素晴らしき音楽との出会い

1年に2万キロ以上もの旅をしながら出会った様々な素晴らしき音楽をつれづれなるままにご紹介。

 
 

◆カウボーイ/ボイヤー&タルトン(エクスパンデッド・エディション)

2018-05-09

21076.jpg ◆ディスクユニオン・オリジナル・復刻帯特典の製作決定!!

【ディスクユニオン・オリジナル特典】

『カウボーイ / ボイヤー&タルトン(エクスパンデッド・エディション)』をお買上げのお客様に先着で、ディスクユニオン・オリジナル・復刻帯を差し上げます。

※復刻帯・・・当時の国内盤LPに付いていた懐かしの帯を可能な限り再現したCDサイズのミニチュア帯特典です。

●ディスクユニオン・オリジナル・復刻帯付での『カウボーイ / ボイヤー&タルトン(エクスパンデッド・エディション)』のご予約は下記サイトにて好評受付中!
http://diskunion.net/rock/ct/detail/RY180509CB03


<国内盤新譜CD情報>

◆カウボーイ/ボイヤー&タルトン(エクスパンデッド・エディション)(BSMF RECORDS/BSMF7557/CD/4546266213175)

オールマン・ブラザースとの関係も深い、70年代サザン&カントリー・ロック・バンド、カウボーイがカプリコーンからリリースした1974年の名盤がリマスターされ初CD化!

スコット・ボイヤー、トミー・タルトン、2人のソングライターによる名曲の数々は今聴いても新鮮だ。

バックには、オールマンズのチャック・リーヴェル(Key)やジェイモー(Pec)、ランドール・ブラムレット(Sax)らも参加。

1974年『The Gregg Allman Tour』からの2曲をボーナス収録。

カウボーイは、1969年フロリダ州ジャクソンヴィルでスコット・ボイヤー、トミー・タルトンという2人のソングライター&ギタリストを中心に結成されたカントリー・ロック・バンド。

ボイヤーのバンド、The 31st of February(ブッチ・トラックスも所属)が、デュアン、グレッグのオールマン兄弟と親しかったことで、彼らが所属するカプリコーンと契約。

1970年にファースト『Reach for the Sky』を、1971年には『5'll Getcha Ten』とリリース。

その後、方向性の違いでボイヤー&タルトン以外のメンバーが脱退。残された2人はグレッグ・オールマンの『Laid Back』のレコーディング、ツアーに参加(『The Gregg Allman Tour』)。

その後、メンバーを一新し1974年『Boyer & Talton』、1977年『Cowboy』をリリース後、バンドは解散。

2人はセッションプレイヤーとしてマッスル・ショールズなどで活躍。2007年には再結成し、2010年『Cowboy Reunion 2010』」をリリース。2018年2月にボイヤーは亡くなっている。

1. A Patch & a Pain Killer
2. Coming Back to You
3. Everyone Has a Chance to Feel
4. Where Can You Go?
5. I Heard Some Man Talking
6. Love 40
7. Road Gravy Chase
8. Something to Please Us
9. Long Ride
10. Message in the Wind (When I’m Listening)
11. Houston
12. Houston Vamp

<BONUS TRACKS>
13. Time Will Take Us
14. Where Can You Go?


Posted by uncledog at 18:52:14 │Comments(0)TrackBack(0) | 素晴らしき音楽との出会い TOP | 前の記事次の記事

この記事へのトラックバックURL

http://blog.diskunion.net/user/uncledog/tapestry/cwtb.cgi/21076

この記事へのコメント


■お名前
■メール
■URL

■コメント

TOP OF PAGE