素晴らしき音楽との出会い

1年に2万キロ以上もの旅をしながら出会った様々な素晴らしき音楽をつれづれなるままにご紹介。

 
 

◆ROOTS CLASSICS ON CD VOL.80◆

2018-06-08

21107.jpg ◆入荷いたしました♪ 好評販売中♪

◆ROOTS CLASSICS ON CD VOL.80◆

Scott Boyer & NC Thurman/OK, How About This(219397/CD/0735885626129)

1970年代に米国南部のカプリコーン・レコーズから4枚のアルバムをリリースしたバンド、カウボーイのメンバーであり、オールマン・ブラザーズ・バンド他に楽曲を提供していたシンガー・ソングライターとしての実力派として知られるスコット・ボイヤー。

エリック・クラプトンの名盤「461オーシャン・ブールバード」でも「プリーズ・ビー・ウイズ・ミー」がカバーされていました。

ドニー・フリッツと一緒に来日したことも記憶に新しいスコット・ボイヤーとNC サーマンの二人は長年に渡ってソングライターとしても共作をおこなっている音楽仲間でもあります。

そのスコット・ボイヤーとNC サーマンによる2012年のアルバム「オーケー、ハウ・アバウト・ジス」はSSWファン、カウボーイのファンにとって説明不要の素晴らしいレイドバックしたSSWアルバムに仕上がっています。

「ウィザウト・ア・ダウト」はビル・ブラックバーンとドニー・フリッツによる楽曲でミディアム・テンポの佳作に仕上がっています。

「フー・ユー・ゴナ・フードゥー」はスプナー・オールダム、ビル・ブラックバーンとドニー・フリッツによる楽曲で聞いていて楽しい作品です。

ジャケットにはブルドッグが写っています。SSWファンには犬ジャケは名盤の可能性が高いと昔から言われてきましたがこの新作も名盤の臭いがプンプンいたします。

強力推薦盤!!

1. Sands of Wasted Time
2. "AAA" Man
3. Silence Ain't Golden Anymore
4. I Don't Know
5. Better Off With a Broken Heart
6. Keep It Up
7. Premature Discombobulation
8. The River Doesn't Run Here
9. Without a Doubt
10. Who You Gonna Hoodoo
11. If the Sun Will Ever Shine Again
12. Don't Hit Me No More
13. Rock Bottom Blues
14. Between Now and Then

●上記輸入盤CDは下記ウェッブサイトにて好評販売中!
http://diskunion.net/rock/ct/detail/RS121203-06


●下記サイトにて試聴可能です
https://store.cdbaby.com/cd/scottboyerncthurman



Posted by uncledog at 17:49:37 │Comments(0)TrackBack(0) | 素晴らしき音楽との出会い TOP | 前の記事次の記事

この記事へのトラックバックURL

http://blog.diskunion.net/user/uncledog/tapestry/cwtb.cgi/21107

この記事へのコメント


■お名前
■メール
■URL

■コメント

TOP OF PAGE