素晴らしき音楽との出会い

1年に2万キロ以上もの旅をしながら出会った様々な素晴らしき音楽をつれづれなるままにご紹介。

 
 

◆ROOTS CLASSICS ON VINYL VOL.54◆

2018-02-19

20830.jpg ◆ROOTS CLASSICS ON VINYL VOL.54◆

Ronnie Lane's Slim Chance/Ronnie Lane's Slim Chance(Island Records/471-8845/LP/0602547188458)

元スモール・フェイセス、フェイセスのロニー・レーンが1975年にリリースしたアイランド移籍第1弾となるソロ2作目「ロニー・レーンズ・スリム・チャンス」(Island Records/ILPS 9321/LP)。

アコーディオンやフィドルによるカントリー・ワルツからケイジャン・ロック、フェイセス時代の「ストーン」の再演、 チャック・ベリーの「ユー・ネヴァー・キャン・テル」、ファッツ・ドミノのブルー・マンデイ」のカヴァー等、土臭い英国スワンプやノスタルジックな田園ポップが入り混じる英国産アメリカン・ロック名作です。

<SIDE A>
1. Little Piece Of Nothing
2. Stone
3. Bottle Of Brandy
4. Street Gang
5. Anniversary
6. I'm Gonna Sit Right Down (And Write Myself A Letter)
7. I'm Just A Country Boy

<SIDE B>
1. Ain't No Lady
2. Blue Monday
3. Give Me A Penny
4. You Never Can Tell
5. Tin And Tambourine
6. Single Saddle


Posted by uncledog at 16:05:37 │Comments(0)TrackBack(0) | 素晴らしき音楽との出会い TOP | 前の記事次の記事

この記事へのトラックバックURL

http://blog.diskunion.net/user/uncledog/tapestry/cwtb.cgi/20830

この記事へのコメント


■お名前
■メール
■URL

■コメント

TOP OF PAGE