素晴らしき音楽との出会い

1年に2万キロ以上もの旅をしながら出会った様々な素晴らしき音楽をつれづれなるままにご紹介。

 
 

◆ROOTS CLASSICS ON CD VOL.21◆

2018-01-29

20763.jpg ◆ROOTS CLASSICS ON CD VOL.21◆

BONNIE DOBSON/DEAR COMPANION(BIG BEAT/CDWIKD325/CD/0029667432528)

ボニー・ドブソンが1960年にリリースしたフィメール・フォークの佳作と言えるセカンド・アルバム「ディア・コンパニオン」(Prestige International/INT 13031/LP)。

フレッド・ニールやヴィンス・マーティン等のフォーク/シンガー・ソングライターからグレイトフル・デッド、ジェフ・ベック・グループ等のロック・バンドまで数多くのカバーを生んだ名曲「モーニング・デュー」の作者として有名なカナダの女性シンガー・ソングライター、ボニー・ドブソン。

今作はギターとフルートのみのシンプルなバッキングに初期のジョニ・ミッチェルのような透明感溢れる伸びやかな歌声が響いてくるピュアなフォーク・アルバムに仕上げています。

ボニーの歌声を全面に打ち出したじっくりと聴かせるフォーク・ソングがメインとなっておりますが、怪しげなフルートの音色が鳴り響く「VRANYANKA」や、ウィスパーな女性コーラスが気持ち良い「ザ・ボニー・ラス・オブ・ケンモア・タウン」が異色を放っています。

オリジナル・マスターテープからのリマスター。

1. DEAR COMPANION
2. MY MOTHER CHOSE MY HUSBAND
3. GIRL OF CONSTANT SORROW
4. VRANYANKA
5. BEN'S LULLABY
6. THE BONNIE LASS OF KENMORE TOWN
7. WHEN I WAS IN MY PRIME
8. AH! SI MON MOINE
9. BLUES JUMPED A RABBIT
10. DINK'S SONG
11. VERTSA DIEVCHA
12. THE CRUEL MOTHER


Posted by uncledog at 18:19:29 │Comments(0)TrackBack(0) | 素晴らしき音楽との出会い TOP | 前の記事次の記事

この記事へのトラックバックURL

http://blog.diskunion.net/user/uncledog/tapestry/cwtb.cgi/20763

この記事へのコメント


■お名前
■メール
■URL

■コメント

TOP OF PAGE