素晴らしき音楽との出会い

1年に2万キロ以上もの旅をしながら出会った様々な素晴らしき音楽をつれづれなるままにご紹介。

 
 

◆ROOTS CLASSICS ON VINYL VOL.13◆

2017-12-12

20574.jpg ◆ROOTS CLASSICS ON VINYL VOL.13◆

FRED NEIL/Sessions(4 Men with Beards/232/LP/0646315123210)

ボブ・ディラン、ティム・バックレー、ディノ・ヴァレンテ等に多大なる影響を与えたフォーク・シンガー、アシッド・フォーク・シンガーであり、12弦ギターの名手としても知られるフレッド・ニールが1967年にリリースしたサード・ソロ・アルバム「セッションズ」(CAPITOL RECORDS/ST-2862/LP)。

パーカッシヴなアコースティック・ギターとウッド・ベースによる即興的なセッションが主体となっている作品で、深いリヴァーヴのかかったホワイト・ブルースやスライド・ギターが素晴らしいカントリー・ロック等が聞けます。

早すぎたアシッド・フォークの名盤として評価の高いアルバム。

180グラム重量盤LP仕様

<SIDE A>
1.Felicity (Take 5)
2.Send Me Somebody To Love (Take 2)
3.Merry Go Round (Take 1)
4.Look Over Yonder (Take 1)

<SIDE B>
1.Fools Are A Long Time Coming (Take 1)
2.Looks Like Rain (Take 1/Take 2)
3.Roll On Rosie (Take 1)

●上記輸入盤LPは下記ウェッブサイトにて好評販売中!
http://diskunion.net/portal/ct/detail/RS130621-02


Posted by uncledog at 12:40:11 │Comments(0)TrackBack(0) | 素晴らしき音楽との出会い TOP | 前の記事次の記事

この記事へのトラックバックURL

http://blog.diskunion.net/user/uncledog/tapestry/cwtb.cgi/20574

この記事へのコメント


■お名前
■メール
■URL

■コメント

TOP OF PAGE