素晴らしき音楽との出会い

1年に2万キロ以上もの旅をしながら出会った様々な素晴らしき音楽をつれづれなるままにご紹介。

 
 

RUSS KUNKEL/CHATEAU BEACH(MAILBOAT RECORDS/MBD2008/CD)

2018-04-27

21060.jpg WELCOME TO JAPAN!! RUSS KUNKEL!!

祝、来日!! ラス・カンケル!!

名セッション・ドラマー、パーカッション奏者であり、ダニー・クーチ、リーランド・スクラー等とセクションというバンドを結成して70年代に3枚のLPをリリースしたことでも知られるラス・カンケルがダニー・コーチマー・アンド・イミディエイト・ファミリーのメンバーとして来日が決定!

◆ダニー・コーチマーの来日公演が6月に決定!!

Danny Kortchmar and Immediate Family
featuring original "The Section" members Danny Kortchmar, Russ Kunkel, Leland Sklar plus Waddy Wachtel and Steve Postell

Danny Kortchmar(Guitar, Vocals)
Russ Kunkel(Drums)
Leland Sklar(Bass)
Waddy Wachtel(Guitar, Vocals)
Steve Postell(Guitar, Keyboards, Vocals)

ラスの来日を記念して2008年にリリースされたソロ・アルバム「シャトウ・ビーチ」をご紹介。

RUSS KUNKEL/CHATEAU BEACH(MAILBOAT RECORDS/MBD2008/CD/0698268200821)

このアルバムに収録された曲はキャロル・キング、ジェームス・テイラー、ジャクソン・ブラウン、ジョニ・ミッチェル等が作曲したもので、そのオリジナル・レコーディングにてドラムを担当していたのはラス・カンケル本人。

今回はラスによるインスト・カバー集で、名曲揃いながらも耳に心地よいグッドタイム・ミュージック、フュージョン・アルバムだ。疲れた時の憩いの一時にお薦めの1枚。

1曲目のビル・ウィザーズ&スキップ・スカボロー作曲による「ラヴリー・デイ」の素晴らしさはどーだろう?プライベート・ビーチでゆったりと太陽の光を浴びながらくつろいでいるような気分にしてくれる。往年のクロスオーバー、フュージョンの大ブームの最中にリリースされていたなら大ヒットしていただろうとふと思った。

キャロル・キングの「ソー・ファー・アウェイ」、ジェームス・テイラーの「ファイアー・アンド・レイン」他。

1. Lovely Day
2. So Far Away
3. Fire and Rain
4. Carey
5. Doctor My Eyes
6. Mexico
7. Just a Song Before I Go
8. Don't Let Me Be Lonely Tonight


Posted by uncledog at 13:23:59 │Comments(0)TrackBack(0) | 素晴らしき音楽との出会い TOP | 前の記事次の記事

この記事へのトラックバックURL

http://blog.diskunion.net/user/uncledog/tapestry/cwtb.cgi/21060

この記事へのコメント


■お名前
■メール
■URL

■コメント

TOP OF PAGE