素晴らしき音楽との出会い

1年に2万キロ以上もの旅をしながら出会った様々な素晴らしき音楽をつれづれなるままにご紹介。

 
 

GREEN BULLFROG/SAME

2006-02-09

2560.jpg GREEN BULLFROG/SAME(MCA/MKPS 2021/UK/LP)

1971年にイギリスのMCAからリリースされたグリーン・バルフロッグの唯一のアルバムにはアーティスト名通りの緑のカエルがジャケットに写っていた。

このバンドはディープ・パープルレインボーのギターリストとして知られるリッチー・ブラックモアが在籍していた覆面バンドとして有名です。



Posted by uncledog at 07:37:01Comments(0)TrackBack(0) │FROGGY
素晴らしき音楽との出会い TOP

JIM O' ROURKE/HALFWAY TO A THREEWAY

2006-01-24

2335.jpg JIM O' ROURKE/HALFWAY TO A THREEWAY(DRAG CITY/CD)

ジム・オルークによるフォーク・ロックの名盤のジャケットにはカエルのぬいぐるみが何故か大きく写っていた。彼もカエルのファンなのか?



Posted by uncledog at 03:17:00Comments(0)TrackBack(0) │FROGGY
素晴らしき音楽との出会い TOP

ENCHANTMENT

2006-01-22

2310.jpg ENCHANTMENT/GOLDEN CLASSICD(COLLECTABLES/CD)

エマニュエル・ジョンソンのゴールデン・ヴォイスをフィーチャーした私の大好きな70年代ソウル・グループ、エンチャントメント。昔、ほとんどのアルバムを買った覚えがあるが、倉庫のどこにあるのか不明のため、ベスト盤CDに同じカエルがいたので久々のカエル・ジャケとしてご紹介。カエルのファンに期待されているコーナーなので是非、素敵なカエルを捕獲してアップしたいところだ。

1.Gloria
2.It's You That I Need
3.If You're Ready (Here It Comes)
4.Silly Love Song
5.Thank You Girl for Loving Me
6.Sexy Lady
7.Hold On
8.Sunshine
9.Come on and Ride
10.My Rose
11.Dance to the Music
12.Angel in My Life




Posted by uncledog at 10:43:52Comments(0)TrackBack(0) │FROGGY
素晴らしき音楽との出会い TOP

SILVERCHAIR/FROGSTOMP

2006-01-06

2086.jpg SILVERCHAIR/FROGSTOMP(SONY/CD)

仕事でオルタナ・ロックを調べていたらキュートなカエルのジャケに出会ったのでアップしてみた。このシルバーチェアというバンドもオルタナ・ロックのバンドだそうだ。ニルバーナは友人がコピーしていたし、音も知ってはいるが、ブラインド・メロンやアリス・イン・チェインズ等になると名前とジャケしかわからない。まあ、このコーナーはカエルマニアのレコード・コレクター(?)に捧げるコーナーなのでまあいいか。



Posted by uncledog at 16:36:42Comments(0)TrackBack(0) │FROGGY
素晴らしき音楽との出会い TOP

ケロヨン・ソング・ブック

2005-10-13

763.jpg ケロヨン・ソング・ブック(CD/VAP)

ケロヨンとデイト」他を収録したコンピレーションもの。

ジャケットに映るスーパーカーは真赤なロータス・セヴンです。
今でもちょっとすごいのに昭和40年代にこの車を乗り回していたとはすごいことです。

並みのカエルではない!!



Posted by uncledog at 14:28:12Comments(0)TrackBack(0) │FROGGY
素晴らしき音楽との出会い TOP

ケロヨン

2005-10-13

762.jpg ケロヨン/カエルの冒険

昭和40年代に生まれたキャラクター、ケロヨンのレコード。

ケロヨンは昭和41年(1966年)からテレビで放映された「木馬座アワー/カエルのぼうけん」の主人公のカエルです。

テレビ番組はアニメではなく、着ぐるみを着た人形達による物語です。

ケロヨンは自動車マニアでスポーツカーを乗りまわしていたヒップなカエルなので個人的に好感が持てます。

ケロヨンが乗っていたスーパーカーを所有するのは難しいですが、ケロヨンが乗ったスーパーカーのブリキのおもちゃは昔、所有していましたね。今持っていればちょっとした高価なお宝です。

ケロヨンにはガールフレンドのカエル、エルちゃんがいましたので今にエルちゃんが映っているレコードがあれば紹介したいものです。



Posted by uncledog at 14:22:24Comments(0)TrackBack(0) │FROGGY
素晴らしき音楽との出会い TOP

AMAZING RHYTHM ACES/TOO STUFFED TO JUMP

2005-10-12

731.jpg AMAZING RHYTHM ACES/TOO STUFFED TO JUMP(CD)


カントリー・ロック・バンド、アメイジング・リズム・エイセスの名盤。
お腹いっぱい食べ過ぎてジャンプができなくなったカエルです。



Posted by uncledog at 05:34:00Comments(0)TrackBack(0) │FROGGY
素晴らしき音楽との出会い TOP

AMAZING RHYTHM ACES/CHOKE FULL OF COUNTRY GOODNESS

2005-10-12

730.jpg AMAZING RHYTHM ACES
/CHOCK FULL OF COUNTRY GOODNESS(CD)


カントリー・ロック・バンド、アメイジング・リズム・エイセスの1999年にリリースされたアルバム。
とてもキュートなカエルです。



Posted by uncledog at 05:30:09Comments(0)TrackBack(0) │FROGGY
素晴らしき音楽との出会い TOP

MONSTER

2005-10-11

717.jpg MONSTER/FRENCH MODS CAN'T DRINK(7")

今回は酔っ払いのカエルです。

シングル盤も侮れない(?)ですね。
いざ、何かに高ぶって探すとヒョンなものが見つかるし、一方、がばっても見つからない時は全く見つからなくてフラストレーションたまるし。

まあ、コレクションは気長に時間をかけた方が良い物をゲットできますね。気長にお付き合いください。明日も良いカエルを探すぞー!!



Posted by uncledog at 16:58:43Comments(0)TrackBack(0) │FROGGY
素晴らしき音楽との出会い TOP

WEEZER

2005-10-11

716.jpg WEEZER/KEEP FISHIN'(7")

今回は楽しいカエルです。ウイーザーのシングル盤にこんな愉快なカエルがいたのを発見。うーん、昔見たことがあるような気がするな。

まあ、今はカエルのレコードに夢中です(?)
時間を見つけてレコ屋に行くとするか。



Posted by uncledog at 16:55:34Comments(0)TrackBack(0) │FROGGY
素晴らしき音楽との出会い TOP

FROGGIE BEAVER/FROM THE POND

2005-10-11

704.jpg FROGGIE BEAVER/FROM THE POND
(FROGGIE BEAVER/7310/LP)

米国、ネブラスカ州はオマハ出身のプログレ・バンド、フロッギー・ビーバーが1973年に自主制作でリリースした唯一のLP。

廃盤界では有名なカエルです。サイケの辞典に掲載されること多し。

CDは米国のGEARFABから、アナログ盤LPの再発はイタリアのAKARMAレーベルから既にリリースされていますのでカエルのマニアは今のうちにゲットしておこう。オリジナル盤は高いです。



Posted by uncledog at 06:44:49Comments(0)TrackBack(0) │FROGGY
素晴らしき音楽との出会い TOP

DAVE FRISHBERG/OKLAHOMA TOAD

2005-10-11

703.jpg DAVE FRISHBERG/OKLAHOMA TOAD(CTI/1004/LP)

カエル・ジャケの第3段は高値を呼んでいるオクラホマ・トウドです。
(ヒキガエル)

ジャズ・ピアニスト、ボーカリストのデイヴ・フリッシュバーグが1969年にクリード・テイラーのCTIレーベルからリリースした名盤。

人気盤のため、オリジナル盤の入手は困難ですが、少し前にアナログ盤LPで再発されたので今のうちにゲットしておこう!



Posted by uncledog at 05:38:33Comments(0)TrackBack(0) │FROGGY
素晴らしき音楽との出会い TOP

QUINTRON/FROG TAPE

2005-10-11

702.jpg QUINTRON/THE FROG TAPE(SKIN GRAFT RECORDS/LP)

カエル・ジャケ特集の第2弾はクイントロン氏によるオルガンとカエルのサウンド・コラージュ作品。2004年、スキン・グラフトからのリリース。



Posted by uncledog at 05:12:14Comments(0)TrackBack(0) │FROGGY
素晴らしき音楽との出会い TOP

SAPO

2005-10-10

689.jpg SAPO/SAPO(LATIN ROCK)

私は蛙が好きだ。ゆえにカエルのコレクターでもある。日頃からカエル関連の収集は欠かしたことがない。日本に帰る時は同じ穴のムジナの友人のカエル・コレクターにカエル・グッヅのお土産を持参するくらいだ。

と言う事で、カエルのジャケットを集めたコーナー、FROGGYです。日本にもカエル・コレクターが多いことはグーグルすればわかりますね。

さて今回のカエル・ジャケはラテン・ロックの幻のバンド、サポが1974年にリリースした唯一のLP。

今から約2年くらい前のこと、オークランドで毎年1回開催されるアート&ソウル・フェスティバルのウェッブサイトをチェックしたところ、なんとSAPOが出演アーティスト欄にのっているではないか?

私は一瞬自分の目を疑ったが解説を読むと間違い無く、あの幻のサポである。もちろん、見にいったのは言うまでもない。

ライブが始まる前にステージ横の即売テーブルをチェック。SAPOとMALOのCDが販売されていたが、ジャケットはコピー、中身はCDRである。

しかし、壁にSAPOのT-シャツがあった。バンドのトレード・マーク(?)のカエルの大きな絵柄がプリントされていた。

購入するためにサイズを物販のおばさんに探してもらっているとちょうどリーダー兼ボーカルのリチャード・ビーンがやって来た。

親切なおばさんは私に彼を紹介してくれたのでサインをもらって新作等の質問をしたが、残念ながら新作の発売予定はなかった。

しかし、ウェッブサイトがあり、ライブも随時おこなっていると教えてくれたのでその日のうちにチェックし、メーリング・リストに加入した。

サポやマロが現在、活動を再開して元気にプレイしているのはサンタナがグラミー賞を受賞して以来、ラテン・ロックが再び熱い注目を浴びているのかもしれない。

先日もシスコ市内の大型レコード店にてマロのインストア・ライブが開催されていた。忙しくてチェックできなかったのは残念だ。

ラテン・ロックが好きな方には「VOICES OF LATIN ROCK」(HAL LEONARD刊)という素晴らしい書籍が2004年に出版されているので要チェックです。写真満載のため、英語が苦手な方でもノー・プロブレム。
写真を眺めているだけでも楽しいです。



Posted by uncledog at 12:18:42Comments(0)TrackBack(0) │FROGGY
素晴らしき音楽との出会い TOP