素晴らしき音楽との出会い

1年に2万キロ以上もの旅をしながら出会った様々な素晴らしき音楽をつれづれなるままにご紹介。

 
 

◆ROOTS CLASSICS ON VINYL VOL.59◆

2018-04-17

20971.jpg ◆ROOTS CLASSICS ON VINYL VOL.59◆

THE KINGSTON TRIO/THE KINGSTON TRIO(Capitol/CAPB002692401.1/LP/0602557697452)

モダーン・フォークを代表するグループ、キングストン・トリオが1958年にリリースした記念すべきデビュー・アルバム「キングストン・トリオ」(Capitol Records/T-996/LP)。

ヒット曲「トム・ドゥーリー」「スコッチ・アンド・ソーダ」収録。

Bob Shane(Vocals, Guitar, Banjo)
Dave Guard(Vocals, Guitar, Banjo)
Nick Reynolds(Vocals, Guitar, Congas)

<SIDE A>
1.Three Jolly Coachmen
2.Bay Of Mexico
3.Banua
4.Tom Dooley
5.Fast Freight
6.Hard, Ain't It Hard

<SIDE B>
1.Saro Jane
2.Sloop John B
3.Santo Anno
4.Scotch And Soda
5.Coplas
6.Little Maggie

●上記輸入盤LPは下記サイトにて好評販売中!
http://diskunion.net/rock/ct/detail/RS18041614


●キングストン・トリオのウェブサイトは下記です
https://kingstontrio.com/




Posted by uncledog at 18:49:49Comments(0)TrackBack(0) │ROOTS CLASSICS ON VINYL
素晴らしき音楽との出会い TOP

◆ROOTS CLASSICS ON VINYL VOL.63◆

2018-04-03

20981.jpg ◆ROOTS CLASSICS ON VINYL VOL.63◆

JOHN MAYALL & THE BLUESBREAKERS/CRUSADE(MONO EDITION)(Sundazed Music Inc./5373/LP/0090771537317)

元ローリング・ストーンズのミック・テイラーが1967年にジョン・メイオール&ブルースブレイカーズに加入後、第一弾となる1967年のアルバム「クルセイド」(Decca/LK4890/LP)。

ミック・テイラーの素晴らしいギタープレイが堪能できるブルース・ロックの名盤。

オーティス・ラッシュの「アイ・キャント・クイット・ユー・ベイビー」他。

プロデュースはマイク・ヴァ―ノンが担当。

John Mayall(Vocals, Harmonica, Organ, Piano, Slide Guitar)
Mick Taylor(Lead Guitar)
John McVie(Bass)
Keef Hartley(Drums)
Rip Kant(Baritone Sax)
Chris Mercer(Tenor Sax)

<SIDE A>
1.OH PRETTY WOMAN
2.STAND BACK BABY
3.MY TIME AFTER A WHILE
4.SNOWY WOOD
5.MAN OF STONE
6.TEARS IN MY EYES

<SIDE B>
1.DRIVING SIDEWAYS
2.THE DEATH OF J.B. LENOIR
3.I CAN'T QUIT YOU BABY
4.STREAMLINE
5.ME AND MY WOMAN
6.1.1.



Posted by uncledog at 18:39:46Comments(0)TrackBack(0) │ROOTS CLASSICS ON VINYL
素晴らしき音楽との出会い TOP

◆ROOTS CLASSICS ON VINYL VOL.62◆

2018-04-03

20980.jpg ◆ROOTS CLASSICS ON VINYL VOL.62◆

John Mayall with Eric Clapton/Blues Breakers(VINYL LOVERS/900020/LP/8013252900020)

ジョン・メイオール率いるブルース・ブレイカーズにエリック・クラプトンが参加した1966年の英国ブルース・ロック重要作にして名作「ブルース・ブレイカーズ・ウィズ・エリック・クラプトン」(Decca/SKL 4804/LP)。

フレディ・キングの「ハイダウェイ」、ロバート・ジョンソンの「ランブリン・オン・マイ・マインド」他収録。

プロデュースはマイク・ヴァ―ノンが担当。

ボーナストラックとして1966年春のライヴ音源を4曲追加収録。

John Mayall(Vocals, Piano, Organ, Harmonica)
Eric Clapton(Vocals, Guitar)
John McVie(Bass)
Hughie Flint(Drums)
Johnny Almond(Baritone Sax)
Alan Skidmore(Tenor Sax)
Dennis Healey(Trumpet)

1. All Your Love
2. Hideaway
3. Little Girl
4. Another Man
5. Double Crossing Time
6. What'd I Say
7. Parchman Farm
8. Rambling on My Mind
9. It Ain't Right
10. Key to Love
11. Have You Heard
12. Steppin' Out

<BONUS TRACKS>
13. They Call It Stormy Monday [LIVE]
14. Intro To Maudie
15. Have You Ever Loved A Woman [LIVE]
16. Hoochie Coochie Man [LIVE]



Posted by uncledog at 18:13:55Comments(0)TrackBack(0) │ROOTS CLASSICS ON VINYL
素晴らしき音楽との出会い TOP

◆ROOTS CLASSICS ON VINYL VOL.61◆

2018-04-03

20979.jpg ◆ROOTS CLASSICS ON VINYL VOL.61◆

Fleetwood Mac/Peter Green's Fleetwood Mac(MUSIC ON VINYL/MOVLP339/LP/8713748982102)

チキン・シャック、サヴォイ・ブラウンと共に英国三大ブルーズ・ロック・バンドとして有名だったピーター・グリーン率いるフリートウッド・マックが1968年にブルー・ホライズンからリリースしたファースト・アルバム「ピーター・グリーンズ・フリートウッド・マック」(Blue Horizon/S7-63200/LP)。

若き天才ギターリスト、ピーターグリーンの才気溢れるプレイが存分にフィーチャーされたブルース・ロックの名作です。

ジェレミー・スペンサーのクールなギターも要チェックです。

プロデュースはブルー・ホライズン・レコーズのマイク・ヴァ―ノンが担当。

Peter Green(Vocals, Guitar, Harmonica)
Jeremy Spencer(Vocals, Slide Guitar, Piano)
John McVie(Bass)
Mick Fleetwood(Drums)

Bob Brunning (Bass/tracks: A3)

<SIDE A>
1.My Heart Beat Like a Hammer
2.Merry Go Round
3.Long Grey Mare
4.Hellhound On My Trail
5.Shake Your Moneymaker
6.Looking For Somebody

<SIDE B>
1.No Place To Go
2.My Baby´S Good To Me
3.I Loved Another Woman
4.Cold Black Night
5.The World Keep On Turning
6.Got To Move



Posted by uncledog at 16:26:45Comments(0)TrackBack(0) │ROOTS CLASSICS ON VINYL
素晴らしき音楽との出会い TOP

◆ROOTS CLASSICS ON VINYL VOL.60◆

2018-04-03

20978.jpg ◆ROOTS CLASSICS ON VINYL VOL.60◆

Chicken Shack/40 Blue Fingers Freshly Packed and Ready To Serve(MUSIC ON VINYL/MOVLP104/LP/0886977232718)

フリートウッド・マック、サヴォイ・ブラウンと共に英国三大ブルーズ・ロック・バンドとして有名なチキン・シャックが1968年にブルー・ホライズンからリリースしたファースト・アルバム「フォーティー・ブルー・フィンガーズ・フレッシュリー・パックト・アンド・レディ・トゥ・サーヴ」(Blue Horizon/S7-63203/LP)。

スタン・ウェッブの燃えるようなブルース・ギターと紅一点、クリスティン・パーフェクトのボーカル、ピアノが素晴らしいブルース・ロックの名作です。

プロデュースはブルー・ホライズン・レコーズのマイク・ヴァ―ノンが担当。

ジョニー・アーモンド、ディック・ヘクトール・スミス、アラン・エリスがゲスト参加。

Stan Webb(Vocals, Guitar)
Christine Perfect(Vocals, Piano, Organ)
Andy Silvester(Bass)
Dave Bidwell(Drums)

<Side A>
1.The Letter
2.Lonesome Whistle Blues
3.When The Train Comes Back
4.San-Ho-Zay
5.King Of The World

<Side B>
1.See See Baby
2.First Time I Met The Blues
3.Webbed Feet
4.You Ain't No Good
5.What You Did Last Night



Posted by uncledog at 15:56:31Comments(0)TrackBack(0) │ROOTS CLASSICS ON VINYL
素晴らしき音楽との出会い TOP

◆ROOTS CLASSICS ON VINYL VOL.58◆

2018-03-29

20969.jpg ◆ROOTS CLASSICS ON VINYL VOL.58◆

LEONARD COHEN/Greatest Hits(Sony Legacy/SNYL543536.1/LP/0889854353612)

1977年12月に渋谷のロック喫茶「ブラックホーク」の松平さんが発行した音楽雑誌「スモール・タウン・トーク」第11号の特集「ブラックホークの選んだ99枚のレコード」の中の1枚に選ばれたことでも往年のファンには有名な1枚。

カナダを代表する詩人、小説家、歌手であり、数多くのアーティストにカバーされた名曲を書いたシンガー・ソングライター、レナード・コーエンの1975年にリリースされたベスト・アルバム。

「スザンヌ」「シスターズ・オブ・マーシー」「バード・オン・ザ・ワイアー」「さよならは言わないで」等、名曲のオンパレードです。

ストリングスや女性コーラス等が挿入されていても基本はレナードの渋い唄声とアコギのもの悲しいサウンドです。

<SIDE A>
1.Suzanne
2.Sisters Of Mercy
3.So Long, Marianne
4.Bird On The Wire
5.Lady Midnight
6.The Partisan

<SIDE B>
1.Hey, That's No Way To Say Goodbye
2.Famous Blue Raincoat
3.Last Year's Man
4.Chelsea Hotel No. 2
5.Who By Fire
6.Take This Longing



Posted by uncledog at 17:39:54Comments(0)TrackBack(0) │ROOTS CLASSICS ON VINYL
素晴らしき音楽との出会い TOP

◆ROOTS CLASSICS ON VINYL VOL.56◆

2018-03-27

20925.jpg ◆ROOTS CLASSICS ON VINYL VOL.56◆

BOB DYLAN/IN CONCERT BRANDEIS UNIVERSITY 1963(Sony Music CMG/88985438261/LP/0889854382612)

ボブ・ディランが米国のマサチューセッツ州、ウォルトハムにあるブランダイス大学で開催された同大学主催のフォーク・フェスティバルに出演した時のライヴ音源「イン・コンサート・ブランダイス・ユニヴァ―シティ1963」。

ボブ・ディランの『ブートレッグ・シリーズ第9集: ザ・ウィットマーク・デモ』と『ボブ・ディラン・モノ・ボックス』の国内盤W購入特典としてプレゼントされたCDが2011年4月16日 RECORD STORE DAY限定商品としてアナログ盤LPでリリースされておりました。

レコーディングは1963年5月10日、土曜日の夕方。ブランダイス・ユニバーシティ・フォーク・フェスティバルの第1回目に出演した一人がボブ・ディランで、年に1回開催していく予定のフェスティバルのようだ。

収録されている曲はこのライヴをおこなった時点では全て未発表曲であり、ブートレグで出回ったことの無い貴重な未発表ライヴ音源である。

カット・インや気になる箇所は多少あるものの、ディランのリアルな歌唱とアコギやハープの演奏には素晴らしいものがあり、あっというまに聞き終わって、もう一回!と再生してしまうこと必至。

ディランのコンサートはMCを聞く限り、ファースト・セットと30分のインターバルをはさんでセカンド・セットを演奏したようである。

完全版ではないもののセカンド・アルバム「フリー・ホイーリン」に収録される「ハニー・ジャスト・アロウ・ミー・ワン・モア・チャンス」から始まるコンサートにはちょっと鳥肌ものでしょう。

<IST SET>
1.Honey Just Allow Me One More Chance (incomplete)
2.Talkin' John Birch Paranoid Blues
3.Ballad of Hollis Brown
4.Masters of War

<2ND SET>
5.Talkin' World War III Blues
6.Bob Dylan’s Dream
7.Talkin' Bear Mountain Picnic Massacre Blues

●上記輸入盤LPは下記サイトにて好評販売中!
http://diskunion.net/rock/ct/detail/RS18032615




Posted by uncledog at 15:36:22Comments(0)TrackBack(0) │ROOTS CLASSICS ON VINYL
素晴らしき音楽との出会い TOP

◆ROOTS CLASSICS ON VINYL VOL.49◆

2018-03-16

20779.jpg ◆ROOTS CLASSICS ON VINYL VOL.49◆

Maggie & Terre Roche/Seductive Reasoning(180 Gram Vinyl)(Speakers Corner/SPCO33232.1/LP/4260019714213)

ポール・サイモンに見出されたマギー&テリー・ローチェ姉妹がコロンビア・レコーズと契約してレコーディングした1974年のデビュー・アルバム「シダクティヴ・リーズニング」(Columbia/KC 33232/LP)。

キング・クリムゾンのロバート・フリップがプロデュースしたアルバム「ROCHES」(79年)でも有名な姉妹グループ、ローチェスのメンバーの2人、マギーとテリーがデュオ名義でリリースしたローチェス関連としてのデビュー作でもあります。

レコーディングはロンドンのモーガン・スタジオと米国南部のマッスル・ショールズ・スタジオでこなわれています。

ポール・サイモンが1曲でプロデュース&ギターで参加、バックをマッスル・ショールズ・リズム・セクションが固めています。

深みのあるバンド・サウンドをバックに奔放ではじけるような歌唱やしっとりとした美しい歌声をたっぷりと堪能できるフォーク・ロックの名作です!

ローチェスのファンはマスト!!

<SIDE A>
1.Underneath the Moon
2.Down the Dream
3.Wigglin' Man
4.West Virginia
5.If You Empty Out All Your Pockets You Could Not Make the Change

<SIDE B>
1.Telephone Bill
2.Malachy's
3.Burden of Proof
4.The Mountain People
5.Jill of All Trades

●上記輸入盤LPは下記サイトにて好評販売中!
http://diskunion.net/rock/ct/detail/RS18031605




Posted by uncledog at 15:49:14Comments(0)TrackBack(0) │ROOTS CLASSICS ON VINYL
素晴らしき音楽との出会い TOP

◆ROOTS CLASSICS ON VINYL VOL.57◆

2018-03-13

20926.jpg ◆ROOTS CLASSICS ON VINYL VOL.57◆

Joan Baez/Newport Folk Festival 1968(Let Them Eat Vinyl/LETV362LP/LP/0803341448377)

68年NEWPORT FOLK FESTIVALのFM放送用ライヴ音源が180グラム重量盤化!

68年6月26日27日、二日間に及ぶフェスの両日を収めたFM放送用ライヴ音源。

すでにヴェテランを感じさせるソロに、実妹MIMI FAINAをゲストに迎えたデュエットでヘッドラインを務めた金曜日は、時代のロックへの激しすぎる潮流の中でも彼女のヴィブラートとアコースティック・ギター一本で勝負する真摯なBAEZを堪能できる名演。

ギターにCLAY JACKSON、バンジョーにBOB SIGGINS、マンドリンにJOE VAL、ウッドベースにEVERETT ALAN LILLYというブルーグラス・バンドCHARLES RIVER VALLEY BOYSを従えた編成で短い3曲のセットで沸かせた土曜日は、この年かのジャーナリストにしてプロテスターDAVID HARRISと結婚した影響もあり、意識をナッシュヴィルへと向かわせていた当時が伺えるよりカントリー・ミュージックに接近した一夜。以降、夫とともにより反戦活動へと身を置いていくことになります。

500枚限定盤。

1.Introduction
2.Carry It On
3.Gentle On My Mind
4.Song Introduction
5.Maria Dolores
6.Prison Story/Song Introduction
7.Swing Low Sweet Chariot
8.Song Introduction
9.Legend in My Time
10.Morning, Morning
11.Suzanne
12.We Want Our Freedom Now
13.Introduction to Bob Siggins
14.Green, Green Grass of Home
15.Song Introduction
16.The Banks of the Ohio



Posted by uncledog at 16:13:43Comments(0)TrackBack(0) │ROOTS CLASSICS ON VINYL
素晴らしき音楽との出会い TOP

◆ROOTS CLASSICS ON VINYL VOL.55◆

2018-02-19

20831.jpg ◆ROOTS CLASSICS ON VINYL VOL.55◆

Ronnie Lane's Slim Chance/ONE FOR THE ROAD(Island Records/471-8841/LP/0602547188410)

元スモール・フェイセス、フェイセスのロニー・レーンが1976年にリリースしたアイランド移籍第2弾となるソロ3作目「ワン・フォー・ザ・ロード」(Island Records/ILPS 9366/LP)。

カヴァーの多かった前作から一転、共作含め全曲オリジナル作品でレコーディングした最高作の誉れ高い英国産アメリカン・ロック名作。

パブ・ロック、スワンプ・ロックのファンにお薦めの一枚。

<SIDE A>
1. Don't Try & Change My Mind
2. 32nd Street
3. Snake
4. Burnin' Summer
5. One for the Road

<SIDE B>
1. Steppin' and Reelin'
2. Harvest Home
3. Nobody's Listenin'
4. G'morning



Posted by uncledog at 16:22:51Comments(0)TrackBack(0) │ROOTS CLASSICS ON VINYL
素晴らしき音楽との出会い TOP

◆ROOTS CLASSICS ON VINYL VOL.54◆

2018-02-19

20830.jpg ◆ROOTS CLASSICS ON VINYL VOL.54◆

Ronnie Lane's Slim Chance/Ronnie Lane's Slim Chance(Island Records/471-8845/LP/0602547188458)

元スモール・フェイセス、フェイセスのロニー・レーンが1975年にリリースしたアイランド移籍第1弾となるソロ2作目「ロニー・レーンズ・スリム・チャンス」(Island Records/ILPS 9321/LP)。

アコーディオンやフィドルによるカントリー・ワルツからケイジャン・ロック、フェイセス時代の「ストーン」の再演、 チャック・ベリーの「ユー・ネヴァー・キャン・テル」、ファッツ・ドミノのブルー・マンデイ」のカヴァー等、土臭い英国スワンプやノスタルジックな田園ポップが入り混じる英国産アメリカン・ロック名作です。

<SIDE A>
1. Little Piece Of Nothing
2. Stone
3. Bottle Of Brandy
4. Street Gang
5. Anniversary
6. I'm Gonna Sit Right Down (And Write Myself A Letter)
7. I'm Just A Country Boy

<SIDE B>
1. Ain't No Lady
2. Blue Monday
3. Give Me A Penny
4. You Never Can Tell
5. Tin And Tambourine
6. Single Saddle



Posted by uncledog at 16:05:37Comments(0)TrackBack(0) │ROOTS CLASSICS ON VINYL
素晴らしき音楽との出会い TOP

◆ROOTS CLASSICS ON VINYL VOL.53◆

2018-02-14

20816.jpg ◆ROOTS CLASSICS ON VINYL VOL.53◆

Nick Drake/Bryter Layter(Commercial Marketing/3734755/LP/0602537347551)

ジョー・ボイド、ジョン・ウッドと共に制作した音を重ねていき、凝ったストリングスを纏ったポップで伸びやかな親しみやすい室内楽フォーク作品に仕上げた1971年のセカンド・アルバム「ブライター・レイター」(Island Records/ILPS 9134/LP)。

代表曲となった「フライ」「プア・ボーイ」「ノーザン・スカイ」を収録したニック・ドレイクの美しくも儚い側面を捉えた完成度の高い名作です。

リチャード・トンプソン、デイヴ・マタックス、デイヴ・ペグ、ジョン・ケイル他、豪華ゲスト参加。

1. Introduction
2. Hazey Jane II
3. At the Chime of a City Clock
4. One of These Things First
5. Hazey Jane I
6. Bryter Layter
7. Fly
8. Poor Boy
9. Northern Sky
10. Sunday



Posted by uncledog at 18:36:47Comments(0)TrackBack(0) │ROOTS CLASSICS ON VINYL
素晴らしき音楽との出会い TOP

◆ROOTS CLASSICS ON VINYL VOL.52◆

2018-02-09

20810.jpg ◆ROOTS CLASSICS ON VINYL VOL.52◆

DENNIS WILSON/PACIFIC OCEAN BLUE(MUSIC ON VINYL/MOVLP096/LP/0886977316913)

ビーチ・ボーイズのメンバー、ウィルソン3兄弟の真ん中に位置し、メンバー中唯一のサーファーであったドラマーのデニス・ウィルソンが1977年にリリースした唯一のソロ・アルバム「パシフィック・オーシャン・ブルー」(Caribou Records/PZ 34354/LP)。

内省的なシンガー・ソングライター・アルバムとなっていますが、ハスキーで渋いデニスのボーカルが素晴らしいビーチ・ボーイズ・ファンにお薦めの佳作です。

ハル・ブレイン、ジェイミー・ジェマーソン、カート・ベッチャー、ブルース・ジョンストン他が参加。

<SIDE A>
1.River Song
2.What's Wrong
3.Moonshine
4.Friday Night
5.Dreamer
6.Thoughts of You

<SIDE B>
1.Time
2.You and I
3.Pacific Ocean Blues
4.Farewell My Friend
5.Rainbows
6.End of the Show

●上記輸入盤LPは下記サイトにて好評販売中!
http://diskunion.net/portal/ct/detail/RS062310-31




Posted by uncledog at 13:21:27Comments(0)TrackBack(0) │ROOTS CLASSICS ON VINYL
素晴らしき音楽との出会い TOP

◆ROOTS CLASSICS ON VINYL VOL.51◆

2018-02-09

20809.jpg ◆ROOTS CLASSICS ON VINYL VOL.51◆

JUDEE SILL/Heart Food(MUSIC ON VINYL/MOVLP1858/LP/8719262003583)

デヴィッド・ゲフィンの設立したアサイラム・レーベルの第一号アーティストであり、数多くの女性アーティストに多大な影響を与えたコンテンポラリー・フォーク系女性シンガー・ソングライター、ジュディー・シルが1973年にリリースしたセカンド・アルバムにして惜しくもラスト・アルバムとなった「ハート・フード」(Asylum Records/SD 5063/LP)。

ファースト・アルバム同様にキリスト教の影響を湛えた贖罪的な歌詞が淡いメロディの中で祈るように紡がれ、もろく儚い内省的な澄んだ歌声をひりひりと感じさせる傑作です。

孤独な旅を続ける開拓者にキリスト教信仰を重ね合わせたカントリー・タッチの「ゼアズ・ア・ラッグド・ロード」、神に捧げた交響曲と称えられるゴージャスなコード進行と自身のダブル・トラック・ヴォーカルで美しく奏でられる「ザ・キッス」、善と悪の戦いを描いたR&B調のアップテンポな「ソルジャー・オブ・ザ・ハート」、ミサ曲の歌詞からの引用が繰りかえされるミステリアスな大作「ザ・ドナー」他、フォーク、カントリー、ゴスペルからクラシックまでの幅広い音楽性で紡ぎあげた佳作です。

180グラム重量盤LP

オリジナル見開きジャケット仕様

<SIDE A>
1.There's A Rugged Road
2.The Kiss
3.The Pearl
4.Down Where The Valleys Are Low
5.The Vigilante

<SIDE B>
1.Soldier Of The Heart
2.The Phoenix
3.When The Bridegroom Comes
4.The Donor

●上記輸入盤LPは下記サイトにて好評販売中!
http://diskunion.net/portal/ct/detail/RY170512JS01



Posted by uncledog at 12:44:54Comments(0)TrackBack(0) │ROOTS CLASSICS ON VINYL
素晴らしき音楽との出会い TOP

◆ROOTS CLASSICS ON LP VOL.50◆

2018-02-08

20805.jpg ◆ROOTS CLASSICS ON LP VOL.50◆

R. Crumb & His Cheap Suit Serenaders/Number Two:Chasin Rainbows(Shanachie/SHA6002.1/LP/0016351600219)

ジャニス・ジョップリンの名作アルバム「チープ・スリルス」のジャケット・アートワーク(イラスト)を手掛けたことでロック・ファンには有名な米国ペンシルベニア州フィラデルフィア出身の漫画家、イラストレイター、ロバート・クラム率いるチープ・スート・セレネイダーズが1976年にリリースしたセカンド・アルバム「ナンバー・トゥー」(Blue Goose Records/BG-2019/LP)。

SPレコード盤のコレクターとしても有名なクラムが戦前のポピュラー音楽、ブルース、ラグタイム、オールドタイム等に傾倒した音楽をプレイしたファンに人気の高いアルバムです。

プロデュースは戦前ブルースの再発レーベルとして有名なヤズー・レコーズの創設者であり、このLPをリリースしたブルー・グース・レコーズの創設者でもあるニック・パールズが担当。

ジャケット・アートワークはロバート・クラムが担当。

R. Crumb(Vocal, Banjo)
Robert E. Armstrong(Accordion, Guitar, Banjo, Saw, Vocal)
Allan Dodge(Vocal, Mandolin, Ukulele, Violin)
Tom Marion(Banjo, Mandolin,Guitar)
Terry Zwigoff(Cello)
Irene Herrmann (Bells:tracks: A5)

<SIDE A>
1.Alabama Jubilee
2.Chasin' Rainbows
3.Fine Artiste Blues
4.Hula Medley
5.I Want a Little Girl
6.Persian Rug

<SIDE B>
1.Mysterious Mose
2.Crying My Blues Away
3.She Lived Down By the Firehouse
4.Diane
5.Make My Cot Where the Cot-Cot-Cotton Grows
6.Moana March

●上記輸入盤LPは下記サイトにて好評販売中!
http://diskunion.net/portal/ct/detail/1007011826



Posted by uncledog at 13:29:08Comments(0)TrackBack(0) │ROOTS CLASSICS ON VINYL
素晴らしき音楽との出会い TOP

◆ROOTS CLASSICS ON VINYL VOL.39◆

2018-02-06

20713.jpg ◆ROOTS CLASSICS ON VINYL VOL.39◆

JUDEE SILL/JUDEE SILL(4 MEN WITH BEARDS/120/LP/0646315112016)

デヴィッド・ゲフィンの設立したアサイラム・レーベルの第一号アーティストであり、数多くの女性アーティストに多大な影響を与えたコンテンポラリー・フォーク系女性シンガー・ソングライター、ジュディー・シルが1971年にリリースしたファースト・アルバム「ジュディー・シル」(Asylum Records/SD 5050/LP)。

フォーク、カントリー、ゴスペル、ジャズ、クラシックから教会音楽までの幅広い音楽性を持って自身の描く宇宙を全11曲のオリジナル作品として生み出したはかなくも美しい歌世界に感動。家出、強盗、麻薬中毒等、波瀾万丈の短い人生の中で生み出された2枚のオリジナル・アルバムは一筋の閃光のようでもあり、永遠の輝きを放っています。

180グラム重量盤LP

<Side A>
1.Crayon Angels
2.The Phantom Cowboy
3.The Archetypal Man
4.The Lamb Ran Away With The Crown
5.Lady-O
6.Jesus Was A Cross Maker

<Side B>
1.Ridge Rider
2.My Man On Love
3.Lopin' Along Thru The Cosmos
4.Enchanted Sky Machines
5.Abracadabra

●上記輸入盤LPは下記サイトにて好評販売中!
http://diskunion.net/rock/ct/detail/XAT-1245483471



Posted by uncledog at 17:42:24Comments(0)TrackBack(0) │ROOTS CLASSICS ON VINYL
素晴らしき音楽との出会い TOP

◆ROOTS CLASSICS ON VINYL VOL.48◆

2018-02-01

20774.jpg ◆ROOTS CLASSICS ON VINYL VOL.48◆

BOBBY CHARLES/BOBBY CHARLES(LIGHT IN THE ATTIC/LITA111/LP/0826853011112)

ウッドストック産スワンプ・ロックの名作として人気の高いボビー・チャールズが1972年にベアズヴィル・レコーズからリリースしたファースト・ソロ・アルバム「ボビー・チャールズ」(Bearsville/BR-2104/LP)。

プロデュースはボビーとジョン・サイモン、リック・ダンコ(ザ・バンド)が担当。

レコーディングにはエイモス・ギャレット、ジェフ・マルダー、ジョン・サイモン、レヴォン・ヘルム、ガース・ハドソン、リック・ダンコ、リチャード・マニュエル、ドクター・ジョン、ボブ・ニューワース、ベン・キース、デヴィッド・サンボーン等、錚々たるメンバーが参加した永遠に聞かれるべき確かな一枚。

<SIDE A>
1.Street People
2.Long Face
3.I Must Be In A Good Place Now
4.Save Me Jesus
5.He's Got All The Whiskey

<SIDE B>
1.Small Town Talk
2.Let Yourself Go
3.Grow Too Old
4.I'm That Way
5.Tennessee Blues

●上記輸入盤LPは下記サイトにて好評販売中!
http://diskunion.net/portal/ct/detail/RS140224-01



Posted by uncledog at 13:12:48Comments(0)TrackBack(0) │ROOTS CLASSICS ON VINYL
素晴らしき音楽との出会い TOP

◆ROOTS CLASSICS ON VINYL VOL.47◆

2018-01-31

20773.jpg ◆ROOTS CLASSICS ON VINYL VOL.47◆

TONY JOE WHITE/TONY JOE WHITE (180G LP)(MUSIC ON VINYL/MOVLP1073/LP/8718469535637)

スワンプ・ロックの代名詞的な存在と言っても過言ではないトニー・ジョー・ホワイトが1971年にモニュメント・レコーズからワーナー・ブラザーズ・レコーズに移籍してリリースした4作目にしてワーナー移籍第一弾となる「トニー・ジョー・ホワイト」(Warner Bros. Records/WS 1900/LP)。

メンフィス・ホーンズにディキシー・フライヤーズのメンバーであるサミー・クリーソン、マイク・アトレイ等のベテラン勢がバックを務めており、素晴らしいホーンの音色と乾いたギターが聞けるソウルフルかつクールな一枚。

ピーター・アッシャーがプロデュースを担当。

<SIDE A>
1.They Caught The Devil And Put Him In Jail In Eudora, Arkansas
2.The Change
3.My Kind Of Woman
4.The Daddy
5.Black Panther Swamps

<SIDE B>
1.Five Summers For Jimmy
2.A Night In The Life Of A Swamp Fox
3.Traveling Bone
4.I Just Walked Away
5.Copper Kettle
6.Voodoo Village

●上記輸入盤LPは下記サイトにて好評販売中!
http://diskunion.net/portal/ct/detail/RS140602-04



Posted by uncledog at 19:13:55Comments(0)TrackBack(0) │ROOTS CLASSICS ON VINYL
素晴らしき音楽との出会い TOP

◆ROOTS CLASSICS ON VINYL VOL.46◆

2018-01-31

20772.jpg ◆ROOTS CLASSICS ON VINYL VOL.46◆

TONY JOE WHITE/Continued(180G LP)(MUSIC ON VINYL/MOVLP1203/LP/8718469536801)

スワンプ・ロックの代名詞的な存在と言っても過言ではないトニー・ジョー・ホワイトが1969年にリリースしたセカンド・アルバム「コンティニュード」(MonumentSLP 18133/LP)。

ナッシュヴィルのMONUMENTとメンフィスのLYN-LOUでレコーディングされた黒く男臭くファンキーでブルージーな佳作です。

名曲「レイニー・ナイト・イン・ジョージア」、「ルーズヴェルト・アンド・アイラ・リー」他。

<SIDE A>
1.Elements And Things
2.Roosevelt And Ira Lee (Night Of The Mossacin)
3.Woodpecker
4.Rainy Night In Georgia
5.For Le Ann

<SIDE B>
1.Old Man Willis
2.Woman With Soul
3.I Want You
4.I Thought I Knew You Well
5.The Migrant

●上記輸入盤LPは下記サイトにて好評販売中!
http://diskunion.net/portal/ct/detail/RS150114-11




Posted by uncledog at 18:59:42Comments(0)TrackBack(0) │ROOTS CLASSICS ON VINYL
素晴らしき音楽との出会い TOP

◆ROOTS CLASSICS ON VINYL VOL.45◆

2018-01-31

20771.jpg ◆ROOTS CLASSICS ON VINYL VOL.45◆

TONY JOE WHITE/Tony Joe(180G LP)(MUSIC ON VINYL/MOVLP1557/LP/8719262000162)

スワンプ・ロックの代名詞的な存在と言っても過言ではないトニー・ジョー・ホワイトが1970年にリリースしたサード・アルバム「トニー・ジョー」(Monument/SLP 18142/LP)。

オリジナル作品に加えてオーティス・レディング等による「ハード・トゥ・ハンドル」、ドニー・フリッツとスプナー・オールダムの「マイ・フレンド」、ジョン・リー・フッカーの「ブーム・ブーム」のカバーも収録。

ビリー・スワンとトニー・ジョー・ホワイトが共同プロデュース。

<SIDE A>
1.Stud-Spider
2.High Sheriff Of Calhoun Parrish
3.Widow Wimberly
4.Conjure Woman
5.Save Your Sugar For Me

<SIDE B>
1.Hard to Handle
2.What Does It Take (To Win Your Love)
3.My Friend
4.Stockholm Blues
5.Boom Boom

●上記輸入盤LPは下記サイトにて好評販売中!
http://diskunion.net/portal/ct/detail/RS160608-05




Posted by uncledog at 18:44:47Comments(0)TrackBack(0) │ROOTS CLASSICS ON VINYL
素晴らしき音楽との出会い TOP

◆ROOTS CLASSICS ON VINYL VOL.44◆

2018-01-31

20770.jpg ◆ROOTS CLASSICS ON VINYL VOL.44◆

TONY JOE WHITE/BLACK & WHITE (180G LP)(MUSIC ON VINYL/MOVLP989/LP/8718469534814)

スワンプ・ロックの代名詞的な存在と言っても過言ではないトニー・ジョー・ホワイトが1969年にリリースした記念すべきファースト・ソロ・アルバム「ブラック&ホワイト」(Monument/SLP 18114/LP)。

エルヴィス・プレスリーがカバーしたグル―ヴィーな「ポーク・サラダ・アニー」、ソウルフルなフォーキー・チューン「ソウル・フランシスコ」他。

ビリー・スワンがプロデュースを担当。

Tony Joe White(Guitar, Harmonica,Vocal)
Norbert Putnam(Bass)
Jerry Carrigan(Drums)
David Briggs(Piano, Organ)

<SIDE A>
1.Willie And Laura Mae Jones
2.Soul Francisco
3.Aspen Colorado
4.Whompt Out On You
5.Don’t Steal My Love
6.Polk Salad Annie

<SIDE B>
1.Who’s Making Love
2.Scratch My Back
3.Little Green Apples
4.Wichita Lineman
5.Look Of Love

●上記輸入盤LPは下記サイトにて好評販売中!
http://diskunion.net/portal/ct/detail/RS140304-10



Posted by uncledog at 13:55:04Comments(0)TrackBack(0) │ROOTS CLASSICS ON VINYL
素晴らしき音楽との出会い TOP

◆ROOTS CLASSICS ON VINYL VOL.37◆

2018-01-30

20711.jpg ◆ROOTS CLASSICS ON VINYL VOL.37◆

Niela Miller/SONGS OF LEAVING(NUMERO/40011/LP/0825764400114)

1962年にVariety Recording Serviceによってアセテート盤にプレスされたニュー・ヨークの女性フォーク・シンガー、ニーラ・ミラーの恐らく唯一のアルバム「ソングス・オブ・リーヴィング」。

ブリーカー・ストリートとマクドゥーガル・ストリート近辺でエリック・ワイズバーグと出会ったのがきっかけでギターを弾くようになったそうだ。

彼女が作曲した「ベイビー、ドント・ゴー・トゥ・タウン」はボーイ・フレンドのビリー・ロバーツが勝手に書き直して「ヘイ・ジョー」という曲にした。

この「ヘイ・ジョー」がジミ・ヘンドリックス、バーズ、ラヴ、ウィルソン・ピケット等、数多くのアーティストにカバーされる名曲となった。

この「ヘイ・ジョー」のオリジナル曲「「ベイビー、ドント・ゴー・トゥ・タウン」を含むニーラ・ミラーの初のアナログ盤LPこそ、映画「インサイド・ルーウィン・デイヴィス:名も無き男の歌」を見て60年代初頭のニュー・ヨーク・フォーク・シーンに興味を持った方にお薦めしたい1枚です。

<SIDE A>
1.Down Hearted Man
2.Baby Don't Go To Town
3.Too Long Blues
4.You Gotta Know How To Love
5.Daddy Went To Jail

<SIDE B>
1.Hushabye Blues
2.Mean World Blues
3.Goodbye New York
4.The World Ain't Ready
5.Jenny Gal

●上記輸入盤LPは下記サイトにて好評販売中!
http://diskunion.net/rock/ct/detail/RS18012916




Posted by uncledog at 18:23:37Comments(0)TrackBack(0) │ROOTS CLASSICS ON VINYL
素晴らしき音楽との出会い TOP

◆ROOTS CLASSICS ON VINYL VOL.43◆

2018-01-29

20764.jpg ◆ROOTS CLASSICS ON VINYL VOL.43◆

DAVY GRAHAM & HOLLY(GWYN)/GODINGTON BOUNDRY(ACME RECORDS/ADLP 1071/LP/0778578907112)

英国フォーク界を代表する偉大なるギターリスト、故デイヴィー・グレアムが1970年に英国のプレジデント・レコーズからリリースしたアルバム「ゴディントン・バウンダリー」(President Records/PTLS 1039/LP)。

ビートルズの「マザー・ネイチャーズ・サン」、インクレディブル・ストリング・バンドの「エヴリシングス・ファイン・ライト・ナウ」のカバーやインドのラーガと即興演奏を組み合わせたデイヴィーならではの革新的なプレイが聞ける「アフタ」等を収録。

デイヴィーの妻のホリー・グインがヴォーカルで参加。

オリジナル・アナログ・スタジオ・マスター・テープを使用したリマスター・エディションでの初のアナログ盤LPリイシューです。

英国オリジナル盤LPはうなぎのぼりの高額化のようですのでアナログ・マニアは要チェックです

<Side 1>
1.I'm A Freeborn Man (Of the Travelling People)
2.The Preacher
3.All of Me
4.Afta
5.On Green Dolphin Street
6.Dallas Rag
7.Round Midnight

<Side 2>
1.Worksong
2.Joe, Joe The Cannibal Kid
3.Everything's Fine Right Now
4.A Mighty Fortress Is Our God
5.Mother Nature's Son
6.Grooveyard
7.Forty Ton Parachute
8.Nadu Silma



Posted by uncledog at 19:09:11Comments(0)TrackBack(0) │ROOTS CLASSICS ON VINYL
素晴らしき音楽との出会い TOP

◆ROOTS CLASSICS ON VINYL VOL.42◆

2018-01-23

20739.jpg ◆ROOTS CLASSICS ON VINYL VOL.42◆

Arthur/Dreams and Images(Light In The Attic/LITA 118LP/LP/0826853011815)

アーサーが1968年にリリースしたソフト・サイケの名盤として有名なデビュー・アルバム「ドリームス・アンド・イメージズ」(LHI Records/S-12,000/LP)。

フロリダ州メルボルン出身のシンガー・ソングライター、アーサーことアーサー・リー・ハーパーのこのファースト・アルバムはリー・ヘイゼルウッドのプロデュースにより、リー自身のインディー・レーベル、LHIからリリースされましたが、レーベルの都合でほとんどマーケットに乗らなかった悲運のアルバム。ゆえに後に激レアなコレクターズ・アイテムとしてマニアには有名な一枚。

ジェントルで繊細かつ線の細い消えてしまうかのようなサイケ・フォーク・ヴォーカルにアコギのアルペジオとエレクトリック・ハープやストリングスがかぶさり、もやがかかったようなドリ―ミーなエコー等々がつづれ織りとなったディープな名盤です。

オリジナル・テープからの新規リマスター。クオリティの高い驚愕の未発表音源3曲をボーナス・トラックとして追加収録。

<SIDE A>
1.Blue Museum
2.Children Once Were You
3.Sunshine Soldier
4.A Friend Of Mine
5.Open Up The Door

<SIDE B>
1.Dreams And Images
2.Pandora
3.Wintertime
4.Living Circa 1920
5.Valentine Gray

<BONUS TRACKS>
6.1860
7.Coming Home
8.Excursion 13



Posted by uncledog at 16:26:25Comments(0)TrackBack(0) │ROOTS CLASSICS ON VINYL
素晴らしき音楽との出会い TOP

◆ROOTS CLASSICS ON VINYL VOL.41◆

2018-01-17

20717.jpg ◆ROOTS CLASSICS ON VINYL VOL.41◆

YELLOW AUTUMN/CHILDREN OF THE MIST(MELLOTRON RECORDS/MLP002/LP/9991710016218)

1977年にカリフォルニア州はハーモサ・ビーチにあるメディア・アーツでレコーディングされた幻想的な女性ボーカル入りフォーク・サイケの名盤としてマニア、レコード・コレクターには有名なイエロー・オータムの唯一のアルバム「チルドレン・オブ・ザ・ミスト」(VALA RECORDS/VC 4599/LP)。

アコギ、フルート、バイオリンをフィーチャーしたそのサウンドにはブリティッシュ・フォークやインドのラーガ等の要素も含まれていますのでその手のサウンドが好きな方も要チェックです。

Gary Creighton(Acoustic Guitar, Dulcimer, Piano, Vocal, Bongo)
Erb Swanigan(Cello, Flute)
Lorraine Dechter(Tambourine, Vocal, Classical Guitar)
Tony Selvage(Violin, Viola)

<SIDE A>
1.Mithril Melon
2.My Child
3.Captain Thompson
4.Energy

<SIDE B>
1.Wooden Table Fable
2.The Druid
3.Keeper Of Fantasy
4.Song Of The Weeping Willow



Posted by uncledog at 16:34:47Comments(0)TrackBack(0) │ROOTS CLASSICS ON VINYL
素晴らしき音楽との出会い TOP

◆ROOTS CLASSICS ON VINYL VOL.40◆

2018-01-17

20716.jpg ◆ROOTS CLASSICS ON VINYL VOL.40◆

BOB TRIMBLE/IRON CURTAIN INNOCENCE(Secretly Canadian/SELY162.1/LP/0656605016214)

サイケのコレクターには有名な米国マサチューセッツ州出身のボブ・トリンブルが1980年にリリースした激レアなデビュー・アルバム「アイアン・カーテン・イノセンス」(Vengeance Records/BT 8458LP)。

震えるファルセット・ボイスと深い森の中に入っていくようなエコー、溶解していくようなエレクトリック・サウンドから透明感のあるアコースティック・ギターまでを駆使して独自の世界を作りあげたアウトサイダー的な存在で、優しい狂気が宿ったアシッド感たっぷりの素晴らしい作品群を聞いていくうちにトリップしていくこと必至でしょう。

シド・バレット(ピンク・フロイド)、ヴェルヴェット・アンダーグラウンド、ヤンデック等が好きな方、サイケ、アシッド・フォークの好きな方は要チェックなアルバム。

米国インディー界の奇才、アリエル・ピンクやソニック・ユースのサーストン・ムーア他、数多くのカルト・フォロワーを生み出しています。

<SIDE A>
1.Glass Menagerie Fantasies
2.Night At The Asylum
3.When The Raven Calls
4.Your Little Pawn

<SIDE B>
1.One Mile From Heaven (Short Version)
2.Killed By The Hands Of An Unknown Rock Starr
3.Through My Eyes (Hopeless As Hell D.O.A.)
4.One Mile From Heaven (Long Version)



Posted by uncledog at 16:14:54Comments(0)TrackBack(0) │ROOTS CLASSICS ON VINYL
素晴らしき音楽との出会い TOP

◆ROOTS CLASSICS ON VINYL VOL.38◆

2018-01-16

20712.jpg ◆ROOTS CLASSICS ON VINYL VOL.38◆

CATHERINE HOWE/WHAT A BEAUTIFUL PLACE(NUMERO/NUMR12.1/LP/0656605844411)

197I年にリリースされた英国の女性シンガー、キャサリン・ハウの激レアなファースト・アルバム「ホワット・ア・ビューティフル・プレイス」(Reflection/REF. L11/LP)。

有名なジャズ・ピアニスト、ボビー・スコットがプロデュースを担当した作品で、オーケストラをバックにした美しい英国のフォーク・アルバムです。

秀逸な美しいオリジナル・ジャケットから容易に想像できるような英国の深い森の入り口に立ったような気分にさせてくれます。

サンディー・デニー、ブリジット・セント・ジョン、ニック・ドレイク等が好きな方にお薦め。

<SIDE 1>
1.PROLOGUE
2.MY CHILD
3.ON A MISTY MORNING
4.NOTHING MORE THAN STRANGERS
5.UP NORTH
6.INTERLUDE
7.IT'S NOT LIKELY

<SIDE 2>
1.IT COMES WITH THE BREEZES
2.WORDS THROUGH A LOOKED DOOR
3.WHAT A BEAUTIFUL PLACE
4.INNOCENCE OF CHILD
5.EPILOGUE



Posted by uncledog at 18:19:38Comments(0)TrackBack(0) │ROOTS CLASSICS ON VINYL
素晴らしき音楽との出会い TOP

◆ROOTS CLASSICS ON VINYL VOL.36◆

2018-01-16

20710.jpg ◆ROOTS CLASSICS ON VINYL VOL.36◆

Link Wray/Jack The Ripper(Sundazed Music Inc/LP 5192/LP/0090771519214)

エレキギターの可能性を広げるパイオニアとして様々な新しいサウンド作りに挑戦し、ロックン・ロール、ロカビリー、パンク、ルーツ・ロック、スワンプ等幅広い音楽ジャンルで活躍してきたリンク・レイが1963年にリリースしたサード・ソロ・アルバム「ジャック・ザ・リッパ―」(Swan/LP 510/LP)。

ワイルドでクールなインスト・ナンバーが存分に堪能できます。

<SIDE A>
1.Mr. Guitar
2.My Beth
3.Deacon Jones
4.Steel Trap
5.Cross Ties
6.Jack The Ripper

<SIDE B>
1.Fat Back
2.Run Chicken Run
3.Dinosaur
4.Big Ben
5.Mash Potato Party
6.Rumble



Posted by uncledog at 16:40:52Comments(0)TrackBack(0) │ROOTS CLASSICS ON VINYL
素晴らしき音楽との出会い TOP

◆ROOTS CLASSICS ON VINYL VOL.35◆

2018-01-16

20709.jpg ◆ROOTS CLASSICS ON VINYL VOL.35◆

ALEXANDER SPENCE/OAR(Sundazed Music Inc/LP 5030/LP/0090771503015)

米国のシド・バレットと言われたモビー・グレイプのメンバー、アレクサンダー・スキップ・スペンスが全ての楽器を自身で多重録音して制作された1969年の唯一のソロ・アルバム「オール」(Columbia/CS 9831/LP)。

収録された楽曲は繊細で牧歌的な反面、魂が浮遊してしまったかのようにつぶやく様なヴォーカルとシンプルなサウンドが織りなす危うい独自の世界はシド・バレット、ヤン・デックの世界に通じるものがあります。

アシッド・フォーク、サイケのファンは要チェックな1枚。

<SIDE A>
1.Little Hands
2.Cripple Creek
3.Diana
4.Margaret - Tiger Rug
5.Weighted Down (The Prison Song)
6.War In Peace

<SIDE B>
1.Broken Heart
2.All Come To Meet Her
3.Books Of Moses
4.Dixie Peach Promenade (Yin For Yang)
5.Lawrence Of Euphoria
6.Grey / Afro



Posted by uncledog at 16:19:47Comments(0)TrackBack(0) │ROOTS CLASSICS ON VINYL
素晴らしき音楽との出会い TOP

◆ROOTS CLASSICS ON VINYL VOL.34◆

2018-01-16

20708.jpg ◆ROOTS CLASSICS ON VINYL VOL.34◆

VAN DYKE PARKS/SONG CYCLE(Sundazed Music Inc/LP 5140/LP/0090771514011)

ヴァン・ダイク・パークスが1967年にリリースしたバーバンク・サウンドの出発点にしてアメリカン・ポピュラー音楽史上に残る歴史的名作と言えるファースト・アルバム「ソング・サイクル」(Warner Bros. Records/WS 1727/LP)。

オリジナリティの高い独特の楽曲を作り上げて、アメリカ固有の音楽要素を追い求めた作品で、多くのミュージシャンに影響を与えたアルバムです。

プロデュースはレニー・ワロンカーが担当。

<SIDE A>
1.Vine Street
2.Palm Desert
3.Widow's Walk
4.Laurel Canyon Blvd.
5.The All Golden
6.Van Dyke Parks

<SIDE B>
1.Public Domain
2.Donovan's Colours
3.The Attic
4.Laurel Canyon Blvd.
5.By The People
6.Pot Pourri



Posted by uncledog at 15:50:18Comments(0)TrackBack(0) │ROOTS CLASSICS ON VINYL
素晴らしき音楽との出会い TOP

◆ROOTS CLASSICS ON VINYL VOL.33◆

2018-01-16

20707.jpg ◆ROOTS CLASSICS ON VINYL VOL.33◆

NRBQ/WORKSHOP(Sundazed Music Inc/LP 5185/LP/0090771518514)

世界一のバーバンドとして人気の高いNRBQ(エヌアールビーキュー)が1972年にリリースした4枚目のアルバム「ワークショップ」(Kama Sutra/KSBS 2065/LP)。

5人組だったNRBQが、前作「スクラップス」を最後にフランク・ギャドラーが脱退、4人組としてリリースしたアルバム。痛快な人気曲「RC COLA AND A MOON PIE」、珠玉の名曲「MONA」を収録。

<SIDE A>
1.C'mon If You're Comin'
2.RC Cola and a Moon Pie
3.Blues Stay Away from Me
4.Mona
5.Just to Hold My Hand
6.Get That Gasoline Blues

<SIDE B>
1.Deaf, Dumb, and Blind
2.Miss Moses
3.I Got a Little Secret
4.Hearts of Stone
5.Misunderstanding
6.Four Million B.C.



Posted by uncledog at 13:58:36Comments(0)TrackBack(0) │ROOTS CLASSICS ON VINYL
素晴らしき音楽との出会い TOP

◆ROOTS CLASSICS ON VINYL VOL.32◆

2018-01-16

20706.jpg ◆ROOTS CLASSICS ON VINYL VOL.32◆

NRBQ/SCRAPS(Sundazed Music Inc/LP 5184/LP/0090771518415)

世界一のバーバンドとして人気の高いNRBQ(エヌアールビーキュー)が1972年にリリースした3枚目のアルバム「スクラップス」(Kama Sutra/KSBS 2045/LP)。

世界一のバーバンドの名に恥じないロックがパンパンに詰まった名盤で、初代ギタリストであったスティーヴ・ファーガソンが脱退し、今作からアル・アンダーソンがギターで参加。

黄金期前夜ながら、テリーアダムスによるゴキゲンなロックンロールとジョーイスパンピナートの刹那メロディはすでに完成度の高い内容となっています。

グルーヴ感あふれる「DO YOU FEEL IT?」、テリーとジョーイが共作した愛らしい名曲「MAGNET」などを収録した、NRBQ初期の人気作。

<SIDE A>
1.Howard Johnston's Got His Ho-Jo Working
2.Magnet
3.Don't Knock at My Door
4.Tragic Magic
5.Only You
6.Who Put the Garlic in the Glue?
7.Get a Grip

<SIDE B>
1.Boys in the City
2.New Tune
3.Scraps
4.Ac-Cent-Tchu-Ate the Positive/Things Are Getting Better
5.It's Not So Hard
6.Do You Feel It?
7.Ain't It All Right



Posted by uncledog at 13:47:00Comments(0)TrackBack(0) │ROOTS CLASSICS ON VINYL
素晴らしき音楽との出会い TOP

◆ROOTS CLASSICS ON VINYL VOL.31◆

2018-01-16

20705.jpg ◆ROOTS CLASSICS ON VINYL VOL.31◆

Vince Martin And Fred Neil/Tear Down The Walls(Sundazed Music Inc/LP 5142/LP/0090771514219)

ボブ・ディラン、ティム・バックレー、ディノ・ヴァレンテ等に多大なる影響を与えたフォーク・シンガー、アシッド・フォーク・シンガーであり、12弦ギターの名手としても知られるフレッド・ニールが同じくグリニッチ・ヴィレッジを代表するフォーク・シンガー、ヴィンス・マーティンと1964年にリリースしたデュオ・アルバム「ティア・ダウン・ザ・ウォールス」(Elektra/EKL 248/LP)。

フレッド・ニールが1965年にリリースしたデビュー・アルバム「ブリーカー&マクドゥーガル」と同様の雰囲気を醸し出していますが、なんと言っても魅力的なのは深みのあるフレッドとヴィンスのヴォーカルのハーモニーが醸し出すアシッド感でしょう。

ジョン・セバスチャンがハープ(ハーモニカ)、後にマウンテンを結成するフェリックス・パパラルディがギタロン(メキシカン・ベースギター)で参加。

<SIDE A>
1.I Know You Rider
2.Red Flowers
3.Tear Down The Walls
4.Weary Blues
5.Toy Balloon
6.Baby

<SIDE B>
1.Morning Dew
2.I’m A Drifter
3.Linin' Track
4.Wild Child In A World Of Trouble
5.Dade County Jail
6.I Got‘Em
7.Lonesome Valley



Posted by uncledog at 13:17:16Comments(0)TrackBack(0) │ROOTS CLASSICS ON VINYL
素晴らしき音楽との出会い TOP

◆ROOTS CLASSICS ON VINYL VOL.30◆

2018-01-16

20704.jpg ◆ROOTS CLASSICS ON VINYL VOL.30◆

FRED NEIL/BLEEKER & MACDOUGAL(Sundazed Music Inc/LP 5107/LP/0090771510716)

ボブ・ディラン、ティム・バックレー、ディノ・ヴァレンテ等に多大なる影響を与えたフォーク・シンガー、アシッド・フォーク・シンガーであり、12弦ギターの名手としても知られるフレッド・ニールがヴィンス・マーティンとのデュオ・アルバム「ティア・ダウン・ザ・ウォールス」(1964年/Elektra/EKL 248/LP)に続いて1965年にリリースした記念すべきデビュー・アルバム「ブリーカー&マクドゥーガル」(Elektra/EKL 293/LP)。

12弦ギターをブルージーに掻き鳴らしながら深みのあるヴォーカルで歌いまくったいぶし銀の一枚。

「アザー・サイド・トゥ・ジス・ライフ」はラヴィン・スプーンフル、ピーター・ポール&マリー等、多くのカバーを生み出した有名な楽曲です。

ピート・チャイルズのドブロ・ギターの名演が光る「ゴーン・アゲイン」で幕を閉じる末永く聞ける確かな名盤。

ジョン・セバスチャンがハープ(ハーモニカ)、後にマウンテンを結成するフェリックス・パパラルディがベースで参加。

FRED NEIL(Guitar,Vocal)
Pete Childs(Guitar)
Felix Pappalardi(Bass)
Douglas Hatelid(Bass)
John Sebastian(Harmonica)

<SIDE A>
1.Bleecker & MacDougal
2.Bllues On The Ceiling
3.Sweet Mama
4.Little Bit Of Rain
5.Country Boy
6.Other Side To This Life
7.Mississippi Train

<SIDE B>
1.Travelin' Shoes
2.The Water Is Wide
3.Yonder Comes The Blues
4.Candy Man
5.Handful Of Gimme
6.Gone Again



Posted by uncledog at 12:52:45Comments(0)TrackBack(0) │ROOTS CLASSICS ON VINYL
素晴らしき音楽との出会い TOP

◆ROOTS CLASSICS ON VINYL VOL.29◆

2018-01-16

20703.jpg ◆ROOTS CLASSICS ON VINYL VOL.29◆

LEATHERCOATED MINDS/A TRIP DOWN THE SUNSET STRIP (180G LP MONO)(Sundazed Music Inc/LP 5357/LP/0090771535719)

エリック・クラプトンとのコラボでも知られるシンガー・ソングライター、J.J.ケイルをフィーチャ―した著名なプロデューサー、スナッフ・ギャレットによる1967年の企画物サイケ名作、レザーコーテッド・マインズ名義「ア・トリップ・ダウン・ザ・サンセット・ストリップ」(Viva/V 6003/LP)。

1967年当時、ハリウッドにあるサンセット・ストリップで人気の高かったザ・バーズの「エイト・マイルス・ハイ」、ドノヴァンの「サンシャイン・スーパーマン」、ヤードバーズの「オーヴァー・アンダー・サイドウェイズ・ダウン」、ボブ・ディランの「ミスター・タンブリンマン」等の有名なナンバーに加えて、このアルバムのためにJ.J.ケイルが新たに書き下ろした新曲「サンセット・アンド・クラーク」「ノン・ストップ」「アライバ」「ポット・ラック」を収録。

ロジャー・ティルソン、テリー・ティルソン、レオン・ラッセル、ジェシ・エド・デイヴィスが参加。

180グラム重量盤モノ・エディションで限定アナログ・リイシュー!

<SIDE A>
1.Eight Miles High
2.Sunset And Clark
3.Psychotic Reaction
4.Over Under Sideways Down
5.Sunshine Superman
6.Non-Stop

<SIDE B>
1.Arriba
2.Kicks
3.Mr. Tambourine Man
4.Puff (The Magic Dragon)
5.Along Comes Mary
6.Pot Luck



Posted by uncledog at 12:14:38Comments(0)TrackBack(0) │ROOTS CLASSICS ON VINYL
素晴らしき音楽との出会い TOP

◆ROOTS CLASSICS ON VINYL VOL.28◆

2018-01-16

20702.jpg ◆ROOTS CLASSICS ON VINYL VOL.28◆

GENE CLARK/WHITE LIGHT(Sundazed Music Inc/LP 5345/LP/0090771534514)

元ザ・バーズのジーン・クラークがジェシ・エド・デイヴィスをプロデューサーに迎えて1971年にリリースしたセカンド・ソロ・アルバムにしてシンガー・ソングライター・ファンにとって名作の誉れ高い「ジーン・クラーク」(通称:ホワイト・ライト)(A&M Records/SP 4292/LP)。

ジェシ・エド・デイヴィスのギターとジーン・クラークのハーモニカ、ボーカルのコンビネーションが哀愁感漂う味わい深い内容です。

特に「ホワイト・ライト」は名曲としてSSWのファンは聞かずに死ねない究極の一曲です。

Gene Clark(Acoustic Guitar, Harmonica, Vocal)
Jesse Davis(Electric Guitar, Guitar)
John Selk(Acoustic Guitar)
Chris Ethridge(Bass)
Gary Mallaber(Drums)
Ben Sidran(Piano)
Mike Utley(Organ)
Bobbye Hall Porter(Congas, Percussion)

<SIDE A>
1.THE VIRGIN
2.WITH TOMORROW
3.WHITE LIGHT
4.BECAUSE OF YOU
5.ONE IN A HUNDRED

<SIDE B>
1.SPANISH GUITAR
2.WHERE MY LOVE LIES ASLEEP
3.TEARS OF RAGE
4.1975



Posted by uncledog at 11:45:58Comments(0)TrackBack(0) │ROOTS CLASSICS ON VINYL
素晴らしき音楽との出会い TOP

◆ROOTS CLASSICS ON VINYL VOL.27◆

2018-01-15

20699.jpg ◆ROOTS CLASSICS ON VINYL VOL.27◆

ED ASKEW/ASK THE UNICORN(TIN ANGEL/TAR054LP/LP/5052442007586)

数多くのフリー・ジャズ名盤/重要作からアンダーグラウンド・ロック/フォーク名盤等を生み出した60年代ニュー・ヨークを代表する伝説のレーベルESP-DISKから1968年にリリースされたシンガー・ソングライター兼画家、エド・アスキューのデビュー・アルバムにしてアシッド・フォークのカルト的名作「アスク・ザ・ユニコーン」(ESP Disk/1092/LP)。

コネチカット州出身で名門イェール大学を卒業し、ニュー・ヨークに移り住んで画家及びシンガー・ソングライターとして活動を今日に至るまで続けています。

数あるESPレーベルを想起させるジャケット・アートワークの中でも最もインパクトのあるジャケットと共にアシッド・フォークの代表作として伝説化されたこのアルバムがレコーディングされたのはエド・アスキューが27歳の時で、テープへのライヴ録音一発録り音源。

呟いているような詩と自作のマーティン・ティップルと名付けられた変則10弦アコースティック・バンジョーの摩訶不思議で哀愁感漂う旋律は一度はまったら脳裏に渦巻き、しばしとりこになること必至でしょう。

キング牧師の暗殺への抗議行動を捉えたコネチカット州スタンフォードのストリートで車が激しく炎上しているモノクロ写真を反転させた衝撃的なジャケットの米国オリジナル盤LPですが、その米国盤のジャケット・アートをさらに反転させたポジ写真の激レア盤として知られる英国オリジナル盤LPのアートワークを使用した初のフル・リマスター・リイシューのため、超マニアックかつ貴重な再発企画です。

<SIDE A>
1.Fancy That
2.Peter And David
3.Marigolds
4.Mr. Dream
5.Red Woman - Letter To England

<SIDE B>
1.The Garden
2.May Blossoms Be Praised
3.9-Song
4.Love Is Everyone
5.Ask The Unicorn



Posted by uncledog at 16:45:06Comments(0)TrackBack(0) │ROOTS CLASSICS ON VINYL
素晴らしき音楽との出会い TOP

◆ROOTS CLASSICS ON VINYL VOL.26◆

2018-01-15

20698.jpg ◆ROOTS CLASSICS ON VINYL VOL.26◆

GENE CLARK/Gene Clark With The Gosdin Brothers(Sundazed Music Inc./LP5062/LP/0090771506214)

シンガー・ソングライター・ファンには1971年にA&Mからリリースしたソロ・アルバム「ジーン・クラーク」(通称:ホワイト・ライト)が名作として人気の高い、ザ・バーズのメンバーだったジーン・クラークがザ・バーズ脱退後の1967年にブルーグラス・デュオ、ゴスディン・ブラザーズの2人をコーラスに従えてレコーディングしたファースト・アルバム「ジーン・クラーク・ウィズ・ゴスディン・ブラザーズ」(Columbia/CS 9418/LP)。

レコーディング・セッションにはグレン・キャンベル(ギター)、クラレンス・ホワイト(ギター)、ダグ・ディラード(バンジョー)、レオン・ラッセル(ピアノ、ハープシコード)等とバーズのメンバー、クリス・ヒルマンとマイケル・クラークが参加した豪華布陣となっています。

アルバム(LP)に先行して1966年にシングル盤でリリースされた冒頭の「エコーズ」はソフト・サイケな要素と美しいメロディーが印象的な哀愁感漂う佳作です。

フォーク・ロック、サイケ、ソフト・ロック、カントリーといった要素がジーン・クラークならではのポップなメロディー、楽曲に溶け込んだ名盤。

Gene Clark(Guitar)
Glen Campbell(Guitar)
Bill Rinehart(Guitar)
Jerry Kole(Guitar)
Clarence White(Guitar)
Chris Hillman(Bass)
Mike Clarke(Drums)
Leon Russell(Piano, Harpsichord)
Douglas Dillard(Banjo)

<SIDE A>
1.Echoes
2.Think I'm Gonna Feel Better
3.Tried So Hard
4.Is Yours Is Mine
5.Keep On Pushin'
6.I Found You

<SIDE B>
1.So You Say You Lost Your Baby
2.Elevator Operator
3.The Same One
4.Couldn't Believe Her
5.Needing Someone



Posted by uncledog at 14:10:11Comments(0)TrackBack(0) │ROOTS CLASSICS ON VINYL
素晴らしき音楽との出会い TOP

◆ROOTS CLASSICS ON VINYL VOL.19◆

2018-01-10

20598.jpg ◆ROOTS CLASSICS ON VINYL VOL.19◆

The Holy Modal Rounders/2(4 MEN WITH BEARDS/184/LP/0646315118414)

1960年代の初頭、ニューヨークのローワー・イーストでピーター・スタンフェルとスティーヴ・ウェバーによって結成されたデュオ、ホリー・モーダル・ラウンダーズ。

ハリー・スミスが編集した「アンソロジー・オブ・アメリカン・フォーク・ミュージック」の影響を受けたアメリカの伝統音楽と独自のサウンドを上手くブレンドし、サイケデリック、アシッド・フォークの先駆者となり、カルトな人気を博しました。

1965年にジャズで有名なレーベル、プレスティッジからリリースしたセカンド・アルバム「2」(Prestige/PR 7410/LP)。

ファースト・アルバム同様にピーターのバンジョーとフィドル、スティーヴのアコギのみですが、カウンターカルチャーを肌で感じられるような攻撃的でディープなフォーク・アルバムに仕上がっています。

180グラム重量盤LP

Peter Stampfel(Vocal, Banjo, Fiddle)
Steve Weber(Vocal, Guitar)

<Side A>
1.Flop Eared Mule
2.Black Eyed Susie
3.Sail Away Ladies
4.Clinch Mountain Backstep
5.Fishing Blues
6.Statesboro Blues
7.Junko Partner

<Side B>
1.Mole In The Ground
2.Hot Corn, Cold Corn
3.Down The Old Plank Road
4.Chevrolet Six
5.Crowley Waltz
6.Bully Of The Town

●上記輸入盤LPは下記サイトにて好評販売中!
http://diskunion.net/portal/ct/detail/0413RK13327



Posted by uncledog at 15:37:29Comments(0)TrackBack(0) │ROOTS CLASSICS ON VINYL
素晴らしき音楽との出会い TOP

◆ROOTS CLASSICS ON VINYL VOL.18◆

2018-01-10

20597.jpg ◆ROOTS CLASSICS ON VINYL VOL.18◆

The Holy Modal Rounders/The Holy Modal Rounders(4 MEN WITH BEARDS/183/LP/0646315118315)

1960年代の初頭、ニューヨークのローワー・イーストでピーター・スタンフェルとスティーヴ・ウェバーによって結成されたデュオ、ホリー・モーダル・ラウンダーズ。

ハリー・スミスが編集した「アンソロジー・オブ・アメリカン・フォーク・ミュージック」の影響を受けたアメリカの伝統音楽と独自のサウンドを上手くブレンドし、サイケデリック、アシッド・フォークの先駆者となり、カルトな人気を博しました。

1964年にジャズで有名なレーベル、プレスティッジの傍系レーベル、プレスティッジ・フォークロアからリリースした記念すべきファースト・アルバム「ザ・ホリー・モーダル・ラウンダーズ」(Prestige Folklore/FL 14031/LP)。

ピーターのバンジョーとフィドル、スティーヴのアコギのみによるシンプルなサウンドと一度はまったら癖になりそうなへろへろなヴォーカルのアシッド感は良い味を醸し出しています。

180グラム重量盤LP

Peter Stampfel(Vocal, Banjo, Fiddle)
Steve Weber(Vocal, Guitar)

<Side A>
1. Blues In The Bottle
2. Give The Fiddler A Dram
3. Cuckoo
4. Euphoria
5. Long John
6. Hesitation Blues
7. Hey, Hey Baby

<Side B>
1. Reuben's Train
2. Mister Spaceman
3. Moving Day
4. Better Things For You
5. Same Old Man
6. Hop High Ladies
7. Bound To Lose

●上記輸入盤LPは下記サイトにて好評販売中!
http://diskunion.net/portal/ct/detail/0413RK13210



Posted by uncledog at 15:36:58Comments(0)TrackBack(0) │ROOTS CLASSICS ON VINYL
素晴らしき音楽との出会い TOP

◆ROOTS CLASSICS ON VINYL VOL.25◆

2018-01-10

20649.jpg ◆ROOTS CLASSICS ON VINYL VOL.25◆

NICK DRAKE/FIVE LEAVES LEFT(Commercial Marketing/3734756/LP/0602537347568)

28年という短い生涯に残した僅か3枚のオリジナル・アルバムが、“孤高の天才シンガー・ソングライター”との再評価を不動のものにしているニック・ドレイクが1969年にリリースした記念すべきファースト・アルバムにして英国産アシッド・フォークの名作「ファイヴ・リーヴス・レフト」(Island Records/ILPS 9105/LP)。

ドリーミーなサウンドに英国の深い森を想起させるような陰りを帯びたボーカルが素晴らしく心を奪われてしまうこと必至。

リチャード・トンプソン(フェアポート・コンベンション)がゲスト参加。

<SIDE A>
1.Time Has Told Me
2.River Man
3.Three Hours
4.Way To Blue
5.Day Is Done

<SIDE B>
1.Cello Song
2.The Thoughts Of Mary Jane
3.Man In A Shed
4.Fruit Tree
5.Saturday Sun

●上記輸入盤LPは下記サイトにて好評販売中!
http://diskunion.net/rock/ct/detail/RS140507-03



Posted by uncledog at 15:30:17Comments(0)TrackBack(0) │ROOTS CLASSICS ON VINYL
素晴らしき音楽との出会い TOP

◆ROOTS CLASSICS ON VINYL VOL.24◆

2017-12-28

20647.jpg ◆ROOTS CLASSICS ON VINYL VOL.24◆

SANDY DENNY/The North Star Grassman And The Ravens(Commercial Marketing/3787246/LP/0602537872466)

1971年にリリースされたレッド・ツェッペリンの4thアルバム「IV」に収録された「The Battle of Evermore」(邦題:限りなき戦い)にバック・コーラスでゲスト参加したことでゼップのファンにも有名な英国フォーク/トラッド・ロック界を代表する女性シンガー、サンディー・デニーがフェアポート・コンヴェンション、フォザリンゲイを経て1971年にアイランド・レコーズからリリースした名作の誉れ高きファースト・ソロ・アルバム「ザ・ノース・スター・グラスマン・アンド・ザ・レイヴンズ」(Island Records/ILPS 9165/LP)。

フォザリンゲイのメンバーとリチャード・トンプソンがメインとなってレコーディングされたアルバムですが、バリー&ロビン・ドランスフィールドがゲスト参加している点も英国トラッド/フォークのファンには見逃せません。

サンディーのオリジナル曲8曲にボブ・ディランの「ダウン・イン・ザ・フラッド」のカバーやジミーペイジが「Black MountainSide」として発表したトラディショナル・ナンバー「ブラックウォーターサイド」等を収録したサンディー・デニーの素晴らしい歌唱が堪能できる名作です。

キーフが手掛けたジャケットも英国然りとした陰影に踏んだ素晴らしい一幅の絵画のようで名作の価値をさらに高めています。

オリジナルのダブル・ジャケット仕様
Island(島)レーベル・ラベルも再現

<SIDE A>
A1. Late November
A2. Blackwaterside
A3. The Sea Captain
A4. Down In The Flood
A5. John The Gun

<SIDE B>
1. Next Time Around
2. The Optimist
3. Let's Jump The Broomstick
4. Wretched Wilbur
5. The North Star Grassman And The Ravens
6. Crazy Lady Blues

●上記輸入盤LPは下記サイトにて好評販売中!
http://diskunion.net/portal/ct/detail/1006298469



Posted by uncledog at 13:16:00Comments(0)TrackBack(0) │ROOTS CLASSICS ON VINYL
素晴らしき音楽との出会い TOP

◆ROOTS CLASSICS ON VINYL VOL.23◆

2017-12-28

20646.jpg ◆ROOTS CLASSICS ON VINYL VOL.23◆

NIC JONES/PENGUIN EGGS(Weatherbox/VIN180LP123/LP/5038622137618)

英国のフォーク・シンガー、ニック・ジョーンズが1980年にトピックからリリースした5枚目のソロ・アルバム「ペンギン・エッグス」(Topic Records/12TS 411/LP)。

力強いギター・プレイと円熟味を増した素晴らしい歌唱で聞く者を感動させずにはおかないニックの最高作。

冒頭の「Canadee-I-O」はボブ・ディランが1992年にコロンビア・レコーズからリリースしたアルバム「Good As I Been To You」の4曲目に収録されていた楽曲でもあります。

Color Vinyl仕様限定アナログ盤
180グラム重量盤LP

なお、このLPはトピック・レコーズのアーカイヴ・シリーズ(180グラム重量盤LP)の第一弾としてのリリースのようなので今後のリリース予定が楽しみです。

Nic Jones(Vocal, Guitar, Fiddle)
Dave Burland(Vocal)
Bridget Danby(Recorder, Vocal)
Tony Hall(Melodeon)

<SIDE A>
1.Canadee-I-O
2.The Drowned Lovers
3.The Humpback Whale
4.The Little Pot Stove

<SIDE B>
1.Courting Is a Pleasure
2.Barrack Street
3.Planxty Davis
4.The Flandyke Shore
5.Farewell to the Gold

●上記輸入盤LPは下記サイトにて好評販売中!
http://diskunion.net/portal/ct/detail/1007430754



Posted by uncledog at 12:11:53Comments(0)TrackBack(0) │ROOTS CLASSICS ON VINYL
素晴らしき音楽との出会い TOP

◆ROOTS CLASSICS ON VINYL VOL.22◆

2017-12-27

20642.jpg ◆ROOTS CLASSICS ON VINYL VOL.22◆

ANNE BRIGGS/THE TIME HAS COME(EARTH RECORDINGS/EARTHLP019/LP/0809236101969)

1971年に英国のCBSからリリースされた英国トラッド/フォーク界を代表する歌姫、アン・ブリッグスのセカンド・アルバム「タイム・ハズ・カム」(CBS/64612/LP)。

アコースティック・ギターの弾き語りを中心にした作品で、しっとりした雰囲気かつ英国の深い森に入っていくような浮遊感を持った永遠の名作。

全13曲中8曲がオリジナル作品(1曲のみバート・ヤンシュとの共作)で、シンガーソングライターとしての才能も開花しています。

テクスチャー仕様ジャケット/本作発表時のプライヴェート/販促写真とColin Harperによる新規バイオグラフィーを掲載した内袋を添付。

*限定アナログ盤/Remaster/180g重量盤

<SIDE ONE>
1.SANDMAN'S SONG
2.HIGHLODGE HARE
3.FIRE AND WINE
4.STEP RIGHT UP
5.RIDE,RIDE
6.THE TIME HAS COME

<SIDE TWO>
1.CLEA CAUGHT A RABBIT
2.TANGLED MAN
3.WISHING WELL
4.STANDING ON THE SHORE
5.TIDEWAVE
6.EVERYTIME
7.FINE HORSEMAN

●上記輸入盤LPは下記サイトにて好評販売中!
http://diskunion.net/portal/ct/detail/1007406461



Posted by uncledog at 15:07:30Comments(0)TrackBack(0) │ROOTS CLASSICS ON VINYL
素晴らしき音楽との出会い TOP

◆ROOTS CLASSICS ON VINYL VOL.21◆

2017-12-25

20635.jpg ◆ROOTS CLASSICS ON VINYL VOL.21◆

BASHTI BUNYAN/JUST ANOTHER DIAMOND DAY(Dicristina Stair/DCST4.1/LP/0655035400419)

バシュティ・バニアンが1970年に英国のフィリップスからリリースしたファースト・アルバム「ジャスト・アナザー・ダイアモンド・デイ」。

英国フォークの幻の名盤としての名声を得ている、これぞ英国のヒューマン・ソングと言いたい素朴で温かみのある歌声とサウンドは一生ものの名盤です。一家に1枚常備したいものです。

ロビン・ウイリアムスン、デイブ・スワブリック、サイモン・二コル他が参加。

<SIDE A>
1 Just Another Diamond Day
2 Glow Worms
3 Lily Pond
4 Timothy Grub
5 Where I Like to Stand
6 Swallow Song
7 Window Over the Bay

<SIDE B>
1 Rose Hip November
2 Come Wind Come Rain
3 Hebridean Sun
4 Rainbow River
5 Trawlerman's Song
6 Jog Along Bess
7 Iris's Song for Us

●上記輸入盤LPは下記サイトにて好評販売中!
http://diskunion.net/portal/ct/detail/PGR-014



Posted by uncledog at 17:04:16Comments(0)TrackBack(0) │ROOTS CLASSICS ON VINYL
素晴らしき音楽との出会い TOP

◆ROOTS CLASSICS ON VINYL VOL.20◆

2017-12-22

20632.jpg ◆ROOTS CLASSICS ON VINYL VOL.20◆

DAN MODLIN / DAVE SCOTT/TRAIN DON'T STOP HERE ANYMORE(MANDRAX/MX0803LP/LP/2080201000282)

J. マイケル・ヘンダーソンの『TO MAKE THE NIGHT COMPLETE』やレイ・グーリアックの『HOME AWAY FROM HOME』等、フォーク、プリAOR、シンガー・ソングライター、カントリーからサイケまで幅広いジャンルのコレクタブルな作品を多く産み出したインディアナポリスの知る人ぞ知る伝説のレーベル/スタジオ700 WESTから1976年にリリースされたダン・モドリン/デイヴ・スコットによるSSW名作「トレイン・ドント・ストップ・ヒア・エニモア」(700 West/760715/LP)。

冒頭のスワンピーなギターが素晴らしい「ルーザー、ラヴァ―」、高速バンジョーが素敵なカントリー・ロック・ナンバー「ハイウェイズ」、鳥のさえずりから始まる「ジャック・マコール」、さらに名曲と言ってしまいたい「ラウンド&ラウンド」「サザン・レイディ」等、いぶし銀の味わいがある末永く聞ける確かな1枚です。

<SIDE A>
1. Loser, Lover
2. Long Way From Heaven
3. Highways
4. Jack Mccall

<SIDE B>
1. I've Seen Your Face
2. Round & Round
3. Entr' acte (Playin' The Dance)
4. Southern Lady
5. Till The Bottles Dry

●上記輸入盤LPは下記サイトにて好評販売中!
http://diskunion.net/rock/ct/detail/0413RK9557



●再結成して活動中のモドリン・アンド・スコットのFBは下記です
https://www.facebook.com/ModlinandScott/



Posted by uncledog at 18:26:44Comments(0)TrackBack(0) │ROOTS CLASSICS ON VINYL
素晴らしき音楽との出会い TOP

◆ROOTS CLASSICS ON VINYL VOL.3◆

2017-12-22

20560.jpg ●好評販売中●

◆ROOTS CLASSICS ON VINYL VOL.3◆

Elizabeth Cotten/Folksongs And Instrumentals With Guitar(FOLKWAYS RECORDS/3526/LP/0646315052619)

祝、フォークウェイズ・レコーズ(スミソニアン・フォークウェイズ)70周年!!

2018年にフォークウェイズ・レコーズ(スミソニアン・フォークウェイズ)が70周年を迎える。同レーベルからのメールによれば数多くのアナログ盤LPの再発計画があるようなので今から楽しみだ。

そのフォークウェイズ・レコーズから1958年にデビュー・アルバム「フォークソングス・アンド・インストゥールメンタルズ・ウィズ・ギター」(FG 3526/LP)をリリースしたのが名曲「フレイト・トレイン」を作曲し、ボブ・ディラン他、数多くのミュージシャンに影響を与えたことで有名な伝説のフォーク・ブルース・シンガー/ギターリスト、エリザベス・コットン。

エリザベス・コットンがボブ・ディラン、ジョーン・バエズ、ピーター・ポール&マリー、ジェリ-・ガルシア(グレイトフル・デッド)、タジ・マハール、デヴェンドラ・バンハート等数多くのミュージシャンにカバーされた名曲「フレイト・トレイン」を作曲したのは12歳の時。しかし、15歳で結婚した後はギターの演奏を長らく断念していましたが、後に有名なフォーク・ミュージシャンであるマイク・シーガーの元で家政婦として働くようになった時、その才能を見抜いたマイク・シーガーによってレコーディングされたのがファースト・アルバム「フォークソングス・アンド・インストゥールメンタルズ・ウィズ・ギター」で、既に63歳という遅咲きのデビュー・アルバムでした。

後に「コットン・ピッキング」と呼ばれる左利きのギター奏法は、右利きのギターの糸を張り替えずに逆さまにギターを持って演奏したため、親指でメロディーを、他の指でベースラインを弾くことによって生まれた完全自己流のオリジナル・フィンガー・ピッキングになります。

エリザベス・コットンの魅力とは可愛らしい歌声と独自の技巧的なフィンガー・ピッキング奏法による、温もりを感じるヒューマンなサウンドが紡ぎだすコットン・ワールドだと思います。

アメリカン・フォーク、フォーク・ブルース、ルーツ・ミュージック等が好きな方はマストと言える永遠の名作です。

オリジナル・ジャケット仕様かつオリジナル・ブックレットの復刻版が付いた再発盤LPが2017年の現在でも入手可能なため、このグレイトな再発盤LPをお薦めします。

<Side A>
1. Wilson Rag
2. Freight Train
3. Going Down the Road Feeling Bad
4. I Don't Love Nobody
5. Ain't Got No Honey Baby Now
6. Graduation March
7. Honey Babe Your Papa Cares For You
8. Vastopol

<Side B>
1. Here Old Rattler Here / Sent For My Fiddle Sent For My Bow / George Buck
2. Run...Run / Mama Your Son Done Gone
3. Sweet Bye and Bye / What A Friend We Have In Jesus
4. Oh Babe It Ain't No Lie
5. Spanish Flag Dang
6. When I Get Home

●上記輸入盤LPは下記サイトにて好評販売中!
http://diskunion.net/portal/ct/detail/RS120914-01



Posted by uncledog at 17:02:54Comments(0)TrackBack(0) │ROOTS CLASSICS ON VINYL
素晴らしき音楽との出会い TOP

◆ROOTS CLASSICS ON VINYL VOL.1◆

2017-12-22

20558.jpg ●好評販売中●

◆ROOTS CLASSICS ON VINYL VOL.1◆

Michael Hurley/First Songs(FOLKWAYS RECORDS/3581/LP/0646315058116)

祝、フォークウェイズ・レコーズ(スミソニアン・フォークウェイズ)70周年!!

2018年にフォークウェイズ・レコーズ(スミソニアン・フォークウェイズ)が70周年を迎える。同レーベルからのメールによれば数多くのアナログ盤LPの再発計画があるようなので今から楽しみだ。

そのフォークウェイズ・レコーズから1965年にデビュー・アルバム(FG-3581/LP)をリリースしたのがヤング・ブラッズのラクーン・レーベルのアルバム・ジャケットやラウンダー・レコーズ他からリリースした自身のLP等のジャケットに描かれた狼男(ジャコ)をモチーフとしたイラストでも有名なフォーク・シンガ―/シンガー・ソングライター/イラストレイター/画家/漫画家といった多彩な顔を持つマイケル・ハーレイ。

米国での再評価は1996年にサン・ヴォルトとツアーを行ったことによりルシンダ・ウィリアムス、キャットパワー、ヴィック・チェスナット、ウッズ、ジュリアン・リンチ、キャレキシコ、ロビン・ホルコムといった若手ミュージシャンから絶賛されたのがきっかけとなったようだ。

マイケル・ハーレイが22歳だった1964年にレコーディングされ、1965年にマイク・ハーレー名義でリリースされたデビュー・アルバム「ファースト・ソング」はプロデューサー兼レコーディング・エンジニアのフレデリック・ラムジー三世(Frederick Ramsey III)との出会いによって生み出されたそうだ。

フレデリック・ラムジー三世はブルースとジャズの研究家で、たまたまマイケルの実家の近くに住んでいたフレデリックがヒッチハイクをしていたマイケルに声をかけて自宅に招待したのが切っ掛けでレコーディングにまで発展したようだ。

レコーディングには伝説のフォーク・シンガー、レッド・ベリーのラスト・セッションに使用されたオープン・リール・マシーンが使用されている点はフォーク・ファンには興味深い事実。

1曲目の「ブルー・マウンテン」は今日に至るまでのマイケルの原点がわかるような力の抜け具合がたまらないアコギ一本をバックにした素晴らしい歌唱が堪能できます。

代表曲「ザ・ワーウルフ・ソング」も収録されたアメリカン・フォーク、シンガー・ソングライター、アシッド・フォーク、アウトサイダー・フォーク、ローナー・フォーク等の好きな方からローファイ・ファンまでにお薦めしたい永遠の名盤。

オリジナル盤LPは米国、日本等でのマイケルの人気の高さによって近年、価格が高騰していますので、2010年にオリジナル・ジャケット仕様かつオリジナルインサート(ライナー、歌詞等がプリントされています)の復刻版が付いた再発盤LPが2017年の現在でも入手可能なため、このグレイトな再発盤LPをお薦めします。買えるうちに購入しておきたいマストな1枚!!

<Side A>
1.Blue Mountain
2.You Get Down By The Pool Hall Clickety Clack (Sister Song)
3.I Like My Wine
4.No, No, No, I Won't Come (Go) Down No More
5.The Tea Song

<Side B>
1.Just A Bum
2.Raven Rock (They Took Away The Diesel)
3.Fat Mama
4.The Animal Song (If I Could Ramble Like A Hound)
5.Captain Kidd
6.Intersoular Blues
7.The Werewolf Song

●上記輸入盤LPは下記サイトにて好評販売中!
http://diskunion.net/portal/ct/detail/RY051910-14



Posted by uncledog at 17:01:37Comments(0)TrackBack(0) │ROOTS CLASSICS ON VINYL
素晴らしき音楽との出会い TOP

◆ROOTS CLASSICS ON VINYL VOL.17◆

2017-12-18

20596.jpg ◆ROOTS CLASSICS ON VINYL VOL.17◆

Jackson C. Frank/Jackson C. Frank(4 MEN WITH BEARDS/820/LP/0646315182019)

英国フォーク・シーンに大きな影響を及ぼした米国のフォーク・シンガー、ジャクソン・C・フランクが1965年に英国のコロンビアからリリースした唯一のソロ・アルバム「ジャクソン・C・フランク」(Columbia/33SX 1788/LP)。

ロンドンのアパートでは後にサイモン&ガーファンクルとして成功を収めるポール・サイモン、アート・ガーファンクルと共同生活をおこない、後に英国フォーク・ロック界を代表するサンディー・デニーの恋人でもあった人物です。

「ブルース・ラン・ザ・ゲーム」はサイモン&ガーファンクル、カウンティング・クロウズ、バート・ヤンシュ、ローラ・マーリング、コリン・メロイ等によってカバーされており、又、ニック・ドレイクもプライベート・レコーディングしていた楽曲。

「ミルク・アンド・ハニー」はサンディー・デニー、ニック・ドレイク、フェアポート・コンヴェンションによってカバーされています。

幾度も再発されてきた名作です。

180グラム重量盤LP

<Side A>
1.Blues Run The Game
2.Don’t Look Back
3.Kimbie
4.Yellow Waltz
5.Here Comes The Blues

<Side B>
1.Milk And Honey
2.My Name Is Carnival
3.I Want To Be Alone (Dialogue)
4.Just Like Anything
5.You Never Wanted Me



Posted by uncledog at 13:47:45Comments(0)TrackBack(0) │ROOTS CLASSICS ON VINYL
素晴らしき音楽との出会い TOP

◆ROOTS CLASSICS ON VINYL VOL.16◆

2017-12-13

20578.jpg ◆ROOTS CLASSICS ON VINYL VOL.16◆

GUY CLARK/OLD NO. 1(4 MEN WITH BEARDS/236/LP/0646315123616)

テキサス出身のシンガー・ソングライター、ガイ・クラークが1975年にリリースしたファースト・ソロ・アルバムにしてSSW名作として人気の高い「オールド・ナンバー・ワン」(RCA Victor/APL1-1303/LP)。

1970年代、渋谷百軒店にあった伝説のロック喫茶「ブラック・ホーク」が出版していたミニコミ誌の特集「ブラックホークの選んだ99枚のレコード」に選出された名盤として往年のロック、シンガー・ソングライター等のファンには有名な1枚でもあります。

シンプルに淡々と語りかけてくるようなボーカルが心に沁みる味わい深いアルバムです。

名曲「Desperados Waiting For The Train〜汽車を待つ無法者のように」収録。

エミル・ハリス、ロドニー・クロウェル、スティーヴ・アールがゲスト参加。

180グラム重量盤LP

<Side A>
1.Rita Ballou
2.L.A. Freeway
3.She Ain't Goin' Nowhere
4.A Nickel For The Fiddler
5.That Old Time Feeling

<Side B>
1.Texas-1947
2.Desperados Waiting For The Train
3.Like A Coat From The Cold
4.Instant Coffee Blues
5.Let Him Roll

●上記輸入盤LPは下記サイトにて好評販売中!
http://diskunion.net/portal/ct/detail/RS140213-03



Posted by uncledog at 16:19:40Comments(0)TrackBack(0) │ROOTS CLASSICS ON VINYL
素晴らしき音楽との出会い TOP

◆ROOTS CLASSICS ON VINYL VOL.15◆

2017-12-13

20577.jpg ◆ROOTS CLASSICS ON VINYL VOL.15◆

TERRY REID/RIVER(4 MEN WITH BEARDS/108/LP/0646315110814)

レッド・ツェッペリンとディープ・パープルへヴォーカリストとしての加入要請を断ったことでも有名な英国のロック・シンガー、ギターリスト、テリー・リードが名プロデューサー、トム・ダウドと共に制作した1973年のサード・アルバムにして英国産アメリカン・ロック、スワンプ・ロック、カントリー・ロック等の名盤として知られる「リヴァ―」(Atlantic/SD 7259/LP)。

デヴィッド・リンドレーの素晴らしいスライド・ギター、リード・ギターをフィーチャーした初期のジェフ・ベック・グループにも通じるへヴィーなサウンドと米国にあこがれた英国人こそが出せる憂いや繊細さを含んだオリジナル曲、ハスキーでソウルフルなボーカルは聞けば聞くほど味わい深いものがあります。

タイトル曲でもある「リヴァ―」は有名なラテン・パーカッション奏者、ウイリー・ボボが参加した名作です。

180グラム重量盤仕様
見開きジャケット仕様

<SIDE A>
1.Dean
2.Avenue
3.Things To Try
4.Live Life

<SIDE B>
1.River
2.Dream
3.Milestones

●上記輸入盤LPは下記サイトにて好評販売中!
http://diskunion.net/portal/ct/detail/0413RK5490



Posted by uncledog at 13:43:11Comments(0)TrackBack(0) │ROOTS CLASSICS ON VINYL
素晴らしき音楽との出会い TOP

◆ROOTS CLASSICS ON VINYL VOL.14◆

2017-12-13

20576.jpg ◆ROOTS CLASSICS ON VINYL VOL.14◆

Dan Penn/Nobody's Fool (180g LP, gatefold sleeve)(BEAR FAMILY RECORDS/18021/LP/5397102180217)

米国を代表するソングライター、プロデューサー、ダン・ペンが1973年に米国のベル・レコーズからリリースしたスワンプ・ロック、カントリー・ソウル、シンガー・ソングライター等のファンに人気の高いファースト・アルバムにして永遠の名作「ノーバディーズ・フール」(BELL RECORDS/BELL 1127/LP)。

アルバム・タイトル曲でもある1曲目の「ノーバディーズ・フール」はキーボード奏者、ボビー・エモンズとの共作でストリングスやホーンをフィーチャーしたキャッチーなサウンドに油の乗り切ったダン・ペンの歌唱が素晴らしいアルバムの冒頭にふさわしい楽曲となっています。

「レイニング・イン・メンフィス」はスプナー・オールダム、マイク・ライエッツとの共作で甘いサウンドにダン・ペンのソウルフルなボーカルが絡んだ佳作です。

「ローディ」はダン・ペンにとっては珍しいカバー作品で、オリジナルはCCR(クリーデンス・クリアウォーター・リヴァイヴァル)のジョン・フォガティ。冒頭のダン・ペンの語りが超クールで、その後マッスル・ショールズの女性バック・コーラス隊によるゴスペル・コーラスをバックにしたソウルフルなボーカルが聞く者を至福の世界へと導いてくれます。

8曲目のしっとりとした「プレイヤー・フォー・ピース」から9曲目のファンキーな「イフ・ラヴ・ワズ・マネー」への導入部のかっこよさは永遠に背筋がゾクゾクし、ダン・ペンの世界へと引き込まれること必至でしょう。途中のドラム・ブレイクもしかり。ソウルフルな世界とロックの世界の幸せな結婚によって米国南部から産み出された稀有な名曲です。

*180グラム重量盤LP
*オリジナル・ジャケット・アートワーク仕様
*オリジナル盤LPはシングル・ジャケットでしたが、今回の再発盤では見開きジャケット仕様となっています!!

Mixed and produced by Dan Penn

Dan Penn(vocals,guitar)
Spooner Oldham(organ)
Jay Spell(piano, keyboards)
David Hood(bass)
Sammy Creason(drums)

Bill Phillips(organ)
Greg Reding(organ)
Mike Utley(keyboards)
Tommy Richard(guitar)
Charlie Freeman(guitar)
Jim Johnson(bass)
Tommy McClure(bass)
Dulin Lancaster(drums,backing vocals & horns)

<SIDE A>
1.Nobody's Fool
2.Raining In Memphis
3.Tearjoint
4.Time
5.Lodi

<SIDE B>
1.Ain't No Love
2.I Hate You
3.Prayer For Peace
4.If Love Was Money
5.Skin

●上記輸入盤LPは下記サイトにて好評販売中!
http://diskunion.net/portal/ct/detail/RY160707-DP-01



Posted by uncledog at 12:00:10Comments(0)TrackBack(0) │ROOTS CLASSICS ON VINYL
素晴らしき音楽との出会い TOP

◆ROOTS CLASSICS ON VINYL VOL.13◆

2017-12-12

20574.jpg ◆ROOTS CLASSICS ON VINYL VOL.13◆

FRED NEIL/Sessions(4 Men with Beards/232/LP/0646315123210)

ボブ・ディラン、ティム・バックレー、ディノ・ヴァレンテ等に多大なる影響を与えたフォーク・シンガー、アシッド・フォーク・シンガーであり、12弦ギターの名手としても知られるフレッド・ニールが1967年にリリースしたサード・ソロ・アルバム「セッションズ」(CAPITOL RECORDS/ST-2862/LP)。

パーカッシヴなアコースティック・ギターとウッド・ベースによる即興的なセッションが主体となっている作品で、深いリヴァーヴのかかったホワイト・ブルースやスライド・ギターが素晴らしいカントリー・ロック等が聞けます。

早すぎたアシッド・フォークの名盤として評価の高いアルバム。

180グラム重量盤LP仕様

<SIDE A>
1.Felicity (Take 5)
2.Send Me Somebody To Love (Take 2)
3.Merry Go Round (Take 1)
4.Look Over Yonder (Take 1)

<SIDE B>
1.Fools Are A Long Time Coming (Take 1)
2.Looks Like Rain (Take 1/Take 2)
3.Roll On Rosie (Take 1)

●上記輸入盤LPは下記ウェッブサイトにて好評販売中!
http://diskunion.net/portal/ct/detail/RS130621-02



Posted by uncledog at 12:40:11Comments(0)TrackBack(0) │ROOTS CLASSICS ON VINYL
素晴らしき音楽との出会い TOP

◆ROOTS CLASSICS ON VINYL VOL.12◆

2017-12-12

20573.jpg ◆ROOTS CLASSICS ON VINYL VOL.12◆

FRED NEIL/FRED NEIL(4 Men with Beards/231/LP/0646315123111)

ボブ・ディラン、ティム・バックレー、ディノ・ヴァレンテ等に多大なる影響を与えたフォーク・シンガー、アシッド・フォーク・シンガーであり、12弦ギターの名手としても知られるフレッド・ニールが1966年にリリースしたセカンド・ソロ・アルバム「フレッド・ニール」(CAPITOL RECORDS/ST 2665/LP)。

内省的な響きを感じるバリトン・ヴォイスに憂いを持った12弦ギターのサウンド、地底へと沈み込んでいくようなベース等が織りなすサイケ、アシッド感はフォーク・ファンのみならずロックのファンにとっても惹かれるものがあります。

代表曲「ドルフィンズ」や後に映画「ミッドナイト・カウボーイ」の主題歌としてハリー・二ルソンがカバーした「エヴリバディーズ・トーキン」を収録した重要作です。

180グラム重量盤LP仕様

<SIDE A>
1. The Dolphins
2. I've Got a Secret (Shake Sugaree)
3. That's the Bag I'm In
4. Badi-Da
5. Faretheewell (Fred's Tune)

<SIDE B>
1.Everybody's Talkin'
2.Everything Happens
3.Sweet Cocaine
4.Green Rocky Road
5.Cynicrustpetefredjohn Raga

●上記輸入盤LPは下記ウェッブサイトにて好評販売中!
http://diskunion.net/portal/ct/detail/RS130705-03



Posted by uncledog at 12:22:23Comments(0)TrackBack(0) │ROOTS CLASSICS ON VINYL
素晴らしき音楽との出会い TOP

◆ROOTS CLASSICS ON VINYL VOL.11◆

2017-12-12

20572.jpg ◆ROOTS CLASSICS ON VINYL VOL.11◆

BRIDGET ST. JOHN/THANK YOU FOR(4 MEN WITH BEARDS/190/LP/0646315119015)

英国BBCラジオの人気DJ、ジョン・ピールに見出された英国の女性フォーク・シンガー、シンガー・ソングライター、ブリジット・セント・ジョンが1972年にジョン・ピール自身のインディー・レーベル、ダンディーライオンからリリースした3rdアルバム「サンキュー・フォー」(DANDELION RECORDS/2310 193/LP)。

ジョン・マーティン、アンディー・ロバーツ、リック・サンダース、デイヴ・マタックス等豪華メンバーをバックにレコーディングしたシンプルでセント・ジョンの歌声が素晴らしい英国産フォーク・ロックの名盤として人気の高い最高作。

180グラム重量盤LP仕様

<SIDE 1>
1.NICE
2.THANK YOU FOR...
3.LAZARUS
4.GOOD BABY GOODBYE
5.LOVE MINUS ZERO NO LIMIT

<SIDE 2>
1.SILVER COIN
2.HAPPY DAY
3.FLY HIGH
4.TO LEAVE YOUR COVER
5.EVERY DAY
6.A SONG IS AS LONG AS IT WANTS TO GO ON

●上記輸入盤LPは下記ウェッブサイトにて好評販売中!
http://diskunion.net/portal/ct/detail/PGR-869




Posted by uncledog at 11:58:00Comments(0)TrackBack(0) │ROOTS CLASSICS ON VINYL
素晴らしき音楽との出会い TOP

◆ROOTS CLASSICS ON VINYL VOL.10◆

2017-12-11

20570.jpg ◆ROOTS CLASSICS ON VINYL VOL.10◆

Bill Fay/Time of the Last Persecution(4 Men with Beards/819/LP/0646315181913)

英国のシンガー・ソングライターとして人気の高いビル・フェイが1971年に英国のデラム・レーベルからリリースしたセカンド・アルバム「タイム・オブ・ザ・ラスト・パーシキュション」(DERAM/SML1079/LP)。

オーケストラを大胆にフィーチャーしたファースト・アルバムとは異なり、レイ・ラッセルやニック・エヴァンス他、ロック・ワークショップのメンバーがバックを固めた作品で、メインはあくまでもビルのヴォーカルとピアノ。ビルの憂いを帯びたヴォーカルとソフトなピアノの響きが魅力的なアルバムです。

2007年頃に米国の人気ロック・バンド、ウィルコがビル・フェイの「BE NOT SO FEARFUL」をライヴでカバーし、その映像はドキュメンタリー・フィルムにも収録された。これがきっかけとなり、ビル・フェイがウィルコと共演するようになった。

ビル・フェイの楽曲「PICTURES OF ADOLF AGAIN」はジム・オルークとウィルコのドラマー、グレン・コッチェによってカバーされ、若松孝二監督の映画「実録・連合赤軍 あさま山荘への道程」に使用されている。又、この曲は英国のロック・バンド、カレント 93のライヴの定番曲にもなっているようだ。

180グラム重量盤仕様

<SIDE A>
1.Omega Day
2.Don't Let My Marigolds Die
3.I Hear You Calling
4.Dust Filled Room
5.'Til The Christ Come Back
6.Release Is In The Eye
7.Laughing Man

<SIDE B>
1.Inside The Keeper's Pantry
2.Tell It Like It Is
3.Plan D
4.Pictures Of Adolf Again
5.Time Of The Last Persecution
6.Come A Day
7.Let All The Other Teddies Know

●上記輸入盤LPは下記ウェッブサイトにて好評販売中!
http://diskunion.net/rock/ct/detail/RS130422-06




Posted by uncledog at 16:47:58Comments(0)TrackBack(0) │ROOTS CLASSICS ON VINYL
素晴らしき音楽との出会い TOP

◆ROOTS CLASSICS ON VINYL VOL.9◆

2017-12-11

20569.jpg ◆ROOTS CLASSICS ON VINYL VOL.9◆

BILL FAY/BILL FAY(4 MEN WITH BEARDS/818/LP/0646315181814)

英国のシンガー・ソングライターとして人気の高いビル・フェイが1970年に英国のデラム・レーベルからリリースしたファースト・アルバム「ビル・フェイ」(DERAM/SDN12/LP)。

基本的にはビル・フェイのアコギやピアノの弾き語りをメインとした英国シンガー・ソングライター作品ですが、流麗なストリングスやメランコリックなブラス等、マイケル・ギブスによる大胆なオーケストレイションがフィーチャーされている点がアルバムに映る風貌を含めてニック・ドレイクに通じるものがあります。

聞く者の心に一時のなごみを与えてくれるビルのヴォーカルとドリーミーなサウンドが織りなす英国然とした英国シンガー・ソングライターの名作です。

ニック・ドレイク、ヘロン等が好きな方にお薦め。

180グラム重量盤仕様

<SIDE A>
1. Garden Song
2. The Sun Is Bored
3. We Want You To Say
4. Narrow Way
5. We Have Laid Here
6. SIng Us One Of Your Songs May

<SIDE B>
1. Gentle Willie
2. Methane River
3. The Room
4. Goodnight Stan
5. Cannons Plain
6. Be Not So Fearful
7. Down To The Bridge

●上記輸入盤LPは下記ウェッブサイトにて好評販売中!
http://diskunion.net/rock/ct/detail/RS121210-05



Posted by uncledog at 16:30:37Comments(0)TrackBack(0) │ROOTS CLASSICS ON VINYL
素晴らしき音楽との出会い TOP

◆ROOTS CLASSICS ON VINYL VOL.8◆

2017-12-08

20567.jpg ◆ROOTS CLASSICS ON VINYL VOL.8◆

David Wiffen/David Wiffen(4 MEN WITH BEARDS/230/LP/0646315123012)

カナダ出身のシンガー・ソングライター、デヴィッド・ウィフィンが1971年にファンタジー・レコーズからリリースしたSSW名作アルバム「デヴィッド・ウィフィン」(Fantasy Records/F-8411/LP)。

激レアな1965年の『LIVE AT THE BUNKHOUSE』に続く1971年にファンタジー・レコーズからリリースされた初のスタジオ録音によるセカンド・アルバムです。

燻し銀のバリトン・ヴォイスでアコースティックな肌触りのフォーク/カントリー/オールドタイムを渋く、味わい深く歌い上げた名作です。

バーズ、トム・ラッシュ、ジェイホークス、カウボーイ・ジャンキーズ等によってカバーされた名曲「ドライヴィング・ホイール」収録。

レコーディングにはヤングブラッズのジェリー・コービット、ドゥービー・ブラザーズ等で活躍したジョン・マクフィーやムーグで著名なバーニー・クラウゼ等が参加。

180グラム重量盤

<Side 1>
1.One Step
2.Never Make A Dollar That Way
3.I've Got My Ticket
4.What A Lot Of Woman
5.Since I Fell For You

<Side 2>
1.Driving Wheel
2.Mr. Wiffen
3.Blues Was The Name Of The Song
4.Mention My Name In Passing
5.More Often Than Not

●上記輸入盤新譜LPは下記ウェッブサイトにて好評販売中!!
http://diskunion.net/portal/ct/detail/RY140123-4MB-02



Posted by uncledog at 18:19:38Comments(0)TrackBack(0) │ROOTS CLASSICS ON VINYL
素晴らしき音楽との出会い TOP

◆ROOTS CLASSICS ON VINYL VOL.7◆

2017-12-08

20566.jpg ◆ROOTS CLASSICS ON VINYL VOL.7◆

TERRY MANNING/HOME SWEET HOME(4 MEN WITH BEARDS/220/LP/0646315122015)

プロデューサー、エンジニアとして有名なテリー・マニングがスタックスの傍系レーベル、エンタープライズから1970年にリリースしたファースト・ソロ・アルバム、「ホーム・スウイート・ホーム」(Enterprise/ENS 1008/LP)。

1曲目のロバート・ムーグ自身によるムーグ・シンセサイザーのイントロが印象的な「サヴォイ・トラッフル」はジョージ・ハリソンの作品で、ビートルズのホワイト・アルバムに収録されていた曲。

ジョージのことを愛して止まないテリーのこのバージョンはガレージ風の荒削りな演奏とボーカルが良い雰囲気を醸し出しているグレイト・カバーだ。

ビートルズ関連のカバーはもう1曲、「アイ・ワナ・ビー・ユア・マン」を収録。このカバーもラフでワイルドなグレイト・カバーなので要チェックです。

ビッグ・スターのクリス・ベルがギターで3曲ゲスト参加しているのも見逃せない。

180グラム重量盤LP

スワンプ・ロックのファンに推薦!!

<SIDE A>
1. Savoy Truffle
2. Guess Things Happen That Way
3. Trashy Dog
4. Wild Wild Rocker

<SIDE B>
1. Choo Choo Train
2. I Ain't Got You
3. Sour Mash
4. I Wanna Be Your Man

●上記輸入盤LPは下記ウェッブサイトにて好評販売中!!
http://diskunion.net/portal/ct/detail/RY120224-05



Posted by uncledog at 17:54:37Comments(0)TrackBack(0) │ROOTS CLASSICS ON VINYL
素晴らしき音楽との出会い TOP

◆ROOTS CLASSICS ON VINYL VOL.6◆

2017-12-08

20565.jpg ◆ROOTS CLASSICS ON VINYL VOL.6◆

Ernie Graham/Ernie Graham(4 MEN WITH BEARDS/227/LP/0646315122718)

英国シンガー・ソングライター作品の中でも名盤中の名盤として多くのファンに指示されてきた、アーニー・グラハムが1971年に英国リバティー・レーベルから発表したソロ・デビュー・アルバム。

バック・メンバーにはニック・ロウを含むブリンズレー・シュウォーツとヘルプ・ユアセルフのメンバーが参加。

いかにも英国的な雰囲気たっぷりのサウンドと味わいのあるアーニーの唄声が素晴らしく、一度そのサウンドのとりこになったら一生離れられません。

後にグリース・バンドやポール・マッカートニーのウイングスで活躍するギターリスト、ヘンリー・マックローとエアラ・アパレントを1960年代に結成し、アルバムを1枚リリース。

このソロ・アルバムをリリースした後にはヘルプ・ユアセルフや自身のバンド、クランシー等にて活動。

その後、パブ・ロックのレーベルとして有名なスティッフ・レーベルと契約している。

1978年にはソロ・シングルを発表するも、遂にヒットには恵まれず、『アーニー・グレアム』への再評価の声が高まりつつあった2001年に惜しくも54歳の若さで他界。

180グラム重量盤LP

<Side 1>
1.Sebastian
2.So Lonely
3.Sea Fever
4.The Girl That Turned The Lever

<Side 2>
1.For A Little While
2.Blues To Snowy
3.Don't Want Me Around
4.Belfast

●上記輸入盤LPは下記サイトにて好評販売中!
http://diskunion.net/portal/ct/detail/RY140123-4MB-01




Posted by uncledog at 17:36:17Comments(0)TrackBack(0) │ROOTS CLASSICS ON VINYL
素晴らしき音楽との出会い TOP

◆ROOTS CLASSICS ON VINYL VOL.5◆

2017-12-08

20564.jpg ◆ROOTS CLASSICS ON VINYL VOL.5◆

James Luther Dickinson/Dixie Fried(BEAR FAMILY RECORDS/BAF18037/LP/5397102180378)

ライ・クーダー、ローリング・ストーンズ、デラニー&ボニー、リタ・クーリッジ、クリス・クリストファーソン、アレサ・フランクリンなど錚々たるアーティストのバックを務めてきたセッション・グループ、ディキシー・フライヤーズの中心メンバー(キーボード担当)だったジェイムス・ルーサー・ディッキソンがトム・ダウト&ジェリー・ウェクスラー共同プロデュースで1972年にリリースしたファースト・ソロ・アルバム「ディキシー・フライド」(ATLANTIC RECORDS/SD8299/LP)。

ご機嫌なロックンロールからカントリーバラード、ニューオリンズ、R&B等、米国ルーツ・ミュージックの様々なエッセンスを南部風の泥臭い雰囲気に仕上げた音が聴けるスワンプ・ロックの名作として有名なアルバムです。

ボブ・ディランの「ジョン・ブラウン」、ポール・シーベルの「ルイーズ」のカバー収録。

エリック・クラプトンが1曲、ギターでゲスト参加(ノー・クレジット)していることもロック・ファンには見逃せません。

180グラム重量盤LP

<SIDE A>
1.Wine
2.The Strength Of Love
3.Louise
4.John Brown

<SIDE B>
1.Dixie Fried
2.The Judgement
3.O How She Dances
4.Wild Bill Jones
5.Casey Jones (On The Road Again)

●上記輸入盤LPは下記サイトにて好評販売中!
http://diskunion.net/portal/ct/detail/RS160923-02



Posted by uncledog at 16:56:54Comments(0)TrackBack(0) │ROOTS CLASSICS ON VINYL
素晴らしき音楽との出会い TOP

◆ROOTS CLASSICS ON VINYL VOL.4◆

2017-12-08

20561.jpg ◆ROOTS CLASSICS ON VINYL VOL.4◆

Shirley Collins& Davy Graham/Folk Roots, New Routes(4 MEN WITH BEARDS/802/LP/0646315180213)

英国トラッド界の女帝、シャーリー・コリンズとジャズ、ブルース、フォーク、ワールド・ミュージック等を究めた英国の革新的なギターリスト、デイヴィー・グレアムが1964年にデッカ・レコーズからリリースした衝撃の名作「フォーク・ルーツ、ニュー・ルーツ」(DECCA/LK 4652/LP)。

50年代の英国フォーク・リヴァイバル期から活動を開始した名歌手、シャーリー・コリンズのいぶし銀の歌唱とデイヴィー・グレアムの変貌自在なギター・ワークが織りなす20世紀を代表する名盤中の名盤と言えるポピュラー・ミュージックのファン必須の一枚。

オリジナル・ジャケット仕様、180グラム重量盤。

<SIDE A>
1.Nottamun Town
2.Proud Maisrie
3.The Cherry Tree Carol
4.Blue Monk
5.Hares On The Mountain
6.Reynardine
7.Pretty Saro
8.Rif Mountain

<SIDE B>
1.Jane Jane
2.Boll Weavil, Holler
3.Love Is Pleasin'
4.Hori Horo
5.Bad Girl
6.Lord Gregory
7.Grooveyard
8.Dearest Dear

●上記輸入盤LPは下記サイトにて好評販売中!
http://diskunion.net/portal/ct/detail/PGR-1137




Posted by uncledog at 12:25:51Comments(0)TrackBack(0) │ROOTS CLASSICS ON VINYL
素晴らしき音楽との出会い TOP

◆ROOTS CLASSICS ON VINYL VOL.2◆

2017-12-07

20559.jpg ◆ROOTS CLASSICS ON VINYL VOL.2◆

LUCINDA WILLIAMS/RAMBLIN' ON MY MIND(FOLKWAYS RECORDS/31066/LP/0646315006612)

祝、フォークウェイズ・レコーズ(スミソニアン・フォークウェイズ)70周年!!

2018年にフォークウェイズ・レコーズ(スミソニアン・フォークウェイズ)が70周年を迎える。同レーベルからのメールによれば数多くのアナログ盤LPの再発計画があるようなので今から楽しみだ。

そのフォークウェイズ・レコーズから1978年にデビュー・アルバム(FTS 31066/LP)をリリースしたのがオルタナ・カントリーの女王から現代の米国を代表するシンガー・ソングライターとなったルシンダ・ウイリアムス。

その内容はロバート・ジョンソン、メンフィス・ミニー、ハンク・ウイリアムスのようなブルース、カントリー、フォークの巨人達の曲のカバーをメインとしたアメリカン・ルーツ・ミュージック・アルバムで、ルシンダ・ウイリアムスの原点を伺い知ることのできる興味深い作品です。

オリジナル盤LPが高額で取引されるようになってから久しいルシンダ・ウイリアムスのデビュー・アルバムですが、オリジナル同様とも言えるペイスト・オン・カバーかつ裏ジャケットへの折り返し仕様かつオリジナル盤に封入されていたブックレットも復刻されていますので完璧とも言える素晴らしい再発盤LPです。

ジャケット写真はウォーカー・エヴァンスが撮影した1936年のミシシッピ州、テュペロ郊外にある黒人住宅街の写真を使用したオリジナル盤LPのジャケットを復刻しています。

米国フォーク、シンガー・ソングライター、ブルース、ルーツ・ミュージック等が好きな方は要チェックです。

<SIDE 1>
1.Ramblin’ On My Mind (Robert Johnson)
2.Me and My Chauffeur (Memphis Minnie)
3.Motherless Children
4.Malted Milk Blues (Robert Johnson)
5.Disgusted
6.Jug Band Music
7.Stop Breakin’ Down (Robert Johnson)
8.Drop Down Daddy

<SIDE 2>
1.Little Darling Pal of Mine
2.Make Me Down a Pallet on Your Floor
3.Jambalaya
4.Great Speckled Bird
5.You’re Gonna Need that Pure Religion
6.Satisfied Mind

●上記輸入盤LPは下記サイトにて好評販売中!
http://diskunion.net/portal/ct/detail/07C1411




Posted by uncledog at 16:36:08Comments(0)TrackBack(0) │ROOTS CLASSICS ON VINYL
素晴らしき音楽との出会い TOP