素晴らしき音楽との出会い

1年に2万キロ以上もの旅をしながら出会った様々な素晴らしき音楽をつれづれなるままにご紹介。

 
 

◆ROOTS CLASSICS ON CD VOL.37◆

2018-02-26

20865.jpg ◆ROOTS CLASSICS ON CD VOL.37◆

Alan Lomax/Texas Folk Songs(Essential Media Mod/ESMM4941027.2/CDR/0894231371226)

1960年代前半の米国及び英国でのフォーク・ソング・リヴァイヴァル・ブームに多大なる影響を及ぼしたアラン・ローマックス。

米国をメインにイギリス、アイルランド、イタリア、スペイン等で民俗音楽の録音収集・映像記録をおこなった研究家であり、アメリカ議会図書館のディレクターです。

そのアラン・ローマックス自身が1958年にレコーディングしたアルバム「テキサス・フォーク・ソングス」(Tradition Records/TLP 1029/LP)。

ガイ・カラワンがギターとバンジョーで、ジョン・コールがハーモニカで参加。

Alan Lomax(Guitar,Vocal)
Guy Carawan(Guitar, Banjo)
John Cole(Harmonica)

1 Rambling Gambler
2 I'm Bound to Follow the Longhorn Cows
3 Lord Lovell
4 The Rich Old Lady
5 Long Summer Days
6 Ain't No More Cane on This Brazis
7 All the Pretty Little Horses
8 Billy Barlow
9 The Wild Rippling Water
10 Rattlesnake
11 Sam Bass
12 The Dying Cowboy
13 Godamighty Drag
14 Eadie
15 Black Betty
16 My Little John Henry


Posted by uncledog at 18:32:02 │Comments(0)TrackBack(0) | 素晴らしき音楽との出会い TOP | 前の記事次の記事

この記事へのトラックバックURL

http://blog.diskunion.net/user/uncledog/tapestry/cwtb.cgi/20865

この記事へのコメント


■お名前
■メール
■URL

■コメント

TOP OF PAGE