素晴らしき音楽との出会い

1年に2万キロ以上もの旅をしながら出会った様々な素晴らしき音楽をつれづれなるままにご紹介。

 
 

◆重要なお知らせ◆(当ブログの引っ越しの件)

2018-06-18

21169.jpg ◆重要なお知らせ◆(当ブログの引っ越しの件)

読者の皆様へ

いつも当ブログ「素晴らしき音楽との出会い」を御愛読いただき誠にありがとうございます。

当ブログの現在の「http://blog.diskunion.net/user/uncledog/tapestry/」は諸事情により2018年6月末日で閉鎖となります。

つきましては当ブログ「素晴らしき音楽との出会い」は本日(2018年6月18日)より下記に引っ越しいたしましたので引き続きご愛読をよろしくお願い申し上げます。

http://blog-uncledog.diskunion.net/


uncledog



Posted by uncledog at 14:04:06Comments(0)TrackBack(0)

ジョン・ハートフォーズ・マンモス・コレクション・オブ・フィドル・チューンズ(輸入書籍)

2018-06-14

21166.jpg <輸入書籍新刊情報>

Matt Combs;Katie Harford Hogue;Greg Reish (Author),John Hartford (Illustrator) /John Hartford's Mammoth Collection Of Fiddle Tunes(StuffWorks Press, Inc./JNHT1900/BOOK+CD/9781732119000)

ハード・カバー仕様、176ページ、フル・カラー

1971年にワーナーからリリースした名盤「エアロプレーン」(Warner Bros. Records/WS 1916/LP)やグレン・キャンベルがカバーして1968年にグラミー賞を受賞したヒット曲「ジェントル・オン・マイ・マインド」の作者としてカントリー・ロック、アメリカン・ロック等のファンに有名なジョン・ハートフォード。

その故ジョン・ハートフォードのオリジナル・フィドル(バイオリン)曲を176曲掲載した新刊書籍「ジョン・ハートフォーズ・マンモス・コレクション・オブ・フィドル・チューンズ」が遂に出版されました。

掲載された176曲のほとんどの楽曲が未発表、未レコーディング曲です。

ジョン・ハートフォードが描いたスティームボート、リヴァ―・ライフ、お気に入りのミュージシャン等のデッサン、絵画を60点収録。

この新刊書籍の著者、編集者は元ジョン・ハートフォードストリング・バンドのマット・コム(フィドル奏者)とジョンの娘であり、ジョン・ハートフォード・オフィスの共同マネージャーを務めるケイティ・ハートフォード・ホーグとミドル・テネシー州立大学ポピュラー・ミュージック・センターのディレクターであり、ミュージシャン、プロデューサー、音楽学者として活動しているグレッグ・レイシュの3名。

サム・ブッシュ、ノーマン&ナンシー・ブレイクやジョンの家族へのインタビューも収録。

ジョン・ハートフォードのファンは必携の一冊、米国ルーツ・ミュージック、ルーツ・ロック、ブルーグラス等のファンにとっても見逃せない重要な一冊です。

●ジョン・ハートフォーズ・マンモス・コレクションのフェイスブックは下記です
https://www.facebook.com/HartfordsMammothCollection/




Posted by uncledog at 11:54:18Comments(0)TrackBack(0)

レインボウズ/レインボウズ

2018-06-14

21168.jpg <国内盤紙ジャケ新譜CD情報>

レインボウズ/レインボウズ(オールデイズレコード/ODR6605/CD/4582239486054)

THE RAINBOWS/THE RAINBOWS

日本で空前の大ヒットを記録した「バラ・バラ」を含むレインボウズの決定版!

67年、時ならぬ「バラ・バラ」の大ヒットで日本のポップス・ファンの心はバラバラ、ではなく一つになった。

英米にはない日本独自のビッグ・ムーヴメントが巻き起こり、それまで全く無名だったドイツのロックンロール・バンドがこの1曲で国民的支持を得たのである。

本CDは、ドイツ盤アルバム『ザ・レインボウズ』(66年)に日本でのシングル曲やアルバム未収録の独シングル曲をボーナス追加したレインボウズの決定版!

01. BEAUTIFUL DELILAH
02. TOO MUCH MONKEY BUSINESS
03. DONNA
04. WALKING THE DOG
05. I’LL NOT BE WITHOUT YOU
06. SWEET LITTLE SIXTEEN
07. BALLA BALLA
08. BALD HEADED WOMAN
09. CAROL
10. BAD BAD BABY
11. MR. MILKMAN
12. YOU MUST’VE SEEN
13. I SURE KNOW A LOT ABOUT LOVE
14. FOUR BOYS IN MUSIC
15. JU JU HAND
16. KOMMANDO PIMPERLE
17. ROTKARIERTE PETERSILIE
18. IT MUST BE LOVE
19. SAY WON’T YOU BE MY GIRL
20. DON’T CRY
21. A WALK TO PARIS
22. WANTED



Posted by uncledog at 11:34:43Comments(0)TrackBack(0)

ドクター・サミュエル・J・ホフマン

2018-06-14

21167.jpg <国内盤紙ジャケ新譜CD情報>

ドクター・サミュエル・J・ホフマン/ミュージック・アウト・オブ・ザ・ムーン / パフューム・セット・トゥ・ミュージック / ミュージック・フォー・ピース・オブ・マインド(オールデイズレコード/ODR6583/CD/4582239485835)

DR. SAMUEL J. HOFFMAN/MUSIC FOR PEACE OF MIND/MUSIC OUT OF THE MOON/PERFUME SET TO MUSIC

【魅惑のエキゾ&スペース・エイジ・ポップ・コレクション】

安息と幽玄の世界へと誘うテルミンの歴史的大名盤を3in1!
 
世界最古の電子楽器テルミン。ソロ楽器としての魅力を存分に引き出し芸術性の高いオーケストレーションでスペースエイジ・バチェラー・パッド・ミュージックの超古典として語り継がれる『Music Out Of The Moon』(47年発表)、『Perfume Set To Music』(48年発表)、『Music For Peace Of Mind』(50年発表)の3枚を収録。

テルミン演奏はサミュエル・J・ホフマン博士、作曲は全てハリー・レヴェル、編曲はレス・バクスターとビリー・メイが担当。テルミンの素晴らしい響きをぜひご堪能ください。(解説:ビブラスキ)

FROM THE ALBUM MUSIC OUT OF THE MOON

01. LUNAR RHAPSODY
02. MOON MOODS
03. LUNETTE
04. CELESTIAL NOCTURNE
05. MIST O’ THE MOON
06. RADAR BLUES

FROM THE ALBUM PERFUME SET TO MUSIC

07. TOUJOURS MOI (ALWAYS ME)
08. TZIGANE (GYPSY)
09. POSSESSION
10. L’ARDENT NUIT (ARDENT NIGHT)
11. JET
12. FAME

FROM THE ALBUM MUSIC FOR PEACE OF MIND

13. THIS ROOM IS MY CASTLE OF QUIET
14. THE DARKNESS GIVES ME YOU AGAIN
15. REMEMBERING YOUR LIPS
16. MY TROUBLES FLOAT AWAY LIKE FALLEN LEAVES
17. YOUR SOFT HAND ON MY BROW
18. I DREAM OF A PAST LOVE



Posted by uncledog at 11:29:59Comments(0)TrackBack(0)

NRBQ/At Yankee Stadium

2018-06-13

21134.jpg NRBQ/At Yankee Stadium(Fontana Island/FNIS824462.2/CD/0042282446220)

NRBQが1978年にリリースした6枚目のアルバムにして最高傑作の誉れ高き「アット・ヤンキー・スタジアム」(Mercury/SRM-1-3712/LP)。

ポップ度数の高い名作「アイ・ラヴ・ハー、シー・ラヴズ・ミー」、スイング度数の高い「ザッツ・二―ト、ザッツ・ナイス」、ロックン・ロール・クラシック「シェイク、ラトル&ロール」、ジョニー・キャッシュの「ゲット・リズム」のカバー等を収録した人気作。

1.Green Lights
2.Just Ain't Fair
3.I Love Her, She Loves Me
4.Get Rhythm
5.That's Neat, That's Nice
6.Ain't No Free
7.I Want You Bad
8.The Same Old Thing
9.Yes, Yes, Yes
10.It Comes to Me Naturally
11.Talk to Me
12.Shake, Rattle & Roll

●上記輸入盤CDは下記サイトにて好評販売中!
http://diskunion.net/rock/ct/detail/XAT-1245473645




Posted by uncledog at 18:36:50Comments(0)TrackBack(0)

Cathy Fink & Marcy Marxer/Zoom A Little Zoom! A Ride Through Science

2018-06-12

21094.jpg ◆入荷いたしました♪

<輸入盤新譜CD情報>

Cathy Fink & Marcy Marxer/Zoom A Little Zoom! A Ride Through Science(Community Music Inc./CMNT212.2/CD/0700261462936)

オールドタイム・ミュージックやフォークを子供向けに演奏することによって米国文化を伝承していることで評価の高い女性フォーク/シンガー・ソングライター・デュオ、キャシー・フィンク&マーシー・マークサーによる2018年新作:チルドレン・アルバム「ズーム・ア・リトル・ズーム!:ア・ライド・スルー・サイエンス」。

大人が聞いても楽しいルーツ・ミュージックによる子供向けソングが詰まっています。

1. Zoom A Little Zoom (Rocket Ship) (3:21)
2. Constellation Jig (3:02)
3. What Makes The Lightning? (2:16)
4. Why Does The Sun Shine? (3:09)
5. Snowflake, Snowflake (2:17)
6. Vibration (3:58)
7. We Know The Air Is There (Hi, Ho, Fiddle Dee Dee) (2:54)
8. Bobo The Bear (The Hibernation Song) (2:47)
9. What Is An Insect? (A Cricket In A Thicket) (3:22)
10. What Is Gravity? (2:26)
11. Zoom A Little Zoom (Rocket Ship, Reprise) (0:57)

●上記輸入盤新譜CDは下記サイトにて好評販売中!
http://diskunion.net/rock/ct/detail/RS18060534


●下記サイトにて4曲のみ試聴可能です
http://www.cathymarcy.com/thestore/childrens-music/zoom-a-little-zoom-a-ride-through-science/




Posted by uncledog at 19:04:47Comments(0)TrackBack(0)

Fink, Marxer, Gleaves/Shout And Shine

2018-06-12

21093.jpg ◆入荷いたしました♪

<輸入盤新譜CD情報>

Fink, Marxer, Gleaves/Shout And Shine(Community Music Inc./CMYM213.2/CD/0700261465227)

オールドタイム・ミュージックやフォークを子供向けに演奏することによって米国文化を伝承していることで評価の高い女性フォーク/シンガー・ソングライター・デュオ、キャシー・フィンク&マーシー・マークサーの2018年新作アルバム「シャウト・アンド・シャイン」。

心洗われる美しいアコギのサウンドと女性ボーカル・ハーモニーが素晴らしい佳作です。

1. Shout And Shine (3:06)
2. Hot Pink House Trailer (2:45)
3. If The Poor Don’t Matter (4:29)
4. Oh Babe It Ain’t No Lie (2:45)
5. Moonshine (3:35)
6. If I Were A Blackbird (3:20)
7. Sweet South Anna River (4:37)
8. Welcome Table (3:12)
9. Granny (2:56)
10. Buddies In The Saddle (3:23)
11. Brother You Ought To Been There (2:32)
12. I’m Happy Every Day (2:53)
13. Closer To The Light (3:06)

●上記輸入盤新譜CDは下記サイトにて好評販売中!
http://diskunion.net/rock/ct/detail/RS18061101


●下記サイトにて試聴可能です
http://www.cathymarcy.com/thestore/folk/shout-and-shine/


●キャシー・フィンク&マーシー・マークサーのウェブサイトは下記です
http://www.cathymarcy.com/




Posted by uncledog at 19:03:10Comments(0)TrackBack(0)

Martin Belmont/Big Guitar

2018-06-12

21110.jpg Martin Belmont/Big Guitar(Quake Records/QR007/CD/0814519023128)

ダックス・デラックス、ルーモア、ニック・ロウのカウボーイ・アウトフットのギタリストだったマーティン・べルモントが1995年にリリースしたファースト・ソロ・アルバム「ビッグ・ギター」(Demon Records/FMCD 3/CD)が2017年に最新リマスター及びボーナス・トラックを8曲追加収録して再発CD化!

パブ・ロックのファンは要チェックです。

1. The Man in Black
2. Beans for Breakfast
3. Mexican Rose
4. Jurassic Jive
5. Rockin' Hawk
6. Bonton Roulez
7. The West Texas Fender Bender
8. Jalisco
9. Ring of Fire
10. The Cumberland Valley Railroad
11. The Rattler
12. Howlin' for My Baby
13. Battersea Bears
14. Shape Shifters
15. An Atkins Diet
16. Big Sky
17. Bluesy
18. Pickin' with Brinsley
19. Twelve by Three
20. The High Country

●上記輸入盤CDは下記サイトにて好評販売中!
http://diskunion.net/rock/ct/detail/RS18061203


●下記サイトにて試聴可能です
https://store.cdbaby.com/cd/martinbelmont

●マーティン・べルモントのFBは下記です
https://www.facebook.com/martin.belmont.73



Posted by uncledog at 18:59:21Comments(0)TrackBack(0)

Graham Parker & The Rumour/Squeezing out Sparks

2018-06-12

21112.jpg Graham Parker & The Rumour/Squeezing out Sparks(Quake Records/QR008/CD/0888295667067)

グレアム・パーカー&ザ・ルーモアが1979年にリリースしたアルバム「スクイ―ジング・王と・スパークス」(Vertigo/9102 030/LP)がボーナス・トラックを11曲追加収録して再発CD化!

ボーナス・トラックは1979年、シアトルにあるパラマウント・シアターでのライヴ音源です。

*ジャケットは変更されています。

1. Discovering Japan
2. Local Girls
3. Nobody Hurts You
4. You Can't Be Too Strong
5. Passion Is No Ordinary Word
6. Saturday Nite Is Dead
7. Love Gets You Twisted
8. Protection
9. Waiting for the UFO's
10. Don't Get Excited

<BONUS TRACKS>(LIVE)

11. Discovering Japan (Live)
12. Local Girls (Live)
13. Nobody Hurts You (Live)
14. You Can't Be Too Strong (Live)
15. Passion Is No Ordinary Word (Live)
16. Saturday Nite Is Dead (Live)
17. Protection (Live)
18. Don't Get Excited (Live)
19. Mercury Poisoning (Live)
20. I Want You Back (Live)
21. Pourin' It All Out (Live)

●上記輸入盤CDは下記サイトにて好評販売中!
http://diskunion.net/rock/ct/detail/RS18061202


●下記サイトにて試聴可能です
https://store.cdbaby.com/cd/grahamparker19

●グレアム・パーカーのウェブサイトは下記です
http://www.grahamparker.net/Home.html




Posted by uncledog at 18:57:38Comments(0)TrackBack(0)

HACKAMORE BRICK/From There to Almost Here(CD-R)

2018-06-12

21125.jpg HACKAMORE BRICK/From There to Almost Here(HACKAMOREBRICKMUSIC/HACKAMOREBRICK3/CD-R/0888174439914)

サイケ好きの間では有名な60年代後半のニュ-ヨーク・アンダーグラウンドの雰囲気を持つハッカモア・ブリックが1971年にリリースしたデビュー・アルバム「ワン・キッス・リーズ・トゥ・アナザー」。

そのハッカモア・ブリックが2013年に自主制作盤CDでリリースしたアルバム「フロム・ゼア・トゥ・オールモスト・ヒア」がCD-Rで再発されていました。

内容は1972〜1984年にニュー・ヨークとオースティン(テキサス)でトミー・ムーンライト、チック・ニューマンとのバンド形態でレコーディングしたスタジオ音源集です。

ファースト・アルバム同様にダルでムーディーなアシッド感、メロウな楽曲が素晴らしい!!

1. I Put Off My Date With Destiny
2. Can't Get You Out of My Mind
3. You Got My Love
4. When I Get Home
5. Just Another Squarehead
6. Don't You Want My Love
7. Somebody Will
8. Lose You
9. A Face in the Crowd
10. Don't You Wanna Go
11. Wink of an Eye
12. Going Around Together
13. We Can't Drive to Florida

●上記輸入盤CDRは下記サイトにて好評販売中!
http://diskunion.net/rock/ct/detail/RS18061204


●下記サイトにて試聴可能です
https://store.cdbaby.com/cd/hackamorebrick3





Posted by uncledog at 18:55:09Comments(0)TrackBack(0)

HACKAMORE BRICK/Snails in Astoria

2018-06-12

21126.jpg HACKAMORE BRICK/Snails in Astoria(Hackamorebrickmusic/HBM1001/CD/0889211708901)

サイケ好きの間では有名な60年代後半のニュ-ヨーク・アンダーグラウンドの雰囲気を持つハッカモア・ブリックが1971年にリリースしたデビュー・アルバム「ワン・キッス・リーズ・トゥ・アナザー」。

そのハッカモア・ブリックが2016年に新作アルバム「スネイルス・イン・アストリア」をリリースしていました。

今作も相変わらずダルでムーディーなアシッド感、メロウな楽曲が素晴らしい!!

1. I Got off the Train
2. Can't Get You out of My Mind
3. She Was Sex Run Riot
4. Montgomery Street
5. You're Going Hollywood
6. Tonight I Will Leave My Door Open
7. I Used to Win
8. Dead Cars
9. I Get By
10. I See You
11. Hey Old Friend
12. All of Our Own

●上記輸入盤CDは下記サイトにて好評販売中!
http://diskunion.net/rock/ct/detail/RS18061205


●下記サイトにて試聴可能です
https://store.cdbaby.com/cd/hackamorebrick5





Posted by uncledog at 18:52:48Comments(0)TrackBack(0)

The Vettes/Rev-Up!

2018-06-12

21128.jpg ◆入荷いたしました♪

<輸入盤新譜LP情報>

The Vettes/Rev-Up!(Modern Harmonic/MH-8068/LP/0090771806819)

サーフィン、ホット・ロッド、インスト・ファン狂喜の激レア盤LPが待望のアナログ盤LP(モノラル仕様)で再発!!

1964年1月にリリースされたザ・ヴェッツの「レヴ・アップ!」(MGM Records/SE 4193/LP)はプロデュースをブルース・ジョンストン(ビーチ・ボーイズ)とテリー・メルチャーが担当。

レコーディングにはブルース・ジョンストン、グレン・キャンベル、レオン・ラッセル、ハル・ブレイン、スティーヴ・ダグラス等のベテラン・セッション・マンが多数参加。

レッキング・クルーのファンも要チェックです。

1963年にシングル・カットされた「リトル・フォード・ラグトップ」「ハッピー・ハダディ」他、全12曲収録。

カラ―・レコード(ブルー)仕様

Bruce Johnston(Vocal) (tracks: A1, A3, A5, B1, B6)
Glen Campbell(Guitar)
Tommy Tedesco(Guitar)
Ray Pohlman(Electric Bass)
Hal Blaine(Drums)
Bruce Johnston(Keyboard)
Leon Russell(Keyboard)
Jay Migliori(Sax)
Steve Douglas(Sax)

Producer:Bruce Johnston, Terry Melcher

1.Little Ford Ragtop
2.Devil Driver's Theme
3.Happy Hodaddy with Ragtop Caddy
4.Chevey Scrafer
5.Devil Driver
6.Voodoo Green Part 1
7.4.56 Stingray
8.Voodoo Green Part 2
9.Superstock Vette
10.Cheater Slickin' Time
11.Shutdown King
12.'55 Bird

●上記輸入盤新譜LPは下記サイトにて好評販売中!
http://diskunion.net/rock/ct/detail/RS18061119




Posted by uncledog at 18:50:44Comments(0)TrackBack(0)

V.A./A Sea For Yourself

2018-06-12

21129.jpg ◆入荷いたしました♪

<輸入盤新譜情報>

V.A./A Sea For Yourself(Modern Harmonic/MH-8035/2LP+DVD/0090771803511)

●上記輸入盤新譜LPは下記サイトにて好評販売中!
http://diskunion.net/rock/ct/detail/RS18061120


V.A./A Sea For Yourself(Modern Harmonic/MHCD-035/2CD/0090771803528)

●上記輸入盤新譜CDは下記サイトにて好評販売中!
http://diskunion.net/rock/ct/detail/RS18061121



1973年に米国でリリースされたサーフィン、ファンク、サイケの激レアなサントラ盤LP「ア・シー・フォー・ユアセルフ」(Rural Records/RR 002/2LP)がアナログ盤2枚組LP(同映画のDVD付)と2CDで待望の再発。

1972年のサーフィン映画「ア・シー・フォー・ユアセルフ」のサントラ盤ですが、カリフォルニア・ミュージックの伝説のリック・ヘン、デニス、ダリル・ドラゴン等が音楽を担当しています。

2LPはカラ―・レコード(グリーン)仕様&オリジナル・フィルムのDVDが付属。

<SIDE A>
1.Dennis Dragon/Excerpt From "Aerials To The Earth Suite"
2.The Dragons/Space Shuffle
3.The Bozone/Stone Crazy
4.Richard Henn & Co./Drain Pipe
5.The Dragons/Peace Garden
6.Rockin' Foo/Tyson Road House
7.Al Oakie & Friends/Jumpin' With Jarvis
8.The Bozone/Sugar In My Coffee

<SIDE B>
1.The Bozone/Zorro's Revenge
2.The Dragons/Hear The Truth (A.K.A. Everybody Needs)
3.Richard Henn & Co./Squeeze Box
4.Dan Peyton/Karma Cue
5.The Bozone/Bahama Hop

<SIDE C>
1.Richard Henn & Co./Rain Ride One & Two
2."Little" Marty Kaniger/Wish I Knew
3.The Dragons/Nite Cruzer Two
4.The Dragons/Cataclysm
5.Rockin' Foo/Fair Thee Well
6.The Dragons/Soul Teacher
7.The Dragons/Urantia Plains

<SIDE D>
1.BFI/Cosmosis
2.Dan Peyton/Slidin'
3.Michael Raccoon/When The Money Comes
4.The Dragons/Power Jam One & Two
5.The Dragons/Food For My Soul
6.Richard Henn & Co./Cholo
7.Richard Henn & Co./Rain Ride Three



Posted by uncledog at 18:48:58Comments(0)TrackBack(0)

◆ROOTS CLASSICS ON CD VOL.83◆

2018-06-12

21136.jpg ◆ROOTS CLASSICS ON CD VOL.83◆

Long John Baldry/Everything Stops for Tea(Stony Plain Music/SP321311.2/CD/0772532131124)

ロッド・スチュワート、ブライアン・オーガー、ジュリー・ドリスコール等が参加していたスティームパケットのメンバーでもあった英国のロック・シンガー、ロング・ジョン・ボールドリーが1972年にリリースした6枚目のソロ・アルバム「エヴリシング・ストップス・フォー・ティー」(Warner Bros. Records/WB K46160/LP)。

1971年にリリースした5作目のソロ・アルバムであり、ノース・アメリカでのデビュー・アルバムともなった前作「イット・エイント・イージー」(Warner Bros. Records/K46088/LP)に続くアルバムで、今作でもロッド・スチュワート(A面)とエルトン・ジョン(B面)がプロデュースを担当。

エルトン・ジョンが自身の長年のバンド・メンバーであったデイヴィー・ジョンストン、レイ・クーパー、ナイジェル・オルソンと共にゲスト参加。

ロッド・スチュワートがトラッド・ナンバーの「マザー・エイント・デッド」でゲスト参加(バンジョー)。

前作同様にロング・ジョン・ボールドリーのルーツであるR&B路線へと回帰したソウルフルな歌声が素晴らしい佳作です。

1.Come Back Again (Intro)
2.Seventh Son
3.Wild Mountain Thyme
4.Iko Iko
5.Jubilee Cloud
6.Everything Stops for Tea
7.You Can't Judge a Book
8.Mother Ain't Dead
9.Hambone
10.Lord Remember Me
11.Armit's Trousers
12.Radio Spot, No. 1
13.Bring My Baby Back to Me Live]
14.Only Love Can Break Your Heart
15.I'm Just a Rake & Ramblin' Boy
16.Radio Spot, No. 2

●上記輸入盤CDは下記サイトにて好評販売中!
http://diskunion.net/rock/ct/detail/RS18061105




Posted by uncledog at 18:44:01Comments(0)TrackBack(0)

TONY JOE WHITE/BAD MOUTHIN'

2018-06-12

21165.jpg <輸入盤新譜情報>

TONY JOE WHITE/BAD MOUTHIN' (WHITE VINYL/DOWNLOAD)(YEP ROC/YEP2593.1/2LP/0634457259317)

TONY JOE WHITE/BAD MOUTHIN'(YEP ROC/YEP2593.2/CD/0634457259324)

スワンプ・ロックを代表するトニー・ジョー・ホワイトの2018年新作アルバム「バッド・マウシン」。

ジミー・リードの「ビッグ・ボス・マン」、ビッグ・ジョー・ウイリアムスの「ベイビー・プリーズ・ドント・ゴー」他、ブルース・ナンバーを多く含む期待度の高い内容です。

*LPはカラー(ホワイト)仕様

1. Bad Mouthin'
2. Baby Please Don't Go
3. Cool Town Woman
4. Boom Boom
5. Big Boss Man
6. Sundown Blues
7. Rich Woman Blues
8. Bad Dreams
9. Awful Dreams
10. Down the Dirt Road Blues
11. Stockholm Blues
12. Heartbreak Hotel

●トニー・ジョー・ホワイトのウェブサイトは下記です
http://www.tonyjoewhite.com/



Posted by uncledog at 12:52:55Comments(0)TrackBack(0)

Poobah/BLUE

2018-06-12

21164.jpg <輸入盤新譜CD情報>

Poobah/BLUE(CD/0192914435815)

アメリカン・ハード・ロックのファン、マニアに有名なバンド、プーバーが2018年新作アルバム「ブルー」をリリース!

1. Don't Do That
2. Intergalactic
3. A New Kind of Crazy
4. Maximum Pleasure
5. Hide
6. Good Fortune
7. My Name Is Mud
8. Karma
9. Somebody Stole My Weed
10. B.B.T.
11. Premature Jack
12. Tracked In
13. It's Only Raining on Me
14. Lighter
15. Different

●下記サイトにて試聴可能です
https://store.cdbaby.com/cd/poobah25

●プーバーのウェブサイトは下記です
http://www.poobahband.com/index/




Posted by uncledog at 11:40:25Comments(0)TrackBack(0)

Sonny Condell/Swallows And Farms

2018-06-12

21157.jpg Sonny Condell/Swallows And Farms(Sonny Condell/IWMRCD260413/Ireland/CD/2299990222461
)

ソニー・コンデルとレオ・オケリーの二人による英国のドリーミーなフォーク・デュオ、ティア・ナ・ノグが1971年にクリサリスからリリースしたデビュー・アルバムにして彼等の最高傑作「ティア・ナ・ノグ」は渋谷道玄坂にあった伝説のロック喫茶『ブラックホーク』の「ブラックホークの選んだ99枚のレコード」に選ばれた1枚としても有名です。

そのティア・ナ・ノグの片割れ、ソニー・コンデルが2013年に自主制作盤でリリースしたソロ・アルバム「スワロウズ・アンド・ファームズ」。

シンガー・ソングライター、英国フォーク等のファンは要チェックです!!

1 Falling Apple Sound
2 Avondale
3 The Silver Tassie
4 Swallows And Farms
5 Bon Voyage
6 Philadelphus
7 Too Late
8 You In Yellow
9 Sleep
10 Cold Light
11 Comes Calling

●ソニー・コンデルのウェブサイトは下記です
http://www.sonnycondell.com/




Posted by uncledog at 10:34:06Comments(0)TrackBack(0)

Sonny Condell&Patrick Kehoe/Seize The Day

2018-06-12

21156.jpg Sonny Condell&Patrick Kehoe/Seize The Day(Sonny Condell/Ireland/CD/5390108318325)

ソニー・コンデルとレオ・オケリーの二人による英国のドリーミーなフォーク・デュオ、ティア・ナ・ノグが1971年にクリサリスからリリースしたデビュー・アルバムにして彼等の最高傑作「ティア・ナ・ノグ」は渋谷道玄坂にあった伝説のロック喫茶『ブラックホーク』の「ブラックホークの選んだ99枚のレコード」に選ばれた1枚としても有名です。

そのティア・ナ・ノグの片割れ、ソニー・コンデルがアイルランドの詩人、パトリック・ケホーとコラボして2017年に自主制作盤でリリースした新作アルバム「シーズ・ザ・デイ」。

アルバム・タイトル曲のソニー・コンデルのアコギの弾き語りの映像がソニー自身のウェブサイトにアップされていますが、聞く者の心に染み入る素晴らしい歌唱です。

シンガー・ソングライター、英国フォーク等のファンにお薦め!!

1 Running Into Blue
2 Jaguar Print
3 Entenza
4 Gold City
5 Travelling Show
6 Empty Well
7 Interregnum
8 Don Quixote
9 Miles To Hear
10 Father
11 Instruction
12 Ghost In White Face
13 Seize The Day

●ソニー・コンデルのウェブサイトは下記です
http://www.sonnycondell.com/


●ソニー・コンデルのFBは下記です
https://www.facebook.com/sonnycondellofficial/?ref=ts



Posted by uncledog at 10:33:08Comments(0)TrackBack(0)

Dennison(Patricia Dennison)/Note Painting

2018-06-12

21153.jpg Dennison(Patricia Dennison)/Note Painting(Dennison Digital Arts/CDB5638579974.2/CD/0888295340250)

美しく、グルーブ感のあるソフト・ロックの名作として人気の高い唯一のアルバム「レフュジー」を1973年にリリースした女性デュオ、ヘヴン&アースの片割れ、パトリシア・デ二スン(シンガー・ソングライター、ギターリスト)がデ二スン名義で2015年にリリースしたフィンガー・スタイルのアコギの美しいインスト・アルバム「ノート・ペインティング」。

ニュー・ヨークはロチェスター近郊にあるスモール・タウンで育ったパトリシア・デ二スンは14歳の時から作曲を開始。

ヒューゴ・ヴィンターハルターやハリー・チェイピンとギターで共演。その後、女性デュオ、ヘヴン&アースで活動し、唯一のアルバムをオヴェイション・レコーズから1973年にリリース。

ジョニ・ミッチェル、ジュディ―・コリンズ、PPM、ボブ・ディラン、ジョーン・バエズ、トム・ラッシュ、ビートルズ、マイケル・ヘッジズ等の影響を受けたそうです。

1. Jackie G
2. Ludington
3. January
4. Montana Man
5. Note Painting
6. Moles Moan
7. On the Edge
8. Rajas
9. Thoughts of Spring
10. Ode to Sonya

●下記サイトにて試聴可能です
https://store.cdbaby.com/cd/dennison3

●パトリシア・デ二スンのウェブサイトは下記です
http://www.dennison-music.com/default.html

●デ二スンのFBは下記です
https://www.facebook.com/Dennison-Music-326134987431/?ref=ts




Posted by uncledog at 10:32:14Comments(0)TrackBack(0)

Dennison(Patricia Dennison)/Who's Watching

2018-06-12

21154.jpg Dennison(Patricia Dennison)/Who's Watching(Dennison Music/CDB5637615253.2/CD/0884501290210)

美しく、グルーブ感のあるソフト・ロックの名作として人気の高い唯一のアルバム「レフュジー」を1973年にリリースした女性デュオ、ヘヴン&アースの片割れ、パトリシア・デ二スン(シンガー・ソングライター、ギターリスト)がデ二スン名義で2010年にリリースしたファースト・ソロ・アルバム「フーズ・ウォッチング」。

ヘヴン&アースのアルバムで聞くことができたような美しいボーカルが堪能できます。全12曲中3曲がインスト。

ニュー・ヨークはロチェスター近郊にあるスモール・タウンで育ったパトリシア・デ二スンは14歳の時から作曲を開始。

ヒューゴ・ヴィンターハルターやハリー・チェイピンとギターで共演。その後、女性デュオ、ヘヴン&アースで活動し、唯一のアルバムをオヴェイション・レコーズから1973年にリリース。

ジョニ・ミッチェル、ジュディ―・コリンズ、PPM、ボブ・ディラン、ジョーン・バエズ、トム・ラッシュ、ビートルズ、マイケル・ヘッジズ等の影響を受けたそうです。

1.Welcoming
2.Gaitri Prayer
3.Break Free
4.Shanti
5.Double O Ego [Instrumental]
6.There Is No End
7.Who's Watching
8.Spring Fever [Instrumental]
9.Sarve Prayer
10.Shadow [Instrumental]
11.I Believe
12.I Am

●下記サイトにて試聴可能です
https://store.cdbaby.com/cd/dennisonmusic

●パトリシア・デ二スンのウェブサイトは下記です
http://www.dennison-music.com/default.html

●デ二スンのFBは下記です
https://www.facebook.com/Dennison-Music-326134987431/?ref=ts



Posted by uncledog at 10:31:36Comments(0)TrackBack(0)

Creighton Lindsay/I Ain't Worried

2018-06-11

21104.jpg ◆入荷いたしました♪ 好評販売中♪

◆ライ・クーダー・タイプのスライド・ギターリスト、シンガー・ソングライター、クレイトン・リンゼイのCDをディスクユニオンがディストリビューション開始!

Creighton Lindsay/I Ain't Worried(Workbench Records/WB004/CD/0700261466248)

1970年代から北米とヨーロッパのフォーク・ミュージック・ファンを魅了してきたクレイトン・リンゼイが1982年にルースター・レコーズからリリースしたファースト・ソロ・アルバム「アイ・エイント・ウォリード」(Rooster Records/RSTR 116/LP)。

日本でも熱心なアメリカン・ロック、シンガー・ソングライター等のファンの間で米国のルーツ・ミュージックに根差したライ・クーダー・タイプのスライド・ギターリストとして聞きつがれてきたLPです。

デヴィッド・ボウイ、エルトン・ジョン、レッド・ホット・チリ・ペッパーズ等のミュージック・ビデオも製作している米国はケンタッキー州出身の映画監督、写真家、音楽家、作家として活躍するガス・ヴァン・サントが長編デビュー作「マラノーチェ」(1985年)の映画音楽をクレイトン・リンゼイに依頼するきっかけとなったのが1982年のこのアルバム「アイ・エイント・ウォリード」(LP)という知る人そ知る佳作です。

米国にて初CD化されていましたがしばらく品切れになっていたこのデビュー・アルバムが2018年最新リマスターで待望の再発CD化!!

冒頭の「スタボーン・カインド・オブ・フェロウ」はマーヴィン・ゲイが1962年にタムラからリリースしたシングル曲のカバーでアーリー・ソウル・ナンバー。

続く「コットンフィールド・ブルース」はカントリー・ブルース・シンガー、ヘンリー・トーマスが1927年にヴォカリオンからリリースしたSP盤「ジョン・ヘンリー」のB面に収録されていた曲。

5曲目のソウルフルなボーカルと流れるように弾いているギターが耳に心地よい「メリー・ルー」はザ・バンドがデビュー以前にザ・ホークスと名乗っていた時代(RONNIE HAWKINS & THE HAWKS)のレパートリーとして知られる名曲です。

8曲目の「ゼイアー・レッド・ホット」はデルタ・ブルースの巨人、ロバート・ジョンソンによるホウカム・ブルースのカバー。

10曲目の「ジス・ウォー・メイ・ラスト・ユー・フォー・イヤーズ」は1982年にリリースされたオリジナル盤LPには未収録だったデルタ・ブルースの第一人者、サン・ハウスのカバー。

米国のルーツ・ミュージックに精通しているクレイトン・リンゼイのセンスが光る全11曲が堪能できるいぶし銀の1枚。

ライ・クーダー、レオン・レッドボーン等のシンガー・ソングライター、アメリカン・ルーツ・ロック、アメリカン・ロックが好きな方に自信を持ってお薦めできる佳作です。

1. Stubborn Kind of Fellow
2. Cottonfield Blues
3. Muddy Water
4. Je Peux Pas T'oublier
5. Mary Lou
6. Ain't Nothing You Can Do
7. It Hurts Me Too
8. They're Red Hot
9. Sweet Petunia
10. This War May Last You for Years
11. If You See My Savior

●下記サイトにて好評販売中!!
http://diskunion.net/rock/ct/detail/RS18060802


●下記サイトにて試聴可能です
https://www.creightonlindsay.com/copy-of-strange-new-town

●下記CDBABYのサイトでも販売中!
https://store.cdbaby.com/cd/creightonlindsay4




Posted by uncledog at 14:43:53Comments(0)TrackBack(0)

Creighton Lindsay/Strange New Town

2018-06-11

21099.jpg ◆入荷いたしました♪ 好評販売中♪

◆ライ・クーダー・タイプのスライド・ギターリスト、シンガー・ソングライター、クレイトン・リンゼイのCDをディスクユニオンがディストリビューション開始!

Creighton Lindsay/Strange New Town(Workbench Records/WB003/CD/0700261459264)

1982年にルースター・レコーズからリリースしたファースト・ソロ・アルバム「アイ・エイント・ウォリード」(Rooster Records/RSTR 116/LP)で熱心なシンガー・ソングライターのファンには有名な米国のルーツ・ミュージックに根差したライ・クーダー・タイプのスライド・ギターリスト、シンガー・ソングライター、クレイトン・リンゼイ。

2017年に4作目となる新作ソロ・アルバム「ストレンジ・ニュー・タウン」をリリース。

A.P.カーター(カーター・ファミリー)の「ハロー・ストレンジャー」、サラ・カーター(カーター・ファミリー)の「レイルローディング・オン・ザ・グレイト・ディヴァイド」、クリフ・カーライルの「オニオン・イーティング・ママ」、ミシシッピ・ジョン・ハートの「ペイデイ」やトラッドをメインにとりあげたオールドタイム・ミュージック作品集。

アコギとウッドベースによるデュオ、アコギとバンジョーのデュオのようなシンプルな演奏からギター、ベース、ドラムス、サックス、トランペット、トロンボーン等の大編成でのレコーディングまで多彩な演奏で豊潤なアメリカン・ルーツ・ミュージックが堪能できる佳作です。

1. What's the Matter with the Mill
2. Hello Stranger
3. Payday
4. Down the Old Plank Road
5. Coleman's March
6. We're up Against It Now
7. Paper in My Shoe
8. Railroading on the Great Divide
9. The Cuckoo
10. Onion Eating Mama
11. Walking Boss
12. If I Lose
13. Same Old Blues Again

●下記サイトにて好評販売中!!
http://diskunion.net/rock/ct/detail/RS18060803


●下記サイトにて試聴可能です
https://www.creightonlindsay.com/strange-new-town

●クレイトン・リンゼイのウェブサイトは下記です
https://www.creightonlindsay.com/


●下記CDBABYのサイトでも販売中!
https://store.cdbaby.com/cd/creightonlindsay3




Posted by uncledog at 13:10:54Comments(0)TrackBack(0)

Creighton Lindsay/Gabardine

2018-06-11

21100.jpg ◆入荷いたしました♪ 好評販売中♪

◆ライ・クーダー・タイプのスライド・ギターリスト、シンガー・ソングライター、クレイトン・リンゼイのCDをディスクユニオンがディストリビューション開始!

Creighton Lindsay/Gabardine(Workbench Records/WB002/CD/0700261380940)

1982年にルースター・レコーズからリリースしたファースト・ソロ・アルバム「アイ・エイント・ウォリード」(Rooster Records/RSTR 116/LP)で熱心なシンガー・ソングライターのファンには有名な米国のルーツ・ミュージックに根差したライ・クーダー・タイプのスライド・ギターリスト、シンガー・ソングライター、クレイトン・リンゼイ。

2013年に3枚目のソロ・アルバム「ギャバジン」をリリースしていましたが、スライド・ギターとソウルフルな歌唱が素晴らしい内容です。

1曲目の「ジッポ」はオリジナル作品。ライ・クーダーの作品と言われたら信じてしまうこと請け合いの70年代ウエストコースト・フィーリング漂う佳作でアルバムが幕を開けていきます。

2曲目の「スウィート・ナッシンズ」も「ジッポ」と同様の作風のオリジナル作品でライ・クーダー度数が高く、その手のアメリカン・ロックのファンは狂喜すること必至。

「セリナ」は美しいスライド・ギターに心奪われるノスタルジックな作風のオリジナル作品。しっとりとしたボーカルもグッド。

ブルース・ハープをフィーチャーした骨太のアメリカン・ロック・ナンバー「ウイッシュフル・シンキング」。

10曲目の「アイ・エイント・ガット・ノー・ホーム」はボブ・ディランの師匠としてロック・ファンにも有名なウディ・ガスリーのカバー。聞く者に語りかけるような包容力のある歌唱が素晴らしく、間奏の味わい深いハーモニカの音色にも要チェック!

アルバムのラストの「レッド・ロッキング・チェア」はバンジョーをフィーチャーしたトラッド・ナンバー。

全12曲中7曲がオリジナル作品というシンガー・ソングライターとしての実力を発揮したアルバムかつライ・クーダー度数が最も高い現時点での最高作と言いたいお薦めの一枚。

歌詞カード付

1 Gyppo
2 Sweet Nothin's
3 Celina
4 Wishful Thinking
5 Sueboo
6 As Good Belongs to Me
7 Swinging with a Good Guy
8 Fading Love
9 The Merengue
10 I Ain't Got No Home
11 V-8 Blues
12 Red Rocking Chair

●下記サイトにて好評販売中!!
http://diskunion.net/rock/ct/detail/RS18060804


●下記サイトにて試聴可能です
https://www.creightonlindsay.com/gabardine

●下記CDBABYのサイトでも販売中!
https://store.cdbaby.com/cd/creightonlindsay2




Posted by uncledog at 13:10:10Comments(0)TrackBack(0)

Creighton Lindsay/Round by Round

2018-06-11

21101.jpg ◆入荷いたしました♪ 好評販売中♪

◆ライ・クーダー・タイプのスライド・ギターリスト、シンガー・ソングライター、クレイトン・リンゼイのCDをディスクユニオンがディストリビューション開始!

Creighton Lindsay/Round by Round(Workbench Records/WB001/CD/0783707304908)

1982年にルースター・レコーズからリリースしたファースト・ソロ・アルバム「アイ・エイント・ウォリード」(Rooster Records/RSTR 116/LP)で熱心なシンガー・ソングライターのファンには有名な米国のルーツ・ミュージックに根差したライ・クーダー・タイプのスライド・ギターリスト、シンガー・ソングライター、クレイトン・リンゼイ。

2006年に2枚目のソロ・アルバム「ラウンド・バイ・ラウンド」をリリースしていましたが、スライド・ギターとソウルフルな歌唱が素晴らしい内容です。

1曲目の「アイ・キャン・テル」はサミュエル・スミスの作品を1962年にボ・ディドリーがチェッカーから初レコーディングしたナンバーで、その後ジョン・ハモンド、ジョニー・キッド・アンド・ザ・パイレーツ等によってカバーされた楽曲でミディアム・テンポで耳に心地良い仕上がりとなっています。

4曲目の「ウム,ウム,ウム」はカーティス・メイフィールドの作品で、後に「モンキータイム」を大ヒットさせたことで知られるソウル・シンガー、メイジャー・ランスが1963年にオーケー・レーベルからシングル盤でリリースしてヒットを放った楽曲です。

6曲目の「ソルティ・ブギー」は1955年にカントリー・シンガー、リトル・ジミー・ディケンズがコロンビアからシングル盤でリリースした楽曲のカバーで、オルガンをフィーチャーしたファンキー・チューンに仕上げています。超クール!!

9曲目の「ドゥ・ユー・フィール・イット」もオルガン入りのダンサブルなナンバー。

1 I Can Tell
2 Let the Good Times Roll Creole
3 Lord, I Have Tried
4 Um Um Um Um Um Um
5 Deborah
6 Salty Boogie
7 Everybody Ought to Pray Sometime
8 I Can't Stand It
9 Do You Feel It
10 High Blood Pressure
11 I'm Going to Cross the River of Jordan Some of These Days
12 I'm a Married Man

●下記サイトにて好評販売中!!
http://diskunion.net/rock/ct/detail/RS18060805


●下記サイトにて試聴可能です
https://www.creightonlindsay.com/round-by-round

●下記CDBABYのサイトでも販売中!
https://store.cdbaby.com/cd/creightonlindsay





Posted by uncledog at 13:09:27Comments(0)TrackBack(0)

Philip Rambow/The Hobo's Lullaby (RDJ RECORDINGS/CDR-EP)

2018-06-08

21105.jpg ◆入荷いたしました♪ 好評販売中♪

Philip Rambow/The Hobo's Lullaby (RDJ RECORDINGS/CDR-EP/2299990222408)

パンクを代表するバンド、ザ・クラッシュにも影響を与えたパブ・ロック・バンド、ザ・ウインキーズのリーダーとして活躍し、カースティー・マコール、ブライアン・イーノ、ミック・ロンソン等とのコラボレーションでも知られるカナダはモントリオール出身のSSW、フィリップ・ランボーが2018年新作「ザ・ホーボーズ・ララバイ」(4曲入りCDEP)をリリースした。

タイトル曲の「ザ・ホーボーズ・ララバイ」は2018年10/10に発売予定のチャリティ・コンピレーション・アルバム「ミュージック・マインズ」に収録予定の楽曲で、ホームレスは現代のホーボーであるという見解をベースにした歌のようです。英国のマルチ・インスト奏者、C.J.ヒルマンがペダル・スティール・ギターでゲスト参加。

「ザ・チムニー・スウイーパーズ」はウイリアム・ブレイクの詩を題材にした楽曲。

「ジ・エンド・オブ・ザ・ワールド」は2017年10月にオリンピック・サウンド・スタジオでおこなったライヴ音源で、ダックス・デラックス、ルーモア(グラハム・パーカー)、そしてニック・ロウのカウボーイ・アウトフットのギタリストだったマーティン・ベルモントがギターで参加。

1.The Hobo's Lullaby
2.The Chimney Sweepers
3.The Strong Sweet Smell of Incense
4.The End of The World

●上記輸入盤新譜は下記サイトにて好評販売中!
http://diskunion.net/rock/ct/detail/RS18060808


●上記新譜の詳細は下記を参照下さい
https://www.rdjrecordings.com/Home?ProdTitle=HOME



Posted by uncledog at 18:25:03Comments(0)TrackBack(0)

Barry Goldberg/In The Groove

2018-06-08

21068.jpg ◆入荷いたしました♪ 好評販売中♪

<輸入盤新譜CD情報>

Barry Goldberg/In The Groove(Sunset BLVD Records/SBVD7931.2/CD/0708535793120)

ポール・バターフィールド・ブルース・バンドのキーボード奏者としてボブ・ディランの1965年の伝説のニューポート・フォーク・フェスティバル出演時のバックを務めたことで有名なバリー・ゴールドバーグが2018年新作アルバム「イン・ザ・グルーヴ」をリリースする。

近年はステファン・スティルス、ケニー・ウェイン・シェパードと結成した新バンド、ザ・ライズで活動しながらセッション・ミュージシャンとしても活躍しています。

新作ではハモンドB-3オルガンとピアノで新曲や50〜60年代の名曲をインストでカバーしています。

1. Guess I Had Enough Of You
2. The Mighty Mezz
3. Westside Girl
4. In The Groove
5. Mighty Low
6. Dumplins
7. Ghosts In My Basement
8. Bullwhip Rock
9. Lazy
10. Tall Cool One
11. Slow Walk
12. Alberta

●上記輸入盤新譜CDは下記ウェッブサイトにて好評販売中!
http://diskunion.net/rock/ct/detail/RS18060807




Posted by uncledog at 17:58:20Comments(0)TrackBack(0)

◆カウボーイ/ボイヤー&タルトン(エクスパンデッド・エディション)

2018-06-08

21076.jpg ◆特典付にてご予約好評受付中♪

◆ディスクユニオン・オリジナル・復刻帯特典の製作決定!!

【ディスクユニオン・オリジナル特典】

『カウボーイ / ボイヤー&タルトン(エクスパンデッド・エディション)』をお買上げのお客様に先着で、ディスクユニオン・オリジナル・復刻帯を差し上げます。

※復刻帯・・・当時の国内盤LPに付いていた懐かしの帯を可能な限り再現したCDサイズのミニチュア帯特典です。

●ディスクユニオン・オリジナル・復刻帯付での『カウボーイ / ボイヤー&タルトン(エクスパンデッド・エディション)』のご予約は下記サイトにて好評受付中!
http://diskunion.net/rock/ct/detail/RY180509CB03


<国内盤新譜CD情報>

◆カウボーイ/ボイヤー&タルトン(エクスパンデッド・エディション)(BSMF RECORDS/BSMF7557/CD/4546266213175)

オールマン・ブラザースとの関係も深い、70年代サザン&カントリー・ロック・バンド、カウボーイがカプリコーンからリリースした1974年の名盤がリマスターされ初CD化!

スコット・ボイヤー、トミー・タルトン、2人のソングライターによる名曲の数々は今聴いても新鮮だ。

バックには、オールマンズのチャック・リーヴェル(Key)やジェイモー(Pec)、ランドール・ブラムレット(Sax)らも参加。

1974年『The Gregg Allman Tour』からの2曲をボーナス収録。

カウボーイは、1969年フロリダ州ジャクソンヴィルでスコット・ボイヤー、トミー・タルトンという2人のソングライター&ギタリストを中心に結成されたカントリー・ロック・バンド。

ボイヤーのバンド、The 31st of February(ブッチ・トラックスも所属)が、デュアン、グレッグのオールマン兄弟と親しかったことで、彼らが所属するカプリコーンと契約。

1970年にファースト『Reach for the Sky』を、1971年には『5'll Getcha Ten』とリリース。

その後、方向性の違いでボイヤー&タルトン以外のメンバーが脱退。残された2人はグレッグ・オールマンの『Laid Back』のレコーディング、ツアーに参加(『The Gregg Allman Tour』)。

その後、メンバーを一新し1974年『Boyer & Talton』、1977年『Cowboy』をリリース後、バンドは解散。

2人はセッションプレイヤーとしてマッスル・ショールズなどで活躍。2007年には再結成し、2010年『Cowboy Reunion 2010』」をリリース。2018年2月にボイヤーは亡くなっている。

1. A Patch & a Pain Killer
2. Coming Back to You
3. Everyone Has a Chance to Feel
4. Where Can You Go?
5. I Heard Some Man Talking
6. Love 40
7. Road Gravy Chase
8. Something to Please Us
9. Long Ride
10. Message in the Wind (When I’m Listening)
11. Houston
12. Houston Vamp

<BONUS TRACKS>
13. Time Will Take Us
14. Where Can You Go?



Posted by uncledog at 17:56:54Comments(0)TrackBack(0)

JERRY JEFF WALKER/IT'S ABOUT TIME

2018-06-08

21077.jpg <輸入盤新譜CD情報>

JERRY JEFF WALKER/IT'S ABOUT TIME(CD/0825479960927)

ジェリー・ジェフ・ウォーカーが2018年新作アルバム「イッツ・アバウト・タイム」をリリース。

オリジナルの他、ガイ・クラークとゴードン・フランシス・サンプソンの「マイ・フェイバリット・ピクチャー・オブ・ユー」やポール・シーベルの「バラッド・オブ・オネスト・サム」、レッド・フォーリーの「オールド・シェップ」のカバー収録。

一般販売は今のところ行っていないようですので、ジェリー・ジェフ・ウォーカーのサイトのみの販売です。

1.THAT'S WHY I PLAY
2.CALIFORNIA SONG
3.BECAUSE OF YOU
4.MY FAVORITE PICTURE OF YOU
5.SOMETHIN' BOUT A BOAT
6.BUT FOR THE TIME
7.BALLAD OF HONEST SAM
8.SOUTH COAST
9.RAIN SONG
10.OLD SHEP
11.OLD NEW MEXICO

●ジェリー・ジェフ・ウォーカーのウェブサイトは下記です
http://shop.jerryjeff.com/cd-its-about-time/




Posted by uncledog at 17:55:39Comments(0)TrackBack(0)

ディスクユニオン・オリジナル『シマロンの薔薇』紙ジャケ収納ボックスの製作決定!!

2018-06-08

21078.jpg <国内盤紙ジャケ新譜CD情報>

カントリー・ロックにポップ・フィールを取り入れた西海岸の伝説ポコ、中期の7作品が一挙紙ジャケSHM-CDリイシュー!

【ディスクユニオン・オリジナル特典】

『ポコ / 紙ジャケSHM-CD 7タイトルまとめ買いセット』をお買上げのお客様に先着で、ディスクユニオン・オリジナル『シマロンの薔薇』紙ジャケ収納ボックス(内箱無し)を差し上げます。

バッファロー・スプリングフィールド解散後、リッチー・フューレイ、ジム・メッシーナ、ラスティ・ヤング、ジョージ・グランサムらを中心に結成された西海岸の伝説ポコ。途中加入のポール・コットン、ティモシー・B.シュミットら”黄金の4人”時代からヤングとコットンによるデュオ編成などメンバーの変遷を経験した中期の7作品が一挙紙ジャケSHM-CDリイシュー!

★初紙ジャケ化
★米国初回盤LPをミニチュア再現した紙ジャケット
★日本初回盤LPの意匠を再現した帯
★米国オリジナル・アナログ・テープを基にした2018年最新リマスター音源
★SHM-CD仕様
★解説/歌詞対訳付
★生産限定盤

・ヘッド・オーヴァー・ヒールズ(UICY-78823/4988031286647)
・シマロンの薔薇(UICY-78824/4988031286654)
・インディアン・サマー(UICY-78825/4988031286661)
・レジェンド(UICY-78826/4988031286678)
・アンダー・ザ・ガン(UICY-78827/4988031286685)
・ブルー&グレイ(UICY-78828/4988031286692)
・カウボーイとイギリス人(UICY-78829/4988031286708)

●ディスクユニオン・オリジナル『シマロンの薔薇』紙ジャケ収納ボックス付『ポコ / 紙ジャケSHM-CD 7タイトルまとめ買いセット』のご予約は下記サイトにて好評受付中!
http://diskunion.net/rock/ct/detail/RT180508PC00



Posted by uncledog at 17:54:20Comments(0)TrackBack(0)

◆ディスクユニオン・オリジナル『メンバーの集合写真を使用したモノクロ・ポストカード』の参考画像をアップいたします♪

2018-06-08

21018.jpg ◆もうすぐ来日です♪

◆好評販売中♪

◆ダニー・コーチマー・アンド・イミディエイト・ファミリーの来日メンバー全員によるサイン会への『サイン会参加申込券』付新譜CD好評販売中!!

*サイン会参加券の数量には限りがありますので参加を希望される方はお早目のご購入をお薦めいたします♪


◆ダニー・コーチマー・アンド・イミディエイト・ファミリーの来日メンバー全員によるサイン会が決定♪

【特典】

『ダニー・コーチマー&イミディエイト・ファミリー / ハニー・ドント・リーヴ・LA』 をお買上げのお客様に先着で、特典 『サイン会参加申込券』 を差し上げます。

THE SECTIONのメンバーであるLELAND SKLAR (B)とRUSS KUNKEL (DR)に加え、旧友WADDY WACHTEL (G)らも参加したバンド、ダニー・コーチマー・アンド・イミディエイト・ファミリーのニュー・アルバム『ハニー・ドント・リーヴ・LA』。本作の発売を記念して6月に来日公演を予定しているメンバーがスペシャルなサイン会を開催!!

ダニー・コーチマー・アンド・イミディエイト・ファミリーの来日メンバー全員が目黒のヴィヴィド・サウンド・スタジオに集結。メンバーに直接会ってサインをもらえるチャンスはここだけ!!

サイン会参加メンバー
DANNY KORTCHMAR
RUSS KUNKEL
LELAND SKLAR
WADDY WACHTEL
STEVE POSTELL

日時:2018年6月17日(日) 16:00~
会場:VIVID SOUND STUDIO
〒153-0064 東京都目黒区下目黒2-23-8
株式会社ヴィヴィド・サウンド・コーポレーション 4F
お問い合わせ:03-3490-1070
地図:http://www.vividsound.co.jp/subpage.php?id=conp#map


サイン会申込方法:
5月16日発売 ダニー・コーチマー・アンド・イミディエイト・ファミリー『ハニー・ドント・リーヴ・LA』品番:VSCD3956 を購入時にお配りするサイン会参加申込券に記載されているリンクにアクセスし、整理番号、氏名、メールアドレスをご入力しお申込み下さい。

※サイン会参加申込券は数に限りがありますのでお早めに商品をお買い求め下さい。応募多数の場合は抽選になる可能性もございます。予めご了承下さい。

◆ディスクユニオン・オリジナル『メンバーの集合写真を使用したモノクロ・ポストカード』の参考画像をアップいたします♪

<国内盤新譜CD情報>

ダニー・コーチマー・アンド・イミディエイト・ファミリー/ハニー・ドント・リーヴ・LA(VIVID SOUND/VSCD3956/CD/4540399039565)

DANNY KORTCHMAR AND IMMEDIATE FAMILY/HONEY DON'T LEAVE LA

【ディスクユニオン・オリジナル特典】

『ダニー・コーチマー&イミディエイト・ファミリー / ハニー・ドント・リーヴ・LA』をお買上げのお客様に先着で、ディスクユニオン・オリジナル『メンバーの集合写真を使用したモノクロ・ポストカード』を差し上げます。

●ディスクユニオン・オリジナル『メンバーの集合写真を使用したモノクロ・ポストカード』+『サイン会参加申込券』付『ダニー・コーチマー&イミディエイト・ファミリー / ハニー・ドント・リーヴ・LA』新譜CDは下記サイトにて好評販売中!
http://diskunion.net/rock/ct/detail/XAT-1245691200

60年代はジェイムス・テイラーとのフライング・マシーンやキャロル・キングとのザ・シティのメンバーとして、そして70年代はザ・セクションとして活動しながら、シンガー・ソングライターのバックをしっかりと支えてきた職人ギタリスト、ダニー・コーチマー。彼の集大成的アルバムが満を持して登場する!!

ジェイムス・テイラー、キャロル・キング、ジャクソン・ブラウン、リンダ・ロンシュタット、ドン・ヘンリー等々、彼らのそばには必ず彼がいた。そして、歌を決定づけるギターを弾いていた。ギターだけじゃない、沢山の歌を彼らと作ってきた。それら傑作の数々を、仲間たちと一緒に彼自身の歌として届けてくれた。それどころか、何故音楽が好きになったのか、そんなことさえ思い出させるような居心地のいい場所にぼくらを導いてくれている。彼とは、もちろん、クーチことダニー・コーチマーのことだ。 

※解説:天辰保文

スタジオ・セッションとしては、77年以来初となるザ・セクションのダニー・コーチマー、ラス・カンケル、リーランド・スクラーの3人と、ワディ・ワクテル、ジム・コックス、スティーヴ・ポステルがスタジオに集結、ダニー・コーチマーの久しぶりのフルアルバム「ハニー・ドント・リーヴ・LA」が完成した。

ダニーが楽曲提供し、ヒットした名曲をセルフリメイクするとともに新曲も披露。ダニーのブルース・フィール溢れる素晴らしいギターとヴォーカルを前編に渡り堪能することが出来る作品となった。

そして、気の知れたメンバーと創り上げた最高のサウンドは、2018年の現在とは無縁のレイドバック感を醸し出している!!そう、みんなこんな作品を待っていたんだ!!

※豪華36Pブックレット・解説:天辰保文 / 三方背スリーヴ仕様

ゲスト・ミュージシャン:ジャクソン・ブラウン、ジェイムス・テイラー、デヴィッド・クロスビー、マイケル・マクドナルド"

1.ALL SHE WANTS TO DO IS Dance
2.DIRTY LAUNDRY
3.CAN’T DO CRAZY (Guest: Jackson Browne)
4.MACHINE GUN KELLY (Guest: James Taylor)
5.SOMEBODY’S BABY
6.NOT DRINKING ENOUGH
7.SHAKY TOWN
8.CRUEL TWIST
9.NEW YORK MINUTE
10.TOP OF THE ROCK (Guest: David Crosby)
11.SAYONARA (Guest: Michael McDonald)
12.HONEY DON’T LEAVE LA

◆ダニー・コーチマーの来日公演が6月に決定!!

Danny Kortchmar and Immediate Family
featuring original "The Section" members Danny Kortchmar, Russ Kunkel, Leland Sklar plus Waddy Wachtel and Steve Postell

Danny Kortchmar(Guitar, Vocals)
Russ Kunkel(Drums)
Leland Sklar(Bass)
Waddy Wachtel(Guitar, Vocals)
Steve Postell(Guitar, Keyboards, Vocals)

●2018/6/14(木) ビルボードライブ大阪

●2018/6/16(土) ビルボードライブ東京

●2018/6/18(月) ビルボードライブ東京

●上記来日の詳細は下記を参照下さい
http://www.billboard-japan.com/special/detail/2030



Posted by uncledog at 17:52:37Comments(0)TrackBack(0)

ダニー・コーチマー・アンド・イミディエイト・ファミリー/ハニー・ドント・リーヴ・LA

2018-06-08

20941.jpg ◆もうすぐ来日です♪

◆好評販売中♪

◆ダニー・コーチマー・アンド・イミディエイト・ファミリーの来日メンバー全員によるサイン会への『サイン会参加申込券』付新譜CD好評販売中!!

*サイン会参加券の数量には限りがありますので参加を希望される方はお早目のご購入をお薦めいたします♪


◆ダニー・コーチマー・アンド・イミディエイト・ファミリーの来日メンバー全員によるサイン会が決定♪

【特典】

『ダニー・コーチマー&イミディエイト・ファミリー / ハニー・ドント・リーヴ・LA』 をお買上げのお客様に先着で、特典 『サイン会参加申込券』 を差し上げます。

THE SECTIONのメンバーであるLELAND SKLAR (B)とRUSS KUNKEL (DR)に加え、旧友WADDY WACHTEL (G)らも参加したバンド、ダニー・コーチマー・アンド・イミディエイト・ファミリーのニュー・アルバム『ハニー・ドント・リーヴ・LA』。本作の発売を記念して6月に来日公演を予定しているメンバーがスペシャルなサイン会を開催!!

ダニー・コーチマー・アンド・イミディエイト・ファミリーの来日メンバー全員が目黒のヴィヴィド・サウンド・スタジオに集結。メンバーに直接会ってサインをもらえるチャンスはここだけ!!

サイン会参加メンバー
DANNY KORTCHMAR
RUSS KUNKEL
LELAND SKLAR
WADDY WACHTEL
STEVE POSTELL

日時:2018年6月17日(日) 16:00~
会場:VIVID SOUND STUDIO
〒153-0064 東京都目黒区下目黒2-23-8
株式会社ヴィヴィド・サウンド・コーポレーション 4F
お問い合わせ:03-3490-1070
地図:http://www.vividsound.co.jp/subpage.php?id=conp#map

サイン会申込方法:
5月16日発売 ダニー・コーチマー・アンド・イミディエイト・ファミリー『ハニー・ドント・リーヴ・LA』品番:VSCD3956 を購入時にお配りするサイン会参加申込券に記載されているリンクにアクセスし、整理番号、氏名、メールアドレスをご入力しお申込み下さい。

※サイン会参加申込券は数に限りがありますのでお早めに商品をお買い求め下さい。応募多数の場合は抽選になる可能性もございます。予めご了承下さい。

<国内盤新譜CD情報>

ダニー・コーチマー・アンド・イミディエイト・ファミリー/ハニー・ドント・リーヴ・LA(VIVID SOUND/VSCD3956/CD/4540399039565)

DANNY KORTCHMAR AND IMMEDIATE FAMILY/HONEY DON'T LEAVE LA

【ディスクユニオン・オリジナル特典】

『ダニー・コーチマー&イミディエイト・ファミリー / ハニー・ドント・リーヴ・LA』をお買上げのお客様に先着で、ディスクユニオン・オリジナル『メンバーの集合写真を使用したモノクロ・ポストカード』を差し上げます。

●ディスクユニオン・オリジナル『メンバーの集合写真を使用したモノクロ・ポストカード』+『サイン会参加申込券』付『ダニー・コーチマー&イミディエイト・ファミリー / ハニー・ドント・リーヴ・LA』新譜CDは下記サイトにて好評販売中!
http://diskunion.net/rock/ct/detail/XAT-1245691200


60年代はジェイムス・テイラーとのフライング・マシーンやキャロル・キングとのザ・シティのメンバーとして、そして70年代はザ・セクションとして活動しながら、シンガー・ソングライターのバックをしっかりと支えてきた職人ギタリスト、ダニー・コーチマー。彼の集大成的アルバムが満を持して登場する!!

ジェイムス・テイラー、キャロル・キング、ジャクソン・ブラウン、リンダ・ロンシュタット、ドン・ヘンリー等々、彼らのそばには必ず彼がいた。そして、歌を決定づけるギターを弾いていた。ギターだけじゃない、沢山の歌を彼らと作ってきた。それら傑作の数々を、仲間たちと一緒に彼自身の歌として届けてくれた。それどころか、何故音楽が好きになったのか、そんなことさえ思い出させるような居心地のいい場所にぼくらを導いてくれている。彼とは、もちろん、クーチことダニー・コーチマーのことだ。 

※解説:天辰保文

スタジオ・セッションとしては、77年以来初となるザ・セクションのダニー・コーチマー、ラス・カンケル、リーランド・スクラーの3人と、ワディ・ワクテル、ジム・コックス、スティーヴ・ポステルがスタジオに集結、ダニー・コーチマーの久しぶりのフルアルバム「ハニー・ドント・リーヴ・LA」が完成した。

ダニーが楽曲提供し、ヒットした名曲をセルフリメイクするとともに新曲も披露。ダニーのブルース・フィール溢れる素晴らしいギターとヴォーカルを前編に渡り堪能することが出来る作品となった。

そして、気の知れたメンバーと創り上げた最高のサウンドは、2018年の現在とは無縁のレイドバック感を醸し出している!!そう、みんなこんな作品を待っていたんだ!!

※豪華36Pブックレット・解説:天辰保文 / 三方背スリーヴ仕様

ゲスト・ミュージシャン:ジャクソン・ブラウン、ジェイムス・テイラー、デヴィッド・クロスビー、マイケル・マクドナルド"

1.ALL SHE WANTS TO DO IS Dance
2.DIRTY LAUNDRY
3.CAN’T DO CRAZY (Guest: Jackson Browne)
4.MACHINE GUN KELLY (Guest: James Taylor)
5.SOMEBODY’S BABY
6.NOT DRINKING ENOUGH
7.SHAKY TOWN
8.CRUEL TWIST
9.NEW YORK MINUTE
10.TOP OF THE ROCK (Guest: David Crosby)
11.SAYONARA (Guest: Michael McDonald)
12.HONEY DON’T LEAVE LA

◆ダニー・コーチマーの来日公演が6月に決定!!

Danny Kortchmar and Immediate Family
featuring original "The Section" members Danny Kortchmar, Russ Kunkel, Leland Sklar plus Waddy Wachtel and Steve Postell

Danny Kortchmar(Guitar, Vocals)
Russ Kunkel(Drums)
Leland Sklar(Bass)
Waddy Wachtel(Guitar, Vocals)
Steve Postell(Guitar, Keyboards, Vocals)

●2018/6/14(木) ビルボードライブ大阪

●2018/6/16(土) ビルボードライブ東京

●2018/6/18(月) ビルボードライブ東京

●上記来日の詳細は下記を参照下さい
http://www.billboard-japan.com/special/detail/2030




Posted by uncledog at 17:51:41Comments(0)TrackBack(0)

RICHARD NATTO/LINE OF FIRE(RD MUSIC/CD)

2018-06-08

21091.jpg ◆入荷いたしました♪ 好評販売中♪

<輸入盤新譜CD情報>

RICHARD NATTO/LINE OF FIRE(RD MUSIC/CD-R/0715854719137)

AOR/ハワイアン・メロウ・ファン感涙のリチャード・ナットの2018年新作「ライン・オブ・ファイア」!

70年代後半のハワイアンAOR通や現地ミュージシャンの間でKALAPANAやCECILIO & KAPONOと並ぶ評価を勝ち得ていた幻の名デュオTOMA/NATTOの片割れとして知られるシンガー・ソングライターRICHARD NATTO。

ソロとしても80年名作1ST『NOT JUST ANOTHER PRETTY FACE』が日本のEM RECORDSから再発されるなど日本でもファンの多い彼の、94年『WON'T TAKE NO FOR AN ANSWER』以来となる待望のソロ4作目が登場です。

『NOT JUST ANOTHER PRETTY FACE』同様に納得のSTEPHEN BISHOPクラシック"SAVE IT FOR A RAINY DAY"カヴァーから始まる全12曲、ほか、ライヴでは定番というBEATLESの"HERE, THERE, AND EVERYWHERE"、普遍のパッパラ・コーラスで幕を開けるメロウ傑作"VISIT ME"、実は近年のTOMA/NATTOヴァージョンも存在するCASCADESカヴァー"RHYTHM OF THE RAIN"、NATTOのハイトーン・ヴォイスに酔いしれるバラッド"WARMTH OF THE SUN"、南国的パーカッションも心地よいポップ・グルーヴィン"BEST BOY"などなど、瑞々しく繊細、無邪気に透明なその世界観は健在も健在。弾き語りを主軸にしながらもそっと寄り添うような美しい女声コーラスや時折の的確なサックスにベース、エレピ等々を配しながら豊潤に紡がれる メロウにきらめく珠玉のポップ・ソングが詰まった傑作です。

一聴で恋に落ちること請け合いの一枚。

1. Save It For A Rainy Day
2. Here There and Everywhere
3. Love=You+Me
4. Visit Me
5. I Will Love You Everyday
6. Counting On You
7. Rhythm of the Rain
8. Fragile Heart
9. Warmth of the Sun
10. Best Boy
11. This Old Heart Of Mine (weeps for you)
12. Oh Racheal!

●上記輸入盤新譜CD-Rは下記サイトにて好評販売中!
http://diskunion.net/rock/ct/detail/RY180511RN01



Posted by uncledog at 17:50:44Comments(0)TrackBack(0)

◆ROOTS CLASSICS ON CD VOL.80◆

2018-06-08

21107.jpg ◆入荷いたしました♪ 好評販売中♪

◆ROOTS CLASSICS ON CD VOL.80◆

Scott Boyer & NC Thurman/OK, How About This(219397/CD/0735885626129)

1970年代に米国南部のカプリコーン・レコーズから4枚のアルバムをリリースしたバンド、カウボーイのメンバーであり、オールマン・ブラザーズ・バンド他に楽曲を提供していたシンガー・ソングライターとしての実力派として知られるスコット・ボイヤー。

エリック・クラプトンの名盤「461オーシャン・ブールバード」でも「プリーズ・ビー・ウイズ・ミー」がカバーされていました。

ドニー・フリッツと一緒に来日したことも記憶に新しいスコット・ボイヤーとNC サーマンの二人は長年に渡ってソングライターとしても共作をおこなっている音楽仲間でもあります。

そのスコット・ボイヤーとNC サーマンによる2012年のアルバム「オーケー、ハウ・アバウト・ジス」はSSWファン、カウボーイのファンにとって説明不要の素晴らしいレイドバックしたSSWアルバムに仕上がっています。

「ウィザウト・ア・ダウト」はビル・ブラックバーンとドニー・フリッツによる楽曲でミディアム・テンポの佳作に仕上がっています。

「フー・ユー・ゴナ・フードゥー」はスプナー・オールダム、ビル・ブラックバーンとドニー・フリッツによる楽曲で聞いていて楽しい作品です。

ジャケットにはブルドッグが写っています。SSWファンには犬ジャケは名盤の可能性が高いと昔から言われてきましたがこの新作も名盤の臭いがプンプンいたします。

強力推薦盤!!

1. Sands of Wasted Time
2. "AAA" Man
3. Silence Ain't Golden Anymore
4. I Don't Know
5. Better Off With a Broken Heart
6. Keep It Up
7. Premature Discombobulation
8. The River Doesn't Run Here
9. Without a Doubt
10. Who You Gonna Hoodoo
11. If the Sun Will Ever Shine Again
12. Don't Hit Me No More
13. Rock Bottom Blues
14. Between Now and Then

●上記輸入盤CDは下記ウェッブサイトにて好評販売中!
http://diskunion.net/rock/ct/detail/RS121203-06


●下記サイトにて試聴可能です
https://store.cdbaby.com/cd/scottboyerncthurman




Posted by uncledog at 17:49:37Comments(0)TrackBack(0)

◆ROOTS CLASSICS ON CD VOL.72◆

2018-06-08

21051.jpg ◆遂に入荷いたしました♪ 好評販売中♪

◆ROOTS CLASSICS ON CD VOL.72◆

●しばらく入手困難だったスコット・ボイヤーの名作「オール・マイ・フレンズ」が再度入荷!!

SCOTT BOYER AND THE DECOYS/ALL MY FRIENDS(HITTIN' THE NOTE/CD-R/0738748018222)

1970年代に米国南部のカプリコーン・レコーズから4枚のアルバムをリリースしたバンド、カウボーイのメンバーであり、オールマン・ブラザーズ・バンド他に楽曲を提供していたシンガー・ソングライターとしての実力派として知られるスコット・ボイヤー。

エリック・クラプトンの名盤「461オーシャン・ブールバード」でも「プリーズ・ビー・ウイズ・ミー」がカバーされていました。

このアルバム「オール・マイ・フレンズ」は1991年にカプリコーン時代の仲間と自身が率いるバンド、デコイズによってレコーディングされたアルバムでスコットの楽曲と唄の素晴らしさがサザン・ロック・フィーリングあふれるバック・サウンドとほどよくブレンドしてアップテンポの曲からスローな曲まで一気に聞きとおせてしまう佳作。

特に素晴らしいのは2曲目のタイトル曲「オール・マイ・フレンズ」。つぼを押さえたバック陣のこなれた演奏、バック・コーラス隊にサポートされて哀愁感漂うヒューマンな歌声を聞かせてくれるスコットのとりこになる方も少なくないと思う。

気になるゲスト参加メンバーはチャック・リーベル、ランドール・ブラムレット、ブッチ・トラックス、ジョ二ー・サンドリン等、百戦錬磨のベテラン勢だ。

レコーディング場所はアラバマ州、ディケイターにあるジョ二ー・サンドリンのダック・テープ・レコーディング・スタジオ。

シンガー・ソングライター、米国南部ロック等が好きな方に自信を持ってお薦めできる名盤です。

1.The Sooner That I'M Dead
2.All My Friends
3.My Love Will Follow You
4.I Won't Give Up
5.Born In The Country
6.Fatten Me Up For The Kill
7.Remote Control
8.Please Be With Me
9.I Ain't Got Nobody To Love
10.Papa Come Quick
11.Honeysuckle On The Vine
12.Woodstock

●上記輸入盤は下記サイトにて好評販売中
http://diskunion.net/rock/ct/detail/07C1377




Posted by uncledog at 17:48:36Comments(0)TrackBack(0)

ビル・チャンプリン/ブリーディング・シークレッツ(P-VINE/PCD-25261/CD)

2018-06-08

21109.jpg *発売中止となりました

<国内盤新譜CD情報>

*掲載したジャケットは仮のものです

ビル・チャンプリン/ブリーディング・シークレッツ(P-VINE/PCD-25261/CD/4995879252611)

Bill Champlin and WunderGround/Bleeding Secrets

金澤寿和監修〈Light Mellow Searches〉新作は、シカゴ・ファンも待望。レジェンド:ビル・チャンプリン、10年ぶりのソロ名義アルバム!

CWFやCTAとしての来日やリリースが続き、近年も精力的な活動でファンを喜ばせてくれているビル・チャンプリンが、ついに久々の自己名義アルバムを完成! 

08年の『No Place Left To Fall』以来、実に10年ぶり(!)となる本作には、自身のバンド:ワンダーグラウンドの構成員である愛妻タマラ・チャンプリン、ゲリー・ファルコンのほか、愛息ウィル・チャンプリン、そしてスティーヴ・ポーカロ(ex-TOTO)もゲスト参加している。

★日本盤ボーナストラック2曲収録

1.MAN VS MACHINE
2.THE ONLY WAY DOWN
3.LOVE KNOWS
4.DREAMING OF CHACALL
5.IMAGINARY FRIEND
6.THEY DON'T MAKE I'M LIKE THEY USED TO
7.FIRESHIPS
8.EVANGELINE
9.YOU'RE GONNA' LOVE SOMEONE
10.GENIUS
11.LIGHT UP THE NIGHT
12.BLEEDING SECRETS
13.LIMBO

*日本盤ボーナストラック2曲の詳細は不明です



Posted by uncledog at 17:38:52Comments(0)TrackBack(0)

BUCK WILKIN/BUCK WILKIN

2018-06-08

21117.jpg ◆入荷いたしました♪ 好評販売中♪

<輸入盤紙ジャケ新譜CD情報>

BUCK WILKIN/BUCK WILKIN(BIG PINK MUSIC/BIGPINK553/CD/8809270025599)

RONNY & THE DAYTONASのRONNYことJOHN BUCK WILKINが1971年にリリースしたセカンド・ソロ・アルバム「バック・ウイルキン」( United Artists Records/UAS-5541/LP)が紙ジャケ仕様で世界初CD化!

ナッシュヴィルの母として知られる女性カントリー・ソングライターMARIJOHN WILKINの息子として生まれ、ティーン・カントリー・ポップ・スターJOHN WILKINとしてデビュー、60年代には有名なヒット曲"G.T.O."を残したサーフィン/ホットロッド・グループ、RONNY & DAYTONASでギター/ヴォーカルを務めたアメリカのシンガー・ソングライター、ジョン・バック・ウイルキン。

今作もファースト・アルバムと同様にフォーク・ロックの佳作です。

オリジナルの他にチャック・ベリーの「ジョニー・ビー・グッド」やベリー・ゴーディー&ジェイ二―・ブラッドフォードの「マネー」のカバー収録。

1. I'm Free
2. Going On
3. Get Up I
4. Down On Music Row
5. Star Spangled Girl
6. Money
7. Sun, Moon And Stars
8. Johnny B. Goode
9. Look At Me Mama
10. God Save The Queen

●上記輸入盤紙ジャケ新譜CDは下記サイトにて好評販売中!
http://diskunion.net/rock/ct/detail/RS180525BP01

●ジョン・バック・ウイルキンのウェブサイトは下記です
http://www.bucky3.com/




Posted by uncledog at 17:36:59Comments(0)TrackBack(0)

EVERYONE/EVERYONE

2018-06-08

21118.jpg ◆入荷いたしました♪ 好評販売中♪

<輸入盤紙ジャケ新譜CD情報>

EVERYONE/EVERYONE(BIG PINK MUSIC/BIGPINK554/CD/8809270025605)

元リヴァプール・シーンのメンバーであり、セッション・ギターリストとして活躍したアンディ―・ロバーツ率いるエヴリワンが1971年にリリースした唯一のアルバム「エヴリワン」(B & C Records/CAS 1028/LP)が紙ジャケ仕様で待望の世界初CD化!

英国フォーク・ロックのファンは要チェックです。

Andy Roberts(Vocals, Acoustic Guitar, Electric Guitar, Slide Guitar, Violin)
Dave Richards(Vocals, Bass, Organ)
Bob Sargeant(Vocals, Piano, Organ, Acoustic Guitar, Vibraphone, Harmonica, Mellotron)
John Pearson(Drums, Percussion

1. Trouble At The Mill
2. Sad
3. Midnight Shift
4. Don't Get Me Wrong
5. Sitting On A Rock
6. Too Much A Loser
7. Radio Lady
8. This Way Up

●上記輸入盤紙ジャケ新譜CDは下記サイトにて好評販売中!
http://diskunion.net/rock/ct/detail/RS180525BP02

●アンディ―・ロバーツのウェブサイトは下記です
http://andyrobertsmusic.com/




Posted by uncledog at 17:35:41Comments(0)TrackBack(0)

ANDY ROBINSON/PATTERNS OF REALITY

2018-06-08

21119.jpg ◆入荷いたしました♪ 好評販売中♪

<輸入盤紙ジャケ新譜CD情報>

ANDY ROBINSON/PATTERNS OF REALITY(BIG PINK MUSIC/BIGPINK555/CD/8809270025612)

ジャニス・イアンがプロデュースを担当した米国のシンガー・ソングライター、アンディー・ロビンソンの1968年のデビュー・アルバム「パターンズ・オブ・リアリティ」(Philips/PHS 600-289/LP)が紙ジャケ仕様で待望の世界初CD化!

ソフトなボーカルとフォーキーなサウンドが素晴らしい佳作です。

バックをデヴィッド・コーエン、アル・ケーシー、キャロル・ケイ、アール・パーマー、ジミー・ゴードン、アーティー・バトラー他、ベテランのスタジオ・セッション・ミュージシャンが固めています。

1. Absolutely The End
2. Ballad Of A Summer Girl
3. The Exhibition
4. Time For Decision
5. Provider
6. Tell You The Truth
7. Are You Sleeping?
8. Nothing Could Be Better
9. Maiden Voyage
10. Patterns Of Reality

●上記輸入盤紙ジャケ新譜CDは下記サイトにて好評販売中!
http://diskunion.net/rock/ct/detail/RS180525BP03



Posted by uncledog at 17:34:40Comments(0)TrackBack(0)

WHITE CLOUD/WHITE CLOUD

2018-06-08

21120.jpg ◆入荷いたしました♪ 好評販売中♪

<輸入盤紙ジャケ新譜CD情報>

WHITE CLOUD/WHITE CLOUD(BIG PINK MUSIC/BIGPINK556/CD/8809270025629)

シンガー・ソングライター、トーマス・ジェファーソンケイ率いるホワイト・クラウドが1972年にリリースした唯一のアルバム「ホワイト・クラウド」(Good Medicine/GM-LP-3500/LP)が紙ジャケ仕様で待望の世界初CD化!

既に幾度もCD化されたA&Mからリリースした唯一のソロ・アルバム「ブラック・アンド・ホワイト・イット・イズ・ブルース」で知られるジャニス・ジョップリン・タイプの女性ホワイト・ブルース・シンガー、ジョアン・ヴェントが参加しています。

スワンプ・ロック名作!

Thomas Jefferson Kaye (guitar & vo)
Joanne Vent (lead vo)
Richard Crooks (per)
Teddy Wender (key & vo)
Kenneth Kosek (fiddle & vo)
Donald Payne (bass)

1. All Cried Out
2. Hound Dog
3. Hoe-Bus
4. Is That Somebody You
5. Rocky Roads To Clear
6. Qualified
7. Collection Box
8. Funky Bottom Congregation
9. Thanks For Nothin'
10. The Sun Don't Shine The Same

●上記輸入盤紙ジャケ新譜CDは下記サイトにて好評販売中!
http://diskunion.net/rock/ct/detail/RS180525BP04



Posted by uncledog at 17:33:45Comments(0)TrackBack(0)

THE BLACKWOOD APOLOGY/HOUSE OF LEATHER

2018-06-08

21121.jpg ◆入荷いたしました♪ 好評販売中♪

<輸入盤紙ジャケ新譜CD情報>

THE BLACKWOOD APOLOGY/HOUSE OF LEATHER(BIG PINK MUSIC/BIGPINK557/CD/8809270025636)

ソングライター、ギターリスト、リード・シンガーのデイル・メンテン率いる米国はミネソタ出身のグループ、ブラックウッド・アポロジーが1969年にリリースした唯一のアルバム「ハウス・オブ・レザー」(Fontana/SRF 67591/LP)が紙ジャケ仕様で再発CD化!

ハーモニーを活かしたソフト・サイケやフォークロック、オルガンが前面に出たよく練られたアートロック的サウンドがちりばめられたロック・オペラ的アルバムとなっています。曲間はめくるめく展開をみせつつ、歌メロの部分は柔らかで美しく聴かせるところが上手で完成度の高い作品に仕上がっています。

サイケのファンは要チェックです。

1. Swanee River Overture/House Of Leather Theme
2. Do You Recall The House Of Leather
3. Recess With Mrs. Grim
4. Graduates Of Mrs. Grim's Learning
5. There Is Love In The Country (On The Donny Brooks Farm)
6. Here I Am
7. She Lives With Me
8. There Is Love In The Country (On The Donny Brooks Farm) Reprise
9. Time Marches On
10. Dixie And The War
11. Death And The Reality
12. Sarah's On Her Knees
13. Theme From House Of Leather (Epilogue In Suede)

●上記輸入盤紙ジャケ新譜CDは下記サイトにて好評販売中!
http://diskunion.net/rock/ct/detail/RS180525BP05



Posted by uncledog at 17:32:22Comments(0)TrackBack(0)

◆The Weight Band/World Gone Mad(The Weight Band Records)

2018-06-08

20855.jpg <輸入盤新譜情報>

◆The Weight Band/World Gone Mad(The Weight Band Records/CD/0888295665919)

2013年にレヴォン・ヘルム(ザ・バンド)の有名な自宅スタジオ、ザ・バーンで結成された元ザ・バンド関連のメンバーをメインとしたザ・バンドのスピリットを汲んだウッドストック・サウンドを奏でる期待のニュー・バンド、ザ・ウェイト・バンドによるデビュー・アルバム「ワールド・ゴーン・マッド」が遂に2018年2月に登場!!

ジム・ウェイダーは1985〜2000年までザ・バンドのメンバーとして活躍。「ジェリコ」「ハイ・オン・ザ・ホッグ」「ジュビレーション」の3枚のアルバムでは作曲とレコーディングに参加しています。

ブライアン・ミッチェルはレヴォン・ヘルムズ・ミッドナイト・ランブラー・バンドのメンバーとして活躍中。

マーティ・グレッブはリック・ダンコ・バンド、ガース・ハドソン・バンドでプレイしてきたキーボード奏者。

そのサウンドは既に説明不要の確かなウッドストック・サウンドです。

ザ・バンド、アメリカン・ロックのファンは要チェックです。

Jim Weider (guitar, mandolin & vocals)
Michael Bram (drums & vocals)
Brian Mitchell (keyboards & vocals)
Marty Grebb (keyboards, sax & vocals)
Albert Rogers(bass,vocal)

1.World Gone Mad
2.Fire In The Hole
3.Deal
4.I Wish You Were Here Tonight
5.Common Man
6.Heat Of The Moment
7.You're Never To Old To Rock 'N Roll
8.Big Legged Sadie
9.Day Of The Locusts
10.Every Step Of The Way
11.Remedy (Live Bonus Track)

●下記サイトで一部試聴可能です
http://www.theweightband.com/music.htm


●ザ・ウェイト・バンドのウェブサイトは下記です
http://www.theweightband.com/index.htm


●ザ・ウェイト・バンドのFBは下記です
https://www.facebook.com/theweightband/




Posted by uncledog at 17:30:42Comments(0)TrackBack(0)

Galen Ayers/Monument(Bombinate Records, LLC)

2018-06-08

21163.jpg <輸入盤新譜情報>

Galen Ayers/Monument(Bombinate Records, LLC)

故ケヴィン・エヤーズの娘、ゲイリン・エヤーズの2018年新作アルバム「モニュメント」。

1.You Choose
2.Collide
3.Run Baby Run
4.Morning Song
5.Duet
6.Melancoholic
7.Into the Sea (Calm Down)
8.U-Turn
9.Ain’t the Way
10.Monument

●ゲイリン・エヤーズのウェブサイトは下記です
https://galenayers.com/


●ゲイリン・エヤーズのFBは下記です
https://www.facebook.com/GalenAyersMusic/




Posted by uncledog at 13:21:01Comments(0)TrackBack(0)

TWINK/Think Pink III

2018-06-08

21162.jpg <輸入盤新譜情報>

TWINK/Think Pink III(CD)

TWINK/Think Pink III(Vincebus Eruptum/Italy/VELP021/LP)

プリティ・シングスやピンク・フェアリーズで知られる英国アングラ・サイケデリック・シーンを代表するドラマー、トゥインクによる2018年新作はなんとサイケ・クラシック「THINK PINK」の続編となる2015年の「THINK PINK 2」に続く第三弾「Think Pink 3」。

今作はアコースティック・サイケの佳作となっています。

*LPはカラー・レコード仕様、手書きナンバー入りの500枚限定プレス、ポスター付仕様

Twink(Acoustic guitar)
Ed Sykes(Acoustic guitar,Bass,Synth)
Andrew McCulloch(Lead acoustic guitar)

Matthew Abbott(Snare drum & brushes on 'I Miss You')

1.Morning
2.Fountain
3.You Can't Fool An Angel
4.Firelight
5.The Shaitan
6.I Miss You
7.Lydia Ladybird
8.Planet 39
9.Sundown

●下記サイトにて試聴可能です
https://thinkpink50th.bandcamp.com/album/think-pink-iii





Posted by uncledog at 11:27:23Comments(0)TrackBack(0)

◆ROOTS CLASSICS ON VINYL VOL.69◆

2018-06-08

21161.jpg ◆ROOTS CLASSICS ON VINYL VOL.69◆

Mayo Thompson/Corky's Debt To His Father(DRAG CITY/DC49/LP/0036172904914)

サイケ、ガレージのファンには有名なバンド、レッド・クレイオラのリーダー、メイヨ・トンプソンが1970年にテキサスのマイナー・レーベルからリリースしたファースト・ソロ・アルバム「コーキーズ・デット・トゥ・ヒズ・ファーザー」(Texas Revolution/CFS 2270/LP)。

牧歌的なサウンドとよれよれのボーカルが一度はまったら抜け出すことのできないアシッド・フォークの永遠の名作。

シド・バレット(ピンク・フロイド)やヤン・デック等が好きな方にお薦め。サイケに興味がある方は最初に聞いておきたいマスター・ピースの一枚。

<SIDE A>
1.The Lesson
2.Oyster Thins
3.Horses
4.Dear Betty Baby
5.Venus In The Morning

<SIDE B>
1.To You
2.Fortune
3.Black Legs
4.Good Brisk Blues
5.Around The Home
6.Worried Worried



Posted by uncledog at 10:38:33Comments(0)TrackBack(0)

『ジューシー・ルーシー』 紙ジャケ収納ボックス

2018-06-08

21160.jpg <国内盤紙ジャケ新譜CD情報>

ブルース〜ハード・ロックへの変革の時代。Blu-spec、米国盤LPを元にした紙ジャケットにて再び辿る60年代英国ロックの轍。

ジューシー・ルーシー(JUICY LUCY)

◎高音質『Blu-spec CD』採用
◎米国盤LPを元にした紙ジャケット仕様
◎ボーナス・トラック収録(WSBAC-0086は除く)
◎2018年24ビット・リマスター
◎DSDマスタリング採用

【特典】

『ジューシー・ルーシー / 紙ジャケBlu-spec CD 3タイトルまとめ買いセット』をお買上げのお客様に先着で、『ジューシー・ルーシー』 紙ジャケ収納ボックス(内箱無し)を差し上げます。

◆ジューシー・ルーシー/ジューシー・ルーシー(WASABI RECORDS/WSBAC-0084/Blu-spec CD/4571136378807)

◆ジューシー・ルーシー/ライ・バック・アンド・エンジョイ・イット(WASABI RECORDS/WSBAC-0085/Blu-spec CD/4571136378814)

◆ジューシー・ルーシー/ゲット・ア・ウィフ・ア・ディス(WASABI RECORDS/WSBAC-0086/Blu-spec CD/4571136378821)

●『ジューシー・ルーシー』紙ジャケ収納ボックス付『ジューシー・ルーシー / 紙ジャケBlu-spec CD 3タイトルまとめ買いセット』のご予約は下記サイトにて好評受付中!
http://diskunion.net/rock/ct/detail/RT180607JL00



Posted by uncledog at 09:45:26Comments(0)TrackBack(0)

◆ジューシー・ルーシー/ゲット・ア・ウィフ・ア・ディス(WASABI RECORDS/WSBAC-0086/Blu-spec CD)

2018-06-08

21144.jpg <国内盤紙ジャケ新譜CD情報>

ブルース〜ハード・ロックへの変革の時代。Blu-spec、米国盤LPを元にした紙ジャケットにて再び辿る60年代英国ロックの轍。

ジューシー・ルーシー(JUICY LUCY)

◎高音質『Blu-spec CD』採用
◎米国盤LPを元にした紙ジャケット仕様
◎ボーナス・トラック収録(WSBAC-0086は除く)
◎2018年24ビット・リマスター
◎DSDマスタリング採用

【特典】

『ジューシー・ルーシー / 紙ジャケBlu-spec CD 3タイトルまとめ買いセット』をお買上げのお客様に先着で、『ジューシー・ルーシー』 紙ジャケ収納ボックス(内箱無し)を差し上げます。

◆ジューシー・ルーシー/ジューシー・ルーシー(WASABI RECORDS/WSBAC-0084/Blu-spec CD/4571136378807)

◆ジューシー・ルーシー/ライ・バック・アンド・エンジョイ・イット(WASABI RECORDS/WSBAC-0085/Blu-spec CD/4571136378814)

◆ジューシー・ルーシー/ゲット・ア・ウィフ・ア・ディス(WASABI RECORDS/WSBAC-0086/Blu-spec CD/4571136378821)

●『ジューシー・ルーシー』紙ジャケ収納ボックス付『ジューシー・ルーシー / 紙ジャケBlu-spec CD 3タイトルまとめ買いセット』のご予約は下記サイトにて好評受付中!
http://diskunion.net/rock/ct/detail/RT180607JL00


◆ジューシー・ルーシー/ゲット・ア・ウィフ・ア・ディス(WASABI RECORDS/WSBAC-0086/Blu-spec CD/4571136378821)

Juicy Lucy/Get A Whiff A This

ベースが元ファット・マットレスのジム・レヴァートンに交代。新たなレコード会社に移籍後の71年にリリースされたサード・アルバム。

スピリットやオールマン・ブラザーズ・バンドのナンバーを取り上げるなど、米国音楽への強い憧れを見せつつもブリティッシュ・ロックの精神を見事に貫いた1枚。

デザインの異なる米国盤LPを元にした紙ジャケット仕様。

高音質『Blu-spec CD』採用。
2018年24ビット・リマスター。
DSDマスタリング採用。

1. Mr. Skin
2. Midnight Sun
3. Midnight Rider
4. Harvest
5. Mr. A. Jones
6. Sunday Morning
7. Big Lil
8. Jessica
9. Future Days



Posted by uncledog at 09:44:17Comments(0)TrackBack(0)

◆ジューシー・ルーシー/ライ・バック・アンド・エンジョイ・イット(WASABI RECORDS/WSBAC-0085/Blu-spec CD)

2018-06-08

21143.jpg <国内盤紙ジャケ新譜CD情報>

ブルース〜ハード・ロックへの変革の時代。Blu-spec、米国盤LPを元にした紙ジャケットにて再び辿る60年代英国ロックの轍。

ジューシー・ルーシー(JUICY LUCY)

◎高音質『Blu-spec CD』採用
◎米国盤LPを元にした紙ジャケット仕様
◎ボーナス・トラック収録(WSBAC-0086は除く)
◎2018年24ビット・リマスター
◎DSDマスタリング採用

【特典】

『ジューシー・ルーシー / 紙ジャケBlu-spec CD 3タイトルまとめ買いセット』をお買上げのお客様に先着で、『ジューシー・ルーシー』 紙ジャケ収納ボックス(内箱無し)を差し上げます。

◆ジューシー・ルーシー/ジューシー・ルーシー(WASABI RECORDS/WSBAC-0084/Blu-spec CD/4571136378807)

◆ジューシー・ルーシー/ライ・バック・アンド・エンジョイ・イット(WASABI RECORDS/WSBAC-0085/Blu-spec CD/4571136378814)

◆ジューシー・ルーシー/ゲット・ア・ウィフ・ア・ディス(WASABI RECORDS/WSBAC-0086/Blu-spec CD/4571136378821)

●『ジューシー・ルーシー』紙ジャケ収納ボックス付『ジューシー・ルーシー / 紙ジャケBlu-spec CD 3タイトルまとめ買いセット』のご予約は下記サイトにて好評受付中!
http://diskunion.net/rock/ct/detail/RT180607JL00


◆ジューシー・ルーシー/ライ・バック・アンド・エンジョイ・イット(WASABI RECORDS/WSBAC-0085/Blu-spec CD/4571136378814)

Juicy Lucy/Lie Back And Enjoy It

元ズート・マネー・ビッグ・ロール・バンドのポール・ウィリアムス、後にホワイトスネイクに加入するミッキー・ムーディ等が新たに加わり、70年にリリースされたセカンド・アルバム。

ウィリー・ディクソンやフランク・ザッパなどのナンバーを英国流にカヴァーするなど、独自なサウンドを追求。

ボーナス・トラック1曲収録。

デザインの異なる米国盤LPを元にした紙ジャケット仕様。

高音質『Blu-spec CD』採用。
2018年24ビット・リマスター。
DSDマスタリング採用。

1. Thinking Of My Life
2. Built For Comfort
3. Pretty Woman
4. Whisky In My Jar
5. Hello L.A. Bye Bye Birmingham
6. Changed My Mind
7. That Woman's Got Something
8. Willie The Pimp
9. Lie Back And Enjoy It

<BONUS TRACK>
10. I'm A Thief



Posted by uncledog at 09:42:34Comments(0)TrackBack(0)

◆ジューシー・ルーシー/ジューシー・ルーシー(WASABI RECORDS/WSBAC-0084/Blu-spec CD)

2018-06-08

21142.jpg <国内盤紙ジャケ新譜CD情報>

ブルース〜ハード・ロックへの変革の時代。Blu-spec、米国盤LPを元にした紙ジャケットにて再び辿る60年代英国ロックの轍。

ジューシー・ルーシー(JUICY LUCY)

◎高音質『Blu-spec CD』採用
◎米国盤LPを元にした紙ジャケット仕様
◎ボーナス・トラック収録(WSBAC-0086は除く)
◎2018年24ビット・リマスター
◎DSDマスタリング採用

【特典】

『ジューシー・ルーシー / 紙ジャケBlu-spec CD 3タイトルまとめ買いセット』をお買上げのお客様に先着で、『ジューシー・ルーシー』 紙ジャケ収納ボックス(内箱無し)を差し上げます。

◆ジューシー・ルーシー/ジューシー・ルーシー(WASABI RECORDS/WSBAC-0084/Blu-spec CD/4571136378807)

◆ジューシー・ルーシー/ライ・バック・アンド・エンジョイ・イット(WASABI RECORDS/WSBAC-0085/Blu-spec CD/4571136378814)

◆ジューシー・ルーシー/ゲット・ア・ウィフ・ア・ディス(WASABI RECORDS/WSBAC-0086/Blu-spec CD/4571136378821)

●『ジューシー・ルーシー』紙ジャケ収納ボックス付『ジューシー・ルーシー / 紙ジャケBlu-spec CD 3タイトルまとめ買いセット』のご予約は下記サイトにて好評受付中!
http://diskunion.net/rock/ct/detail/RT180607JL00


◆ジューシー・ルーシー/ジューシー・ルーシー(WASABI RECORDS/WSBAC-0084/Blu-spec CD/4571136378807)

Juicy Lucy/Juicy Lucy

元ミスアンダーストゥッドのグレン・キャンベルが、元ヴァン・ダー・グラフ・ジェネレイターのニック・ポッター、黒人ボーカリストのレイ・オーウェン等を誘い結成したブリティッシュ・ロック・バンドのファースト(69年リリース)。

ブルースを基調としながらもその枠に留まらないオリジナリティ溢れるサウンドで人気を博す。

ボーナス・トラック1曲収録。

デザインの異なる米国盤LPを元にした紙ジャケット仕様。高音質『Blu-spec CD』採用。

2018年24ビット・リマスター。
DSDマスタリング採用。

1. Mississippi Woman
2. Who Do You Love?
3-a. She's Mine
3-b. She's Yours
4. Just One Time
5 Chicago North-Western
6. Train
7. Nadine
8. Are You Satisfied

<BONUS TRACK>
9. Walking Down The Highway



Posted by uncledog at 09:40:16Comments(0)TrackBack(0)

Ian Tamblyn/Let It Go

2018-06-07

21159.jpg <輸入盤新譜情報>

Ian Tamblyn/Let It Go(North Track Records/CDR/0061297597345)

70年代初頭から今日に至るまでカナダを代表するシンガー・ソングライターとして活躍するイアン・タンブリンの42枚目のソロ・アルバムとなる2018年新作「レット・イット・ゴー」。2017年の新作はダウン・ロード・オンリーでしたが、新作はCDRもリリースされています。

イアン自身がベスト・アルバムの一枚とコメントを寄せているだけに素晴らしい内容に仕上がっています。

SSWファンは要チェックです。

1. Where the Wild River Flows
2. First Harvest
3. Let It Go
4. Not a Day Goes By
5. Pangnirtung
6. Walking in a Dream
7. Raven- Looking at the Moon
8. Ummannaq
9. Going Home
10. The Ancient Ones
11. Nothing but Time

●下記サイトにて試聴可能です
https://store.cdbaby.com/cd/iantamblyn20

●イアン・タンブリンのウェブサイトは下記です
https://www.tamblyn.com/




Posted by uncledog at 18:52:41Comments(0)TrackBack(0)

LITTLE WILLIE G./YOU’RE WELCOME HERE(ZBG2128/CD)

2018-06-07

21158.jpg LITTLE WILLIE G./YOU’RE WELCOME HERE(ZBG2128/CD)

ガレージ・ロック、チカーノ・ロックのファンには有名なジ・ミッドナイターズやラテン・ロックを代表するバンド、マロの歌手として活躍し、アメリカン・ロックのファンにはライ・クーダーやロス・ロボスのレコーディングに参加してきたことで知られるイースト・ロサンゼルスの大物シンガー、リトル・ウィリー・G が20年振りにリリースした待望の2018年新作アルバム「ユーアー・ウェルカム・ヒア」。

デイヴィッド・イダルゴ(ロス・ロボス)他、ロサンゼルスのチカーノ系の実力派ミュージシャンのタイトでファンキーな演奏をバックに熱唱した佳作です。メロウでディープな歌唱はソウル、AOR、チカノ・ロック等が好きな方は要チェック!!

1. Angels Unaware
2. Come Unto The Father
3. Count It All Joy
4. Grandma’s Hands
5. Reap What You Sow
6. Meant To Be Filled
7. Meantime
8. Knowing Christ /Twinking Of An Eye
9. He’s The One
10. Spirit Of Your Love
11. Jesus Is Lord
12. Everything You Touch
13. You’re Welcome Here
14. Holding On

●リトル・ウィリー・GのFBは下記です
https://www.facebook.com/LittleWillieG/




Posted by uncledog at 11:39:12Comments(0)TrackBack(0)

Michael Buffalo Smith/Makin' It Back to Macon

2018-06-06

21155.jpg <輸入盤新譜情報>

Michael Buffalo Smith/Makin' It Back to Macon(Dreaming Buffalo/CD/0192914225638)

サザン・ロック専門誌「グリッツ」の発行人兼編集者、音楽評論家、シンガー・ソングライター、ギターリスト、マイケル・バッファロー・スミスが2018年に7作目となる新作ソロ・アルバム「メイキン・イット・バック・トゥ・メイコン」をリリース。

マイケル・バッファロー・スミスはマーシャル・タッカー・バンドのメンバーやモリー・ハチェット、チャーリー・ダニエルズ・バンド、ボニー・ブラムレット等、米国南部ロックの有名ミュージシャンと共演してきた人物です。

この新作アルバムは10年以上にも及ぶ長期間に渡って製作されたサザン・ロック/アメリカーナ・アルバムでポール・ホーンスビー、トミー・タルトン(カウボーイ)等の豪華ゲストが参加しています。

シンガー・ソングライター、サザン・ロック、アメリカーナ等が好きな方は要チェックな味わい深い作品に仕上がっています。

Michael Buffalo Smith(Lead Vocals, Acoustic Guitar)
Greg Yeary(Electric Guitar)
Joey Parrish(Bass)
Towson Engsberg(Drums)
Paul Hornsby(Piano)
Tommy Talton(Electric and acoustic guitar, Slide, Dobro)
Billy Bob Thornton(Spoken Word)
Daniel Jackson(Acoustic Guitar, backing Vocal)
EG Kight(Backing Vocal)
Hal Brandstetter(Bass on“Makin’it Back to Macon”)

1. Prologue
2. Makin' It Back to Macon
3. Smell All the Roses
4. Like Water
5. Both Feet on the Ground
6. My Baby Drives a Mercedes Benz
7. On a Still Cold Saturday
8. Johnny Taylor's Doin' Alright
9. Tired of Livin' Blues
10. Woman in the Moon (It Comes in Waves)
11. Epilogue

●下記サイトにて試聴可能です
https://store.cdbaby.com/cd/michaelbuffalosmith3

●マイケル・バッファロー・スミスのウェブサイトは下記です
http://www.michaelbuffalo.net/




Posted by uncledog at 15:03:21Comments(0)TrackBack(0)

Karla Bonoff/CARRY ME HOME(CD)

2018-06-06

21152.jpg <輸入盤新譜情報>

Karla Bonoff/CARRY ME HOME(CD)

カーラ・ボノフが待望の2018年新作アルバム「キャリー・ミー・ホーム」をリリース予定。

過去の名曲の新録や新曲、ジャクソン・ブラウンの名曲のカバーを収録した全16曲入り。

1.Home
2.All My Life
3.Carry Me Home
4.Tell Me Why
5.Rose In the Garden
6.Something Fine
7.Wild Heart of the Young
8.All the Way Gone
9.New World
10.On Your Way To Heaven
11.Daddy’s Little Girl
12.Restless Nights
13.Goodbye My Friend
14.Someone To Lay Down Beside Me
15.Lose Again
16.The Water Is Wide

●カーラ・ボノフのウェブサイトは下記です
http://www.karlabonoff.com/


●カーラ・ボノフのFBは下記です
https://www.facebook.com/Karla-Bonoff-478191972359742/




Posted by uncledog at 12:05:25Comments(0)TrackBack(0)

三井 徹 (著)/戦後洋楽ポピュラー史 1945-1975:資料が語る受容熱

2018-06-05

21151.jpg <国内書籍新刊情報>

三井 徹 (著)/戦後洋楽ポピュラー史 1945-1975:資料が語る受容熱(エヌティティ出版/BOOK/9784757170506)

単行本(ソフトカバー):432ページ

*以下は出版社のインフォになります

ポピュラー音楽研究の金字塔。戦後文化史必読の書。

進駐軍放送の時代から日本のポピ ュラー音楽が自立する70年代まで――。 人びとはいかに洋楽に魅せられ受け入れてきたか。ポピュラー音楽研究の第一人者が、当時の新聞・雑誌の膨大な記事や評論を紹介しながら、自らのライフヒストリーを交えてあとづける、瞠目のクロニクル。待望の書下し。

戦後の新聞・雑誌などの洋楽ポピュラー関連記事を渉猟。注目すべき記事を参照しながら、洋楽ポピュラー受容史をたどる決定版。

本書が描き出すのは、欧米文化受容に熱烈にいそしんだ、戦後日本人の自画像であり、メディアと大衆的欲望の蜜月、そして今日のポップ文化の源流とも言えよう。戦後ポピュラー音楽史のミッシングリンクを埋め、戦後文化史に大いに寄与する、待望の書。

まえがき

第一章 一九四〇年代後半
「有閑マダムや不良青年達とのみ存在しうる亡国の音楽」
「第二放送は進駐軍慰安に提供」
「砂糖に蝟集する蟻の如く」人が集まる「軽音楽大会」
「電力石炭不足等による印刷不進行」での執筆活動―「アメリカ音楽」
「すごいジャズの人氣―流行歌をしのぐレコードの売行き」

第二章 一九五〇年代前半
〈ボタンとリボン〉で始まった日本語盤
「来朝する世界的ジャズ楽人」、そしてラテン、フラメンコ、シャンソン
「軽音楽支持のヂェネレーション」が読む『ミュージック・ライフ』
「小娘や十七、八のアンチャンの熱狂的に愛するジャズ」は「なぜ流行る?」

第三章 一九五〇年代後半
「ネコもシャクシも」マンボ―「チンチクリンの五頭身でも」
「リズム・アンド・ブルース」、転じて「ロック・アンド・ロール」
「シャンソン・ド・パリ」
「甘く美しいムード・ミュージック」
「燃え上がらないジャズ」
「日本に吹くか、カリプソ旋風」
ミュージカル、映画音楽

第四章 一九六〇年代前半
「ラテンみゅーじっくブーム」
「現代人のモダン・ジャズへの傾倒」 
ヴォーカル、そしてヴォーカル・グループ
ミュージカル、ハワイアン、ウェスタン
「ニュー・リズム」
「フォーク・ソングつまり民謡が軽音楽界の主導権を」
「ビートルズ旋風」と「愛と情熱の歌カンツォーネ」
「空前絶後の外タレ・ラッシュ」

第五章 一九六〇年代後半
「’65年ポピュラー界の動き」
「エレキを弾く少年、モンキー・ダンスに興ずる若者、禁止を叫ぶ大人たち」
「フォーク・ソングのすべて」
「ウェスタン」、つまり「カントリー」
「ジャズ・グループ相次ぎ来演」
「静かにひろがるリズム・アンド・ブルース」
「ニュー・ロック・シーン」
「ポップス」という言葉

第六章 一九七〇年代前半
「ポピュラー どっと外国勢」、「来るヮ来るヮ」
「今日の音楽を語るときロック抜きには不可能だ」
1970年
1971年
1972年
1973年
1974年
1975年
「躍動するブラック・ミュージック」
70年代半ばという区切り

あとがき
索引



Posted by uncledog at 19:06:27Comments(0)TrackBack(0)

Galen Ayers/Girl on a Swing(feat. Kevin Ayers)

2018-06-05

21150.jpg Galen Ayers/Girl on a Swing(feat. Kevin Ayers) (Bombinate Records, LLC/DL ONLY/0191924937180)

故ケヴィン・エヤーズの娘、ゲイリン・エヤーズの2018年新曲「ガール・オン・ア・スウイング」がダウン・ロードのみでリリースされた。

故ケヴィン・エヤーズがデュエットで参加。

●下記サイトにて試聴及び購入可能です
https://store.cdbaby.com/cd/galenayers

●ゲイリン・エヤーズのウェブサイトは下記です
https://galenayers.com/


●ゲイリン・エヤーズのFBは下記です
https://www.facebook.com/GalenAyersMusic/




Posted by uncledog at 18:38:25Comments(0)TrackBack(0)

ボブ・ディラン/ライヴ:1962-1966〜追憶のレア・パフォーマンス

2018-06-05

21149.jpg <国内盤新譜CD情報>

ボブ・ディラン/ライヴ:1962-1966〜追憶のレア・パフォーマンス(SMJI/SICP-31180/1/2CD/4547366364200)

日本独自企画の来日記念盤!

ノーベル文学賞受賞後日本初公演、日本のロック・フェス初参戦となる7月29日のフジロック出演は、日本通算101回目の公演となるもの。

初来日公演から40周年となる記念すべき年に、誰もが願って止まなかった舞台での、真夏の夜のたった一度だけのライヴを記念する今作は、六十年代初頭のライヴ音源より当時を代表する曲ながらレアな音源をまとめた初CD化多数の特別企画。

ディランのキャリアにおいてフォークからエレクトリックへと変遷する、賛否渦巻いたドラマチックな時期の録音になる。

また同時期に残した傑作のスタジオ録音作に対してライヴではどのように演奏したのか、興味深い内容になってる。

ニューヨークやロンドンでの録音に加えニューポートでの録音も収録。

いかに時代を経ようとも、未だに魅力を放つ歌の数々。

Blu-spec CD 2のCD2枚組、全29曲を特別価格にて急遽発売!

[CD 1]
風に吹かれて
コリーナ、コリーナ
ジョン・ブラウン
くよくよするなよ
ボブ・ディランの夢
七つののろい
スペイン革のブーツ
戦争の親玉
ハッティ・キャロルの寂しい死
船が入ってくるとき
時代は変る
北国の少女
ミスター・タンブリン・マン
悲しきべイブ
ラモーナに
自由の鐘

[CD 2]
いつもの朝に
イッツ・オールライト・マ
ラヴ・マイナス・ゼロ/ノー・リミット
エデンの門
イッツ・オール・オーバー・ナウ、ベイビー・ブルー
シー・ベロングス・トゥ・ミー
マギーズ・ファーム
悲しみは果てしなく
廃墟の街
連れてってよ
アイ・ドント・ビリーヴ・ユー
やせっぽちのバラッド
ジョアンナのヴィジョン

CD 1: Tracks 1-16
CD 2: Tracks 1-6, 9, 13
Bob Dylan – vocal, guitar, harmonica
Joan Baez – background vocal [CD1: track 10]

CD 2: Track 7
Bob Dylan – vocal, guitar, harmonica
Robbie Robertson – guitar:
Al Kooper – organ
Harvey Brooks – bass
Levon Helm – drums

Track 8:
Bob Dylan – vocal, guitar
Michael Bloomfield – guitar
Barry Goldberg – organ
Al Kooper – bass
Sam Lay – drums

Tracks 10-12:
Bob Dylan – vocal, guitar
Robbie Robertson – guitar
Garth Hudson – organ
Rick Danko – bass
Mickey Jones – drums

●上記新譜CDのご予約は下記サイトにて好評受付中!
http://diskunion.net/portal/ct/detail/XAT-1245694651



Posted by uncledog at 15:19:44Comments(0)TrackBack(0)

レーン&ザ・リー・キングス/ストップ・ザ・ミュージック(オールデイズレコード/ODR6589/CD)

2018-06-05

21148.jpg <国内盤紙ジャケ新譜CD情報>

レーン&ザ・リー・キングス/ストップ・ザ・ミュージック(オールデイズレコード/ODR6589/CD/4582239485897)

Lenne & The Lee Kings/Stop The Music

北欧から登場したビート・バンド、レーン&ザ・リー・キングスの決定版!

ビートルズの登場以降、英米のみならず北欧諸国からも多くのビート・バンドが名乗りをあげた。

スウェーデンからは、このレーン&ザ・リー・キングスの「ストップ・ザ・ミュージック」がヒット。

特に日本では人気が出て、スウィング・ウェストやテンプターズがカヴァー盤をリリースした。

唯一のアルバム『ビンゴ!フォー・ザ・リー・キングス』(66年)+シングル曲を網羅した独自編集盤で、リー・キングスの魅力のすべてを!

(本CD解説 上柴とおる)

01. STOP THE MUSIC
02. ALWAYS AND EVER
03. QUE SERA, SERA
04. STICKS AND STONES
05. L.O.D. (LOVE ON DELIVERY)
06. IT’S RAININ’
07. LIKE A ROLLING STONE
08. IT’S NOT RIGHT
09. LOST MY GIRL
10. I STILL LOVE YOU
11. I’VE GOT A WAY OF MY OWN
12. TEARS FELL
13. GIVE ME JUST ANOTHER BEER
14. GONNA KEEP SEARCHIN’
15. SMILE FOR ME
16. DON’T GO PLEASE STAY
17. SHAKE
18. THE TREES ARE TALKING
19. WHY WHY WHY
20. COMING FROM THE GROUND
21. DAY TRIPPER
22. STOP THE MUSIC(FIRST TAKE)



Posted by uncledog at 12:10:50Comments(0)TrackBack(0)

ジャン&ディーン/セイヴ・フォー・ア・レイニー・デイ(オールデイズレコード/ODR6611/CD)

2018-06-05

21147.jpg <国内盤紙ジャケ新譜CD情報>

ジャン&ディーン/セイヴ・フォー・ア・レイニー・デイ(オールデイズレコード/ODR6611/CD/4582239486115)

Jan & Dean/Save For A Rainy Day

人気サーフ・デュオ、ジャン&ディーンの幻のソフト・ロック名盤が登場!

66年に自主レーベルから発売されたのち、大手コロンビアからキャンセルされたいわくつきの作品で、“ジャン&ディーン版『スマイル』”とも評される本盤は、自動車事故で大ケガを負ったジャン・ベリーに代わり、相方のディーン・トーレンスが単独で創り上げたアルバムで、“雨”をテーマにしたコンセプチュアルな内容。

モヤがかかったようなガレージ・サウンドと雨の音のSEが幻想的な世界を描き出す、不思議な魅力を秘めた“幻のソフト・ロック名盤”が、ここに甦る。

レアなシングル7曲を追加!(本CD解説 木村ユタカ)

01. YELLOW BALLOON
02. HERE COMES THE RAIN
03. POCKET FULL OF RAINBOWS
04. WHEN SUNNY GETS BLUE
05. LIKE A SUMMER RAIN
06. RAINDROPS
07. RAIN ON THE ROOF
08. CRYIN’ IN THE RAIN
09. TASTE OF RAIN
10. SAVE FOR A RAINY DAY THEME

<BONUS TRACKS>
11. SUMMERTIME, SUMMERTIME
12. CALIFORNIA LULLABYE
13. LOUISIANA MAN
14. HAWAII
15. TIJUANA
16. FAN TAN
17. LOVE & HATE



Posted by uncledog at 12:07:28Comments(0)TrackBack(0)

ジャン&ディーン/ポプシクル(オールデイズレコード/ODR6558/CD)

2018-06-05

21146.jpg <国内盤紙ジャケ新譜CD情報>

ジャン&ディーン/ポプシクル(オールデイズレコード/ODR6558/CD/4582239485583)

Jan & Dean/Popsicle

ジャン&ディーンならではの明るくてキャッチーなポップ・ソングが詰まった好盤!

66年夏のスマッシュ・ヒット「ポプシクル」をフィーチャーした本作は、少女がアイスキャンディーを手に幸せそうな表情を浮かべているジャケットそのままの、明るくてキャッチーなポップ・ソングが詰まった好アルバム。

ジャン・ベリーが自動車事故で重体となり、活動がままならなかった時期にリリースされたため、過去のアルバム曲が多く収録されているが、ビートルズのカヴァー「ノルウェーの森」など、興味深いトラックも少なくない。「バットマン」などシングル2曲を追加。(本CD解説 木村ユタカ)

01. POPSICLE
02. THE RESTLESS SURFER
03. SHE’S MY SUMMER GIRL
04. DOWN AT MALIBU BEACH
05. SUMMER MEANS FUN
06. TENNESSEE
07. NORWEGIAN WOOD (THIS BIRD HAS FLOWN)
08. A SURFER’S DREAM
09. SURF ROUTE 101
10. SURFIN’ WILD
11. WAIMEA BAY
12. ONE-PIECE TOPLESS BATHING SUIT

<BONUS TRACKS>
13. BATMAN
14. FIDDLE AROUND



Posted by uncledog at 12:04:02Comments(0)TrackBack(0)

◆ROOTS CLASSICS ON CD VOL.84◆

2018-06-04

21145.jpg ◆ROOTS CLASSICS ON CD VOL.84◆

Susan Taylor/Finally Getting Home(Puffbunny Records/PB1031-2012/CD/0091037493842)

シンガー・ソングライター、スワンプのファンに人気の高いスーザン・テイラーが1972年にJMIからリリースしたファースト・ソロ・アルバム「ファイナリー・ゲティング・ホーム」(JMI Records/JMI-4002/LP)がスーザン・テイラー自身のインディー・レーベル、パフ・バニー・レコーズから初CD化!!

ケン・ローバー、ボブ・マクディルがゲスト参加したフォーク、ブルース、スワンプ、カントリー等のフレイバーを散りばめたSSWの名作です。

なお、スーザン・テイラーはカントリー・シンガーとして成功をおさめたドン・ウィリアムズと共にポゾ・セコ・シンガーズというフォーク・グループで活動していたことでも有名です。

1.Through the Looking Glass
2.A Way to Go On
3.Let Time Be Your Friend
4.Sand Mountain Blues
5.So Fine
6.When the Baby in My Lady Gets the Blues
7.If You Really Want Me to I'll Go
8.Like a Wheel
9.Won't You Take Me in
10.My Blue Ridge Mountain Boy

●スーザン・テイラー(テイラー・パイ)のウェブサイトは下記です
http://www.taylorpie.com/




Posted by uncledog at 18:18:33Comments(0)TrackBack(0)

Bruce Springsteen and the E Street Band/Madison Square Garden New York, NY November 08, 2009

2018-06-04

21141.jpg <輸入盤新譜CDR情報>

Bruce Springsteen and the E Street Band/Madison Square Garden New York, NY November 08, 2009(Bruce Springsteen/2CDR/2299990222343)

ブルース・スプリングスティーンの2009年11月8日、ニューヨークのマディソン・スクエア・ガーデンでのライヴ音源の登場!!

Bruce Springsteen(Lead vocal, electric and acoustic guitars, harmonica)
Roy Bittan(Piano, keyboards, accordion)
Clarence Clemons(Tenor and baritone saxophones, percussion, backing vocal)
Charlie Giordano(Organ, keyboards, accordion)
Nils Lofgren(Electric and acoustic guitars, pedal steel, backing vocal)
Patti Scialfa(Electric and acoustic guitars; backing vocal)
Garry Tallent(Bass)
Stevie Van Zandt(Electric and acoustic guitars, mandolin, backing vocal)
Max Weinberg(Drums)
Curtis King(Backing vocal, tambourine)
Cindy Mizelle(Backing vocal; tambourine)
Curt Ramm(Trumpet)
Soozie Tyrell(Violin, acoustic guitar, percussion, backing vocal)

1.Wrecking Ball
2.The Ties That Bind
3.Sherry Darling
4.Jackson Cage
5.Two Hearts
6.Independence Day
7.Hungry Heart
8.Out in the Street
9.Crush on You
10.You Can Look (But You Better Not Touch)
11.I Wanna Marry You
12.The River
13.Point Blank
14.Cadillac Ranch
15.I'm a Rocker
16.Fade Away
17.Stolen Car
18.Ramrod
19.The Price You Pay
20.Drive All Night
21.Wreck on the Highway
22.Waitin' on a Sunny Day
23.Atlantic City
24.Badlands
25.Born to Run
26.Seven Nights to Rock

<ENCORE>
1.Sweet Soul Music
2.No Surrender
3.American Land
4.Dancing in the Dark
5.Can't Help Falling In Love
6.(Your Love Keeps Lifting Me) Higher and Higher

●下記ボスのサイトで試聴可能です
http://live.brucespringsteen.net/live-music/0,19644/Bruce-Springsteen---The-E-Street-Band-mp3-flac-download-11-08-09-Madison-Square-Garden-New-York-NY.html?utm_source=Bruce&utm_medium=Email&utm_campaign=20180601&j=54015475&sfmc_sub=1221594732&l=32923867_HTML&u=450498970&mid=10886939&jb=0








Posted by uncledog at 11:34:30Comments(0)TrackBack(0)

『Staff Select ROOTS CLASSICS』!

2018-06-01

21135.jpg ◆特集♪ ディスクユニオンロック・リーフレット「GREATEST HITS」連動企画 『Staff Select ROOTS CLASSICS』!

根強い人気を誇るシンガー・ソングライター/ルーツ系の名作を、それぞれCDとレコードで15タイトルずつご紹介いたします。

どのタイトルも古くからのファンには定番と言える作品で、ディスクユニオンでロングセラーとなっているものばかりです。

「ブラックホーク」「ウッドストック」「マッスル・ショールズ」「700 WEST」などのキーワードに彩られた、ROOTS CLASSICSの世界をお楽しみください。

●上記特集の詳細は下記を参照下さい
http://diskunion.net/rock/ct/news/article/9/72509




Posted by uncledog at 18:48:31Comments(0)TrackBack(0)

◆ROOTS CLASSICS ON CD VOL.42◆

2018-06-01

20874.jpg ◆ROOTS CLASSICS ON CD VOL.42◆

SAMMY WALKER/Broadside Ballads, Vol. 8: Song for Patty(Folkways Records/FOWY5310.2/CDR/0093070531024)

70年代、渋谷にあった伝説のロック喫茶、ブラック・ホークの「名盤99選」に選ばれた「サミー・ウォーカー」(1976年リリース)で知られる米国はジョージア州出身のシンガー・ソングライター、サミー・ウォーカーが22歳になった1975年にフォークウェイズ・レコーズからリリースしたファースト・アルバム「ブロードサイド・バラッズ、VOL.8:ソング・フォー・パティ」(Folkways Records/BR 5310/LP)。

有名なフォーク・シンガー、フィル・オクスに実力を認められ、フィルの尽力によりフォークウェイズでのレコーディングを実現させ、フィル自らがプロデュースも担当した入魂の作品。

「ブロードサイド」誌の編集長、シス・カニンガムがタイトル曲「ソング・フォー・パティ」でゲスト参加(ボーカル)、フィル・オクスのオリジナル作品「バウンド・フォー・グローリー」ではフィル自信がボーカルでゲスト参加しています。

又、ウディ・ガスリーのカバー「アイ・エイント・ガット・ノー・ホーム・イン・ジス・ワールド・エニモア」ではシス・カニンガムとフィル・オクスの2名が参加して盛り上げています。

1 Song for Patty
2 Ragamuffin Minstrel Boy
3 My Old Yearbook
4 Little New Jersey Town
5 I Ain't Got No Home in This World Anymore
6 Closin' Time
7 A Simple Hour Operation
8 The Ballad of Johnny Strozier
9 Funny Farm Blues
10 Testimony of a Dying Lady
11 Catcher in the Rye
12 Bound for Glory

●上記輸入盤CDRは下記サイトにて好評販売中!
http://diskunion.net/rock/ct/detail/XAT-1245471313



Posted by uncledog at 18:47:25Comments(0)TrackBack(0)

◆ROOTS CLASSICS ON CD VOL.34◆

2018-06-01

20807.jpg ◆ROOTS CLASSICS ON CD VOL.34◆

ROY SMECK/Hawaian Guitar Banjo Ukulele & Guitar 1926-1949(Yazoo/YAZ1052.2/CD/0016351015228)

「弦の魔術師」の異名を持つバンジョー、ハワイアン・ギター、ウクレレ等、様々な弦楽器を自由自在に操るロイ・スメックの1926〜1949年の音源を集めた米国戦前ブルース復刻レーベルとして名高いヤズー・レコーズによるグレイトな編集盤にして名盤「ハワイアン・ギター、バンジョー、ウクレレ&ギター 1926-1949」。

1920〜30年代に活躍した4弦バンジョーの名手、ハリー・リーザーの向こうを張るような「タイガー・ラグ」や美しいメロディーに酔いしれる「ギターズ」、流麗な「スティール・ギター・ラグ」、エキゾチックな雰囲気が素晴らしい「ライムハウス・ブルース」、壮絶なバンジョーが炸裂する「二フティ・ピッキン」等収録。

ロバート・クラムによるジャケットも秀逸。

1.12th Street Rag
2.Frettin' Blues
3.Shuffle Off to Buffalo
4.Limehouse Blues
5.Nifty Pickin'
6.Tough Pickin'
7.Slippery Fingers
8.Steel Guitar Rag
9.Tiger Rag
10.Guitarese
11.Farewell Blues
12.Ukulele Bounce
13.Bugle Call Rag
14.Laughing Rag

●上記輸入盤CDは下記サイトにて好評販売中!
http://diskunion.net/portal/ct/detail/XAT-1245472768




Posted by uncledog at 18:47:02Comments(0)TrackBack(0)

◆ROOTS CLASSICS ON VINYL VOL.55◆

2018-06-01

20831.jpg ◆ROOTS CLASSICS ON VINYL VOL.55◆

Ronnie Lane's Slim Chance/ONE FOR THE ROAD(Island Records/471-8841/LP/0602547188410)

元スモール・フェイセス、フェイセスのロニー・レーンが1976年にリリースしたアイランド移籍第2弾となるソロ3作目「ワン・フォー・ザ・ロード」(Island Records/ILPS 9366/LP)。

カヴァーの多かった前作から一転、共作含め全曲オリジナル作品でレコーディングした最高作の誉れ高い英国産アメリカン・ロック名作。

パブ・ロック、スワンプ・ロックのファンにお薦めの一枚。

<SIDE A>
1. Don't Try & Change My Mind
2. 32nd Street
3. Snake
4. Burnin' Summer
5. One for the Road

<SIDE B>
1. Steppin' and Reelin'
2. Harvest Home
3. Nobody's Listenin'
4. G'morning

●上記輸入盤LPは下記サイトにて好評販売中!
http://diskunion.net/rock/ct/detail/RS150608-42




Posted by uncledog at 18:45:50Comments(0)TrackBack(0)

◆ROOTS CLASSICS ON VINYL VOL.39◆

2018-06-01

20713.jpg ◆ROOTS CLASSICS ON VINYL VOL.39◆

JUDEE SILL/JUDEE SILL(4 MEN WITH BEARDS/120/LP/0646315112016)

デヴィッド・ゲフィンの設立したアサイラム・レーベルの第一号アーティストであり、数多くの女性アーティストに多大な影響を与えたコンテンポラリー・フォーク系女性シンガー・ソングライター、ジュディー・シルが1971年にリリースしたファースト・アルバム「ジュディー・シル」(Asylum Records/SD 5050/LP)。

フォーク、カントリー、ゴスペル、ジャズ、クラシックから教会音楽までの幅広い音楽性を持って自身の描く宇宙を全11曲のオリジナル作品として生み出したはかなくも美しい歌世界に感動。家出、強盗、麻薬中毒等、波瀾万丈の短い人生の中で生み出された2枚のオリジナル・アルバムは一筋の閃光のようでもあり、永遠の輝きを放っています。

180グラム重量盤LP

<Side A>
1.Crayon Angels
2.The Phantom Cowboy
3.The Archetypal Man
4.The Lamb Ran Away With The Crown
5.Lady-O
6.Jesus Was A Cross Maker

<Side B>
1.Ridge Rider
2.My Man On Love
3.Lopin' Along Thru The Cosmos
4.Enchanted Sky Machines
5.Abracadabra

●上記輸入盤LPは下記サイトにて好評販売中!
http://diskunion.net/rock/ct/detail/XAT-1245483471



Posted by uncledog at 18:45:31Comments(0)TrackBack(0)

◆ROOTS CLASSICS ON VINYL VOL.28◆

2018-06-01

20702.jpg ◆ROOTS CLASSICS ON VINYL VOL.28◆

GENE CLARK/WHITE LIGHT(Sundazed Music Inc/LP 5345/LP/0090771534514)

元ザ・バーズのジーン・クラークがジェシ・エド・デイヴィスをプロデューサーに迎えて1971年にリリースしたセカンド・ソロ・アルバムにしてシンガー・ソングライター・ファンにとって名作の誉れ高い「ジーン・クラーク」(通称:ホワイト・ライト)(A&M Records/SP 4292/LP)。

ジェシ・エド・デイヴィスのギターとジーン・クラークのハーモニカ、ボーカルのコンビネーションが哀愁感漂う味わい深い内容です。

特に「ホワイト・ライト」は名曲としてSSWのファンは聞かずに死ねない究極の一曲です。

Gene Clark(Acoustic Guitar, Harmonica, Vocal)
Jesse Davis(Electric Guitar, Guitar)
John Selk(Acoustic Guitar)
Chris Ethridge(Bass)
Gary Mallaber(Drums)
Ben Sidran(Piano)
Mike Utley(Organ)
Bobbye Hall Porter(Congas, Percussion)

<SIDE A>
1.THE VIRGIN
2.WITH TOMORROW
3.WHITE LIGHT
4.BECAUSE OF YOU
5.ONE IN A HUNDRED

<SIDE B>
1.SPANISH GUITAR
2.WHERE MY LOVE LIES ASLEEP
3.TEARS OF RAGE
4.1975

●上記輸入盤LPは下記サイトにて好評販売中!
http://diskunion.net/rock/ct/detail/RY110907-SD-04



Posted by uncledog at 18:45:09Comments(0)TrackBack(0)

◆ROOTS CLASSICS ON CD VOL.58◆

2018-06-01

20909.jpg ◆ROOTS CLASSICS ON CD VOL.58◆

SHELAGH McDONALD/STARGAZER(TALKING ELEPHANT/TECD379/CD/5028479037926)

キース・クリスマスに認められてプロ・デビューした英国の女性シンガー・ソングライター、シェラ・マクドナルドが1971年リリースしたセカンド・アルバムにして惜しくもラスト・アルバムとなったブリティッシュ・フォークの名盤として昔から語り継がれてきた名作「スターゲイザー」(B & C Records/CAS 1043/LP)。

渋谷のロック喫茶「ブラックホーク」の松平さんが1977年12月に発行した音楽雑誌「スモール・タウン・トーク」第11号の特集「ブラックホークの選んだ99枚のレコード」に選ばれた名作でもあります。

心に染み入るような美しいシェラの歌と生ギターが豪華布陣と織りなす崇高な世界は一度、その世界に惹かれた者にとって永遠の輝きを放つこと必至と言えます。

フェアポート・コンヴェンションからはリチャード・トンプソンとデイヴ・マタックス、フォザリンゲイのパット・ドナルドソン、ペンタングルのダニー・トンプソン他、豪華布陣がレコーディングに参加。

1.Rod's Song
2.Liz's Song
3.Lonely King
4.City's Cry
5.Dowie Dens of Yarrow
6.Baby Go Slow
7.Canadian Man
8.Good Times
9.Odyssey
10.Stargazer

<BONUS TRACKS>
11.The Road to Paradise
12.Sweet Sunlight
13.Spin (Version 1)
14.Rainy Night Blues
15.Spin (Version 2)
16.Dowie Dens of Yarrow (Version 2)
17.Dowie Dens of Yarrow (False Start)
18.Stargazer
19.Stargazer (False Start)

●上記輸入盤CDは下記サイトにて好評販売中!
http://diskunion.net/portal/ct/detail/1007437600




Posted by uncledog at 18:38:31Comments(0)TrackBack(0)

◆ROOTS CLASSICS ON CD VOL.56◆

2018-06-01

20904.jpg ◆ROOTS CLASSICS ON CD VOL.56◆

MARC ELLINGTON/MARC TIME(Talking Elephant/TECD175/CD/5028479017522)

山高帽と髭の男として知られるマーク・エリントンが1975年にリリースした5作目にして惜しくもラスト・アルバムとなった「マーク・タイム」(XTRA/XTRA 1154/LP)。

「マークの大冒険」という邦題で日本盤LPも発売されていました。

米国出身でありながら英国音楽にあこがれて渡英して音楽活動をおこなったSSWで、フェアポート・コンベンションの名作「アンハーフブリッキング」に参加したことで有名です。

リチャード&リンダ・トンプソン、アンディー・ロバーツ他、豪華メンバーが参加した英米のシンガー・ソングライター、フォーク・ロック、カントリー・ロックのファンにお薦めの名盤。

1. Wild About My Lovin'
2. The Answer Is You
3. Stealin'
4. Streets Of Baltimore
5. Ad Man
6. I Miss The Mississippi And You
7. Shady Lies
8. Borrowing Time
9. Close The Door
10. You Just Can't Believe What You See
11. Anyday Woman

●上記輸入盤CDは下記サイトにて好評販売中!
http://diskunion.net/portal/ct/detail/RY110108-03




Posted by uncledog at 18:34:20Comments(0)TrackBack(0)

◆ROOTS CLASSICS ON CD VOL.55◆

2018-06-01

20903.jpg ◆ROOTS CLASSICS ON CD VOL.55◆

MICHAEL HURLEY/HAVE MOICY(ROUNDER RECORDS/ROUP3010.2/CD/0011661301023)

ペンシルバニア州出身で60年代初頭にNYのグリニッジ・ビレッジに移住したシンガー・ソングライター、マイケル・ハーレイが1972年にラウンダーからリリースしたアルバム「ハブ・モイシー」(Rounder Records/3010/LP)。

渋谷のロック喫茶「ブラックホーク」の松平さんが1977年12月に発行した音楽雑誌「スモール・タウン・トーク」第11号の特集「ブラックホークの選んだ99枚のレコード」に選ばれた名作です。

親交の深かったホリー・モーダル・ラウンダーズが参加。無邪気な子供が唄ったような素朴な唄には独特の味わいがあり、常に根強い人気のある名盤としてCDの時代になっても多くの者から愛されています。

01. Midnight In Paris
02. Robbin' Banks
03. Slurf Song
04. Jacknife/The Red Newt
05. Griselda
06. What Made My Hamburger Disappear
07. Sweet Lucy
08. Country Bump
09. Fooey Fooey
10. Jealous Daddy's Death Song
11. Driving Wheel
12. Weep Weep Weep
13. Hoodoo Bash

●上記輸入盤CDは下記サイトにて好評販売中!
http://diskunion.net/portal/ct/detail/0413RK2258



Posted by uncledog at 18:33:15Comments(0)TrackBack(0)

◆ROOTS CLASSICS ON CD VOL.51◆

2018-06-01

20897.jpg ◆ROOTS CLASSICS ON CD VOL.51◆

TOWNES VAN ZANDT/The Late Great Townes Van Zandt(Omnivore Recordings/OMRE101109.2/CD/0816651011094)

テキサスを代表するシンガー・ソングライター、タウンズ・ヴァン・ザントが1972年にポピー・レコーズからリリースした6枚目のアルバム「ザ・レイト・グレイト・タウンズ・ヴァン・ザント」(Poppy/PP-LA004-F/LP)。

カントリー・ロックを中心に、優しい歌声と土臭いフィーリングがSSW好きの心に染み入ること間違いなしと言える初期の集大成的な傑作。

ペダル・スティールとマンドリンがのどかな田園風景を連想させる冒頭の「ノー・ロンサム・チューン」、サビの部分で女性コーラスが入ってくる瞬間がたまらない1968年のデビュー・アルバム「For The Sake Of The Song」に収録されていた楽曲の再録「サッド・シンデレラ」、同郷の友人であるガイ・クラークのデビュー前の曲を取り上げた「ドント・レット・ザ・サンシャイン・フール・ユー」はアコギとスティールギターによるカントリーフォークの逸品。

ハンク・ウィリアムスのカバー「ホンキー・トンキン」のゆるくラフな感覚も素晴らしいの一言。

爪弾かれるアコギの後ろでストリングスとブラス・セクションが味付け程度に聞こえてくるようなサウンドが最高な代表曲「「パンチョ・アンド・レフティ」他。

SSWファン、カントリー・ロック・ファンにお薦めの人気作。

1. No Lonesome Tune
2. Sad Cinderella
3. German Mustard (A Clapalong)
4. Don't Let the Sunshine Fool You
5. Honky Tonkin'
6. Snow Don't Fall
7. Fraulein
8. Pancho & Lefty
9. If I Needed You
10. Silver Ships of Andilar
11. Heavenly Houseboat Blues

●上記輸入盤CDは下記サイトにて好評販売中!
http://diskunion.net/portal/ct/detail/RS130523-04




Posted by uncledog at 18:32:01Comments(0)TrackBack(0)

◆ROOTS CLASSICS ON CD VOL.4◆

2018-06-01

20663.jpg ◆ROOTS CLASSICS ON CD VOL.4◆

JOHN WILLIAMSON/SAME(TIGER CREEK MUSIC/CDB5637525598.2/CD/0634479151729)

久々に素晴らしいシンガー・ソングライターに出会ったような気分だ。その名はジョン・ウイリアムソン。

米国ジョージア州中部の小さな街、ビデーリア出身。20代の頃、全米を放浪しながら歌い続け、その後ナッシュビルに移住して2002年にセルフタイトルのデビュー・アルバムをリリースする。

シンガー・ソングライターのファンには初のシングル曲としてリリースされた3曲目の「ザ・マン・フー・レット・ア・メモリー・テイク・ヒム・ダウン」をまずは聞いていただきたい。アコギのイントロにキーボードが絡み、渋く語りかけるようなジョンのボーカルが入ってきた時、70年代の黄金のシンガー・ソングライター時代を経験した者なら心打たれること間違いないだろう。70年代シンガー・ソングライター作品のエッセンスが完璧なまでに含まれている文句無しの傑作だと言い切れる素晴らしい楽曲、唄、演奏である。

これが本当に2002年の新譜なのかとジャケットのクレジットを幾度もチェックしてしまったほどだ。そして続く「ブラッド、スウェット&ティアーズ」も背筋がゾクゾクするほど素晴らしい。

渋いけれどもその中にマイルドな聞く者を優しくグルーブするようなジョンの唄声は一度とりつかれたら病み付きになるかもしれない。

こんなシンガー・ソングライターが今でも現れる国、アメリカはやはり懐が深い。

1. I Might Say Anything
2. That's All I Ask
3. The Man Who Let a Memory Take Him Down
4. Blood, Sweat and Tears
5. The Man You Wanted Me to Be
6. This Old Truck
7. Someone Who Can
8. Where Does a Cowboy Go
9. Handouts, Hopes and Prayers
10. This Feeling Won't Last Long
11. This Town

●上記輸入盤CDは下記サイトにて好評販売中!
http://diskunion.net/portal/ct/detail/0413RK4698


●下記CDBABYのサイトにて一部試聴可能です
https://store.cdbaby.com/cd/williamson1



Posted by uncledog at 18:26:48Comments(0)TrackBack(0)

◆ROOTS CLASSICS ON CD VOL.28◆

2018-06-01

20784.jpg ◆ROOTS CLASSICS ON CD VOL.28◆

TEEGARDEN & VAN WINKLE/BUT ANYHOW(Wounded Bird Records/WUND290.2/CD/0664140029026)

スワンプ・ロックのファンに人気の高いドラムスとハモンドB3オルガン奏者のデュオ、ティーガーデン&ヴァン・ウインクルが1969年にリリースしたセカンド・アルバム「バット・エニハウ」(Atco Records/SD33-290/LP)。

オリジナル・ナンバーに加えてドノヴァンの「魔女の季節」、タジ・マハールの「シー・コウト・ザ・ケイティ・アンド・レフト・ミー・ア・ミュール・トゥ・ライド」、ジミー・リードの「ブライト・ライツ・ビッグ・シティ」、ジミー・マッグリフの「オール・アバウト・マイ・オール・ビッチ」等のカバーも収録。

ラフでワイルドかつファンキーな泥臭いそのサウンドとボーカルはスワンプ・ロックのファンはもちろん、ファンキー・ロック、70年代アメリカン・ロックのファンなら一度はチェックしておいて損は無い熱いものがあります。

名ドラマー、デヴィッド・ティーガーデンが60年代に音楽活動を始めたのはタルサ(米国オクラホマ州)のクラブ・シーンで、やがてLAに活動の場を移してレオン・ラッセルやJ.J.ケイルを含むLAの有名なスタジオ・ミュージシャンと共に活動。その後デトロイトに移住してハモンドB3オルガン奏者のスキップ・ヴァンウインクルとデュオ、ティーガーデン&ヴァン・ウインクルを結成してLPを6枚リリースしています。

David Teegarden(Drums, Vocal)

Skip "Van Winkle" Knape(Organ, Vocal)

1.Annie Had A Baby
2.Season Of The Witch
3.Cloud Castle Gate
4.Red Haired Woman
5.Autumn Flowers
6.Short One
7.She Caught The Katie And Left Me A Mule To Ride
8.Run Woman Run
9.Bright Lights Big City
10.All About My Ole Bitch (rendered from All About My Girl)

●上記輸入盤CDは下記サイトにて好評販売中!
http://diskunion.net/rock/ct/detail/XAT-1245470748



Posted by uncledog at 18:25:46Comments(0)TrackBack(0)

◆ROOTS CLASSICS ON CD VOL.27◆

2018-06-01

20783.jpg ◆ROOTS CLASSICS ON CD VOL.27◆

TEEGARDEN & VAN WINKLE/AN EVENING AT HOME WITH(Wounded Bird Records/WUND272.2/CD/0664140027220)

スワンプ・ロックのファンに人気の高いドラムスとハモンドB3オルガン奏者のデュオ、ティーガーデン&ヴァン・ウインクルが1968年にリリースしたファースト・アルバム「アン・イヴニング・アット・ホーム・ウイズ」(Plumm Records/DS AIQ 101201/LP)。

デトロイトのレッド・カーペットでのライヴを7曲収録。

ラフでワイルドかつファンキーな泥臭いそのサウンドとボーカルはスワンプ・ロックのファンはもちろん、ファンキー・ロック、70年代アメリカン・ロックのファンなら一度はチェックしておいて損は無い熱いものがあります。

名ドラマー、デヴィッド・ティーガーデンが60年代に音楽活動を始めたのはタルサ(米国オクラホマ州)のクラブ・シーンで、やがてLAに活動の場を移してレオン・ラッセルやJ.J.ケイルを含むLAの有名なスタジオ・ミュージシャンと共に活動。その後デトロイトに移住してハモンドB3オルガン奏者のスキップ・ヴァンウインクルとデュオ、ティーガーデン&ヴァン・ウインクルを結成してLPを6枚リリースしています。

David Teegarden(Drums, Vocal)

Skip "Van Winkle" Knape(Organ, Vocal)

1.Introduction/Today I Left For The Big City
2.Can’t Get Enough Of Your Love
3.Scarborough Fair/Canticle
4.Woman Child
5.Alright Mama
6.Bring It On Home--Part I
7.Bring It On Home--Part II

●上記輸入盤CDは下記サイトにて好評販売中!
http://diskunion.net/rock/ct/detail/XAT-1245470747




Posted by uncledog at 18:23:17Comments(0)TrackBack(0)

◆ROOTS CLASSICS ON CD VOL.24◆

2018-06-01

20777.jpg ◆ROOTS CLASSICS ON CD VOL.24◆

BOB MARTIN/Last Chance Rider(RIVERSONG RECORDS/5/CD/0793447347424)

ニューヨークのガーズ・フォーク・シティでスカウトされてRCAレーベルと契約し、1972年にナッシュビルのスタジオでレコーディングしたデビュー・アルバム「ミッドウエスト・ファーム・ディザスター」(RCA/LSP-4770)で有名なシンガー・ソングライター、ボブ・マーティン。

1977年12月に渋谷のロック喫茶「ブラックホーク」の松平さんが発行した音楽雑誌「スモール・タウン・トーク」第11号の特集「ブラックホークの選んだ99枚のレコード」の中の1枚に選ばれた名作でもあります。

レコーディングにはデヴィッド・ブリッグス(キーボード)、ノーバート・プットナム(ベース)、ケ二ー・バトレー(ドラムス)他、ナッシュビルのベテラン・スタジオ・ミュージシャンが参加。ボブ・ディランのフォロワー的な存在のフォーク・シンガーと言える存在で、味わい深い渋い歌声といぶし銀のサウンドが上手くブレンドして70年代を代表するSSW/フォークの名盤として人気の高いアルバムでした。

そのボブ・マーティンが1982年にリリースしたセカンド・アルバム「ラスト・チャンス・ライダー」(JUNE APPAL RECORDINGS原盤/JA043/LP)は米国のナショナル・アソシエーション・オブ・インディペンデント・レコード・ディストリビューターズから全米トップ・クラスのフォーク・アルバムと絶賛されたLPです。

有名なファースト・アルバムの影に隠れたようなアルバムですが、ファースト・アルバム同様に素晴らしい内容です。

ボブ・ディラン、サミー・ウォーカー、ウディ・ガスリー等のフォーク、シンガー・ソングライターが好きな方にお薦めの1枚。

<SIDE ONE>
1.GIVE ME ONE GOOD REASON NOT TO GO
2.BORDERLINE
3.HOTEL ST. JAMES
4.QUEEN OF THE MIDGET WRESTLING TEAM
5.LAST CHANCE RIDER

<SIDE TWO>
1.DAYLITE
2.OLD TIME COUNTRY TUNE
3.GIVIN' UP EASY
4.APPALACHIA LULLABY
5.HALF BREED

●上記輸入盤CDは下記サイトにて好評販売中!
http://diskunion.net/portal/ct/detail/RS150805-10



Posted by uncledog at 18:21:49Comments(0)TrackBack(0)

◆ROOTS CLASSICS ON CD VOL.23◆

2018-06-01

20775.jpg ◆ROOTS CLASSICS ON CD VOL.23◆

UNCLE DOG/OLD HAT(PROG TEMPLE/PTCD8011/CD/4753314801110)

「イギリスのジャニス・ジョプリン」の異名を持つ女性シンガー、キャロル・グライムズを擁する英国スワンプ・ロック・バンド、アンクル・ドッグが1972年にリリースした唯一作にして70年代英国ロックの名作として人気の高い「アンクル・ドッグ」(Signpost Records/SG 4253/LP)。

アヴェレージ・ホワイト・バンドのホーン・セクションや元フリーのポール・コゾフ、ザ・フーとの共演で有名なラビット他をゲストに迎え、アーシーな米国南部ロックやカントリーと英国の叙情性が見事にブレンドし、練り上げられた奇跡とも言える傑作。

強力なキャロルのヴォーカルを中心に、冒頭から男女ヴォーカルのからみが素晴らしいブギー・スワンプ・ナンバー「リヴァ―・ロード」、粘り付くようなカントリー・ロック・ナンバー「ムーヴィー・タイム」、超絶な絶唱が聴けるサザン・ソウル・ナンバー「ウイ・ガット・タイム」、泥臭さの極みとも言いたい「ミステリー・トレイン」「ルーズ・ミー」他、駄作なしの全8曲。ジャケも素晴らしいの一言!

1. River Road
2. Movie Time
3. Old Hat
4. Boogie With Me
5. We Got Time
6. Smoke
7. I'll Be Your Baby Tonight (Dylan) / Mystery Train (Phillips/Parker)
8. Lose Me

●上記輸入盤CDは下記ウェッブサイトにて好評販売中!
http://diskunion.net/portal/ct/detail/RS131107-18




Posted by uncledog at 18:21:27Comments(0)TrackBack(0)

◆ROOTS CLASSICS ON VINYL VOL.48◆

2018-06-01

20774.jpg ◆ROOTS CLASSICS ON VINYL VOL.48◆

BOBBY CHARLES/BOBBY CHARLES(LIGHT IN THE ATTIC/LITA111/LP/0826853011112)

ウッドストック産スワンプ・ロックの名作として人気の高いボビー・チャールズが1972年にベアズヴィル・レコーズからリリースしたファースト・ソロ・アルバム「ボビー・チャールズ」(Bearsville/BR-2104/LP)。

プロデュースはボビーとジョン・サイモン、リック・ダンコ(ザ・バンド)が担当。

レコーディングにはエイモス・ギャレット、ジェフ・マルダー、ジョン・サイモン、レヴォン・ヘルム、ガース・ハドソン、リック・ダンコ、リチャード・マニュエル、ドクター・ジョン、ボブ・ニューワース、ベン・キース、デヴィッド・サンボーン等、錚々たるメンバーが参加した永遠に聞かれるべき確かな一枚。

<SIDE A>
1.Street People
2.Long Face
3.I Must Be In A Good Place Now
4.Save Me Jesus
5.He's Got All The Whiskey

<SIDE B>
1.Small Town Talk
2.Let Yourself Go
3.Grow Too Old
4.I'm That Way
5.Tennessee Blues

●上記輸入盤LPは下記サイトにて好評販売中!
http://diskunion.net/portal/ct/detail/RS140224-01



Posted by uncledog at 18:19:43Comments(0)TrackBack(0)

◆ROOTS CLASSICS ON VINYL VOL.47◆

2018-06-01

20773.jpg ◆ROOTS CLASSICS ON VINYL VOL.47◆

TONY JOE WHITE/TONY JOE WHITE (180G LP)(MUSIC ON VINYL/MOVLP1073/LP/8718469535637)

スワンプ・ロックの代名詞的な存在と言っても過言ではないトニー・ジョー・ホワイトが1971年にモニュメント・レコーズからワーナー・ブラザーズ・レコーズに移籍してリリースした4作目にしてワーナー移籍第一弾となる「トニー・ジョー・ホワイト」(Warner Bros. Records/WS 1900/LP)。

メンフィス・ホーンズにディキシー・フライヤーズのメンバーであるサミー・クリーソン、マイク・アトレイ等のベテラン勢がバックを務めており、素晴らしいホーンの音色と乾いたギターが聞けるソウルフルかつクールな一枚。

ピーター・アッシャーがプロデュースを担当。

<SIDE A>
1.They Caught The Devil And Put Him In Jail In Eudora, Arkansas
2.The Change
3.My Kind Of Woman
4.The Daddy
5.Black Panther Swamps

<SIDE B>
1.Five Summers For Jimmy
2.A Night In The Life Of A Swamp Fox
3.Traveling Bone
4.I Just Walked Away
5.Copper Kettle
6.Voodoo Village

●上記輸入盤LPは下記サイトにて好評販売中!
http://diskunion.net/portal/ct/detail/RS140602-04



Posted by uncledog at 18:19:14Comments(0)TrackBack(0)

◆ROOTS CLASSICS ON CD VOL.2◆

2018-06-01

20661.jpg ◆ROOTS CLASSICS ON CD VOL.2◆

J.MICHAEL HENDERSON/TO MAKE THE NIGHT COMPLETE (JMH RECORDS/JMH7601/CD/0793033106329)

1976年にインディアナポリスの700 WEST系レーベルからリリースされたシンガー・ソングライター、J.マイケル・ヘンダーソンのデビュー・アルバム「トゥ・メイク・ザ・ナイト・コンプリート」。

ジャケットから容易に想像できるようなジェントルな唄声と楽曲の良さが光る永遠の名作と言いたいアルバムです。

特にお薦めは3曲目の「ビコーズ・ザット・サムワン・イズ・ユー」。続く「ユー・マイト・シンク・アイム・ア・ストレンジャー」は優しく語り掛けるような歌唱で心がとてもなごみます。ノスタルジックなイントロが印象的な「ハヴ・アイ・ビーン・イン・ラヴ・アット・オール」もとても良い雰囲気。

全11曲収録。歌詞付き。

本人曰く、「クリスマスの時期は毎年、需要が多いアルバムなんだよね」。納得のいく一言です。

1.My Music
2.With Nobody Else Around
3.Because That Someone Is You
4.You Might Think I'm A Stranger
5.It Never Hurts To Cry
6.A Song For Jude
7.Everybody Sings The Blues
8.You're But A Dream, My Lady
9.Friend, You've Got It Made
10.Have I Been In Love At All
11.To Make The Night Complete

●上記輸入盤CDは下記サイトにて好評販売中!
http://diskunion.net/portal/ct/detail/0413RK2061

●J.マイケル・ヘンダーソンのウェブサイトは下記です
http://www.jmichaelhenderson.com/jmichaelhenderson/Welcome.html



Posted by uncledog at 18:18:12Comments(0)TrackBack(0)

◆ROOTS CLASSICS ON VINYL VOL.38◆

2018-06-01

20712.jpg ◆ROOTS CLASSICS ON VINYL VOL.38◆

CATHERINE HOWE/WHAT A BEAUTIFUL PLACE(NUMERO/NUMR12.1/LP/0656605844411)

197I年にリリースされた英国の女性シンガー、キャサリン・ハウの激レアなファースト・アルバム「ホワット・ア・ビューティフル・プレイス」(Reflection/REF. L11/LP)。

有名なジャズ・ピアニスト、ボビー・スコットがプロデュースを担当した作品で、オーケストラをバックにした美しい英国のフォーク・アルバムです。

秀逸な美しいオリジナル・ジャケットから容易に想像できるような英国の深い森の入り口に立ったような気分にさせてくれます。

サンディー・デニー、ブリジット・セント・ジョン、ニック・ドレイク等が好きな方にお薦め。

<SIDE 1>
1.PROLOGUE
2.MY CHILD
3.ON A MISTY MORNING
4.NOTHING MORE THAN STRANGERS
5.UP NORTH
6.INTERLUDE
7.IT'S NOT LIKELY

<SIDE 2>
1.IT COMES WITH THE BREEZES
2.WORDS THROUGH A LOOKED DOOR
3.WHAT A BEAUTIFUL PLACE
4.INNOCENCE OF CHILD
5.EPILOGUE

●上記輸入盤LPは下記ウェッブサイトにて好評販売中!
http://diskunion.net/rock/ct/detail/0413RK14060



Posted by uncledog at 18:15:35Comments(0)TrackBack(0)

◆ROOTS CLASSICS ON VINYL VOL.35◆

2018-06-01

20709.jpg ◆ROOTS CLASSICS ON VINYL VOL.35◆

ALEXANDER SPENCE/OAR(Sundazed Music Inc/LP 5030/LP/0090771503015)

米国のシド・バレットと言われたモビー・グレイプのメンバー、アレクサンダー・スキップ・スペンスが全ての楽器を自身で多重録音して制作された1969年の唯一のソロ・アルバム「オール」(Columbia/CS 9831/LP)。

収録された楽曲は繊細で牧歌的な反面、魂が浮遊してしまったかのようにつぶやく様なヴォーカルとシンプルなサウンドが織りなす危うい独自の世界はシド・バレット、ヤン・デックの世界に通じるものがあります。

アシッド・フォーク、サイケのファンは要チェックな1枚。

<SIDE A>
1.Little Hands
2.Cripple Creek
3.Diana
4.Margaret - Tiger Rug
5.Weighted Down (The Prison Song)
6.War In Peace

<SIDE B>
1.Broken Heart
2.All Come To Meet Her
3.Books Of Moses
4.Dixie Peach Promenade (Yin For Yang)
5.Lawrence Of Euphoria
6.Grey / Afro

●上記輸入盤LPは下記ウェッブサイトにて好評販売中!
http://diskunion.net/rock/ct/detail/XAT-1245478564




Posted by uncledog at 18:14:14Comments(0)TrackBack(0)

◆ROOTS CLASSICS ON CD VOL.5◆

2018-06-01

20664.jpg ◆ROOTS CLASSICS ON CD VOL.5◆

SHIRLEY COLLINS/FALSE TRUE LOVERS(Folkways Records/FOWY3564.2/CDR/0093070356429)

1959年に米国のフォークウェイズからリリースされた英国フォーク界の女帝、シャーリー・コリンズのセカンド・アルバム「フォールス・トゥルー・ラヴァーズ」(Folkways Records/FG 3564/LP)。

1958年にロンドンでアラン・ローマックスとピーター・ケネディのプロデュースにより、たった2日間でレコーディングされた英国とアイルランドのフォーク・ソングを素晴らしい歌唱で唄った名盤です。

ガイ・カラワン、ジョン・へイステッド、ラルフ・リンズラーのギター及び五弦バンジョーをバックにした歌唱及び無伴奏シンギングで全19曲収録。

「アンクワイエット・グレイヴ」「スカボロー・フェア」「クルエル・マザー」他、バラッドの名曲収録。

英国フォーク、トラッド、ルーツ・ミュージック等が好きな方にお薦め。

<Side A>
1.I Drew My Ship
2.The Irish Boy
3.The Spermwhale Fishery
4.Dennis O'Reilly
5.My Bonny Miner Lad
6.Just As The Tide Was Flowing
7.Bobby Shaftoe
8.Richie Story
9.The Unquiet Grave
10.The Swapping Song

<Side B>
1.Poor Old Horse
2.The False True Love
3.The Foggy Dew
4.Mowing The Barley
5.Scarborough Fair
6.The Cruel Mother
7.The Bonnie Cuckoo
8.The Queen Of May
9.Died For Love

●上記輸入盤CDRは下記サイトにて好評販売中!
http://diskunion.net/portal/ct/detail/XAT-1245471396






Posted by uncledog at 18:10:10Comments(0)TrackBack(0)

◆ROOTS CLASSICS ON VINYL VOL.24◆

2018-06-01

20647.jpg ◆ROOTS CLASSICS ON VINYL VOL.24◆

SANDY DENNY/The North Star Grassman And The Ravens(Commercial Marketing/3787246/LP/0602537872466)

1971年にリリースされたレッド・ツェッペリンの4thアルバム「IV」に収録された「The Battle of Evermore」(邦題:限りなき戦い)にバック・コーラスでゲスト参加したことでゼップのファンにも有名な英国フォーク/トラッド・ロック界を代表する女性シンガー、サンディー・デニーがフェアポート・コンヴェンション、フォザリンゲイを経て1971年にアイランド・レコーズからリリースした名作の誉れ高きファースト・ソロ・アルバム「ザ・ノース・スター・グラスマン・アンド・ザ・レイヴンズ」(Island Records/ILPS 9165/LP)。

フォザリンゲイのメンバーとリチャード・トンプソンがメインとなってレコーディングされたアルバムですが、バリー&ロビン・ドランスフィールドがゲスト参加している点も英国トラッド/フォークのファンには見逃せません。

サンディーのオリジナル曲8曲にボブ・ディランの「ダウン・イン・ザ・フラッド」のカバーやジミーペイジが「Black MountainSide」として発表したトラディショナル・ナンバー「ブラックウォーターサイド」等を収録したサンディー・デニーの素晴らしい歌唱が堪能できる名作です。

キーフが手掛けたジャケットも英国然りとした陰影に踏んだ素晴らしい一幅の絵画のようで名作の価値をさらに高めています。

オリジナルのダブル・ジャケット仕様
Island(島)レーベル・ラベルも再現

<SIDE A>
A1. Late November
A2. Blackwaterside
A3. The Sea Captain
A4. Down In The Flood
A5. John The Gun

<SIDE B>
1. Next Time Around
2. The Optimist
3. Let's Jump The Broomstick
4. Wretched Wilbur
5. The North Star Grassman And The Ravens
6. Crazy Lady Blues

●上記輸入盤LPは下記サイトにて好評販売中!
http://diskunion.net/portal/ct/detail/1006298469



Posted by uncledog at 18:08:48Comments(0)TrackBack(0)

◆ROOTS CLASSICS ON VINYL VOL.23◆

2018-06-01

20646.jpg ◆ROOTS CLASSICS ON VINYL VOL.23◆

NIC JONES/PENGUIN EGGS(Weatherbox/VIN180LP123/LP/5038622137618)

英国のフォーク・シンガー、ニック・ジョーンズが1980年にトピックからリリースした5枚目のソロ・アルバム「ペンギン・エッグス」(Topic Records/12TS 411/LP)。

力強いギター・プレイと円熟味を増した素晴らしい歌唱で聞く者を感動させずにはおかないニックの最高作。

冒頭の「Canadee-I-O」はボブ・ディランが1992年にコロンビア・レコーズからリリースしたアルバム「Good As I Been To You」の4曲目に収録されていた楽曲でもあります。

Color Vinyl仕様限定アナログ盤
180グラム重量盤LP

なお、このLPはトピック・レコーズのアーカイヴ・シリーズ(180グラム重量盤LP)の第一弾としてのリリースのようなので今後のリリース予定が楽しみです。

Nic Jones(Vocal, Guitar, Fiddle)
Dave Burland(Vocal)
Bridget Danby(Recorder, Vocal)
Tony Hall(Melodeon)

<SIDE A>
1.Canadee-I-O
2.The Drowned Lovers
3.The Humpback Whale
4.The Little Pot Stove

<SIDE B>
1.Courting Is a Pleasure
2.Barrack Street
3.Planxty Davis
4.The Flandyke Shore
5.Farewell to the Gold

●上記輸入盤LPは下記サイトにて好評販売中!
http://diskunion.net/portal/ct/detail/1007430754



Posted by uncledog at 18:08:15Comments(0)TrackBack(0)

◆ROOTS CLASSICS ON VINYL VOL.22◆

2018-06-01

20642.jpg ◆ROOTS CLASSICS ON VINYL VOL.22◆

ANNE BRIGGS/THE TIME HAS COME(EARTH RECORDINGS/EARTHLP019/LP/0809236101969)

1971年に英国のCBSからリリースされた英国トラッド/フォーク界を代表する歌姫、アン・ブリッグスのセカンド・アルバム「タイム・ハズ・カム」(CBS/64612/LP)。

アコースティック・ギターの弾き語りを中心にした作品で、しっとりした雰囲気かつ英国の深い森に入っていくような浮遊感を持った永遠の名作。

全13曲中8曲がオリジナル作品(1曲のみバート・ヤンシュとの共作)で、シンガーソングライターとしての才能も開花しています。

テクスチャー仕様ジャケット/本作発表時のプライヴェート/販促写真とColin Harperによる新規バイオグラフィーを掲載した内袋を添付。

*限定アナログ盤/Remaster/180g重量盤

<SIDE ONE>
1.SANDMAN'S SONG
2.HIGHLODGE HARE
3.FIRE AND WINE
4.STEP RIGHT UP
5.RIDE,RIDE
6.THE TIME HAS COME

<SIDE TWO>
1.CLEA CAUGHT A RABBIT
2.TANGLED MAN
3.WISHING WELL
4.STANDING ON THE SHORE
5.TIDEWAVE
6.EVERYTIME
7.FINE HORSEMAN

●上記輸入盤LPは下記サイトにて好評販売中!
http://diskunion.net/portal/ct/detail/1007406461



Posted by uncledog at 18:07:51Comments(0)TrackBack(0)

◆ROOTS CLASSICS ON VINYL VOL.21◆

2018-06-01

20635.jpg ◆ROOTS CLASSICS ON VINYL VOL.21◆

BASHTI BUNYAN/JUST ANOTHER DIAMOND DAY(Dicristina Stair/DCST4.1/LP/0655035400419)

バシュティ・バニアンが1970年に英国のフィリップスからリリースしたファースト・アルバム「ジャスト・アナザー・ダイアモンド・デイ」。

英国フォークの幻の名盤としての名声を得ている、これぞ英国のヒューマン・ソングと言いたい素朴で温かみのある歌声とサウンドは一生ものの名盤です。一家に1枚常備したいものです。

ロビン・ウイリアムスン、デイブ・スワブリック、サイモン・二コル他が参加。

<SIDE A>
1 Just Another Diamond Day
2 Glow Worms
3 Lily Pond
4 Timothy Grub
5 Where I Like to Stand
6 Swallow Song
7 Window Over the Bay

<SIDE B>
1 Rose Hip November
2 Come Wind Come Rain
3 Hebridean Sun
4 Rainbow River
5 Trawlerman's Song
6 Jog Along Bess
7 Iris's Song for Us

●上記輸入盤LPは下記サイトにて好評販売中!
http://diskunion.net/portal/ct/detail/PGR-014



Posted by uncledog at 18:06:59Comments(0)TrackBack(0)

◆ROOTS CLASSICS ON VINYL VOL.14◆

2018-06-01

20576.jpg ◆ROOTS CLASSICS ON VINYL VOL.14◆

Dan Penn/Nobody's Fool (180g LP, gatefold sleeve)(BEAR FAMILY RECORDS/18021/LP/5397102180217)

米国を代表するソングライター、プロデューサー、ダン・ペンが1973年に米国のベル・レコーズからリリースしたスワンプ・ロック、カントリー・ソウル、シンガー・ソングライター等のファンに人気の高いファースト・アルバムにして永遠の名作「ノーバディーズ・フール」(BELL RECORDS/BELL 1127/LP)。

アルバム・タイトル曲でもある1曲目の「ノーバディーズ・フール」はキーボード奏者、ボビー・エモンズとの共作でストリングスやホーンをフィーチャーしたキャッチーなサウンドに油の乗り切ったダン・ペンの歌唱が素晴らしいアルバムの冒頭にふさわしい楽曲となっています。

「レイニング・イン・メンフィス」はスプナー・オールダム、マイク・ライエッツとの共作で甘いサウンドにダン・ペンのソウルフルなボーカルが絡んだ佳作です。

「ローディ」はダン・ペンにとっては珍しいカバー作品で、オリジナルはCCR(クリーデンス・クリアウォーター・リヴァイヴァル)のジョン・フォガティ。冒頭のダン・ペンの語りが超クールで、その後マッスル・ショールズの女性バック・コーラス隊によるゴスペル・コーラスをバックにしたソウルフルなボーカルが聞く者を至福の世界へと導いてくれます。

8曲目のしっとりとした「プレイヤー・フォー・ピース」から9曲目のファンキーな「イフ・ラヴ・ワズ・マネー」への導入部のかっこよさは永遠に背筋がゾクゾクし、ダン・ペンの世界へと引き込まれること必至でしょう。途中のドラム・ブレイクもしかり。ソウルフルな世界とロックの世界の幸せな結婚によって米国南部から産み出された稀有な名曲です。

*180グラム重量盤LP
*オリジナル・ジャケット・アートワーク仕様
*オリジナル盤LPはシングル・ジャケットでしたが、今回の再発盤では見開きジャケット仕様となっています!!

Mixed and produced by Dan Penn

Dan Penn(vocals,guitar)
Spooner Oldham(organ)
Jay Spell(piano, keyboards)
David Hood(bass)
Sammy Creason(drums)

Bill Phillips(organ)
Greg Reding(organ)
Mike Utley(keyboards)
Tommy Richard(guitar)
Charlie Freeman(guitar)
Jim Johnson(bass)
Tommy McClure(bass)
Dulin Lancaster(drums,backing vocals & horns)

<SIDE A>
1.Nobody's Fool
2.Raining In Memphis
3.Tearjoint
4.Time
5.Lodi

<SIDE B>
1.Ain't No Love
2.I Hate You
3.Prayer For Peace
4.If Love Was Money
5.Skin

●上記輸入盤LPは下記サイトにて好評販売中!
http://diskunion.net/portal/ct/detail/RY160707-DP-01



Posted by uncledog at 18:02:00Comments(0)TrackBack(0)

◆ROOTS CLASSICS ON VINYL VOL.6◆

2018-06-01

20565.jpg ◆ROOTS CLASSICS ON VINYL VOL.6◆

Ernie Graham/Ernie Graham(4 MEN WITH BEARDS/227/LP/0646315122718)

英国シンガー・ソングライター作品の中でも名盤中の名盤として多くのファンに指示されてきた、アーニー・グラハムが1971年に英国リバティー・レーベルから発表したソロ・デビュー・アルバム。

バック・メンバーにはニック・ロウを含むブリンズレー・シュウォーツとヘルプ・ユアセルフのメンバーが参加。

いかにも英国的な雰囲気たっぷりのサウンドと味わいのあるアーニーの唄声が素晴らしく、一度そのサウンドのとりこになったら一生離れられません。

後にグリース・バンドやポール・マッカートニーのウイングスで活躍するギターリスト、ヘンリー・マックローとエアラ・アパレントを1960年代に結成し、アルバムを1枚リリース。

このソロ・アルバムをリリースした後にはヘルプ・ユアセルフや自身のバンド、クランシー等にて活動。

その後、パブ・ロックのレーベルとして有名なスティッフ・レーベルと契約している。

1978年にはソロ・シングルを発表するも、遂にヒットには恵まれず、『アーニー・グレアム』への再評価の声が高まりつつあった2001年に惜しくも54歳の若さで他界。

180グラム重量盤LP

<Side 1>
1.Sebastian
2.So Lonely
3.Sea Fever
4.The Girl That Turned The Lever

<Side 2>
1.For A Little While
2.Blues To Snowy
3.Don't Want Me Around
4.Belfast

●上記輸入盤LPは下記サイトにて好評販売中!
http://diskunion.net/portal/ct/detail/RY140123-4MB-01




Posted by uncledog at 17:58:24Comments(0)TrackBack(0)

◆ROOTS CLASSICS ON VINYL VOL.5◆

2018-06-01

20564.jpg ◆ROOTS CLASSICS ON VINYL VOL.5◆

James Luther Dickinson/Dixie Fried(BEAR FAMILY RECORDS/BAF18037/LP/5397102180378)

ライ・クーダー、ローリング・ストーンズ、デラニー&ボニー、リタ・クーリッジ、クリス・クリストファーソン、アレサ・フランクリンなど錚々たるアーティストのバックを務めてきたセッション・グループ、ディキシー・フライヤーズの中心メンバー(キーボード担当)だったジェイムス・ルーサー・ディッキソンがトム・ダウト&ジェリー・ウェクスラー共同プロデュースで1972年にリリースしたファースト・ソロ・アルバム「ディキシー・フライド」(ATLANTIC RECORDS/SD8299/LP)。

ご機嫌なロックンロールからカントリーバラード、ニューオリンズ、R&B等、米国ルーツ・ミュージックの様々なエッセンスを南部風の泥臭い雰囲気に仕上げた音が聴けるスワンプ・ロックの名作として有名なアルバムです。

ボブ・ディランの「ジョン・ブラウン」、ポール・シーベルの「ルイーズ」のカバー収録。

エリック・クラプトンが1曲、ギターでゲスト参加(ノー・クレジット)していることもロック・ファンには見逃せません。

180グラム重量盤LP

<SIDE A>
1.Wine
2.The Strength Of Love
3.Louise
4.John Brown

<SIDE B>
1.Dixie Fried
2.The Judgement
3.O How She Dances
4.Wild Bill Jones
5.Casey Jones (On The Road Again)

●上記輸入盤LPは下記サイトにて好評販売中!
http://diskunion.net/portal/ct/detail/RS160923-02



Posted by uncledog at 17:57:59Comments(0)TrackBack(0)

◆ROOTS CLASSICS ON VINYL VOL.4◆

2018-06-01

20561.jpg ◆ROOTS CLASSICS ON VINYL VOL.4◆

Shirley Collins& Davy Graham/Folk Roots, New Routes(4 MEN WITH BEARDS/802/LP/0646315180213)

英国トラッド界の女帝、シャーリー・コリンズとジャズ、ブルース、フォーク、ワールド・ミュージック等を究めた英国の革新的なギターリスト、デイヴィー・グレアムが1964年にデッカ・レコーズからリリースした衝撃の名作「フォーク・ルーツ、ニュー・ルーツ」(DECCA/LK 4652/LP)。

50年代の英国フォーク・リヴァイバル期から活動を開始した名歌手、シャーリー・コリンズのいぶし銀の歌唱とデイヴィー・グレアムの変貌自在なギター・ワークが織りなす20世紀を代表する名盤中の名盤と言えるポピュラー・ミュージックのファン必須の一枚。

オリジナル・ジャケット仕様、180グラム重量盤。

<SIDE A>
1.Nottamun Town
2.Proud Maisrie
3.The Cherry Tree Carol
4.Blue Monk
5.Hares On The Mountain
6.Reynardine
7.Pretty Saro
8.Rif Mountain

<SIDE B>
1.Jane Jane
2.Boll Weavil, Holler
3.Love Is Pleasin'
4.Hori Horo
5.Bad Girl
6.Lord Gregory
7.Grooveyard
8.Dearest Dear

●上記輸入盤LPは下記サイトにて好評販売中!
http://diskunion.net/portal/ct/detail/PGR-1137




Posted by uncledog at 17:56:57Comments(0)TrackBack(0)

Woody Guthrie/Struggle(Smithsonian/Folkways/LP)

2018-06-01

21140.jpg <輸入盤新譜LP情報>

Woody Guthrie/Struggle(Smithsonian/Folkways/702485/LP/0093070248519)

フォークウェイズ・レコーズの創設者、モーゼス・アシュによって1940年代にレコーディングされたボブ・ディランの師匠として有名なフォーク・シンガー、ウディ・ガスリーの「ストラッグル」。

米国の建国200年記念に合わせて1976年にフォークウェイズからLPでリリースされた「Struggle」(Folkways Records/FA 2485/LP)が遂にアナログ盤LPで再発されます。

内容は米国労働者の労働闘争をテーマにした唄です。

オリジナルの他に著名なブルース・ハープ奏者、サニー・テリーの「ロスト・ジョン」とウディの盟友、シスコ・ヒューストンの「ストラッグル・ブルース」「ア・ダラー・ダウン・アンド・ア・ダラー・ア・ウイーク」「ウーピーTi-Yi-Yo,ゲット・アロング・リトル・ドギーズ」のカバー収録。

シスコ・ヒューストンは「ウーピーTi-Yi-Yo,ゲット・アロング・リトル・ドギーズ」でボーカルとギターでゲスト参加。

<Side A>
01 Struggle Blues
02 A Dollar Down and a Dollar a Week
03 Whoopie Ti-Yi-Yo, Get Along Little Dogies
04 Hang Knot
05 Waiting at the Gate
06 The Dying Miner

<Side B>
01 Union Burying Ground
02 Lost John
03 Buffalo Skinners
04 Pretty Boy Floyd
05 Ludlow Massacre
06 1913 Massacre



Posted by uncledog at 16:33:20Comments(0)TrackBack(0)

Gilbert O'Sullivan/Gilbert O'Sullivan(CD/LP)

2018-06-01

21139.jpg <輸入盤新譜情報>

Gilbert O'Sullivan/Gilbert O'Sullivan(BMG/CD 83065/CD/4050538383065)

Gilbert O'Sullivan/Gilbert O'Sullivan(BMG/38522/LP/4050538385229)

ポール・マッカートニーの後継者と目された稀代のメロディメイカ―、ギルバート・オサリヴァンの2018年新作アルバム「ギルバート・オサリヴァン」。

1971年にリリースされたファースト・アルバムから数えて19枚目のスタジオ・アルバムで、イーサン・ジョーンズがプロデュースを担当し、ギルバート・オサリヴァンのフォービシャ―・ドライヴ・スタジオでアナログ機器を使用してレコーディングされています。

アンディー・フェアウェザー・ロウ(ギター)、チャス・ホッジス(ピアノ)、ゲラント・ワトキンス(ピアノ)がゲスト参加。

1.At the End of the Day
2.The Same the Whole World Over
3.Love How You Leave Me
4.What Is It About My Girl
5.I'll Never Love Again
6.Where Did You Go?
7.Dansette Dreams and 45's
8.No Head for Figures But Yours
9.Penny Drops
10.This Riff
11.The Mind Boggles
12.For the Record

●ギルバート・オサリヴァンのウェブサイトは下記です
http://www.gilbertosullivan.co.uk/


●ギルバート・オサリヴァンのFBは下記です
https://www.facebook.com/gilbertosull



Posted by uncledog at 15:47:41Comments(0)TrackBack(0)

Jerry Miller/Miller Time!

2018-06-01

21138.jpg Jerry Miller/Miller Time!(P90/CD/08882957642166)

サイケのファンには有名な60年代に活躍したモビー・グレープのリード・ギターリストだったジェリー・ミラーが2018年新作ソロ・アルバム「ミラー・タイム!」をリリース!

ジェリー・ミラーにとって初の全曲インスト・アルバム。スタジオ・ライヴ・レコーディングでサーフィン、ブルース、ロックン・ロール、カントリーをインストでプレイしています。

1. Bonzai Washout
2. Yellowjacket
3. Jimi's Jive
4. Lover
5. Midnight Surfer
6. Till You Lay Down Your Heavy Load
7. Lonesome Whistle
8. Our Favorite Croatian
9. Soldier's Joy
10. Bulldoze
11. Guitar in Orbit
12. Santa Cruz

●下記サイトにて試聴可能です
https://store.cdbaby.com/cd/jerrymiller6

●ジェリー・ミラーのウェブサイトは下記です
https://www.jerrymillermusic.com/



Posted by uncledog at 13:30:19Comments(0)TrackBack(0)
TOP OF PAGE