素晴らしき音楽との出会い

1年に2万キロ以上もの旅をしながら出会った様々な素晴らしき音楽をつれづれなるままにご紹介。

 
 

Geoff & Maria Muldaur/Sweet Potatoes

2018-02-05

20781.jpg <輸入盤新譜CD情報>

Geoff & Maria Muldaur/Sweet Potatoes(Omnivore Recordings/OV-242/CD/0816651012527

ジム・クエスキン・ジャグ・バンドのメンバーだったジェフ・マルダーとマリア・マルダーが、同バンド解散後にジェフ&マリア・マルダー名義のデュオで1972年にリリースしたセカンド・アルバムにして惜しくもラスト・アルバムとなった「スウイート・ポテイトウズ」(Reprise Records/MS 2073 /LP)が米国にて再発CD化。

チャック・ベリーの「ハヴァナ・ムーン」、ホーギー・カーマイケル&ジョニー・マーサーの「レイジー・ボーンズ」収録。

レコーディングにはエイモス・ギャレット、ビル・キース、ポール・バターフィールド、他が参加。

ジャケットの絵はエリック・ヴォン・シュミット作になります。

米国ルーツ・ミュージックのファンにお薦め。

1.Blue Railroad Train
2.Havana Moon
3.Lazybones
4.Cordelia
5.Dardanella
6.I’m Rich
7.Sweet Potatoes
8.Kneelin’ Me
9.Lover Man (Oh Where Can You Be)
10.Hard Time Killin’ Floor


Posted by uncledog at 13:51:31 │Comments(0)TrackBack(0) | 素晴らしき音楽との出会い TOP | 前の記事次の記事

この記事へのトラックバックURL

http://blog.diskunion.net/user/uncledog/tapestry/cwtb.cgi/20781

この記事へのコメント


■お名前
■メール
■URL

■コメント

TOP OF PAGE