素晴らしき音楽との出会い

1年に2万キロ以上もの旅をしながら出会った様々な素晴らしき音楽をつれづれなるままにご紹介。

 
 

◆ROOTS CLASSICS ON VINYL VOL.14◆

2018-06-01

20576.jpg ◆ROOTS CLASSICS ON VINYL VOL.14◆

Dan Penn/Nobody's Fool (180g LP, gatefold sleeve)(BEAR FAMILY RECORDS/18021/LP/5397102180217)

米国を代表するソングライター、プロデューサー、ダン・ペンが1973年に米国のベル・レコーズからリリースしたスワンプ・ロック、カントリー・ソウル、シンガー・ソングライター等のファンに人気の高いファースト・アルバムにして永遠の名作「ノーバディーズ・フール」(BELL RECORDS/BELL 1127/LP)。

アルバム・タイトル曲でもある1曲目の「ノーバディーズ・フール」はキーボード奏者、ボビー・エモンズとの共作でストリングスやホーンをフィーチャーしたキャッチーなサウンドに油の乗り切ったダン・ペンの歌唱が素晴らしいアルバムの冒頭にふさわしい楽曲となっています。

「レイニング・イン・メンフィス」はスプナー・オールダム、マイク・ライエッツとの共作で甘いサウンドにダン・ペンのソウルフルなボーカルが絡んだ佳作です。

「ローディ」はダン・ペンにとっては珍しいカバー作品で、オリジナルはCCR(クリーデンス・クリアウォーター・リヴァイヴァル)のジョン・フォガティ。冒頭のダン・ペンの語りが超クールで、その後マッスル・ショールズの女性バック・コーラス隊によるゴスペル・コーラスをバックにしたソウルフルなボーカルが聞く者を至福の世界へと導いてくれます。

8曲目のしっとりとした「プレイヤー・フォー・ピース」から9曲目のファンキーな「イフ・ラヴ・ワズ・マネー」への導入部のかっこよさは永遠に背筋がゾクゾクし、ダン・ペンの世界へと引き込まれること必至でしょう。途中のドラム・ブレイクもしかり。ソウルフルな世界とロックの世界の幸せな結婚によって米国南部から産み出された稀有な名曲です。

*180グラム重量盤LP
*オリジナル・ジャケット・アートワーク仕様
*オリジナル盤LPはシングル・ジャケットでしたが、今回の再発盤では見開きジャケット仕様となっています!!

Mixed and produced by Dan Penn

Dan Penn(vocals,guitar)
Spooner Oldham(organ)
Jay Spell(piano, keyboards)
David Hood(bass)
Sammy Creason(drums)

Bill Phillips(organ)
Greg Reding(organ)
Mike Utley(keyboards)
Tommy Richard(guitar)
Charlie Freeman(guitar)
Jim Johnson(bass)
Tommy McClure(bass)
Dulin Lancaster(drums,backing vocals & horns)

<SIDE A>
1.Nobody's Fool
2.Raining In Memphis
3.Tearjoint
4.Time
5.Lodi

<SIDE B>
1.Ain't No Love
2.I Hate You
3.Prayer For Peace
4.If Love Was Money
5.Skin

●上記輸入盤LPは下記サイトにて好評販売中!
http://diskunion.net/portal/ct/detail/RY160707-DP-01


Posted by uncledog at 18:02:00 │Comments(0)TrackBack(0) | 素晴らしき音楽との出会い TOP | 前の記事次の記事

この記事へのトラックバックURL

http://blog.diskunion.net/user/uncledog/tapestry/cwtb.cgi/20576

この記事へのコメント


■お名前
■メール
■URL

■コメント

TOP OF PAGE