素晴らしき音楽との出会い

1年に2万キロ以上もの旅をしながら出会った様々な素晴らしき音楽をつれづれなるままにご紹介。

 
 

◆ROOTS CLASSICS ON CD VOL.22◆

2018-05-31

20766.jpg ◆ROOTS CLASSICS ON CD VOL.22◆

Long John Baldry/It Ain't Easy(Stony Plain Music/SPCD1310/CD/0772532131025)

ロッド・スチュワート、ブライアン・オーガー、ジュリー・ドリスコール等が参加していたスティームパケットのメンバーでもあった英国のロック・シンガー、ロング・ジョン・ボールドリーが1971年にリリースした5作目のソロ・アルバムであり、ノース・アメリカでのデビュー・アルバムともなった「イット・エイント・イージー」(Warner Bros. Records/K46088/LP)。

ロング・ジョン・ボールドリーのルーツであるR&B路線へと回帰したソウルフルな歌声が素晴らしい佳作です。

フェイセス、ローリング・ストーンズ等のギターリストとして有名なロン・ウッドやエルトン・ジョンがレコーディングに参加。

ロッド・スチュワート(A面)とエルトン・ジョン(B面)がプロデュースを担当。

初期のヒット曲「ドント・トライ・トゥ・レイ・ノー・ブギー・ウギー・オン・ザ・キング・オブ・ロック&ロール」収録。

Ron Wood(Guitar)
Sam Mitchell(Steel Guitar)
Rick Brown (Bass)
Elton John(Piano)
Ian Armit(Piano)
Ray Jackson(Mandolin)

1.Intro: Conditional Discharge
2.Don't Try to Lay No Boogie Woogie on the King of Rock & Roll
3.Black Girl
4.It Ain't Easy
5.Morning Morning
6.I'm Ready
7.Let's Burn Down the Cornfield
8.Mr Rubin
9.Rock Me When He's Gone
10.Flying
11.Going Down Slowly
12.Blues (Cornbread, Meat and Molasses)
13.Love in Vain
14.Midnight Hour Blues
15.Black Girl
16.It Ain't Easy
17.I'm Ready
18.Radio Spot

●上記輸入盤CDは下記サイトにて好評販売中!
http://diskunion.net/rock/ct/detail/DI0210-19




Posted by uncledog at 18:55:29 │Comments(0)TrackBack(0) | 素晴らしき音楽との出会い TOP | 前の記事次の記事

この記事へのトラックバックURL

http://blog.diskunion.net/user/uncledog/tapestry/cwtb.cgi/20766

この記事へのコメント


■お名前
■メール
■URL

■コメント

TOP OF PAGE