素晴らしき音楽との出会い

1年に2万キロ以上もの旅をしながら出会った様々な素晴らしき音楽をつれづれなるままにご紹介。

 
 

◆ROOTS CLASSICS ON CD VOL.72◆

2018-05-15

21051.jpg ◆ROOTS CLASSICS ON CD VOL.72◆

●しばらく入手困難だったスコット・ボイヤーの名作「オール・マイ・フレンズ」が再度入手可能になりそうです!!

SCOTT BOYER AND THE DECOYS/ALL MY FRIENDS(HITTIN' THE NOTE/CD-R/0738748018222)

1970年代に米国南部のカプリコーン・レコーズから4枚のアルバムをリリースしたバンド、カウボーイのメンバーであり、オールマン・ブラザーズ・バンド他に楽曲を提供していたシンガー・ソングライターとしての実力派として知られるスコット・ボイヤー。

エリック・クラプトンの名盤「461オーシャン・ブールバード」でも「プリーズ・ビー・ウイズ・ミー」がカバーされていました。

このアルバム「オール・マイ・フレンズ」は1991年にカプリコーン時代の仲間と自身が率いるバンド、デコイズによってレコーディングされたアルバムでスコットの楽曲と唄の素晴らしさがサザン・ロック・フィーリングあふれるバック・サウンドとほどよくブレンドしてアップテンポの曲からスローな曲まで一気に聞きとおせてしまう佳作。

特に素晴らしいのは2曲目のタイトル曲「オール・マイ・フレンズ」。つぼを押さえたバック陣のこなれた演奏、バック・コーラス隊にサポートされて哀愁感漂うヒューマンな歌声を聞かせてくれるスコットのとりこになる方も少なくないと思う。

気になるゲスト参加メンバーはチャック・リーベル、ランドール・ブラムレット、ブッチ・トラックス、ジョ二ー・サンドリン等、百戦錬磨のベテラン勢だ。

レコーディング場所はアラバマ州、ディケイターにあるジョ二ー・サンドリンのダック・テープ・レコーディング・スタジオ。

シンガー・ソングライター、米国南部ロック等が好きな方に自信を持ってお薦めできる名盤です。

1.The Sooner That I'M Dead
2.All My Friends
3.My Love Will Follow You
4.I Won't Give Up
5.Born In The Country
6.Fatten Me Up For The Kill
7.Remote Control
8.Please Be With Me
9.I Ain't Got Nobody To Love
10.Papa Come Quick
11.Honeysuckle On The Vine
12.Woodstock


Posted by uncledog at 11:14:35 │Comments(0)TrackBack(0) | 素晴らしき音楽との出会い TOP | 前の記事次の記事

この記事へのトラックバックURL

http://blog.diskunion.net/user/uncledog/tapestry/cwtb.cgi/21051

この記事へのコメント


■お名前
■メール
■URL

■コメント

TOP OF PAGE