素晴らしき音楽との出会い

1年に2万キロ以上もの旅をしながら出会った様々な素晴らしき音楽をつれづれなるままにご紹介。

 
 

◆鈴木カツ 著/昭和ポップス・ノート 〜土曜の夜は、テネシー・ワルツ

2017-09-08

20227.jpg ◆入荷いたしました♪ 好評販売中♪

<国内書籍新刊情報>

<芽瑠璃堂マガジンPRESENTS #009>

惜しまれつつも2017年6月にこの世を去った鈴木カツ氏の遺作とも言える一冊が書籍化決定!

◆鈴木カツ 著/昭和ポップス・ノート 〜土曜の夜は、テネシー・ワルツ(芽瑠璃堂/MMP009/BOOK/9784907581091)

昭和20年代から60年代までに流行ったヒット・ソングを紹介、新書・文庫・単行本をもっとも購入する団塊世代、そしてこよなく英米ポップスを愛する若い音楽ファン向けの音楽書。

昭和世相に触れながら、日本で流行ったヒット・ソングとスター歌手たちを紹介、誕生裏話、ヒット・ソングのルーツ、日本人によるカバー録音、来日ミュージシャンなどについて語っていきたいと思います。

〜以下、本書序文より〜
英米のポップス・ヒット曲は、わが国だけでなく世界中の音楽ファンの心をとりこにしました。こうしたヒット曲はやがてスタンダード・ソングとなり、いまでも多くのミュージシャンに歌われたり、演奏されたりしております。昭和洋楽=ポップスの歴史を紐解くと懐かしいヒット・ソングの数々に出会うことができます。こうした昭和のポップス・ヒットは、歳を重ねた音楽ファンに「生きる力」を与えてくれたり、「夢」を与えてくれたり、「青春時代のほろ苦い思い出」に浸ることもできます。若い音楽ファンには、「未知の素晴らしいポップスとの出会い」を演出してくれます。つまり「懐かし昭和のポップス・ヒット」は、まだまだ限りない魅力があるということです。いうまでもなく大ヒットを歌ったミューシャンのヒット・ソングは、年齢に関係なく永久に忘れることのできないものです。

本稿は、昭和20年代から60年代までに流行ったヒット・ソングを紹介、新書・文庫・単行本をもっとも購入する団塊世代、そしてこよなく英米ポップスを愛する若い音楽ファン向けの音楽書として企画立案しました。昭和世相に触れながら、日本で流行ったヒット・ソングとスター歌手たちを紹介、誕生裏話、ヒット・ソングのルーツ、日本人によるカバー録音、来日ミュージシャンなどについて語っていきたいと思います。書店では昭和本が店頭に飾られておりますが、昭和に流行ったポップスに関した音楽書が皆無という状況です。こうした点でも本稿の出版は、意義のあるものだと確信しております。(鈴木カツ)

目次
はじめに
01:パティ・ペイジ「テネシー・ワルツ」
02:ハンク・ウィリアムズ「ジャンバラヤ」
03:ビル・ヘイリー&ザ・コメッツ「ロック・アラウンド・ザ・ロック」
コラム:懐かし 来日ミュージシャン・ライヴ会場の想い出
04:エルヴィス・プレスリー「ラブ・ミー・テンダー」
05:ポール・アンカ「ダイアナ」
06:コニー・フランシス「カラーに口紅」
コラム:懐かしウェスタン・ブーム
07:アンディ・ウィリアムス「ムーン・リヴァー」
08:ハリー・ベラフォンテ「バナナ・ボート・ソング」
09:チャック・ベリー「ジョニー・B・グッド」
10:レイ・チャールズ「ホワット・アイ・セイ」
コラム:懐かし黒人音楽ブーム
11:ボブ・ディラン「風に吹かれて」
12:ザ・ビートルズ「抱きしめたい」
13:ピーター・ポール&マリー「パフ」
コラム:懐かしタンゴ、シャンソン、ハワイアン・ブーム
14:ビーチ・ボーイズ「ファン・ファン・ファン」
15:ザ・ベンチャーズ「急がば廻れ」
16:サイモン&ガーファンクル「サウンド・オブ・サイレンス」
コラム:懐かし映画音楽ブーム
17:カーペンターズ「スーパー・スター」
18:ザ・バーズ「ミスター・タンブリン・マン」
19:マイケル・ジャクソン「スリラー」
20:スティーヴィー・ワンダー「心の愛」
コラム:懐かしムード・ミュージック・ブーム
おわりに

●上記国内新刊書籍は下記サイトにて好評販売中!
http://diskunion.net/rock/ct/detail/DF170630-001


Posted by uncledog at 18:24:25 │Comments(0)TrackBack(0) | 素晴らしき音楽との出会い TOP | 前の記事次の記事

この記事へのトラックバックURL

http://blog.diskunion.net/user/uncledog/tapestry/cwtb.cgi/20227

この記事へのコメント


■お名前
■メール
■URL

■コメント

TOP OF PAGE