素晴らしき音楽との出会い

1年に2万キロ以上もの旅をしながら出会った様々な素晴らしき音楽をつれづれなるままにご紹介。

 
 

GARY WILSON & THE BLIND DATES/LIVE AT CBGB

2018-01-24

20653.jpg GARY WILSON & THE BLIND DATES/LIVE AT CBGB(FEEDING TUBE RECORDS/FTR318LP/LP/0752830272316)

1979年のライヴ音源が発掘アナログ・リリース!

NYの地下、NO WAVEやロフト・シーンへとつながる異才中の異才GARY WILSON。

77年幻のホーム・レコーディング名盤 『YOU THINK YOU REALLY KNOW ME』でアウトサイダー・ミュージック・ファンに神格化され、ニューウェーヴからノイズ、サイケ、フリー・ジャズにディスコ、ファンク、カクテル・ジャズ、実験音楽、メロウAORまでをARTHUR RUSSELLミーツPETER IVERSな感性でメルティング・ポットにぶち込んだ上にフリフリ撹拌して仕上がったドロドロ音塊を気が向いたときに気が向いたままに垂れ流したカルトすぎる彼の、知る人ぞ知る秘蔵音源が登場です。

79年8月23日、NYはCBGB公演を収録。

この時期カリフォルニア州サンディエゴに拠点を移していたGARYですが、久々の故郷への凱旋ライヴとなったステージ。

『YOU THINK YOU REALLY KNOW ME』のバックも務めたという盟友バンドTHE BLIND DATESを引き連れての一夜で、"I WANNA LOSE CONTROL"、"CINDY"、"6.4 = MAKE OUT"、"YOU KEEP ON LOOKING"、"YOU THINK YOU REALLY KNOW ME"などアルバムからの楽曲も披露、さらに翌80年EP『INVASION OF PRIVACY』の"YOU WERE THE FIRST"、"CHROMIUM BITCH"、03年初期レア音源コンピ『FORGOTTEN LOVERS』にも収録される"NEW YORK SURF"、"WHEN I SPOKE OF LOVE"、08年『LISA WANTS TO TALK TO YOU』にも再録された"AS I WALK INTO THE NIGHT"、2011年の『ELECTRIC ENDICOTT』などのちに何度も登場するモチーフの初期作といえる"SUMMER IN ENDICOTT"などなど、相変わらずのプログ・ラウンジ・ビザール・ウィアード・ロッキン・サウンドを展開。

77年当時から彼らを評価し表現の場を与えていたCBGBのステージで自由に粗くファルフィサ多目にのびのびとパンクと化すGARY WILSONをぜひご堪能あれ。

400枚限定盤。

LEAD VOCALS : GARY WILSON
BASS AND VOCALS : BUTCH BOTTINO
FARFISA ORGAN AND VOCALS : JOE LUNGA
DRUMS AND VOCALS : DAVE HANEY
GUITAR AND VOCALS : VINCE ROSSI

1 Gary's Intro
2 New York Surf
3 I Wanna Lose Control
4 Cindy
5 You Were the First
6 As I Walk Into the Night
7 6.4 = Make Out
8 You Keep on Looking
9 Interlude
10 Chromium Bitch
11 Summer in Endicott
12 When I Spoke of Love
13 You Think You Really Know Me

●上記輸入盤新譜LPは下記サイトにて好評販売中!
http://diskunion.net/rock/ct/detail/RY180117GW01


Posted by uncledog at 10:15:55 │Comments(0)TrackBack(0) | 素晴らしき音楽との出会い TOP | 前の記事次の記事

この記事へのトラックバックURL

http://blog.diskunion.net/user/uncledog/tapestry/cwtb.cgi/20653

この記事へのコメント


■お名前
■メール
■URL

■コメント

TOP OF PAGE