素晴らしき音楽との出会い

1年に2万キロ以上もの旅をしながら出会った様々な素晴らしき音楽をつれづれなるままにご紹介。

 
 

DON NIX & LARRY RASPBERRY with The Highsteppers Revue/SELF-INFLICTED WOUNDS

2018-02-17

20751.jpg ◆遂に入荷いたしました♪

<輸入盤新譜情報>

DON NIX & LARRY RASPBERRY with The Highsteppers Revue/SELF-INFLICTED WOUNDS(BACKROOM RECORDS/BRRX8023/CDR/0097037802325)

スワンプ・ロックのファンには有名なドン・ニックスとラリー・ラズベリーが1974年に米国ツアーを行った際のFMラジオ用ライヴ音源から10曲をセレクトしたライヴ・アルバム「セルフ・インフリクテッド・ウーンズ」が期間限定販売のCDRで初出となる。

「ゴーイング・ダウン」のみジョン・メイオールとクラウディア・レニアがゲスト参加。

ラフでホットでご機嫌なライヴが堪能できます。

スワンプ・ロックのファンは要チェックです。

DON NIX(Vocal, guitar)
LARRY RASPBERRY(Vocal, guitar & piano)

Larry’s Highsteppers:

“Missy” Carol Ferrante (later Raspberry)(Vocal, piano)
Bill Marshall(Drums)
Rocky Berretta(Bass)
Greg “Fingers” Taylor(Vocal, harmonica, piano & Hammond B3)
“Gabriel” Joe Mulherin(Trumpet, flugelhorn, washboard)
Jerry McKinney(Sax, washboard)

Don’s Revue Ensemble:

Billy Ruth “Sam” Parker(Vocal)
Renni Crook (later Simon)(Vocal)
“Tarp” Tarrant(Drums)
Jay Spell(Piano & Hammond B3)

1.ROCK'N' ROLL WARNING
2.LUKA
3.TONIGHT
4.KEEP ON ROLLING
5.JIVE ASS
6.BLACK CAT MOAN
7.ROAD BLUES
8.OLENA
9.DIXIE DINER
10.GOING DOWN
A.GOING(EVEN FURTHER)DOWN(featuring THE NEVER-ENDING ENDING)
B.(TOLD YOU IT WAS NEVER ENDING)

●上記輸入盤新譜CDRは下記サイトにて好評販売中!
http://diskunion.net/rock/ct/detail/RS18021615



●下記新譜の詳細は下記を参照下さい
https://www.facebook.com/larry.raspberry?hc_ref=ARTlIByhPeAs_k_eMMkxvqdpQl0QmXzVvu5bYheoDRFPyICkytvYiZZogLdM1plZo-8&fref=nf&pnref=story




Posted by uncledog at 10:06:21Comments(0)TrackBack(0)

Roger Hubbard/FIFTY MILLION MILES

2018-02-16

20829.jpg <輸入盤新譜CD情報>

Roger Hubbard/FIFTY MILLION MILES(DEEP MUD RECORDS/DM013-6CD/CD)

1972年にマディ―・ウォーターズからその実力を認められた英国ブライトン出身のスライド・ギターの名手として知られるホワイト・ブルース・ギターリスト、ロジャー・ハバードが2018年新作アルバム「フィフティ・ミリオン・マイルス」をリリースする。

ホワイト・ブルースのファンには戦前ブルースの再発レーベルとして有名なヤズー・レコーズの創設者ニック・パールズが創設したブルー・グース・レコーズから1971年にデビュー・アルバム「ブライトン・ベル・ブルース」をリリースしたことで知られています。

15歳の時にブライトン・エリアのフォーク・クラブに出演し始め、1968年にはイースト・サセックスにあるルイスで自身のクラブ「The Lewes Arms〜ザ・ルイス・アームズ」を出店しています。

そのフォーク・クラブに出演していたのはスライド・ギターの名手として知られる友人のサム・ミッチェルやジョ・アン・ケリー、デイヴ・ケリー、ボブ・ホール、グラハム・ハイン、ト二―・マクフィー(グラウンド・ホッグス)等、英国ブルース・ロックのファンには有名なミュージシャンです。

1970年にはブライトンにあるサセックス大学でおこなわれたマディ―・ウォーターズのライヴの前座を務めており、それが1972年の雑誌「サウンズ・マガジン」内でのマディ―・ウォーターズによる評価につながったようです。

現在は自身のバンド、Buick 6(ビュイック・シックス)やソロ、デュオで精力的に活動を続けているようです。

Roger Hubbard(GUITAR,MANDOLIN,HARMONICA,VOCAL)
Jon Cleary(PIANO,HAMMOND)
Andy Newmark(DRUMS,PERCUSSION)
Jim Leverton(BASS,BACKING VOCAL)
Geoffrey Richardson(VIOLIN)
Pete Shaw(BASS)
Richard Studholme(GUITAR,HAMMOND)
Mike Thorne(DRUMS)
Bruce Allen(PERCUSSION)

1.DEEP MUD BLUES
2.FIFTY MILLION MILES
3.SOMEBODY BEEN WORKING ON YOU
4.TOMORROW COMES
5.NO BED OF ROSES
6.TALKING TO MYSELF
7.LAST NIGHT I DREAMED
8.WASN'T MEANT TO BE
9.FLAME
10.HURT BY LOVE
11.SHE WAS MINE

●ロジャー・ハバードのサイトは下記です
https://www.rogerhubbard.co.uk/index.htm





Posted by uncledog at 15:13:33Comments(0)TrackBack(0)

Hedy West/From Grandmaw And Me

2018-02-16

20828.jpg <輸入盤新譜CD情報>

Hedy West/From Grandmaw And Me(Fledg'ling/FLED3106/CD/5020393310628)

PPMやキングストン・トリオがカバーして大ヒットした「500 MILES〜500マイルも離れて」の作者として有名な米国ジョージア州出身のアメリカを代表する女性フォーク・シンガー、へディ・ウェストの未発表アルバム「フロム・グランマ・アンド・ミー」。

へディ・ウエストが母方のおばあさんであるリリー・ウエストから教わった17〜19世紀に英国から米国に伝承された唄を題材にした内容です。

米国フォーク、英国フォーク/トラッド、ルーツ・ミュージックのファンは要チェックな重要作。

1.Lil' Old Mountain Shack
2.Once I Had An Old Grey Mare
3.Blockader Mama
4.Ollie And Rillie Seay
5.Two Sisters
6.Jack And Joe (Give My Love To Nell)
7.Sally Carter
8.I'll Never Get Drunk Anymore
9.Frog Went Courting
10.Granmaw's Frog Story
11.The Uncloudy Day



Posted by uncledog at 11:27:12Comments(0)TrackBack(0)

Dale Hawkins/Boogie Woogie Teenage Girl - Lulu (7inch, 45rpm, PS)

2018-02-16

20827.jpg <輸入盤新譜情報>

Dale Hawkins/Boogie Woogie Teenage Girl - Lulu (7inch, 45rpm, PS)(Bear Family/BLE020/7"EP/5397102000201)

1957年にリリースした「スージーQ」の大ヒットで世界的に有名となったロックン・ロール、ロカビリー、スワンプ・ロック系シンガー、シンガー・ソングライター、デイル・ホーキンスがチェス・レコーズからリリースした2曲がジャケット付7インチ・シングル盤で登場!

A面の「ブギー・ウギー・ティーンエイジ・ガール」は1957年にレコーディングされたミッド・テンポのハード・ドライヴィングなロックン・ロール・ナンバー。

B面の「ルル」は1958年にリリースされたシカゴ・スタイルのロック・チューンで若き日のロイ・ブキャナンがギターで参加しています。

500枚限定プレス

<SIDE A>
Boogie Woogie Teenage Girl

<SIDE B>
LuLu

●下記サイトにて試聴可能です
https://www.bear-family.com/hawkins-dale-boogie-woogie-teenage-girl-lulu-7inch-45rpm-ps.html




Posted by uncledog at 10:33:16Comments(0)TrackBack(0)

Graham Hine/You'll Be Hearing from Me Real Soon

2018-02-15

20826.jpg Graham Hine/You'll Be Hearing from Me Real Soon(Sun House Records/CD/5050693201623)

デルタ・スタイルのアコースティック・スライド・ブルース・ギターを弾くホワイト・ブルース・ギターリスト、グラハム・ハインが2008年にリリースしたアルバム「ユール・ビー・ヒアリング・フロム・ミー・リアル・スーン」。

グラハム・ハインはホワイト・ブルースのファンには戦前ブルースの再発レーベルとして有名なヤズー・レコーズの創設者ニック・パールズが創設したブルー・グース・レコーズから1969年にデビュー・アルバムをリリースし、その後同レーベルからさらに2枚のアルバムをリリースしたことで知られ、英国ロックファンには英国で結成したバンド、ブレット・マーヴィン・アンド・ザ・サンダーボルツでの活動で知られています。

1 Back Door Man
2 Walk on Water
3 Little Bit of Heaven
4 Wrinkled Skin
5 You'll Be Hearing from Me Real Soon
6 Cherry Ball
7 Cross My Heart
8 Fishing Blues
9 Easy Jet
10 Thank God for the Wheel
11 If You Haven't Any Hay
12 Too Much of This and Too Muchof That
13 Down at the Waiting Rooms

●下記サイトにて試聴可能です
https://store.cdbaby.com/cd/hinegraham




Posted by uncledog at 18:52:13Comments(0)TrackBack(0)

Graham Hine/Brett Marvin Presents Graham Hine

2018-02-15

20825.jpg Graham Hine/Brett Marvin Presents Graham Hine(Sun House Records/CD/0634479319259)

デルタ・スタイルのアコースティック・スライド・ブルース・ギターを弾くホワイト・ブルース・ギターリスト、グラハム・ハインが2006年にリリースしたアルバム「ブレット・マーヴィン・プレゼンツ・グラハム・ハイン」。

グラハム・ハインはホワイト・ブルースのファンには戦前ブルースの再発レーベルとして有名なヤズー・レコーズの創設者ニック・パールズが創設したブルー・グース・レコーズから1969年にデビュー・アルバムをリリースし、その後同レーベルからさらに2枚のアルバムをリリースしたことで知られ、英国ロックファンには英国で結成したバンド、ブレット・マーヴィン・アンド・ザ・サンダーボルツでの活動で知られています。

1 Crossroads
2 First Love
3 Grinning in Your Face
4 Walk on Water
5 Back Door Man
6 Tough Luck Blues
7 Violent Night
8 Thank God for the Wheel
9 Deliverance
10 Come on Easy Jet
11 Gone Gone Gone
12 Jo-Annes Room

●下記サイトにて試聴可能です
https://store.cdbaby.com/cd/grahamhine



Posted by uncledog at 18:42:37Comments(0)TrackBack(0)

Graham Hine/Invisible Man(Sunhouse Records/CD)

2018-02-15

20824.jpg <輸入盤新譜CD情報>

Graham Hine/Invisible Man(Sunhouse Records/CD/5033281011026)

デルタ・スタイルのアコースティック・スライド・ブルース・ギターを弾くホワイト・ブルース・ギターリスト、グラハム・ハインの2018年新作アルバム「インヴィジブル・マン」。

グラハム・ハインはホワイト・ブルースのファンには戦前ブルースの再発レーベルとして有名なヤズー・レコーズの創設者ニック・パールズが創設したブルー・グース・レコーズから1969年にデビュー・アルバムをリリースし、その後同レーベルからさらに2枚のアルバムをリリースしたことで知られ、英国ロックファンには英国で結成したバンド、ブレット・マーヴィン・アンド・ザ・サンダーボルツでの活動で知られています。

1. A Few Short Lines
2. Floating Bridge
3. Home from Home
4. Invisible Man
5. Nodody's Fault but Mine
6. Wish I Could Get over You
7. Travelling Riverside
8. What Am I to Do
9. Dry Spell Blues
10. New Lines

●下記サイトにて試聴可能です
https://store.cdbaby.com/cd/grahamhine4

●グラハム・ハインのウェブサイトは下記です
http://www.grahamhine.com/




Posted by uncledog at 18:26:05Comments(0)TrackBack(0)

Ben Harper & Charlie Musselwhite/No Mercy in This Land

2018-02-15

20823.jpg <輸入盤新譜情報>

Ben Harper & Charlie Musselwhite/No Mercy in This Land(Anti/ATI87561.2/CD/0045778756124)

Ben Harper & Charlie Musselwhite/No Mercy in This Land(Anti/ATI87561.1/LP/0045778756117)

ベン・ハーパーとチャーリー・マッスルホワイトの2018年新作アルバム「ノー・マーシー・イン・ジス・ランド」。

1.When I Go
2.Bad Habits
3.Love And Trust
4.The Bottle Wins Again
5.Found The One
6.When Love Is Not Enough
7.Trust You To Dig My Grave
8.No Mercy In This Land
9.Movin' On
10.Nothing At All

●ベン・ハーパーのウェブサイトは下記です!
http://www.benharper.com/music


●チャーリー・マッスルホワイトのウェブサイトは下記です!
https://www.charliemusselwhite.com/




Posted by uncledog at 17:49:20Comments(0)TrackBack(0)

Hogjaw/Way Down Yonder

2018-02-15

20822.jpg <輸入盤新譜CD情報>

Hogjaw/Way Down Yonder(Spinefarm/673-8700/CD/0602567387008)

米アリゾナ州出身のサザン・ロック・バンド Hogjaw 3年ぶりの新作アルバム「ウェイ・ダウン・ヤンダ―」はSpinefarm傘下のSnakefarm Recordsへの移籍第一弾となる6thアルバム。

Byron FilsonとHogjawの共同プロデュース。

■Hogjaw:米アリゾナ州出身のサザン・ロック・バンド。Jonboat Jones (vo/g), Jimmy Rose (lead g), Elvis DD (b) & Kwall (ds)の4ピース・バンド。

Lynyrd SkynyrdやThe Allan Brothers Bnad、The Outlawsを始めとするサザン・ロックの伝統を継承するギター・ロックで根強い人気を集める。

2007年に自主制作EP『Cheap Whiskey EP』でデビュー。2008年にSwampjawbeamusicからデビュー・アルバム『Devil In The Details』をリリース。

2010年『Ironwood』、2012年『Sons Of The Western Skies』、2013年『If It Ain't Broke』、2015年『Rise To The Mountains』とSwampjawbeamusicからコンスタントに作品をリリースしている。

1. Back Home Today
2. To Hell With The Rest
3. Brown Water
4. North Carolina Way
5. Way Down Yonder
6. Dark Horse
7. Redemption
8. Got A Pencil
9. Never Surrender
10. Beast Of Burden (Roll On)
11. Talk About Fishin'



Posted by uncledog at 16:51:04Comments(0)TrackBack(0)

Fanny Walked the Earth(Fanny)/Fanny Walked the Earth

2018-02-15

20821.jpg <輸入盤新譜情報>

Fanny Walked the Earth(Fanny)/Fanny Walked the Earth(Blue Élan Records/BLER1071.2/CD/0762183450620)

Fanny Walked the Earth(Fanny)/Fanny Walked the Earth(Blue Élan Records/BLER1071.1/LP/0616892547440)

デヴィッド・ボウイが「アメリカン・ロックにおける最も重要な女性ロック・バンドの1バンド」と絶賛した60年代後半〜70年代に活躍した本格派女性ロック・バンド、ファニーがバンド名をファニー・ウォークト・ジ・アースと変更して2018年に再結成しての新作アルバム「ファニー・ウォークト・ジ・アース」をリリースする。

1.Lured Away
2.When We Need Her
3.Walk The Earth
4.Girls On The Road
5.One
6.It Happened Here
7.Not My Monkey
8.Cool Girl
9.What Are You Waiting For
10.Storm-Crossed
11.Love Farmers
12.Halycon Days

●ファニーのウェブサイトは下記です
http://www.fannyrocks.com/


●ファニー・ウォークト・ジ・アースのウェブサイトは下記です
https://www.fannywalkedtheearth.com/


●ファニー・ウォークト・ジ・アースのFBは下記です
https://www.facebook.com/FannyWalkedTheEarth/




Posted by uncledog at 15:11:48Comments(0)TrackBack(0)

Dom Flemons/Black Cowboys

2018-02-15

20820.jpg <輸入盤新譜CD情報>

Dom Flemons/Black Cowboys(Smithsonian Folkways Recordings/SFW40224/CD/0093074022429

バンジョー、ギター、ハーモニカ等多数の楽器を操るマルチ・プレイヤーであり、元キャロライナ・チョコレート・ドロップスのメンバーだったドム・フレモンズがスミソニアン・フォークウェイズから興味深い内容の新作アルバム「ブラック・カウボーイズ」をリリースする。

ザ・ワイルド・ウエスト(米国開拓時代の西部地方)時代の音楽、文化、歴史を題材にしたもので、米国建国に多大なる貢献をしてきたアフリカン・アメリカンのパイオニアの歌や詩を通じてリスナーを西部開拓時代への旅に誘ってくれます。

40ページ・ブックレット付

1.Black Woman
2.Texas Easy Street
3.One Dollar Bill
4.Going Down the Road Feelin' Bad
5.Tyin' Knots in the Devil's Tail
6.Home on the Range
7.Ol' Proc
8.John Henry y los vaqueros
9.Po' Howard / Gwine Dig a Hole to Put the Devil In
10.Knox County Stomp
11.He's a Lone Ranger
12.Steel Pony Blues
13.Little Joe the Wrangler
14.Charmin' Betsy
15.Goodbye Old Paint
16.Lonesome Old River Blues
17.The March of Red River Valley
18.Old Chisholm Trail

●下記サイトにて試聴可能です
https://folkways.si.edu/dom-flemons/black-cowboys



Posted by uncledog at 12:59:47Comments(0)TrackBack(0)

◆TOTO/40 TRIPS AROUND THE SUN(2LP)

2018-02-15

20819.jpg ◆TOTO/40 TRIPS AROUND THE SUN(COLUMBIA/LEGACY/19075808661/2LP/0190758086613)

新曲も収録したキャリアを横断するグレイテスト・ヒッツ・アルバムがCD/2LPリリース!

デビュー40周年、幻の音源を含む書き下ろし新曲3曲を収録したTOTOの最新ベスト・アルバムが登場!!

1978年のデビュー以来、"AFRICA"、"HOLD THE LINE"、"ROSANNA"、"99"、"GEORGE PORGY"など数多の名曲を生み出し、AORの代表的なバンドとして多世代の音楽ファンから世界的な支持を集め続けるTOTO。

2017年11月のBLACK FRIDAY/RECORD STORE DAYで先行10"リリースされた"ALONE"をはじめ、今回初めて発表される新曲"SPANISH SEA"、"STRUCK BY LIGHTNING"を含む全17曲を収録。

今回新たにリマスターされたクラシック・ヒッツに関しては、グラミー賞とエミー賞の受章歴を誇る伝説的なレコーディング・エンジニア/プロデューサーのELLIOT SCHEINERと、同じく数度のグラミー受賞歴を誇るマスタリング・エンジニアのGAVIN LURSSENが率いるチームがその工程を手がけ、それをTOTOの中心メンバーSTEVE LUKATHER、DAVID PAICH、STEVE PORCARO、JOSEPH WILLIAMSが今年初めにスタジオに入ってまとめ上げたもの。

また新曲"SPANISH SEA"は、SONYのアーカイヴの中から発見されたJEFF PORCARO (DR)とMIKE PORCARO (BA)をフィーチャーしたいくつかの未完成トラックのうちの一つ。

「このトラックはもともと『ISOLATION』セッションの時のもので、当時は未完のまま終わったものの一つなんだ。今回新しいコーラスを作って、すっかり書き直したよ。最新の技術のおかげで、20歳そこそこの自分たちと、さらには愛するポーカロ兄弟とも一緒に演奏することができたんだ。改めて彼らのディープなグルーヴを実感させてもらったよ。ほろ苦い感じだね。。たくさんの思い出と、笑いと、涙がこもった一曲だよ。ソロが際立つクラシックなTOTOスタイルの曲で、DAVIDが俺にやってほしかった85年当時のメロディ・ソロはそのまま残した。新しいものと古いものの出会いだけど、凄腕のAL SCHMITTが録音、BOB CLEARMOUNTAINがミキシングをやってくれたおかげで、まるで2週間前にスタジオで録音したような仕上がりだよ。もともとは30年以上も前の曲だなんて信じられないね!」

Disc 02
01. I Won't Hold You Back
02. Jake To The Bone
03. Stop Loving You
04. Lea
05. Hold The Line
06. George Porgy
07. Rosanna
08. Africa
Disc 1
1. Alone (新曲)
2. Spanish Sea (新曲)
3. I'll Supply The Love
4. I'll Be Over You
5. Stranger In Town
6. 99
7. Struck By Lightning(新曲)
8. Pamela
9. Afraid Of Love

●上記輸入盤新譜LPは下記サイトにて好評販売中!
http://diskunion.net/rock/ct/detail/RY171228TT01



Posted by uncledog at 10:59:56Comments(0)TrackBack(0)

The Strawberry Alarm Clock/Incense And Peppermints LP (Blotter Blue Vinyl)

2018-02-15

20769.jpg ◆入荷いたしました♪好評販売中♪

<輸入盤新譜LP情報>

The Strawberry Alarm Clock/Incense And Peppermints LP (Blotter Blue Vinyl)(SUNDAZED MUSIC/SUNLP5308C/LP/0090771530813)

デビュー・シングル曲でもあるアルバム・タイトル曲「インセンス・アンド・ペパーミンツ」が全米ナンバー・ワン・ヒットを放ったサイケデリック・ロック・バンド、ザ・ストロベリー・アラーム・クロックが1967年にリリースしたファースト・アルバム「インセンス・アンド・ペパーミンツ」(UNI Records/73014/LP)がカラー・レコード仕様で再発!!

ファズ、フルート、オルガンを全面に打ち出した同バンドのアルバムの中で最もサイケ度数の高いアルバムです。

<SIDE A>
1.The World's On Fire
2.Birds In My Tree
3.Lose To Live
4.Strawberries Mean Love

<SIDE B>
1.Rainy Day Mushroom Pillow
2.Paxton's Back Street Carnival
3.Hummin' Happy
4.Pass Time With SAC
5.Incense And Peppermints
6.Unwind With The Clock

●上記輸入盤新譜LPは下記サイトにて好評販売中!
http://diskunion.net/rock/ct/detail/0413RK12424



Posted by uncledog at 10:53:41Comments(0)TrackBack(0)

Chocolate Watch Band/The Inner Mystique LP (Gold Vinyl)

2018-02-15

20768.jpg ◆入荷いたしました♪好評販売中♪

<輸入盤新譜LP情報>

Chocolate Watch Band/The Inner Mystique LP (Gold Vinyl)(SUNDAZED MUSIC/SUNLP5307C/LP/0090771530714)

サンノゼ出身のサイケデリック/ガレージ・バンド、チョコレート・ウォッチ・バンドが1968年にリリースしたセカンド・アルバム「ジ・インナー・ミスティーク」(Tower/ST 5106/LP)がゴールド・カラー・レコードで再発!!

ボブ・ディランの「ベイビー・ブルー」、レイ・ディヴィスの「アイム・ノット・ライク・エヴリバディ・エルス」、ハンク・バラードの「レッツ・ゴー、レッツ・ゴー、レッツ・ゴー」のカバー収録。

<SIDE A>
1.Voyage Of The Trieste
2.In The Past
3.Inner Mystique

<SIDE B>
1.I'm Not Like Everybody Else
2.Medication
3.Let's Go, Let's Go, Let's Go
4.Baby Blue
5.I Ain't No Miracle Worker

●上記輸入盤新譜LPは下記サイトにて好評販売中!
http://diskunion.net/rock/ct/detail/RS18021304



Posted by uncledog at 10:51:36Comments(0)TrackBack(0)

◆MATTHEWS SOUTHERN COMFORT/LIKE A RADIO

2018-02-15

20818.jpg ◆MATTHEWS SOUTHERN COMFORT/LIKE A RADIO(MIG-MUSIC/MIG02032/CD/0885513020321)

2018年新作がCDリリース!

ご存知、英国を代表するシンガー・ソングライターの一人IAIN MATTHEWSがFAIRPORT CONVENTION脱退後に結成したフォーク・ロック・バンドMATTHEWS SOUTHERN COMFORT。

2000年代からアムステルダムに居を移して活動しているIAIN MATTHEWSですが、本作では新たなメンバーとして共同プロデュースも務めたマルチ・インストルメンタリストBART JAN BAARTMANS、キーボーディストBART DE WIN、アコースティック・ギタリストERIC DE VRIESの3人のオランダ人ミュージシャンを招集。

70年2ND『SECOND SPRING』楽曲"DARCY FARROW"のピアノ・ヴァージョン、70年3RD『LATER THAT SAME YEAR』のCAROLE KINGカヴァー"TO LOVE"の再演などに加え、"GOOD VIBRATIONS"タッチのカリフォルニア・アンセム"CHASING RAINBOWS"、哀愁キャッチーな"BITS AND PIECES"などバンド・メンバーや近年のコラボレーターANY TROUBLEのフロントマンCLIVE GREGSON、03年からの盟友オランダ人ジャズ・ミュージシャンEGBERT DERIXとの共作オリジナルも収録しています。

ボーナスとして『SECOND SPRING』でも披露したJAMES TAYLORの"SOMETHING IN THE WAY SHE MOVES"再録など3曲を追加収録。

1. The Thought Police 03:37
2. Like A Radio 04:27
3. The Age Of Isolation 05:18
4. Bits And Pieces 03:23
5. Darcy Farrow 04:57
6. Crystals On The Glass 03:32
7. Been Down So Long 05:23
8. Jive Pajamas 04:15
9. Phoenix Rising 04:02
10. To Love 05:20
11. Right As Rain 05:33
12. Chasing Rainbows 04:24

<BONUS TRACKS>
13. Something In The Way She Moves 04:54
14. A Heartless Night 03:56
15. Your Cake And Eat It 05:22

●上記輸入盤新譜CDは下記サイトにて好評販売中!!
http://diskunion.net/rock/ct/detail/RS18021405




Posted by uncledog at 10:13:13Comments(0)TrackBack(0)

Blues Club/Rollin' & Tumblin', Vol. 1

2018-02-15

20817.jpg Blues Club/Rollin' & Tumblin', Vol. 1(Inamo Records/CD/0794504798906)

1. Too Late
2. Clubhouse
3. Mellow Down Easy
4. Crazy Mixed Up World
5. This Is Hip
6. Your Funeral My Trial
7. Bring It to Jerome
8. Rollin' & Tumblin'
9. I Ain't Got You
10. Shake Your Hips
11. Back Door Man

●上記輸入盤CDは下記サイトにて購入可能です
http://guyfletcher.co.uk/product/bluesclub-cd/




Posted by uncledog at 10:04:57Comments(0)TrackBack(0)

◆ROOTS CLASSICS ON VINYL VOL.53◆

2018-02-14

20816.jpg ◆ROOTS CLASSICS ON VINYL VOL.53◆

Nick Drake/Bryter Layter(Commercial Marketing/3734755/LP/0602537347551)

ジョー・ボイド、ジョン・ウッドと共に制作した音を重ねていき、凝ったストリングスを纏ったポップで伸びやかな親しみやすい室内楽フォーク作品に仕上げた1971年のセカンド・アルバム「ブライター・レイター」(Island Records/ILPS 9134/LP)。

代表曲となった「フライ」「プア・ボーイ」「ノーザン・スカイ」を収録したニック・ドレイクの美しくも儚い側面を捉えた完成度の高い名作です。

リチャード・トンプソン、デイヴ・マタックス、デイヴ・ペグ、ジョン・ケイル他、豪華ゲスト参加。

1. Introduction
2. Hazey Jane II
3. At the Chime of a City Clock
4. One of These Things First
5. Hazey Jane I
6. Bryter Layter
7. Fly
8. Poor Boy
9. Northern Sky
10. Sunday



Posted by uncledog at 18:36:47Comments(0)TrackBack(0)

Doc Watson/Live At Club 47

2018-02-13

20691.jpg ◆輸入盤CDがお先に入荷いたしました♪

<輸入盤新譜情報>

Yep Roc Records and the University of North Carolina at Chapel Hill Libraries' Southern Folklife Collection

Doc Watson/Live At Club 47(Yep Roc Records/YEP2499.2/CD/0634457249929)

●上記輸入盤新譜CDは下記サイトにて好評販売中!
http://diskunion.net/rock/ct/detail/RS18021302



Doc Watson/Live At Club 47(Yep Roc Records/YEP2499.1/LP/0634457249912)

フラット・ピッキング・ギターの名手であり、米国フォーク、ブルーグラス、カントリー界の重要アーティスト、ドック・ワトソンのデビュー・アルバム発売以前の貴重なライヴ音源「ライヴ・アット・クラブ 47」がCDとLPで初出となる。

1963年2月10日にマサチューセッツ州ケンブリッジにあるクラブ47(現Club Passim)で行ったドック・ワトソンのライヴの成功を受けて同年に開催されたニューポート・フォーク・フェスティバルへの出演が決定し、翌年の1964年にはヴァンガード・レコーズからデビュー・アルバム「ドック・ワトソン」(Vanguard/VRS-9152/VSD-79152/LP)の発売へとつながった伝説のライヴ音源で、未発表曲4曲を含む全27曲を収録。

グリーンブライアー・ボーイズのジョン・ヘラルドが5曲で、同バンドのラルフ・リンズラーが2曲でゲスト参加も見逃せません。

米国フォーク、ブルーグラス、カントリー、ブルース、ルーツ・ミュージックのファンにお薦めの歴史的音源です。

1.Wabash Cannonball – A.P. Carter
2.The House Carpenter — Traditional
3. I Wish I Was Single Again** – Traditional
4.Little Darling Pal of Mine – A.P. Carter
5.Train That Carried My Girl from Town – Doc Watson
6.The Worried Blues –Traditional
7.Old Dan Tucker** – Traditional
8.Sweet Heaven When I Die – Claude Grant
9.The Talking Blues – Chris Bouchillon
10.Little Margaret** — Traditional
11.Sitting on Top of the World – Lonnie Carter and Walter Jacobs
12.Don’t Let Your Deal Go Down – Doc Watson
13.Blue Smoke – Merle Travis
14.Deep River Blues – Doc Watson
15.Way Down Town (w/ Ralph Rinzler and John Herald) – Doc Watson
16.Somebody Touched Me (w/ Ralph Rinzler and John Herald) – Doc Watson
17.Billy in the Low Ground (w/ John Herald) – Traditional
18.Boil Them Cabbage Down – Traditional
19.Everyday Dirt – David McCarn
20.I Am a Pilgrim – Merle Travis
21.No Telephone in Heaven – A.P. Carter
22.Hop High Ladies the Cake’s All Dough** –Traditional
23.Little Sadie – Doc Watson
24.Black Mountain Rag (w/ John Herald) – Doc Watson
25.Blackberry Rag (w/ John Herald) – Doc Watson
26.Days of My Childhood Plays – Alfred G. Karnes
27.Doc Watson (vocal, guitar, harmonica, autoharp, and banjo)

John Herald (guitar and harmony vocals). Tracks 15, 16 (second guitar) 17, 24, 25.

Ralph Rinzler (mandolin and harmony vocals). Tracks 15, 16.

**previously unreleased tracks.



Posted by uncledog at 17:49:39Comments(0)TrackBack(0)

◆ROOTS CLASSICS ON CD VOL.35◆

2018-02-13

20815.jpg ◆ROOTS CLASSICS ON CD VOL.35◆

King Bennie Nawahi/Hawaiian String Virtuoso: Steel Guitar Recordings of the 1920's(YAZOO/YAZ2055.2/CD/0016351205520)

ハワイのスティール・ギター、ウクレレを始めとした弦楽器の巨匠、キング・ベニー・ナワヒの1928年から1949年までの音源を23曲コンパイルしたキラー・チューン満載の名盤「ハワイアン・ストリング・ヴァーチュオーゾ:スティール・ギター・レコーディングス・オブ・ザ 1920」。

ロバート・クラム率いるチープ・スート・セレネイダーズが1978年にリリースしたサード・アルバム「ナンバー・スリー」(Blue Goose Records/BG-2025/LP)でレコーディングした名曲「シンギング・イン・ザ・バスタブ」収録。

グッドタイム・ミュージック、アコースティック・スウィング、オールド・タイム・ミュージック、弦楽器のファンにお薦め!

1.Hawaiian Capers - King Nawahi's Hawaiians
2.Singin' in the Bathtub - Four Hawaiian Guitars
3.Ukulele Benny - Georgia Jumpers
4.May Day Is Lei Day in Hawaii - King Nawahi's Hawaiians
5.Dinah - Red Devils
6.Mauna Kea - King Nawahi's Hawaiians
7.Honolulu Bound - Hawaiian Beach Combers
8.My Little A-1 Brownie - Charles B. Smith
9.Big Feet Rag - Georgia Jumpers
10.My Girl from the South Sea Isles - Hawaiian Beach Combers
11.Ticklin' the Strings - King Nawahi's Hawaiians
12.Black Boy Blues - Four Hawaiian Guitars
13.California Blues - Georgia Jumpers
14.I've Seen My Baby - Q R S Boys
15.Waikiki Blues - Hawaiian Beach Combers
16.I Went to Hilo - King Nawahi's Hawaiians
17.Guitar Rhythm - Georgia Jumpers
18.Hawaiian Melody - Hawaiian Beach Combers
19.Aloha Means I Love You - King Nawahi's Hawaiians
20.Wiggle Yo Toes - Q R S Boys
21.Otto Wood, the Bandit - Slim Smith
22.Maui No la Ka Oi - King Nawahi's Hawaiians
23.I'm a Dreamer Aren't We All - Hawaiian Beach Combers



Posted by uncledog at 16:59:24Comments(0)TrackBack(0)

John Prine/The Tree of Forgiveness

2018-02-13

20814.jpg <輸入盤新譜情報>

John Prine/The Tree of Forgiveness(Thirty Tigers/35143LP/LP/0752830935143)

John Prine/The Tree of Forgiveness(Thirty Tigers/13327CD/CD/0752830513327)

グラミー賞を二度も受賞した米国のシンガー・ソングライター、ジョン・プラインが2018年新作アルバム「ザ・トゥリー・オブ・フォーギヴネス」をリリース予定。

1.Knockin' On Your Screen Door
2.I Have Met My Love Today
3.Egg & Daughter Nite, Lincoln Nebraska, 1967 (Crazy Bone)
4.Summer's End
5.Caravan Of Fools
6.Lonesome Friends Of Science
7.No Ordinary Blue
8.Boundless Love
9.God Only Knows
10.When I Get To Heaven



Posted by uncledog at 16:13:53Comments(0)TrackBack(0)

LEWIS FUREY/HAUNTED BY BRHAMS

2018-02-13

20813.jpg LEWIS FUREY/HAUNTED BY BRHAMS(Atma Classique/ACD22765/CD/0722056276528)

ルイス・フューレイの2017年新作アルバム「ホーンテッド・バイ・ブラームス」はなんとブラームスの歌曲弾き語りです。

クラシックを題材にしてもその歌唱は往年のファンを裏切らないポップス系の歌唱となっていますのでご安心を!!

英語訳で歌った興味深い内容です。

1.5 Lieder, Op. 105: No. 1, Wie Melodien zieht es mir (Sung in English as "Just a Feeling")
2.5 Gesänge, Op. 71: No. 3, Geheimnis (Sung in English as "The Secret")
3.5 Lieder, Op. 106: No. 4, Meine Lieder (Sung in English as "My Songs")
4.7 Lieder, Op. 95: No. 7, Schön war, das ich dir weihte (Sung in English as "Diamonds")
5.5 Lieder, Op. 106: No. 5, Ein Wanderer (Sung in English as "Crossroads")
6.5 Gesänge, Op. 71: No. 2, An den Mond (Sung in English as "To the Moon")
7.4 Gesänge, Op. 70: No. 2, Lerchengesang (Sung in English as "Voices")
8.5 Lieder, Op. 49: No. 4, Wiegenlied (Sung in English as "Lullaby and Goodnight")
9.8 Lieder und Gesänge, Op. 59: No. 4, Nachklang (Sung in English as "Rain")
10.6 Lieder, Op. 86: No. 4, Über die Heide (Sung in English as "Over the Lake")
11.15 Romanzen, Op. 33: No. 12, Muss es eine Trennung geben (Sung in English as "Gone, You Are Gone")
12.8 Lieder und Gesänge, Op. 59: No. 1, Dämmrung senkte sich von oben (Sung in English as "Sweet Surrender")
13.5 Gesänge, Op. 72: No. 1, Alte Liebe (Sung in English as "Old Love")
14.7 Lieder, Op. 48: No. 7, Herbstgefühl (Sung in English as "We Thought That Death...")
15.9 Lieder und Gesänge, Op. 32: No. 2, Nicht mehr zu dir zu gehen (Sung in English as "Forget You")
16.5 Lieder, Op. 105: No. 2, Immer leiser wird mein Schlummer (Sung in English as "Ever Deeper Down")
17.Haunted

●上記輸入盤新譜CDは下記サイトにて好評販売中!
http://diskunion.net/portal/ct/detail/DFN171120-026




Posted by uncledog at 12:44:32Comments(0)TrackBack(0)

Michael Des Barres/LIVING IN THE USA(Wicked Cool Records/7"EP)

2018-02-09

20754.jpg ◆入荷いたしました♪

<輸入盤新譜情報>

Michael Des Barres/LIVING IN THE USA(Wicked Cool Records/7"EP/0700645567264)

シルバーヘッドのボーカリストとして知られる英国のロック・シンガー、俳優、マイケル・デ・バレスが2018年新作ニュー・シングル「リヴィング・イン・ザ・USA」をリリース!!

B面にはボブ・ディランのカバー「ガッタ・サーヴ・サムバディ」を収録。

<SIDE A>
LIVING IN THE USA

<SIDE B>
GOTTA SERVE SOMEBODY

●上記輸入盤新譜は下記サイトにて好評販売中!
http://diskunion.net/rock/ct/detail/RS18020902



●マイケル・デ・バレスのウェブサイトは下記です
http://michaeldesbarres.com/#


●マイケル・デ・バレスのFBは下記です
https://www.facebook.com/MDesBarres/


●Wicked Cool Recordsのサイトは下記です
http://wickedcoolrecords.com/




Posted by uncledog at 18:47:12Comments(0)TrackBack(0)

Chris Hillman/The Asylum Years

2018-02-09

20811.jpg Chris Hillman/The Asylum Years(Omnivore Recordings/OV-261/CD/0816651012268)

カントリー・ロックのキーマンのASYLUM時代ソロ1ST&2NDが2ON1CDリイシュー!

BYRDS、FLYING BURRITO BROTHERS、MANASSAS、SOUTHER HILLMAN FURAY BAND、ソロにDESERT ROSE BANDと渡り歩き、ウェストコースト・ロック、カントリー・ロックの歴史に重要な一ページを残したアメリカン・ロック・シーンの草分け的存在、CHRIS HILLMAN。

SHF BAND解散後の76年にリリースされた『SLIPPIN' AWAY』、さらに1年半後の77年作『CLEAR SAILIN'』をコンパイル。

『SLIPPIN' AWAY』
STEPHEN STILLSとのMANASSAS時代の盟友JOE LALAや、BERNIE LEADON、HERB PEDERSEN、TIM SCHMIDT、STEVE CROPPER、JIM GORDON、RUSS KUNKELなど西海岸シーンの顔役ずらりの豪華面子が参加し、MANASSASからの影響も感じられるラテンやレゲエ薫るナンバーに洗練されたポップ・カントリー、ルーツに根ざしたブルーグラス・ナンバーなどなど、それまでの総括ともいえる内容でヴァラエティに富んだ記念すべきソロ・デビュー作。

プロデュースはDEREK AND THE DOMINOESやALLMAN BROTHERS BANDでおなじみの名エンジニア・チームRON & HOWARD ALBERTが担当しています。

『CLEAR SAILIN'』
それまでのキャリアとは異なる斬新なアプローチが垣間見られる意欲作。

前作に引き続き盟友JOE LALAやTIM SCHMIDTに加え、こちらも盟友MICHAEL CLARKE、DOOBIE BROTHERSのBOBBY LAKIND、マルチ・サポート・サックス・プレイヤーAL GARTHなどのゲスト・ミュージシャンの他、のちのスーパー・スターRICHARD MARXを含む自身のバック・コア・バンドを従えて制作された渾身のソロ・アルバム第2弾。

MARVIN GAYEの"AIN'T THAT PECULIAR"カヴァーなども取り上げながら、それまでのカントリー・ロック路線から一歩踏み出したライト・メロウなウェスト・コースト・ロックに仕上げています。POCOやFIREFALLを手がけたJIM MASCONのプロダクション。

HILLMANへの新規インタビュー掲載ライナーノーツ。

1. Step On Out
2. Slippin' Away
3. Falling Again
4. Take It On The Run
5. Blue Morning
6. Witching Hour
7. Down In The Churchyard
8. Love Is The Sweetwest Amnesty
9. Midnight Again
10. (Take Me In Your) Lifeboat
11. Nothing Gets Through
12. Fallen Favorite
13. Quits
14. Hot Dusty Roads
15. Heartbreaker
16. Playing The Fool
17. Lucky In Love
18. Rollin' And Tumblin'
19. Ain't That Peculiar
20. Clear Sailin'

●上記輸入盤新譜CDは下記サイトにて好評販売中!
http://diskunion.net/rock/ct/detail/RY171228CH01



Posted by uncledog at 17:17:38Comments(0)TrackBack(0)

◆ROOTS CLASSICS ON VINYL VOL.52◆

2018-02-09

20810.jpg ◆ROOTS CLASSICS ON VINYL VOL.52◆

DENNIS WILSON/PACIFIC OCEAN BLUE(MUSIC ON VINYL/MOVLP096/LP/0886977316913)

ビーチ・ボーイズのメンバー、ウィルソン3兄弟の真ん中に位置し、メンバー中唯一のサーファーであったドラマーのデニス・ウィルソンが1977年にリリースした唯一のソロ・アルバム「パシフィック・オーシャン・ブルー」(Caribou Records/PZ 34354/LP)。

内省的なシンガー・ソングライター・アルバムとなっていますが、ハスキーで渋いデニスのボーカルが素晴らしいビーチ・ボーイズ・ファンにお薦めの佳作です。

ハル・ブレイン、ジェイミー・ジェマーソン、カート・ベッチャー、ブルース・ジョンストン他が参加。

<SIDE A>
1.River Song
2.What's Wrong
3.Moonshine
4.Friday Night
5.Dreamer
6.Thoughts of You

<SIDE B>
1.Time
2.You and I
3.Pacific Ocean Blues
4.Farewell My Friend
5.Rainbows
6.End of the Show

●上記輸入盤LPは下記サイトにて好評販売中!
http://diskunion.net/portal/ct/detail/RS062310-31




Posted by uncledog at 13:21:27Comments(0)TrackBack(0)

◆ROOTS CLASSICS ON VINYL VOL.51◆

2018-02-09

20809.jpg ◆ROOTS CLASSICS ON VINYL VOL.51◆

JUDEE SILL/Heart Food(MUSIC ON VINYL/MOVLP1858/LP/8719262003583)

デヴィッド・ゲフィンの設立したアサイラム・レーベルの第一号アーティストであり、数多くの女性アーティストに多大な影響を与えたコンテンポラリー・フォーク系女性シンガー・ソングライター、ジュディー・シルが1973年にリリースしたセカンド・アルバムにして惜しくもラスト・アルバムとなった「ハート・フード」(Asylum Records/SD 5063/LP)。

ファースト・アルバム同様にキリスト教の影響を湛えた贖罪的な歌詞が淡いメロディの中で祈るように紡がれ、もろく儚い内省的な澄んだ歌声をひりひりと感じさせる傑作です。

孤独な旅を続ける開拓者にキリスト教信仰を重ね合わせたカントリー・タッチの「ゼアズ・ア・ラッグド・ロード」、神に捧げた交響曲と称えられるゴージャスなコード進行と自身のダブル・トラック・ヴォーカルで美しく奏でられる「ザ・キッス」、善と悪の戦いを描いたR&B調のアップテンポな「ソルジャー・オブ・ザ・ハート」、ミサ曲の歌詞からの引用が繰りかえされるミステリアスな大作「ザ・ドナー」他、フォーク、カントリー、ゴスペルからクラシックまでの幅広い音楽性で紡ぎあげた佳作です。

180グラム重量盤LP

オリジナル見開きジャケット仕様

<SIDE A>
1.There's A Rugged Road
2.The Kiss
3.The Pearl
4.Down Where The Valleys Are Low
5.The Vigilante

<SIDE B>
1.Soldier Of The Heart
2.The Phoenix
3.When The Bridegroom Comes
4.The Donor

●上記輸入盤LPは下記サイトにて好評販売中!
http://diskunion.net/portal/ct/detail/RY170512JS01



Posted by uncledog at 12:44:54Comments(0)TrackBack(0)

The Plastic Cloud/The Plastic Cloud(Lion Productions/LIOLP103/LP)

2018-02-09

20808.jpg <輸入盤新譜LP情報>

The Plastic Cloud/The Plastic Cloud(Lion Productions/LIOLP103/LP)

カナダを代表するサイケの名盤として知る人ぞ知るプラスティック・クラウドの唯一のアルバム「プラスティック・クラウド」(68年リリース、ALLIED原盤)が180グラム重量盤LPで限定再発!!

グレイトかつドリーミーなファズ・ギターがうなる「シャドウズ・オブ・ユア・マインド」「フェイス・ビハインド・ザ・サン」「シビリゼイション・マシーン」は全サイケ・ファンが必聴の珠玉のナンバー。

「イピスル・トゥ・パラダイス」(パラダイスへの書簡)、「アーツ・ア・ハッピー・マン」、「デインティ・ジェネラル・ライズ」はソフト・ロックのファンにもアピールするジェントルなボーカルやコーラス・ワークが素晴らしいサンシャイン・ポップ・ナンバー。

埋もれさせておくにはあまりにも惜しいカナダ産の秘宝とも言うべき1枚。

400枚限定プレス

歌詞カード付

<Side A>
1. Epistle To Paradise
2. Shadows Of Your Mind
3. Art's A Happy Man
4. You Don't Care

<Side B>
1. Bridge Under The Sky
2. Face Behind The Sun
3. Dainty General Rides
4. Civilization Machine



Posted by uncledog at 10:15:41Comments(0)TrackBack(0)

◆ROOTS CLASSICS ON CD VOL.34◆

2018-02-08

20807.jpg ◆ROOTS CLASSICS ON CD VOL.34◆

ROY SMECK/Hawaian Guitar Banjo Ukulele & Guitar 1926-1949(Yazoo/YAZ1052.2/CD/0016351015228)

「弦の魔術師」の異名を持つバンジョー、ハワイアン・ギター、ウクレレ等、様々な弦楽器を自由自在に操るロイ・スメックの1926〜1949年の音源を集めた米国戦前ブルース復刻レーベルとして名高いヤズー・レコーズによるグレイトな編集盤にして名盤「ハワイアン・ギター、バンジョー、ウクレレ&ギター 1926-1949」。

1920〜30年代に活躍した4弦バンジョーの名手、ハリー・リーザーの向こうを張るような「タイガー・ラグ」や美しいメロディーに酔いしれる「ギターズ」、流麗な「スティール・ギター・ラグ」、エキゾチックな雰囲気が素晴らしい「ライムハウス・ブルース」、壮絶なバンジョーが炸裂する「二フティ・ピッキン」等収録。

ロバート・クラムによるジャケットも秀逸。

1.12th Street Rag
2.Frettin' Blues
3.Shuffle Off to Buffalo
4.Limehouse Blues
5.Nifty Pickin'
6.Tough Pickin'
7.Slippery Fingers
8.Steel Guitar Rag
9.Tiger Rag
10.Guitarese
11.Farewell Blues
12.Ukulele Bounce
13.Bugle Call Rag
14.Laughing Rag

●上記輸入盤CDは下記サイトにて好評販売中!
http://diskunion.net/portal/ct/detail/XAT-1245472768




Posted by uncledog at 13:50:40Comments(0)TrackBack(0)

◆ROOTS CLASSICS ON CD VOL.33◆

2018-02-08

20806.jpg ◆ROOTS CLASSICS ON CD VOL.33◆

Harry Reser/Banjo Crackerjax 1922-1930(Yazoo/YAZ1048.2/CD/0016351014825)

1920〜30年代に活躍した4弦バンジョーの名手、ハリー・リーザーの超絶なバンジョー・ソロをメインに収録した米国戦前ブルース復刻レーベルとして名高いヤズー・レコーズによるグレイトな編集盤「バンジョー・クラッカージャックス 1922-1930」。

オハイオ州ピクア出身でニューヨークに移住して活躍したテナー・バンジョー及びプレクトラム・バンジョーの名手、ハリー・リーザーは1925年から1935年までNBC局でクリコット・クラブ・エスキモー・オーケストラのディレクター及びバンジョー奏者として全米で有名になっています。

又、トム・スタックスというシンガーを擁したハリー・リーザーとシックス・ジャンピング・ジャックスでも活躍。

なお、「Santa Claus Is Coming to Town」(邦題:サンタが街にやってくる)を初めてレコーディングしたのはハリー・リーザーで、1934年のことだそうです。

とにかくクールでかっこ良いスピーディーなハリーの演奏は全弦楽器奏者のファンなら一度は聞いておきたいものです。

1.Lollypops
2.Frosted Chocolate
3.Heebe Jeebes
4.The Cat and the Dog
5.Crackerjack
6.Flaperette
7.Kitten on the Keys
8.Easy Goin'
9.The Old Town Pump
10.Fair and Warmer
11.Pickin's
12.Crazy Jo'
13.Sugar Blues
14.Send Back My Honeyman

●上記輸入盤CDは下記サイトにて好評販売中!
http://diskunion.net/portal/ct/detail/XAT-1245472767



Posted by uncledog at 13:42:41Comments(0)TrackBack(0)

◆ROOTS CLASSICS ON LP VOL.50◆

2018-02-08

20805.jpg ◆ROOTS CLASSICS ON LP VOL.50◆

R. Crumb & His Cheap Suit Serenaders/Number Two:Chasin Rainbows(Shanachie/SHA6002.1/LP/0016351600219)

ジャニス・ジョップリンの名作アルバム「チープ・スリルス」のジャケット・アートワーク(イラスト)を手掛けたことでロック・ファンには有名な米国ペンシルベニア州フィラデルフィア出身の漫画家、イラストレイター、ロバート・クラム率いるチープ・スート・セレネイダーズが1976年にリリースしたセカンド・アルバム「ナンバー・トゥー」(Blue Goose Records/BG-2019/LP)。

SPレコード盤のコレクターとしても有名なクラムが戦前のポピュラー音楽、ブルース、ラグタイム、オールドタイム等に傾倒した音楽をプレイしたファンに人気の高いアルバムです。

プロデュースは戦前ブルースの再発レーベルとして有名なヤズー・レコーズの創設者であり、このLPをリリースしたブルー・グース・レコーズの創設者でもあるニック・パールズが担当。

ジャケット・アートワークはロバート・クラムが担当。

R. Crumb(Vocal, Banjo)
Robert E. Armstrong(Accordion, Guitar, Banjo, Saw, Vocal)
Allan Dodge(Vocal, Mandolin, Ukulele, Violin)
Tom Marion(Banjo, Mandolin,Guitar)
Terry Zwigoff(Cello)
Irene Herrmann (Bells:tracks: A5)

<SIDE A>
1.Alabama Jubilee
2.Chasin' Rainbows
3.Fine Artiste Blues
4.Hula Medley
5.I Want a Little Girl
6.Persian Rug

<SIDE B>
1.Mysterious Mose
2.Crying My Blues Away
3.She Lived Down By the Firehouse
4.Diane
5.Make My Cot Where the Cot-Cot-Cotton Grows
6.Moana March

●上記輸入盤LPは下記サイトにて好評販売中!
http://diskunion.net/portal/ct/detail/1007011826



Posted by uncledog at 13:29:08Comments(0)TrackBack(0)

Chris Smither/Call Me Lucky

2018-02-08

20804.jpg <輸入盤新譜CD情報>

Chris Smither/Call Me Lucky(Signature Sounds/SIGN2093.2/2CD/0701237209326)

ボニー・レイットも絶賛したギターの名手であり、ベテラン・シンガー・ソングライターのクリス・スミザーの約6年振りとなる2018年新作アルバム「コール・ミー・ラッキー」。

[DISC 1]
1.The Blame's on Me
2.Maybellene
3.Down to the Sound
4.Nobody Home
5.By the Numbers
6.Change Your Mind
7.Everything on Top
8.Sittin' on Top of the World
9.Too Bad, So Sad
10.Lower the Humble
11.She Said She Said

[DISC 2]
1.Everything on Top (Alternate Version)
2.Down to the Sound (Alternate Version)
3.Nobody Home (Alternate Version)
4.Change Your Mind (Alternate Version)
5.By the Numbers (Alternate Version)



Posted by uncledog at 12:22:59Comments(0)TrackBack(0)

Joe Goldmark/Blue Steel

2018-02-08

20803.jpg <輸入盤新譜CD情報>

Joe Goldmark/Blue Steel(LO-BALL/11/CD/0888295687836)

米国で最も有名なレコード店となったアメーバ、サンフランシスコ店の店長としてもレコード・ファンには知られているスティール・ギターの名手、ジョー・ゴールドマークの2018年新作アルバム「ブルー・スティール」。

ジェフ・リン(ELO)、グラハム・パーカー、ジミー・マクラクリン、B.B.キング、ルーファス・トーマス等のカバー収録。

ノラ・ジョーンズが参加していることで有名なカントリー・ロック・バンド、リトル・ウイリーズのメンバーでもあるギターの名手、ジム・キャンピロンゴがゲスト参加。

Glen Walters: vocals [2, 5, 11]
Dallis Craft: vocals [3, 7, 9, 13]
Jim Campilongo: guitar [12]

1.Night Flight
2.All Night Worker
3.A Love So Beautiful
4.Ginger Ale
5.The Wobble
6.Warm Rain
7.Howlin’ Wind
8.Natty Dread
9.Look What Thoughts Will Do
10.Tacky Tango
11.Beautician Blues
12.I Want To Be With You Forever
13.True Love Travels On a Gravel Road

●ジョー・ゴールドマークのウェブサイトは下記です
http://www.joegoldmark.com/




Posted by uncledog at 11:41:42Comments(0)TrackBack(0)

Dorris Henderson with John Renbourn/Watch The Stars (180 gram vinyl &#8211; with bonus track)

2018-02-08

20802.jpg Dorris Henderson with John Renbourn/Watch The Stars (180 gram vinyl – with bonus track) (STAMFORD AUDIO/STAMLP1009/LP/5051078953311)

米国の女性フォーク・シンガー、ドリス・ヘンンダースンが1967年に英国のフォンタナ・レコーズからリリースしたアルバム「ウォッチ・ザ・スターズ」(Fontana/STL5385/LP)が180グラム重量盤LPで奇跡の再発。

ペンタングルのギターリストとして後に有名となるジョン・レンボーンとのデュオ・アルバムで、1965年に英国のコロンビア・レコーズからリリースしたデュオ・アルバム「ぜア・ユー・ゴー」(Columbia/SX 6001/LP)に次ぐデュオ・アルバムの第二弾となります。

ペンタングルの名ベース奏者、ダニー・トンプソンが参加。

ドリス及びジョンのオリジナル作品やトラッドに加えてボブ・ディランの「トゥモロー・イズ・ア・ロング・タイム」、ゴードン・ライトフットの「フォー・ラヴィン・ミー」、アン・ブリッグスの「ザ・タイム・ハズ・カム」等のカバー収録。

英国フォーク、トラッド、ルーツ・ミュージック等のファンにとって見逃せない重要なアルバムです。

ボーナス・トラック追加収録

Dorris Henderson(Vocals, Autoharp)
John Renbourn(Guitar)
Tim Walker(Guitar)(tracks: A2)
Danny Thompson(Bass)

1 When You Hear Them Cuckoos Hollerin'
2 It's Been a Long Time
3 30 Days in Jail
4 No More My Lord
5 Watch the Stars
6 There's Anger in This Land
7 Mosaic Patterns
8 Tomorrow Is a Long Time
9 For Lovin' Me
10 Come Up Horsey
11 God Bless the Child
12 The Time Has Come
13 Poems of Solitude
14 Poems of My Heart/Eighteen Tedious Ways
15 Magic String
16 Lonely Mood
17 Gonna Tell My Lord
18 Message to Pretty



Posted by uncledog at 11:05:22Comments(0)TrackBack(0)

◆ROOTS CLASSICS ON CD VOL.32◆

2018-02-07

20801.jpg ◆ROOTS CLASSICS ON CD VOL.32◆

V.A./Music Never Stopped:ROOTS OF THE GRATEFUL DEAD(Shanachie/SHA6014.2/CD/0016351601421)

グレイトフル・デッドがカバーしてきた米国のフォーク、カントリー、ブルース等の豊饒なルーツ・ミュージックをオリジナル・ヴァージョンで全17曲収録したグレイトなコンピレーション・アルバム「ミュージック・ネヴァー・ストップト:ルーツ・オブ・ザ・グレイトフル・デッド」。

ボニー・ドブソンの「モーニング・デュー」、バディー・ホリーの「ノット・フェイド・アウェイ」、オブレイ・ラムゼイの「レイン・アンド・スノウ」他。

ロバート・クラムが担当したジャケット・アートワークも秀逸!!

1.Rain and Snow - Obray Ramsey
2.Mama Tried - Merle Haggard
3.Iko Iko - Dixie Cups
4.Samson & Delilah - Rev. Gary Davis
5.Big Railroad Blues - Cannon's Jug Stompers
6.El Paso - Marty Robbins
7.It's All Over Now, Baby Blue - Bob Dylan
8.Spoonful - Charlie Patton
9.The Red Rooster - Howlin' Wolf
10.The Promised Land - Chuck Berry
11.Don't Ease Me in - Henry Thomas
12.Big Boss Man - Jimmy Reed
13.Turn on Your Love Light - Bobby 'Blue' Bland
14.Morning Dew - Bonnie Dobson
15.Not Fade Away - Buddy Holly
16.Goin' Down This Road Feelin' Bad - Woody Guthrie
17.I Bid You Good Night - the Pindar Family



Posted by uncledog at 19:16:27Comments(0)TrackBack(0)

John Otway & the Big Band/Montserrat

2018-02-07

20552.jpg John Otway & the Big Band/Montserrat(Red Bowler Records/OTCD208/CD/5060175192400)

英国のパブ・ロッカー、ジョン・オトウェイの2017年新作アルバム「モントセラット」。

1974年にワイルド・ウイリー・バレットとのコンビ、ジョン・オトウェイ&ワイルド・ウイリー・バレットでデビューし、アルバムを数枚リリース後、ソロ活動を開始し、現在も元気にライブをこなしています。

1.Dancing with Ghosts
2.Seagulls on Speed
3.Real Tears from Both Eyes
4.I Shouldn't Be Doing This
5.Five Kisses
6.Already Missing You
7.Jenny
8.Toronto
9.Somewhere Else to Go
10.There's a War Going On
11.The Conductor's Waltz

●上記輸入盤新譜CDは下記サイトにて好評販売中!
http://diskunion.net/rock/ct/detail/RS18020604


●ジョン・オトウェイのウェブサイトは下記です
http://www.johnotway.com/




Posted by uncledog at 16:08:05Comments(0)TrackBack(0)

◆ROOTS CLASSICS ON CD VOL.4◆

2018-02-07

20663.jpg ◆ROOTS CLASSICS ON CD VOL.4◆

JOHN WILLIAMSON/SAME(TIGER CREEK MUSIC/CDB5637525598.2/CD/0634479151729)

久々に素晴らしいシンガー・ソングライターに出会ったような気分だ。その名はジョン・ウイリアムソン。

米国ジョージア州中部の小さな街、ビデーリア出身。20代の頃、全米を放浪しながら歌い続け、その後ナッシュビルに移住して2002年にセルフタイトルのデビュー・アルバムをリリースする。

シンガー・ソングライターのファンには初のシングル曲としてリリースされた3曲目の「ザ・マン・フー・レット・ア・メモリー・テイク・ヒム・ダウン」をまずは聞いていただきたい。アコギのイントロにキーボードが絡み、渋く語りかけるようなジョンのボーカルが入ってきた時、70年代の黄金のシンガー・ソングライター時代を経験した者なら心打たれること間違いないだろう。70年代シンガー・ソングライター作品のエッセンスが完璧なまでに含まれている文句無しの傑作だと言い切れる素晴らしい楽曲、唄、演奏である。

これが本当に2002年の新譜なのかとジャケットのクレジットを幾度もチェックしてしまったほどだ。そして続く「ブラッド、スウェット&ティアーズ」も背筋がゾクゾクするほど素晴らしい。

渋いけれどもその中にマイルドな聞く者を優しくグルーブするようなジョンの唄声は一度とりつかれたら病み付きになるかもしれない。

こんなシンガー・ソングライターが今でも現れる国、アメリカはやはり懐が深い。

1. I Might Say Anything
2. That's All I Ask
3. The Man Who Let a Memory Take Him Down
4. Blood, Sweat and Tears
5. The Man You Wanted Me to Be
6. This Old Truck
7. Someone Who Can
8. Where Does a Cowboy Go
9. Handouts, Hopes and Prayers
10. This Feeling Won't Last Long
11. This Town

●上記輸入盤CDは下記サイトにて好評販売中!
http://diskunion.net/portal/ct/detail/0413RK4698


●下記CDBABYのサイトにて一部試聴可能です
https://store.cdbaby.com/cd/williamson1



Posted by uncledog at 16:00:12Comments(0)TrackBack(0)

Price & Reference Guide for the Beach Boys American Records FIRST EDITION<Hardcover>

2018-02-07

20701.jpg ◆入荷いたしました♪

<輸入書籍新刊情報>

Perry Cox, Frank Daniels, and Mark Galloway/Price & Reference Guide for the Beach Boys American Records FIRST EDITION<Hardcover>(BOOK/9781532348570)

米国のビーチ・ボーイズのレコード・コレクター、ペリー・コックス、フランク・ダニエルズ、マーク・ギャロウェイの三名による究極のビーチ・ボーイズ・アメリカン・レコーズ・プライス&リファレンス・ガイド・ブックの登場!!

ビーチ・ボーイズに加えてメンバーのブライアン・ウイルソン、マイク・ラヴ、アラン・ジャーディン、デヴィッド・マークス、ブルース・ジョンストン、ブロンディー・チャップリン等のメンバーのソロ音源、さらにザ・ハニーズやマレー・ウイルソン等関係者の音源までのレコード、テープ、CD等を4500枚以上掲載、フル・カラー写真を2000枚以上掲載した驚愕の内容となっています。

ボーナスとして写真付カナダのビーチ・ボーイズ・ディスコグラフィーも収録。

約500ページのカード・カバー仕様

●上記新刊輸入書籍は下記サイトにて好評販売中!
http://diskunion.net/rock/ct/detail/RS18020610




Posted by uncledog at 15:57:49Comments(0)TrackBack(0)

PRICE & REFERENCE GUIDE FOR THE BEACH BOYS AMERICAN RECORDS FIRST EDITION <HARDCOVER>

2018-02-07

20800.jpg PERRY COX, FRANK DANIELS, AND MARK GALLOWAY/PRICE & REFERENCE GUIDE FOR THE BEACH BOYS AMERICAN RECORDS FIRST EDITION <HARDCOVER>(PERRY COX/BOOK/9781532348570)

BEACH BOYSファン必携の洋書が登場!

BEACH BOYSコレクターとして名高いPERRY COX、FRANK DANIELS、MARK GALLOWAYの3者によるBEACH BOYS初のプライス&リファレンス・ガイド・ブックが登場。

詳細なリサーチに基づいた本書は、ソロ作品や関連音源を含めた4500を越えるレコード、テープ、CDに2000を超えるフル・カラー・イメージを掲載。

ボーナスとして『THE BEATLES IN CANADA』等の著書で知られるPIERS HEMMINGSENによるカナダにおけるBEACH BOYSディスコグラフィーを写真付きで掲載しています。

488ページ・ハード・カヴァー仕様。

●上記新刊輸入書籍は下記サイトにて好評販売中!
http://diskunion.net/rock/ct/detail/RS18020610




Posted by uncledog at 15:49:19Comments(0)TrackBack(0)

Southwest F.O.B./Smell Of Incense(BEAT ROCKET/BR 144/LP)

2018-02-07

20799.jpg <輸入盤新譜LP情報>

Southwest F.O.B./Smell Of Incense(BEAT ROCKET/BR 144/LP)

「シーモンの涙」「秋風の恋」「愛の旅立ち」のヒットで知られる1960年代末に米国テキサス州オースチンでダン・シールズとジョン・コーリーによって結成されたポップ・デュオ、イングランド・ダン&ジョン・フォード・コーリー。その二人が参加していたことで知られるポップ・サイケ・バンド、サウスウエストF.O.B.が1968年にリリースした唯一のアルバム「スメル・オブ・インセンス」(Hip Records/HIS-7001/LP)がアナログ盤LPで再発!!

ステファン・スティルスの「ロックン・ロール・ウーマン」やチャック・ベリーの「ネイディーン」のカバー収録。

グリーン・カラー・レコード仕様。

1. Smell Of Incense
2. Tomorrow
3. Rock 'N' Roll Woman
4. Downtown Woman
5. All One Big Game
6. On My Mind
7. Bells Of Baytown
8. And Another Thing



Posted by uncledog at 13:29:39Comments(0)TrackBack(0)

The Cyrkle/The Minx Original Soundtrack(With DVD, Gatefold LP Jacket, Pink, Colored Vinyl)

2018-02-07

20798.jpg <輸入盤新譜LP情報>

The Cyrkle/The Minx Original Soundtrack(With DVD, Gatefold LP Jacket, Pink, Colored Vinyl)(MODERN HARMONIC/MH-8070/LP/0090771807014)

ソフト・ロックのファンには有名なバンド、ザ・サークルが音楽を手掛けた1969年作のお色気スパイ映画「ミンクス」のサントラ盤LPが遂にアナログ盤LPとしては初の正規再発がデラックス仕様で実現!!

ザ・サークルのメンバーが参加し、オリジナル・マスター・テープを使用してのアナログ盤LP再発です。

激レアで高値を呼んできたオリジナル盤LPに未収録の音源を追加収録。

見開きジャケット仕様

ピンク・カラー・レコード仕様

お色気スパイ映画「ミンクス」を完全収録したDVD付!!

ソフト・ロックのファンは要チェックなグレイト・リイシュー企画です!!



Posted by uncledog at 13:04:33Comments(0)TrackBack(0)

Michael Nesmith & The First National Band/Nevada Fighter(White Vinyl)

2018-02-07

20797.jpg <輸入盤新譜LP情報>

Michael Nesmith & The First National Band/Nevada Fighter(White Vinyl)(Sundazed/LP5514/LP)

元モンキーズのメンバー、マイケル・ネスミスが自身のバンド、ザ・ファースト・ナショナル・バンドを結成して1971年にリリースしたサード・アルバムにして同バンドでのラスト・アルバムとなった「ネヴァダ・ファイター」(RCA Victor/LSP-4497/LP)がアナログ盤LPとしては初の再発が遂に実現!

マイケル・ネスミスがモンキーズ加入前の1965年に作曲した「プロピンキティ」や1971年にシングル・ヒットを放った「ネヴァダ・ファイター」等のオリジナル作品をA面に収録し、B面にはエリック・クラプトンとボビー・ウイットロックの「アイ・ルックト・アウェイ」やハリー・二ルソンとビル・マーティンによる「レインメイカー」等のカバーを収録。

ホワイト・カラー仕様

カントリー・ロックのファンは要チェック!!

Michael Nesmith(vocal, rhythm guitar)
John London(bass)
John Ware(drums)
Orville "Red" Rhodes(pedal steel guitar)
Glen D. Hardin(piano)

<Side A>
1. Grand Ennui
2. Propinquity (I've Just Begun To Care)
3. Here I Am
4. Only Bound
5. Nevada Fighter

<Side B>
1. Texas Morning
2. Tumbling Tumbleweeds
3. I Looked Away
4. Rainmaker
5. Rene



Posted by uncledog at 12:38:01Comments(0)TrackBack(0)

Michael Nesmith & The First National Band/Loose Salute(Red Vinyl)

2018-02-07

20796.jpg <輸入盤新譜LP情報>

Michael Nesmith & The First National Band/Loose Salute(Red Vinyl)(Sundazed/LP5513/LP)

元モンキーズのメンバー、マイケル・ネスミスが自身のバンド、ザ・ファースト・ナショナル・バンドを結成して1970年にリリースしたセカンド・アルバム「ルーズ・サル―ト」(RCA Victor/LSP-4415/LP)がアナログ盤LPとしては初の再発が遂に実現!

モンキーズ時代の楽曲を全10曲、再度レコーディングしています。

全米トップ40にチャート・インしたヒット・シングル曲「ジョアン」に続いてヒットした「シルヴァー・ムーン」収録。

レッド・カラー仕様

カントリー・ロックのファンは要チェック!!

Michael Nesmith(vocal, rhythm guitar)
John London(bass)
John Ware(drums)
Orville "Red" Rhodes(pedal steel guitar)
Glen D. Hardin(piano)

<Side A>
1. Silver Moon
2. I Fall To Pieces
3. Thanx For the Ride
4. Dedicated Friend
5. Conversations

<Side B>
6. Tengo Amore
7. Listen To the Band
8. Bye, Bye, Bye
9. Lady of The Valley
10. Hello Lady



Posted by uncledog at 12:23:36Comments(0)TrackBack(0)

Michael Nesmith & The First National Band/Magnetic South LP (Blue Vinyl)

2018-02-07

20795.jpg <輸入盤新譜LP情報>

Michael Nesmith & The First National Band/Magnetic South(Blue Vinyl)(Sundazed/LP5512/LP)

元モンキーズのメンバー、マイケル・ネスミスが自身のバンド、ザ・ファースト・ナショナル・バンドを結成して1970年にリリースしたファースト・アルバム「マグネティック・サウス」(RCA Victor/LSP-4371/LP)がアナログ盤LPとしては初の再発が遂に実現!

全米トップ40にチャート・インしたヒット・シングル曲「ジョアン」収録。

ブルー・カラー仕様

カントリー・ロックのファンは要チェック!!

Michael Nesmith(vocal, guitar)
John London(bass)
John Ware(drums)
Orville "Red" Rhodes(pedal steel guitar)
Earl Ball(piano)

<Side A>
1. Calico Girlfriend
2. Nine Times Blue
3. Little Red Rider
4. The Crippled Lion
5. Joanne
6. First National Rag

<Side B>
1. Mama Nantucket
2. The Keys To the Car
3. Hollywood
4. One Rose
5. Beyond the Blue Horizon



Posted by uncledog at 12:11:09Comments(0)TrackBack(0)

TOTO/40トリップス・アラウンド・ザ・サン 〜グレイテスト・ヒッツ

2018-02-07

20525.jpg ●入荷いたしました♪ 好評販売中♪

◆◆◆BREAKING NEWS◆◆◆

*下記国内盤新譜CD用ディスクユニオンのみのオリジナル特典の制作決定!!

【ディスクユニオン・オリジナル特典】

TOTO/40トリップス・アラウンド・ザ・サン 〜グレイテスト・ヒッツ国内盤新譜CD(SICP-31137)をお買上げのお客様に先着で、ディスクユニオン・オリジナル・復刻ミニチュア・日本盤シングル・ジャケット『ホールド・ザ・ライン』を差し上げます。

●ディスクユニオン・オリジナル・復刻ミニチュア・日本盤シングル・ジャケット『ホールド・ザ・ライン』付きTOTO/40トリップス・アラウンド・ザ・サン 〜グレイテスト・ヒッツ国内盤新譜CD(SICP-31137)は下記サイトにて好評販売中
http://diskunion.net/rock/ct/detail/XAT-1245683539


<国内盤新譜CD情報>

TOTO/40トリップス・アラウンド・ザ・サン 〜グレイテスト・ヒッツ〜(Sony Music/SICP-31137/Blu-SpecCD2/4547366340822)

TOTO/40 Trips Around The Sun

AORサウンドの人気が再燃する絶好のタイミングで、AORの代表的バンド、TOTOが2018年にデビュー40周年を迎えます。

このアニバーサリーイヤーを記念して、最新ベスト・アルバムが完成。

メンバーがこの1年で書き下ろした楽曲に、今は亡き故ジェフ・ポーカロらが遺したマルチトラック音源を使用/再構築して完成させた新曲3曲を含む全17曲。

バンドの代表曲と、新しくも懐かしい新曲が、79分超えで1枚のCDにめいっぱい詰め込まれています。

もちろん既存曲は2017年の最新リマスターで、日本盤のみBlu-SpecCD2仕様で、全収録曲のパーソネル(ミュージシャン)・クレジットや、各メンバーのセッション・ワークスリスト、主要メンバーによる各曲解説などを収録予定。(日本先行発売)

01. Alone|アローン (新曲)
02. Spanish Sea|スパニッシュ・シー (新曲)
03. I'll Supply The Love|愛する君に
04. I'll Be Over You|アイル・ビー・オーヴァー・ユー
05. Stranger In Town|ストレンジャー・イン・タウン
06. 99|99
07. Struck By Lightning|ストラック・バイ・ライトニング(新曲)
08. Pamela|パメラ
09. Afraid Of Love|アフレイド・オブ・ラヴ
10. I Won't Hold You Back|ホールド・ユー・バック
11. Jake To The Bone |ジェイク・トゥ・ザ・ボーン
12. Stop Loving You|ストップ・ラヴィング・ユー
13. Lea|リア
14. Hold The Line|ホールド・ザ・ライン
15. George Porgy|ジョージー・ポージー
16. Rosanna|ロザーナ
17. Africa|アフリカ



Posted by uncledog at 09:42:37Comments(0)TrackBack(0)

Bruce Springsteen/Van Andel Arena Grand Rapids, MI August 03, 2005

2018-02-06

20793.jpg <輸入盤新譜CDR情報>

Bruce Springsteen/Van Andel Arena Grand Rapids, MI August 03, 2005(Bruce Springsteen/3CDR)

ブルース・スプリングスティーンの2005年8月3日、ミシガン州はグランド・ラピッズにあるヴァン・アンデル・アリーナでのライヴ音源の登場!!

Bruce Springsteen(Vocal, Acoustic Guitar, 12-String Acoustic Guitar, Electric Guitar, Harmonica, Wurlitzer Electric Piano, Acoustic Piano, Organ)
Alan Fitzgerald(Keyboard accompaniment)

[SET ONE]

1.Tunnel of Love
2.Reason To Believe
3.Devils & Dust
4.Black Cowboys
5.Long Time Comin'
6.Sherry Darling
7.The River
8.Part Man, Part Monkey
9.Cynthia
10.One Step Up
11.Reno
12.Nothing Man
13.I Wish I Were Blind
14.Racing in the Street
15.The Rising
16.Further On (Up the Road)
17.Jesus Was An Only Son
18.Two Hearts
19.The Hitter
20.Matamoros Banks

[ENCORE]

1.It's Hard To Be A Saint In The City
2.Ain't Got You
3.Bobby Jean
4.The Promised Land
5.Dream Baby Dream

●下記ボスのサイトで試聴可能です
http://live.brucespringsteen.net/live-music/0,18918/Bruce-Springsteen-mp3-flac-download-08-03-05-Van-Andel-Arena-Grand-Rapids-MI.html




Posted by uncledog at 18:38:38Comments(0)TrackBack(0)

◆ROOTS CLASSICS ON VINYL VOL.39◆

2018-02-06

20713.jpg ◆ROOTS CLASSICS ON VINYL VOL.39◆

JUDEE SILL/JUDEE SILL(4 MEN WITH BEARDS/120/LP/0646315112016)

デヴィッド・ゲフィンの設立したアサイラム・レーベルの第一号アーティストであり、数多くの女性アーティストに多大な影響を与えたコンテンポラリー・フォーク系女性シンガー・ソングライター、ジュディー・シルが1971年にリリースしたファースト・アルバム「ジュディー・シル」(Asylum Records/SD 5050/LP)。

フォーク、カントリー、ゴスペル、ジャズ、クラシックから教会音楽までの幅広い音楽性を持って自身の描く宇宙を全11曲のオリジナル作品として生み出したはかなくも美しい歌世界に感動。家出、強盗、麻薬中毒等、波瀾万丈の短い人生の中で生み出された2枚のオリジナル・アルバムは一筋の閃光のようでもあり、永遠の輝きを放っています。

180グラム重量盤LP

<Side A>
1.Crayon Angels
2.The Phantom Cowboy
3.The Archetypal Man
4.The Lamb Ran Away With The Crown
5.Lady-O
6.Jesus Was A Cross Maker

<Side B>
1.Ridge Rider
2.My Man On Love
3.Lopin' Along Thru The Cosmos
4.Enchanted Sky Machines
5.Abracadabra

●上記輸入盤LPは下記サイトにて好評販売中!
http://diskunion.net/rock/ct/detail/XAT-1245483471



Posted by uncledog at 17:42:24Comments(0)TrackBack(0)

AOR AGE VOL.10 (中田利樹監修)

2018-02-06

20792.jpg ◆入荷いたしました♪ 好評販売中♪♪

AOR AGE VOL.10 (中田利樹監修)(シンコーミュージック/BOOK/9784401645787)

ムック第10弾はデビュー40周年を迎えたTOTOと最大のヒット作『TOTO IV』の総力特集!!

巻頭特集は、デビュー40周年のアニヴァーサリー・イヤーを迎えたTOTO。

新曲を含む最新ベスト・アルバム『40 TRIPS AROUND THE SUN』を2月にリリースする彼らの歩みを振り返りつつ、後半では一世一代の傑作『TOTO IV』を徹底特集。

昨年末に来日したスティーヴ・ルカサーの対面取材に加え、デヴィッド・ペイチ、スティーヴ・ポーカロ、ジョセフ・ウィリアムスの最新インタヴューも一挙掲載します。

第二特集は「アリスタ・レコーズとAOR」。

ドキュメンタリー映画が公開されて話題の元オーナー、クライヴ・デイヴィスの足跡を追いつつ、レーベルを支えた歴代所属アーティストたちを紹介。

アリスタのドル箱として活躍したエア・サプライの独占インタヴュー、名曲セレクションなど、栄光の歴史を多角的に検証します。

他にも、来日を果たしたばかりの大ベテラン、デヴィッド・T・ウォーカーのスタジオ・ワークに絞ったインタヴュー、ソロ名義で新作を発表した元カンサスのスティーヴ・ウォルシュ特集などを掲載。

記念すべきVOL.10も、盛り沢山の内容でお届けします!!

【CONTENTS】
TOTO 40TH ANNIVERSARY SPECIAL
フォト・ギャラリー
デビュー40周年を迎えたTOTOの現在

INTERVIEW
スティーヴ・ルカサー
デヴィッド・ペイチ
スティーヴ・ポーカロ
ジョセフ・ウィリアムズ
最新ベスト盤『40 TRIPS AROUND THE SUN』の全貌

アルバム研究:『TOTO IV』
『TOTO IV』の時代背景
メンバー自身による『TOTO IV』全曲解説
デヴィッド・ペイチが語る〈AFRICA 〉誕生秘話
林哲司が語る『TOTO IV』の魅力

ARISTA RECORDS
エア・サプライが語る『NOW AND FOREVER』とアリスタ時代
レーベル・ヒストリー
クライヴ・デイヴィス:長編ドキュメンタリー映画とサウンドトラック盤が登場
アリスタ・ファミリー:歴史を彩ったスターたち

ARISTA AOR TRACKS 50
AORファン必聴の50曲を厳選!! 珠玉のベスト・オブ・ベスト

シングルのみで終わったAOR系アーティスト

GREAT PRODUCERS FEATURING ELLIOT SCHEINER

SMOOTH JAZZ SPECIAL FEATURING DAVE KOZ
最新インタヴュー+ライヴ・レポート

本誌読者におすすめしたい、スムース・ジャズ名盤選

TSUYOSHI“TAKA”TAKAYANAGI
L.A.の音楽シーンで長年活躍、宇多田ヒカルも手掛けた才人

STEVE WALSH
久々にソロ作を発表!! プロデューサーが新作を解説

コンピレーションCD『DAVID FOSTER WORKS』

DAVID T. WALKER
セッション参加作の数々を振り返った最新インタヴュー+ライヴ・レポート

TALK SESSION:AOR AGE
監修者:中田利樹×編集者による通算10号記念対談

●上記国内新刊書籍は下記サイトにて好評販売中!
http://diskunion.net/rock/ct/detail/RS18020601



Posted by uncledog at 17:34:33Comments(0)TrackBack(0)

キース/アウト・オブ・クランク

2018-02-06

20791.jpg <国内盤紙ジャケ新譜CD情報>

キース/アウト・オブ・クランク(オールデイズ・レコード/ODR6527/CD/4582239485279)

Keith/Out Of Crank

カラフルなポップ・ワールドを展開する充実のセカンド・アルバム!
 
ジェリー・ロス・プロダクションが世に送り出したポップ・シンガー、キース。

そのセカンド・アルバム(67年)は、シングル「太陽がくれた恋」「シュガー・マン」以外にも、ソフト・ロック調のキュートな佳曲「キャンディ・キャンディ」「幸せをかぞえよう」など聴きどころ満載で、ファーストにも劣らない充実の内容が音楽ファンを魅了する。

ボーナス・トラックには、アルバム未収録のシングル曲「アイム・ソー・プラウド」を。

01. SUGAR MAN
02. CANDY CANDY
03. EASY AS PIE
04. MAKING EVERY MINUTE COUNT
05. HOPE GIRL
06. SWEET AND SOUR
07. THERE’S ALWAYS TOMORROW
08. DAYLIGHT SAVIN’ TIME
09. TIMES GONE BYE
10. HAPPY WALKING AROUND
11. BE MY GIRL

<BONUS TRACK>
12. I’M SO PROUD



Posted by uncledog at 15:40:21Comments(0)TrackBack(0)

キース/98.6 / エイント・ゴナ・ライ

2018-02-06

20790.jpg <国内盤紙ジャケ新譜CD情報>

キース/98.6 / エイント・ゴナ・ライ(オールデイズ・レコード/ODR6526/CD/4582239485262)

Keith/98.6 / Ain’t Gonna Lie

魅惑のポップ・スター、キースの傑作ファースト・アルバムが登場!
 
ジェリー・ロス・プロダクションが世に送り出したポップ・シンガー、キース。

このファースト・アルバム(67年)には、彼をスターダムへと押し上げた二大ヒット「エイント・ゴナ・ライ」「98.6」をはじめ、魅惑のニューヨーク・シャッフル・サウンドに包まれた最高のポップ・チューンが満載。

あの山下達郎にも影響を与えた世界を存分に味わってほしい。

キース・アンド・ジ・アドミレイションズ名義の幻のデビュー・シングルをボーナス収録!

01. 98.6
02. AIN’T GONNA LIE
03. TO WHOM IT CONCERNS
04. PRETTY LITTLE SHY ONE
05. YOU’LL COME RUNNING BACK TO ME
06. WHITE LIGHTIN’
07. TELL ME TO MY FACE
08. SWEET DREAMS (DO COME TRUE)
09. MIND IF I HANG AROUND
10. OUR LOVE STARTED ALL OVER AGAIN
11. THE TEENY BOPPER SONG
12. I CAN’T GO WRONG

<BONUS TRACKS>

13. CARAVAN OF LONELY MEN [KEITH AND THE ADMIRATIONS]
14. DREAM [KEITH AND THE ADMIRATIONS]



Posted by uncledog at 15:36:43Comments(0)TrackBack(0)

V.A./ジェリー・ロス・ワークスVol.1 (2枚組)

2018-02-06

20789.jpg <国内盤紙ジャケ新譜CD情報>

V.A./ジェリー・ロス・ワークスVol.1 (2枚組)(オールデイズ・レコード/ODR6521-22/2CD/4582239485217)

V.A./Jerry Ross Works Vol.1

ヒット・プロデューサー=ジェリー・ロスの偉大な業績を纏めた待望の作品集!
 
1960年代半ばから70年代前半にかけてアメリカ東海岸のポップ・ミュージック・シーンで活躍したコンポーザー/レコード・プロデューサーのジェリー・ロス。

2017年10月4日に84歳で亡くなった彼の業績をふりかえる、ポップス・ファン待望のコンピレーション・アルバムが登場!

ドゥーワップ、ガール・ポップ、ウォール・オブ・サウンドから、代名詞となったニューヨーク・シャッフル・サウンドまで、名曲・ヒット曲から隠れた逸品までを網羅したCD2枚組全40曲入り!

DISC 1:1960-1965

01. YOUNG LOVE (CAN BE A TRUE LOVE) / TOMMY DENOBLE (SHERYL ’60)
02. VACATION TIME / THE TAMS (HERITAGE ’61)
03. WHEN WE GET MARRIED / THE DREAMLOVERS (HERITAGE ’61)
04. I’LL GET BY WITHOUT YOU / KENNY & TOMMY ?(HERITAGE ’62)
05. TOGETHER (IN YOUR ARMS) / THE MODERN INK SPOTS (RUST ’62)
06. MR. CUPID / THE VESPERS (SWAN ’63)
07. (YOU BETTER) WATCH YOUR STEP / SAMMY SEVENS (SWAN ’63)
08. WHO DO YOU LOVE / THE SAPPHIRES (SWAN ’63)
09. I’VE GOT MINE, YOU BETTER GET YOURS / THE SAPPHIRES (SWAN ’64)
10. THE BOY WITH THE BEATLE HAIR / THE SWANS (CAMEO ’64)
11. (WILL YOU EVER BE MY) STEADY BOYFRIEND / APRIL YOUNG (COLUMBIA ’64)
12. THE BEACHCOMBER / JOEY AND THE FLIPS (CAMEO ’64)
13. HEARTS ARE MADE TO BE BROKEN / THE SAPPHIRES (ABC-PARAMOUNT ’64)
14. HE’S NO ORDINARY GUY / DEE DEE SHARP (CAMEO ’64)
15. THANK YOU FOR LOVING ME / THE SAPPHIRES (ABC-PARAMOUNT ’64)
16. THE 81 / CANDY AND THE KISSES (CAMEO ’64)
17. SOLDIER BABY (OF MINE) / CANDY AND THE KISSES (CAMEO ’65)
18. YOU GAVE ME SOMEBODY TO LOVE / THE DREAM LOVERS (WARNER BROS. ’65)
19. GONNA MAKE HIM MY BABY / APRIL YOUNG (COLUMBIA ’65)
20. GONNA BE A BIG THING / THE YUM YUMS (ABC-PARAMOUNT ’65)

DISC 2:1965-1967

01. WE BELONG TOGETHER / HONEY LOVE AND THE LOVE NOTES (CAMEO ’65)
02. GONNA BE A BIG THING / THE SAPPHIRES (ABC-PARAMOUNT ’65)
03. SUNNY / BOBBY HEBB (PHILIPS ’66)
04. AIN’T GONNA LIE / KEITH (MERCURY ’66)
05. IT STARTED ALL OVER AGAIN / KEITH (MERCURY ’66)
06. LOVE LOVE LOVE / BOBBY HEBB (PHILIPS ’66)
07. I’M GONNA MAKE YOU LOVE ME / DEE DEE WARWICK (MERCURY ’66)
08. 98.6 / KEITH (MERCURY ’66)
09. SOME KINDA MAGIC / JERRY BUTLER (MERCURY ’66)
10. BUCKET O’ GREASE / LES MCCANN (LIMELIGHT ’67)
11. TELL ME TO MY FACE / KEITH (MERCURY ’67)
12. WHEN LOVE SLIPS AWAY / DEE DEE WARWICK (MERCURY ’67)
13. APPLES, PEACHES, PUMPKIN PIE / JAY AND THE TECHNIQUES (MERCURY ’67)
14. SUNDAY WILL NEVER BE THE SAME / SPANKY AND OUR GANG (MERCURY ’67)
15. DAYLIGHT SAVIN’ TIME / KEITH (MERCURY ’67)
16. MAKING EVERY MINUTE COUNT / SPANKY AND OUR GANG (MERCURY ’67)
17. SUGAR MAN / KEITH (MERCURY ’67)
18. MR. DREAM MERCHANT / JERRY BUTLER (MERCURY ’67)
19. LAZY DAY / SPANKY AND OUR GANG (MERCURY ’67)
20. KEEP THE BALL ROLLIN’ / JAY AND THE TECHNIQUES (MERCURY ’67)



Posted by uncledog at 15:32:27Comments(0)TrackBack(0)

オハイオ・エクスプレス/ベッグ、ボロウ・アンド・スティール

2018-02-06

20788.jpg <国内盤紙ジャケ新譜CD情報>

オハイオ・エクスプレス/ベッグ、ボロウ・アンド・スティール(オールデイズ・レコード/ODR6515/CD/4582239485156)

THE OHO EXPRESS/Beg, Borrow And Steal

バブルガム・ポップの雄、オハイオ・エクスプレスのいわくつきデビュー盤!
 
1910フルーツガム・カンパニーとともにバブルガム・ポップの雄として活躍したオハイオ・エクスプレスが、「ヤミー・ヤミー・ヤミー」の大ヒットを放つ前年(67年)にカメオ・レコードからリリースしたデビュー・アルバム。

その実体は、レア・ブリード、ミーズルズ、サー・ティモシー&ザ・ロイヤルズの音源をアルバムにまとめたもので、ミーズルズには後にジェームス・ギャング〜イーグルスで名を馳せるジョー・ウォルシュが在籍しており、ウォルシュの最初期音源としても注目だ。

01. BEG, BORROW AND STEAL
02. AND IT’S TRUE
03. HAD TO BE ME
04. LET GO
05. SOUL STRUTTIN’
06. TRY IT
07. I KNOW WE’LL BE TOGETHER
08. I FIND I THINK OF YOU
09. STOP TAKE A LOOK AROUND
10. HARD TIMES
11. IT’S TOO GROOVY



Posted by uncledog at 15:27:29Comments(0)TrackBack(0)

◆ROOTS CLASSICS ON CD VOL.31◆

2018-02-06

20787.jpg ◆ROOTS CLASSICS ON CD VOL.31◆

R. Crumb & His Cheap Suit Serenaders/Number Three:Singing in the Bathtub(Shanachie/SHA6003.2/CD/0016351600325)

ジャニス・ジョップリンの名作アルバム「チープ・スリルス」のジャケット・アートワーク(イラスト)を手掛けたことでロック・ファンには有名な米国ペンシルベニア州フィラデルフィア出身の漫画家、イラストレイター、ロバート・クラム率いるチープ・スート・セレネイダーズが1978年にリリースしたサード・アルバムにして惜しくも同バンドのラスト・アルバムとなった「ナンバー・スリー」(Blue Goose Records/BG-2025/LP)。

SPレコード盤のコレクターとしても有名なクラムが戦前のポピュラー音楽、ブルース、ラグタイム、オールドタイム等に傾倒した音楽をプレイしたファンに人気の高いアルバムです。

今作では新たなメンバーとしてアコギ、スライド・ギター等の名手、ボブ・ブロッズマンが参加しています。

ジャケット・アートワークはロバート・クラムが担当。

1.Singing in the Bathtub
2.Chile Blues
3.Dream of Heaven
4.Suits Crybaby Blues
5.Collier Medley: Ben Hur March & Napoleon March
6.Shopping Mall
7.Yearning and Blue
8.Hula Girl
9.Pedal Your Blues Away
10.La Gima Polka
11.Sing Song Girl
12.Home
13.My Gal Sal
14.Hano Hano Hawaii



Posted by uncledog at 12:51:06Comments(0)TrackBack(0)

◆ROOTS CLASSICS ON CD VOL.30◆

2018-02-06

20786.jpg ◆ROOTS CLASSICS ON CD VOL.30◆

R. Crumb & His Cheap Suit Serenaders/Number Two:Chasin Rainbows(Shanachie/SHA6002.2/CD/0016351600226)

ジャニス・ジョップリンの名作アルバム「チープ・スリルス」のジャケット・アートワーク(イラスト)を手掛けたことでロック・ファンには有名な米国ペンシルベニア州フィラデルフィア出身の漫画家、イラストレイター、ロバート・クラム率いるチープ・スート・セレネイダーズが1976年にリリースしたセカンド・アルバム「ナンバー・トゥー」(Blue Goose Records/BG-2019/LP)。

SPレコード盤のコレクターとしても有名なクラムが戦前のポピュラー音楽、ブルース、ラグタイム、オールドタイム等に傾倒した音楽をプレイしたファンに人気の高いアルバムです。

プロデュースは戦前ブルースの再発レーベルとして有名なヤズー・レコーズの創設者であり、このLPをリリースしたブルー・グース・レコーズの創設者でもあるニック・パールズが担当。

ジャケット・アートワークはロバート・クラムが担当。

R. Crumb(Vocal, Banjo)
Robert E. Armstrong(Accordion, Guitar, Banjo, Saw, Vocal)
Allan Dodge(Vocal, Mandolin, Ukulele, Violin)
Tom Marion(Banjo, Mandolin,Guitar)
Terry Zwigoff(Cello)
Irene Herrmann (Bells:tracks: A5)

1.Alabama Jubilee
2.Chasin' Rainbows
3.Fine Artiste Blues
4.Hula Medley
5.I Want a Little Girl
6.Persian Rug
7.Mysterious Mose
8.Crying My Blues Away
9.She Lived Down By the Firehouse
10.Diane
11.Make My Cot Where the Cot-Cot-Cotton Grows
12.Moana March



Posted by uncledog at 12:38:28Comments(0)TrackBack(0)

◆ROOTS CLASSICS ON CD VOL.29◆

2018-02-06

20785.jpg ◆ROOTS CLASSICS ON CD VOL.29◆

◆祝、フォークウェイズ・レコーズ(スミソニアン・フォークウェイズ)70周年!!

◆Folkways Records’ 70th anniversary celebration series

ROLF CAHN & ERIC VON SCHMIDT/SAME(SMITHSONIAN FOLKWAYS/FOWY2417.2/CDR/0093070241725)

1950年代半ばからカリフォルニア州で活動を開始したフォーク・シンガー、ギターリストのロルフ・カーンがエリック・ヴォン・シュミットと意気投合して1961年にレコーディングされたアルバム「ロルフ・カーン&エリック・ヴォン・シュミット」(Folkways Records/FA 2417/LP)。

レッド・ベリーの「フランキー&アルバート」、ベッシー・スミスの「ノーバディ・ラヴズ・ユー」等をカバーしたブルース色の強い作品です。

*LPのオリジナル・ライナー・ノーツはCDに挿入されているPDFファイルにて読めます。

1. Grizzly Bear
2. Lazarus
3. Columbus Stockade
4. Buddy Bolden Blues
5. You Got To Hurry
6. 2:19 Blues
7. Nobody Knows You When You're Down And Out
8. Wasn't That A Mighty Storm
9. Frankie And Albert
10. Who's That Yonder
11. Make Me A Pallet
12. He Was A Friend Of Mine



Posted by uncledog at 11:41:03Comments(0)TrackBack(0)

◆ROOTS CLASSICS ON CD VOL.28◆

2018-02-06

20784.jpg ◆ROOTS CLASSICS ON CD VOL.28◆

TEEGARDEN & VAN WINKLE/BUT ANYHOW(Wounded Bird Records/WUND290.2/CD/0664140029026)

スワンプ・ロックのファンに人気の高いドラムスとハモンドB3オルガン奏者のデュオ、ティーガーデン&ヴァン・ウインクルが1969年にリリースしたセカンド・アルバム「バット・エニハウ」(Atco Records/SD33-290/LP)。

オリジナル・ナンバーに加えてドノヴァンの「魔女の季節」、タジ・マハールの「シー・コウト・ザ・ケイティ・アンド・レフト・ミー・ア・ミュール・トゥ・ライド」、ジミー・リードの「ブライト・ライツ・ビッグ・シティ」、ジミー・マッグリフの「オール・アバウト・マイ・オール・ビッチ」等のカバーも収録。

ラフでワイルドかつファンキーな泥臭いそのサウンドとボーカルはスワンプ・ロックのファンはもちろん、ファンキー・ロック、70年代アメリカン・ロックのファンなら一度はチェックしておいて損は無い熱いものがあります。

名ドラマー、デヴィッド・ティーガーデンが60年代に音楽活動を始めたのはタルサ(米国オクラホマ州)のクラブ・シーンで、やがてLAに活動の場を移してレオン・ラッセルやJ.J.ケイルを含むLAの有名なスタジオ・ミュージシャンと共に活動。その後デトロイトに移住してハモンドB3オルガン奏者のスキップ・ヴァンウインクルとデュオ、ティーガーデン&ヴァン・ウインクルを結成してLPを6枚リリースしています。

David Teegarden(Drums, Vocal)

Skip "Van Winkle" Knape(Organ, Vocal)

1.Annie Had A Baby
2.Season Of The Witch
3.Cloud Castle Gate
4.Red Haired Woman
5.Autumn Flowers
6.Short One
7.She Caught The Katie And Left Me A Mule To Ride
8.Run Woman Run
9.Bright Lights Big City
10.All About My Ole Bitch (rendered from All About My Girl)



Posted by uncledog at 11:01:54Comments(0)TrackBack(0)

◆ROOTS CLASSICS ON CD VOL.27◆

2018-02-06

20783.jpg ◆ROOTS CLASSICS ON CD VOL.27◆

TEEGARDEN & VAN WINKLE/AN EVENING AT HOME WITH(Wounded Bird Records/WUND272.2/CD/0664140027220)

スワンプ・ロックのファンに人気の高いドラムスとハモンドB3オルガン奏者のデュオ、ティーガーデン&ヴァン・ウインクルが1968年にリリースしたファースト・アルバム「アン・イヴニング・アット・ホーム・ウイズ」(Plumm Records/DS AIQ 101201/LP)。

デトロイトのレッド・カーペットでのライヴを7曲収録。

ラフでワイルドかつファンキーな泥臭いそのサウンドとボーカルはスワンプ・ロックのファンはもちろん、ファンキー・ロック、70年代アメリカン・ロックのファンなら一度はチェックしておいて損は無い熱いものがあります。

名ドラマー、デヴィッド・ティーガーデンが60年代に音楽活動を始めたのはタルサ(米国オクラホマ州)のクラブ・シーンで、やがてLAに活動の場を移してレオン・ラッセルやJ.J.ケイルを含むLAの有名なスタジオ・ミュージシャンと共に活動。その後デトロイトに移住してハモンドB3オルガン奏者のスキップ・ヴァンウインクルとデュオ、ティーガーデン&ヴァン・ウインクルを結成してLPを6枚リリースしています。

David Teegarden(Drums, Vocal)

Skip "Van Winkle" Knape(Organ, Vocal)

1.Introduction/Today I Left For The Big City
2.Can’t Get Enough Of Your Love
3.Scarborough Fair/Canticle
4.Woman Child
5.Alright Mama
6.Bring It On Home--Part I
7.Bring It On Home--Part II



Posted by uncledog at 10:47:40Comments(0)TrackBack(0)

◆ROOTS CLASSICS ON CD VOL.26◆

2018-02-05

20782.jpg ◆ROOTS CLASSICS ON CD VOL.26◆

◆祝、フォークウェイズ・レコーズ(スミソニアン・フォークウェイズ)70周年!!

◆Folkways Records’ 70th anniversary celebration series

Barbara Dane/Barbara Dane Sings the Blues(Folkways Records/FOWY2471.2/CDR/0093070247123)

女性フォーク/ブルース/プロテスト・シンガーとして有名なバーバラ・デインが1964年にフォークウェイズからリリースした「シングス・ザ・ブルース」(Folkways Records/FA2471/LP)。

6弦と12弦ギターを弾きながらオリジナル作品に加えてタンパ・レッド、ウイリー・ディクソン、マ・レイニーのドス黒いブルースを歌っています。

1 You Don't Know Me
2 I Just Want to Make Love to You
3 Come Back, Baby
4 Stranger's Blues
5 Victim to the Blues
6 'Way Behind the Sun
7 Special Delivery Blues
8 It Hurts Me Too
9 Come on in (There Ain't Nobody Here But Me)
10 Hard Oh Lord
11 Working People's Blues
12 Dink's Blues (Dink's Song)



Posted by uncledog at 15:52:17Comments(0)TrackBack(0)

Geoff & Maria Muldaur/Sweet Potatoes

2018-02-05

20781.jpg <輸入盤新譜CD情報>

Geoff & Maria Muldaur/Sweet Potatoes(Omnivore Recordings/OV-242/CD/0816651012527

ジム・クエスキン・ジャグ・バンドのメンバーだったジェフ・マルダーとマリア・マルダーが、同バンド解散後にジェフ&マリア・マルダー名義のデュオで1972年にリリースしたセカンド・アルバムにして惜しくもラスト・アルバムとなった「スウイート・ポテイトウズ」(Reprise Records/MS 2073 /LP)が米国にて再発CD化。

チャック・ベリーの「ハヴァナ・ムーン」、ホーギー・カーマイケル&ジョニー・マーサーの「レイジー・ボーンズ」収録。

レコーディングにはエイモス・ギャレット、ビル・キース、ポール・バターフィールド、他が参加。

ジャケットの絵はエリック・ヴォン・シュミット作になります。

米国ルーツ・ミュージックのファンにお薦め。

1.Blue Railroad Train
2.Havana Moon
3.Lazybones
4.Cordelia
5.Dardanella
6.I’m Rich
7.Sweet Potatoes
8.Kneelin’ Me
9.Lover Man (Oh Where Can You Be)
10.Hard Time Killin’ Floor



Posted by uncledog at 13:51:31Comments(0)TrackBack(0)

Geoff & Maria Muldaur/Pottery Pie

2018-02-05

20780.jpg <輸入盤新譜CD情報>

Geoff & Maria Muldaur/Pottery Pie(Omnivore Recordings/OV-241/CD/0816651012534)

ジム・クエスキン・ジャグ・バンドのメンバーだったジェフ・マルダーとマリア・マルダーが、同バンド解散後にジェフ&マリア・マルダー名義のデュオで1968年にリリースしたファースト・アルバム「ポテリー・パイ」(Reprise Records/RS 6350/LP)が米国にて再発CD化。

ボブ・ディランの「アイル・ビー・ユア・ベイビー・トゥナイト」、エリック・ヴォン・シュミットの「キャッチ・イット」やメンフィス・ミニーの「ミー・アンド・マイ・ショウファー・ブルース」、サン・ハウスの「デス・レター・ブルース」等のブルース・ナンバー他収録。

レコーディングにはエイモス・ギャレット、ビル・キース他が参加。

米国ルーツ・ミュージック、ホワイト・ブルース等のファンにお薦め。

1.Catch It
2.I’ll Be Your Baby Tonight
3.New Orleans Hopscop Blues
4.Trials, Troubles, Tribulations
5.Prairie Lullabye
6.Guide Me, O Great Jehovah
7.Me And My Chauffeur Blues
8.Brazil
9.Georgia On My Mind
10.Death Letter Blues



Posted by uncledog at 13:39:44Comments(0)TrackBack(0)

◆ROOTS CLASSICS ON VINYL VOL.49◆

2018-02-02

20779.jpg ◆ROOTS CLASSICS ON VINYL VOL.49◆

Maggie & Terre Roche/Seductive Reasoning(180 Gram Vinyl)(Speakers Corner/SPCO33232.1/LP/4260019714213)

ポール・サイモンに見出されたマギー&テリー・ローチェ姉妹がコロンビア・レコーズと契約してレコーディングした1974年のデビュー・アルバム「シダクティヴ・リーズニング」(Columbia/KC 33232/LP)。

キング・クリムゾンのロバート・フリップがプロデュースしたアルバム「ROCHES」(79年)でも有名な姉妹グループ、ローチェスのメンバーの2人、マギーとテリーがデュオ名義でリリースしたローチェス関連としてのデビュー作でもあります。

レコーディングはロンドンのモーガン・スタジオと米国南部のマッスル・ショールズ・スタジオでこなわれています。

ポール・サイモンが1曲でプロデュース&ギターで参加、バックをマッスル・ショールズ・リズム・セクションが固めています。

深みのあるバンド・サウンドをバックに奔放ではじけるような歌唱やしっとりとした美しい歌声をたっぷりと堪能できるフォーク・ロックの名作です!

ローチェスのファンはマスト!!

<SIDE A>
1.Underneath the Moon
2.Down the Dream
3.Wigglin' Man
4.West Virginia
5.If You Empty Out All Your Pockets You Could Not Make the Change

<SIDE B>
1.Telephone Bill
2.Malachy's
3.Burden of Proof
4.The Mountain People
5.Jill of All Trades



Posted by uncledog at 16:39:34Comments(0)TrackBack(0)

◆ROOTS CLASSICS ON CD VOL.25◆

2018-02-02

20778.jpg ◆ROOTS CLASSICS ON CD VOL.25◆

STACY JAGGER/FADED MEMORIES(STACY JAGGER/CDB5637482927.2/CD/0634479188817)

「天使の歌声」「ビロード・ヴォイス」の持ち主であるナッシュヴィル出身の女性シンガー・ソングライター、ステイシー・ジャガーが2006年に自主制作盤でリリースして注目を浴びたデビュー・アルバム「フェイディド・メモリーズ」。

ブルーグラス〜フォーク〜ブルース〜ゴスペルなどのアメリカン・ルーツ音楽をバックグラウンドに持つ洗練されたアコースティック・サウンドに、スピリチュアルな佇まいの彼女の歌声がよく響きわたる内容。アコースティック・ギター弾き語りでしっとりと綴られる冒頭曲で作品表題曲の‘Faded Memories’に始まり、ヴァイオリン×マンドリンなどのアンサンブルと曲展開が印象的なブルーグラス・スタイルでの‘Take Me There’、珠玉のケルティック・バラード‘Innisfree’、ハーモニカのブロウがバックで鳴るバンド・スタイルのブルース・ナンバー‘Livin' Bread Woman’、チェロの演奏とハーモニーが効果的な‘The Mountain’、ピアノの音色が印象的なジャジーなナンバー‘The Man I Love’など楽曲も多彩で聴きどころ多数。

ボニー・レイットやトレイシー・ネルソン、カナダの女性スライド・ギターの名手、エレン・マクルウェイン等の素晴らしい女性ブルース・シンガーのようにルーツ・ミュージックを幅広く吸収し自分の中でブレンドして極上のアメリカン・ミュージックとして披露してくれる大型コンポーザーです。

01. Faded Memories
02. Take Me There
03. Jimmy
04. Bliss
05. Run
06. If You Were Mine
07. Dreamland Tree
08. Livin' Bread Woman
09. The Mountain
10. Innisfree
11. Before The World
12. The Man I Love

●上記輸入盤CDは下記サイトにて好評販売中!
http://diskunion.net/portal/ct/detail/04C844



Posted by uncledog at 15:21:00Comments(0)TrackBack(0)

◆ROOTS CLASSICS ON CD VOL.24◆

2018-02-02

20777.jpg ◆ROOTS CLASSICS ON CD VOL.24◆

BOB MARTIN/Last Chance Rider(RIVERSONG RECORDS/5/CD/0793447347424)

ニューヨークのガーズ・フォーク・シティでスカウトされてRCAレーベルと契約し、1972年にナッシュビルのスタジオでレコーディングしたデビュー・アルバム「ミッドウエスト・ファーム・ディザスター」(RCA/LSP-4770)で有名なシンガー・ソングライター、ボブ・マーティン。

1977年12月に渋谷のロック喫茶「ブラックホーク」の松平さんが発行した音楽雑誌「スモール・タウン・トーク」第11号の特集「ブラックホークの選んだ99枚のレコード」の中の1枚に選ばれた名作でもあります。

レコーディングにはデヴィッド・ブリッグス(キーボード)、ノーバート・プットナム(ベース)、ケ二ー・バトレー(ドラムス)他、ナッシュビルのベテラン・スタジオ・ミュージシャンが参加。ボブ・ディランのフォロワー的な存在のフォーク・シンガーと言える存在で、味わい深い渋い歌声といぶし銀のサウンドが上手くブレンドして70年代を代表するSSW/フォークの名盤として人気の高いアルバムでした。

そのボブ・マーティンが1982年にリリースしたセカンド・アルバム「ラスト・チャンス・ライダー」(JUNE APPAL RECORDINGS原盤/JA043/LP)は米国のナショナル・アソシエーション・オブ・インディペンデント・レコード・ディストリビューターズから全米トップ・クラスのフォーク・アルバムと絶賛されたLPです。

有名なファースト・アルバムの影に隠れたようなアルバムですが、ファースト・アルバム同様に素晴らしい内容です。

ボブ・ディラン、サミー・ウォーカー、ウディ・ガスリー等のフォーク、シンガー・ソングライターが好きな方にお薦めの1枚。

<SIDE ONE>
1.GIVE ME ONE GOOD REASON NOT TO GO
2.BORDERLINE
3.HOTEL ST. JAMES
4.QUEEN OF THE MIDGET WRESTLING TEAM
5.LAST CHANCE RIDER

<SIDE TWO>
1.DAYLITE
2.OLD TIME COUNTRY TUNE
3.GIVIN' UP EASY
4.APPALACHIA LULLABY
5.HALF BREED

●上記輸入盤CDは下記サイトにて好評販売中!
http://diskunion.net/portal/ct/detail/RS150805-10



Posted by uncledog at 13:04:41Comments(0)TrackBack(0)

FREEDOM NORTH/FREEDOM NORTH

2018-02-02

20726.jpg ◆入荷いたしました♪

<輸入盤紙ジャケ新譜CD情報>

FREEDOM NORTH/FREEDOM NORTH(BIG PINK MUSIC/BIGPINK537/CD/8809270025414)

カナダのモントリオールを活動の拠点としていたサイケデリック・ロック、ブルース・ロック・バンド、フリーダム・ノースが1970年にリリースした唯一のアルバム「フリーダム・ノース」(Aquarius Records/AQR501/LP)が紙ジャケ仕様で再発CD化!

Franki Hart(Lead Vocal, Piano, Recorder)
Bill Hill(Lead Guitar, Vocal)
Rick St. Jean(Rhythm Guitar, Vocal)
Les Leroux(Bass)
Eddy Kaye(Drums)

1. Ordinary Man
2. Take A Look At Me
3. Losing You
4. Seems To Me
5. Lonely Man
6. Dr. Tom
7. Hey Carmen
8. Gone Forever
9. Sorry
10. Vancouver

●上記輸入盤新譜CDは下記サイトにて好評販売中!
http://diskunion.net/rock/ct/detail/RY180119BP05



Posted by uncledog at 12:34:28Comments(0)TrackBack(0)

BOB LANCE/ROLLIN' MAN

2018-02-02

20725.jpg ◆入荷いたしました♪

<輸入盤紙ジャケ新譜CD情報>

BOB LANCE/ROLLIN' MAN(BIG PINK MUSIC/BIGPINK536/CD/8809270025407)

シンガー・ソングライター、ボブ・ランスが1972年にリリースしたセカンド・アルバムにして惜しくもラスト・アルバムとなった「ローリン・マン」(Atlantic/SD 7218/LP)が紙ジャケ仕様で世界初CD化!

サザン・ソウル色が強かったファースト・アルバム以上にスワンプ度数が高くなったスワンプ・ロックのファンにお薦めの一枚。

1. Bar Room Sally
2. Hot Wood And Coal
3. Something Unfinished
4. She Made Me A Man
5. John The Rollin' Man
6. Last Stop Change Hands
7. You Got To Rock Your Own
8. He Played The Reals
9. A Tribute To A Woman

●上記輸入盤新譜CDは下記サイトにて好評販売中!
http://diskunion.net/rock/ct/detail/RY180119BP04



Posted by uncledog at 12:33:31Comments(0)TrackBack(0)

CAF&Eacute; SOCIETY/CAF&Eacute; SOCIETY

2018-02-02

20724.jpg ◆入荷いたしました♪

<輸入盤紙ジャケ新譜CD情報>

CAFÉ SOCIETY/CAFÉ SOCIETY(BIG PINK MUSIC/BIGPINK535/CD/8809270025391)

英国のポップ・ロック、ニッチ・ロック・バンド、カフェ・ソサエティがキンクスのコンク・レコーズから1975年にリリースした唯一のアルバム「カフェ・ソサエティ」(Konk /KONK 102/LP)が紙ジャケ仕様で世界初CD化!

キンクスのレイ・デイヴィスとデイヴ・デイヴィーズもプロデューサーで参加。

Raphael Doyle(Vocal, Guitar)
Hereward Kaye(Vocal, Guitar, Piano)
Tom Robinson(Guitar, Backing Vocal)
Phil Palmer(Electric Guitar)
Louis Stewart(Guitar)
Nick South(Bass)
Pat Donaldson(Bass)
Jimmy Franks(Drums)
Mick Avory(Drums)
John Beecham(Horn)
Robin Williamson(Violin)

1. Poor Old Sailor
2. Maybe It's Me
3. I Love You So
4. Give Us A Break
5. (The) Creed
6. The Old Man And The Child
7. The Whitby Two-Step
8. Such A Night
9. You Make Me Feel At Ease
10. (The) Family Song

●上記輸入盤新譜CDは下記サイトにて好評販売中!
http://diskunion.net/rock/ct/detail/RY180119BP03



Posted by uncledog at 12:32:16Comments(0)TrackBack(0)

MILTON CHESLEY CARROLL/MILTON CHESLEY CARROLL

2018-02-02

20723.jpg ◆入荷いたしました♪

<輸入盤紙ジャケ新譜CD情報>

MILTON CHESLEY CARROLL/MILTON CHESLEY CARROLL(BIG PINK MUSIC/BIGPINK534/CD/8809270025421)

テキサス州出身のシンガー・ソングライター、ミルトン・チェスリー・キャロルが1972年にリリースしたファースト・アルバム「ミルトン・チェスリー・キャロル」(RCA/LSP-4667/LP)が紙ジャケ仕様で再発CD化!

ちょっとファンキーかつブルージーな唄声とサウンドで楽しいアルバムです。トニー・ジョー・ホワイト・タイプのスワンプ・ロックもプレイしています。

ジェリー・フリードマン、エリック・ワイズバーグ、トニー・レヴィン、スティーヴ・ガット他、実力派ミュージシャンが参加。

1. It'll All Come Down In Time
2. Love Of The Common People
3. Highway Song
4. A Thousand Shades Of Grey
5. Country Comfort
6. Yankee Lady
7. Don't Cry My Lady
8. Sweet Country Music
9. Potters Field
10. Seventh Son

●上記輸入盤新譜CDは下記サイトにて好評販売中!
http://diskunion.net/rock/ct/detail/RY180119BP02



Posted by uncledog at 12:31:29Comments(0)TrackBack(0)

JOE. E. COVINGTON'S FAT FANDANGO/JOE. E. COVINGTON'S FAT FANDANGO

2018-02-02

20722.jpg ◆入荷いたしました♪

<輸入盤紙ジャケ新譜CD情報>

JOE. E. COVINGTON'S FAT FANDANGO/JOE. E. COVINGTON'S FAT FANDANGO(BIG PINK MUSIC/BIGPINK533/CD/8809270025377)

ジェファーソン・エアプレーン、ホット・ツナのドラマーとして有名なジョー・イー・コヴィントン率いるジョー・イー・コヴィントンズ・ファット・ファンダンゴが1973年にジェファーソン・エアプレーンのレーベル、グラントからリリースした唯一のアルバム「ジョー・イー・コヴィントンズ・ファット・ファンダンゴ」(Grunt/BFL1-0149/LP)が紙ジャケ仕様で世界初CD化。

ロック、ジャズ、ソウルをブレンドしたサイケデリック・フォーク・ロック、ブルース・ロック・アルバムです。

Joe E. Covington(Vocal, Drums)
Stevie Midnite(Guitar)
Jack Prendergast(Bass)
Senator Patrick Craig(Keyboards)

1. Your Heart Is My Heart
2. Country Girl
3. Moonbeam
4. Mama Neptune
5. Miss Unaverse
6. Hideout
7. Vapor Lady

●上記輸入盤新譜CDは下記サイトにて好評販売中!
http://diskunion.net/rock/ct/detail/RY180119BP01



Posted by uncledog at 12:29:49Comments(0)TrackBack(0)

Paul Carrack/These Days

2018-02-02

20776.jpg <輸入盤新譜情報>

Paul Carrack/These Days(Carrack UK/PCARLP30/LP/5052442012733)

Paul Carrack/These Days(Carrack UK/PCARCD30/CD/5052442012726)

1.These Days
2.Cold Light of Day
3.Honey in the Sunset
4.You Make Me Feel Good
5.Talk to Me
6.Life in a Bubble
7.Amazing
8.Where Does the Time Go?
9.The Best I Could
10.Dig Deep
11.Perfect Storm
12.Tell Somebody Who Cares



Posted by uncledog at 10:41:17Comments(0)TrackBack(0)

THE SWAMPERS/MUSCLE SHOALS HAS GOT THE SWAMPERS

2018-02-01

20575.jpg ◆好評販売中♪♪

<輸入盤新譜CD情報>

THE SWAMPERS/MUSCLE SHOALS HAS GOT THE SWAMPERS(Muscle Shoals Sound Records/MSCD8026/CD/0048021802623)

スワンプ・ロックのファンには有名なマッスル・ショールズ・リズム・セクションのニックネームとして知られるザ・スワンパーズ。

60年代から今日に至るまで、ローリング・ストーンズ、ボブ・ディラン、ジェームズ・ブラウン、スティーヴ・ウインウッド、サンタナ、グレッグ・オールマン、レヴォン・ヘルム、ジョン・プライン、ボビー・ブルー・ブランド等、数多くの有名ミュージシャンのバックを固めてきました。

そのザ・スワンパーズの未発表音源「マッスル・ショールズ・ハズ・ガット・ザ・スワンパーズ」が奇跡の初登場!!

全14曲中の大半が1969〜1978年の間に伝説のマッスル・ショールズ・サウンド・スタジオでレコーディングされたインスト・チューンです。残りの楽曲はザ・スワンパーズのセカンド・スタジオで1990年代にレコーディングされた楽曲を収録。

スワンプ・ロックのファンはマストです。

THE SWAMPERS(the nickname of the Muscle Shoals Rhythm Section):

Barry Beckett (keyboards)
Roger Hawkins (drums)
David Hood (bass)
Jimmy Johnson (guitar)

01. Swampers
02. Muscle Shoals Malmo Express
03. Whiplash
04. MSS Down By The River
05. Pete’s Song
06. Don’t Bug Me Johnson
07. Muscle Shoals
08. Backporch Soul
09. Cruisin’ Jackson Highway
10. What Goes Around Comes Around
11. 3614 Jam
12. Eddy’s Place
13. Inner Tube
14. Sunday Morning R&B

●上記輸入盤新譜CDは下記サイトにて好評販売中!
http://diskunion.net/rock/ct/detail/RY180119SW01




Posted by uncledog at 18:53:01Comments(0)TrackBack(0)

G.T. Moore/The Harry J Sessions(PARTIAL RECORDS/PRTLLP001/LP)

2018-02-01

20650.jpg ◆好評販売中♪

*500枚限定プレス!

<輸入盤新譜LP情報>

G.T. Moore/The Harry J Sessions(PARTIAL RECORDS/PRTLLP001/LP/0657040600051)

G.T.ムーア(元ヘロン、G.T,ムーア・アンド・ザ・レゲエ・ギターズ)が1980年にジャマイカでリー・ペリーと一緒に、とあるプロジェクトに従事していた際にレコーディングしていた音源がアナログ盤LPで登場!!

全8曲中6曲がG.T.ムーアのオリジナルで、ハリー・J・レコーディング・スタジオでレコーディングされた音源です。

500枚限定プレス

内容はダブ、レゲエです。

*以下はディスクユニオンのレゲエ担当スタッフからのコメントになります

2018年最初のとんでもない発掘!“SSW,AOR MEETS DUB!!!!”

これは…まさかのTRADITION「CAPTAIN GANJA & SPACE PATROL」超えの奇跡のメロウ・ルーツ・ダブ!
70年代SSW、AORの淡いメランコリックな音像に、ジャマイカ最高のスタジオ、HARRY Jレーベルの叡智が融合した、奇跡としか言いようがない作品がこれ!

●G.T.MOORE

UKフォーク、HERONに在籍し、後にG.T.MOORE AND THE REGGAE GUITARSで活動するG.T.MOOREが、1980年にジャマイカのキングストン名門レーベル、HARRY Jに残した奇跡の音源が発掘されました!

G.T.MOOREがジャマイカで伝説のLEE PERRYのBLACK ARKスタジオでの最後の作品と言われる名作「RETURN OF PEACOCK JACKXON」のセッションに参加した際、G.T.MOOREがZAPPOWのメンバーを引き連れ、名門HARRY Jレーベルで残したとされる伝説の音源が世界初復刻!

その音は…HERONで見せてくれた淡いSSW、ブリティッシュ・フォークのメランコリックなメロディーと歌が、ZAPPOWらによる美しくソウル・レゲエ的洗練の極みといった演奏が融合した奇跡としか言えない前人未到のメロウ・ルーツ・レゲエ、ダブを作り上げた。

まるでAORのような美メロや、エレピやサックスによる色彩豊かな音色、そこにG.T.MOOREに儚いヴォーカルが乗り、リズム隊はZAPPOWの鉄壁の演奏が支える。

この感触はまるでTRADITION「CAPTAIN GANJA & SPACE PATROL」を思わせるような、メロウで浮遊感あふれるヴォーカル・チューンとLEE PERRYのブラック・アークのダブのような宇宙的な素晴らしいダブ・ヴァージョンで成り立っている。

この幻のセッションから「UTOPIA」のみ1980年にBLACK STAR LINERからリリースされ、近年PARTIALレーベルから復刻されたのが記憶に新しい。

そのPARTIALレーベルがついに!幻のHARRY Jセッションの全容を発掘する事に成功した。

70年代SSWのメランコリーと、80年代のAORのメロウネスに、ルーツ・レゲエ、ダブのエッセンスが融合した最高に素晴らしい逸品!

まさか「CAPTAIN GANJA & SPACE PATROL」クラスの作品に出会えるとは…2018年最初の感動の極み!

All tracks written by G.T. Moore except `Constant Spring' and `Stony Hill Dub' written by James Lascelles.

Recorded at Harry J Recording Studio 1980
Producer: G.T. Moore
Engineer: David Hamilton
Executive Producer: Hank Targowski
Mixed: Dougie Wardrop

G.T. Moore(vocals, guitar, harmonica, backing vocals)
James Lascelles(electric piano, synthesizer)
Bud Beadle(alto, tenor and baritone saxophone)
Cornell Marshall(drums)
Tony Johnson(piano, organ)
Dwight Pinckney(guitar)
Don Grant(bass)

<Side A>
1.Utopia
2.Reformation Dub
3.Jerusalem
4.Temple Mount Dub

<Side B>
1.Working For The Dollar
2.Turn The Wheel Dub
3.Constant Spring
4.Stony Hill Dub

●上記輸入盤新譜LPは下記サイトにて好評販売中!
http://diskunion.net/reggae/ct/detail/REGGAE-180109-01



Posted by uncledog at 18:51:36Comments(0)TrackBack(0)

The Lyman Family with Lisa Kindred/American Avatar: Love Comes Rolling Down

2018-02-01

20659.jpg <輸入盤新譜CD情報>

The Lyman Family with Lisa Kindred/American Avatar: Love Comes Rolling Down(OMNIVORE RECORDINGS/OV-265/CD/0816651012510)

メル・ライマン率いるザ・ライマン・ファミリーが1969年にリリースした唯一のアルバム「アメリカン・アヴァター」(Reprise Records/RS6353/LP)が待望の再発CD化!!

ジム・クエスキン、ジェフ・マルダー、リサ・キンドレッド、ブルース・ラングホーン他が参加。

オリジナル・ナンバーに加えてボブ・ディランの「イット・テイクス・ア・ロット・トゥ・ラフ、イット・テイクス・ア・トレイン・トゥ・クライ」やエリック・ヴォン・シュミットの「マイ・ラヴ・カムズ・ローリング・ダウン」等のカバーも収録。

Mel Lyman(Harmonica)
Lisa Kindred(Vocal)
Bruce Langhorne(Guitar/Tabla/Hand Drums)
Geoff Muldaur(Guitar)
Jim Kweskin(Guitar)
Bruce Langhorne(Electric Bass)
Reed Wasson(String Bass)
Terry Bernhard(Piano)

1.California Water—Take One
2.James Alley Blues
3.Good Shepherd
4.Jesus Met The Woman At The Well
5.It Takes A Lot To Laugh, It Takes A Train To Cry
6.My Love Comes Rolling Down
7.California Water—Take Two



Posted by uncledog at 17:10:18Comments(0)TrackBack(0)

OST/American Folk (Soundtrack)

2018-02-01

20599.jpg ◆入荷いたしました♪

<輸入盤新譜情報>

OST/American Folk (Soundtrack)(American Folk Records/AFKR1.1/LP/0752830511224)

●上記輸入盤新譜LPは下記サイトにて好評販売中!
http://diskunion.net/rock/ct/detail/RS18012936

OST/American Folk (Soundtrack)(American Folk Records/AFKR1.2/CD/0752830511125)

●上記輸入盤新譜CDは下記サイトにて好評販売中!
http://diskunion.net/rock/ct/detail/RS18013101

時は2001年9月11日に発生した同時多発テロ事件の際、たまたま同じ飛行機に乗り合わせていた見知らぬ男女フォーク・シンガーのジョーとアンバーがニュー・ヨークに戻るために決行したのは1972年製シボレーのヴァンでの大陸横断だった。

アメリカ大陸を二人で横断しながら古き良きフォーク・ソングへの愛情、オン・ザ・ロードで出会った市井の人々との唄を通じた交わりを描いたロード・ムーヴィーです。

主演を演じるジョーとアンバーによるアメリカン・フォーク・ソングに加えて、ジェリー・ガルシア(グレイトフル・デッド)、ジョン・プライン、デヴィッド・グリスマンの音源を収録。

アメリカン・フォーク、ロード・ムーヴィーが好きな方は要チェックな映画、サントラ盤です。

1. This Old Guitar
2. Some Humans Ain't Human
3. Joni, Elliot (dialogue from American Folk)
4. Red River Valley
5. Blackjack Davey
6. Pretty Saro (instrumental)
7. Someone Singing With Me
8. Oh! Susanna (instrumental)
9. Swing Low, Sweet Chariot
10. Freight Train
11. Play (dialogue from American Folk)
12. New York
13. Hello Stranger
14. Moonlight
15. Oh Shenandoah
16. Lonesome Valley
17. Of Course (dialogue from American Folk)
18. This Old Guitar (full version)
19. Townes

●上記映画のサイトは下記です。
https://www.facebook.com/AmericanFolkMovie/




Posted by uncledog at 15:41:58Comments(0)TrackBack(0)

◆ROOTS CLASSICS ON CD VOL.23◆

2018-02-01

20775.jpg ◆ROOTS CLASSICS ON CD VOL.23◆

UNCLE DOG/OLD HAT(PROG TEMPLE/PTCD8011/CD/4753314801110)

「イギリスのジャニス・ジョプリン」の異名を持つ女性シンガー、キャロル・グライムズを擁する英国スワンプ・ロック・バンド、アンクル・ドッグが1972年にリリースした唯一作にして70年代英国ロックの名作として人気の高い「アンクル・ドッグ」(Signpost Records/SG 4253/LP)。

アヴェレージ・ホワイト・バンドのホーン・セクションや元フリーのポール・コゾフ、ザ・フーとの共演で有名なラビット他をゲストに迎え、アーシーな米国南部ロックやカントリーと英国の叙情性が見事にブレンドし、練り上げられた奇跡とも言える傑作。

強力なキャロルのヴォーカルを中心に、冒頭から男女ヴォーカルのからみが素晴らしいブギー・スワンプ・ナンバー「リヴァ―・ロード」、粘り付くようなカントリー・ロック・ナンバー「ムーヴィー・タイム」、超絶な絶唱が聴けるサザン・ソウル・ナンバー「ウイ・ガット・タイム」、泥臭さの極みとも言いたい「ミステリー・トレイン」「ルーズ・ミー」他、駄作なしの全8曲。ジャケも素晴らしいの一言!

1. River Road
2. Movie Time
3. Old Hat
4. Boogie With Me
5. We Got Time
6. Smoke
7. I'll Be Your Baby Tonight (Dylan) / Mystery Train (Phillips/Parker)
8. Lose Me

●上記輸入盤CDは下記ウェッブサイトにて好評販売中!
http://diskunion.net/portal/ct/detail/RS131107-18




Posted by uncledog at 13:54:14Comments(0)TrackBack(0)

◆ROOTS CLASSICS ON VINYL VOL.48◆

2018-02-01

20774.jpg ◆ROOTS CLASSICS ON VINYL VOL.48◆

BOBBY CHARLES/BOBBY CHARLES(LIGHT IN THE ATTIC/LITA111/LP/0826853011112)

ウッドストック産スワンプ・ロックの名作として人気の高いボビー・チャールズが1972年にベアズヴィル・レコーズからリリースしたファースト・ソロ・アルバム「ボビー・チャールズ」(Bearsville/BR-2104/LP)。

プロデュースはボビーとジョン・サイモン、リック・ダンコ(ザ・バンド)が担当。

レコーディングにはエイモス・ギャレット、ジェフ・マルダー、ジョン・サイモン、レヴォン・ヘルム、ガース・ハドソン、リック・ダンコ、リチャード・マニュエル、ドクター・ジョン、ボブ・ニューワース、ベン・キース、デヴィッド・サンボーン等、錚々たるメンバーが参加した永遠に聞かれるべき確かな一枚。

<SIDE A>
1.Street People
2.Long Face
3.I Must Be In A Good Place Now
4.Save Me Jesus
5.He's Got All The Whiskey

<SIDE B>
1.Small Town Talk
2.Let Yourself Go
3.Grow Too Old
4.I'm That Way
5.Tennessee Blues

●上記輸入盤LPは下記サイトにて好評販売中!
http://diskunion.net/portal/ct/detail/RS140224-01



Posted by uncledog at 13:12:48Comments(0)TrackBack(0)
TOP OF PAGE