素晴らしき音楽との出会い

1年に2万キロ以上もの旅をしながら出会った様々な素晴らしき音楽をつれづれなるままにご紹介。

 
 

◆ルイ/ルイ(ピーヴァインレコード/PCD-24740/初紙ジャケ化!!/CD)

2018-05-31

21124.jpg <国内盤紙ジャケ新譜CD情報>

◆ルイ/ルイ(ピーヴァインレコード/PCD-24740/CD/4995879247402)

LUI/LUI

【ディスクユニオン・オリジナル特典】

『ルイ / ルイ』をお買上げのお客様に先着でディスクユニオン・オリジナル・妄想帯を差し上げます。

※妄想帯・・・当時国内盤LPが出ていたら、きっとこんな帯が付いていたんだろうなぁ. . . と妄想を膨らませて作成したCDサイズのミニチュア帯特典です。

透き通るような海!紺碧の空!あまりにも美しいジャケットであまたのコレクターを魅了してきたハワイアンAOR〜コンテンポラリー・ハワイアンの名盤が初回限定生産/紙ジャケット仕様でリイシュー!

ハワイで2番目に大きな島、マウイ島カアナパリ・ビーチの目の前に位置するリゾート・ホテル“マウイ・サーフ”で演奏していたLui Williams(Lui)による唯一のレコーディング作品。

時代を超えて唄い継がれているジャズ・スタンダード「My Funny Valentine」(M8)、エルビス・プレスリー主演の映画『Blue Hawaii』の劇中歌としてもお馴染みのハワイアン・スタンダード「Hawaiian Wedding Song」(M10)といった楽曲は多くの観光客の前で日頃披露されていたのであろうか、アコースティックな編成で非常にリラックスした演奏を聴かせてくれる。

そしてそのとろけるようなメロウ&グルーヴでフリー・ソウル〜AORファンをも唸らせたオリジナル楽曲「My Lover」(M2)、「Oh, Oh (I Think I’m Fallin’ In Love)」(M5)は、70年代にハワイのミュージシャン達がUSウエストコーストサウンドに影響を受けながら新たな潮流を生み出した“コンテンポラリー・ハワイアン”の名曲としても評価されるべきだろう。

今回のリイシューにあたりバンドが定期的に演奏をしていたホテル“マウイ・サーフ”と美しい風景を1枚の写真で見事なまでに表現したアートワークを紙ジャケット化!

ハワイの大自然と70年代の風に育まれた珠玉のアイランド・ミュージック!!

【Musicians】
Drums: ROBBIE BEGEL, DICK STENSLAND / Drums and Congos: LUI WILLIAMS
Lead and Rhythm Guitar: AL NARDUCCI / Rhythm Guitar: LUI WILLIAMS / Steel Guitar: JERRY BYRD
Bass Guitar: DAVID (KAWIKA) L. TABALI / Saxophone: TERRY HARMER
Background Vocals: DAVID (KAWIKA) TABALI, PAMELA POLLAND and CAROL YOON
Arrangements: LUI WILLIAMS and AL NARDUCCI

【収録曲】
1.Kaanapali
2.My Lover
3.Paniolo Country
4.What I Did For Love
5.Oh, Oh (I Think I’m Fallin’ In Love)
6.Beyond The Reef
7.People’s Happiness
8.My Funny Valentine
9.Missy
10.Hawaiian Wedding Song

●ディスクユニオン・オリジナル・妄想帯付上記紙ジャケ新譜CDのご予約は下記サイトにて好評受付中!
http://diskunion.net/rock/ct/detail/RY180511LUI01



Posted by uncledog at 09:41:57 │Comments(0)TrackBack(0) | 素晴らしき音楽との出会い TOP | 前の記事次の記事

この記事へのトラックバックURL

http://blog.diskunion.net/user/uncledog/tapestry/cwtb.cgi/21124

この記事へのコメント


■お名前
■メール
■URL

■コメント

TOP OF PAGE