素晴らしき音楽との出会い

1年に2万キロ以上もの旅をしながら出会った様々な素晴らしき音楽をつれづれなるままにご紹介。

 
 

MICHAEL KELLY BLANCHARD/There is Love(CD)

2017-07-04

20202.jpg MICHAEL KELLY BLANCHARD/There is Love FEATURING NOEL PAUL STOOKEY(NEWORLD/CD/0634479286933)

1977年にリリースしたアルバム「クウェイル」がメロウ・フォークの名盤として知られるシンガー・ソングライター、マイケル・ケリー・ブランチャード。

そのマイケル・ケリー・ブランチャードが恐らく自主制作盤でリリースしたアルバムは既にCDの入手は困難となっているようですが、自身のウェブサイトにて購入可能なようなのでご紹介いたします。

01年作がCDリリース!

メロウ・フォーク/プレAOR名盤として評価される77年2ND『QUAIL』でシンガー・ソングライター・ファンに知られるクリスチャン・ソングライター/ストーリー・テラーMICHAEL KELLY BLANCHARD。

10代から曲を書き始めバークリー音楽大学で学んだという彼。77年以来の活動はほとんど知られていませんでしたが、実はこれまでに18作のアルバムや3冊の小説を残すなど、少数リリースのプライヴェート・プレス盤を多くリリースしていました。

神へ捧げ美しく愛と悲しみを歌うクリスチャン・バラッドに軽快なカントリー/哀愁のフォーク・ジャズなど、渋みのあるヴォーカルと豊潤なソングライティング・センスで紡がれるハートフルなアコースティック・チューンの数々。

77年2NDのプロデューサーでもあるPETER, PAUL AND MARYのNOEL PAUL STOOKEYと再び組んだテレビ・スペシャルからの一枚。

コネチカット州サジントンのFIRST CONGREGATIONAL CHURCHでのライヴ録音。当然STOOKEYよりのハート・ウォーミングなモダン・フォークが詰まっています。

MUSICIANS:
GRETA BLANCHARD (VOCALS),
JOE NERNEY (RECORDER, SAXAPHONES, HARMONICA, WHISTLE AND VOCALS)
CAMERON KOTLER SAWZIN (CELLO)
RICHARD KNISS (BASS)
SUE EVANS (DRUMS AND PERCUSSION)

1.Love Rules
2.Lord of the Fields
3.Father's House
4.Daddy Cut My Hair
5.Chickadee Cherub
6.April Fool
7.Thy True Love
8.For the Love of it All
9.Bonnie Breath
10.The Wedding Song Story
11.Wedding Song (there is Love)
12.Angels We Have Heard on High
13.Little Town of Bethlehm
14.Come All Ye Faithful
15.Barnyard Christmas
16.Christmas Dinner
17.Love After All
18.Facets of the Jewel
19.Be Ye Glad

●上記輸入盤CDは下記サイトにて好評販売中!
http://diskunion.net/rock/ct/detail/RS170703MKB07


Posted by uncledog at 18:19:42 │Comments(0)TrackBack(0) | 素晴らしき音楽との出会い TOP | 前の記事次の記事

この記事へのトラックバックURL

http://blog.diskunion.net/user/uncledog/tapestry/cwtb.cgi/20202

この記事へのコメント


■お名前
■メール
■URL

■コメント

TOP OF PAGE