素晴らしき音楽との出会い

1年に2万キロ以上もの旅をしながら出会った様々な素晴らしき音楽をつれづれなるままにご紹介。

 
 

John Renbourn/Live in Kyoto 1978

2018-04-09

21004.jpg <輸入盤新譜情報>

John Renbourn/Live in Kyoto 1978(DRAG CITY/DC713/LP)

John Renbourn/Live in Kyoto 1978(DRAG CITY/DC713/CD)

英国を代表するフォーク/トラッド系ギターの名手として有名なジョン・レンボーン(ペンタングル)が1978年に京都の老舗ライヴ・ハウス、拾得(じっとく)( the Jittoku coffee house)でおこなったライヴが初出となる。

レヴァレンド・ゲイリー・デイヴィスの「キャンディーマン」、デイヴィー・グレアムの「アンジー」、ミシシッピ・フレッド・マクダウェルの「ココモ・ブルース」等をプレイしています。

1.Candyman
2.Anji
3.I Know My Babe
4.So Early in the Spring
5.Kokomo Blues
6.The Cuckoo
7.Banks of the Sweet Primrosees
8.John Barleycorn
9.Peacock Rag
10.The Earle of Salisbury
11.Transfusion
12.Lamentation for Owen Roe O'Neill / The Orphan / The English Dance
13.Medley: Gypsy Dance / Jew's Dance


Posted by uncledog at 11:38:30 │Comments(0)TrackBack(0) | 素晴らしき音楽との出会い TOP | 前の記事次の記事

この記事へのトラックバックURL

http://blog.diskunion.net/user/uncledog/tapestry/cwtb.cgi/21004

この記事へのコメント


■お名前
■メール
■URL

■コメント

TOP OF PAGE