素晴らしき音楽との出会い

1年に2万キロ以上もの旅をしながら出会った様々な素晴らしき音楽をつれづれなるままにご紹介。

 
 

◆ROOTS CLASSICS ON CD VOL.3◆

2018-01-29

20662.jpg ◆ROOTS CLASSICS ON CD VOL.3◆

CHUCK PERRIN/BEAT.ITUDE(WEBSTER'S LAST WORD/WLW.2328/CD/0600092232824)

これはすごい! まるで50年代のコーヒーハウスでレコーディングされたかと錯覚をおこしてしまうようなビート精神溢れるクールなアルバムです。

ボンゴとタイトでクールなギターをバックに語りかけるように唄う「ザ・ビッグ・レイス」から始まる全13曲に駄作なし。

ミッチ・マンカーのクールなトランペットの音色がチャックの弾き語りを更に惹きたてていく2曲目の「アウト・ヒア・オン・ジ・エッジ」。

チャールズ・マクファーソンのサックスをフィーチャーした4曲目の「バード・リブズ」はビーバップ・ジャズのパイオニア、故チャーリー・パーカーに捧げた作品。流麗なサックスをバックに力強く歌い上げています。

究極の1曲は6曲目の「レッツ・クラッシュ・ルーティーン」。冒頭の1フレーズからチャックの唄声とギターにグルーブされること必至。宙を舞うフルート、バックに鳴り響くボンゴ。今一度、これはすごいアルバムです、まさに名盤!

しかし、まだあった極めつけの1曲が。それは8曲目の「マハトマ」。黄昏のベネチアを小船に乗ってゆらいでいるかのような非常に美しいインスト曲。澄み切ったアコギのサウンドにムーディーなフルートが色を添えます。あまりにも美しすぎる作品。

小包型変形ジャケット仕様、歌詞カード&インサート付き。

1. The Big Race
2. Out Here On The Edge
3. Bird Lives!
4. Highway To Hell
5. Ready For A Change
6. Let's Crush Routine
7. Behind The Wheel
8. Mahatma (instrumental)
9. Nothing Ever Stays The Same
10. I'll Get Lost
11. Zen
12. Anesthesia
13. It Ain't Over Yet (for Jack Kerouac)

●上記輸入盤CDは下記サイトにて好評販売中!
http://diskunion.net/portal/ct/detail/0413RK3534

●下記CDBABYのサイトにて試聴可能です
https://store.cdbaby.com/cd/chuckperrin2


Posted by uncledog at 16:00:48 │Comments(0)TrackBack(0) | 素晴らしき音楽との出会い TOP | 前の記事次の記事

この記事へのトラックバックURL

http://blog.diskunion.net/user/uncledog/tapestry/cwtb.cgi/20662

この記事へのコメント


■お名前
■メール
■URL

■コメント

TOP OF PAGE