素晴らしき音楽との出会い

1年に2万キロ以上もの旅をしながら出会った様々な素晴らしき音楽をつれづれなるままにご紹介。

 
 

◆ROOTS CLASSICS ON CD VOL.48◆

2018-03-06

20894.jpg ◆ROOTS CLASSICS ON CD VOL.48◆

TOWNES VAN ZANDT/Live At The Old Quarter, Houston, Texas(Fat Possum Records/FAPO1118.2/2CD/0767981111827)

テキサスを代表するシンガー・ソングライター、タウンズ・ヴァン・ザントが1977年にリリースした1973年のライヴ・アルバム「ライヴ・アット・ジ・オールド・クオーター、ヒューストン、テキサス」(Tomato/TOM-2-7001/2LP)。

タウンズ・ヴァン・ザントが敬愛するライトニン・ホプキンスやビッグ・ウォーター・ジェンキンス等もプレイしたヒューストンにある小さなライヴ・ハウス、ジ・オールド・クオーターで1973年7月におこなったライヴ音源を収録したファン必携の名ライヴ・アルバムです。

エミル―・ハリス、ウイリー・ネルソン等にカヴァーされた代表作「ポンチョ・アンド・レフティ」や「ウェイティング・ラウンド・トゥ・ダイ」「フォー・ザ・セイク・オブ・ザ・ソング」等、ベスト盤的な選曲により、ユーモアと皮肉を交えながらシンプルな歌とギターで数少ない観客をぐいぐいとタウンズ・ヴァン・ザントの世界へと引き込んでいます。

1.Announcement
2.Pancho & Lefty
3.Mr. Mudd & Mr. Gold
4.Don't You Take It Too Bad
5.Two Girls
6.Fraternity Blues
7.If I Needed You
8.Brand New Companion
9.White Freightliner Blues
10.To Live Is to Fly
11.She Came and She Touched Me
12.Talking Thunderbird Blues
13.Rex's Blues
14.Nine Pound Hammer
15.For the Sake of the Song
16.Chauffeur's Blues
17.No Place to Fall
18.Loretta
19.Kathleen
20.Why She's Acting This Way
21.Cocaine Blues
22.Who Do You Love
23.Tower Song
24.Waiting Around to Die
25.Tecumseh Valley
26.Lungs
27.Only Him or Me


Posted by uncledog at 16:36:50 │Comments(0)TrackBack(0) | 素晴らしき音楽との出会い TOP | 前の記事次の記事

この記事へのトラックバックURL

http://blog.diskunion.net/user/uncledog/tapestry/cwtb.cgi/20894

この記事へのコメント


■お名前
■メール
■URL

■コメント

TOP OF PAGE