素晴らしき音楽との出会い

1年に2万キロ以上もの旅をしながら出会った様々な素晴らしき音楽をつれづれなるままにご紹介。

 
 

BILL STAINES/SAME

2007-05-10

6959.jpg ●コラム:SSW(シンガー・ソングライター)

シンガー・ソングライターが団塊の世代を中心に今、再び静かなブームのようだ。

1970年代に日本のみで異常なブームとなったシンガー・ソングライター。世界的に見ればジェームス・テイラーやキャロル・キングの大ヒット曲や名盤がシンガー・ソングライターというジャンルのようなものを築いたと思うけど、日本でのブームはちょっとマニアックな部分が多かったように思う。

ジェシ・ウインチェスター、エリック・ジャスティン・カズ、ジェシ・デイビス、トニー・コジネック、ブルース・コバーン、カレン・ドルトン、サミー・ウォーカー、ジョン・サイモン、ピーター・ゴールウェイ、ボビー・チャールズ、ロッド・テイラー、ドン・ニックス、ダン・ペン等その当時人気の高かったアーティストをアット・ランダムに書き上げてみるとかなりの数に上る。

現在はCDで手軽に聞けるようになった名盤も多いし、当時は入手困難だったり、高額だったオリジナル盤LPもちょっと努力をすれば入手が可能になった。

そしてインターネットやグーグル等のおかげでアーティストやレコードに関する膨大な情報が入手できるようになったのは隔世の感がある。一方、今でもマニアの間でしか語られない名盤も少なくないと思う。

個人で手軽に情報が発信できる時代に隠れた名盤を墓場まで持っていくのは惜しいことなので静かなブームを呼んでいる今のうちに1枚でも多くの素晴らしいアルバムを紹介できたらと思い、この特集を思い立ちました。CD化した際には既存のSSWコーナーにてご紹介したします。

このコーナーで取り上げるアルバムはアンクル・ドッグが過去30年以上の間に出会った私的名盤、珍盤のため、人によっては駄盤かもしれませんがよろしかったらお付き合い下さい。倉庫から面白いアルバムを発見次第、少しづつ紹介していきたいと思います。

第一回はビル・ステインズが1972年にエヴォルーションからリリースした3rdアルバム「ビル・ステインズ」です。

BILL STAINES/SAME(EVOLUTION/3012/LP)

FOLK LEGACY、MINERAL RIVER、PHILO、RED HOUSE等から数多くのアルバムをリリースしてきたビル・ステインズが1972年にエヴォルーションからリリースした3rdアルバム「ビル・ステインズ」は私の知る限りSSWファンの心の琴線に触れる彼の最高傑作だと思う。

1966年にHERITAGE RECORDSからリリースしたデビュー・アルバム「BAG OF RAINBOW」と1967年にCHAMPLAIN RECORDSからリリースした2ndアルバム「SOMEBODY BLUE」は非常にレアなLPですが、SSWファン向けの内容ではなく、私にはつらい内容だったと記憶しています。

一方、ビルの全てのアルバムをよく聞いたわけではありませんが、「ビル・ステインズ」以外のアルバムはカントリーやフォーク的な内容が多く、ちょっとSSWファンには物足りないように記憶している。

さて1972年の名盤「ビル・ステインズ」に話を移しましょう。

1曲目の「オン・ザ・ロード・アゲイン」はリチャード・グリーンのバイオリンをフィーチャーした軽快な作品で名盤の幕開けを予感させてくれます。作曲とベースはプロデューサーのジョン・ナージが担当。

もの静かなオルガンのソロに導かれてビルが語りかけるように唄う2曲目の「ベツレヘム PA」はまるでトム・ヤンスかと見間違うような優しさにあふれた名曲。この曲は多分、マーティン・マルのカバーだと思います。素晴らしいの一言!!

3曲目の「ジャニュアリー・スノウ」はビルのオリジナル作品。リチャード・グリーンの美しいバイオリンの調べとビルのハートウォーミングなボーカルが素晴らしいミッド・テンポの楽曲で、こんな曲を聞きながら美しい山や谷、川を展望台から眺めたらきっと至福の時が過ごせるのだろうとふと思った。

4曲目の「ハズ・エニワン・シーン・アリス」はハープ(ハーモニカ)のそこはかとなく美しい音色が心を打つ傑作。哀愁漂うマイナー調の楽曲、もの悲しいハープの調べ、落ち着いたセピア色のビルの唄声、静かなバッキング・ボーカル、これは日本人殺しの1曲です。素晴らしすぎます。

B面の1曲目の「ライ・ウイスキー・ジョー」はまるでジェリー・ジェフ・ウォーカーのように皆で楽しく歌おう!!といった感じのヒューマン・ソングで聞く者に元気を与えてくれます。

あまりにも素晴らしいアルバムのためこのくらいにとどめておきたいと思いますが、残念ながら未CD化です。CD化した際にはすぐにご紹介いたします。

<SIDE 1 >
1.ON THE ROAD AGAIN(JANE NAGY)
2.BETHLEHEM PA.(M.MULL)
3.JANUARY SNOW(B.STAINES)
4.HAS ANYONE SEEN ALICE(C.HORNING)
5.GYPSY'S SONG(B.STAINES)
6.MUSIC BOX(B.STAINES)

<SIDE 2>
1.RYE WHISKEY JOE(B.STAINES)
2.I JUST CAN'T SLEEP WITHOUT YOU(M.MULL)
3.I MUST BE GOING HOME(B.STAINES)
4.MEXICO WAY(B.STAINES)
5.KENTUCKY MOONSHINER(ARR. BY B.STAINES)

●ビル・ステインズのウェッブサイトは下記です。
http://www.acousticmusic.com/staines/

●上記LP「BILL STAINES」やSSWのCD及びLPをディスクユニオン新宿ルーツ&トラディショナル館では高価買取しております。

詳細に関しては下記店舗までお問合せ下さい。
http://diskunion.net/shop/shop_info.php?shop_id=shinjuku_roots



Posted by uncledog at 18:20:19Comments(0)TrackBack(1) │COLUMN:SSW
素晴らしき音楽との出会い TOP