素晴らしき音楽との出会い

1年に2万キロ以上もの旅をしながら出会った様々な素晴らしき音楽をつれづれなるままにご紹介。

 
 

ボブ・ディラン/ライヴ:1962-1966〜追憶のレア・パフォーマンス

2018-06-05

21149.jpg <国内盤新譜CD情報>

ボブ・ディラン/ライヴ:1962-1966〜追憶のレア・パフォーマンス(SMJI/SICP-31180/1/2CD/4547366364200)

日本独自企画の来日記念盤!

ノーベル文学賞受賞後日本初公演、日本のロック・フェス初参戦となる7月29日のフジロック出演は、日本通算101回目の公演となるもの。

初来日公演から40周年となる記念すべき年に、誰もが願って止まなかった舞台での、真夏の夜のたった一度だけのライヴを記念する今作は、六十年代初頭のライヴ音源より当時を代表する曲ながらレアな音源をまとめた初CD化多数の特別企画。

ディランのキャリアにおいてフォークからエレクトリックへと変遷する、賛否渦巻いたドラマチックな時期の録音になる。

また同時期に残した傑作のスタジオ録音作に対してライヴではどのように演奏したのか、興味深い内容になってる。

ニューヨークやロンドンでの録音に加えニューポートでの録音も収録。

いかに時代を経ようとも、未だに魅力を放つ歌の数々。

Blu-spec CD 2のCD2枚組、全29曲を特別価格にて急遽発売!

[CD 1]
風に吹かれて
コリーナ、コリーナ
ジョン・ブラウン
くよくよするなよ
ボブ・ディランの夢
七つののろい
スペイン革のブーツ
戦争の親玉
ハッティ・キャロルの寂しい死
船が入ってくるとき
時代は変る
北国の少女
ミスター・タンブリン・マン
悲しきべイブ
ラモーナに
自由の鐘

[CD 2]
いつもの朝に
イッツ・オールライト・マ
ラヴ・マイナス・ゼロ/ノー・リミット
エデンの門
イッツ・オール・オーバー・ナウ、ベイビー・ブルー
シー・ベロングス・トゥ・ミー
マギーズ・ファーム
悲しみは果てしなく
廃墟の街
連れてってよ
アイ・ドント・ビリーヴ・ユー
やせっぽちのバラッド
ジョアンナのヴィジョン

CD 1: Tracks 1-16
CD 2: Tracks 1-6, 9, 13
Bob Dylan – vocal, guitar, harmonica
Joan Baez – background vocal [CD1: track 10]

CD 2: Track 7
Bob Dylan – vocal, guitar, harmonica
Robbie Robertson – guitar:
Al Kooper – organ
Harvey Brooks – bass
Levon Helm – drums

Track 8:
Bob Dylan – vocal, guitar
Michael Bloomfield – guitar
Barry Goldberg – organ
Al Kooper – bass
Sam Lay – drums

Tracks 10-12:
Bob Dylan – vocal, guitar
Robbie Robertson – guitar
Garth Hudson – organ
Rick Danko – bass
Mickey Jones – drums

●上記新譜CDのご予約は下記サイトにて好評受付中!
http://diskunion.net/portal/ct/detail/XAT-1245694651


Posted by uncledog at 15:19:44 │Comments(0)TrackBack(0) | 素晴らしき音楽との出会い TOP | 前の記事次の記事

この記事へのトラックバックURL

http://blog.diskunion.net/user/uncledog/tapestry/cwtb.cgi/21149

この記事へのコメント


■お名前
■メール
■URL

■コメント

TOP OF PAGE