素晴らしき音楽との出会い

1年に2万キロ以上もの旅をしながら出会った様々な素晴らしき音楽をつれづれなるままにご紹介。

 
 

ロバート・クラムのファンは要チェックの新譜CD!!

2009-12-08

11990.jpg EDEN & JOHN'S EAST RIVER STRING BAND/DRUNKEN BARREL HOUSE BLUES(EAST RIVER RECORDS/CD)

1920年代〜1930年代初頭のカントリー・ブルースやポピュラー・ミュージックをプレイしているニューヨークのデュオ、エデン&ジョンズ・イースト・リバー・ストリング・バンドの新作、サード・アルバム「ドランケン・バレル・ハウス・ブルース」の登場。

メンバーはボーカルとウクレレのエデン・ブロワーとボーカル、ギター、カズー担当のジョン・ヘネガンの二人で、ラジオ全盛期だった1935年以前の古き良き田舎の音楽の火を絶やさない活動を続けている愛すべきカップルです。

今回も彼らのジャケットをあのロバート・クラムが制作しているのでクラムのファンは要注意です。

又、今回はキャロライナ・チョコレイト・ドロップスのドム・フレモンズやオーティス・ブラザーズのパット・コンテがゲスト参加しています。

1. Drunken Barrel House Blues
2. The Rain Don't Fall On Me
3. Johnson Boys
4. The Fate Of Talmadge Osborne
5. Screamin' And Hollerin' The Blues
6. The Last Kind Word Blues
7. Gonna Raise A Ruckus Tonight
8. I Wish I Were A Mole In The Ground
9. Yellow Bee
10. Too Tight Blues
11. Corrina Blues
12. Devilish Mary
13. The Spasm

●上記輸入盤CDは下記ウェッブサイトにて好評販売中!
http://diskunion.net/rock/ct/detail/0413RK13237

●EDEN & JOHN'S EAST RIVER STRING BANDのウェッブサイトは下記です。
http://www.eastriverstringband.com/



Posted by uncledog at 17:49:29Comments(0)TrackBack(0) │CRUMB FREAK
素晴らしき音楽との出会い TOP

EDEN & JOHN'S EAST RIVER STRING BAND/SOME COLD RAINY DAY

2008-12-09

9431.jpg EDEN & JOHN'S EAST RIVER STRING BAND/SOME COLD RAINY DAY(LP)

1920年代〜1930年代初頭のカントリー・ブルースやポピュラー・ミュージックをプレイしているニューヨークのデュオ、エデン&ジョンズ・イースト・リバー・ストリング・バンドの新作「サム・コールド・レイニー・デイ」。

メンバーはボーカルとウクレレのエデン・ブロワーとボーカル、ギター、カズー担当のジョン・ヘネガンの二人で、ラジオ全盛期だった1935年以前の古き良き田舎の音楽の火を絶やさない活動を続けている愛すべきカップルです。

ところで注目したいのが彼らのジャケットをあのロバート・クラムが制作しており、CDはもちろん、アナログ盤LPも自主制作盤でリリースしていることです。

LPは見開きジャケット仕様でカラー印刷。ラベルにもクラムのイラストが印刷されているのだからクラムのファンやマニアにはたまらない逸品です。

1 Ain't No Tellin'
2 Nobody's Business If I Do
3 One Dime Blues
4 Slidin' Delta
5 Every Day In The Week
6 Some Cold Rainy Day
7 Bye Bye Baby Blues
8 Future Blues
9 I Had To Give Up Gin
10 Rolling Log Blues
11 Crow Jane
12 Do Dirty Blues
13 On Our Turpentine Farm

●上記輸入盤LPはディスクユニオン新宿ルーツ&Tらディショナル館にて販売中!!通販でもお求めになれます。



Posted by uncledog at 11:38:12Comments(0)TrackBack(0) │CRUMB FREAK
素晴らしき音楽との出会い TOP

Dominic Cravic et Robert Crumb Presentent Les Primitifs du Futur/Cocktail D'Amour(Media 7/FRANCE/10"LP)

2008-12-06

10268.jpg ●ディスクユニオン新宿ルーツ&トラディショナル館セール出品情報(中古盤LP)

「廃盤LPセール」(2008年12月13日)

Dominic Cravic et Robert Crumb Presentent Les Primitifs du Futur/Cocktail D'Amour(Media 7/FRANCE/10"LP)

1987年にフランス盤10インチLPとしてリリースされたロバート・クラムが参加したアルバム。クラムはマンドリンをプレイしています。そして重要なのがアルバム・カバーを担当していることです。

ロバート・クラムのコレクターはマストの1枚。

<SIDE 1>
1.EDDIE & LONNIE
2.PERSONNE NE S'EN SERT MAINT'NANT
3.ACCORDEON JO

<SIDE 2>
1.DIONNETTE
2.ZOO BLUES
3.MY LOVE PARADE

●ルーツ&トラディショナル館の地図や詳細は下記ブログを参照下さい。
http://diskunion.net/shop/ct/shinjuku_roots



Posted by uncledog at 19:30:33Comments(0)TrackBack(0) │CRUMB FREAK
素晴らしき音楽との出会い TOP

LES PRIMITIFS DU FUTUR/TRIBAL MUSETTE(ROBERT CRUMB!!/ロバート・クラム!!!)

2008-07-20

9600.jpg LES PRIMITIFS DU FUTUR/TRIBAL MUSETTE(SUNNYSIDE/CD)

1986年にロバート・クラムとギターリスト、ドミニク・クラヴィックが結成したバンド、プリミティフス・ドュ・フューターの2008年新作「トライバル・ミュゼット」。

ジャケットはクラムによる2008年の書き下ろしのため、クラム・ファンは要チェックです。

Daniel Huck(vocals, alto saxophone)
Robert Crumb(banjo, mandoline)
Dominic Cravic(vocals, guitars)
Daniel Colin(accordeon, bandoleon)
Fabienne Dondard(accordeon)
Fay Lovsky(scie musicale, ukulele)
Jean Michel Davis(drums, xylophone, vibraphone)
Raul Barboza(accordeon)
Francois Ovide(national duolian, mandoline , guitar)
Robert Santiago(flute)
Marc Richard(trumpet, baryton saxophone, clarinet)
Bertrand Auger(clarinet, tenor saxophone, flute)
Jean Pierre Chaty(saxophone)
Jean Philipe Viret(conterbass)
Mohammed El Yazid Baazi(oud)
Khireddine Medjoubi(darbouka)
Olivier Blavet(harmonica)
Ian McCamy(violon)
Monique Hutter(vocal)
Isabelle Vandel(vocal)
Herve Legeay(guitar)
Marc Edouard Nabe(guitar)
Anthony Baldwin(piano)
Michel Esbelin(cabrette)
John Greaves(piano)
Yves Torchinsky(bass)

1.La Valse Hindoue
2.Sur Le Toit/Ramona
3.Dalinette
4.Je Cherche Après Titine
5.Ton Manteau Gris
6.La Grande Truanderie
7.Canal Saint-Martin
8.Syldave ou Bordure?
9.Ivresses
10.Nous Sommes Seules
11.Mon Idéal
12.Ménage à Trois, Spooky Scat
13.Mingus Viseur, Esquisse
14.Syldave et Bordure!
15.La Dernière Rumba de Django
16.San Antonio's Bells

●上記輸入盤CDはディスクユニオン新宿ルーツ&トラディショナル館にて販売中!!通販でもお買い求めになれます。



Posted by uncledog at 14:27:04Comments(0)TrackBack(0) │CRUMB FREAK
素晴らしき音楽との出会い TOP

ROBERT CRUMB/LES AS DU MUSETTE CALENDRIER 2008

2007-12-29

8578.jpg ROBERT CRUMB/LES AS DU MUSETTE CALENDRIER 2008(輸入カレンダー)

ロバート・クラムのファンは要チェックの2008年カレンダーが入荷。
30CM×30CMの大きさのフランス製月めくりカレンダーで表紙をロバート・クラムが担当。気になるカレンダーの中身ですが、アコーディオン関連の珍しいお宝写真が12枚楽しめます。

クラム・ファンはもちろん、ミュゼットやアコーディオンのファン、アンティーク・ファンにお薦めです。

●上記カレンダーはディスクユニオン新宿ルーツ&トラディショナル館にて販売中!!数に限りがありますので品切れの際はご容赦下さい。



Posted by uncledog at 15:19:16Comments(0)TrackBack(0) │CRUMB FREAK
素晴らしき音楽との出会い TOP

FAT TUESDAY:CALIFUNERAL(CD)

2005-11-24

1484.jpg FAT TUESDAY:CALIFUNERAL(COLUMBIA/CD)

1991年にコロンビアからリリースされたパロディのCDにクラムのイラストが使用されていた。



Posted by uncledog at 04:05:50Comments(0)TrackBack(0) │CRUMB FREAK
素晴らしき音楽との出会い TOP

HOWARD ARMSTRONG/LOUIE BLUIE(OST)

2005-11-24

1483.jpg HOWARD ARMSTRONG/LOUIE BLUIE
(OST/ARHOOLIE/LP/CD)

1985年にアーフーリーからリリースされた映画のサントラ盤にクラムのイラストが使用されていた。

このLPはデッド・ストック品が出回っていたので今ならまだ入手可能かも?クラムのファンは中古レコード店を要チェックだ。



Posted by uncledog at 03:56:22Comments(0)TrackBack(0) │CRUMB FREAK
素晴らしき音楽との出会い TOP

V.A./HARMONICA BLUES(YAZOO)

2005-11-24

1482.jpg V.A./HARMONICA BLUES(YAZOO/LP/CD)

1976年にヤズー・レーベルからリリースされた1920〜1930年代のブルース・ハープ(ハーモニカ)の素晴らしい演奏をコンパイルしたアルバムのジャケットにはクラムの素晴らしいイラストが使用されていた。



Posted by uncledog at 03:49:56Comments(0)TrackBack(0) │CRUMB FREAK
素晴らしき音楽との出会い TOP

DAVE JASEN/ROMPIN STOMPIN RAGTIME(BLUE GOOSE)

2005-11-24

1481.jpg DAVE JASEN/ROMPIN STOMPIN RAGTIME
(BLUE GOOSE/3002/LP)

ラグタイムの研究家及びピアニストとしてマニアに有名なデイヴ・ジェイスンがブルー・グースからリリースした2枚のアルバムの1枚(1974年リリース/BG-3002)にクラムの素晴らしいイラストが使用されていた。

なお、1972年にブルー・グースからリリースされたアルバム、「FINGER BUSTIN' RAGTIME」(BG3001)のカバーにはデイヴ自身がピアノを弾いている写真が使用されていた。



Posted by uncledog at 03:44:54Comments(0)TrackBack(0) │CRUMB FREAK
素晴らしき音楽との出会い TOP

V.A./PLEASE WARM MY WEINER(YAZOO LP)

2005-11-24

1480.jpg V.A./PLEASE WARM MY WEINER(YAZOO/LP/CD)

数多いクラム・ジャケットの中でも最も好きなアルバム・カバーは1973年にヤズー・レーベルからリリースされたこのブルース・コンピだ。

とてもよい雰囲気だ。



Posted by uncledog at 03:40:46Comments(0)TrackBack(0) │CRUMB FREAK
素晴らしき音楽との出会い TOP

LARRY GROCE

2005-11-24

1478.jpg LARRY GROCE/TURN ON YOUR TV(7"EP)

これは珍しいかも。シンガー・ソングライター、ラリー・グロスの7"シングルのジャケットにロバート・クラムのイラストが使用されていた。



Posted by uncledog at 03:30:08Comments(0)TrackBack(0) │CRUMB FREAK
素晴らしき音楽との出会い TOP

UKULELE IKE

2005-11-20

1436.jpg UKULELE IKE/I'M A BEAR IN A LADY'S BOUDOIR
(YAZOO/LP)

ウクレレ・アイクことクリフ・エドワーズのことを知ったのは1974年にヤズーからリリースされたこのアルバムだった。

ロバート・クラムのカバーがとても素晴らしかった。もちろん、ウクレレ・アイクの弾き語りも秀逸。

それ以来、私は彼のアルバム収集への道を歩んでしまった。罪なイラストだ。



Posted by uncledog at 16:49:31Comments(0)TrackBack(0) │CRUMB FREAK
素晴らしき音楽との出会い TOP

ROBERT CRUMB AND HIS CHEAP SUIT SERENADERS/PARTY RECORD

2005-11-03

1177.jpg ROBERT CRUMB AND HIS CHEAP SUIT SERENADERS
/PARTY RECORD(RED GOOSE/2026/10")

先ほどご紹介したクラムのレッド・グース盤78回転10"LPですが、裏ジャケットがあまりにも素晴らしいのであえてご紹介。

なお、このアルバムにはボブ・ブロッズマンも参加していますので、ボブのファンも要チェックです。



Posted by uncledog at 09:50:04Comments(0)TrackBack(0) │CRUMB FREAK
素晴らしき音楽との出会い TOP

ROBERT CRUMB AND HIS CHEAP SUIT SERENADRS/PARTY RECORD

2005-11-03

1176.jpg ROBERT CRUMB AND HIS CHEAP SUIT SERENADERS
/PARTY RECORD(RED GOOSE/2026/10")

ブルー・グース系のレッド・グースからリリースされたロバート・クラム&ヒズ・チープ・スート・セレネイダーズの78回転盤10"LP。

A面は「MY GIRL'S PUSSY」B面は「CHRISTOPHER COLUMBUS」を収録。

クラムのファンなら是非手に入れたいアイテムですが入手困難です。



Posted by uncledog at 09:42:57Comments(0)TrackBack(0) │CRUMB FREAK
素晴らしき音楽との出会い TOP

ROBERT CRUMB AND HIS KEEP-ON-TRUCKIN' ORCHESTRA

2005-11-03

1175.jpg ROBERT CRUMB AND HIS KEEP-ON-TRUCKIN' ORCHESTRA
/RIVER BLUES(10"EP/RDINARY RECORD)

KRUPP COMIC WORKS(現在のKITCHEN SINK PRESS)が設立したインディー・レーベル、オーディナリー・レコードから1972年にリリースされた記念すべきロバート・クラムのデビュー・アルバム。

A面は「RIVER BLUES」B面は「WISCONSIN WIGGLES」を収録。
B面ではロバート・アームストロングのミュージカル・ソウとアル・ダッジによるスライド・ホイッスルが聞けます。

ラベルとスリーヴはクラム自身によるオリジナル・アート・ワーク。

レコードはロバート・クラムとプロデューサーのデニス・キッチンがSP盤(78回転)コレクターのため、78回転盤の10インチ仕様という超マニアックな形態でリリースされた。

なお、今から約5年前にクラムのライブ(チープスート)に行った時、なんとこのアルバムのデッド・ストック盤を即売していたのには驚いた。

いまやお宝である。



Posted by uncledog at 09:19:46Comments(0)TrackBack(0) │CRUMB FREAK
素晴らしき音楽との出会い TOP

KYA 21 GOLDEN GATE GREATS VOL.TWO

2005-10-28

1072.jpg V.A./KYA 21 GOLDEN GATE GREATS VOL TWO
(LP/TAKE 6 INC.)

私はロバート・クラムの大ファンである。

60年代から活躍しているロバート・クラムという米国の漫画家の名前を知らない方でもジャニス・ジョップリンの名盤「チープ・スリル」のジャケットを見たことがある方は多いと思う。そのジャケットに描かれた印象的な漫画を書いたのがロバート・クラムだ。

ブルースのファンにはヤズーブルー・グース等のレーベルからリリースされたアルバムのジャケットに多数使用されていたので絵柄を見ればピンとくる方が多いはず。

日本でもクラムのファンが多いため、クラムの漫画、書籍、ビデオ、DVD、T-シャツ等が数多くリリースされていたり、又、輸入されて販売されていることが多い。私も数多くのLPやCD、T-シャツ、グッヅ等を仕入れて販売してきた。

好きが嵩じて遂にはクラム本人とライブ会場で会い、サインをもらった次第である。

もらったサインは78回転の10インチ盤に3枚。

1枚は私のお宝、1枚は都内の某フォーク系カフェ、1枚は都内の某フォーク系レコード店にある。全て私の友人が経営する素敵なお店ばかりだ。

前置きが長くなりましたが、ブログ「素晴らしい音楽との出会い」の新シリーズとしてロバート・クラムの漫画が使用されたジャケットを紹介するコーナーを設けました。

クラム・ファンが1人でも多く新たに出現しますように願いを込めて今日、旅立ち。

第1回目はサンフランシスコのAMラジオ局、KYAが1960年代後半にリリースしたLP。
ジャケットはもちろん、クラムのオリジナルです。

内容は1963〜1969年までのロックとソウルのグレイト・チューンを収録したコンピレーション。

本日チェックした米国の「ディスカバリー」誌に掲載された同LPのオークション価格は最低落札価格が$100だった。いったい落札価格はいくらくらいになるのだろうか?

ディスクユニオンで$100以下で見つけた人はラッキーかもしれない。さあダメ元でチェックしてみよう?

<Side 1>

1.The Fever Tree/San Francisco Girls
2.Johnny Nash/Hold Me Tight
3.Derek/Cinnamon
4.The Turtles/You Baby
5.John Fred and his Playboy Band
/Judy in Disguise
6.Sam & Dave/Hold On, I'm Comin'
7.The Grassroots/Let's Live for Today
8.Van Morrison/Brown-Eyed Girl
9.Eddie Floyd/Knock on Wood
10.The Seeds/Pushin' Too Hard

Side 2

1.The Bubble Puppy/Hot Smoke & Sasafrass
2.The American Breed/Bend Me, Shape Me
3.Booker T & the M.G.'s/Soul Limbo
4.The Soul Survivors/Expressway to Your Heart
5.Peggy Scott & Jo Jo Benson/Lover's Holiday
6.The Mojo Men/Sit Down, I Think I Love You
7.Bob Lind/Elusive Butterfly
8.The Lovin' Spoonful/Daydream
9.Deon Jackson/Love Makes the World Go 'Round
10.Chad & Jeremy/A Summer Song
11.The Electric Prunes/I Had Too Much to Dream



Posted by uncledog at 02:37:05Comments(0)TrackBack(0) │CRUMB FREAK
素晴らしき音楽との出会い TOP