素晴らしき音楽との出会い

1年に2万キロ以上もの旅をしながら出会った様々な素晴らしき音楽をつれづれなるままにご紹介。

 
 

シーズ/ザ・シーズ(オールデイズレコード/ODR6590/CD)

2018-05-24

21114.jpg <国内盤紙ジャケ新譜CD情報>

シーズ/ザ・シーズ(オールデイズレコード/ODR6590/CD/4582239485903)

SEEDS/THE SEEDS

<60’s GARAGE ROCKIN’ OLDAYS>

ジミー益子監修 オールデイズ・レコード Presents『60’s ガレージ・ディスク・ガイド』連動リイシュー・シリーズ第13弾

60年代ガレージ・レコードの中でも特に人気のあるスカイ・サクソン率いるザ・シーズのファースト・アルバムがボーナス・トラックにシーズ結成以前の貴重音源を追加してついに登場!

ザ・シーズのファースト・アルバムは60年代ガレージ・レコードの中でも特に人気のあるアルバムだ。

スカイ・サクソンの印象的な甘い声と完全に自分の世界に入り込んだかのようなヴォーカル、ぶっきらぼうに歪んだウーリッツアー・ピアノのサウンド、音数の多い浮遊感のあるギター、乱暴なコーラス、タイトなドラミング、そして哀愁溢れるメロディと呪術的とも思える反復。

サクソン自身による命名のフラワー・ミュージックは反復による熱狂でロサンゼルスのフラワー・チルドレンの心を掴んだ。

なかでもこのファースト・アルバムはパワフルな曲が並び強烈だ。

デビュー時で28歳というサクソンの年齢を考えてみると、アイドルのように客に向かって歌うというより、自分の内側に向かって歌っていたのだろう。

自分の歌詞の世界にのめり込んでゆくところはサイケデリックにも感じられ、一度はまると虜になってしまう。〜解説より

解説:ジミー益子

01. Can’t Seem To Make You Mine
02. No Escape
03. Lose Your Mind
04. Evil Hoodoo
05. Girl I Want You
06. Pushin’ Too Hard
07. Try To Understand
08. Nobody Spoil My Fun
09. It’s A Hard Life
10. You Can’t Be Trusted
11. Excuse, Excuse
12. Fallin’ In Love

<Bonus Tracks>
13. Daisy Mae
14. Out Of Question
15. The Other Place
16. Excuse Excuse(French EP Ver.)
17. Trouble With My Baby
18. Do The Swim


Posted by uncledog at 17:38:09 │Comments(0)TrackBack(0) | 素晴らしき音楽との出会い TOP | 前の記事次の記事

この記事へのトラックバックURL

http://blog.diskunion.net/user/uncledog/tapestry/cwtb.cgi/21114

この記事へのコメント


■お名前
■メール
■URL

■コメント

TOP OF PAGE