素晴らしき音楽との出会い

1年に2万キロ以上もの旅をしながら出会った様々な素晴らしき音楽をつれづれなるままにご紹介。

 
 

PAUL YANDELL/DRIVE ON

2006-09-12

4814.jpg PAUL YANDELL/DRIVE ON(CD)

1975年以来チェット・アトキンスのサイド・ギターマンとして数多くの名盤のレコーディングに参加してきたギターリスト、ポール・ヤンデルが自主制作盤で新作「ドライブ・オン」をリリースした。

ジャケットのような広大な田舎道(ラスベガスからソルトレイク・シティまでドライブした時はこんな景色だったように記憶している)をドライブしながら聞くには最適な気持ちの良いギター・インスト・アルバムだ。

1.FOLSOM PRISON BLUES
2.YOU BELONG TO ME
3.RAINBOW
4.BLUE DRAG
5.C/J RAMBLE
6.SHAVORANA
7.BELLS OF ST.MARY'S
8.WHAT IS THIS THING CALLED LOVE
9.SUGARFOOT RAG
(IN MEMORY OF HANK GARLAND AND ODELL MARTIN)
10.GEORGIA ON MY MIND

●上記CDは新宿ルーツ&トラディショナル館にて好評販売中!

●上記CDは通販にて好評販売中!



Posted by uncledog at 19:21:32Comments(0)TrackBack(0) │CRAZY ABOUT THE CAR
素晴らしき音楽との出会い TOP

DAROL ANGER & MIKE MARSHALL/DUO

2006-07-28

4294.jpg DAROL ANGER & MIKE MARSHALL/DUO(ROUNDER/CD)

久々の車ジャケは1982年にダロル・アンガー(フィドル)とマイク・マーシャル(マンドリン)がリリースしたデュオ・アルバム、「ザ・デュオ」。

ジャズ、ブルーグラス、フォーク他、幅広い音楽をブレンドした作品です。

チャーリー・パーカーの「ドナ・リー」をカバーしています。



Posted by uncledog at 06:02:31Comments(0)TrackBack(0) │CRAZY ABOUT THE CAR
素晴らしき音楽との出会い TOP

ALBERT LEE./ROAD RUNNER

2006-06-07

3849.jpg ALBERT LEE/ROAD RUNNER(SUGAR HILL/CD)

ギターの名手としてカントリー・ロック等のファンに有名なアルバート・リーの新作「ロード・ランナー」(4/18/06発売)。

ご機嫌で楽しくわきあいあいとした唄入りのアルバムです。ペダル・スティール・ギターの名手、バディー・エモンズが参加。これも新たな車ジャケだ。

1.Road Runner(I'm A)
2.I'll Stop Loving You
3.Rock Of Your Love
4.Julie's House
5.Didn't Start Livin'
6.Moon Is A Harsh Mistress
7.Livin' It Down
8.Working On Love
9.Payola Blues
10.Dimming Of The Day



Posted by uncledog at 08:42:23Comments(0)TrackBack(0) │CRAZY ABOUT THE CAR
素晴らしき音楽との出会い TOP

IMPRESSIONS/RIDIN' HIGH

2006-02-25

2750.jpg IMPRESSIONS/RIDIN' HIGH(ABC/545/LP)

インプレッションズが1966年にリリースしたアルバムには2台のコルベット・スティングレーにはさまれて名車、コブラが写っていた。

これは私にとって究極の名車である。子供の頃に見た映画「激走5000キロ」というアメリカ大陸を車で横断して誰が早いかを競う映画だったと記憶しているが、その主人公的な車がこの真っ赤なコブラだった。

蛇のコブラを想起させるような美しいフォルムはため息が出るほどだ。レプリカだとは思うが、ごくたまにフリーウェイを走っているのを見かける。死ぬ前にはゲットしたいな。無理か?



Posted by uncledog at 16:08:50Comments(0)TrackBack(0) │CRAZY ABOUT THE CAR
素晴らしき音楽との出会い TOP

MICHAEL SCHENKER GROUP/BUILT TO DESTROY

2006-02-25

2749.jpg MICHAEL SCHENKER GROUP/BUILT TO DESTROY
(CHRYSALIS/LP)

1983年にマイケル・シェンカー・グループがリリースしたアルバム「ビルト・トゥ・デストロイ」のジャケットでフライングVで壊している車はベンツだったのが印象的なアルバム。

マイケル・シェンカーは昔、西部球場で開催されたヘビーメタルの大イベント(当事ビデオもリリースされた)のとりで見たことがある。駆け出しの頃のボン・ジョビも出演していた。

マイケル・シェンカーがいた頃のスコーピオンズとか好きだな。



Posted by uncledog at 15:54:05Comments(0)TrackBack(0) │CRAZY ABOUT THE CAR
素晴らしき音楽との出会い TOP

HOT TUNA/BURGERS

2006-02-25

2748.jpg HOT TUNA/BURGERS(GRUNT/LP)

1972年にリリースされたホット・ツナのアルバム「バーガーズ」。メンバーは元ジェファーソン・エアプレーンのヨーマ・コウコネンとジャック・キャサディ。

ホット・ツナのウェッブサイトは下記です。
http://www.hottuna.com/

ヨーマのウェッブサイトは下記です。
http://www.jormakaukonen.com/

ジャック・キャサディのウェッブサイトは下記です。
http://jackcasady.com/



Posted by uncledog at 15:38:43Comments(0)TrackBack(0) │CRAZY ABOUT THE CAR
素晴らしき音楽との出会い TOP

DAVE CLARK FIVE CATCH US IF YOU CAN

2006-02-25

2747.jpg DAVE CLARK FIVE/CATCH US IF YOU CAN
(COLUMBIA/LP)

1965年にリリースされたデイヴ・クラーク・ファイヴのアルバムにはジャガーEタイプの名車が写っていた。ビートルズやシャドウズ等と並んで人気の高いイギリスのグループだ。



Posted by uncledog at 15:30:01Comments(0)TrackBack(0) │CRAZY ABOUT THE CAR
素晴らしき音楽との出会い TOP

STONEGROUND/BAD MACHINES AND LIMOUSINES

2006-02-25

2746.jpg STONEGROUND/BAD MACHINES AND LIMOUSINES(CD)

1970年にサンフランシスコで結成されたバンド、ストーングラウンドの後期のアルバム「バッド・マシーンズ・アンド・リムジンズ」。昔、スウィートウオーターのLP等と一緒にカット盤LPで見かけたのを思い出しました。そーだ、このアルバムも車ジャケだった。

1.Rock N Roll Guitars
2.Too Much Money
3.Fool For Your Love
4.Bad As You
5.East Coast West Coast



Posted by uncledog at 06:44:23Comments(0)TrackBack(0) │CRAZY ABOUT THE CAR
素晴らしき音楽との出会い TOP

BLUE JUG/BLUE JUG BAND

2006-02-24

2737.jpg BLUE JUG/BLUE JUG BAND(ARIOLA/LP)

サザン・ロック・バンド、ブルー・ジャグが1978年にリリースした2ndアルバム。前作はカプリコーンからリリースした「BLUE JUG」でどちらもアメリカン・ロックのマニアには知られたアルバム。ザ・バンドのファンにお薦め。



Posted by uncledog at 03:21:29Comments(2)TrackBack(0) │CRAZY ABOUT THE CAR
素晴らしき音楽との出会い TOP

DANNY GATTON/CRUISIN' DEUCES

2006-02-23

2730.jpg DANNY GATTON/CRUISIN' DEUCES(ELEKTRA/CD)

人気ギターリスト、故ダニー・ガットンが1993年にリリースしたアルバム「クルージン・デューシズ」。

1. Funhouse
2. Sun Medley: Mystery Train / My Baby Left Me / That's All Right
3. Harlem Nocturne
4. Thirteen Women
5. Sky King
6. Beat Of The Night
7. So Good
8. It Doesn't Matter Anymore
9. Puddin' And Pie
10. Tragedy
11. Cruisin' Duece
12. Satisfied Mind



Posted by uncledog at 17:54:23Comments(0)TrackBack(0) │CRAZY ABOUT THE CAR
素晴らしき音楽との出会い TOP

MERL SAUNDERS/KEEPERS

2006-02-21

2709.jpg MERL SAUNDERS AND FRIENDS/KEEPERS
(FANTASY/FCD-7712/CD)

1997年にリリースされたマール・サンダースの70年代半ばまでの未発表音源をメインに収録されたお宝音源集。グレイトフル・デッドのジェリー・ガルシア、マイケル・ブルームフィールドデビッド・グリスマン他が参加。

1.Mystery Train
2.That's All Right
3.I Was Made to Love Her
4.Gee Baby, Ain't I Good to You
5.Iron Horse
6.Little Bit of Righteousness
7.Wondering Why
8.Keepers
9.She's Got Charisma
10.La-La
11.Georgia on My Mind
12.M.S.
13.Bolinas Brown



Posted by uncledog at 05:11:24Comments(0)TrackBack(0) │CRAZY ABOUT THE CAR
素晴らしき音楽との出会い TOP

MERL SAUNDERS/SAME

2006-02-21

2708.jpg MERL SAUNDERS/SAME(FANTASY/LP)

グレイトフル・デッドと親交の深いオルガン奏者、マール・サンダースが1973年にリリースした3rdアルバム。

サンフランシスコのヘイト・ストリートフリー・フェスティバルで彼のライブを見たことがあるがファンキーで素晴らしかった。

マール・サンダースのウェッブサイトは下記です。
http://www.merlsaunders.com/

1.Aunt Monk
2.It's Cheaper To Keep Her
3.Wondering Why
4.Easy Evil
5.Bolinas Brown
6.Ain't No Woman Like The One I Got
7.When I Die
8.Righteousness



Posted by uncledog at 04:56:10Comments(0)TrackBack(0) │CRAZY ABOUT THE CAR
素晴らしき音楽との出会い TOP

MACKEY FEARY & NITE LIFE/SAME

2006-02-20

2680.jpg MACKEY FEARY & NITE LIFE/SAME
(SEA-WEST/SWLP 8064/HAWAII/LP)

1983年にハワイでリリースされたマッキー・フェアリー&ナイト・ライフのアルバムには白いリムジンが写っていた。

1曲目の「ストップ・ラニング・フロム・ラヴ」を聞いただけでグルーブされてしまう極上のAORの名盤だ。昔、日本盤LPでリリースされた時はイラストのジャケットでしたが、今は素晴らしいオリジナル・ジャケット仕様の日本盤CDでクール・サウンドからリリースされています。

<SIDE A>
1.Stop Running From Love
2.Marci
3.Don't Change Your Mind Tonight
4.Such Hot Stuff
5.You,In My Life

<SIDE B>
1.Biggest Part Of Me
2.Love Is Blind
3.I Will Always Be For You
4.Love Is On My Mind
5.Apartment #703

*CD ボーナス・トラック:MARCI
(Marci Music Remix)



Posted by uncledog at 18:49:17Comments(0)TrackBack(0) │CRAZY ABOUT THE CAR
素晴らしき音楽との出会い TOP

J.HENRY BURNETT/THE B-52 BAND & THE FABULOUS SKYLARKS/SAME

2006-02-19

2676.jpg J.HENRY BURNETT/THE B-52 BAND & THE FABULOUS SKYLARKS(UNI/LP)

T-ボーン・バーネットが1972年に米国のUNIからリリースしたデビュー・アルバム。プロデュースはダニエル・ムーア。スワンプ的な内容です。オリジナルは高価。

T-ボーン・バーネットはボブ・ディランから伝説のローリング・サンダー・レビューのギターリストとして指名を受けた人物でもあります。



Posted by uncledog at 15:17:07Comments(0)TrackBack(0) │CRAZY ABOUT THE CAR
素晴らしき音楽との出会い TOP

WILLIE NELSON/WORDS DON'T FIT THE PICTURE

2006-02-19

2673.jpg WILLIE NELSON/THE WORDS DON'T FIT THE PICTURE
(RCA/LSP 4653/LP)

カントリー・シンガー、ウイリー・ネルソンが1972年にリリースしたアルバムにはロールス・ロイスが写っていた。

車ジャケは数多くリリースされてきたが、いざ探すとなると良いジャケを見つけるのは以外に困難である。しかし、思いがけない作品に出会うこともできるのが楽しみの一つである。

ジャケ買いも日常生活のささやかな冒険としてたまにトライしてみて素晴らしいアルバムに出会った時のうれしさは格別である。なぜならばジャケ買いをしなかったらきっと一生手にすること、耳にすることがなかったからである。外した時はショックだが、これも冒険のリスクか?



Posted by uncledog at 05:47:10Comments(0)TrackBack(0) │CRAZY ABOUT THE CAR
素晴らしき音楽との出会い TOP

MICK SOFTLEY/SUNRISE

2006-02-14

2604.jpg MICK SOFTLEY/SUNRISE(CBS/S 64098/UK/LP)

1970年にリリースされたイギリスのフォーク・シンガー、シンガー・ソングライター、ミック・ソフトリーのレアな2ndアルバム、「サンライズ」。



Posted by uncledog at 04:16:15Comments(0)TrackBack(0) │CRAZY ABOUT THE CAR
素晴らしき音楽との出会い TOP

TEMPLETON TWINS/TRILL IT LIKE IT WAS

2006-02-13

2591.jpg TEMPLETON TWINS/TRILL IT LIKE IT WAS(VAULT/LP)

1973年にテンプルトン・ツインズがリリースしたアルバム。テンプルトン兄弟がドアーズやビートルズ等の名曲を1930年代のビッグバンド風に料理した名盤。

このアルバムが日本のEMレコーズからCD化された時は驚きました。実は私はアメリカ盤と日本盤LPを昔購入して楽しんでいましたが、まさかCD化されるとは思いませんでしたね。素晴らしいことです。
時代的にジャネット・クラインが好きな方にもお薦め。

1.Light My Fire
2.MacArthur Park
3.Yesterday
4.Spinning Wheel
5.Can't Take My Eyes Off Of You
6.Something
7.By The Time I Get To Phoenix
8.Hey Jude
9.Our Way
10.Ooh, Ooh, Guru
11.Everybody's Talkin'




Posted by uncledog at 04:36:42Comments(0)TrackBack(0) │CRAZY ABOUT THE CAR
素晴らしき音楽との出会い TOP

YAHOWA 13/SAVAGE SONS OF YAHOWA

2006-02-12

2589.jpg YAHOWA 13/SAVAGE SONS OF YAHOWA

キャプテン・トリップ・レコードからグレイトなボックス・セットがリリースされているヤホワ13のアルバムの中の1枚には白いロールス・ロイスが写っていた。

このヤホワ13にはサイケのファンには有名なシーズのメンバー、スカイ・サクソンがいた。



Posted by uncledog at 16:41:54Comments(0)TrackBack(0) │CRAZY ABOUT THE CAR
素晴らしき音楽との出会い TOP

HARRY NILSSON/SINGS RANDY NEWMAN

2006-02-12

2588.jpg HARRY NILSSON/SINGS RANDY NEWMAN(RCA/LP)

1970年にハリー・ニルソンがリリースしたランディー・ニューマン作品集。

ハリー・ニルソンのウェッブサイトは下記です。
http://www.harrynilsson.com/

1. Vine Street
2. Love Story
3. Yellow Man
4. Caroline
5. Cowboy
6. Beehive State, The
7. I'll Be Home
8. Living Without You
9. Dayton, Ohio 1903
10. So Long Dad



Posted by uncledog at 14:13:32Comments(0)TrackBack(0) │CRAZY ABOUT THE CAR
素晴らしき音楽との出会い TOP

SUSAN WEBB/BYE-BYE PRETTY BABY

2006-02-12

2587.jpg SUSAN WEBB/BYE-BYE PRETTY BABY(ARISTA/LP)

1975年にリリースされたジミー・ウェッブの妹、スーザン・ウェッブの唯一と思われるソロ・アルバム。

ジェシ・エド・デイビス、ジム・ゴードン、アルバート・リー、ジム・ケルトナー他、豪華メンバーが参加した女性シンガーの隠れた名盤だと私は思う。



Posted by uncledog at 13:50:02Comments(0)TrackBack(0) │CRAZY ABOUT THE CAR
素晴らしき音楽との出会い TOP

JIM MESSINA/WATCHING THE RIVER RUN

2006-02-11

2582.jpg JIM MESSINA/WATCHING THE RIVER RUN(RIVER NORTH/CD)

ロギンス&メッシーナの片割れ、ジム・メッシーナの1996年のソロ・アルバム。

ジム・メッシーナのウェッブサイトは下記です。
http://www.jimmessina.com/

1.Follow Your Dreams
2.Watching The River Run
3.Whispering Waters
4.Mexican Minutes
5.Listen To A Country Song
6.Child's Claim To Fame
7.Kind Woman
8.You Better Think Twice
9.Your Mama Don't Dance
10.Angry Eyes, Peace Of Mind



Posted by uncledog at 17:48:18Comments(0)TrackBack(0) │CRAZY ABOUT THE CAR
素晴らしき音楽との出会い TOP

JERRY DOUGLAS/EVERYTHING IS GONNA WORK OUT FINE

2006-02-11

2580.jpg JERRY DOUGLAS/EVERYTHING IS GONNA WORK OUT FINE
(RONUDER/CD)

ドブロ・ギターの名手、ジェリー・ダグラスが1992年にリリースしたアルバム。べラ・フレック、トニー・ライス、リッキー・スキャッグス他が参加。

1. Fluxology
2. Randy Lynn Rag
3. Bill Cheatham
4. C-Biscuit
5. Wheel Hoss
6. Alabam'
7. Dixie Hoedown
8. Red Bud Rag
9. Blues For Vickie
10. Nite Crawler
11. Tennessee Fluxedo
12. Sunny Skies
13. Intro
14. Tell Her Lies (And Feed Her Candy)
15. Birth Of The Blues
16. Cincinnati Rag
17. Panhandle Rag
18. Ben Dewberry's Final Run
19. I Think It's Gonna Work Out Fine






Posted by uncledog at 09:45:14Comments(0)TrackBack(0) │CRAZY ABOUT THE CAR
素晴らしき音楽との出会い TOP

ROLAND WHITE/I WASN'T BORN TO ROCK'N'ROLL

2006-02-11

2579.jpg ROLAND WHITE/I WASN'T BORN TO ROCK'N'ROLL
(RIDGE RUNNER/5/LP)

バーズのギターリストだった人気ギターリスト、クラレンス・ホワイトのお兄さん、ローランド・ホワイトのソロ・アルバムには古い車が写っていた。

ローランド・ホワイトのウェッブサイトは下記です。
http://www.rolandwhite.com/



Posted by uncledog at 08:34:55Comments(0)TrackBack(0) │CRAZY ABOUT THE CAR
素晴らしき音楽との出会い TOP

ELIZABETH MITCHELL/YOU ARE MY FLOWER

2006-02-11

2576.jpg ELIZABETH MITCHELL/YOU ARE MY FLOWER
(COMPASS TONE RECORDS/CT-0002/CD)

NYのバンド、アイダの女性ボーカリスト、エリザベス・ミッチェルがパートナーのダニエル・リトルトンとのデュエット形式でアメリカン・ルーツ・ミュージックを唄ったソロ・アルバム(1998年リリース/LAST AFFAIR/US/CD)。

米国では子供向けのアルバム(CHILDREN SONGS)が昔から数多くリリースされており、レコード店にはチルドレン・コーナーが必ず設けてあるが、この作品もきっとその中の名盤の1枚として愛聴されていくことだろう。

カブトムシ(ワーゲン)が大きく写っていたのが印象的な素晴らしいアルバムだ。

1 This Little Light of Mine
2 You Are My Flower
3 John the Rabbit
4 One Day,Two Days,Three Days Old
5 Freight Train
6 Shoo-Fly
7 Little Sack of Sugar
8 Rock & Roll
9 Jingle Bells
10 Lovers Lane
11 Sylvie
12 Pony Boy
13 Don't Eat the Microphone *
14 Hey! *
15 Marshmallow *
16 There Are So Many Songs *
*は日本盤のみのボーナス・トラック



Posted by uncledog at 04:17:25Comments(0)TrackBack(0) │CRAZY ABOUT THE CAR
素晴らしき音楽との出会い TOP

BUDDY RICH/ROAR OF '74

2006-02-11

2574.jpg BUDDY RICH/ROAR OF '74(GROOVE MERCHANT/LP)

1974年にグルーブ・マーチャントからリリースされた天才ジャズ・ドラマー、バディー・リッチのビッグバンド・ジャズの名盤「ロアー・オブ・74」はクラブ・シーンで人気の高いアルバムですが、ストック・カー・レース仕様の車に乗ったバディー・リッチのジャケットも印象的な作品。ドライブ感あふれる素晴らしいドラムが聞けます。

1.Nutville
2.Kilimanjaro Cookout
3.Big Mac
4.Backwoods Sideman
5.Time Check
6.Prelude To A Kiss
7.Waltz Of The Mushroom Hunters
8.Senator Sam



Posted by uncledog at 03:07:26Comments(0)TrackBack(0) │CRAZY ABOUT THE CAR
素晴らしき音楽との出会い TOP

BOBBY HUTCHERSON/CRUISIN' THE BIRD

2006-02-10

2566.jpg BOBBY HUTCHERSON/CRUISIN' THE BIRD

人気の高いジャズのバイブ奏者、ボビー・ハッチャーソンが1988年にリリースしたアルバム「クルージン・ザ・バード」のジャケットには大型のコンバーティブルが写っていた。

1. All Or Nothing At All
2. Cruisin' The Bird
3. Sierra
4. If You Do
5. Imminent Treasures
6. Chelsea Bridge
7. Come Rain Or Come Shine
8. On The Delta



Posted by uncledog at 10:00:31Comments(0)TrackBack(0) │CRAZY ABOUT THE CAR
素晴らしき音楽との出会い TOP

BILL WATROUS & CARL FONTANA/SAME

2006-02-09

2557.jpg BILL WATROUS & CARL CARL FONTANA/SAME
(ATLAS RECORD/JAPAN/LP)

1984年に日本のアトラス・レコードからリリースされたビル・ワトラスとカール・フォンタナのアルバムには真っ赤なルノーのターボが写っていたのが印象的だった。良い車だ。



Posted by uncledog at 03:55:32Comments(0)TrackBack(0) │CRAZY ABOUT THE CAR
素晴らしき音楽との出会い TOP

BLUE OYSTER CULT/ON YOUR FEET OR ON YOUR KNEES

2006-02-03

2496.jpg BLUE OYSTER CULT/ON YOUR FEET OR ON YOUR KNEES
(SONY/CD)

ブルー・オイスター・カルトが1990年にリリースした「オン・ユア・フィート・オア・オン・ユア・ニーズ」には大きなリムジンが写っていた。

1.Subhuman
2.Harvester of Eyes
3.Hot Rails to Hell
4.Red and the Black
5.7 Screaming Diz-Busters
6.Buck's Boogie
7.Then Came the Last Days of May
8.Cities on Flame With Rock & Roll
9.Me 262
10.Before the Kiss, a Redcap
11.Maserati GT (I Ain't Got You)
12.Born to Be Wild



Posted by uncledog at 12:31:46Comments(0)TrackBack(0) │CRAZY ABOUT THE CAR
素晴らしき音楽との出会い TOP

DAN PENN/DO RIGHT MAN

2006-02-02

2476.jpg DAN PENN/DO RIGHT MAN(WARNER/CD)

この車ジャケ・コーナーを気に入ってくれて応援してくれている友人よりダン・ペンの「ドゥー・ライト・マン」(1994年リリース)のジャケットにも車が写っていると教えてくれた。ちょっとわかりずらいけどダン・ペンの後ろには確かに古いアメ車が写っている。

このアルバムは久々の新譜だったし、私の大好きな「ダーク・エンド・オブ・ザ・ストリート」から始まるのもポイントが高い。

参加アーティストも盟友のスプーナー・オールドハムの他、レジー・ヤング、デルバート・マクリントン、ロジャー・ホーキンス、デビッド・フッド等充実の面々である。

1.The Dark End of the Street
2.Cry Like a Man
3.It Tears Me Up
4.You Left the Water Running
5.Do Right Woman, Do Right Man
6.Memphis Women and Chicken
7.Zero Willpower
8.He'll Take Care of You
9.I'm Your Puppet
10.Where There's a Will There's a Way



Posted by uncledog at 03:03:07Comments(0)TrackBack(0) │CRAZY ABOUT THE CAR
素晴らしき音楽との出会い TOP

GUESS WHO/SO LONG BANNATYNE

2006-02-01

2466.jpg GUESS WHO/SO LONG BANNATYNE(RCA/LP)

カナダを代表するロック・バンド、ゲス・フーが1971年にリリースしたアルバムには大型のアメ車が写っていた。昔、FENで大ヒット曲「アメリカン・ウーマン」がかかっていたことを思い出す。

カナダはロニー・ホーキンスやザ・バンド、バックマン・ターナー・オーバードライヴ等数多くのロック・アーティストを産み出した国であるが、このゲス・フーもカナダから飛び出て1970年代には世界的に注目されたバンドで、今でもファンは多い。



Posted by uncledog at 02:53:03Comments(0)TrackBack(0) │CRAZY ABOUT THE CAR
素晴らしき音楽との出会い TOP

ERIC CLAPTON WITH B.B.KING/RIDING WITH THE KING

2006-01-30

2439.jpg ERIC CLAPTON WITH B.B.KING/RIDING WITH THE KING(CD)

ロック界の音楽神様、エリック・クラプトンとブルース界の音楽神様、B.B.キングの競演アルバム。黒いキャディラックのコンバーティブルを運転するクラプトンと偉い人が座る後部座席に貫禄のあるキングが座っているナイスな車ジャケである。

1.Riding With The King
2.Ten Long Years
3.Key To The Highway
4.Marry You
5.Three O'Clock Blues
6.Help The Poor
7.I Wanna Be
8.Worried Life Blues
9.Days Of Old
10.When My Heart Beats Like A Hammer
11.Hold On I'm Coming
12.Come Rain Or Come Shine



Posted by uncledog at 05:21:48Comments(0)TrackBack(0) │CRAZY ABOUT THE CAR
素晴らしき音楽との出会い TOP

DELANEY & BONNIE & FRIENDS/ON TOUR

2006-01-30

2438.jpg DELANEY & BONNIE & FRIENDS
/ON TOUR WITH ERIC CLAPTON(ATCO/SD33-326/LP)

1970年にリリースされたデラニー&ボニー&フレンズのアルバムには古い車が大きく写っていた。エリック・クラプトンが参加した名盤である。

今から約15年以上前に仲間うちでこのアルバムに見開きジャケットが存在するか否かで大激論になったことがあった。

最終的にわかったことは日本盤オリジナル盤は発売元が日本グラモフォンで、このレーベルからリリースされたアルバムは見開きジャケットであった。まあ、ジャケットの内側に日本語ライナーノーツが記載されていただけではあったが。コレクターやマニアはちょっとしたことでも大騒ぎになってしまう。そんな騒動が終わった後、私も無事に見開きジャケットを入手できたので満足に終わった。

1.Things Get Better
2.Poor Elijah - Tribute to Johnson
3.Only You Know and I Know
4.I Don't Want to Discuss It
5.That's What My Man Is For
6.Where There's a Will There's a Way
7.Comin' Home
8.Little Richard Medley: Tutti-Frutti/The Girl Can't Help It/Long Tall Sally



Posted by uncledog at 05:02:53Comments(0)TrackBack(0) │CRAZY ABOUT THE CAR
素晴らしき音楽との出会い TOP

JERRY LYNN WILLIAMS/THE ORIGINAL FOREVER MAN

2006-01-28

2424.jpg JERRY LYNN WILLIAMS/THE ORIGINAL FOREVER MAN(CD)

エリック・クラプトンのヒット曲「フォーエヴァー・マン」を作曲したシンガー・ソングライター、ジェリー・リン・ウイリアムスが2001年にリリースしたソロ・アルバム。

クラプトンが彼の楽曲をアルバム「ジャーニー・マン」で数曲もとりあげたのでお金持ちになって高級車を乗りまわせるようになったのでしょうか?

1972年にリリースしたスワンプ系のデビュー・アルバムにはロン毛のシンガー・ソングライター然りとした素朴な彼の写真が写っていましたのでこのアルバムのジャケットを最初に見たときは別人かと思いましたね。



Posted by uncledog at 09:58:30Comments(3)TrackBack(0) │CRAZY ABOUT THE CAR
素晴らしき音楽との出会い TOP

WARD 6/SAME

2006-01-27

2399.jpg WARD 6/SAME(CYNDA/CANADA/LP)

カナダのフォーク・ロック・トリオ、ワード 6が1971年にリリースしたアルバム。

ティム・ハーディンのカバー「リーズン・トゥ・ビリーヴ」やジョン・レノンの「アイヴ・ジャスト・シーン・ア・フェイス」を収録。



Posted by uncledog at 06:14:38Comments(0)TrackBack(0) │CRAZY ABOUT THE CAR
素晴らしき音楽との出会い TOP

BARNEY WILEN/AUTO JAZZ

2006-01-22

2324.jpg BARNEY WILEN/AUTO JAZZ:TRAGIC DESTINY OF LORENZO BANDINI(MPS/GER/MPS15164ST/LP)

1968年にリリースされたバルネ・ウィランのアルバム「オート・ジャズ」は事故で惜しくも他界したレーサー、ロレンゾ・バンディニを追悼して吹き込んだアルバム。

このアルバムを初めて聞いたのは荻窪グッドマンというジャズのライブハウス。レーシングカーのエグゾーストノートがけたたましく聞こえてきた後、もの悲しいバルネ・ウィランのテナー・サックスがその後を追うように聞こえてくる素晴らしいアルバムだった。

日本盤初回プレスは見開きジャケット、再発盤はシングル・ジャケット。しかし、ドイツのオリジナル盤はコーティングを施した見開きジャケットである。幾年もの歳月をかけてオリジナル盤を入手した思い出深いアルバムでもある。



Posted by uncledog at 18:12:07Comments(0)TrackBack(0) │CRAZY ABOUT THE CAR
素晴らしき音楽との出会い TOP

DOUG LEGACY/HEY YOU!

2006-01-22

2323.jpg DOUG LEGACY AND THE LEGEND OF THE WEST/HEY YOU!
(SOME PUN'KINS/SP2001/LP)

ダグ・レガシーが1988年にリリースしたデビュー・アルバムには大型のアメ車のコンバーティブルが写っていた。

ライ・クーダーヴァン・ダイク・パークス、デヴィッド・リンドレー、ホルへ・カルデロン、ボニー・レイットトッド・ラングレン他、豪華メンバーが参加。

1.Right Now Man
2.Yardwork
3.Hey You!
4.Pool Shark
5.Get It
6.Monkey See
7.Big House
8.Christmas In Prison
9.Tremblin'
10.Yodi II
11.Somethin' Else



Posted by uncledog at 13:56:35Comments(0)TrackBack(0) │CRAZY ABOUT THE CAR
素晴らしき音楽との出会い TOP

THE CITY/NOW THAT EVERYTHINGS' BEEN SAID

2006-01-22

2322.jpg THE CITY/NOW THAT EVERYTHINGS' BEEN SAID
(ODE/LP)

キャロル・キングがダニー・コーチマー、チャールズ・ラーキーと組んでリリースしたシティの唯一のアルバムには廃車が写っていた。

私がこのアルバムを初めて見たのは約20年以上前の都内の輸入盤店のカット盤コーナーだったと思う。非買品で買えなかったが、そのジャケットはモノクロだった。後にオリジナル盤を購入した時のジャケットはカラーだった。モノクロのジャケットは2ndプレスという説もあったがブートレグのようだ。

とにかく素晴らしい内容でキャロルの作品の中でも究極の名盤「つづれおり」に次いで好きなアルバムだ。

キャロル・キングのウェッブサイトは下記です。
http://www.caroleking.com/

1.Snow Queen
2.I Wasn't Born To Follow
3.Now That Everything's Been Said
4.Paradise Alley
5.Man Without A Dream
6.Victim Of Circumstance
7.Why Are You Leaving
8.Lady
9.My Sweet Home
10.I Don't Believe It
11.That Old Sweet Roll (Hi-De-Ho)
12.All My Time




Posted by uncledog at 13:35:27Comments(0)TrackBack(0) │CRAZY ABOUT THE CAR
素晴らしき音楽との出会い TOP

CARPENTERS/NOW AND THEN

2006-01-22

2320.jpg CARPENTERS/NOW AND THEN(A&M/CD)

中学生の時によく聞いたカーペンターズのアルバムであり、3面見開きの豪華ジャケット仕様に写っていた真っ赤なクーペにアメリカを感じたものだった。

当事はLPレコードは高価な存在だったので中学生の身分ではとても買えなかったのでシングルカットされた「イエスタデイ・ワンス・モア」を買った。LPはリッチ(?)な友人に借りて聞いたり、放送部の私の番組でオンエアした。

なにしろ遠足のお菓子の予算は100円まで、果物は予算外で持参OKの時代である。隔世の感がありますね、今では。

1. Sing
2. This Masquerade
3. Heather
4. Jambalaya (On The Bayou)
5. I Can't Make Music
6. Yesterday Once More
7. Fun, Fun, Fun
8. The End Of The World
9. Da Doo Ron Ron (When He Walked Me Home)
10. Deadman's Curve
11. Johnny Angel
12. The Night Has A Thousand Eyes
13. Our Day Will Come
14. One Fine Day
15. Yesterday Once More (Reprise)



Posted by uncledog at 13:00:00Comments(0)TrackBack(0) │CRAZY ABOUT THE CAR
素晴らしき音楽との出会い TOP

DOMENIC TROIANO/TRICKY

2006-01-10

2113.jpg DOMENIC TROIANO/TRICKY(MERCURY/US/SRM 1670/LP)

カナダのギター・ヒーロー、ドメニック・トロイアーノが1973年にリリースしたソロ・アルバム。

惜しくも2005年に癌で他界したが、彼はマンダラ、ブッシュを経てジェームズ・ギャングに参加した。

ジェームズ・ギャングには彼の他、後にイーグルスに参加して大成功を収めるギター・リスト、ジョー・ウォルシュやマニアにはゼファー、一般的にはディープ・パープルへの参加で有名になったトミー・ボーリンといったギター・ヒーローが在籍していたことでも知られる。

ドメニックはその後、ゲス・フーに参加し、後にソロ・アルバムを数枚リリース。今回掲載したアルバムは彼の作品中、最も見かけないLPだが、かなり古いクラシック・カーと共に写っているジャケがとても素敵だ。



Posted by uncledog at 11:37:46Comments(0)TrackBack(0) │CRAZY ABOUT THE CAR
素晴らしき音楽との出会い TOP

DANNY GATTON/88 ELMIRA ST.

2006-01-10

2111.jpg DANNY GATTON/88 ELMIRA ST.(ELEKTRA/CD)

ギターの名手として人気の高い故ダニー・ガットンが1991年にメジャー・レーベルからリリースしたアルバム。

アルバート・リージェームズ・バートンエイモス・ギャレット、数多くのギター・ヒーローに注目してきたけど、ダニーほど死後、人気が年々高くなってくるギター・ヒーローは珍しいかも。発売される枚数はジミ・ヘンドリックスにはかなわないが、生前より亡くなった後にリリースされたアルバムの方が多い点ではジミヘンに似ている。



Posted by uncledog at 00:59:01Comments(0)TrackBack(0) │CRAZY ABOUT THE CAR
素晴らしき音楽との出会い TOP

LORD SUTCH/LORD SUTCH & HEAVY FRIENDS

2006-01-09

2109.jpg LORD SUTCH/LORD SUTCH & HEAVY FRIENDS(COTILLION/LP)

レッド・ツェッペリンジミー・ペイジとジョン・ボーナムやジェフ・べック等の豪華ゲスト参加で大きな注目を浴びた、ロード・サッチが1970年にリリースしたデビュー・アルバムはイギリスの国旗を車全体に塗装したロールス・ロイスが写っていたことでも印象的で忘れられないアルバムだった。

レッド・ツェッペリン色の強いアルバムなのでツェッペリンのファンはもちろん、英国ブルース・ロック系のファンも要チェックな一枚だ。



Posted by uncledog at 06:04:41Comments(0)TrackBack(0) │CRAZY ABOUT THE CAR
素晴らしき音楽との出会い TOP

NEIL YOUNG/ON THE BEACH

2006-01-09

2108.jpg NEIL YOUNG/ON THE BEACH(REPRISE/LP)

ニール・ヤングが1974年にレコーディングしたアルバム「渚にて」のジャケットには砂に埋まった大きなアメ車のテールフィンのみが写っていたのがとても印象的だった。

このアルバムはニールが再発を望んでいなかったため、CD化にはかなりの歳月を要した。ゆえに中古市場で価格が高騰したのは有名な出来事。



Posted by uncledog at 05:50:08Comments(0)TrackBack(0) │CRAZY ABOUT THE CAR
素晴らしき音楽との出会い TOP

RY COODER/INTO THE PURPLE VALLEY

2006-01-09

2107.jpg RY COODER/INTO THE PURPLE VALLEY(REPRISE/LP)

ライ・クーダーが1972年にリリースした2ndアルバム「紫の峡谷」には大きなオープン・カーが写っていた。今でも大好きなアルバムの1枚。

オリジナル盤はうれしい見開きジャケット仕様だ。最近は見かけなくなってきたと思うのでまだお持ちでない方は見かけた時にゲットしておこう。気がついた時にはお宝価格というのも多いのが最近の状況だ。



Posted by uncledog at 05:39:13Comments(0)TrackBack(1) │CRAZY ABOUT THE CAR
素晴らしき音楽との出会い TOP

FREDDY ROBINSON/AT THE DRIVE-IN

2006-01-08

2104.jpg FREDDY ROBINSON/AT THE DRIVE-IN
(ENTERPRISE/ENS-1025/LP)

私の好きなソウル・ジャズ、ファンキー・ジャズのギターリスト、フレディー・ロビンソンが1972年にリリースした名盤「アット・ザ・ドライブイン」にはアメリカのドライブイン・シアターの写真が使用された。

日本でも昔、ドライブイン・シアターができたような話を聞いたがまだあるのだろうか?

ソウル・ジャズ、ファンキー・ジャズは今でも好きでバーナード・パーディー、ポール・ハンフリートゥルーディー・ピッツ、デビッド・T・ウォーカー等、集めたり聞いたりしている。

1.I Found My Soul Last Night
2.At The Drive-In
3.Wonder What It Is
4.Bluesology
5.It's The Real Thing Sweet Clara
6.Miss Black America
7.Creepin' Lightly



Posted by uncledog at 16:54:52Comments(0)TrackBack(0) │CRAZY ABOUT THE CAR
素晴らしき音楽との出会い TOP

LITTLE JUNIOR PARKER/DRIVING WHEEL

2006-01-08

2103.jpg LITTLE JUNIOR PARKER/DRIVING WHEEL(DUKE/DLP-76/LP)

私の好きなブルースマン、リトル・ジュニア・パーカーのデビュー・アルバム(1962年リリース)の激レアなオリジナル・ジャケットには大きなテールフィンのアメ車、キャディラックが写っていた。2ndジャケットはださいイラストに変わっていてがっくり。

このアルバムが、オランダ盤だったと記憶しているが、この素晴らしいオリジナル・ジャケットでCD化していたのをかなり前に発見。ディスクユニオン限定で私が日本語ライナー・ノーツを書き下ろし、帯もつけて販売した。私が初めてライナーを書いたアルバムでもあるので思い出深い一枚でもある。



Posted by uncledog at 16:37:01Comments(0)TrackBack(0) │CRAZY ABOUT THE CAR
素晴らしき音楽との出会い TOP

JUNIOR PARKER/LOVE AIN'T NOTHIN BUT A BUSINESS GOIN' ON

2006-01-08

2102.jpg JUNIOR PARKER
/LOVE AIN'T NOTHIN BUT A BUSINESS GOIN' ON
(GRROVE MERCHANT/LP)

私の好きなブルースマン、ジュニア・パーカーのアルバムには大きなアメ車が写っていた。

1. Love Ain't Nothin' But a Business Goin' On 2. Outside Man
3. Darling Depend on Me
4. Taxman
5. River's Invitation
6. (I Wonder) Where Our Love Has Gone
7. Just to Hold My Hand
8. You Know I Love You
9. Lady Madonna
10. Tomorrow Never Knows



Posted by uncledog at 16:26:38Comments(0)TrackBack(0) │CRAZY ABOUT THE CAR
素晴らしき音楽との出会い TOP

DAN PENN/NOBODY'S FOOL

2006-01-08

2097.jpg DAN PENN/NOBODY'S FOOL(REPERTOIRE/CD)

日本の友人から先程電話が入った。私のブログを応援してくれていて毎回読むのを楽しみにしてくれている。この車のコーナーもお気に入りだと話してくれた時に「ダンペンのデビュー・アルバムにも車が写っていたよ」と教えてくれた。灯台下暗しである。こんな大切なお気に入りのレコードを忘れていたとは!

今さら説明不要の数多くの名曲を産み出してきたライター、ダン・ペンが1973年にBELL RECORDS(BELL-1127)からリリースしたソロ・デビュー・アルバム。

スプーナー・オールダム、ロジャー・ホーキンス、デビッド・フッド、メンフィス・ホーンズ等が参加。

このアルバムはアメリカン・ロック、SSW、スワンプ等のファンの人気盤で昔は入手困難かつ高価なLPだった。しかし、私の知り合いのディーラーから聞いた話ではあるが、イギリスで約1箱くらいのデッド・ストック品が見つかったそうだ。もちろん新品、未開封品である。これが大量に日本にやってきたようで値崩れがおきてしまった。

しかし、もう幾年も経ったので今の状況はわからないが、名盤中の名盤であることに変わりは無い。
私はきっと死ぬまでこのアルバムを聞くだろう。ジャケも最もお気に入りの一枚だ。

<SIDE 1>
1. Nobody's Fool
2. Raining in Memphis
3. Tearjoint
4. Time
5. Lodi

<SIDE 2>
6. Ain't No Love
7. I hate You
8. Prayer for Peace
9. If Love Was Money
10. Skin



Posted by uncledog at 06:31:25Comments(0)TrackBack(0) │CRAZY ABOUT THE CAR
素晴らしき音楽との出会い TOP

RED HOLT/LOOK OUT ! LOOK OUT !

2006-01-03

2064.jpg RED HOLT/LOOK OUT! LOOK OUT!(CD)

ラムゼイ・ルイス・トリオ及びヤング・ホルト・アンリミテッドのドラマーとして有名なレッド・ホルトが1962年にARGOからリリースしたソロ・デビュー・アルバム。

大きなアメ車をバックにストリートを渡るジャケットが素晴らしい一枚。



Posted by uncledog at 06:32:57Comments(0)TrackBack(0) │CRAZY ABOUT THE CAR
素晴らしき音楽との出会い TOP

SAMANTHA JONES/FORD LEADS THE WAY

2006-01-03

2063.jpg SAMANTHA JONES/FORD LEADS THE WAY
(FORD/SLE-19/7"EP)

オランダでプレスされたフォード車のプロモーション用シングル盤。マーク・ワーツの手がけた作品で、サマンサ・ジョーンズが歌っています。ソフト・ロック・ファンは要チェックの一枚。

A面は「FORD LEADS THE WAY」、B面は「GO AHEAD」
車関係のこのようなプロモーション用レコード、CD、ビデオ等は昔から数多く制作されてきており、マニアにとっては情報収集を常に強いられますね。

最近ではポール・マッカートニーのUSツアーのスポンサーであるLEXUSが制作した2枚組CDセット「PAUL THE US TOUR PRESENTED BY LEXUS」やCDシングル「NEVER STOP DOING WHAT YOU LOVE」が話題となっていました。

私は車関係のコレクターなのでもう約30年も国産車、外車のパンフレットやソノシート、シングル、ビデオ、CD、キャラクター・グッヅ等を収集していますがコンプリートは難しいですね。なにしろ世界各国で制作され、いつどこでプレゼントされるかわからないし、非売品が多いので新品で買うわけにはいかないし困ったものです。

しかし、今ではネット・オークションでゲットできるようになったので買いやすくはなりました。上記シングルもMUSIC FIELDで見つけました。
今からビッドすればまだ間に合うかもしれない。コレクターの方は急げ!!



Posted by uncledog at 05:22:58Comments(0)TrackBack(0) │CRAZY ABOUT THE CAR
素晴らしき音楽との出会い TOP

CHRIS SPEDDING/SAME

2005-12-19

1888.jpg CHRIS SPEDDING(RAK/UK/SRAK 519/LP)

英国のギターリスト、クリス・スペディングが1976年にリリースしたアルバムには50年代のアメ車が写っていた。

1. New Girl In The Neighbourhood
2. School Days
3. Sweet Disposition
4. Bedsit Girl
5. Guitar Jamboree
6. Jump In My Car
7. Hungry Man
8. Motor Bikin'
9. Catch That Train
10. Nervous
11. Boogie City



Posted by uncledog at 16:59:40Comments(0)TrackBack(0) │CRAZY ABOUT THE CAR
素晴らしき音楽との出会い TOP

MARGARET WHITING/GOIN' PLACES

2005-11-27

1545.jpg MARGARET WHITING/GOIN' PLACES(DOT/DLP-3072/LP)

ジャズ・ボーカリスト、マーガレット・ホワイティングが1957年にリリースしたアルバム、「ゴーイン・プレイシズ」のジャケットにはモーガン(車)が写っていた。人気車種である。



Posted by uncledog at 15:35:13Comments(0)TrackBack(0) │CRAZY ABOUT THE CAR
素晴らしき音楽との出会い TOP

CAROLE CARR/IMPORTED CARR AMERICAN GAS

2005-11-27

1544.jpg CAROLE CARR/IMPORTED CARR AMERICAN GAS
(WANER BROS./LP)

ジャケットに写るトライアンフのオープン・カーが可愛い。



Posted by uncledog at 15:27:56Comments(0)TrackBack(0) │CRAZY ABOUT THE CAR
素晴らしき音楽との出会い TOP

LONNIE SMITH/DRIVES

2005-11-27

1540.jpg LONNIE SMITH/DRIVES(BLUE NOTE/BST-84351/LP)

ジャズ・オルガン奏者、ロニー・スミスが1971年にリリースしたアルバム「ドライヴス」。
このジャケットは好きな一枚だが、車種は不明。
ナイスなカバーである。



Posted by uncledog at 14:45:18Comments(0)TrackBack(0) │CRAZY ABOUT THE CAR
素晴らしき音楽との出会い TOP

HANK MOBLEY/A CADDY FOR DADDY

2005-11-27

1538.jpg HANK MOBLEIY/A CADDY FOR DADDY
(BLUE NOTE/BLP-4230/LP)

1966年にリリースされたテナー・サックス奏者、ハンク・モブレーのアルバム、「ア・キャディー・フォー・ダディー」の素晴らしいジャケットにはモデルと一緒にアメ車が写っていた。

さすがにこのアングルからでは車種は特定できないな。最近、アナログ盤LPでも再発されたので欲しい方は早めにレコ屋に行ってゲットしよう。



Posted by uncledog at 14:35:22Comments(0)TrackBack(0) │CRAZY ABOUT THE CAR
素晴らしき音楽との出会い TOP

DONALD BYRD/A NEW PERSPECTIVE

2005-11-27

1537.jpg DONALD BYRD/A NEW PERSPECTIVE
(BLUE NOTE/BLP-4124/LP)

1964年にリリースされたドナルド・バードのアルバム、「ア・ニュー・パースペクティヴ」のジャケットにはジャガーEタイプの車が写っていた。

最も好きな車ジャケの一枚だが、内容も秀逸。元祖渋谷系サウンドのボスとして崇めたいところだ。



Posted by uncledog at 14:26:41Comments(0)TrackBack(0) │CRAZY ABOUT THE CAR
素晴らしき音楽との出会い TOP

JIMMY SMITH/CRAZY BABY

2005-11-27

1535.jpg JIMMY SMITH/CRAZY BABY(BLUE NOTE/BLP-4030/LP)

ジャズ界を代表するオルガン奏者、ジミー・スミスが1960年にリリースしたアルバム「クレイジー・ベイビー」のカバーにはモーガン(車)が写っていた。美女と車、素晴らしいジャケットである。



Posted by uncledog at 14:06:56Comments(2)TrackBack(1) │CRAZY ABOUT THE CAR
素晴らしき音楽との出会い TOP

DONALD BYRD/OFF TO THE RACES

2005-11-27

1534.jpg DONALD BYRD/OFF TO THE RACES
(BLUE NOTE/BLP-4007/LP)

1959年にリリースされたトランペッター、ドナルド・バードのジャケットにはベンツが写っていた。



Posted by uncledog at 14:00:10Comments(0)TrackBack(0) │CRAZY ABOUT THE CAR
素晴らしき音楽との出会い TOP

CECIL TAYLOR/HARD DRIVING JAZZ

2005-11-27

1532.jpg CECIL TAYLOR/HARD DRIVING JAZZ(GAMBIT/CD)

1958年にレコーディングされ、翌年にUNITED ARTISTSからリリースされたセシル・テイラー「ハード・ドライビング・ジャズ」がCD化されていた。

CDはジャケット違いであるが、このオリジナル・アルバムにはジャガーEタイプのレーシング・カーの素晴らしい写真がプリントされていた。

オリジナル盤は入手が難しかったので日本盤オリジナルと思われるペラジャケの10"盤をようやく見つけて購入した思い出がある。

ジャケットこそ異なるが同様の車のジャケットなのでCDも購入した。理由はコルトレーンが入っているからである。もちろん、セシル・テイラーも好きだ。久々に音を聞いたが、やはり素晴らしい。

ボーナス・トラックとして1956年にレコーディングされた「JAZZ ADVANCE」が完全収録されているのもうれしい限りだ。



Posted by uncledog at 13:32:26Comments(0)TrackBack(0) │CRAZY ABOUT THE CAR
素晴らしき音楽との出会い TOP

STEREOPHONIC SPACE SOUND UNLIMITED/JO SIFFERT-LIVE FAST DIE YOUNG(OST)

2005-11-17

1399.jpg STEREOPHONIC SPACE SOUND UNLIMITED
/JO SIFFERT-LIVE FAST DIE YOUNG(OST)
(DIONYSUS RECORDS/1233126/CD)

1971年に惜しくも他界した名レーサー、ジョー・シファートの伝記映画「リヴ・ファースト・ダイ・ヤング」のサントラ盤。

演奏は英国音楽シーンで元気の良いステレオフォニック・スペース・サウンド・アンリミテッド

私はこのバンドのことはよく知らないが、冒頭の「ジョーのテーマ」はブラック・シネマのサントラと言われたら正直に信じてしまうくらいのクールでかっこいいインスト・ナンバーだ。

全曲に渡ってご機嫌なインスト・ナンバーが続く。

なぜ私がこのアルバムを買ったかって?
それは銀河系でトップクラス(?)のカー・クレイジーだからだ。

車のレコードも集めているので情報収集は無指向性アンテナで24時間営業なので大変だ。(嘘)



Posted by uncledog at 05:44:23Comments(0)TrackBack(0) │CRAZY ABOUT THE CAR
素晴らしき音楽との出会い TOP