素晴らしき音楽との出会い

1年に2万キロ以上もの旅をしながら出会った様々な素晴らしき音楽をつれづれなるままにご紹介。

 
 

Bruce Springsteen and the E Street Band/Capitol Theatre Passaic, NJ September 20, 1978

2018-01-19

20634.jpg ◆入荷いたしました♪

<輸入盤新譜CDR情報>

Bruce Springsteen and the E Street Band/Capitol Theatre Passaic, NJ September 20, 1978(Bruce Springsteen/3CDR/2299990221890)

ブルース・スプリングスティーンの1978年9月20日、ニュージャージー州はパサイック・キャピトル・シアターでのライヴ音源の登場!!

Bruce Springsteen(guitar, lead vocal, harmonica)
Roy Bittan(keyboard)
Clarence Clemons(saxophone, percussion, vocals)
Danny Federici(organ, glockenspiel)
Garry Tallent(bass guitar, vocal)
Stevie Van Zandt(guitar, vocal)
Max Weinberg(drums)

[SET ONE]
1.Good Rockin' Tonight
2.Badlands
3.Spirit In The Night
4.Darkness On The Edge Of Town
5.Independence Day
6.The Promised Land
7.Prove It All Night
8.It's My Life
9.Thunder Road
10.Jungleland

[SET TWO]
1.Santa Claus Is Coming To Town
2.Fire
3.Candy's Room
4.Because the Night
5.Point Blank
6.Kitty's Back
7.Incident on 57th Street
8.Rosalita (Come Out Tonight)

[ENCORE]
1.Born to Run
2.Tenth Avenue Freeze-Out
3.Detroit Medley
4.Twist and Shout

●上記輸入盤新譜CDRは下記サイトにて好評販売中!
http://diskunion.net/rock/ct/detail/RS18011903



●下記ボスのサイトで試聴可能です
http://live.brucespringsteen.net/live-music/0,18679/Bruce-Springsteen---The-E-Street-Band-mp3-flac-download-09-20-78-Capitol-Theatre-Passaic-NJ.html




Posted by uncledog at 16:23:42Comments(0)TrackBack(0)

Bruce Springsteen and the E Street Band/New Orleans Jazz and Heritage Festival New Orleans, LA April 30, 2006

2018-01-19

20633.jpg ◆入荷いたしました♪

<輸入盤新譜CDR情報>

Bruce Springsteen and the E Street Band/New Orleans Jazz and Heritage Festival New Orleans, LA April 30, 2006(Bruce Springsteen/3CDR/2299990221889)

ブルース・スプリングスティーンの2006年4月30日、ニューオリンズ・ジャズ・アンド・フェスティバルでのライヴ音源の登場!!

Bruce Springsteen(Lead Vocal, Guitar, Harmonica)
Sam Bardfeld(Violin)
Art Baron(Tuba)
Frank Bruno(Guitar, Vocal)
Jeremy Chatzky(Bass)
Greg Liszt(Banjo)
Larry Eagle(Drums)
Clark Gayton(Trombone)
Charles Giordano(B3 Organ, Piano, Accordion)
Curtis King Jr.(Vocal)
Lisa Lowell(Vocal)
Eddie Manion(Saxophone)
Cindy Mizelle(Vocals)
Mark Pender(Trumpet)
Curt Ramm(Trumpet)
Marty Rifkin(Pedal Steel Guitar)
Richie “La Bamba” Rosenberg(Trombone)
Patti Scialfa(Guitar, Vocal)
Marc Anthony Thompson(Vocal)
Soozie Tyrell(Violin, Vocal)

1.O Mary Don't You Weep
2.John Henry
3.Johnny 99
4.Old Dan Tucker
5.Eyes on the Prize
6.Jesse James
7.My Oklahoma Home
8.Mrs. McGrath
9.How Can a Poor Man Stand Such Times and Live?
10.Jacob's Ladder
11.We Shall Overcome
12.Open All Night
13.Pay Me My Money Down
14.My City of Ruins
15.Buffalo Gals
16.You Can Look (But You Better Not Touch)
17.When the Saints Go Marching In

●上記輸入盤新譜CDRは下記サイトにて好評販売中!
http://diskunion.net/rock/ct/detail/RS18011902



●下記ボスのサイトで試聴可能です
http://live.brucespringsteen.net/live-music/0,18553/Bruce-Springsteen-mp3-flac-download-4-30-2006-New-Orleans-Jazz-and-Heritage-Festival-New-Orleans-LA.html




Posted by uncledog at 16:21:49Comments(0)TrackBack(0)

NRBQ/NRBQ(Omnivore Recordings/A 101229/LP)

2018-01-19

20731.jpg <輸入盤新譜LP情報>

NRBQ/NRBQ(Omnivore Recordings/A 101229/LP/0816651012299)

世界一のバーバンドとして人気の高いNRBQ(エヌアールビーキュー/The New Rhythm And Blues Quintet)が1969年にリリースした記念すべきファースト・アルバム「NRBQ」(Columbia/CS 9858/LP)がアナログ盤LPで再発!!

*見開きジャケット仕様(米国オリジナル盤LPはシングル・ジャケットでした)

Steve Ferguson(Guitar, Vocal)
Terry Adams(Keyboards, Harmonica, Recorder, Vocal)
Jody St. Nicholas(Bass, Vocals)
G.T. Staley(Drums, Percussion)
Frank Gadler(Vocal, Percussion)
Donn Adams(Trombone)(tracks: A2, A3, A6)

1.C'mon Everybody
2.Rocket #9
3.Kentucky Slop Song
4.Ida
5.C'mon If You're Comin'
6.You Can't Hide
7.I Didn't Know Myself
8.Stomp
9.Fergie's Prayer
10.Mama Get Down Those Rock And Roll Shoes
11.Hymn Number 5
12.Hey! Baby
13.Liza Jane
14.Stay With We



Posted by uncledog at 15:51:41Comments(0)TrackBack(0)

NRBQ/NRBQ(Omnivore Recordings/CD 101230/CD)

2018-01-19

20730.jpg <輸入盤新譜CD情報>

NRBQ/NRBQ(Omnivore Recordings/CD 101230/CD/0816651012305)

世界一のバーバンドとして人気の高いNRBQ(エヌアールビーキュー/The New Rhythm And Blues Quintet)が1969年にリリースした記念すべきファースト・アルバム「NRBQ」(Columbia/CS 9858/LP)が待望の世界初CD化!!

*デジパック仕様

Steve Ferguson(Guitar, Vocal)
Terry Adams(Keyboards, Harmonica, Recorder, Vocal)
Jody St. Nicholas(Bass, Vocals)
G.T. Staley(Drums, Percussion)
Frank Gadler(Vocal, Percussion)
Donn Adams(Trombone)(tracks: A2, A3, A6)

1.C'mon Everybody
2.Rocket #9
3.Kentucky Slop Song
4.Ida
5.C'mon If You're Comin'
6.You Can't Hide
7.I Didn't Know Myself
8.Stomp
9.Fergie's Prayer
10.Mama Get Down Those Rock And Roll Shoes
11.Hymn Number 5
12.Hey! Baby
13.Liza Jane
14.Stay With We



Posted by uncledog at 15:46:35Comments(0)TrackBack(0)

◆ROOTS CLASSICS ON BOOK VOL.10◆

2018-01-19

20729.jpg ◆ROOTS CLASSICS ON BOOK VOL.10◆

大和田 俊之(著)/アメリカ音楽史 ミンストレル・ショウ、ブルースからヒップホップまで (講談社選書メチエ) 単行本(ソフトカバー)(講談社/BOOK/9784062584975)

[内容紹介]

アメリカ音楽産業の殿堂・グラミー賞の歴代受賞者も多数登場。

偉大なるプレイヤーたちとそのサウンドの<歴史>をめぐる、エキサイティングな1冊!

ロック、ジャズ、ブルース、ファンク、ヒップホップ……音楽シーンの中心であり続けたそれらのサウンドは、19世紀以来の、他者を擬装するという欲望のもとに奏でられ、語られてきた。

アメリカ近現代における政治・社会・文化のダイナミズムのもと、その<歴史>をとらえなおし、白人/黒人という枠組みをも乗り越えようとする、真摯にして挑戦的な論考。

2011年サントリー学芸賞[芸術・文学部門]受賞



Posted by uncledog at 15:15:08Comments(0)TrackBack(0)

PETER FRENCH/DUCKS IN FLIGHT

2018-01-19

20728.jpg PETER FRENCH/DUCKS IN FLIGHT(REPERTOIRE/REPUK1306/CD/4009910130629)

ブラック・キャット・ボーンズ、アトミック・ルースター、カクタス、リーフ・ハウンド等のボーカリストとして活躍してきたロック・シンガー、ピーター・フレンチが1978年にドイツ盤LPのみでリリースしたファースト・ソロ・アルバム「ダックス・イン・フライト」(Polydor/GERMAN/2417 117/LP)がジャケットを変更して再発CD化!!

シン・リジ―のギターリスト、ロビー・ロバートソン、ザ・フーのドラマー、ケニー・ジョーンズにミッキー・ムーディー、ティム・ヒンクレー、ピート・ウイングフィールド等、ロック界オールスター的な豪華メンバーがレコーディングに参加。

1.Slipped And Stumbled
2.Give Me Your Love
3.Same Old Questions
4.Sweet Annabella
5.Shame Shame
6.Without You
7.Hold Me Take Me
8.Goodbye Jesse
9.Schooldays



Posted by uncledog at 13:44:43Comments(0)TrackBack(0)

Robb Kunkel/Abyss(LP)

2018-01-19

20727.jpg <輸入盤新譜LP情報>

Robb Kunkel/Abyss(FUTURE DAYS RECORDINGS/FDR634/LP/0826853063418)

不思議なサウンドと予測不可能な斬新な展開の楽曲を多数含んでいることでサイケデリック系シンガー・ソングライター・アルバムとの評価をされてきたロブ・カンケルが1973年にリリースした唯一のソロ・アルバムにしてマニアの間で名作の誉れ高い「アビス」(Tumbleweed Records Inc./TWS 111/LP)がアナログ盤LPで待望の限定再発。

冒頭の「ユー・ワー・ザ・モーニング」は波が岩に当たって砕けるSEから始まり、素晴らしいギターとロブの癒し系ボーカルで聞く者をロブの世界に引きずり込んでしまうこと必至と言えます。

続く「ウィスパー・ミューズ」は浮遊感漂うサウンドでリスナーを幻惑の世界へと導いてくれます。

「モンタレー」はアップダウンの激しいソフト・ロック・チューン。

ピアノ、フルート、女性ボーカルが絡んだクラシカルな美しい「プライア・デ・バグダッド」もこのアルバムのハイライトと言える秀逸な作品です。

新たにリマスターを施しての再発盤LPですのでレアなオリジナル盤LPを持っている方も要チェックです。

見開きジャケット仕様、8ページ・ブックレット付
600枚のみの限定プレス、手書き限定ナンバー入り

Robb Kunkel(Vocal,Guitar)
Danny Holien(Vocal,Guitar)
Diana Lee(Vocal)
Willy Seltzer(Vocal)
Stephen Swenson(Bass)
Jimmie Bond(Bass)
Gregory Hammel(Drums)
Victor Feldman(Percussion)
Howard Roberts(Banjo)

<SIDE A>
1.You Were The Morning
2.Whisper Muse
3.Country Blues
4.O Light
5.Abyss

<SIDE B>
1.Monterrey
2.Ten Summers
3.Air Hammer Eddie
4.Playa De Bagdad
5.Turn Of The Century



Posted by uncledog at 12:54:40Comments(0)TrackBack(0)

FREEDOM NORTH/FREEDOM NORTH

2018-01-19

20726.jpg <輸入盤紙ジャケ新譜CD情報>

FREEDOM NORTH/FREEDOM NORTH(BIG PINK MUSIC/BIGPINK537/CD/8809270025414)

カナダのモントリオールを活動の拠点としていたサイケデリック・ロック、ブルース・ロック・バンド、フリーダム・ノースが1970年にリリースした唯一のアルバム「フリーダム・ノース」(Aquarius Records/AQR501/LP)が紙ジャケ仕様で再発CD化!

Franki Hart(Lead Vocal, Piano, Recorder)
Bill Hill(Lead Guitar, Vocal)
Rick St. Jean(Rhythm Guitar, Vocal)
Les Leroux(Bass)
Eddy Kaye(Drums)

1. Ordinary Man
2. Take A Look At Me
3. Losing You
4. Seems To Me
5. Lonely Man
6. Dr. Tom
7. Hey Carmen
8. Gone Forever
9. Sorry
10. Vancouver



Posted by uncledog at 10:10:47Comments(0)TrackBack(0)

BOB LANCE/ROLLIN' MAN

2018-01-19

20725.jpg <輸入盤紙ジャケ新譜CD情報>

BOB LANCE/ROLLIN' MAN(BIG PINK MUSIC/BIGPINK536/CD/8809270025407)

シンガー・ソングライター、ボブ・ランスが1972年にリリースしたセカンド・アルバムにして惜しくもラスト・アルバムとなった「ローリン・マン」(Atlantic/SD 7218/LP)が紙ジャケ仕様で世界初CD化!

サザン・ソウル色が強かったファースト・アルバム以上にスワンプ度数が高くなったスワンプ・ロックのファンにお薦めの一枚。

1. Bar Room Sally
2. Hot Wood And Coal
3. Something Unfinished
4. She Made Me A Man
5. John The Rollin' Man
6. Last Stop Change Hands
7. You Got To Rock Your Own
8. He Played The Reals
9. A Tribute To A Woman



Posted by uncledog at 10:01:09Comments(0)TrackBack(0)

CAF&Eacute; SOCIETY/CAF&Eacute; SOCIETY

2018-01-18

20724.jpg <輸入盤紙ジャケ新譜CD情報>

CAFÉ SOCIETY/CAFÉ SOCIETY(BIG PINK MUSIC/BIGPINK535/CD/8809270025391)

英国のポップ・ロック、ニッチ・ロック・バンド、カフェ・ソサエティがキンクスのコンク・レコーズから1975年にリリースした唯一のアルバム「カフェ・ソサエティ」(Konk /KONK 102/LP)が紙ジャケ仕様で世界初CD化!

キンクスのレイ・デイヴィスとデイヴ・デイヴィーズもプロデューサーで参加。

Raphael Doyle(Vocal, Guitar)
Hereward Kaye(Vocal, Guitar, Piano)
Tom Robinson(Guitar, Backing Vocal)
Phil Palmer(Electric Guitar)
Louis Stewart(Guitar)
Nick South(Bass)
Pat Donaldson(Bass)
Jimmy Franks(Drums)
Mick Avory(Drums)
John Beecham(Horn)
Robin Williamson(Violin)

1. Poor Old Sailor
2. Maybe It's Me
3. I Love You So
4. Give Us A Break
5. (The) Creed
6. The Old Man And The Child
7. The Whitby Two-Step
8. Such A Night
9. You Make Me Feel At Ease
10. (The) Family Song



Posted by uncledog at 19:15:46Comments(0)TrackBack(0)

MILTON CHESLEY CARROLL/MILTON CHESLEY CARROLL

2018-01-18

20723.jpg <輸入盤紙ジャケ新譜CD情報>

MILTON CHESLEY CARROLL/MILTON CHESLEY CARROLL(BIG PINK MUSIC/BIGPINK534/CD/8809270025421)

テキサス州出身のシンガー・ソングライター、ミルトン・チェスリー・キャロルが1972年にリリースしたファースト・アルバム「ミルトン・チェスリー・キャロル」(RCA/LSP-4667/LP)が紙ジャケ仕様で再発CD化!

ちょっとファンキーかつブルージーな唄声とサウンドで楽しいアルバムです。トニー・ジョー・ホワイト・タイプのスワンプ・ロックもプレイしています。

ジェリー・フリードマン、エリック・ワイズバーグ、トニー・レヴィン、スティーヴ・ガット他、実力派ミュージシャンが参加。

1. It'll All Come Down In Time
2. Love Of The Common People
3. Highway Song
4. A Thousand Shades Of Grey
5. Country Comfort
6. Yankee Lady
7. Don't Cry My Lady
8. Sweet Country Music
9. Potters Field
10. Seventh Son



Posted by uncledog at 19:00:35Comments(0)TrackBack(0)

JOE. E. COVINGTON'S FAT FANDANGO/JOE. E. COVINGTON'S FAT FANDANGO

2018-01-18

20722.jpg <輸入盤紙ジャケ新譜CD情報>

JOE. E. COVINGTON'S FAT FANDANGO/JOE. E. COVINGTON'S FAT FANDANGO(BIG PINK MUSIC/BIGPINK533/CD/8809270025377)

ジェファーソン・エアプレーン、ホット・ツナのドラマーとして有名なジョー・イー・コヴィントン率いるジョー・イー・コヴィントンズ・ファット・ファンダンゴが1973年にジェファーソン・エアプレーンのレーベル、グラントからリリースした唯一のアルバム「ジョー・イー・コヴィントンズ・ファット・ファンダンゴ」(Grunt/BFL1-0149/LP)が紙ジャケ仕様で世界初CD化。

ロック、ジャズ、ソウルをブレンドしたサイケデリック・フォーク・ロック、ブルース・ロック・アルバムです。

Joe E. Covington(Vocal, Drums)
Stevie Midnite(Guitar)
Jack Prendergast(Bass)
Senator Patrick Craig(Keyboards)

1. Your Heart Is My Heart
2. Country Girl
3. Moonbeam
4. Mama Neptune
5. Miss Unaverse
6. Hideout
7. Vapor Lady



Posted by uncledog at 18:51:07Comments(0)TrackBack(0)

CARLA RUSSELL & THE MUSCLE SHOALS ALLSTARS/THE GOOD SIDE OF CRAZY

2018-01-18

20593.jpg <輸入盤新譜CD情報>

CARLA RUSSELL & THE MUSCLE SHOALS ALLSTARS/THE GOOD SIDE OF CRAZY(CRAZY CHESTER RECORDS/CCR007/CD/0880547036126)

デコイズの「ショット・フロム・ザ・サドル」、ボニー・ブラムレット(デラニ―&ボニー)の「ビューティフル」、ジミー・ホール(ウエット・ウイリー)の「ランデヴー・ウィズ・ザ・ブルース」等のアルバムにバック・コーラスの歌姫として参加していたアラバマ州ハンツヴィル出身の女性シンガー、カーラ・ラッセルの2018年新作アルバムはマッスル・ショールズ・オールスターズを率いたソウルフルで力強いディープな歌唱が素晴らしい「ザ・グッド・サイド・オブ・クレイジー」。

レコーディングにはジミー・ジョンソン(ギター)、デヴィッド・フッド(ベース)、クレイトン・アイヴィー(ウーリッツァー・ピアノ)、マッスル・ショールズ・ホーンズ等、マッスルショールズのベテラン勢が多数参加しています。

トニー・ジョー・ホワイトが4曲目の「ラヴ・イン・マイ・ハート」でゲスト参加(ハープ)していることも見逃せません。

米国南部ロック、サザン・ソウル等のファンにお薦めの一枚。

デジパック仕様

1.EVERY TRAIN
2.SOUL SONG
3.THE GOOD SIDE OF CRAZY
4.LOVE IN MY HEART
5.ONE AND ONLY LOVE
6.GET BACK(featuring Mickey Buckins)
7.SAD SAD FEELING
8.I WOULD'VE DONE IT BY NOW
9.FUN LOVING WOMAN
10.KEEP THE PARTY GOING

●カーラ・ラッセルのFBは下記です
https://www.facebook.com/carla.russell7



Posted by uncledog at 16:53:56Comments(0)TrackBack(0)

THE ALABAMA BUS BOYS & FRIENDS/MUSCLE SHOALS TO MOBILE

2018-01-18

20594.jpg ◆好評販売中♪

THE ALABAMA BUS BOYS & FRIENDS/MUSCLE SHOALS TO MOBILE(CRAZY CHESTER RECORDS/CCR005/CD/0880547000127)

1993年から米国マッスルショールズに活動の拠点を移してフィドルワームスやドニー・フリッツ等のバンドで活動しているギターリスト、ミッチ・マン、米国南部、マッスル・ショールズ出身のソングライター、セッション・プレイヤー、マーク・ナーモア等によるアラバマ・バス・ボーイズの2017年新作アルバム「マッスル・ショールズ・トゥ・モービル」。

アラバマ州シェフィールドにあるナットハウス・レコーディング・スタジオでレコーディングしたスタジオ・ライヴ・アルバムです。

サザン・ロックのファン等に人気の高いカウボーイのメンバー、スコット・ボイヤーが「プリーズ・ビー・ウィズ・ミー」でゲスト参加(ボーカル、ギター)。

ドニー・フリッツが「3/4タイム」でゲスト参加(ボーカル、ウーリッツァー・エレクトリック・ピアノ)。

元ウエット・ウイリーのジミー・ホールはハープ、ボーカル、タンバリンで参加しています。

ダン・ペンとスプナー・オールダム作「アイム・ユア・パペット」、エディー・ヒントン作「エヴリバディ・ニーズ・ラヴ」、ポール・サイモン作「僕のコダクローム」、トニー・ジョー・ホワイト作「3/4タイム」、ボブ・ディラン作「ガッタ・サーヴ・サムバディ」等、往年のロック・ファンにとって見逃せない楽曲が目白押しです。

要チェックな一枚!!

デジパック仕様

THE ALABAMA BUS BOYS:

MITCH MANN(ACOUSTIC GUITAR,VOCAL)
MARK NARMORE(KEYBOARD,VOCAL)
JIMMY NUTT(PERCUSSION)
ANDREAS WERNER(ACOUSTIC GUITAR,VOCAL)

1.BABY RUTH
2.I'M YOUR PUPPET
3.EVERYBODY NEEDS LOVE
4.ST. LOUIS BLUES
5.KODACHROME
6.SOMETIMES A ROCK
7.PLEASE BE WITH ME
8.3/4 TIME
9.GOTTA SERVE SOMEBODY
10.SHE CAUGHT THE KATY
11.DON'T HIT ME NO MORE
12.KEEP ON SMILIN'

●上記輸入盤新譜CDは下記サイトにて好評販売中!
http://diskunion.net/rock/ct/detail/RS18010910



Posted by uncledog at 16:51:14Comments(0)TrackBack(0)

◆ROOTS CLASSICS ON BOOK VOL.9◆

2018-01-18

20720.jpg ◆ROOTS CLASSICS ON BOOK VOL.9◆

湯川 れい子/かまち 潤(著)/I LOVE POPS ヒット曲で見るポップス50年 私のTOP40 1955−2005(小学館/BOOK/9784093881944)

単行本: 223ページ

[内容紹介]

ヒット曲の秘密がすべてわかる本

エルヴィス・プレスリー、ビートルズ、マイケル・ジャクソン、シンディ・ローパー、マドンナなどの洋楽ヒット曲の意義と未来を探る、音楽単行本です。

音楽評論家・ヒットパレード番組制作者・作詞家として、多くのヒット曲に関わった湯川れい子とかまち潤が、ヒットの秘密を分析。全米トップ40の思い出や、私の選ぶ40曲など盛りだくさんの内容です。



Posted by uncledog at 13:03:13Comments(0)TrackBack(0)

◆ROOTS CLASSICS ON BOOK VOL.8◆

2018-01-18

20719.jpg ◆ROOTS CLASSICS ON BOOK VOL.8◆

フィリップ・ロベール(著)(昼間 賢/松井 宏 翻訳)/エクスペリメンタル・ミュージック 実験音楽ディスクガイド(エヌティティ出版/BOOK/9784757170407)

単行本(ソフトカバー): 344ページ

[内容紹介]

未来派、ダダ、アール・ブリュット、電子音楽、ミュージック・コンクレート、ジョン・ケージ、フリー・ジャズ、ミニマル・ミュージック、ニュー・ウェイヴ、インダストリアル、ノイズ、実験的テクノなど、20世紀初頭から現在にいたるありとあらゆる「実験的」音楽の名盤約100枚を紹介するディスクガイド。

フランスの実験的ギタリスト、ノエル・アクショテが序文を寄せている。

「パイオニア、重要人物は勿論のこと、未だ知られざるカッティング・エッジまでが網羅された、ゼロ年代末における最良の「実験音楽」の歴史教科書。」――佐々木敦(批評家)



Posted by uncledog at 12:01:04Comments(0)TrackBack(0)

◆ROOTS CLASSICS ON BOOK VOL.7◆

2018-01-18

20718.jpg ◆ROOTS CLASSICS ON BOOK VOL.7◆

柿沼 敏江/アメリカ実験音楽は民族音楽だった―9人の魂の冒険者たち(フィルムアート社/単行本/9784845905713)

単行本: 269ページ
出版社: フィルムアート社

アメリカのアヴァンギャルドとフォークロワーとの関係が知りたい方、ハリー・スミス、フォークウェイズ・レコーズに興味がある方にお薦めの一冊。

*以下は出版社からのコメントになります

ホーボー(移動労働者)、女性作曲家、ヴィルトゥオーソ・ピアニスト…誰も知らなかったソングキャッチャー(歌追い人)の旅。

「魂(ソウル)の領域へ!」

ヨーロッパに背を向けた実験主義の作曲家たちは、当然ながらヨーロッパ音楽の主知主義的なあり方とは違う方向を目指すようになっていった。

それぞれの作曲家たちが、異なるやり方ではあれ、概念的な世界からより感性的な世界へと移り住もうとしていた。

つまり精神によっては思考できないような「魂(ソウル)」の領域へと住処を移そうとしていたのである。

[主な内容]

1.崇高への眼差し:カール・ラグルス
 頑固な老作曲家/恐ろしいまでの不協和/さまざまな崇高/
 巨大なものとスピリチュアルなもの/音楽そのものによって
 
2.思想としての民謡:パーシー・グレインジャー
 ヴィルトゥオーソ・ピアニスト/フォノグラフを携えて/オリジナルと編曲のあいだ/
 民謡の複雑性/グレインジャーVSバルトーク/純粋な旋律を求めて
  
3.旧い讃美歌の世界を探る:ヘンリー・カウエル
 尺八を吹く作曲家/讃美歌とフューギング・チューン/民謡風讃美歌/古い様式の現代版を
 つくる書かれた音楽と歌われた音楽/新しいプリミティヴィズムに向かって 
   
4.解体するユーモア:シルベストレ・レブエルタス
 別のものとして存在するメキシコ/譜面のない音楽/ロルカへのオマージュ/
 〈センセマヤ〉と文化の混合/笑いの感性

5.幼子たちのいる風景:ルース・クロフォード・シーガー
 母の採譜した歌/作曲家への道/民謡の世界/「音楽」としての民謡/「作曲」から離れて/
 小さな人間たちを媒介に

6.放浪する魂:ハリー・パーチ
 新聞売りの声/ビター・ミュージック/ホ−ボーの大陸横断の旅/グライディング・トーン/
 ヴァナキュラ−な響き/音律の地平

7.異界への憧景:ポール・ボウルズ
 ふたつの部屋/回帰しない主題/催眠的な音体験/異界への旅/砂漠の風

8.響きあう星座:ジョン・ケージ
 〈ヴァリエーションズ〉/コンステレーション/ミュージサーカス/最新の水族館/
 生態学的音楽/出来事を聴く/すべては変化する

9.混血言語から浮かび上がるもの:ルー・ハリソン
 バイ・ミュージカリティ/リージョナリズム/太平洋を見晴るかす/ガムラン・ワールド/
 混合言語/エスぺラント音楽/中心なきネットワーク 
 
10.魂の冒険者たち



Posted by uncledog at 10:36:21Comments(0)TrackBack(0)

◆ROOTS CLASSICS ON VINYL VOL.41◆

2018-01-17

20717.jpg ◆ROOTS CLASSICS ON VINYL VOL.41◆

YELLOW AUTUMN/CHILDREN OF THE MIST(MELLOTRON RECORDS/MLP002/LP/9991710016218)

1977年にカリフォルニア州はハーモサ・ビーチにあるメディア・アーツでレコーディングされた幻想的な女性ボーカル入りフォーク・サイケの名盤としてマニア、レコード・コレクターには有名なイエロー・オータムの唯一のアルバム「チルドレン・オブ・ザ・ミスト」(VALA RECORDS/VC 4599/LP)。

アコギ、フルート、バイオリンをフィーチャーしたそのサウンドにはブリティッシュ・フォークやインドのラーガ等の要素も含まれていますのでその手のサウンドが好きな方も要チェックです。

Gary Creighton(Acoustic Guitar, Dulcimer, Piano, Vocal, Bongo)
Erb Swanigan(Cello, Flute)
Lorraine Dechter(Tambourine, Vocal, Classical Guitar)
Tony Selvage(Violin, Viola)

<SIDE A>
1.Mithril Melon
2.My Child
3.Captain Thompson
4.Energy

<SIDE B>
1.Wooden Table Fable
2.The Druid
3.Keeper Of Fantasy
4.Song Of The Weeping Willow



Posted by uncledog at 16:34:47Comments(0)TrackBack(0)

◆ROOTS CLASSICS ON VINYL VOL.40◆

2018-01-17

20716.jpg ◆ROOTS CLASSICS ON VINYL VOL.40◆

BOB TRIMBLE/IRON CURTAIN INNOCENCE(Secretly Canadian/SELY162.1/LP/0656605016214)

サイケのコレクターには有名な米国マサチューセッツ州出身のボブ・トリンブルが1980年にリリースした激レアなデビュー・アルバム「アイアン・カーテン・イノセンス」(Vengeance Records/BT 8458LP)。

震えるファルセット・ボイスと深い森の中に入っていくようなエコー、溶解していくようなエレクトリック・サウンドから透明感のあるアコースティック・ギターまでを駆使して独自の世界を作りあげたアウトサイダー的な存在で、優しい狂気が宿ったアシッド感たっぷりの素晴らしい作品群を聞いていくうちにトリップしていくこと必至でしょう。

シド・バレット(ピンク・フロイド)、ヴェルヴェット・アンダーグラウンド、ヤンデック等が好きな方、サイケ、アシッド・フォークの好きな方は要チェックなアルバム。

米国インディー界の奇才、アリエル・ピンクやソニック・ユースのサーストン・ムーア他、数多くのカルト・フォロワーを生み出しています。

<SIDE A>
1.Glass Menagerie Fantasies
2.Night At The Asylum
3.When The Raven Calls
4.Your Little Pawn

<SIDE B>
1.One Mile From Heaven (Short Version)
2.Killed By The Hands Of An Unknown Rock Starr
3.Through My Eyes (Hopeless As Hell D.O.A.)
4.One Mile From Heaven (Long Version)



Posted by uncledog at 16:14:54Comments(0)TrackBack(0)

THE BLEU FOREST/A Thousand Trees Deep

2018-01-17

20638.jpg THE BLEU FOREST/A Thousand Trees Deep(GEAR FAB/279/CD/0645270027922)

1966年にギター&ボーカルのマイケル、ゲイリーとドラムスのジャックによるトリオとして結成され、後にベースのエドが加入したカリフォルニア州のサイケデリック・バンド、ブルー・フォレスト。

1968年にレコーディングされ、米国のタワー・レコードから発売予定があったにもかかわらず惜しくもお蔵入りとなっていた幻のファースト・アルバム「ア・サウザンド・トゥリーズ・ディープ」。

ぎんぎんにエコーのかかったサイケなギターにへヴィーなオルガンが絡み、さらに浮遊するシンセの効果音がかぶさり、スウィートなボーカルとコーラスが聞く者を陶酔の世界へと導いてくれること必至です。

リアル・タイムに発売されなかったことが悔やまれる幻の佳作です。

1.A Thousand Trees Deep
2.Look At Me Girl
3.Bitter Street
4.Story Of A Sort
5.That's When Happiness Began
6.Words In My Mind
7.Through With You
8.She Said She's Leaving
9.Knock Knock
10.Trouble

●上記輸入盤CDは下記サイトにて好評販売中!
http://diskunion.net/rock/ct/detail/RS18011501



Posted by uncledog at 15:25:22Comments(0)TrackBack(0)

THE BLEU FOREST/Ichiban - Live At Jimmie's

2018-01-17

20637.jpg THE BLEU FOREST/Ichiban - Live At Jimmie's(GEAR FAB/286/CD/0645270028622)

1966年にギター&ボーカルのマイケル、ゲイリーとドラムスのジャックによるトリオとして結成され、後にベースのエドが加入したカリフォルニア州のサイケデリック・バンド、ブルー・フォレストのジミー・ハスケルのレコーディングによって残された幻のデモ音源(1967年)「イチバン:ライヴ・アット・ジミーズ」が初出となった。

カリフォルニア州のヴェンチュラにあったヘイ・ユー・コーヒーハウスに出演していたブルー・フォレストの演奏に興味を持った著名な作曲家、アレンジャーのジミー・ハスケルがハリウッドにある自宅のスタジオにバンドを招いてレコーディングしたデモ音源です。

ライヴのようなサウンドを目指したジミーの指示により、二本のマイクとレコーディング・マシーンのみを使用した一発録りとなっているため、サイケ、ガレージ感を感じるラフでワイルドなサウンドが素晴らしく、その手のファンは要チェックです。

既にGEAR FABから初CD化された1968年のお蔵入りとなっていた幻のアルバム「A Thousand Trees Deep」にも収録されていたオリジナル・ナンバー「ビター・ストリート」の初レコーディングはこのデモ音源となります。

1. Bitter Street
2. Story Of A Sort
3. When I'm Alone
4. One I Love
5. I Need Sunshine
6. You Said You're Leaving
7. Looking In (Introspection Song)
8. For You
9. A Woodland Spring
10. At Times
11. Colored Rings

●上記輸入盤新譜CDは下記サイトにて好評販売中!
http://diskunion.net/rock/ct/detail/RS18011502



Posted by uncledog at 15:23:33Comments(0)TrackBack(0)

Red River Dave/Authentic Hillbilly Ballads And Topical Songs - Volume One (1954-1976)

2018-01-17

20639.jpg Red River Dave/Authentic Hillbilly Ballads And Topical Songs - Volume One (1954-1976)(OMNI RECORDING CORP./192/CD/0934334405838)

チャールズ・マンソンをテーマにした「カリフォルニア・ヒッピー・マーダーズ」の作者として著名なシンガー、カウボーイ、レッド・リヴァ―・デイヴが1954〜1976年にレコーディングした音源集「オーセンティック・ヒルビリー・バラッズ・アンド・トピカル・ソングス」の第一集。

ヒルビリー、カントリー、アメリカン・フォーク、バラード、ラスティック・ストンプ等が好きな方は要チェックです。

1. California Hippie Murders!
2. Flight Of Apollo 11
3. The Bay Of Pigs
4. The Ballad Of Patty Hearst
5. The Ballad Of John Birch
6. The Ballad Of Emmett Till
7. The Great Society
8. The Ballad Of Billy Graham
9. Ballad Of Francis Powers (There's A Star Spangled Banner Waving #2)
10. Trial Of Francis Powers
11. Searching for You Buddy
12. Answer To The Death Of A President!
13. Ballad Of Lee Oswald
14. The Red Deck Of Cards
15. Moon O’er The Wall (In East Berlin)
16. We’ll Bury You
17. Keep That Star Spangled Banner Waving Somewhere
18. The Vietnam Guitar (45 version)
19. James Dean (The Greatest Of Them All)
20. The Ballad Of Marilyn Monroe
21. (A Tribute To Elvis' Mother) New Angel Tonight
22. Ol’ Tex Ritter And His Deck Of Cards
23. Somewhere I Hear Angels Singing The San Antonio Rose
24. I’d Like To Give My Dog To Uncle Sam
25. Beautiful America
26. Amelia Earhart's Last Flight
27. (I Won't Care) A Hundred Years From Now

●上記輸入盤新譜CDは下記サイトにて好評販売中!
http://diskunion.net/rock/ct/detail/RS18011503



Posted by uncledog at 15:21:23Comments(0)TrackBack(0)

Johnny Winter/Live Bootleg Series 14: It's Johnny's Birthday

2018-01-17

20715.jpg <輸入盤新譜CD情報>

Johnny Winter/Live Bootleg Series 14: It's Johnny's Birthday(Limited Edition, Remastered, Original Master Recording)(Friday Music/FRIM22344.2/CD/0829421223443)

フライデイ・ミュージックからジョニー・ウインターの「ライヴ・ブートレグ・シリーズ」最新作:VOL.14「イッツ・ジョニーズ・バースデイ」が限定版CDでリリースされる。

リマスター/限定盤CD



Posted by uncledog at 12:29:14Comments(0)TrackBack(0)

John Mayall Blues Breakers With Eric Clapton/Blues Breakers(Mono LP/Blue Vinyl)

2018-01-17

20714.jpg <輸入盤新譜LP情報>

John Mayall Blues Breakers With Eric Clapton/Blues Breakers(Mono LP/Blue Vinyl)(Sundazed Music Inc./LP5371/LP/0090771401519)

ジョン・メイオール率いるブルース・ブレイカーズがエリック・クラプトンをフィーチャーして1966年にリリースした英国ブルース・ロック重要アルバム「ブルース・ブレイカーズ」(Decca/LK 4804/LP)がモノラル盤カラー・ヴィニール(ブルー)仕様で待望の再発!!

後にフリートウッド・マックに加入するジョン・マクヴィーやマッギネス・フリントを結成するヒューイ・フリント、マーク・アーモンドを結成するジョン・アーモンド等が参加。

John Mayall(vocals, piano, organ, harmonica)
Eric Clapton(vocals, guitar)
John McVie(bass)
Hughie Flint(drums)
John Almond(baritone sax)
Alan Skidmore(tenor sax)
Dennis Healey(trumpet)

<Side One>
1. All Your Love
2. Hideaway
3. Little Girl
4. Another Man
5. Double Crossing Time
6. What'd I Say

<Side Two>
1.Key To Love
2.Parchman Farm
3.Have You Heard
4.Ramblin' On My Mind
5.Steppin' Out
6.It Ain't Right



Posted by uncledog at 11:59:52Comments(0)TrackBack(0)

◆ROOTS CLASSICS ON VINYL VOL.39◆

2018-01-17

20713.jpg ◆ROOTS CLASSICS ON VINYL VOL.39◆

JUDEE SILL/JUDEE SILL(4 MEN WITH BEARDS/120/LP/0646315112016)

デヴィッド・ゲフィンの設立したアサイラム・レーベルの第一号アーティストであり、数多くの女性アーティストに多大な影響を与えたコンテンポラリー・フォーク系女性シンガー・ソングライター、ジュディー・シルが1971年にリリースしたファースト・アルバム「ジュディー・シル」(Asylum Records/SD 5050/LP)。

フォーク、カントリー、ゴスペル、ジャズ、クラシックから教会音楽までの幅広い音楽性を持って自身の描く宇宙を全11曲のオリジナル作品として生み出したはかなくも美しい歌世界に感動。家出、強盗、麻薬中毒等、波瀾万丈の短い人生の中で生み出された2枚のオリジナル・アルバムは一筋の閃光のようでもあり、永遠の輝きを放っています。

180グラム重量盤LP

<Side A>
1.Crayon Angels
2.The Phantom Cowboy
3.The Archetypal Man
4.The Lamb Ran Away With The Crown
5.Lady-O
6.Jesus Was A Cross Maker

<Side B>
1.Ridge Rider
2.My Man On Love
3.Lopin' Along Thru The Cosmos
4.Enchanted Sky Machines
5.Abracadabra



Posted by uncledog at 11:22:55Comments(0)TrackBack(0)

◆ROOTS CLASSICS ON VINYL VOL.38◆

2018-01-16

20712.jpg ◆ROOTS CLASSICS ON VINYL VOL.38◆

CATHERINE HOWE/WHAT A BEAUTIFUL PLACE(NUMERO/NUMR12.1/LP/0656605844411)

197I年にリリースされた英国の女性シンガー、キャサリン・ハウの激レアなファースト・アルバム「ホワット・ア・ビューティフル・プレイス」(Reflection/REF. L11/LP)。

有名なジャズ・ピアニスト、ボビー・スコットがプロデュースを担当した作品で、オーケストラをバックにした美しい英国のフォーク・アルバムです。

秀逸な美しいオリジナル・ジャケットから容易に想像できるような英国の深い森の入り口に立ったような気分にさせてくれます。

サンディー・デニー、ブリジット・セント・ジョン、ニック・ドレイク等が好きな方にお薦め。

<SIDE 1>
1.PROLOGUE
2.MY CHILD
3.ON A MISTY MORNING
4.NOTHING MORE THAN STRANGERS
5.UP NORTH
6.INTERLUDE
7.IT'S NOT LIKELY

<SIDE 2>
1.IT COMES WITH THE BREEZES
2.WORDS THROUGH A LOOKED DOOR
3.WHAT A BEAUTIFUL PLACE
4.INNOCENCE OF CHILD
5.EPILOGUE



Posted by uncledog at 18:19:38Comments(0)TrackBack(0)

◆ROOTS CLASSICS ON VINYL VOL.37◆

2018-01-16

20711.jpg ◆ROOTS CLASSICS ON VINYL VOL.37◆

Niela Miller/SONGS OF LEAVING(NUMERO/40011/LP/0825764400114)

1962年にVariety Recording Serviceによってアセテート盤にプレスされたニュー・ヨークの女性フォーク・シンガー、ニーラ・ミラーの恐らく唯一のアルバム「ソングス・オブ・リーヴィング」。

ブリーカー・ストリートとマクドゥーガル・ストリート近辺でエリック・ワイズバーグと出会ったのがきっかけでギターを弾くようになったそうだ。

彼女が作曲した「ベイビー、ドント・ゴー・トゥ・タウン」はボーイ・フレンドのビリー・ロバーツが勝手に書き直して「ヘイ・ジョー」という曲にした。

この「ヘイ・ジョー」がジミ・ヘンドリックス、バーズ、ラヴ、ウィルソン・ピケット等、数多くのアーティストにカバーされる名曲となった。

この「ヘイ・ジョー」のオリジナル曲「「ベイビー、ドント・ゴー・トゥ・タウン」を含むニーラ・ミラーの初のアナログ盤LPこそ、映画「インサイド・ルーウィン・デイヴィス:名も無き男の歌」を見て60年代初頭のニュー・ヨーク・フォーク・シーンに興味を持った方にお薦めしたい1枚です。

<SIDE A>
1.Down Hearted Man
2.Baby Don't Go To Town
3.Too Long Blues
4.You Gotta Know How To Love
5.Daddy Went To Jail

<SIDE B>
1.Hushabye Blues
2.Mean World Blues
3.Goodbye New York
4.The World Ain't Ready
5.Jenny Gal



Posted by uncledog at 17:54:49Comments(0)TrackBack(0)

◆ROOTS CLASSICS ON VINYL VOL.36◆

2018-01-16

20710.jpg ◆ROOTS CLASSICS ON VINYL VOL.36◆

Link Wray/Jack The Ripper(Sundazed Music Inc/LP 5192/LP/0090771519214)

エレキギターの可能性を広げるパイオニアとして様々な新しいサウンド作りに挑戦し、ロックン・ロール、ロカビリー、パンク、ルーツ・ロック、スワンプ等幅広い音楽ジャンルで活躍してきたリンク・レイが1963年にリリースしたサード・ソロ・アルバム「ジャック・ザ・リッパ―」(Swan/LP 510/LP)。

ワイルドでクールなインスト・ナンバーが存分に堪能できます。

<SIDE A>
1.Mr. Guitar
2.My Beth
3.Deacon Jones
4.Steel Trap
5.Cross Ties
6.Jack The Ripper

<SIDE B>
1.Fat Back
2.Run Chicken Run
3.Dinosaur
4.Big Ben
5.Mash Potato Party
6.Rumble



Posted by uncledog at 16:40:52Comments(0)TrackBack(0)

◆ROOTS CLASSICS ON VINYL VOL.35◆

2018-01-16

20709.jpg ◆ROOTS CLASSICS ON VINYL VOL.35◆

ALEXANDER SPENCE/OAR(Sundazed Music Inc/LP 5030/LP/0090771503015)

米国のシド・バレットと言われたモビー・グレイプのメンバー、アレクサンダー・スキップ・スペンスが全ての楽器を自身で多重録音して制作された1969年の唯一のソロ・アルバム「オール」(Columbia/CS 9831/LP)。

収録された楽曲は繊細で牧歌的な反面、魂が浮遊してしまったかのようにつぶやく様なヴォーカルとシンプルなサウンドが織りなす危うい独自の世界はシド・バレット、ヤン・デックの世界に通じるものがあります。

アシッド・フォーク、サイケのファンは要チェックな1枚。

<SIDE A>
1.Little Hands
2.Cripple Creek
3.Diana
4.Margaret - Tiger Rug
5.Weighted Down (The Prison Song)
6.War In Peace

<SIDE B>
1.Broken Heart
2.All Come To Meet Her
3.Books Of Moses
4.Dixie Peach Promenade (Yin For Yang)
5.Lawrence Of Euphoria
6.Grey / Afro



Posted by uncledog at 16:19:47Comments(0)TrackBack(0)

◆ROOTS CLASSICS ON VINYL VOL.34◆

2018-01-16

20708.jpg ◆ROOTS CLASSICS ON VINYL VOL.34◆

VAN DYKE PARKS/SONG CYCLE(Sundazed Music Inc/LP 5140/LP/0090771514011)

ヴァン・ダイク・パークスが1967年にリリースしたバーバンク・サウンドの出発点にしてアメリカン・ポピュラー音楽史上に残る歴史的名作と言えるファースト・アルバム「ソング・サイクル」(Warner Bros. Records/WS 1727/LP)。

オリジナリティの高い独特の楽曲を作り上げて、アメリカ固有の音楽要素を追い求めた作品で、多くのミュージシャンに影響を与えたアルバムです。

プロデュースはレニー・ワロンカーが担当。

<SIDE A>
1.Vine Street
2.Palm Desert
3.Widow's Walk
4.Laurel Canyon Blvd.
5.The All Golden
6.Van Dyke Parks

<SIDE B>
1.Public Domain
2.Donovan's Colours
3.The Attic
4.Laurel Canyon Blvd.
5.By The People
6.Pot Pourri



Posted by uncledog at 15:50:18Comments(0)TrackBack(0)

◆ROOTS CLASSICS ON VINYL VOL.33◆

2018-01-16

20707.jpg ◆ROOTS CLASSICS ON VINYL VOL.33◆

NRBQ/WORKSHOP(Sundazed Music Inc/LP 5185/LP/0090771518514)

世界一のバーバンドとして人気の高いNRBQ(エヌアールビーキュー)が1972年にリリースした4枚目のアルバム「ワークショップ」(Kama Sutra/KSBS 2065/LP)。

5人組だったNRBQが、前作「スクラップス」を最後にフランク・ギャドラーが脱退、4人組としてリリースしたアルバム。痛快な人気曲「RC COLA AND A MOON PIE」、珠玉の名曲「MONA」を収録。

<SIDE A>
1.C'mon If You're Comin'
2.RC Cola and a Moon Pie
3.Blues Stay Away from Me
4.Mona
5.Just to Hold My Hand
6.Get That Gasoline Blues

<SIDE B>
1.Deaf, Dumb, and Blind
2.Miss Moses
3.I Got a Little Secret
4.Hearts of Stone
5.Misunderstanding
6.Four Million B.C.



Posted by uncledog at 13:58:36Comments(0)TrackBack(0)

◆ROOTS CLASSICS ON VINYL VOL.32◆

2018-01-16

20706.jpg ◆ROOTS CLASSICS ON VINYL VOL.32◆

NRBQ/SCRAPS(Sundazed Music Inc/LP 5184/LP/0090771518415)

世界一のバーバンドとして人気の高いNRBQ(エヌアールビーキュー)が1972年にリリースした3枚目のアルバム「スクラップス」(Kama Sutra/KSBS 2045/LP)。

世界一のバーバンドの名に恥じないロックがパンパンに詰まった名盤で、初代ギタリストであったスティーヴ・ファーガソンが脱退し、今作からアル・アンダーソンがギターで参加。

黄金期前夜ながら、テリーアダムスによるゴキゲンなロックンロールとジョーイスパンピナートの刹那メロディはすでに完成度の高い内容となっています。

グルーヴ感あふれる「DO YOU FEEL IT?」、テリーとジョーイが共作した愛らしい名曲「MAGNET」などを収録した、NRBQ初期の人気作。

<SIDE A>
1.Howard Johnston's Got His Ho-Jo Working
2.Magnet
3.Don't Knock at My Door
4.Tragic Magic
5.Only You
6.Who Put the Garlic in the Glue?
7.Get a Grip

<SIDE B>
1.Boys in the City
2.New Tune
3.Scraps
4.Ac-Cent-Tchu-Ate the Positive/Things Are Getting Better
5.It's Not So Hard
6.Do You Feel It?
7.Ain't It All Right



Posted by uncledog at 13:47:00Comments(0)TrackBack(0)

◆ROOTS CLASSICS ON VINYL VOL.31◆

2018-01-16

20705.jpg ◆ROOTS CLASSICS ON VINYL VOL.31◆

Vince Martin And Fred Neil/Tear Down The Walls(Sundazed Music Inc/LP 5142/LP/0090771514219)

ボブ・ディラン、ティム・バックレー、ディノ・ヴァレンテ等に多大なる影響を与えたフォーク・シンガー、アシッド・フォーク・シンガーであり、12弦ギターの名手としても知られるフレッド・ニールが同じくグリニッチ・ヴィレッジを代表するフォーク・シンガー、ヴィンス・マーティンと1964年にリリースしたデュオ・アルバム「ティア・ダウン・ザ・ウォールス」(Elektra/EKL 248/LP)。

フレッド・ニールが1965年にリリースしたデビュー・アルバム「ブリーカー&マクドゥーガル」と同様の雰囲気を醸し出していますが、なんと言っても魅力的なのは深みのあるフレッドとヴィンスのヴォーカルのハーモニーが醸し出すアシッド感でしょう。

ジョン・セバスチャンがハープ(ハーモニカ)、後にマウンテンを結成するフェリックス・パパラルディがギタロン(メキシカン・ベースギター)で参加。

<SIDE A>
1.I Know You Rider
2.Red Flowers
3.Tear Down The Walls
4.Weary Blues
5.Toy Balloon
6.Baby

<SIDE B>
1.Morning Dew
2.I’m A Drifter
3.Linin' Track
4.Wild Child In A World Of Trouble
5.Dade County Jail
6.I Got‘Em
7.Lonesome Valley



Posted by uncledog at 13:17:16Comments(0)TrackBack(0)

◆ROOTS CLASSICS ON VINYL VOL.30◆

2018-01-16

20704.jpg ◆ROOTS CLASSICS ON VINYL VOL.30◆

FRED NEIL/BLEEKER & MACDOUGAL(Sundazed Music Inc/LP 5107/LP/0090771510716)

ボブ・ディラン、ティム・バックレー、ディノ・ヴァレンテ等に多大なる影響を与えたフォーク・シンガー、アシッド・フォーク・シンガーであり、12弦ギターの名手としても知られるフレッド・ニールがヴィンス・マーティンとのデュオ・アルバム「ティア・ダウン・ザ・ウォールス」(1964年/Elektra/EKL 248/LP)に続いて1965年にリリースした記念すべきデビュー・アルバム「ブリーカー&マクドゥーガル」(Elektra/EKL 293/LP)。

12弦ギターをブルージーに掻き鳴らしながら深みのあるヴォーカルで歌いまくったいぶし銀の一枚。

「アザー・サイド・トゥ・ジス・ライフ」はラヴィン・スプーンフル、ピーター・ポール&マリー等、多くのカバーを生み出した有名な楽曲です。

ピート・チャイルズのドブロ・ギターの名演が光る「ゴーン・アゲイン」で幕を閉じる末永く聞ける確かな名盤。

ジョン・セバスチャンがハープ(ハーモニカ)、後にマウンテンを結成するフェリックス・パパラルディがベースで参加。

FRED NEIL(Guitar,Vocal)
Pete Childs(Guitar)
Felix Pappalardi(Bass)
Douglas Hatelid(Bass)
John Sebastian(Harmonica)

<SIDE A>
1.Bleecker & MacDougal
2.Bllues On The Ceiling
3.Sweet Mama
4.Little Bit Of Rain
5.Country Boy
6.Other Side To This Life
7.Mississippi Train

<SIDE B>
1.Travelin' Shoes
2.The Water Is Wide
3.Yonder Comes The Blues
4.Candy Man
5.Handful Of Gimme
6.Gone Again



Posted by uncledog at 12:52:45Comments(0)TrackBack(0)

◆ROOTS CLASSICS ON VINYL VOL.29◆

2018-01-16

20703.jpg ◆ROOTS CLASSICS ON VINYL VOL.29◆

LEATHERCOATED MINDS/A TRIP DOWN THE SUNSET STRIP (180G LP MONO)(Sundazed Music Inc/LP 5357/LP/0090771535719)

エリック・クラプトンとのコラボでも知られるシンガー・ソングライター、J.J.ケイルをフィーチャ―した著名なプロデューサー、スナッフ・ギャレットによる1967年の企画物サイケ名作、レザーコーテッド・マインズ名義「ア・トリップ・ダウン・ザ・サンセット・ストリップ」(Viva/V 6003/LP)。

1967年当時、ハリウッドにあるサンセット・ストリップで人気の高かったザ・バーズの「エイト・マイルス・ハイ」、ドノヴァンの「サンシャイン・スーパーマン」、ヤードバーズの「オーヴァー・アンダー・サイドウェイズ・ダウン」、ボブ・ディランの「ミスター・タンブリンマン」等の有名なナンバーに加えて、このアルバムのためにJ.J.ケイルが新たに書き下ろした新曲「サンセット・アンド・クラーク」「ノン・ストップ」「アライバ」「ポット・ラック」を収録。

ロジャー・ティルソン、テリー・ティルソン、レオン・ラッセル、ジェシ・エド・デイヴィスが参加。

180グラム重量盤モノ・エディションで限定アナログ・リイシュー!

<SIDE A>
1.Eight Miles High
2.Sunset And Clark
3.Psychotic Reaction
4.Over Under Sideways Down
5.Sunshine Superman
6.Non-Stop

<SIDE B>
1.Arriba
2.Kicks
3.Mr. Tambourine Man
4.Puff (The Magic Dragon)
5.Along Comes Mary
6.Pot Luck



Posted by uncledog at 12:14:38Comments(0)TrackBack(0)

◆ROOTS CLASSICS ON VINYL VOL.28◆

2018-01-16

20702.jpg ◆ROOTS CLASSICS ON VINYL VOL.28◆

GENE CLARK/WHITE LIGHT(Sundazed Music Inc/LP 5345/LP/0090771534514)

元ザ・バーズのジーン・クラークがジェシ・エド・デイヴィスをプロデューサーに迎えて1971年にリリースしたセカンド・ソロ・アルバムにしてシンガー・ソングライター・ファンにとって名作の誉れ高い「ジーン・クラーク」(通称:ホワイト・ライト)(A&M Records/SP 4292/LP)。

ジェシ・エド・デイヴィスのギターとジーン・クラークのハーモニカ、ボーカルのコンビネーションが哀愁感漂う味わい深い内容です。

特に「ホワイト・ライト」は名曲としてSSWのファンは聞かずに死ねない究極の一曲です。

Gene Clark(Acoustic Guitar, Harmonica, Vocal)
Jesse Davis(Electric Guitar, Guitar)
John Selk(Acoustic Guitar)
Chris Ethridge(Bass)
Gary Mallaber(Drums)
Ben Sidran(Piano)
Mike Utley(Organ)
Bobbye Hall Porter(Congas, Percussion)

<SIDE A>
1.THE VIRGIN
2.WITH TOMORROW
3.WHITE LIGHT
4.BECAUSE OF YOU
5.ONE IN A HUNDRED

<SIDE B>
1.SPANISH GUITAR
2.WHERE MY LOVE LIES ASLEEP
3.TEARS OF RAGE
4.1975



Posted by uncledog at 11:45:58Comments(0)TrackBack(0)

Price & Reference Guide for the Beach Boys American Records FIRST EDITION<Hardcover>

2018-01-16

20701.jpg <輸入書籍新刊情報>

Perry Cox, Frank Daniels, and Mark Galloway/Price & Reference Guide for the Beach Boys American Records FIRST EDITION<Hardcover>(BOOK/9781532348570)

米国のビーチ・ボーイズのレコード・コレクター、ペリー・コックス、フランク・ダニエルズ、マーク・ギャロウェイの三名による究極のビーチ・ボーイズ・アメリカン・レコーズ・プライス&リファレンス・ガイド・ブックの登場!!

ビーチ・ボーイズに加えてメンバーのブライアン・ウイルソン、マイク・ラヴ、アラン・ジャーディン、デヴィッド・マークス、ブルース・ジョンストン、ブロンディー・チャップリン等のメンバーのソロ音源、さらにザ・ハニーズやマレー・ウイルソン等関係者の音源までのレコード、テープ、CD等を4500枚以上掲載、フル・カラー写真を2000枚以上掲載した驚愕の内容となっています。

ボーナスとして写真付カナダのビーチ・ボーイズ・ディスコグラフィーも収録。

約500ページのカード・カバー仕様



Posted by uncledog at 10:53:51Comments(0)TrackBack(0)

THE SWAMPERS/MUSCLE SHOALS HAS GOT THE SWAMPERS

2018-01-15

20575.jpg <輸入盤新譜CD情報>

THE SWAMPERS/MUSCLE SHOALS HAS GOT THE SWAMPERS(Muscle Shoals Sound Records/CD/2299990221891)

スワンプ・ロックのファンには有名なマッスル・ショールズ・リズム・セクションのニックネームとして知られるザ・スワンパーズ。

60年代から今日に至るまで、ローリング・ストーンズ、ボブ・ディラン、ジェームズ・ブラウン、スティーヴ・ウインウッド、サンタナ、グレッグ・オールマン、レヴォン・ヘルム、ジョン・プライン、ボビー・ブルー・ブランド等、数多くの有名ミュージシャンのバックを固めてきました。

そのザ・スワンパーズの未発表音源「マッスル・ショールズ・ハズ・ガット・ザ・スワンパーズ」が奇跡の初登場!!

全14曲中の大半が1969〜1978年の間に伝説のマッスル・ショールズ・サウンド・スタジオでレコーディングされたインスト・チューンです。残りの楽曲はザ・スワンパーズのセカンド・スタジオで1990年代にレコーディングされた楽曲を収録。

スワンプ・ロックのファンはマストです。

THE SWAMPERS(the nickname of the Muscle Shoals Rhythm Section):

Barry Beckett (keyboards)
Roger Hawkins (drums)
David Hood (bass)
Jimmy Johnson (guitar)

01. Swampers
02. Muscle Shoals Malmo Express
03. Whiplash
04. MSS Down By The River
05. Pete’s Song
06. Don’t Bug Me Johnson
07. Muscle Shoals
08. Backporch Soul
09. Cruisin’ Jackson Highway
10. What Goes Around Comes Around
11. 3614 Jam
12. Eddy’s Place
13. Inner Tube
14. Sunday Morning R&B



Posted by uncledog at 18:37:58Comments(0)TrackBack(0)

Delaney & Bonnie & Friends/Motel Shot(180 Gram Vinyl, Black, Gatefold LP Jacket)

2018-01-15

20467.jpg ◆入荷いたしました♪

<輸入盤新譜LP情報>

Delaney & Bonnie & Friends/Motel Shot(Run Out Groove/RNOT16.1/2LP/0081227941253)

(180 Gram Vinyl, Black, Gatefold LP Jacket)

スワンプ・ロックのファンには説明不要のデラニ―&ボニー&フレンズが1971年にリリースした名作アルバム「モーテル・ショット」。

タイトルどおり「ツアー中のモーテルのロビーという体」で気心知れた仲間とスタジオ・ジャム・レコーディングした名作です。

基本的にアンプラグドな環境で行われたアコースティックなセッションで、厚いリズム隊も女声コーラスも分厚いホーンも存在せず泥臭いソウル風味も薄まったデラボニ的には異色作ながら、それゆえにリラックスした雰囲気の中で歌が引き立った唯一無二の一枚としてファンに愛されています。

16人超という大所帯編成のフレンズには、LEON RUSSELL、DUANE ALLMAN、DAVE MASON、GRAM PARSONS、BOBBY WHITLOCK、JIM KELTNER、CLARENCE WHITE、BOBBY KEYS、JOHN HARTFORDにJOE COCKERなど豪華なバックを配しながらも地味に染みる一枚に仕上がっているところが凄みの逸作。

本来ELEKTRA時代の70年11月にエンジニアBRUCE BOTNICKの自宅リビングルームで始まった本プロジェクト。71年に入ってデュオはATCOへ移籍し、いくつかのマテリアルをスタジオで再レコーディングする形で本作は完成を見ました。

今回のリイシューは、そのオリジナルの未発表「リビングルーム・セッション」8曲を2枚目のLPにボーナス追加収録したエキスパンデッド・ヴァージョン。

既にCDではREAL GONE MUSICから発売済みですが、アナログ盤LPのファンにはうれしいリイシューです。

180グラム重量盤。見開きジャケット仕様

<Side A>
1 Where the Soul Never Dies (Traditional)
2 Will the Circle Be Unbroken (A.P. Carter)
3 Rock of Ages (Traditional)
4 Long Road Ahead (Delaney Bramlett-Bonnie Bramlett-Carl Radle)
5 Faded Love (Bob Willis -Johnnie Willis)
6 Talkin’ About Jesus (Traditional)

<Side B>
1 Come On In My Kitchen (Woody Payne-Robert Johnson)
2 Don’t Deceive Me (Please Don’t Go) (Chuck Willis)
3 Never Ending Song of Love (Delaney Bramlett)
4 Sing My Way Home (Delaney Bramlett)
5 Going Down the Road Feeling Bad (Traditional arranged by Delaney Bramlett)
6 Lonesome and A Long Way From Home (Delaney Bramlett-Bonnie Bramlett-Leon Russell)

<Side C>
1 I’ve Told You For the Last Time (Eric Clapton)
2 Long Road Ahead (alternate take) (Delaney Bramlett-Bonnie Bramlett-Carl Radle)
3 Gift of Love (Delaney Bramlett-Mac Davis)
4 Come On In My Kitchen (alternate take) (Woody Payne-Robert Johnson)

<Side D>
1 Blues (Delaney Bramlett)
2 Lonesome and A Long Way From Home (alternate take) (Delaney Bramlett-Bonnie Bramlett-Leon Russell)
3 What A Friend We Have in Jesus (Joseph M. Scriven)
4 Farther Along (J.R. Baxter)

●上記輸入盤新譜LPは下記サイトにて好評販売中!
http://diskunion.net/rock/ct/detail/RS18011201



Posted by uncledog at 18:35:48Comments(0)TrackBack(0)

Big Star/Live At Lafayette's Music Room-Memphis, TN (2 LP, Includes Download)

2018-01-15

20513.jpg ◆入荷いたしました♪

<輸入盤新譜LP情報>

Big Star/Live At Lafayette's Music Room-Memphis, TN (2 LP, Includes Download)(Omnivore Recordings/A 101281/2LP/0816651012817)

アレックス・チルトン率いるビッグ・スターの1973年5月、メンフィスにあるラファイエット・ミュージック・ルームで開催された「メンフィス・ロック・ライターズ・コンヴェンション」でのプロモーション用ライヴ音源がニュー・マスタリングで待望の単独CD及びアナログ盤LPで登場!!

[LP 1]
<Side A>
01 When My Baby's Beside Me
02 My Life Is Right
03 She's A Mover
04 Way Out West
05 The Ballad Of El Goodo

<SIDE B>
01 In The Street
02 Back Of A Car
03 Thirteen
04 The India Song
05 Try Again

[LP 2]
<SIDE A>
01 Watch The Sunrise
02 Don't Lie To Me
03 Hot Burrito #2
04 I Got Kinda Lost
05 Baby Strange

<SIDE B>
01 Slut
02 There Was A Light
03 ST 100/6
04 Come On Now
05 O My Soul

●上記輸入盤新譜LPは下記サイトにて好評販売中!
http://diskunion.net/rock/ct/detail/RY171228BS02



Posted by uncledog at 18:31:51Comments(0)TrackBack(0)

Big Star/Live At Lafayette's Music Room-Memphis, TN (CD)

2018-01-15

20514.jpg ◆入荷いたしました♪

<輸入盤新譜CD情報>

Big Star/Live At Lafayette's Music Room-Memphis, TN (Omnivore Recordings/CD 101282/CD/0816651012824)

アレックス・チルトン率いるビッグ・スターの1973年5月、メンフィスにあるラファイエット・ミュージック・ルームで開催された「メンフィス・ロック・ライターズ・コンヴェンション」でのプロモーション用ライヴ音源がニュー・マスタリングで待望の単独CD及びアナログ盤LPで登場!!

01 When My Baby's Beside Me
02 My Life Is Right
03 She's A Mover
04 Way Out West
05 The Ballad Of El Goodo
06 In The Street
07 Back Of A Car
08 Thirteen
09 The India Song
10 Try Again
11 Watch The Sunrise
12 Don't Lie To Me
13 Hot Burrito #2
14 I Got Kinda Lost
15 Baby Strange
16 Slut
17 There Was A Light
18 ST 100/6
19 Come On Now
20 O My Soul

●上記輸入盤新譜CDは下記サイトにて好評販売中!
http://diskunion.net/rock/ct/detail/RY171228BS01




Posted by uncledog at 18:30:01Comments(0)TrackBack(0)

TOTO/40トリップス・アラウンド・ザ・サン 〜グレイテスト・ヒッツ

2018-01-15

20525.jpg ◆◆◆BREAKING NEWS◆◆◆

*下記国内盤新譜CD用ディスクユニオンのみのオリジナル特典の制作決定!!

【ディスクユニオン・オリジナル特典】

TOTO/40トリップス・アラウンド・ザ・サン 〜グレイテスト・ヒッツ国内盤新譜CD(SICP-31137)をお買上げのお客様に先着で、ディスクユニオン・オリジナル・復刻ミニチュア・日本盤シングル・ジャケット『ホールド・ザ・ライン』を差し上げます。

●ディスクユニオン・オリジナル・復刻ミニチュア・日本盤シングル・ジャケット『ホールド・ザ・ライン』付きTOTO/40トリップス・アラウンド・ザ・サン 〜グレイテスト・ヒッツ国内盤新譜CD(SICP-31137)のご予約は下記サイトにて好評受付中
http://diskunion.net/rock/ct/detail/XAT-1245683539


<国内盤新譜CD情報>

TOTO/40トリップス・アラウンド・ザ・サン 〜グレイテスト・ヒッツ〜(Sony Music/SICP-31137/Blu-SpecCD2/4547366340822)

TOTO/40 Trips Around The Sun

AORサウンドの人気が再燃する絶好のタイミングで、AORの代表的バンド、TOTOが2018年にデビュー40周年を迎えます。

このアニバーサリーイヤーを記念して、最新ベスト・アルバムが完成。

メンバーがこの1年で書き下ろした楽曲に、今は亡き故ジェフ・ポーカロらが遺したマルチトラック音源を使用/再構築して完成させた新曲3曲を含む全17曲。

バンドの代表曲と、新しくも懐かしい新曲が、79分超えで1枚のCDにめいっぱい詰め込まれています。

もちろん既存曲は2017年の最新リマスターで、日本盤のみBlu-SpecCD2仕様で、全収録曲のパーソネル(ミュージシャン)・クレジットや、各メンバーのセッション・ワークスリスト、主要メンバーによる各曲解説などを収録予定。(日本先行発売)

01. Alone|アローン (新曲)
02. Spanish Sea|スパニッシュ・シー (新曲)
03. I'll Supply The Love|愛する君に
04. I'll Be Over You|アイル・ビー・オーヴァー・ユー
05. Stranger In Town|ストレンジャー・イン・タウン
06. 99|99
07. Struck By Lightning|ストラック・バイ・ライトニング(新曲)
08. Pamela|パメラ
09. Afraid Of Love|アフレイド・オブ・ラヴ
10. I Won't Hold You Back|ホールド・ユー・バック
11. Jake To The Bone |ジェイク・トゥ・ザ・ボーン
12. Stop Loving You|ストップ・ラヴィング・ユー
13. Lea|リア
14. Hold The Line|ホールド・ザ・ライン
15. George Porgy|ジョージー・ポージー
16. Rosanna|ロザーナ
17. Africa|アフリカ



Posted by uncledog at 18:25:40Comments(0)TrackBack(0)

Barbara Dane and the Chambers Brothers/Barbara Dane and the Chambers Brothers

2018-01-15

20601.jpg <輸入盤新譜LP情報>

◆祝、フォークウェイズ・レコーズ(スミソニアン・フォークウェイズ)70周年!!

◆Folkways Records’ 70th anniversary celebration series

2018年にフォークウェイズ・レコーズ(スミソニアン・フォークウェイズ)が70周年を迎える。同レーベルからのメールによれば数多くのアナログ盤LPの再発計画があるとのこと。下記アルバムの再発もその「Folkways Records’ 70th anniversary celebration series」になります。

Barbara Dane and the Chambers Brothers/Barbara Dane and the Chambers Brothers(Smithsonian/Folkways/702468/LP/0093070246812)

1966年にフォークウェイズからリリースされた女性フォーク/ブルース・シンガー、バーバラ・デインとチェンバース・ブラザーズの共演盤がアナログ盤LPで再発。

the Civil Rights Movement(アフリカ系アメリカ人公民権運動)の最中に活動家系女性シンガーのバーバラ・デインがロックの要素も併せ持つソウル・グループ、チェンバース・ブラザーズとのコラボでレコーディングしたアルバムで、強力なゴスペルとロックの要素を含んだ内容となっています。時代とシンクロして生み出されたパワーを感じる歌唱に圧倒されること必至。

*ブックレット付

<SIDE 1>
1.It Isn't Nice
2.You've Got to Reap What You Sow
3.You Can't Make It By Yourself
4.Pack Up Your Sorrows
5.I Am a Weary and a Lonesome Traveller

<SIDE 2>
1.We'll Never Turn Back
2.Come By Here
3.Freedom Is a Constant Struggle
4.Go Tell It on the Mountain



Posted by uncledog at 18:21:10Comments(0)TrackBack(0)

CIRCUS/MOVIN' ON

2018-01-15

20627.jpg ◆入荷いたしました♪

<輸入盤紙ジャケ新譜CD情報>

CIRCUS/MOVIN' ON(BIG PINK MUSIC/BIGPINK531/CD/8809270025353)

1972年結成/Switerland Jazz/Avantgardeシーンの第一人者として活躍するFritz Hauser(dr/per)が在籍した名Avant Rockバンド、Switzerland:Zytgloggeから1977年にリリースされたセカンド・アルバム「ムーヴィン・オン」(Zytglogge/ZYT 211/LP)が待望の紙ジャケット仕様で再発CD化!

Fritz Hauser(Drums,Percussion)
Marco Cerletti(Acoustic Guitar, Bass, Vocal)
Andreas Grieder(Flute, Alto Saxophone, Tambourine, Vocal)
Roland Frei(Acoustic Guitar, Tenor Saxophone on NO.2)

1. The Bandsman
2. Laughter Lane
3. Loveless Time
4. Dawn
5. Movin' On

●上記輸入盤新譜CDは下記サイトにて好評販売中!
http://diskunion.net/rock/ct/detail/1007570214



Posted by uncledog at 18:18:53Comments(0)TrackBack(0)

ARTHUR LEE HARPER/LOVE IS THE REVOLUTION

2018-01-15

20629.jpg ◆入荷いたしました♪

<輸入盤紙ジャケ新譜CD情報>

ARTHUR LEE HARPER/LOVE IS THE REVOLUTION(BIG PINK MUSIC/BIGPINK532/CD/8809270025360)

1968年にリー・ヘイゼルウッドのインディー・レーベル、LHIからアーサー名義でリリースしたデビュー・アルバム「ドリームス・アンド・イメージズ」(LHI Records/S-12,000/LP)がソフト・サイケデリック・フォークの名盤として知られるアーサー・リー・ハーパーが1969年にリリースしたセカンド・アルバム「ラヴ・イズ・ザ・レヴォルーション」(Nocturne/NRS-905/LP)が紙ジャケ仕様で待望の再発CD化!

ファースト・アルバム同様にポップ・サイケの佳作です。

1. New Day
2. Light Up Your Man
3. Flowers After Childhood
4. Strange Song
5. Hymn
6. Annie Moore
7. I / Soldier / Time Love
8. Songwriter Crusader
9. Eleanor
10. My Woman

●上記輸入盤新譜CDは下記サイトにて好評販売中!
http://diskunion.net/rock/ct/detail/RY171222BP04



Posted by uncledog at 18:17:17Comments(0)TrackBack(0)

SONG/SONG ALBUM

2018-01-15

20628.jpg ◆入荷いたしました♪

<輸入盤紙ジャケ新譜CD情報>

SONG/SONG ALBUM(BIG PINK MUSIC/BIGPINK530/CD/8809270025346)

米国のサイケ、パワー・ポップ・バンド、ソングが1970年にリリースした唯一のアルバム「ソング・アルバム」(MGM Records/SE-4714/LP)が紙ジャケット仕様で初CD化!

Clark Garman(Lead Guitar)
Mickey Rooney Jr.(Rhythm Guitar)
Rob Lewine(Bass)
Shelly Silverman(Drums)

1. 10 x 10
2. Like We Were Before
3. Eat Fruit
4. Whenever I Think Of You
5. Banana High Noon
6. I'm Not Home
7. Wife
8. Sugar Lady
9. Meatgrinder
10. Medicine Man

●上記輸入盤新譜CDは下記サイトにて好評販売中!
http://diskunion.net/rock/ct/detail/RY171222BP03



Posted by uncledog at 18:15:14Comments(0)TrackBack(0)

THE CORONADOS/HEY LOVE

2018-01-15

20630.jpg ◆入荷いたしました♪

<輸入盤紙ジャケ新譜CD情報>

THE CORONADOS/HEY LOVE(BIG PINK MUSIC/BIGPINK529/CD/8809270025339)

米国のサンディエゴ出身の短命に終わったサンシャイン・ポップ・トリオ、ザ・コロネイドスが1969年にリリースした唯一のアルバム「ヘイ・ラヴ」(Jubilee/JGS 8022/LP)が紙ジャケ仕様で待望の再発CD化!

ソフト・ロックのファンは要チェックです。

1. Hey Love
2. My Melancholy Baby
3. Love Is Blue
4. Legend Of The Volcanoes
5. Peepin' N Hidin'
6. Good Morning New Day
7. Those Were The Days
8. The World Belongs To You
9. Trip To Loveland
10. Your Love Belongs To Everyone
11. My Elise
12. Not At All

●上記輸入盤新譜CDは下記サイトにて好評販売中!
http://diskunion.net/rock/ct/detail/RY171222BP02



Posted by uncledog at 18:13:08Comments(0)TrackBack(0)

HARD MEAT/THROUGH A WINDOW

2018-01-15

20631.jpg ◆入荷いたしました♪

<輸入盤紙ジャケ新譜CD情報>

HARD MEAT/THROUGH A WINDOW(BIG PINK MUSIC/BIGPINK528/CD/8809270025322)

バーミンガム出身のギターMICKとベースSTEVEのDOLAN兄弟を中心に、ドラムのMICK CARLESSとともに69年に結成されたハード・トリオ・バンド、ハード・ミートが1971年にリリースしたセカンド・アルバムにして惜しくもラスト・アルバムとなった「スルー・ア・ウインドウ」(Warner Bros. Records/WS 3008/LP)が紙ジャケ仕様で待望の再発CD化!

ファースト・アルバム同様にワイルドなギター・リフと活かしたメロディーが素晴らしい佳作となっています。

へヴィー・サイケ、ハード・ロックのファンは要チェックです

1. On The Road
2. New Day
3. Freewheel
4. Smile As You Go Under
5. I Want You
6. From The Prison
7. A Song Of Summer
8. Love
9. The Ballad Of Marmalade Emma And Teddy Grimes

●上記輸入盤新譜CDは下記サイトにて好評販売中!
http://diskunion.net/rock/ct/detail/RY171222BP01



Posted by uncledog at 18:11:21Comments(0)TrackBack(0)

◆ROOTS CLASSICS ON BOOK VOL.6◆

2018-01-15

20700.jpg ◆ROOTS CLASSICS ON BOOK VOL.6◆

奥和宏/アメリカン・ルーツ・ミュージック(アルテスパブリッシング/BOOK/9784903951669)

移民が作った国アメリカの音楽を聴く100+200枚!

名著『アメリカン・ルーツ・ミュージック 楽器と音楽の旅』のディスクガイド編が登場!!

特別付録として、トムス・キャビン代表・麻田浩さんのインタビュー「片道切符でニューポートを目指した頃」も掲載。〈いりぐちアルテス〉第3弾!

スティーヴン・フォスター、ジミー・ロジャース、ロバート・ジョンソン、ビル・モンローらの歴史的音源から、ドック・ワトソン、ジム・クエスキン、デヴィッド・グリスマン、ギャビ・パヒヌイ、ボブ・ディラン、ライ・クーダー、ベラ・フレック、アリソン・クラウスなどなど20?21世紀の新しい音源まで、ジャンル名でいえば、ミンストレル・ショウに始まり、ヒルビリー、オールドタイム、ジャグ・バンド、ブルース、ブルーグラスからケイジャン、カントリー・ロック、クレズマー、ハワイアン・ミュージックまで、世界各地からやってきた移民が作り上げた豊穣な音楽世界をお楽しみください。

四六判・並製・232頁
デザイン:白畠かおり
イラスト:伊藤あしゅら紅丸

●上記国内書籍は下記サイトにて好評販売中!
http://diskunion.net/rock/ct/detail/1005266178




Posted by uncledog at 18:04:14Comments(0)TrackBack(0)

◆ROOTS CLASSICS ON VINYL VOL.27◆

2018-01-15

20699.jpg ◆ROOTS CLASSICS ON VINYL VOL.27◆

ED ASKEW/ASK THE UNICORN(TIN ANGEL/TAR054LP/LP/5052442007586)

数多くのフリー・ジャズ名盤/重要作からアンダーグラウンド・ロック/フォーク名盤等を生み出した60年代ニュー・ヨークを代表する伝説のレーベルESP-DISKから1968年にリリースされたシンガー・ソングライター兼画家、エド・アスキューのデビュー・アルバムにしてアシッド・フォークのカルト的名作「アスク・ザ・ユニコーン」(ESP Disk/1092/LP)。

コネチカット州出身で名門イェール大学を卒業し、ニュー・ヨークに移り住んで画家及びシンガー・ソングライターとして活動を今日に至るまで続けています。

数あるESPレーベルを想起させるジャケット・アートワークの中でも最もインパクトのあるジャケットと共にアシッド・フォークの代表作として伝説化されたこのアルバムがレコーディングされたのはエド・アスキューが27歳の時で、テープへのライヴ録音一発録り音源。

呟いているような詩と自作のマーティン・ティップルと名付けられた変則10弦アコースティック・バンジョーの摩訶不思議で哀愁感漂う旋律は一度はまったら脳裏に渦巻き、しばしとりこになること必至でしょう。

キング牧師の暗殺への抗議行動を捉えたコネチカット州スタンフォードのストリートで車が激しく炎上しているモノクロ写真を反転させた衝撃的なジャケットの米国オリジナル盤LPですが、その米国盤のジャケット・アートをさらに反転させたポジ写真の激レア盤として知られる英国オリジナル盤LPのアートワークを使用した初のフル・リマスター・リイシューのため、超マニアックかつ貴重な再発企画です。

<SIDE A>
1.Fancy That
2.Peter And David
3.Marigolds
4.Mr. Dream
5.Red Woman - Letter To England

<SIDE B>
1.The Garden
2.May Blossoms Be Praised
3.9-Song
4.Love Is Everyone
5.Ask The Unicorn



Posted by uncledog at 16:45:06Comments(0)TrackBack(0)

◆ROOTS CLASSICS ON VINYL VOL.26◆

2018-01-15

20698.jpg ◆ROOTS CLASSICS ON VINYL VOL.26◆

GENE CLARK/Gene Clark With The Gosdin Brothers(Sundazed Music Inc./LP5062/LP/0090771506214)

シンガー・ソングライター・ファンには1971年にA&Mからリリースしたソロ・アルバム「ジーン・クラーク」(通称:ホワイト・ライト)が名作として人気の高い、ザ・バーズのメンバーだったジーン・クラークがザ・バーズ脱退後の1967年にブルーグラス・デュオ、ゴスディン・ブラザーズの2人をコーラスに従えてレコーディングしたファースト・アルバム「ジーン・クラーク・ウィズ・ゴスディン・ブラザーズ」(Columbia/CS 9418/LP)。

レコーディング・セッションにはグレン・キャンベル(ギター)、クラレンス・ホワイト(ギター)、ダグ・ディラード(バンジョー)、レオン・ラッセル(ピアノ、ハープシコード)等とバーズのメンバー、クリス・ヒルマンとマイケル・クラークが参加した豪華布陣となっています。

アルバム(LP)に先行して1966年にシングル盤でリリースされた冒頭の「エコーズ」はソフト・サイケな要素と美しいメロディーが印象的な哀愁感漂う佳作です。

フォーク・ロック、サイケ、ソフト・ロック、カントリーといった要素がジーン・クラークならではのポップなメロディー、楽曲に溶け込んだ名盤。

Gene Clark(Guitar)
Glen Campbell(Guitar)
Bill Rinehart(Guitar)
Jerry Kole(Guitar)
Clarence White(Guitar)
Chris Hillman(Bass)
Mike Clarke(Drums)
Leon Russell(Piano, Harpsichord)
Douglas Dillard(Banjo)

<SIDE A>
1.Echoes
2.Think I'm Gonna Feel Better
3.Tried So Hard
4.Is Yours Is Mine
5.Keep On Pushin'
6.I Found You

<SIDE B>
1.So You Say You Lost Your Baby
2.Elevator Operator
3.The Same One
4.Couldn't Believe Her
5.Needing Someone



Posted by uncledog at 14:10:11Comments(0)TrackBack(0)

●ブリジット・バルドー/ブリジット・バルドー・ショー+13(UICY-78683/SHM-CD)

2018-01-12

20697.jpg <国内盤紙ジャケ新譜CD情報>

◆ユニバーサル ミュージック合同会社:ブリジット・バルドー 紙ジャケット/SHM-CDコレクション

BB(ベベ)の愛称で親しまれたフランスのセックス・シンボル、ブリジット・バルドーが1960年代に発表した4枚のアルバムを最新リマスター、SHM-CD、紙ジャケット仕様で一挙リリース。

●ブリジット・バルドー/ブリジット・バルドー・ショー+13(UICY-78683/SHM-CD/4988031269305)

BRIGITTE BARDOT/BRIGITTE BARDOT SHOW

1968年1月1日にフランスで放映されたテレビ番組『ブリジット・バルドー・ショウ』のサウンドトラック盤。

セルジュ・ゲンズブール作の「ハーレー・ダヴィッドソン」「コンタクト」ほか、過去のシングル曲やフランシス・レイによる小粋なインストも織り交ぜて収録。(1968年作品)

★初紙ジャケ化
★フランス初回盤LPをミニチュア再現した紙ジャケット
★日本盤LP『夢のブリジット・バルドー・ショウ 』の意匠を再現した帯
★国内オリジナル・アナログ・テープを基にした2017年最新リマスター音源
★SHM-CD仕様
★解説/歌詞・対訳付
★生産限定盤

1. ハーレー・ダヴィッドソン
2. マルセイユ・メドレー
3. ミスター・サン
4. サングリア万歳!
5. それは嘘
6. ガン・ガン
7. サントロペ
8. グリモー港
9. あの人、なんていやな人
10. パリ
11. 帰ってくるわ
12. もようがえ
13. 悪魔はイギリス人
14. ダヴィッド・B
15. コンタクト
16. 太陽 *
17. わらの娘 *
18. 私は記憶を消したい *
19. 欲しい、欲しくない *
20. あなたに捨てられてか *
21. 私のヒョウと私 *
22. ジョンとミッシェル *
23. はだかの太陽 *
24. それはボサノヴァ *
25. 彼氏を一人ずつ *
26. 愛しい人が踊るとき *
27. ふたりでいましょう *
28. 帰ってきた恋 *

*ボーナス・トラック



Posted by uncledog at 17:43:19Comments(0)TrackBack(0)

●ブリジット・バルドー/ボニーとクライド(UICY-78682/SHM-CD)

2018-01-12

20696.jpg <国内盤紙ジャケ新譜CD情報>

◆ユニバーサル ミュージック合同会社:ブリジット・バルドー 紙ジャケット/SHM-CDコレクション

BB(ベベ)の愛称で親しまれたフランスのセックス・シンボル、ブリジット・バルドーが1960年代に発表した4枚のアルバムを最新リマスター、SHM-CD、紙ジャケット仕様で一挙リリース。

●ブリジット・バルドー/ボニーとクライド(UICY-78682/SHM-CD/4988031269299)

BRIGITTE BARDOT/BONNIE AND CLYDE

テレビ・ショー出演をきっかけに、道ならぬ恋仲となったセルジュ・ゲンズブールとの連名アルバム。

二人のデュエットによる録り下ろしのタイトル曲に加え、バルドー1965年のヒット曲「恋は風船ガム」など、それぞれの過去作からコンパイルした企画盤。(1968年作品)

★初紙ジャケ化
★フランス初回盤LPをミニチュア再現した紙ジャケット
★当時ブリジット・バルドー名義でリリースされた日本盤LPの意匠を踏襲した妄想帯
★国内オリジナル・アナログ・テープを基にした2017年最新リマスター音源
★SHM-CD仕様
★解説/歌詞・対訳付
★生産限定盤

1. ボニーとクライド
2. 恋は風船ガム
3. コミック・ストリップ
4. いつものように
5. 可哀そうなローラ
6. 唇によだれ
7. ジャヴァネーズ
8. ふたりの夏にさよなら
9. イントキシケイティッド・マン
10. エヴリバディ・ラヴズ・マイ・ベイビー
11. ボードレール
12. ジキルとハイド



Posted by uncledog at 17:39:41Comments(0)TrackBack(0)

●ブリジット・バルドー/ビバ! バルドー/B・Bのシャンソン・アルバム+3(UICY-78681/SHM-CD)

2018-01-12

20695.jpg <国内盤紙ジャケ新譜CD情報>

◆ユニバーサル ミュージック合同会社:ブリジット・バルドー 紙ジャケット/SHM-CDコレクション

BB(ベベ)の愛称で親しまれたフランスのセックス・シンボル、ブリジット・バルドーが1960年代に発表した4枚のアルバムを最新リマスター、SHM-CD、紙ジャケット仕様で一挙リリース。

●ブリジット・バルドー/ビバ! バルドー/B・Bのシャンソン・アルバム+3(UICY-78681/SHM-CD/4988031269282)

BRIGITTE BARDOT/B.B.

ブリジット・バルドーのコケティッシュなヴォーカルの魅力がたっぷり詰まったセカンド・アルバム。

「モア・ジュ・ジュー」「変わるかも」「我踊る故に我あり」など、アラン・ゴラゲール・オーケストラによるラテン風味あふれるラウンジーなサウンドも秀逸。(1964年作品)

★初紙ジャケ化
★フランス初回盤LPをミニチュア再現した紙ジャケット
★日本初回盤LPの意匠を再現した帯
★国内オリジナル・アナログ・テープを基にした2017年最新リマスター音源
★SHM-CD仕様
★解説/歌詞・対訳付
★生産限定盤

1. モア・ジュ・ジュー
2. 浜辺の物語
3. 変わるかも
4. 夏の終り
5. 彼をこのまま愛させないで
6. マリア・ラムール
7. 我踊る故に我あり
8. メラニー
9. ベットの空
10. いつものように
11. 髪を風になびかせて
12. 3のつぎは4
13. 私には形容詞が欠けている *
14. 眠る男たち *
15. オムニバス *

*ボーナス・トラック



Posted by uncledog at 17:36:34Comments(0)TrackBack(0)

●ブリジット・バルドー/ベベは歌う+3(UICY-78680/SHM-CD)

2018-01-12

20694.jpg <国内盤紙ジャケ新譜CD情報>

◆ユニバーサル ミュージック合同会社:ブリジット・バルドー 紙ジャケット/SHM-CDコレクション

BB(ベベ)の愛称で親しまれたフランスのセックス・シンボル、ブリジット・バルドーが1960年代に発表した4枚のアルバムを最新リマスター、SHM-CD、紙ジャケット仕様で一挙リリース。

●ブリジット・バルドー/ベベは歌う+3(UICY-78680/SHM-CD/4988031269275)

BRIGITTE BARDOT/BRIGITTE BARDOT SINGS

その官能的な色気で全世界の男性を虜にした女優ブリジット・バルドーが、満を持して発表した1stアルバム。

セルジュ・ゲンズブールによる「ため息の装置 」「私の身体は彼のもの」ほか、ポップでジャジーでスウィンギーな作品。(1963年作品)

★日本初CD化/初紙ジャケ化
★フランス普及盤LPをミニチュア再現した紙ジャケット
★当時ブリジット・バルドー名義でリリースされた日本盤LPの意匠を踏襲した妄想帯
★国内オリジナル・アナログ・テープを基にした2017年最新リマスター音源
★SHM-CD仕様
★解説/歌詞・対訳付
★生産限定盤

1. ため息の装置
2. 音楽の仲間達
3. エル・クチペ
4. 私の身体は彼のもの
5. タンゴで踊りましょう
6. それはとってもこっけい
7. ふたりの夏にさようなら
8. それ以上はやめて
9. エブリバディ・ラヴズ・マイ・ベイビー
10. 水のバラ
11. 白と黒
12. 眠るのにうってつけ
13. あら!あなたなの *
14. ギターのレッスン *
15. 美女とブルース *

*ボーナス・トラック



Posted by uncledog at 17:32:33Comments(0)TrackBack(0)

A.J.M. Smith, Leonard Cohen, Irving Layton, F.T. Scott, Louis Dudek, A.M. Klein/Six Montreal Poets

2018-01-12

20693.jpg A.J.M. Smith, Leonard Cohen, Irving Layton, F.T. Scott, Louis Dudek, A.M. Klein/Six Montreal Poets(Folkways Records/FOWY9805.2/CDR/0093070980525)

カナダはモントリオール出身の6名の詩人の詩の朗読を収録した1957年のフォークウェイズ・レコーズのアルバム「シックス・モントリオール・ポエッツ」(Folkways Records/FL 9805/LP)がスミソニアン・フォークウェイズのカスタムCDRで再発されていた。

レナード・コーエンの実質的な初レコーディングとなるアルバムですが、音楽ではなく、詩の朗読になります。

レナード・コーエンのマニア、コレクター向け!!

1 Like An Old Proud King in a Parable
2 A Hyacinth for Edith
3 Noctambule
4 The Plot Against Proteus
5 Business As Usual/Fear As Normal
6 The Archer
7 Sonnet
8 My Death
9 For Wilf and His House
10 Beside the Shepherd
11 Poem
12 Lovers
13 The Sparrows
14 Warning
15 Les Vieus
16 Elegy
17 The Birth of Tragedy
18 The Fertile Muck
19 Maxie
20 The Bull Calf
21 The Cold Green Element
22 The Improved Binoculars
23 Surfaces
24 Lakeshore
25 Laurentian Shield
26 The Bird
27 Caring
28 Bonne Entente
29 Memory
30 Will to Win
31 Conflict
32 Poem 19 from Europe
33 Poem 95 from Europe
34 To An Unknown in a Restaurant
35 A Cracker Jack
36 The Pomegranate
37 Line and Form
38 Psalm XXII
39 Plumaged Proxy
40 The Rocking Chair
41 Political Meeting
42 For the Sisters of the Hotal Dieu
43 Montreal



Posted by uncledog at 16:21:55Comments(0)TrackBack(0)

Leonard Cohen/Various Positions(150 Gram Vinyl, Download Insert)

2018-01-12

20692.jpg <輸入盤新譜LP情報>

Leonard Cohen/Various Positions(150 Gram Vinyl, Download Insert)(Sony Legacy/SNYL543531.1/LP/0889854353117)

レナード・コーエンが1984年にリリースしたスタジオ・アルバムとしては7作目となる「ヴァリアス・ポジションズ」がアナログ盤LPで再発。

オープニング・トラックを筆頭にシンセサイザーを導入したモダンなサウンドへのターニング・ポイントとなったアルバムです。

ライヴの定番曲となったセルジュ・ゲンズブールを想起させるようなポップ・バラード「ダンス・ミー・トゥ・ジ・エンド・オブ・ラヴ」とジェフ・バックレーにもカバーされた永遠の名曲と言いたい「ハレルヤ」、さらにロン・セクスミスにもカバーされた「ハート・ウィズ・ノー・コンパニオン」を含む捨て曲無しの心に深く染み入る名曲/名演集です。

ジェニファー・ウォーンズが全編に参加。

<Disc 1>
1 Dance Me to the End of Love (Feat. String Arrangement By David Campbell)
2 Coming Back to You
3 The Law
4 Night Comes on

<Disc 2>
1 Hallelujah
2 The Captain
3 Hunter's Lullaby
4 Heart with No Companion
5 If It Be Your Will



Posted by uncledog at 16:01:46Comments(0)TrackBack(0)

Doc Watson/Live At Club 47

2018-01-12

20691.jpg <輸入盤新譜情報>

Yep Roc Records and the University of North Carolina at Chapel Hill Libraries' Southern Folklife Collection

Doc Watson/Live At Club 47(Yep Roc Records/YEP2499.2/CD/0634457249929)

Doc Watson/Live At Club 47(Yep Roc Records/YEP2499.1/LP/0634457249912)

フラット・ピッキング・ギターの名手であり、米国フォーク、ブルーグラス、カントリー界の重要アーティスト、ドック・ワトソンのデビュー・アルバム発売以前の貴重なライヴ音源「ライヴ・アット・クラブ 47」がCDとLPで初出となる。

1963年2月10日にマサチューセッツ州ケンブリッジにあるクラブ47(現Club Passim)で行ったドック・ワトソンのライヴの成功を受けて同年に開催されたニューポート・フォーク・フェスティバルへの出演が決定し、翌年の1964年にはヴァンガード・レコーズからデビュー・アルバム「ドック・ワトソン」(Vanguard/VRS-9152/VSD-79152/LP)の発売へとつながった伝説のライヴ音源で、未発表曲4曲を含む全27曲を収録。

グリーンブライアー・ボーイズのジョン・ヘラルドが5曲で、同バンドのラルフ・リンズラーが2曲でゲスト参加も見逃せません。

米国フォーク、ブルーグラス、カントリー、ブルース、ルーツ・ミュージックのファンにお薦めの歴史的音源です。

1.Wabash Cannonball – A.P. Carter
2.The House Carpenter — Traditional
3. I Wish I Was Single Again** – Traditional
4.Little Darling Pal of Mine – A.P. Carter
5.Train That Carried My Girl from Town – Doc Watson
6.The Worried Blues –Traditional
7.Old Dan Tucker** – Traditional
8.Sweet Heaven When I Die – Claude Grant
9.The Talking Blues – Chris Bouchillon
10.Little Margaret** — Traditional
11.Sitting on Top of the World – Lonnie Carter and Walter Jacobs
12.Don’t Let Your Deal Go Down – Doc Watson
13.Blue Smoke – Merle Travis
14.Deep River Blues – Doc Watson
15.Way Down Town (w/ Ralph Rinzler and John Herald) – Doc Watson
16.Somebody Touched Me (w/ Ralph Rinzler and John Herald) – Doc Watson
17.Billy in the Low Ground (w/ John Herald) – Traditional
18.Boil Them Cabbage Down – Traditional
19.Everyday Dirt – David McCarn
20.I Am a Pilgrim – Merle Travis
21.No Telephone in Heaven – A.P. Carter
22.Hop High Ladies the Cake’s All Dough** –Traditional
23.Little Sadie – Doc Watson
24.Black Mountain Rag (w/ John Herald) – Doc Watson
25.Blackberry Rag (w/ John Herald) – Doc Watson
26.Days of My Childhood Plays – Alfred G. Karnes
27.Doc Watson (vocal, guitar, harmonica, autoharp, and banjo)

John Herald (guitar and harmony vocals). Tracks 15, 16 (second guitar) 17, 24, 25.

Ralph Rinzler (mandolin and harmony vocals). Tracks 15, 16.

**previously unreleased tracks.



Posted by uncledog at 13:13:31Comments(0)TrackBack(0)

UNCLE WALT'S BAND/Anthology: Those Boys From Carolina, They Sure Enough Could Sing...

2018-01-12

20690.jpg <輸入盤新譜CD情報>

UNCLE WALT'S BAND/Anthology: Those Boys From Carolina, They Sure Enough Could Sing...(OMNIVORE RECORDINGS/OV-266/CD/0816651012152)

アンクル・ワルツ・バンド初のアンソロジー・アルバム「アンソロジー:ゾーズ・ボーイズ・フロム・キャロライナ、ゼイ・シュア・イナフ・クッド・シング」。

全21曲中5曲が未発表曲です。

1997年に惜しくもフロリダ州での飛行機事故によって他界したリーダー、ウォルター・ハイワットが学生時代にサウス・キャロライナ州で結成したバンドです。

メンバーはウォルター・ハイワット、チャンプ・フッド、デヴィッド・ボールの3名。

活動の場をサウス・キャロライナからテネシー州のナッシュビル、そしてテキサス州のオースティンに移し、オースティンにて名声を博しており、ライル・ラベットをはじめとするミュージシャンに指示されたミュージシャンズ・ミュージシャンです。

フォーク、カントリー、ジャズ、ブルーグラス等、幅広い音楽性をバックに素晴らしいサウンドをクリエイトしています。

4枚のアルバムを発表後解散した素晴らしいバンドですが、インディーズからリリースされたアルバムはどれも入手困難なため、ファンにとって狂喜のコンピレーションです。

アコースティック・スウィング、グッドタイム・ミュージックが好きな方にお薦め。

1.Seat Of Logic
2.Dish Wiped Clean
3.Ruby
4.High Hill
5.Aloha
6.Don’t You Think I Feel It Too
7.Deeper Than Love
8.As The Crow Flies
9.Bluebird
10.Last One To Know
11.Stay With The One
12.So Long Baby
13.Holding On
14.Walking Angel
15.Gimme Some Skin (Live at The Waterloo Ice House)
16.Whatever Reason
17.One Meatball (Live)
18.Shine On
19.Getaway
20.Sitting On Top Of The World (Live at Aquafest)
21.I'll Come Knockin' (Demo) [Bonus Track]



Posted by uncledog at 11:17:30Comments(0)TrackBack(0)

●ジョニー・ダレル/カリフォルニア・ストップ・オーヴァー(UICY-78614/SHM-CD)

2018-01-11

20689.jpg <国内盤紙ジャケ新譜CD情報>

◆ユニバーサル ミュージック合同会社【カントリー・ロックの秘宝 SHM-CD/紙ジャケット・シリーズ】

グラム・パースンズ擁するバーズが、その先駆けとなるアルバム『ロデオの恋人』(1968)を発表してから50年、ロック・シーンの大きな潮流として一時代を築いたカントリー・ロックの全盛期、1960年代後半〜70年代前半にかけて発表された名盤14タイトルを集めて一挙初紙ジャケ化!

●ジョニー・ダレル/カリフォルニア・ストップ・オーヴァー(UICY-78614/SHM-CD/4988031268445)

JOHNNY DARRELL/CALIFORNIA STOP-OVER

1960年代中盤よりカントリー・シンガーとして活躍してきたジョニー・ダレルが、元ハーツ&フラワーズのラリー・マレイやバーズのクラレンス・ホワイトなど、西海岸のカントリー・ロック人脈を起用して制作したアルバムは、ローウェル・ジョージがリトル・フィートで発表する前に提供した「ウィリン」や、ジャクソン・ブラウンの2曲など、ダレルのストレートな歌声が生かされた逸品。(1970年発表)

★米国初回盤LPをミニチュア再現した見開き紙ジャケット
★1973年当時のUnited Artists日本盤LP帯の意匠を踏襲した妄想帯
★米国オリジナル・アナログ・テープを基にした2018年最新リマスター音源
★SHM-CD仕様
★解説/歌詞・対訳付
★生産限定盤

01. ジーズ・デイズ
02. ウィリン
03. シーズ・ヘデッド・フォー・ザ・カントリー
04. シング・イット・ロンサム
05. ブラザー・リバー
06. ママ・カムン・ゲット・ユア・ベイビー・ボーイ
07. メイ・ジーン・ゴーズ・トゥ・ハリウッド
08. ベッド・オブ・ローゼズ
09. スノウブラインド・フレンド
10. ミーンホワイル・バック・イン・メンフィス
11. フリーダム・イン・ザ・ヤード



Posted by uncledog at 18:51:55Comments(0)TrackBack(0)

●シートレイン/マーブルヘッド・メッセンジャー(UICY-78613/SHM-CD)

2018-01-11

20688.jpg <国内盤紙ジャケ新譜CD情報>

◆ユニバーサル ミュージック合同会社【カントリー・ロックの秘宝 SHM-CD/紙ジャケット・シリーズ】

グラム・パースンズ擁するバーズが、その先駆けとなるアルバム『ロデオの恋人』(1968)を発表してから50年、ロック・シーンの大きな潮流として一時代を築いたカントリー・ロックの全盛期、1960年代後半〜70年代前半にかけて発表された名盤14タイトルを集めて一挙初紙ジャケ化!

●シートレイン/マーブルヘッド・メッセンジャー(UICY-78613/SHM-CD/4988031268438)

SEATRAIN/THE MARBLEHEAD MESSENGER

前作に続きジョージ・マーティンがプロデュースを務めた、キャピトルからの2作目となるアルバム。

クラレンス・ホワイトらとのミュールスキナーやジェリー・ガルシアらとのオールド・アンド・イン・ザ・ウェイなど、この後ブルーグラス・バンドで活躍するピーター・ローワン(g)やフレディー・グリーン(fiddle)を擁しながらも、カントリー・ロックの枠には収まりきらない多様な音楽性を聴かせる。(1971年発表)

★米国初回盤LPをミニチュア再現した見開き紙ジャケット
★日本初回盤LPの意匠を再現した帯
★米国オリジナル・アナログ・テープを基にした2018年最新リマスター音源
★SHM-CD仕様
★解説/歌詞・対訳付
★生産限定盤

01. グラマシー
02. ジョージアの心
03. プロテスタント・プリーチャー
04. 孤独を捨てよう
05. 香しき汝が歌
06. マーブルヘッド・メッセンジャー
07. ロンドン・ソング
08. ミシシッピーの月
09. 過ぎ去った昔
10. 絶望のタイヤ



Posted by uncledog at 18:48:20Comments(0)TrackBack(0)

●シートレイン/海上列車(UICY-78612/SHM-CD)

2018-01-11

20687.jpg <国内盤紙ジャケ新譜CD情報>

◆ユニバーサル ミュージック合同会社【カントリー・ロックの秘宝 SHM-CD/紙ジャケット・シリーズ】

グラム・パースンズ擁するバーズが、その先駆けとなるアルバム『ロデオの恋人』(1968)を発表してから50年、ロック・シーンの大きな潮流として一時代を築いたカントリー・ロックの全盛期、1960年代後半〜70年代前半にかけて発表された名盤14タイトルを集めて一挙初紙ジャケ化!

●シートレイン/海上列車(UICY-78612/SHM-CD/4988031268421)

SEATRAIN/SEATRAIN

ブルース・プロジェクトの、アンディ・カルバーグが中心となって制作した4作目のメンバーのままデビューしたシー・トレインが、メンバーを刷新、バンド名をワンワードに改め、キャピトルよりリリースしたカントリー・ロック・アルバム。

ジョージ・マーティンが惚れ込み、自らプロデュースを買って出たことでも知られる作品で、ソウルやジャズの要素も加えた深みのあるサウンドとウェットな空気感は、他のバンドとは一線を画す。(1970年発表)

★米国初回盤LPをミニチュア再現した見開き紙ジャケット
★日本初回盤LPの意匠を再現した帯
★米国オリジナル・アナログ・テープを基にした2018年最新リマスター音源
★SHM-CD仕様
★解説/歌詞・対訳付
★生産限定盤

01. アイム・ウィリン
02. 仕事の歌
03. 虚しい朝
04. ホーム・トゥ・ユー
05. アウト・ホエア・ザ・ヒルズ
06. 帰って来てエリージャ
07. 13の質問
08. オー・マイ・ラヴ
09. サリー・グッディン
10. 忍び寄る夜
11. オレンジ・ブロッサム・スペシャル



Posted by uncledog at 18:45:13Comments(0)TrackBack(0)

●カントリー・ガゼット/カントリー・ガゼット・セカンド・アルバム<ドント・ギヴ・アップ・ユア・デイ・ジョブ>(UICY-78611/SHM-CD)

2018-01-11

20686.jpg <国内盤紙ジャケ新譜CD情報>

◆ユニバーサル ミュージック合同会社【カントリー・ロックの秘宝 SHM-CD/紙ジャケット・シリーズ】

グラム・パースンズ擁するバーズが、その先駆けとなるアルバム『ロデオの恋人』(1968)を発表してから50年、ロック・シーンの大きな潮流として一時代を築いたカントリー・ロックの全盛期、1960年代後半〜70年代前半にかけて発表された名盤14タイトルを集めて一挙初紙ジャケ化!

●カントリー・ガゼット/カントリー・ガゼット・セカンド・アルバム<ドント・ギヴ・アップ・ユア・デイ・ジョブ>(UICY-78611/SHM-CD/4988031268414)

THE COUNTRY GAZETTE/DON'T GIVE UP YOUR DAY JOB

ストリングベンダー奏法でお馴染みのクラレンス・ホワイトほか、リーランド・スカラーやアル・パーキンスなど多彩なゲストに迎えて制作されたカントリー・ガゼットのセカンド・アルバム。

ブルーグラスとウエスト・コーストの融合という前作の路線を基本としつつ、CSN&Y、マナサスから、ドン・マクリーンやエルトン・ジョンまで、よりバラエティに富んだレパートリーを披露。(1973年発表)

★米国初回盤LPをミニチュア再現した紙ジャケット
★日本初回盤LPの意匠を再現した帯
★米国オリジナル・アナログ・テープを基にした2018年最新リマスター音源
★SHM-CD仕様
★解説/歌詞・対訳付
★生産限定盤

01. ハックルベリー・ホーンパイプ
02. ザ・フォールン・イーグル
03. アイ・ドント・ビリーヴ・ユーヴ・メット・マイ・ベイビー
04. デピュティー・ダルトン
05. ティーチ・ユア・チルドレン
06. マイ・オクラホマ
07. ダウン・ザ・ロード
08. ウィンターウッド
09. ホンキー・キャット
10. スノウボール
11. ロンサム・ブルース
12. シンギン・オール・デイ



Posted by uncledog at 18:41:10Comments(0)TrackBack(0)

●カントリー・ガゼット/パーティーの裏切者(UICY-78610/SHM-CD)

2018-01-11

20685.jpg <国内盤紙ジャケ新譜CD情報>

◆ユニバーサル ミュージック合同会社【カントリー・ロックの秘宝 SHM-CD/紙ジャケット・シリーズ】

グラム・パースンズ擁するバーズが、その先駆けとなるアルバム『ロデオの恋人』(1968)を発表してから50年、ロック・シーンの大きな潮流として一時代を築いたカントリー・ロックの全盛期、1960年代後半〜70年代前半にかけて発表された名盤14タイトルを集めて一挙初紙ジャケ化!

●カントリー・ガゼット/パーティーの裏切者(UICY-78610/SHM-CD/4988031268407)

THE COUNTRY GAZETTE/A TRAITOR IN OUR MIDST

ブルーグラス界を代表するフィドラーのバイロン・バーラインが、ディラード&クラークやフライング・ブリトウ・ブラザーズへの参加を共にしたメンバーと結成したユニットによるファースト・アルバム。

ギター、ベース、フィドル、バンジョー、マンドリンなど、すべてアコースティック楽器をフィーチャーしたオールド・スタイルな編成ながら、ウエスト・コーストの要素も取り入れ先駆的なカントリー・ロックへと昇華させた作品。(1972年発表)

★米国初回盤LPをミニチュア再現した見開き紙ジャケット
★日本初回盤LPの意匠を再現した帯
★米国オリジナル・アナログ・テープを基にした2018年最新リマスター音源
★SHM-CD仕様
★解説/歌詞・対訳付
★生産限定盤

01. ロスト・インディアン
02. キープ・オン・プッシン
03. アイ・ウィッシュ・ユー・ニュー
04. ホット・バリット・ブレイクダウン
05. アイ・マイト・テイク・ユー・バック・アゲイン
06. 忘れな草
07. トライド・ソー・ハード
08. アンナ
09. イフ・ユーアー・エヴァー・ゴナ・ラヴ・ミー
10. アグラヴェイション
11. サウンド・オブ・グッドバイ
12. スウィング・ロー・スウィート・チャリオット



Posted by uncledog at 18:37:47Comments(0)TrackBack(0)

●オザーク・マウンテン・デアデヴィルズ/オザーク・マウンテン・デアデヴィルズ(UICY-78609/SHM-CD)

2018-01-11

20684.jpg <国内盤紙ジャケ新譜CD情報>

◆ユニバーサル ミュージック合同会社【カントリー・ロックの秘宝 SHM-CD/紙ジャケット・シリーズ】

グラム・パースンズ擁するバーズが、その先駆けとなるアルバム『ロデオの恋人』(1968)を発表してから50年、ロック・シーンの大きな潮流として一時代を築いたカントリー・ロックの全盛期、1960年代後半〜70年代前半にかけて発表された名盤14タイトルを集めて一挙初紙ジャケ化!

●オザーク・マウンテン・デアデヴィルズ/オザーク・マウンテン・デアデヴィルズ(UICY-78609/SHM-CD/4988031268391)

THE OZARK MOUNTAIN DAREDEVILS/THE OZARK MOUNTAIN DAREDEVILS

A&Mがポップ・フィールドで勝負できるカントリー・ロック・バンドとして送り出した、ミズーリ州出身の6人組によるデビュー・アルバム。

ローリング・ストイーンズやフーなどを手がけた英国の名匠グリン・ジョンズのプロデュースによるロンドン録音というところは、イーグルスの初期2作と共通。

シングル「イフ・ユー・ワナ・ゲット・トゥ・ヘヴン」が全米25位、アルバムも全米26位を記録した。
(1973年発表)

★米国初回盤LPをミニチュア再現した紙ジャケット+インサート
★日本初回盤LPの意匠を再現した帯
★米国オリジナル・アナログ・テープを基にした2018年最新リマスター音源
★SHM-CD仕様
★解説/歌詞・対訳付
★生産限定盤

01. カントリー・ガール
02. 宇宙船オライオン
03. イフ・ユー・ワナ・ゲット・トゥ・ヘヴン
04. チキン・トレイン
05. コロラド・ソング
06. スタンディン・オン・ザ・ロック
07. 栄光への道
08. ブラック・スカイ
09. ウィズイン・ウィズアウト
10. ビューティー・イン・ザ・リヴァー



Posted by uncledog at 18:33:46Comments(0)TrackBack(0)

●リンク・レイ/リンク・レイ(UICY-78608/SHM-CD)

2018-01-11

20683.jpg <国内盤紙ジャケ新譜CD情報>

◆ユニバーサル ミュージック合同会社【カントリー・ロックの秘宝 SHM-CD/紙ジャケット・シリーズ】

グラム・パースンズ擁するバーズが、その先駆けとなるアルバム『ロデオの恋人』(1968)を発表してから50年、ロック・シーンの大きな潮流として一時代を築いたカントリー・ロックの全盛期、1960年代後半〜70年代前半にかけて発表された名盤14タイトルを集めて一挙初紙ジャケ化!

●リンク・レイ/リンク・レイ(UICY-78608/SHM-CD/4988031268384)

LINK WRAY/LINK WRAY

1958年の大ヒット曲「ランブル」でディストーション・サウンドとパワー・コードの先駆者としてその名を高め、1960年代に続々登場したブルース・ロック、ヘヴィ・ロックの名だたるギタリストたちに計り知れない影響を与えたリンク・レイが、本格的なカム・バックを果たしたポリドールからの第一弾アルバム。

ブルース、カントリー、フォーク等をベースとしたアーシーなサウンドに乗る、その渋い歌声もまた良し。(1971年発表)

★米国初回盤LPをミニチュア再現したダイカット仕様見開き紙ジャケット
★1971年当時のPolydor日本盤LP帯の意匠を踏襲した妄想帯
★米国オリジナル・アナログ・テープを基にした2018年最新リマスター音源
★SHM-CD仕様
★解説/歌詞・対訳付
★生産限定盤

01. ラ・デ・ダ
02. テイク・ミー・ホーム・ジーザス
03. ジューク・ボックス・ママ
04. ライズ・アンド・フォール・オブ・ジミー・ストークス
05. フォーリン・レイン
06. ファイアー・アンド・ブリムストーン
07. アイス・ピープル
08. ゴッド・アウト・ウェスト
09. クロウバー
10. ブラック・リヴァー・スワンプ
11. テイル・ドラッガー



Posted by uncledog at 18:30:26Comments(0)TrackBack(0)

●ドクター・フック/正気の狂人達(UICY-78607/SHM-CD)

2018-01-11

20682.jpg <国内盤紙ジャケ新譜CD情報>

◆ユニバーサル ミュージック合同会社【カントリー・ロックの秘宝 SHM-CD/紙ジャケット・シリーズ】

グラム・パースンズ擁するバーズが、その先駆けとなるアルバム『ロデオの恋人』(1968)を発表してから50年、ロック・シーンの大きな潮流として一時代を築いたカントリー・ロックの全盛期、1960年代後半〜70年代前半にかけて発表された名盤14タイトルを集めて一挙初紙ジャケ化!

●ドクター・フック/正気の狂人達(UICY-78607/SHM-CD/4988031268377)

DR. HOOK/BANKRUPT

デニス・ロコリエール、レイ・ソウヤーをフロントマンに1960代後半に結成されたドクター・フック&ザ・メディスン・ショーが、キャピトル移籍を機にバンド名をドクター・フックと改めて発表した通算4作目となるアルバム。

サム・クックをカヴァーして全米6位を記録したシングル「あの娘はたったの16才」の他、毒とユーモアとオリジナリティに溢れるファンキーなカントリー・ロックを展開。(1975年発表)

★米国初回盤LPをミニチュア再現した紙ジャケット+インサート
★日本初回盤LPの意匠を再現した帯
★米国オリジナル・アナログ・テープを基にした2018年最新リマスター音源
★SHM-CD仕様
★解説/歌詞・対訳付
★生産限定盤

01. 空中浮上(天にも昇る心地良さ)
02. ベイビー、やろうぜ
03. あの娘はたったの16才
04. 酔っちまってドヂったぜ
05. ほとばしる愛
06. ワップスを踊ろう
07. 俺はさびしい億万長者
08. 俺は、パッとしないぜ
09. クッキーとライラ
10. 誰もが俺を愛してる
11. 奈落への道
12. ヘマをするな



Posted by uncledog at 18:26:53Comments(0)TrackBack(0)

●ボーダーライン/スウィート・ドリームス&クワイエット・ディザイアーズ(UICY-78606/SHM-CD)

2018-01-11

20681.jpg <国内盤紙ジャケ新譜CD情報>

◆ユニバーサル ミュージック合同会社【カントリー・ロックの秘宝 SHM-CD/紙ジャケット・シリーズ】

グラム・パースンズ擁するバーズが、その先駆けとなるアルバム『ロデオの恋人』(1968)を発表してから50年、ロック・シーンの大きな潮流として一時代を築いたカントリー・ロックの全盛期、1960年代後半〜70年代前半にかけて発表された名盤14タイトルを集めて一挙初紙ジャケ化!

●ボーダーライン/スウィート・ドリームス&クワイエット・ディザイアーズ(UICY-78606/SHM-CD/4988031268360)

BORDERLINE/SWEET DREAMS AND QUIET DESIRES

ウッドストック出身の3人組、ボーダーラインが残した唯一のアルバム。

発表当時はセールスに恵まれなかったが、そのカントリー・ロックの粋を結集したような内容は後に大きな再評価を呼んだ。

“ウッドストック・シーン”を代表するザ・バンドからリチャード・マニュエルとガース・ハドソンが参加した他、ニール・ヤングとの仕事で有名なベン・キースや、デヴィッド・サンボーンも客演。
(1973年発表)

★米国初回盤LPをミニチュア再現した見開き紙ジャケット
★1973年当時のUnited Artists日本盤LP帯の意匠を踏襲した妄想帯
★米国オリジナル・アナログ・テープを基にした2018年最新リマスター音源
★SHM-CD仕様
★解説/歌詞・対訳付
★生産限定盤

1. ハンサム・モーリー
2. マーブル・アイズ
3. ドント・ノウ・ホエア・アイム・ゴーイング
4. グッド・ウーマンズ・ラヴ
5. プリーズ・ヘルプ・ミー・フォーゲット
6. ザ・ディスタンス
7. ドラゴンフライ
8. スウィート・ドリームス
9. クリンチ・マウンテン
10. マリラ
11. アズ・ロング・アズ・イッツ・ユー・アンド・ミー



Posted by uncledog at 18:23:25Comments(0)TrackBack(0)

●イーヴィ・サンズ/エニー・ウェイ・ザット・ユー・ウォント・ミー+1(UICY-78605/SHM-CD)

2018-01-11

20680.jpg <国内盤紙ジャケ新譜CD情報>

◆ユニバーサル ミュージック合同会社【カントリー・ロックの秘宝 SHM-CD/紙ジャケット・シリーズ】

グラム・パースンズ擁するバーズが、その先駆けとなるアルバム『ロデオの恋人』(1968)を発表してから50年、ロック・シーンの大きな潮流として一時代を築いたカントリー・ロックの全盛期、1960年代後半〜70年代前半にかけて発表された名盤14タイトルを集めて一挙初紙ジャケ化!

●イーヴィ・サンズ/エニー・ウェイ・ザット・ユー・ウォント・ミー+1(UICY-78605/SHM-CD/4988031268353)

EVIE SANDS/ANY WAY THAT YOU WANT ME

ダスティ・スプリングフィールドもその実力を認めたブルー・アイド・ソウルの歌姫、イーヴィ・サンズが発表した初のフル・アルバムは、ソウル、ゴスペル、カントリー、フォークなどをベースとしたサウンドに、当時のA&M的なソフト・ロックの要素も加味された作品。

ジェームス・バートン、ヒュー・マクラッケン、エディ・ヒントンほか名うてのセッション・ミュージシャンが結集。(1970年発表)

★米国初回盤LPをミニチュア再現した紙ジャケット
★日本初回盤LPの意匠を再現した帯
★米国オリジナル・アナログ・テープを基にした2018年最新リマスター音源
★SHM-CD仕様
★解説/歌詞・対訳付
★生産限定盤

01. クレイジー・アニー
02. バット・ユー・ノウ・アイ・ラヴ・ユー
03. アイル・ネヴァー・ビー・アローン・アゲイン
04. エニー・ウェイ・ザット・ユー・ウォント・ミー
05. クローズ・ユア・アイズ、クロス・ユア・フィンガーズ
06. イッツ・ジス・アイ・アム
07. シャドウ・オブ・ジ・イヴニング
08. テイク・ミー・フォー・ア・リトル・ホワイル
09. アンティル・イッツ・タイム・フォー・ユー・トゥ・ゴー
10. アイル・ホールド・アウト・マイ・ハンド
11. キャロライナ・イン・マイ・マインド
12. ワン・ファイン・サマー・モーニング
13. メイビー・トゥモロウ*

*ボーナス・トラック



Posted by uncledog at 18:19:36Comments(0)TrackBack(0)

●ディラード&クラーク/朝の光の中で(UICY-78604/SHM-CD)

2018-01-11

20679.jpg <国内盤紙ジャケ新譜CD情報>

◆ユニバーサル ミュージック合同会社【カントリー・ロックの秘宝 SHM-CD/紙ジャケット・シリーズ】

グラム・パースンズ擁するバーズが、その先駆けとなるアルバム『ロデオの恋人』(1968)を発表してから50年、ロック・シーンの大きな潮流として一時代を築いたカントリー・ロックの全盛期、1960年代後半〜70年代前半にかけて発表された名盤14タイトルを集めて一挙初紙ジャケ化!

●ディラード&クラーク/朝の光の中で(UICY-78604/SHM-CD/4988031268346)

DILLARD & CLARK/THROUGH THE MORNING THROUGH THE NIGHT

前作からのバーニ・レドン(g)、クリス・ヒルマン(mandolin)に加え、スニーキー・ピート・クレイナウ(pedal steel)やバイロン・バーライン(fiddle)といった面々も参加。

ビートルズやエヴァリー・ブラザーズなどのカヴァーもふんだんに取り上げながら王道のカントリー・ロックを展開した、ディラード&クラークのセカンド・アルバムにして最終作。(1969年発表)

★米国初回盤LPをミニチュア再現した紙ジャケット
★日本初回盤LPの意匠を再現した帯
★米国オリジナル・アナログ・テープを基にした2018年最新リマスター音源
★SHM-CD仕様
★解説/歌詞・対訳付
★生産限定盤

01. 恋人は去った
02. 朝の光の中で
03. ロッキー・トップ
04. ソー・サッド
05. 街角の酒場
06. クライド・ホーリィ
07. カンサス・シティ・サザン
08. フォー・ウォールズ
09. ポーリイ
10. 恋人の腕に抱かれて
11. ドント・レット・ミー・ダウン



Posted by uncledog at 18:15:54Comments(0)TrackBack(0)

●ディラード&クラーク/幻想の旅(UICY-78603/SHM-CD)

2018-01-11

20678.jpg <国内盤紙ジャケ新譜CD情報>

◆ユニバーサル ミュージック合同会社【カントリー・ロックの秘宝 SHM-CD/紙ジャケット・シリーズ】

グラム・パースンズ擁するバーズが、その先駆けとなるアルバム『ロデオの恋人』(1968)を発表してから50年、ロック・シーンの大きな潮流として一時代を築いたカントリー・ロックの全盛期、1960年代後半〜70年代前半にかけて発表された名盤14タイトルを集めて一挙初紙ジャケ化!

●ディラード&クラーク/幻想の旅(UICY-78603/SHM-CD/4988031268339)

DILLARD & CLARK/FANTASTIC EXPEDITION OF DILLARD AND CLARK

バーズのオリジナル・メンバーであり、初期のメイン・ソングライターとして活躍したジーン・クラークが、バンジョー奏者のダグ・ディラーと結成したデュオによるファースト・アルバム。

後にフライング・ブリトウ・ブラザーズやイーグルスのメンバーとなるバーニー・レドンも全面参加、“クラーク最高のレコーディング”とも評価される名品の完成に貢献している。(1968年発表)

★米国初回盤LPをミニチュア再現した紙ジャケット
★日本初回盤LPの意匠を再現した帯
★米国オリジナル・アナログ・テープを基にした2018年最新リマスター音源
★SHM-CD仕様
★解説/歌詞・対訳付
★生産限定盤

01. 愛の扉をあけて
02. 僕の太陽をかえして
03. ドント・カム・ローリン
04. 幻想への旅
05. 心のうずき
06. ラジオ・ソング
07. 悪魔と罪人
08. イン・ザ・プラン
09. なつかしきあの日々



Posted by uncledog at 18:12:20Comments(0)TrackBack(0)

●ジョー・サウス/イントロスペクト(UICY-78602/SHM-CD)

2018-01-11

20677.jpg <国内盤紙ジャケ新譜CD情報>

◆ユニバーサル ミュージック合同会社【カントリー・ロックの秘宝 SHM-CD/紙ジャケット・シリーズ】

グラム・パースンズ擁するバーズが、その先駆けとなるアルバム『ロデオの恋人』(1968)を発表してから50年、ロック・シーンの大きな潮流として一時代を築いたカントリー・ロックの全盛期、1960年代後半〜70年代前半にかけて発表された名盤14タイトルを集めて一挙初紙ジャケ化!

●ジョー・サウス/イントロスペクト(UICY-78602/SHM-CD/4988031268322)

JOE SOUTH/INTROSPECT

セッション・ギタリストとしてトミー・ロウ「愛しのシェイラ」、ボブ・ディラン『ブロンド・オン・ブロンド』、アレサ・フランクリン「チェイン・オブ・フールズ」等で名演を残し、ソングライターとしても数々のヒット曲を提供してきたジョー・サウスが満を持して発表したデビュー・アルバム。

リン・アンダーソンが歌い、グラミー賞にノミネートされた「ローズ・ガーデン」のオリジナル版を収録。(1968年発表)

★米国初回盤LPをミニチュア再現した紙ジャケット
★1968年当時のCapitol日本盤LP帯の意匠を踏襲した妄想帯
★米国オリジナル・アナログ・テープを基にした2016年リマスター音源
★SHM-CD仕様
★解説/歌詞・対訳付
★生産限定盤

01. オール・マイ・ハード・タイムズ
02. ローズ・ガーデン
03. 心の鏡
04. レッドネック
05. ドント・スロウ・ユア・ラヴ・トゥ・ザ・ウインド
06. グレイテスト・ラヴ
07. 孤独の影
08. ジーズ・アー・ノット・マイ・ピープル
09. ドント・ユー・ビー・アシェイムド
10. バーズ・オブ・ア・フェザー
11. ガブリエル
12. ソウル・ラーガ・クッキン*
13. ソウル・ラーガ・シマリン*

*ボーナス・トラック



Posted by uncledog at 18:08:45Comments(0)TrackBack(0)

●ジェームス・バートン/ザ・ギター・サウンド・オブ・ジェームス・バートン(UICY-78601/SHM-CD)

2018-01-11

20676.jpg <国内盤紙ジャケ新譜CD情報>

◆ユニバーサル ミュージック合同会社【カントリー・ロックの秘宝 SHM-CD/紙ジャケット・シリーズ】

グラム・パースンズ擁するバーズが、その先駆けとなるアルバム『ロデオの恋人』(1968)を発表してから50年、ロック・シーンの大きな潮流として一時代を築いたカントリー・ロックの全盛期、1960年代後半〜70年代前半にかけて発表された名盤14タイトルを集めて一挙初紙ジャケ化!

●ジェームス・バートン/ザ・ギター・サウンド・オブ・ジェームス・バートン(UICY-78601/SHM-CD/4988031268315)

JAMES BURTON/JAMES BURTON

デイル・ホーキンスのヒット曲、「スージーQ」の特徴的なギターリフを生み出し、リッキー・ネルソンやエルヴィス・プレスリー、グラム・パースンズらとの仕事でも数々の印象的なギタープレイを残してきたミスター・テレキャスター、ジェームス・バートンが残した唯一のソロ・アルバム。

有名なロック・スタンダード中心の選曲で、彼の得意とする“チキン・ピッキング”を存分に堪能できる作品。(1971年発表)

★米国初回盤LPをミニチュア再現した紙ジャケット
★1971年当時のA&M日本盤LP帯の意匠を踏襲した妄想帯
★米国オリジナル・アナログ・テープを基にした2018年最新リマスター音源
★SHM-CD仕様
★解説/歌詞・対訳付
★生産限定盤

01. ポーク・サラダ・アニー
02. スージーQ
03. ファイアー・アンド・レイン
04. フールズ・ラッシュ・イン
05. ジョニーB.グッド
06. アイ・ノウ
07. デルタ・レイディ
08. ミステリー・トレイン
09. ロック・アンド・ラウンチ
10. ハウンド・ドッグ
11. ハイ・ヒール・スニーカーズ
12. ロング・ピーチ



Posted by uncledog at 18:03:50Comments(0)TrackBack(0)

Joan Baez/Whistle Down The Wind

2018-01-11

20675.jpg <輸入盤新譜情報>

Joan Baez/Whistle Down The Wind(Proper Records/PRPCD146/CD/0805520031462)

Joan Baez/Whistle Down The Wind(Proper Records/PRPLP146/LP/0805520001465)

60年代のフォーク・リバイバル時からフォークの女王として活躍してきたことやボブ・ディランとのコラボで有名なジョーン・バエズが10振りの新作アルバム「ホイッスル・ダウン・ザ・ウインド」をリリースする。

アルバム・タイトルにもなった「ホイッスル・ダウン・ザ・ウインド」はトム・ウェイツのカバーで、1992年にリリースされたアルバム「ボーン・マシーン」収録曲です。

1 Whistle Down the Wind
2 Be of Good Heart
3 Another World
4 Civil War
5 The Things That We Are Made of
6 The President Sang Amazing Grace
7 Last Leaf
8 Silver Blade
9 The Great Correction
10 I Wish the Wars Were All Over



Posted by uncledog at 16:12:25Comments(0)TrackBack(0)

◆ROOTS CLASSICS ON BOOK VOL.5◆

2018-01-11

20674.jpg ◆ROOTS CLASSICS ON BOOK VOL.5◆

マイク伊藤/音楽から見える「アメリカ」―カントリー&ウェスタンとともに40年(彩流社/BOOK/9784779113161)

単行本: 205ページ
サイズ: 19.2 x 12.8 x 2.2 cm

フィドル、バンジョー、マンドリン、ボーカリストとして全米各地及びミズーリ州ブランソンで最古の劇場「ボールノーバーズ・ショー」で活躍してきたマイク伊藤氏の音楽人生から見てきたアメリカを綴った興味深い内容です。

カントリー、米国ルーツ・ミュージックが好きな方は要チェックです。

[版元の内容紹介]

大学3年時、5弦バンジョーを片手に3カ月の武者修行。「俺には音楽がある」の思いで全米のライブハウスでジャム・セッション。本格的に音楽で生きていこうと決心した。今もバリバリ活躍するミュージシャン、マイク伊藤の自伝。



Posted by uncledog at 15:27:45Comments(0)TrackBack(0)

◆ROOTS CLASSICS ON BOOK VOL.4◆

2018-01-11

20673.jpg ◆ROOTS CLASSICS ON BOOK VOL.4◆

東理夫/アメリカは歌う。歌に秘められた、アメリカの謎(作品社/BOOK/9784861822759)

単行本: 291ページ
サイズ: 19.2 x 13 x 2.8 cm

アメリカ文化への造詣が深く、テネシー州名誉市民の称号を持つ作家、東理夫氏によるアメリカの文化を歌詞から追及した内容で、米国ルーツ音楽、フォーク、カントリー、ブルーグラス、オールドタイム、ブルース等に興味のある方にはお薦めの一冊。

[内容紹介]

「九」という数字は、なぜ悲しみと不吉さをまとっているのか?

アメリカ人は、なぜかくも多くの殺人をテーマとする歌を生み出したのか?

黒人霊歌には、なぜ同じような歌詞が繰り返されているのか?

ヒラリー・クリントンは、なぜ「私はタミー・ウィネットの歌に出てくるような女ではない」と言ったのか?

歌詞に秘められた謎を読み解き、知られざるアメリカをあぶり出す。目からウロコのアメリカ史!



Posted by uncledog at 13:49:28Comments(0)TrackBack(0)

G.T. Moore/The Harry J Sessions(PARTIAL RECORDS/PRTLLP001/LP)

2018-01-11

20650.jpg ◆ご予約受付開始いたしました♪

*500枚限定プレス!

<輸入盤新譜LP情報>

G.T. Moore/The Harry J Sessions(PARTIAL RECORDS/PRTLLP001/LP/0657040600051)

G.T.ムーア(元ヘロン、G.T,ムーア・アンド・ザ・レゲエ・ギターズ)が1980年にジャマイカでリー・ペリーと一緒に、とあるプロジェクトに従事していた際にレコーディングしていた音源がアナログ盤LPで登場!!

全8曲中6曲がG.T.ムーアのオリジナルで、ハリー・J・レコーディング・スタジオでレコーディングされた音源です。

500枚限定プレス

内容はダブ、レゲエです。

*以下はディスクユニオンのレゲエ担当スタッフからのコメントになります

2018年最初のとんでもない発掘!“SSW,AOR MEETS DUB!!!!”

これは…まさかのTRADITION「CAPTAIN GANJA & SPACE PATROL」超えの奇跡のメロウ・ルーツ・ダブ!
70年代SSW、AORの淡いメランコリックな音像に、ジャマイカ最高のスタジオ、HARRY Jレーベルの叡智が融合した、奇跡としか言いようがない作品がこれ!

●G.T.MOORE

UKフォーク、HERONに在籍し、後にG.T.MOORE AND THE REGGAE GUITARSで活動するG.T.MOOREが、1980年にジャマイカのキングストン名門レーベル、HARRY Jに残した奇跡の音源が発掘されました!

G.T.MOOREがジャマイカで伝説のLEE PERRYのBLACK ARKスタジオでの最後の作品と言われる名作「RETURN OF PEACOCK JACKXON」のセッションに参加した際、G.T.MOOREがZAPPOWのメンバーを引き連れ、名門HARRY Jレーベルで残したとされる伝説の音源が世界初復刻!

その音は…HERONで見せてくれた淡いSSW、ブリティッシュ・フォークのメランコリックなメロディーと歌が、ZAPPOWらによる美しくソウル・レゲエ的洗練の極みといった演奏が融合した奇跡としか言えない前人未到のメロウ・ルーツ・レゲエ、ダブを作り上げた。

まるでAORのような美メロや、エレピやサックスによる色彩豊かな音色、そこにG.T.MOOREに儚いヴォーカルが乗り、リズム隊はZAPPOWの鉄壁の演奏が支える。

この感触はまるでTRADITION「CAPTAIN GANJA & SPACE PATROL」を思わせるような、メロウで浮遊感あふれるヴォーカル・チューンとLEE PERRYのブラック・アークのダブのような宇宙的な素晴らしいダブ・ヴァージョンで成り立っている。

この幻のセッションから「UTOPIA」のみ1980年にBLACK STAR LINERからリリースされ、近年PARTIALレーベルから復刻されたのが記憶に新しい。

そのPARTIALレーベルがついに!幻のHARRY Jセッションの全容を発掘する事に成功した。

70年代SSWのメランコリーと、80年代のAORのメロウネスに、ルーツ・レゲエ、ダブのエッセンスが融合した最高に素晴らしい逸品!

まさか「CAPTAIN GANJA & SPACE PATROL」クラスの作品に出会えるとは…2018年最初の感動の極み!

All tracks written by G.T. Moore except `Constant Spring' and `Stony Hill Dub' written by James Lascelles.

Recorded at Harry J Recording Studio 1980
Producer: G.T. Moore
Engineer: David Hamilton
Executive Producer: Hank Targowski
Mixed: Dougie Wardrop

G.T. Moore(vocals, guitar, harmonica, backing vocals)
James Lascelles(electric piano, synthesizer)
Bud Beadle(alto, tenor and baritone saxophone)
Cornell Marshall(drums)
Tony Johnson(piano, organ)
Dwight Pinckney(guitar)
Don Grant(bass)

<Side A>
1.Utopia
2.Reformation Dub
3.Jerusalem
4.Temple Mount Dub

<Side B>
1.Working For The Dollar
2.Turn The Wheel Dub
3.Constant Spring
4.Stony Hill Dub

●上記輸入盤新譜LPのご予約は下記サイトにて好評受付中!
http://diskunion.net/reggae/ct/detail/REGGAE-180109-01



Posted by uncledog at 13:18:49Comments(0)TrackBack(0)

HARD KNOX BAND/RELEASED AT LAST

2018-01-11

20672.jpg HARD KNOX BAND/RELEASED AT LAST(CROSSROAD PRODUCTIONS/CROSSROAD5848/CD/0589076658488)

86年ハード・サザンのプライヴェート・プレス盤がCDリイシュー!

リード・ヴォーカル/ギターのDAVE LYNCHとリード・ギター/ヴォーカルのMIKE VINCENTのダブル・ギターを軸にLYNYRD SKYNYRDをライヴ・レパートリーにしていたイリノイのオブスキュアな5ピースTHE HARD KNOX BAND。

86年アリゾナ州スコッツデールのPANTHEON STUDIOSで録音、自主制作で「遂に」リリースされた唯一作。

DOUG LYNCHのギターも迸る挨拶代わりのオリジナル"HARD KNOX"などなど、あまりにマイナーながらもハードで男臭いサザン・ロックを鳴らすマニア人気の高い激レア盤です。

今ではMIKE VINCENTが自身のYOUTUBEチャンネルでレア・ライヴ映像を公開しており、アルバム未収の未発表楽曲もあったようで気になるところ。

HARD KNOX BAND:
DAVE LYNCH - VOCALS, GUITAR
MIKE VINCENT - GUITAR, VOCALS
DAVE PEULAR - BASS
DOUG STREETER - DRUMS
BEN REYNOLDS - HARMONICA

1. Trouble Shooter
2. Hear What I Say
3. Hobo Jimmy
4. Legend Of Bobby Jo
5. Hard Knox
6. Wild Mans Eyes
7. Shot Down In Cold Love
8. Leaving
9. Brother Jack
10. Hotel Honeys

●上記輸入盤新譜CDは下記サイトにて好評販売中!
http://diskunion.net/rock/ct/detail/RS18011001




Posted by uncledog at 12:48:44Comments(0)TrackBack(0)

JOHN STREET ROCKETS/ROCK AND ROLL THE HARD WAY

2018-01-11

20671.jpg JOHN STREET ROCKETS/ROCK AND ROLL THE HARD WAY(CROSSROAD PRODUCTIONS/CROSSROAD5849/CD/0589076658495)

79年ハード・サザンのプライヴェート・プレス盤がCDリイシュー!

数年前にデッドストックが出回ったことで一部マニアを狂喜させたニュー・メキシコ州アルバカーキの5人組JOHN STREET ROCKETS。

スタジオ/ライヴ音源からなる唯一作。

ラストに向けた高速インスト・ジャムも映えるライヴ録音の骨太ミドルなロング・トラック"ROAD TO ROCK AND ROLL"にブレイクでドラムが張り切りすぎる男気シャウターな"NEW MEXICO WEIGHS"、疾走感だけで疾走しつつ唄心も覗かせるロックンロール"SOUTHERN EYES"に、紅一点LAURA CHORBAの女性コーラスが舞い、中心ベース/ヴォーカルBUD MOOREのベースも踊るドライヴィン・チューン"JAMAICA SHAKER"などなど、ハードな中にもキャッチーな個性が冴え渡り ハード・ロック、ブルース・ロックとしても評価されるキラーなギターにスライド、南部らしいルードでクールな70Sバイカー・ヴァイブが満ち満ちる一枚です。

THE JOHN STREET ROCKETS:
BUD MOORE - BASS, VOCALS
D.T. - LEAD GUITAR
TERRY ST. LOUIS - RHYTHM GUITAR
DAVE MCKEE - DRUMS, VOCALS
LAURA CHORBA - VOCALS, PERCUSSION

1. Southern Eyes
2. Road To Rock And Roll (Live 8:48 min)
3. I Cant Stay Mad At You
4. Jamaica Shaker
5. Soldier Of Fortune
6. New Mexico Weighs (Live 10:19 min)

●上記輸入盤新譜CDは下記サイトにて好評販売中!
http://diskunion.net/rock/ct/detail/RS18011002




Posted by uncledog at 12:45:19Comments(0)TrackBack(0)

WITS END/ROCK AND BY GOD ROLL

2018-01-11

20670.jpg WITS END/ROCK AND BY GOD ROLL(CROSSROAD PRODUCTIONS/CROSSROAD5850/CD/0589076658501)

79年テキサン・ハード・ロックのプライヴェート・プレス盤がCDリイシュー!

テキサス州ガーランド近郊の4ピース・ロッカーWITS END。

サイケとは程遠い内容ながら、マニアからの信頼も厚いサイケ音楽博士PATRICK LUNDBORGによるレコード辞典ACID ARCHIVESの第2版にも掲載される激レア盤です。

タイトでキャッチーな"THIS RHYTHM AIN'T BLUES"、甘声ヴォーカルがパワー・ポップとしても十分にイケる"DEANNA"、80Sメタル・ファンにも届きそうな"WITS END"、"ROCK AND BY GOD ROLL"などなど、ハードでヘヴィでハイ・エナジーなアーリー70Sを引き摺る演奏にハイ・トーン・ヴォーカルとエッジの効いたカッティングに時代のパンクネスなレイト70S感が見事に出会った隠れた傑作盤です。

WITS END:
KARL LOUIS - LEAD GUITAR, VOCALS
MICHAEL BITCH MCSPADDEN - GUITAR, VOCALS
HARVEY MARTIN - BASS, VOCALS
MIKE FRANKLIN ? DRUMS

1. This Rhythm Ain't Blues
2. Deanna
3. Wits End
4. Rock And By God Roll
5. Fly High
6. That's The Way
7. Hold Back
8. Tribute
9. See It Through

●上記輸入盤新譜CDは下記サイトにて好評販売中!
http://diskunion.net/rock/ct/detail/RS18011003




Posted by uncledog at 12:41:47Comments(0)TrackBack(0)

BUSTIN' LOOSE/BUSTIN' LOOSE

2018-01-11

20669.jpg BUSTIN' LOOSE/BUSTIN' LOOSE(CROSSROAD PRODUCTIONS/CROSSROAD5851/CD/0589076658518)

81年サザン/カントリー・ロックのプライヴェート・プレス盤がCDリイシュー!

アイダホ北部スピリット・レイクの4ピースBUSTIN LOOSEによる唯一作。

CHARLIE DANIELSやOUTLAWS、LYNYRD SKYNYRDらに比較されるクラシック70Sスタイルのサザン・ロック/カントリー・ロックを聴かせ、軽やかに弾む"FIFTEEN DOLLAR BAND"、美しく叙情的なマイナー・キー"ROSA LINDA"、コーラスもいなたい"GOIN' BACK TO IDAHO"、ジェントルな唄心を響かせるロング・トラック"I'M MISSIN' YOU"などなど、サザン・フレイヴァー溢れるハードかつ軽快なアコ/エレ/スライドが展開するひたすらルーラルなロックの詰まった名品です。

BUSTIN LOOSE:
GENE REPP - ACOUSTIC & ELECTRIC GUITARS, VOCALS
PAT COAST - ELECTRIC & SLIDE GUITARS, VOCALS
LARRY LAWS - BASS
ED CANN - DRUMS, VOCALS

1. Under The Gun
2. Fifteen Dollar Band
3. Rosa Linda
4. Texas Lady
5. Down The Road I Go
6. Goin' Back To Idaho
7. I'm Missin You

●上記輸入盤新譜CDは下記サイトにて好評販売中!
http://diskunion.net/rock/ct/detail/RS18011004




Posted by uncledog at 12:38:02Comments(0)TrackBack(0)

TRAVIS MOON/BIG TRAIN ROLLIN

2018-01-11

20668.jpg TRAVIS MOON/BIG TRAIN ROLLIN(CROSSROAD PRODUCTIONS/CROSSROAD5852/CD/0589076658525)

82年ハード・サザンのプライヴェート・プレス盤がCDリイシュー!

一部ヴォーカルとしても参加している友人MICHAEL CURRYの息子の名前TRAVISとリード・ギタリストDANNY MOONの苗字から取られたというフロリダのローカル・5ピースTRAVIS MOONによる唯一作。

76年に結成、ELVIN BISHOPやNITTY GRITTY DIRT BAND、STEPPENWOLFらの前座を務め、WOLF MAN JACK企画のロック・フェスにも出演した実力派です。

熱く熱く転がる"BIG TRAIN ROLLIN'"、ピアノも跳ねブギー・ロッキン"THE ONE IN THE MIDDLE"、ゲスト・ガール・ヴォーカルとの掛け合いもアガる"MOVE IT ON"などなど、ALLMAN BROTHERS BANDをよりハードにしたヘヴィなデュアル・リード・ギターにスライド、オルガン・ジャムが絡む70Sスタイルのサザン・フィール溢れる一枚に仕上がったカルトな傑作です。

TRAVIS MOON:
SCOTT HALLIN - LEAD GUITAR, VOCALS
DANNY MOON - LEAD GUITAR
RAY SCALA - BASS
ANDY BIRDSALL - KEYBOARDS
SAM BECK - DRUMS

1. Big Train Rollin'
2. Louisiana Lady
3. Move It On
4. The One In The Middle
5. Georgia Rain
6. She's Gone
7. Sail Away
8. Do What You Gotta Do
9. Memories
10. Roza Lee

●上記輸入盤新譜CDは下記サイトにて好評販売中!
http://diskunion.net/rock/ct/detail/RS18011005




Posted by uncledog at 12:34:58Comments(0)TrackBack(0)

TREE FOX/ROUGH ROAD

2018-01-11

20667.jpg TREE FOX/ROUGH ROAD(CROSSROAD PRODUCTIONS/CROSSROAD5853/CD/0589076658532)

79年サザン/カントリー・ロックのプライヴェート・プレス盤がCDリイシュー!

ALLMANS BROTHERS BAND~MARSHALL TUCKER BANDヴァイブの正統派サザンを鳴らす北部NY州アルバニーのサザン・ロック・クインテットTREE FOX。"ROUGH ROAD" INCLUDES THE SINGLE シングル・ヒットした伸びやかなオープニング・トラック"15/20"に一転ハード・ドライヴィンな"3 DAY WEEKEND"、軽やかホンキー・トンクな"OH LINDAにハモンドも響く長尺スロウ・ブルース"SOME WOMAN'S MAN"、サザン・エッセンスも湛える"DOIN' WHAT I WANNA DO"などなど、ヴァラエティに富んだ全曲の作曲をこなすヴォーカル/アコースティック・ギターLARRY QUINNを中心としたオハイオ州シンシナティのCOUNTERPART CREATIVE STUDIOS録音の傑作バー・ルーム・ロッカー・アルバムに仕上がっています。

TREE FOX:
LARRY QUINN - VOCALS, ACOUSTIC GUITAR
RICH ERTELT - LEAD & RHYTHM GUITAR
LEO MUZZY - LEAD & RHYTHM GUITAR, KEYBOARDS
ELIOT COLLINS - BASS
BRUCE O ́KEEFE - DRUMS

1. 15/20
2. 3 Day Weekend
3. Oh Linda!
4. Some Woman's Man
5. Nothin' Ever Stays The Same
6. Where Does That Leave Me?
7. Doin' What I Wanna Do
8. Wanderin' Man
9. Leavin' In The Mornin'
10. Rough Road

●上記輸入盤新譜CDは下記サイトにて好評販売中!
http://diskunion.net/rock/ct/detail/RS18011006



Posted by uncledog at 12:31:07Comments(0)TrackBack(0)

Barbara Dane/Hot Jazz, Cool Blues & Hard-Hitting Songs(Smithsonian Folkways Recordings/SFW40227/2CD)

2018-01-11

20666.jpg <輸入盤新譜CD情報>

◆祝、フォークウェイズ・レコーズ(スミソニアン・フォークウェイズ)70周年!!

Barbara Dane/Hot Jazz, Cool Blues & Hard-Hitting Songs(Smithsonian Folkways Recordings/SFW40227/2CD/0093074022726)

1950年代から今日に至るまで、フォーク、ブルース、ジャズ界で活躍してきた女性シンガー・ソングライター、バーバラ・デインの60年以上にも及ぶ音楽キャリアを俯瞰できる待望の全38曲入り回顧録「ホット・ジャズ、クール・ブルース&ハード・ヒッティング・ソングス」がスミソニアン・フォークウェイズより2枚組CDで登場。

ライトニン・ホプキンス、チェンバー・ブラザース、ドック・ワトソン、ピート・シーガー、メンフィス・スリム、ウイリー・ディクソン等とのレコーディング音源収録。

*14曲が未発表音源

*40ページ・ブックレット付

1.I Am a Weary and Lonesome Traveler
2.Way Behind the Sun
3.Victim to the Blues
4.Working People's Blues
5.Come by Here
6.It Isn't Nice
7.Deportees (Plane Wreck at Los Gatos)
8.I Don't Want Your Millions, Mister
9.Ballad of Richard Campos
10.Join the GI Movement
11.Song of the Coat Makers
12.Mill Worker
13.Working-Class Woman
14.Truck-Driving Woman
15.Sometimes I Believe She Loves Me
16.Let Me Be Your Rag Doll (Southern Blues)
17.Mother Earth
18.The Ones Who've Gone Before Us (When We Make It Through)
19.Trouble in Mind
20.Basin Street Blues
21.Why Don't You Do Right?
22.My Melancholy Baby
23.Mama Yancey's Advice
24.Ain't Gonna Give Nobody None of My Jellyroll
25.Please Don't Lose Your Mind (If You Lose Your Money)
26.Walking Blues
27.King Salmon Blues (Abridged)
28.Good Morning Blues
29.Gipper Gate Blues
30.Boulevard of Broken Dreams
31.Study War No More
32.This Little Light of Mine
33.You Don't Know Me/You Don't Know My Mind
34.Salty Dog Blues
35.Only a Pawn in Their Game
36.Solidarity Forever
37.We Shall Not Be Moved
38.Oh, Had I a Golden Thread

●下記スミソニアン・フォークウェイズのウェブサイトで試聴可能です
https://folkways.si.edu/barbara-dane/hot-jazz-cool-blues-and-hard-hitting-songs



Posted by uncledog at 10:26:47Comments(0)TrackBack(0)

◆ROOTS CLASSICS ON CD VOL.6◆

2018-01-10

20665.jpg ◆ROOTS CLASSICS ON CD VOL.6◆

LIAM WELDON/DARK HORSE ON THE WIND(Mulligan Records/MULG3006.2/CD/0766397300627)

アイルランドのシンガー、リアム・ウェルドンが1976年にマリガン・レコーズからリリースした唯一にして不滅の名盤と言いたいソロ・アルバム「ダーク・ホース・オン・ザ・ウインド」(Mulligan/LUN 006/LP)。

トラッド/フォークを極めれば無伴奏シンギングと昔から思ってきたが、リアムはこのアルバムの全11曲中8曲を無伴奏で唄っている。力強い彼の唄の素晴らしさの前では言葉を失ってただただ聴き入るのみである。

プロデュースはドナル・ラニーとマイケル・オ・ドムネイルが担当。

01. Dark Horse On The Wind
02. Smuggling The Tin
03. The Blue Tar Road
04. The Town Of Castle d'Oliver
05. James Connolly
06. My Love Is A Well
07. Via Extasia
08. The Well Below The Valley
09. Wild Croppy Tailor
10. Barbary Allen
11. Jinny Joe

●上記輸入盤CDは下記ウェッブサイトにて好評販売中!
http://diskunion.net/rock/ct/detail/RY110517-02



Posted by uncledog at 19:03:12Comments(0)TrackBack(0)

◆ROOTS CLASSICS ON CD VOL.5◆

2018-01-10

20664.jpg ◆ROOTS CLASSICS ON CD VOL.5◆

SHIRLEY COLLINS/FALSE TRUE LOVERS(Folkways Records/FOWY3564.2/CDR/0093070356429)

1959年に米国のフォークウェイズからリリースされた英国フォーク界の女帝、シャーリー・コリンズのセカンド・アルバム「フォールス・トゥルー・ラヴァーズ」(Folkways Records/FG 3564/LP)。

1958年にロンドンでアラン・ローマックスとピーター・ケネディのプロデュースにより、たった2日間でレコーディングされた英国とアイルランドのフォーク・ソングを素晴らしい歌唱で唄った名盤です。

ガイ・カラワン、ジョン・へイステッド、ラルフ・リンズラーのギター及び五弦バンジョーをバックにした歌唱及び無伴奏シンギングで全19曲収録。

「アンクワイエット・グレイヴ」「スカボロー・フェア」「クルエル・マザー」他、バラッドの名曲収録。

英国フォーク、トラッド、ルーツ・ミュージック等が好きな方にお薦め。

<Side A>
1.I Drew My Ship
2.The Irish Boy
3.The Spermwhale Fishery
4.Dennis O'Reilly
5.My Bonny Miner Lad
6.Just As The Tide Was Flowing
7.Bobby Shaftoe
8.Richie Story
9.The Unquiet Grave
10.The Swapping Song

<Side B>
1.Poor Old Horse
2.The False True Love
3.The Foggy Dew
4.Mowing The Barley
5.Scarborough Fair
6.The Cruel Mother
7.The Bonnie Cuckoo
8.The Queen Of May
9.Died For Love

●上記輸入盤CDRは下記サイトにて好評販売中!
http://diskunion.net/portal/ct/detail/XAT-1245471396






Posted by uncledog at 18:27:37Comments(0)TrackBack(0)

◆ROOTS CLASSICS ON CD VOL.4◆

2018-01-10

20663.jpg ◆ROOTS CLASSICS ON CD VOL.4◆

JOHN WILLIAMSON/SAME(TIGER CREEK MUSIC/CDB5637525598.2/CD/0634479151729)

久々に素晴らしいシンガー・ソングライターに出会ったような気分だ。その名はジョン・ウイリアムソン。

米国ジョージア州中部の小さな街、ビデーリア出身。20代の頃、全米を放浪しながら歌い続け、その後ナッシュビルに移住して2002年にセルフタイトルのデビュー・アルバムをリリースする。

シンガー・ソングライターのファンには初のシングル曲としてリリースされた3曲目の「ザ・マン・フー・レット・ア・メモリー・テイク・ヒム・ダウン」をまずは聞いていただきたい。アコギのイントロにキーボードが絡み、渋く語りかけるようなジョンのボーカルが入ってきた時、70年代の黄金のシンガー・ソングライター時代を経験した者なら心打たれること間違いないだろう。70年代シンガー・ソングライター作品のエッセンスが完璧なまでに含まれている文句無しの傑作だと言い切れる素晴らしい楽曲、唄、演奏である。

これが本当に2002年の新譜なのかとジャケットのクレジットを幾度もチェックしてしまったほどだ。そして続く「ブラッド、スウェット&ティアーズ」も背筋がゾクゾクするほど素晴らしい。

渋いけれどもその中にマイルドな聞く者を優しくグルーブするようなジョンの唄声は一度とりつかれたら病み付きになるかもしれない。

こんなシンガー・ソングライターが今でも現れる国、アメリカはやはり懐が深い。

1. I Might Say Anything
2. That's All I Ask
3. The Man Who Let a Memory Take Him Down
4. Blood, Sweat and Tears
5. The Man You Wanted Me to Be
6. This Old Truck
7. Someone Who Can
8. Where Does a Cowboy Go
9. Handouts, Hopes and Prayers
10. This Feeling Won't Last Long
11. This Town

●上記輸入盤CDは下記サイトにて好評販売中!
http://diskunion.net/portal/ct/detail/0413RK4698


●下記CDBABYのサイトにて一部試聴可能です
https://store.cdbaby.com/cd/williamson1



Posted by uncledog at 16:07:00Comments(0)TrackBack(0)

Idle Race/Birthday Party

2018-01-10

20618.jpg ◆入荷いたしました♪

<輸入盤新譜LP情報>

Idle Race/Birthday Party(Music On Vinyl/MOVLP2006/LP/8719262005181)

後にエレクトリック・ライト・オーケストラの中心人物となるジェフ・リンが最初のリーダーとなったグループ、アイドル・レースが1968年に英国のリバティー・レコーズからリリースしたファースト・アルバムにしてポップ・サイケの名作アルバム「バースデイ・パーティー」が180グラム重量盤LPで限定再発!!

見開きジャケット仕様、180グラム重量盤LP

<Side A>
1. The Skeleton And The Roundabout
2. Happy Birthday
3. The Birthday
4. I Like My Toys
5. Morning Sunshine
6. Follow Me, Follow
7. Sitting In My Tree

<Side B>
1. On With The Show
2. Lucky Man
3. Mrs. Ward
4. Pie In The Sky
5. The Lady Who Said She Could Fly
6. End Of The Road

●上記輸入盤新譜LPは下記サイトにて好評販売中!
http://diskunion.net/rock/ct/detail/RS18010915



Posted by uncledog at 15:42:35Comments(0)TrackBack(0)

◆ROOTS CLASSICS ON VINYL VOL.19◆

2018-01-10

20598.jpg ◆ROOTS CLASSICS ON VINYL VOL.19◆

The Holy Modal Rounders/2(4 MEN WITH BEARDS/184/LP/0646315118414)

1960年代の初頭、ニューヨークのローワー・イーストでピーター・スタンフェルとスティーヴ・ウェバーによって結成されたデュオ、ホリー・モーダル・ラウンダーズ。

ハリー・スミスが編集した「アンソロジー・オブ・アメリカン・フォーク・ミュージック」の影響を受けたアメリカの伝統音楽と独自のサウンドを上手くブレンドし、サイケデリック、アシッド・フォークの先駆者となり、カルトな人気を博しました。

1965年にジャズで有名なレーベル、プレスティッジからリリースしたセカンド・アルバム「2」(Prestige/PR 7410/LP)。

ファースト・アルバム同様にピーターのバンジョーとフィドル、スティーヴのアコギのみですが、カウンターカルチャーを肌で感じられるような攻撃的でディープなフォーク・アルバムに仕上がっています。

180グラム重量盤LP

Peter Stampfel(Vocal, Banjo, Fiddle)
Steve Weber(Vocal, Guitar)

<Side A>
1.Flop Eared Mule
2.Black Eyed Susie
3.Sail Away Ladies
4.Clinch Mountain Backstep
5.Fishing Blues
6.Statesboro Blues
7.Junko Partner

<Side B>
1.Mole In The Ground
2.Hot Corn, Cold Corn
3.Down The Old Plank Road
4.Chevrolet Six
5.Crowley Waltz
6.Bully Of The Town

●上記輸入盤LPは下記サイトにて好評販売中!
http://diskunion.net/portal/ct/detail/0413RK13327



Posted by uncledog at 15:37:29Comments(0)TrackBack(0)

◆ROOTS CLASSICS ON VINYL VOL.18◆

2018-01-10

20597.jpg ◆ROOTS CLASSICS ON VINYL VOL.18◆

The Holy Modal Rounders/The Holy Modal Rounders(4 MEN WITH BEARDS/183/LP/0646315118315)

1960年代の初頭、ニューヨークのローワー・イーストでピーター・スタンフェルとスティーヴ・ウェバーによって結成されたデュオ、ホリー・モーダル・ラウンダーズ。

ハリー・スミスが編集した「アンソロジー・オブ・アメリカン・フォーク・ミュージック」の影響を受けたアメリカの伝統音楽と独自のサウンドを上手くブレンドし、サイケデリック、アシッド・フォークの先駆者となり、カルトな人気を博しました。

1964年にジャズで有名なレーベル、プレスティッジの傍系レーベル、プレスティッジ・フォークロアからリリースした記念すべきファースト・アルバム「ザ・ホリー・モーダル・ラウンダーズ」(Prestige Folklore/FL 14031/LP)。

ピーターのバンジョーとフィドル、スティーヴのアコギのみによるシンプルなサウンドと一度はまったら癖になりそうなへろへろなヴォーカルのアシッド感は良い味を醸し出しています。

180グラム重量盤LP

Peter Stampfel(Vocal, Banjo, Fiddle)
Steve Weber(Vocal, Guitar)

<Side A>
1. Blues In The Bottle
2. Give The Fiddler A Dram
3. Cuckoo
4. Euphoria
5. Long John
6. Hesitation Blues
7. Hey, Hey Baby

<Side B>
1. Reuben's Train
2. Mister Spaceman
3. Moving Day
4. Better Things For You
5. Same Old Man
6. Hop High Ladies
7. Bound To Lose

●上記輸入盤LPは下記サイトにて好評販売中!
http://diskunion.net/portal/ct/detail/0413RK13210



Posted by uncledog at 15:36:58Comments(0)TrackBack(0)

John Hartford, Joni Mitchell, Pete Seeger/Gentle On My Mind 1970(LP)

2018-01-10

20611.jpg John Hartford, Joni Mitchell, Pete Seeger/Gentle On My Mind 1970(Code 7/ACLP8019/LP/5292317801929)

1970年のTV放送用ライヴ音源が2016年にCD化されていましたが、遂にアナログ盤LPでもリリースされました!!

1970年10月18日LAのKCOP-TVで収録されたテレビ・スペシャル「GENTLE ON MY MIND」をまるごと収録。

JOHN HARTFORD、JONI MITCHELL、PETE SEEGERの3者がステージで共演、 それぞれのソロ・セットはもちろん、JONI MITCHELLとPETE SEEGERによる名曲"BOTH SIDES NOW"の6分に及ぶヴァージョンやJONI MITCHELLとJOHN HARTFORDのデュオによるレアな"MR. TAMBOURINE MAN"カヴァーなど非常に貴重な録音の詰まったファン必聴盤です。

1. Frustrated Bird (John Hartford)
2. In Tall Buildings (John Hartford)
3. A Case Of You (Joni Mitchell)
4. Bring Me A Little Water (Pete Seeger)
5. Orange Blossom Special (John Hartford)
6. Both Sides Now (Joni Mitchell & Pete Seeger)
7. Willy (Joni Mitchell)
8. For Free (Joni Mitchell)
9. A Simple Thing As Love (John Hartford)
10. Sunshine Lady, You Really Know How To Slow A Man Down (John Hartford)
11. The Water Is Wide (Pete Seeger & Joni Mitchell)
12. Mr. Tambourine Man (Joni Mitchell & John Hartford)

●上記輸入盤新譜LPは下記サイトにて好評販売中!
http://diskunion.net/rock/ct/detail/RS18010916



Posted by uncledog at 15:35:10Comments(0)TrackBack(0)

John's Children/Orgasm(LP)

2018-01-10

20612.jpg John's Children/Orgasm(Radiation/RAD7001/LP/8592735003880)

ヤードバーズ等を手掛けた敏腕マネージャー、サイモン・ネピア=ベルが新たに送り出し、活動後期にはマーク・ボラン(T REX)もメンバーとして名を連ねていたカルト・ポップ・バンド、ジョンズ・チルドレン。1970年に唯一のアルバムがアメリカとオーストラリアでリリースされましたが(英国盤は未発売)、アルバム・タイトルが問題となり発売直後に回収された幻のレア・アイテムが米国盤ジャケット仕様(White Whale/WWS-7128/LP)のアナログ盤LPで再発!!

<SIDE A>
1.Killer Ben
2.Jagged Time Lapse
3.Smashed! Blocked!
4.You're a Nothing
5.Not the Sort of Girl

<SIDE B>
1.Cold On Me
2.Leave Me Alone
3.Let Me Know
4.Just What You Want - Just What You'll Get
5.Why Do You Lie

●上記輸入盤新譜LPは下記サイトにて好評販売中!
http://diskunion.net/rock/ct/detail/RS18010914



Posted by uncledog at 15:33:13Comments(0)TrackBack(0)

◆ROOTS CLASSICS ON VINYL VOL.25◆

2018-01-10

20649.jpg ◆ROOTS CLASSICS ON VINYL VOL.25◆

NICK DRAKE/FIVE LEAVES LEFT(Commercial Marketing/3734756/LP/0602537347568)

28年という短い生涯に残した僅か3枚のオリジナル・アルバムが、“孤高の天才シンガー・ソングライター”との再評価を不動のものにしているニック・ドレイクが1969年にリリースした記念すべきファースト・アルバムにして英国産アシッド・フォークの名作「ファイヴ・リーヴス・レフト」(Island Records/ILPS 9105/LP)。

ドリーミーなサウンドに英国の深い森を想起させるような陰りを帯びたボーカルが素晴らしく心を奪われてしまうこと必至。

リチャード・トンプソン(フェアポート・コンベンション)がゲスト参加。

<SIDE A>
1.Time Has Told Me
2.River Man
3.Three Hours
4.Way To Blue
5.Day Is Done

<SIDE B>
1.Cello Song
2.The Thoughts Of Mary Jane
3.Man In A Shed
4.Fruit Tree
5.Saturday Sun

●上記輸入盤LPは下記サイトにて好評販売中!
http://diskunion.net/rock/ct/detail/RS140507-03



Posted by uncledog at 15:30:17Comments(0)TrackBack(0)

◆ROOTS CLASSICS ON CD VOL.3◆

2018-01-10

20662.jpg ◆ROOTS CLASSICS ON CD VOL.3◆

CHUCK PERRIN/BEAT.ITUDE(WEBSTER'S LAST WORD/WLW.2328/CD/0600092232824)

これはすごい! まるで50年代のコーヒーハウスでレコーディングされたかと錯覚をおこしてしまうようなビート精神溢れるクールなアルバムです。

ボンゴとタイトでクールなギターをバックに語りかけるように唄う「ザ・ビッグ・レイス」から始まる全13曲に駄作なし。

ミッチ・マンカーのクールなトランペットの音色がチャックの弾き語りを更に惹きたてていく2曲目の「アウト・ヒア・オン・ジ・エッジ」。

チャールズ・マクファーソンのサックスをフィーチャーした4曲目の「バード・リブズ」はビーバップ・ジャズのパイオニア、故チャーリー・パーカーに捧げた作品。流麗なサックスをバックに力強く歌い上げています。

究極の1曲は6曲目の「レッツ・クラッシュ・ルーティーン」。冒頭の1フレーズからチャックの唄声とギターにグルーブされること必至。宙を舞うフルート、バックに鳴り響くボンゴ。今一度、これはすごいアルバムです、まさに名盤!

しかし、まだあった極めつけの1曲が。それは8曲目の「マハトマ」。黄昏のベネチアを小船に乗ってゆらいでいるかのような非常に美しいインスト曲。澄み切ったアコギのサウンドにムーディーなフルートが色を添えます。あまりにも美しすぎる作品。

小包型変形ジャケット仕様、歌詞カード&インサート付き。

1. The Big Race
2. Out Here On The Edge
3. Bird Lives!
4. Highway To Hell
5. Ready For A Change
6. Let's Crush Routine
7. Behind The Wheel
8. Mahatma (instrumental)
9. Nothing Ever Stays The Same
10. I'll Get Lost
11. Zen
12. Anesthesia
13. It Ain't Over Yet (for Jack Kerouac)

●上記輸入盤CDは下記サイトにて好評販売中!
http://diskunion.net/portal/ct/detail/0413RK3534

●下記CDBABYのサイトにて試聴可能です
https://store.cdbaby.com/cd/chuckperrin2



Posted by uncledog at 13:31:22Comments(0)TrackBack(0)

◆ROOTS CLASSICS ON CD VOL.2◆

2018-01-10

20661.jpg ◆ROOTS CLASSICS ON CD VOL.2◆

J.MICHAEL HENDERSON/TO MAKE THE NIGHT COMPLETE (JMH RECORDS/JMH7601/CD/0793033106329)

1976年にインディアナポリスの700 WEST系レーベルからリリースされたシンガー・ソングライター、J.マイケル・ヘンダーソンのデビュー・アルバム「トゥ・メイク・ザ・ナイト・コンプリート」。

ジャケットから容易に想像できるようなジェントルな唄声と楽曲の良さが光る永遠の名作と言いたいアルバムです。

特にお薦めは3曲目の「ビコーズ・ザット・サムワン・イズ・ユー」。続く「ユー・マイト・シンク・アイム・ア・ストレンジャー」は優しく語り掛けるような歌唱で心がとてもなごみます。ノスタルジックなイントロが印象的な「ハヴ・アイ・ビーン・イン・ラヴ・アット・オール」もとても良い雰囲気。

全11曲収録。歌詞付き。

本人曰く、「クリスマスの時期は毎年、需要が多いアルバムなんだよね」。納得のいく一言です。

1.My Music
2.With Nobody Else Around
3.Because That Someone Is You
4.You Might Think I'm A Stranger
5.It Never Hurts To Cry
6.A Song For Jude
7.Everybody Sings The Blues
8.You're But A Dream, My Lady
9.Friend, You've Got It Made
10.Have I Been In Love At All
11.To Make The Night Complete

●上記輸入盤CDは下記サイトにて好評販売中!
http://diskunion.net/portal/ct/detail/0413RK2061

●J.マイケル・ヘンダーソンのウェブサイトは下記です
http://www.jmichaelhenderson.com/jmichaelhenderson/Welcome.html



Posted by uncledog at 13:10:03Comments(0)TrackBack(0)

Mike Bloomfield/San Francisco Nights:Live at the Old Waldorf April 18,1977

2018-01-10

20660.jpg <輸入盤新譜CD情報>

Mike Bloomfield/San Francisco Nights:Live at the Old Waldorf April 18,1977(RockBeat Records/ROC-3403/CD/0089353340322)

マイク・ブルームフィールドが1977年4月18日にサンフランシスコのオールド・ウォルドーフにておこなったライヴを収録。

•Greatest Gifts From Heaven
•Lo, Thou I Am With Thee
•Kansas City Blues
•Medley: Darktown Strutter's Ball, Mop Mop, Call Me A Dog
•I'm Glad I'm Jewish
•Eyesight To the Blind
•Uncle Bob's Barrelhouse Blues
•Jockey Blues
•Linda Lou
•Vamp In C (Soul Serenade)
•Wee Wee Hours



Posted by uncledog at 12:18:37Comments(0)TrackBack(0)

The Lyman Family with Lisa Kindred/American Avatar: Love Comes Rolling Down

2018-01-09

20659.jpg <輸入盤新譜CD情報>

The Lyman Family with Lisa Kindred/American Avatar: Love Comes Rolling Down(OMNIVORE RECORDINGS/OV-265/CD)

メル・ライマン率いるザ・ライマン・ファミリーが1969年にリリースした唯一のアルバム「アメリカン・アヴァター」(Reprise Records/RS6353/LP)が待望の再発CD化!!

ジム・クエスキン、ジェフ・マルダー、リサ・キンドレッド、ブルース・ラングホーン他が参加。

オリジナル・ナンバーに加えてボブ・ディランの「イット・テイクス・ア・ロット・トゥ・ラフ、イット・テイクス・ア・トレイン・トゥ・クライ」やエリック・ヴォン・シュミットの「マイ・ラヴ・カムズ・ローリング・ダウン」等のカバーも収録。

Mel Lyman(Harmonica)
Lisa Kindred(Vocal)
Bruce Langhorne(Guitar/Tabla/Hand Drums)
Geoff Muldaur(Guitar)
Jim Kweskin(Guitar)
Bruce Langhorne(Electric Bass)
Reed Wasson(String Bass)
Terry Bernhard(Piano)

1.California Water—Take One
2.James Alley Blues
3.Good Shepherd
4.Jesus Met The Woman At The Well
5.It Takes A Lot To Laugh, It Takes A Train To Cry
6.My Love Comes Rolling Down
7.California Water—Take Two



Posted by uncledog at 19:04:25Comments(0)TrackBack(0)

◆ROOTS CLASSICS ON BOOK VOL.3◆

2018-01-09

20658.jpg ◆ROOTS CLASSICS ON BOOK VOL.3◆

アラン・ローマックス/アラン・ローマックス選集-アメリカン・ルーツ・ミュージックの探求 1934-1997(柿沼 敏江:翻訳) (みすず書房/BOOK/9784622073086)

単行本: 419ページ
サイズ: 20.8 x 15 x 3.2 cm

昨年(2017年)は英国のトピック・レコーズが75周年を迎えた。そして今年(2018年)は米国のスミソニアン・フォークウェイズ(フォークウェイズ)が記念すべき70周年を迎えた。このような節目に、フォーク、トラッド、ブルース、カントリー、ジャズ等、ルーツ・ミュージックを今一度、ディグしてみるのも一考だと思う。そのような時にお薦めしたい書籍の一冊。

[内容紹介]

翻訳が切望されていた著作選集。

アメリカ・ポピュラー音楽史における最重要人物の仕事がようやく日本語で読めることになった。

フォーク、ブルース、ジャズの発展に多大な貢献をし、ワールドミュージック研究に先鞭をつけたアランの行動と執筆の軌跡をたどれば、ポピュラー音楽史観が格段に深まるであろう。ポピュラー音楽愛好家待望の一冊。本書内で言及された音源CD付。

アランは、父ジョンに導かれルーツ・ミュージックの記録と研究を始めた。ローマックス父子の活動がなければ、アメリカの音楽史は異なったものになっていたと言っても大袈裟ではない。合衆国において比肩する者のない存在である。

種々の音楽を録音しつつ書き記されたエッセイ、比較音楽文化論、優れたモノグラフはどれも重要なものであり、発表された時期の早さと先見性には驚くばかりだ。

アランは、レッドベリー(ブルース)のデビューに立ち会い、ピート・シーガー、ウディ・ガスリー(フォーク)の活動を支え、ジェリー・ロール・モートン(ジャズ)を熱意を込めて録音した。有能プロデューサーとしての彼の言葉は、リスナーの探究心に大きく応えるだろう。

「真のアメリカン・オリジナル」-スタッズ・ターケル

「アラン・ローマックスがいなければ、ブルースの爆発もR&Bの運動もなかっただろう。そして、ビートルズもローリング・ストーンズもヴェルヴェット・アンダーグラウンドも存在しなかっただろう」-ブライアン・イーノ



Posted by uncledog at 18:00:41Comments(0)TrackBack(0)

◆ROOTS CLASSICS ON BOOK VOL.2◆

2018-01-09

20657.jpg ◆ROOTS CLASSICS ON BOOK VOL.2◆

鈴木 道子/アメリカンミュージックヒーローズ~米国ポピュラー音楽の歴史~ 改訂版(ショパン/BOOK/9784883642397)

単行本: 318ページ
サイズ: 21 x 15.2 x 2.6 cm

世界のポピュラー音楽を牽引した405人のミュージック・ヒーローをジャンル別に体系的に紹介し、アメリカの歴史と共にその音楽の変容が理解できる興味深い内容の書籍「アメリカンミュージックヒーローズ~米国ポピュラー音楽の歴史」の改訂版。

ルーツ・ミュージック、米国音楽が好きな方は要チェックです。

<目次>
1第1章 “アメリカン・ポピュラー”の始まり ~アメリカ建国以前から初期~
2第2章 混乱と繁栄の時代 ~第一次世界大戦から1920年代~
3第3章 スウィング全盛からソロ・シンガー時代へ ~1930年代から第二次世界大戦~
4第4章 若い情熱の爆発、ロックンロール登場 ~1950年代~
5第5章 革命とニュー・カルチャー ~1960年代~
6第6章 激動と平静の狭間、「最悪の時代」だって? ~1970年代~
7第7章 ポップ&ワールド・ワイド ~1980年代~
8第8章 多様性の時代 ~1990年代、そして新世紀へ



Posted by uncledog at 16:19:39Comments(0)TrackBack(0)

◆ROOTS CLASSICS ON BOOK VOL.1◆

2018-01-09

20656.jpg ◆ROOTS CLASSICS ON BOOK VOL.1◆

長田 弘/アメリカの心の歌 expanded edition(みすず書房/BOOK/9784622077305)

単行本: 288ページ
サイズ: 19.2 x 13.8 x 2.6 cm

キャロル・キング、ジム・クロウチ等のメジャー・アーティストから普段は紹介されることのないピーター・ラファージやマイク・スミス等の歌までを丁寧に取り上げながらアメリカを形成していった歌の一部を興味深く綴った「アメリカの心の歌」の改訂版。

アメリカン・フォーク、シンガー・ソングライター、カントリー等のファンからアメリカが好きな方までにお薦めの一冊。

<出版社からのコメント>

アメリカをアメリカたらしめてきたもの、
アメリカーナについて、
なによりも多く問い、雄弁に語り、深く感じさせ、遠くまで伝えてきた歌。

この本は、そうした歌にのこされてきた感受性の運命というべきもののメモラビリアだ。

…歌の本質をなすのは主題と変奏である。
新しい歌なんてない。
アメリカの歌の主題はただ一つ、
アメリカーナだ。
そうして問われたのはただ一つ、
それをどのようにうたうのかということだったと思える。

断絶を際立たせるような時代の光景のなかに、
なおそれでも秘密のようにつづいている慕わしいトレイルを辿ること。
変化は破壊ではない。
誇示でもない。
目の前にあるのに見えていないコンテニュイティの、
連続性の新たな発見に至るのが、変化だ。
そうした変化の時代の歌の本として、この本を手にしていただけたらうれしい。



Posted by uncledog at 15:55:56Comments(0)TrackBack(0)

Shirley Collins(OST)/The Ballad Of Shirley Collins’ Original Soundtrack(Earth Recordings/LP)

2018-01-09

20655.jpg <輸入盤新譜LP情報>

Shirley Collins(OST)/The Ballad Of Shirley Collins’ Original Soundtrack(Earth Recordings/LP)

2017年に英国で劇場公開されて好評を博しているシャーリー・コリンズのドキュメンタリー・フィルム「ザ・バラッド・オブ・シャーリー・コリンズ」のサントラ盤LPが遂に限定カラー・レコード(ピンク)で発売決定!!

<Side A>
1. “All I Ever Wanted”
2. Shirley Collins – Cavalry Hill
3. Ishman Williams & The Williams Singers – Got On My Travelling Shoes
4. “Do You Want Me To Start Again, Alan”
5. Texas Gladden – I Never Will Marry
6. Sid Hemphill and Lucius Smith – Come On Boys, Let’s Go To The Ball
7. Horton Barker – A Rich Irish Lady
8. Ian Kearey – The Poor Drowned Sailor
9. Sidney Hemphill Carter – Pharaoh
10.“I Used To Could Sing”
11. Outtake (London, 1959)

<Side B>
1. “There’s Never Been A Merry England”
2. Andy Hemsley and Hastings Jack In The Green – Seeds Of Love
3. N.J Brothers & The United Sacred Harp Musical Association – Cavalry
4. Lucius Smith – Make Lulu Behave Herself
5. Ruby Vass – Single Girl, Married Girl
6. “I Can’t Really Forget Them”
7. George Stoneman – Sally Anne
8. Michael J York & Ossian Brown – The Cloud House / Cyclobe – Sons Of Sons Of Light / George Collins – Dolly
9. Dolly Collins – Missa Humana (excerpt)
10. Shirley Collins – Wondrous Love

●上記映画のサイトは下記です
http://www.shirleycollinsmovie.com/





Posted by uncledog at 15:16:04Comments(0)TrackBack(0)

TEN YEARS AFTER/STING IN THE TALE(CD)

2018-01-09

20654.jpg TEN YEARS AFTER/STING IN THE TALE(TEN YEARS AFTER/NTYACD002/CD/5060086010084)

1967年のデビューから50周年となる2017年に放ったニュー・スタジオ・アルバム。

バンドは現在も精力的にライヴを行っており、本作も会場先行販売されていました。

オリジナル・メンバーのRIC LEEとCHICK CHURCHILLに加え、2014年からのツアーを潜り抜けたベーシストCOLIN HODGKINSON (BACKDOOR, PETER GREEN, ALEXIS CORNER, SPENCER DAVIS, CHRIS REA, JOHN LORD)、ギタリスト/シンガーMARCUS BONFANTI (VAN MORRISON, GINGER BAKER, RONNIE WOOD)という布陣で挑んだ意欲作。

50年を超えさらにシャープにハードにタイトに仕上がったロックンロールな一枚です。

1.Land of the Vandals
2.Iron Horse
3.Miss Constable
4.Up in Smoke
5.Retired & Hurt
6.Suranne Suranne
7.Stoned Alone
8.Two Lost Souls
9.Diamond Girl
10.Last Night of the Bottle
11.Guitar Hero
12.Silverspoon Lady



Posted by uncledog at 12:28:29Comments(0)TrackBack(0)

GARY WILSON & THE BLIND DATES/LIVE AT CBGB

2018-01-09

20653.jpg GARY WILSON & THE BLIND DATES/LIVE AT CBGB(FEEDING TUBE RECORDS/FTR318LP/LP/0752830272316)

ニューヨークの奇才、そしてアウトサイダー・ポップの象徴的存在としてカルトな人気を誇るゲイリー・ウイルソンが1979年の夏におこなった米国イースト・コースト・ツアーより伝説のライヴ・ハウスであり、ゲイリー・ウイルソンを1977年からバック・アップしてきたニュー・ヨークのCBGBでのライヴがアナログ盤LPで登場!!

1 Gary's Intro
2 New York Surf
3 I Wanna Lose Control
4 Cindy
5 You Were the First
6 As I Walk Into the Night
7 6.4 = Make Out
8 You Keep on Looking
9 Interlude
10 Chromium Bitch
11 Summer in Endicott
12 When I Spoke of Love
13 You Think You Really Know Me



Posted by uncledog at 11:42:52Comments(0)TrackBack(0)

Bruce Springsteen/Brendan Byrne Arena East Rutherford, NJ June 24, 1993

2018-01-09

20652.jpg <輸入盤新譜CDR情報>

Bruce Springsteen/Brendan Byrne Arena East Rutherford, NJ June 24, 1993(Bruce Springsteen/3CDR)

ブルース・スプリングスティーンの1993年6月24日、ニュージャージー州はイースト・ラザフォードにあるブレンダン・バーン・アリーナでのライヴ音源の登場!!

Bruce Springsteen(Lead vocal, guitar, harmonica)
Zack Alford(Drums)
Roy Bittan(Piano; keyboards)
Shane Fontayne(Guitar)
Tommy Sims(Bass)
Crystal Taliefero(Backing vocal, guitar, percussion)
Gia Ciambotti(Backing vocal)
Carol Dennis(Backing vocal)
Cleopatra Kennedy(Backing vocal)
Bobby King(Backing vocal)
Angel Rogers(Backing vocal)

Additional musicians:
Clarence Clemons(Saxophone, backing vocal)
Joe Ely(Guitar, vocal)
Patti Scialfa(Guitar, backing vocal)
Southside Johnny(Vocal, harmonica)
Soozie Tyrell(Violin)
Stevie Van Zandt(Guitar, backing vocal)
Max Weinberg(Drums)

The Miami Horns:
Ed Manion(Baritone saxophone)
Mark Pender(Trumpet)
Richie “La Bamba” Rosenberg(Trombone)
Mike Spengler(Trumpet)
Joey Stann(Tenor saxophone)

Joe Ely plays on I Ain't Got No Home, Settle For Love and Blowin' Down This Road
Patti Scialfa plays on Brilliant Disguise, Human Touch, Blowin' Down This Road and Having A Party
Stevie Van Zandt plays on Glory Days, It's Been a Long Time, Tenth Avenue Freeze-Out, Born To Run, Having A Party and It's All Right
Southside Johnny plays on It's Been A Long Time, Blowin' Down This Road, Having A Party and It's All Right
The Miami Horns play on It's Been A Long Time, Tenth Avenue Freeze-Out, Having A Party and It's All Right
Clarance Clemons plays on Tenth Avenue Freeze-Out and Born To Run
Max Weinberg plays on Jersey Girl
Soozie Tyrell plays on Blowin' Down This Road

1.I Ain't Got No Home
2.Seeds
3.Adam Raised a Cain
4.This Hard Land
5.Better Days
6.Lucky Town
7.Atlantic City
8.57 Channels (And Nothin' On)
9.Badlands
10.Satan's Jewel Crown
11.My Hometown
12.Leap Of Faith
13.Man'S Job
14.Roll Of The Dice - Everybody Needs Somebody To Love
15.Does This Bus Stop at 82nd Street?
16.Because the Night
17.Brilliant Disguise
18.Human Touch
19.The River
20.Who'll Stop The Rain?
21.Souls Of The Departed
22.Living Proof
23.Born in the U.S.A.
24.Light Of Day
25.Settle For Love
26.Glory Days
27.Thunder Road
28.It's Been A Long Time
29.Tenth Avenue Freeze-Out
30.Born to Run
31.My Beautiful Reward
32.Blowin' Down This Road
33.Having A Party
34.Jersey Girl
35.It's All Right

●下記ボスのサイトで試聴可能です
http://live.brucespringsteen.net/live-music/0,18680/Bruce-Springsteen---The-E-Street-Band-mp3-flac-download-6-24-1993-Brendan-Byrne-Arena-East-Rutherford-NJ.html




Posted by uncledog at 11:06:48Comments(0)TrackBack(0)

◆ROOTS CLASSICS ON CD VOL.1◆

2018-01-05

20651.jpg ◆ROOTS CLASSICS ON CD VOL.1◆

Danny Gatton/88 Elmira Street(Elektra/WEA/EA61032.2/CD/0075596103220)

ギターの名手として人気の高い故ダニー・ガットンが1991年にメジャー・レーベルからリリースしたアルバム「88・エルミラ・ストリート」。

カントリー、ブルース、ロック、ロカビリー、ロックン・ロール等、幅広い音楽の要素をブレンドして自己の世界を作り上げたギター・ミュージックが好きな方にお薦めの佳作。素晴らしいテクニックでテレキャスターを弾きまくっています。

テレキャスターが好きな方ならロイ・ブキャナンと共にチェックしておきたい一枚です。

1.Funky Mama
2.Elmira St. Boogie
3.Blues Newburg
4.Quiet Village
5.Red Label
6.In My Room
7.The Simpsons
8.Muthaship
9.Pretty Blue
10.Fandingus
11.Slidin' Home

●上記輸入盤CDは下記サイトにて好評販売中!
http://diskunion.net/portal/ct/detail/XAT-1245474126

●ダニー・ガットンのウェブサイトは下記です
http://www.dannygatton.com/




Posted by uncledog at 18:39:25Comments(0)TrackBack(0)
TOP OF PAGE