素晴らしき音楽との出会い

1年に2万キロ以上もの旅をしながら出会った様々な素晴らしき音楽をつれづれなるままにご紹介。

 
 

◆ROOTS CLASSICS ON CD VOL.49◆

2018-03-06

20895.jpg ◆ROOTS CLASSICS ON CD VOL.49◆

TOWNES VAN ZANDT/TOWNES VAN ZANDT(Fat Possum Records/FAPO1083.2/CD/0767981108322)

テキサスを代表するシンガー・ソングライター、タウンズ・ヴァン・ザントが1969年にポピー・レコーズからリリースしたサード・アルバム「タウンズ・ヴァン・ザント」(Poppy/PYS 40007/LP)。

渋谷のロック喫茶「ブラックホーク」の松平さんが1977年12月に発行した音楽雑誌「スモール・タウン・トーク」第11号の特集「ブラックホークの選んだ99枚のレコード」に選ばれた名作です。

「フォー・ザ・セイク・オブ・ザ・ソング」「ウェイティング・ラウンド・トゥ・ダイ」収録。

ジェームズ・バートン、デヴィッド・コーエン、マイク・ディージー、チャーリー・マッコイ、ライル・リッツ、ベン・べネイ他、実力派スタジオ・ミュージシャンがバックを固めています。

1. For the Sake of the Song
2. Columbine
3. Waiting Around to Die
4. Don't You Take It Too Bad
5. Colorado Girl
6. Lungs
7. I'll Be Here in the Morning
8. Fare Thee Well, Miss Carousel
9. (Quicksilver Daydreams Of) Maria
10. None But the Rain


Posted by uncledog at 17:07:37 │Comments(0)TrackBack(0) | 素晴らしき音楽との出会い TOP | 前の記事次の記事

この記事へのトラックバックURL

http://blog.diskunion.net/user/uncledog/tapestry/cwtb.cgi/20895

この記事へのコメント


■お名前
■メール
■URL

■コメント

TOP OF PAGE