素晴らしき音楽との出会い

1年に2万キロ以上もの旅をしながら出会った様々な素晴らしき音楽をつれづれなるままにご紹介。

 
 

Doc Watson/Live At Club 47

2018-05-11

20691.jpg ◆輸入盤LPも入荷いたしました♪

<輸入盤新譜情報>

Yep Roc Records and the University of North Carolina at Chapel Hill Libraries' Southern Folklife Collection

Doc Watson/Live At Club 47(Yep Roc Records/YEP2499.2/CD/0634457249929)

●上記輸入盤新譜CDは下記サイトにて好評販売中!
http://diskunion.net/rock/ct/detail/RS18021302


Doc Watson/Live At Club 47(Yep Roc Records/YEP2499.1/2LP/0634457249912)

●上記輸入盤新譜LPは下記サイトにて好評販売中!
http://diskunion.net/rock/ct/detail/RS18051108



フラット・ピッキング・ギターの名手であり、米国フォーク、ブルーグラス、カントリー界の重要アーティスト、ドック・ワトソンのデビュー・アルバム発売以前の貴重なライヴ音源「ライヴ・アット・クラブ 47」がCDとLPで初出となる。

1963年2月10日にマサチューセッツ州ケンブリッジにあるクラブ47(現Club Passim)で行ったドック・ワトソンのライヴの成功を受けて同年に開催されたニューポート・フォーク・フェスティバルへの出演が決定し、翌年の1964年にはヴァンガード・レコーズからデビュー・アルバム「ドック・ワトソン」(Vanguard/VRS-9152/VSD-79152/LP)の発売へとつながった伝説のライヴ音源で、未発表曲4曲を含む全27曲を収録。

グリーンブライアー・ボーイズのジョン・ヘラルドが5曲で、同バンドのラルフ・リンズラーが2曲でゲスト参加も見逃せません。

米国フォーク、ブルーグラス、カントリー、ブルース、ルーツ・ミュージックのファンにお薦めの歴史的音源です。

1.Wabash Cannonball – A.P. Carter
2.The House Carpenter — Traditional
3. I Wish I Was Single Again** – Traditional
4.Little Darling Pal of Mine – A.P. Carter
5.Train That Carried My Girl from Town – Doc Watson
6.The Worried Blues –Traditional
7.Old Dan Tucker** – Traditional
8.Sweet Heaven When I Die – Claude Grant
9.The Talking Blues – Chris Bouchillon
10.Little Margaret** — Traditional
11.Sitting on Top of the World – Lonnie Carter and Walter Jacobs
12.Don’t Let Your Deal Go Down – Doc Watson
13.Blue Smoke – Merle Travis
14.Deep River Blues – Doc Watson
15.Way Down Town (w/ Ralph Rinzler and John Herald) – Doc Watson
16.Somebody Touched Me (w/ Ralph Rinzler and John Herald) – Doc Watson
17.Billy in the Low Ground (w/ John Herald) – Traditional
18.Boil Them Cabbage Down – Traditional
19.Everyday Dirt – David McCarn
20.I Am a Pilgrim – Merle Travis
21.No Telephone in Heaven – A.P. Carter
22.Hop High Ladies the Cake’s All Dough** –Traditional
23.Little Sadie – Doc Watson
24.Black Mountain Rag (w/ John Herald) – Doc Watson
25.Blackberry Rag (w/ John Herald) – Doc Watson
26.Days of My Childhood Plays – Alfred G. Karnes
27.Doc Watson (vocal, guitar, harmonica, autoharp, and banjo)

John Herald (guitar and harmony vocals). Tracks 15, 16 (second guitar) 17, 24, 25.

Ralph Rinzler (mandolin and harmony vocals). Tracks 15, 16.

**previously unreleased tracks.


Posted by uncledog at 16:27:31 │Comments(0)TrackBack(0) | 素晴らしき音楽との出会い TOP | 前の記事次の記事

この記事へのトラックバックURL

http://blog.diskunion.net/user/uncledog/tapestry/cwtb.cgi/20691

この記事へのコメント


■お名前
■メール
■URL

■コメント

TOP OF PAGE