素晴らしき音楽との出会い

1年に2万キロ以上もの旅をしながら出会った様々な素晴らしき音楽をつれづれなるままにご紹介。

 
 

TOM MALIM/WALKIN' ON AIR

2017-10-19

20451.jpg ◆入荷いたしました♪

<輸入盤新譜CD情報>

TOM MALIM/WALKIN' ON AIR(CONTANTE & SONANTE/CSCD0217/CD/0742832914901)

北欧AORファン、全メロウ・ファン必聴! フィンランドのベテランTOMI MALMの2017年ソロ・デビュー作がCONTANTE & SONANTEよりCDリリース!

北ヨーロッパの音楽シーンで20年以上に渡って活動を続けてきたコンポーザー/アレンジャー/プロデューサーTOMI MALM。

国際的には同CONTANTE & SONANTEレーベルの09年ヒット・コンピレーション『FLY AWAY: THE SONGS OF DAVID FOSTER』に参加したことで注目を浴びた彼の2017年待望のソロ・デビュー作が登場です。

トリビュートにも名を連ね共演も果たした御大DAVID FOSTER同様に、ポップ・ミュージックの持つエレガントなグルーヴを最大限に味わえる全12曲。

ジャジーなポップに洗練されたバラッド、スムースでファンキーなインストルメンタル・ジャム・フュージョンの数々は、ドラムにVINNIE COLAIUTA (STING, ZAPPA, HERBIE HANCOCK)、JOHN 'JR' ROBINSON (MICHAEL JACKSON, ARETHA FRANKLIN, QUINCY JONES)、SIMON PHILLIPS (TOTO, THE CORRS, PETER GABRIEL)、ギターにはDAN WARNER (MADONNA, TIMBALAND, BARRY GIBB)とJAMES HARRAH (AARON NEVILLE, HERBIE HANCOCK, CHRIS BOTTI)、ベースにNEIL STUBENHAUS (ROBERTA FLACK, JOE COCKER, MICHAEL MCDONALD)、ALEX AL (MICHAEL JACKSON, AL JARREAU, GEORGE DUKE)、キーボードにROBBIE BUCHANAN (WHITNEY HOUSTON, BARBRA STREISAND, CHAKA KHAN)、パーカッションにLUIS CONTE (JAMES TAYLOR, PHIL COLLINS, ERIC CLAPTON)ら錚々たる顔ぶれがセッション参加しています。

さらにホーンにはサックスでERIC MARIENTHAL (CHICK COREA, BARBRA STREISAND, ELTON JOHN)とBRANDON FIELDS (TOWER OF POWER, THE RIPPINGTONS, GEORGE BENSON)、ゲストとしてラス・ヴェガスのグルーヴ・アクトSANTA FE & THE FAT CITY HORNSが参加。

美しく映像的なインストルメンタル"KUWAKARIBISHA"、80S感溢れるキーボード&ホーンも麗しいグルーヴィでファンキーな"FAVOR"、元CHICAGOのシンガーJASON SCHEFFをヴォーカル/ベースでフィーチャーしたジャジー・ミッド・テンポなタイトル・トラック"WALKIN' ON AIR"、DAVID FOSTERの秘蔵っ子こと故WARREN WIEBEのヴォーカルをフィーチャーしたHANK EASTON作による伸びやかなアコースティック・バラッド"SHOW ME A SIGN"、清涼でパーカッシヴなインタールード"STILL LIFE"、AORファンに愛されるシンガー・ソングライターJEFF PESCETTOが歌うBURT BACHARACHライクなスムース・ソウル・ポップ"PERFECT IMPERFECTION"、JAY GRAYDONとのPLANET 3で知られる名プロデューサーCLIF MAGNESSの至高のヴォーカルをフィーチャーしたラヴ・ソング"YOU BELONG TO ME"、MICHAEL JACKSONやQUINCY JONES、BARBRA STREISANDらとの仕事で著名なアレンジャー/プロデューサー/ソングライターJEREMY LUBBOCKのペンによるロマンティックな映画を彩りそうなローズに導かれる未発表トラック"A REASON TO SMILE"、GARDNER & FULLERのCECILY GARDNERが作詞を担当し、KENNY LOGGINSの長年のコラボレーターでTOTOの現ベーシストでもあるSHEM VON SCHROECKのヴォーカルをフィーチャーしたエモーショナルなバラッド"WOULDN'T IT BE KINDER"、SANTA FE & FAT CITY HORNSのリーダー/ギタリスト/シンガーJERRY LOPEZと共作したライト・ファンクなキャッチー・ソウルフル・ミッド・テンポ"LET'S GET TO IT"などなど、新たな北欧ウェストコースト・クラシックとなりえるジェントルでドリーミーな名曲が詰まった傑作に仕上がっています。

1. Kuwakaribisha
2. Favor - FEAT FRANK ADAHL
3. When You're Gone - FEAT JULIAN THOMAS
4. Walkin' On Air - FEAT JASON SCHEFF
5. Show Me A Sign - FEAT WARREN WIEBE & ZOSIA
6. Perfect Imperfection - FEAT JEFF PESCETTO
7. Still Life (Interlude)
8. Wouldn't It Be Kinder - FEAT SHEM VON SCHROECK
9. Let's Get To It - FEAT JERRY LOPEZ
10. A Reason To Smile - FEAT JULIAN THOMAS
11. You Belong To Me - FEAT CLIF MAGNESS
12. Today - FEAT ASHTON MORAN

●上記輸入盤新譜CDは下記サイトにて好評販売中!
http://diskunion.net/rock/ct/detail/RY170928TM01


Posted by uncledog at 18:56:09 │Comments(0)TrackBack(0) | 素晴らしき音楽との出会い TOP | 前の記事次の記事

この記事へのトラックバックURL

http://blog.diskunion.net/user/uncledog/tapestry/cwtb.cgi/20451

この記事へのコメント


■お名前
■メール
■URL

■コメント

TOP OF PAGE