakdown
4.Union Man
5.Miner's Song
6.When We Were Young
7.Freedom in Me
8.Goodbye Love
9.Kaministiquia
10.Northern Winds

●ロドニー・ブラウンのウェブサイトは下記です
http://www.rodneybrown.ca/home

●ロドニー・ブラウンFBは下記です
https://www.facebook.com/rodney.brown.9212



Posted by uncledog at 11:54:48Comments(0)TrackBack(0) │ROOTS CLASSICS ON CD
素晴らしき音楽との出会い TOP

◆ROOTS CLASSICS ON CD VOL.7◆

2018-01-22

20734.jpg ◆ROOTS CLASSICS ON CD VOL.7◆

KEVIN STONEROCK/DAY BEFORE TOMORROW(KEVIN P.STONEROCK/CD/2050101000791)

ジェイ・マイケル・ヘンダーソンの名盤「TO MAKE THE NOGHT COMPLETE」と同じインディアナ州の伝説の700ウエスト・スタジオでレコーディングされたシンガー・ソングライター、ケヴィン・ストーンロックが1978年にリリースしたデビュー・アルバム「デイ・ビフォー・トゥモロー」(700 West/780310/LP)。

大自然をバックに唄っているような印象を強く受ける素晴らしいヒューマン・ソングが詰まった名盤です。シンガー・ソングライターのファンに自身を持ってお薦めできる一枚。

発売当時、地元のラジオ局にてヘビー・ローテーションでエアプレイされたというのも納得のいく作品群で駄作無しのアルバム。ジャケットから容易に想像できるような唄の数々です。

なお、10曲目の「アリゾナ・ラブ」は初期のイーグルスに近い雰囲気のカントリー・ロック的な作品です。聞いていて心休まる1曲。カントリー・ロックのファンの方にもこのアルバムはきっと気にいっていただけると思います。

1. Day Before Tomorrow
2. Easy
3. Morning Song
4. Nothing Behind It
5. Two Candles
6. You Were Made To Smile
7. Days of Yore
8. Down The Pike Again
9. Time
10. Arizona Love
11. Roads

●下記サイトにて試聴可能です
https://store.cdbaby.com/cd/stonerock2

●ケヴィン・ストーンロックのウェッブサイトは下記です
http://www.kevinstonerock.com/



Posted by uncledog at 17:52:02Comments(0)TrackBack(0) │ROOTS CLASSICS ON CD
素晴らしき音楽との出会い TOP

◆ROOTS CLASSICS ON CD VOL.1◆

2018-01-22

20651.jpg ◆ROOTS CLASSICS ON CD VOL.1◆

Danny Gatton/88 Elmira Street(Elektra/WEA/EA61032.2/CD/0075596103220)

ギターの名手として人気の高い故ダニー・ガットンが1991年にメジャー・レーベルからリリースしたアルバム「88・エルミラ・ストリート」。

カントリー、ブルース、ロック、ロカビリー、ロックン・ロール等、幅広い音楽の要素をブレンドして自己の世界を作り上げたギター・ミュージックが好きな方にお薦めの佳作。素晴らしいテクニックでテレキャスターを弾きまくっています。

テレキャスターが好きな方ならロイ・ブキャナンと共にチェックしておきたい一枚です。

1.Funky Mama
2.Elmira St. Boogie
3.Blues Newburg
4.Quiet Village
5.Red Label
6.In My Room
7.The Simpsons
8.Muthaship
9.Pretty Blue
10.Fandingus
11.Slidin' Home

●上記輸入盤CDは下記サイトにて好評販売中!
http://diskunion.net/portal/ct/detail/XAT-1245474126

●ダニー・ガットンのウェブサイトは下記です
http://www.dannygatton.com/




Posted by uncledog at 16:22:48Comments(0)TrackBack(0) │ROOTS CLASSICS ON CD
素晴らしき音楽との出会い TOP

◆ROOTS CLASSICS ON CD VOL.6◆

2018-01-22

20665.jpg ◆ROOTS CLASSICS ON CD VOL.6◆

LIAM WELDON/DARK HORSE ON THE WIND(Mulligan Records/MULG3006.2/CD/0766397300627)

アイルランドのシンガー、リアム・ウェルドンが1976年にマリガン・レコーズからリリースした唯一にして不滅の名盤と言いたいソロ・アルバム「ダーク・ホース・オン・ザ・ウインド」(Mulligan/LUN 006/LP)。

トラッド/フォークを極めれば無伴奏シンギングと昔から思ってきたが、リアムはこのアルバムの全11曲中8曲を無伴奏で唄っている。力強い彼の唄の素晴らしさの前では言葉を失ってただただ聴き入るのみである。

プロデュースはドナル・ラニーとマイケル・オ・ドムネイルが担当。

01. Dark Horse On The Wind
02. Smuggling The Tin
03. The Blue Tar Road
04. The Town Of Castle d'Oliver
05. James Connolly
06. My Love Is A Well
07. Via Extasia
08. The Well Below The Valley
09. Wild Croppy Tailor
10. Barbary Allen
11. Jinny Joe

●上記輸入盤CDは下記ウェッブサイトにて好評販売中!
http://diskunion.net/rock/ct/detail/RY110517-02



Posted by uncledog at 16:19:06Comments(0)TrackBack(0) │ROOTS CLASSICS ON CD
素晴らしき音楽との出会い TOP

◆ROOTS CLASSICS ON CD VOL.5◆

2018-01-10

20664.jpg ◆ROOTS CLASSICS ON CD VOL.5◆

SHIRLEY COLLINS/FALSE TRUE LOVERS(Folkways Records/FOWY3564.2/CDR/0093070356429)

1959年に米国のフォークウェイズからリリースされた英国フォーク界の女帝、シャーリー・コリンズのセカンド・アルバム「フォールス・トゥルー・ラヴァーズ」(Folkways Records/FG 3564/LP)。

1958年にロンドンでアラン・ローマックスとピーター・ケネディのプロデュースにより、たった2日間でレコーディングされた英国とアイルランドのフォーク・ソングを素晴らしい歌唱で唄った名盤です。

ガイ・カラワン、ジョン・へイステッド、ラルフ・リンズラーのギター及び五弦バンジョーをバックにした歌唱及び無伴奏シンギングで全19曲収録。

「アンクワイエット・グレイヴ」「スカボロー・フェア」「クルエル・マザー」他、バラッドの名曲収録。

英国フォーク、トラッド、ルーツ・ミュージック等が好きな方にお薦め。

<Side A>
1.I Drew My Ship
2.The Irish Boy
3.The Spermwhale Fishery
4.Dennis O'Reilly
5.My Bonny Miner Lad
6.Just As The Tide Was Flowing
7.Bobby Shaftoe
8.Richie Story
9.The Unquiet Grave
10.The Swapping Song

<Side B>
1.Poor Old Horse
2.The False True Love
3.The Foggy Dew
4.Mowing The Barley
5.Scarborough Fair
6.The Cruel Mother
7.The Bonnie Cuckoo
8.The Queen Of May
9.Died For Love

●上記輸入盤CDRは下記サイトにて好評販売中!
http://diskunion.net/portal/ct/detail/XAT-1245471396






Posted by uncledog at 18:27:37Comments(0)TrackBack(0) │ROOTS CLASSICS ON CD
素晴らしき音楽との出会い TOP