素晴らしき音楽との出会い

1年に2万キロ以上もの旅をしながら出会った様々な素晴らしき音楽をつれづれなるままにご紹介。

 
 

The Rose Garden/A Trip Through The Garden: The Rose Garden Collection

2018-04-24

21017.jpg <輸入盤新譜CD情報>

The Rose Garden/A Trip Through The Garden: The Rose Garden Collection(OMNIVORE RECORDINGS/OV-281/CD/0816651011605)

1968年に唯一のアルバム「ザ・ローズ・ガーデン」(The Rose Garden/The Rose Garden/ATCO Records/SD33-225/LP)をリリースしたLAのフォーク・ロック・バンド、ザ・ローズ・ガーデンの音源を全26曲収録したコンピレーション「ア・トリップ・スルー・ザ・ガーデン:ザ・ローズ・ガーデン・コレクション」。

バーズを脱退したジーン・クラークがザ・ローズ・ガーデンのデビュー・アルバム制作用の参考資料として1967年録音の5曲入りアセテート盤をプレゼントしてバック・アップしていたバンドです。

デビュー・アルバムに収録したジーン・クラークのオリジナル作品は「ティル・トゥデイ」と「ロング・タイム」の2曲。

同2曲のジーン・クラークのデモ音源はGene Clark/Gene Clark Sings For You(OMNIVORE RECORDINGS/CD/2LP)にてチェック可能です。

なお、ザ・ローズ・ガーデンは1967年12月にリリースしたデビュー・シングル「ネクスト・プレーン・トゥ・ロンドン」がビルボードのホット100ナショナル・シングル・チャートで17位となるヒットを放ち、その後カナダのRPMチャートでトップになりましたが、更なるヒット曲が出せなかったため、惜しくもシングル2枚と唯一のLPをリリースしたのみで解散したようです。

今回のアルバムには唯一のアルバム(LP)に収録された全10曲とシングル盤のみでリリースされた2曲にスタジオ・アウト・テイク、アセテート音源、リハーサル音源、ライヴ音源を14曲追加収録しています。

未発表ライヴ音源5曲は1967年8月、LAはカノガパークにあるチャミネード・ハイ・スクールでのライヴ音源です。

1.Next Plane To London
2.I’m Only Second
3.February Sunshine
4.Coins Of Fun
5.Rider
6.She Belongs To Me
7.Flower Town
8.Till Today
9.Look What You’ve Done
10.Long Time
11.If My World Falls Through (Mono Single Version)
12.Here’s Today (Mono Single Version)
13.Down To The Wire
14.Charlie Fer De Lance
15.The World Is A Great Big Playground
16.Here’s Today (Stereo Mix)
17.If My World Falls Through (Stereo Mix)
18.Dead Men Never Die (Take 2)
19.I’m Only Second (Acetate Version)
20.Till Today (Rehearsal)
21.Till Today (Acetate Version)
22.Next Plane To London (Live)
23.So You Want To Be A Rock ‘n’ Roll Star (Live)
24.She Don’t Care About Time (Live)
25.Little Things (Live)
26.You Don’t Love Me (Live)


Posted by uncledog at 17:03:49 │Comments(0)TrackBack(0) | 素晴らしき音楽との出会い TOP | 前の記事次の記事

この記事へのトラックバックURL

http://blog.diskunion.net/user/uncledog/tapestry/cwtb.cgi/21017

この記事へのコメント


■お名前
■メール
■URL

■コメント

TOP OF PAGE