素晴らしき音楽との出会い

1年に2万キロ以上もの旅をしながら出会った様々な素晴らしき音楽をつれづれなるままにご紹介。

 
 

MICK JAGGER/GOTTA GET A GRIP / ENGLAND LOST (LIMITED EDITION CD)

2017-07-28

20306.jpg MICK JAGGER/GOTTA GET A GRIP / ENGLAND LOST (LIMITED EDITION CD)(POLYDOR/5781000/CDS/0602557810004)

≪輸入盤CDS≫

MICK JAGGER、2007年のプロモ・シングル以来となるソロ名義シングルを緊急リリース!

2016年12月に発売した『BLUE & LONESOME』の大ヒット、2017年4月からシカゴに場所を移した「ストーンズ展覧会 EXHIBITIONISM」、そして9月からスタートするヨーロッパ・ツアー「NO FILTER」と話題に事欠かないROLLING STONES。そんな中フロントマンであるMICK JAGGERからサプライズ!

2007年に発売されたMICK JAGGERのベスト・アルバム『VERY BEST OF MICK JAGGER』からプロモ・シングルとしてカットされた"CHARMED LIFE"以来10年ぶりとなるソロ名義シングル。

今年の7月26日に74歳になったばかりのMICKからますます目が離せない!!

1. GOTTA GET A GRIP
2. ENGLAND LOST

●上記輸入盤新譜CDSは下記サイトにて好評販売中!
http://diskunion.net/rock/ct/detail/RY170727MJ01



Posted by uncledog at 18:19:23Comments(0)TrackBack(0)

DOORS/LIGHT MY FIRE / THE CRYSTAL SHIP (7")

2017-07-28

20305.jpg DOORS/LIGHT MY FIRE / THE CRYSTAL SHIP (7")(ELEKTRA/R7560944/7"EP/0081227934491)

"LIGHT MY FIRE"50周年記念で67年の日本盤シングルが限定輸入盤として復刻7"リイシュー!

オリジナルUSリリースは67年5月、バンドの記念すべき1STアルバムからのセカンド・シングル。7月29日にはチャートNO.1を獲得しています。

オリジナル・ジャパニーズ・アートワークを使用したレプリカ・パッケージ。"LIGHT MY FIRE"のシングル・エディットをA面に、"THE CRYSTAL SHIP"のアルバム・ヴァージョンをB面に収録しています。

7500枚限定盤。
※輸入盤

A. Light My Fire
B. The Crystal Ship

●上記輸入盤新譜7"EPは下記サイトにて好評販売中!
http://diskunion.net/rock/ct/detail/RY170606DR01



Posted by uncledog at 17:52:57Comments(0)TrackBack(0)

JIM MCCARTY (OF THE YARDBIRDS)/FRONTMAN

2017-07-28

20304.jpg JIM MCCARTY (OF THE YARDBIRDS)/FRONTMAN [CD] (OF THE YARDBIRDS, 2 BONUS TRACKS, LIMITED TO 1000)(MCM/CDS-20171/CD/0613285814226)

元YARDBIRDSのJIM MCCARTYの貴重音源をまとめたコンピレーションが初CDリリース!

2014年のRECORD STORE DAYでブルー・カラー・ヴァイナル180グラム重量盤2枚組として初リリースされていた貴重音源が、LPヴァージョンには未収のブランニュー・レコーディング2曲を追加して待望のCD化。

YARDBIRDSをはじめ、RENAISSANCE、SHOOT、ILLUSIONと渡り歩いた英国ロック史そのものといえるJIM MCCARTYのおそらく初となるアンソロジー盤。

YARDBIRDS以降のキャリアを総括するような内容で、未発表音源5曲、ライヴ音源、JIM MCCARTY BAND時代楽曲の新録などを含むファン必携盤です。

1000枚限定盤。

1. Signs From An Age Gone By (5:24) (feats. Eddie Phillips on guitar, from 60's legends CREATION)
2. The Outsider (4:59)
3. What If Summer Never Came (3:46)
4. For Eloise (previously unreleased version)
5. Out Of The Dark (4:39)
6. Just Breaking Through (5:01)
7. Slow Drivers (5:15)
8. Be Careful What You Say (previously unreleased)
9. Storms And Sorrows (4:40) (previously unreleased live, 1973)
10. It All Comes Around (3:01) (previously unreleased)
11. Sitting On The Top of Time (4:47)
12. We're Still Dreamers (4:58)
13. Crying Out For Love (3:54) (previously unreleased version)
14. One More Turn Of The Wheel (6:51)
15. Dream Within a Dream (4:38) (previously unreleased version)
16. Isadora (6:58)

●上記輸入盤新譜CDは下記サイトにて好評販売中!
http://diskunion.net/rock/ct/detail/RS17072804



Posted by uncledog at 17:45:44Comments(0)TrackBack(0)

Gillian Welch/Harrow & The Harvest(LP)

2017-07-28

20148.jpg Gillian Welch/Harrow & The Harvest(Acony Records/ACNY1109.1/LP/0805147110939)

アパラチアン・ミュージック、ブルーグラス、アメリカーナなどの要素を紡ぎ90年代ネオ・フォーク・リヴァイヴァルの旗手と呼ばれた女性シンガー・ソングライター、ギリアン・ウェルチ。

2011年にリリースされた5作目のアルバム「ハロウ&ザ・ハーヴェスト」が待望の初アナログ化!!

第54回グラミー賞でベスト・フォーク・アルバムにノミネートされた佳作です。

見開きジャケット仕様

ジャケット・アートワークはフルカラー・バージョンに変更されています

歌詞カード付

1. Scarlet Town
2. Dark Turn Of Mind
3. The Way It Will Be
4. The Way It Goes
5. Tennessee
6. Down Along The Dixie Line
7. Six White Horses
8. Hard Times
9. Silver Dagger
10. The Way The Whole Thing Ends

●上記輸入盤新譜LPは下記サイトにて好評販売中!
http://diskunion.net/rock/ct/detail/RS17072805

●ギリアン・ウェルチのウェブサイトは下記です
https://gillianwelch.com/



Posted by uncledog at 17:41:30Comments(0)TrackBack(0)

ミック・ジャガー/ガッタ・ゲット・ア・グリップ/イングランド・ロスト

2017-07-28

20303.jpg ミック・ジャガー/ガッタ・ゲット・ア・グリップ/イングランド・ロスト(ユニバーサルミュージック インターナショナル/UICY-5133/CDS/4988031241271)

ミック・ジャガー、2007年のプロモ・シングル以来となるソロ名義シングルを緊急リリース!

2016年12月に発売した『ブルー&ロンサム』の大ヒット、2017年4月からシカゴに場所を移した「ストーンズ展覧会 EXHIBITIONISM」、そして9月からスタートするヨーロッパ・ツアー「ノー・フィルター」と話題に事欠かないストーンズ。そんな中フロントマンであるミック・ジャガーからサプライズ!

2007年に発売されたミック・ジャガーのベスト・アルバム『ヴェリー・ベスト・オブ・ミック・ジャガー』からプロモ・シングルとしてカットされた"チャームド・ライフ"以来10年ぶりとなるソロ名義シングル。

今年の7月26日に74歳になったばかりのミックからますます目が離せない!!

★日本盤のみ:解説/歌詞対訳付

1. ガッタ・ゲット・ア・グリップ / GOTTA GET A GRIP
2. イングランド・ロスト / ENGLAND LOST

●上記国内盤新譜CDSは下記サイトにて好評販売中!
http://diskunion.net/rock/ct/detail/XAT-1245674268



Posted by uncledog at 15:40:35Comments(0)TrackBack(0)

MICK JAGGER/GOTTA GET A GRIP / ENGLAND LOST (LIMITED EDITION LIMITED EDITION 12" VINYL)

2017-07-28

20302.jpg MICK JAGGER/GOTTA GET A GRIP / ENGLAND LOST (LIMITED EDITION LIMITED EDITION 12" VINYL)(POLYDOR/5781001/12"/0602557810011)

≪輸入盤12"≫

MICK JAGGER、2007年のプロモ・シングル以来となるソロ名義シングルを緊急リリース!

2016年12月に発売した『BLUE & LONESOME』の大ヒット、2017年4月からシカゴに場所を移した「ストーンズ展覧会 EXHIBITIONISM」、そして9月からスタートするヨーロッパ・ツアー「NO FILTER」と話題に事欠かないROLLING STONES。そんな中フロントマンであるMICK JAGGERからサプライズ!

2007年に発売されたMICK JAGGERのベスト・アルバム『VERY BEST OF MICK JAGGER』からプロモ・シングルとしてカットされた"CHARMED LIFE"以来10年ぶりとなるソロ名義シングル。

今年の7月26日に74歳になったばかりのMICKからますます目が離せない!!

1. GOTTA GET A GRIP
2. ENGLAND LOST

●上記輸入盤新譜12"は下記サイトにて好評販売中!
http://diskunion.net/rock/ct/detail/RY170727MJ02



Posted by uncledog at 15:37:06Comments(0)TrackBack(0)

JAMES WARREN/Innocent Bystander

2017-07-28

20299.jpg <輸入盤新譜CD情報>

JAMES WARREN/Innocent Bystander(ANGEL AIR RECORDS/SJPCD496/CD/5055011704961)

元スタックリッジ/コーギスのリード・ボーカル、ジェームズ・ウォレンの2017年新作アルバム「イノセント・バイスタンダー」。

極上のポップスに期待したいものです。

1. The First Time
2. Set Me Free
3. That’s What You Do To Me
4. You’ve Got The Love That matters
5. High Time
6. Everybody Needs Somebody
7. That’s How I’m Loving You
8. Colours
9. I Just Want You To Tell Me



Posted by uncledog at 12:55:27Comments(0)TrackBack(0)

Shirley Collins/TOPIC RECORDS PRESENTS An Introduction To

2017-07-28

20297.jpg <輸入盤新譜CD情報>

Shirley Collins/TOPIC RECORDS PRESENTS An Introduction To(TOPIC RECORDS/TICD002/CD/0714822000024)

英国のトピック・レコーズからシャーリー・コリンズの重要なレコーディングをメインに収録したコンピレーション・アルバムが登場!!

1.The Foggy Dew
2.I Drew My Ship
3.A Blacksmith Courted Me
4.The False Bride
5.All Things Are Quite Silent
6.Polly Vaughan
7.False True Love
8.Spencer The Rover
9.The Sweet Primeroses
10.Rambleaway
11.March The Morning Sun
12.The Cherry Tree Carol
13.The Moon Shines Bright
14.One Night As I Lay In My Bed
15.Come All You Little Streamers



Posted by uncledog at 11:48:49Comments(0)TrackBack(0)

OVEREND WATTS/HE'S REAL GONE

2017-07-27

20296.jpg OVEREND WATTS/HE'S REAL GONE(ANGEL AIR/SJPCD050/CD/5055011700505)

2017年遺作ソロ・アルバムがCDリリース!

2017年1月に惜しくも亡くなったMOTT THE HOOPLEのオリジナル・ベーシストOVEREND WATTS。

長い闘病期間を経てまさしく"HE'S REAL GONE"となってしまった彼が残した全13曲に加え、74年MOTT THE HOOPLEの7枚目&ラスト作『THE HOOPLE』楽曲"BORN LATE 58"のオリジナル・デモ音源をボーナス収録したファン必携盤です。

1. She's Real Gone
2. The Dinosaw Market
3. Caribbean Hate Song
4. He'd Be A Diamond
5. The Legend Of Redmire Pool
6. Prawn Fire On Uncle Sheep Funnel
7. Belle Of The Boot
8. There's Berkeley Power Station
9. The Magic Garden
10. Endless Night
11. Rise Up
12. The Search
13. Miss Kingston
14. Born Late 58 (Original Demo)

●上記輸入盤新譜CDは下記サイトにて好評販売中!
http://diskunion.net/rock/ct/detail/RS17072515



Posted by uncledog at 18:48:25Comments(0)TrackBack(0)

LINK WRAY/LINK WRAY(FUTURE DAYS RECORDINGS/FDR633/LP)

2017-07-27

20295.jpg LINK WRAY/LINK WRAY(FUTURE DAYS RECORDINGS/FDR633/LP/0826853063319)

71年作が新リマスターで初オフィシャル・アナログ・リイシュー!

永遠のギター・ヒーローLINK WRAYのスワンプ期、兄のVERNON WRAYがメリーランド州アコキークの自宅農場の納屋に持ち込んだ3トラック・レコーダーでセッションした録音から生まれた3アルバムを総称したいわゆる「SHACK TRILOGY」期の一枚。

STONESにも書けなかったと賞される"LA DE DA"、政治的な意味でもDYLANライクな"FALLIN' RAIN"、スワンピー・スロウ・バラッド"BLACK RIVER SWAMP"、NICK CAVEやNEVILLE BROTHERSがカヴァーした"FIRE AND BRIMSTONE"などなど、ブルース、カントリー、ゴスペル、フォークが一体となったスワンピーで南部色の強い泣きのUSルーツ/アメリカーナ名盤です。

50年代には"RUMBLE"をはじめとした放送禁止ナンバーで名を馳せ、70年台後半にはROBERT GORDONとの共演でカムバックするLINK先生のスルーされがちな時期の素晴らしい仕事。

オリジナル・ダイカット・スリーヴのリプロダクション。

1. La De Da
2. Take Me Home Jesus
3. Juke Box Mama
4. Rise And Fall Of Jimmy Stokes
5. Fallin' Rain
6. Fire And Brimstone
7. Ice People
8. God Out West
9. Crowbar
10. Black River Swamp
11. Tail Dragger

●上記輸入盤新譜LPは下記サイトにて好評販売中!
http://diskunion.net/rock/ct/detail/RS17072522



Posted by uncledog at 18:44:47Comments(0)TrackBack(0)

V.A./Campfire Classics

2017-07-27

20192.jpg ◆入荷いたしました♪

<輸入盤新譜CD情報>

V.A./Campfire Classics(DOCUMENTS/600406/10CD/4053796004062)

夏になれば海、山、川へとキャンプに行く方が多いと思います。そしてキャンプの夜にはキャンプファイアがつきものです。そのキャンプファイアを囲って皆で歌う歌がキャンプファイア・ソング。

昔から欧米で歌い継がれてきたキャンプファイア・ソングを200曲収録したグレイトなコンピレーション10枚組CDボックス「キャンプファイア・クラシックス」が登場。この夏はこのCDを持ってキャンプに行きたいものです。

カントリー、ブルーグラス、ウエスタン・スウイング、アメリカン・フォーク、スキッフル他、幅広いジャンルのキャンプファイア・ソングが収録されていますのでルーツ・ミュージック・ファンは要チェックです。

キングストン・トリオ、ウディ・ガスリー、ピート・シーガー、ジョーン・バエズ、バール・アイヴス、ブラザーズ・フォー、ハリー・ベラフォンテ、ミッチ・ミラー、ジョニー・キャッシュ、カーター・ファミリー他。

[DISC 1]

1.Kingston Trio - Tom Dooley
2.Buffalo Bills - Happy Days Are Here Again
3.Alexis Korner's Breakdown Group - Skip to My Lou
4.Highwaymen - Cotton Fields
5.Burl Ives - Down in the Valley
6.New Lost City Ramblers - Banks of the Ohio
7.Ernest Tubb - The Yellow Rose of Texas
8.Alan Lomax & Guy Caravan - Jesse James
9.Mitch Miller & The Gang - Camptown Races
10.Pete Seeger - Red River Valley
11.Hylo Brown & The Timber Liners - Blue Tail Fly
12.Carl Smith - You Are My Sunshine
13.Everly Brothers - I'm Here to Get My Baby Out Of Jail
14.Joan Baez - Wildwood Flower
15.Ken Colyer Skiffle Group - Down By the Riverside
16.Jimmie Driftwood - The Battle of New Orleans
17.Brothers Four - Greenfields
18.Carter Family - Wabash Cannonball
19.Mitch Miller & The Gang - The Children's Marching Song
20.Gene Autry - Deep in the Heart of Texas

[DISC 2]

1.Harry Belafonte - Island in the Sun
2.Ken Colyer Skiffle Group - Casey Jones
3.Highwaymen - Santiano
4.Kingston Trio - Everglades
5.Everly Brothers - Rocking Alone in an Old Rocking Chair
6.Carson J. Robison - Hand Me down My Walking Cane
7.Brothers Four - I Am a Roving Gambler
8.Jimmie Driftwood - I'm Too Young to Marry
9.Lonnie Donegan - Railroad Bill
10.Almanac Singers - Liza Jane
11.Gene Autry - Home on the Range
12.Woody Guthrie - This Land Is Your Land
13.Burl Ives - Big Rock Candy Mountain
14.Hank Williams - Pan American
15.Hank Snow - I'm Moving On
16.Les Paul & Mary Ford - Tennessee Waltz
17.Lester Flatt & Earl Scruggs - Jimmie Brown the Newsboy
18.Union Boys - U.A.W. - C.I.O.
19.Pete Seeger - If I Had a Hammer
20.Chas McDevitt Skiffle Group, Nancy Whiskey - Freight Train

[DISC 3]

1.Burl Ives - A Little Bitty Tear
2.Kingston Trio - Lemon Tree
3.Everly Brothers - That Silver-Haired Daddy of Mine
4.Lonnie Donegan - My Dixie Darling
5.Highwaymen - Cindy Oh Cindy
6.7Pete Seeger - Oh Susanna
7.Marty Robbins - Cool Water
8.Ken Colyer Skiffle Group - Take This Hammer
9.Brothers Four - Eddystone Light
10.Dickie Bishop & His Sidekicks - Precious Memories
11.The Tarriers - This Train
12.Jimmie Driftwood - Old Joe Clark
13.Happiness Boys - Does the Spearmint Lose It's Flavor
14.Ricky Nelson - Get Along Home Cindy
15.Hank Williams - Move It On Over
16.Don Gibson - Oh Lonesome Me
17.Vipers Skiffle Group - Pick a Bale of Cotton
18.Jim Reeves - Yonder Comes a Sucker
19.Peggy Seeger & Guy Caravan - Cumberland Gap
20.Harry Belafonte - Jamaica Farewell

[DISC 4]

1.Highwaymen - Michael (Row the Boat Ashore)
2.Lonnie Donegan - Rock O' My Soul
3.Kingston Trio - Ruby Red
4.Avon Cities Skiffle Group - Green Corn
5.Pete Seeger - Ida Red
6.Hank Williams - Honky Tonk Blues
7.Eden Street Skiffle Group - Raise A Ruckus Tonight
8.Burl Ives - Solidarity Forever
9.Sons of the Pioneers - Riders in the Sky
10.Ken Colyer Skiffle Group - Streamline Train
11.Jim Reeves - Mexican Joe
12.Harry Belafonte - Banana Boat
13.Woody Guthrie - So Long, It's Been Good To Know Ya
14.Roger Miller - Footprints in the Snow
15.The Square Dancers - Oh My Darling Clementine
16.Brothers Four - Yellow Bird
17.Leadbelly - There's a Man Goin' Round Takin' Names
18.Vipers Skiffle Group - Over in the Glory Land
19.Les Paul & Mary Ford - Mockingbird Hill
20.Rusty & Doug Kershaw - Diggy Diggy Lo

[DISC 5]

1.Everly Brothers - Lightning Express
2.Burl Ives - Hound Dog
3.Kingston Trio - A Worried Man
4.Woody Guthrie - Rambling Round Your City
5.Helen & June Carter - Polly Wolly Doodle
6.Sons of the Pioneers - Tumbling Tumbleweeds
7.Hank Williams - Your Cheatin' Heart
8.Jimmie Driftwood - Pretty Mary
9.The Weavers - Bay of Mexico
10.Ken Colyer Skiffle Group - The Grey Goose
11.Carter Family - Lonesome Valley
12.Burl Ives - Home on the Range
13.Al Dexter - Pistol Packin' Mama
14.Jo Stafford - Cripple Creek
15.Woody Guthrie - Old Time Religion
16.Cisco Houston - Ezekiel Saw the Wheel
17.Pete Seeger - Banks Of the Marble
18.The Weavers - Howard's Dead and Gone
19.The Tarriers - The Banana Boat Song
20.Pete Seeger - Cindy

[DISC 6]

1.Johnny Cash - I Walk the Line
2.Burl Ives - Cowboy's Dream (aka - My Bonnie)
3.The Weavers - Darling Corey
4.Everly Brothers - Roving Gambler
5.Kingston Trio - Where Have All the Flowers Gone
6.Leadbelly - Alabama Bound
7.Woody Guthrie - Gypsy Davy
8.Carter Family - My Dixie Darling
9.Jimmie Driftwood - Country Boy
10.Ken Colyer Skiffle Group & Lonnie Donegan - The Cotton Song
11.The Weavers - The Roving Kind
12.Joan Baez - Fare the Well
13.The Tarriers - Rock Island Line
14.Buell Kazee - The Wagoner's Lad
15.June Carter - The New Streamliner
16.Burl Ives - Mexicali Rose
17.Jimmie Driftwood - Song of the Cowboys
18.The Weavers - When the Stars Begin To Fall
19.Woody Guthrie - End Of My Line
20.Hank Williams - Jambalaya

[DISC 7]

1.Mitchell Torok - Caribbean
2.Hank Williams - I'm So Lonesome I Could Cry
3.Jimmie Driftwood - Billy the Kid
4.Everly Brothers - Who's Gonna Shoe Your Pretty Little Feet
5.The Weavers - Kumbaya
6.Burl Ives - The Last Round-Up
7.Woody Guthrie - Cumberland Gap
8.Chubby Parker - King Kong Kitchie
9.Carter Family - Are You Lonesome Tonight
10.Uncle Eck Dunford - Old Shoes and Leggins
11.The Weavers - Around the Corner
12.Johnny Cash - I Got Stripes
13.Washboard Sam - Mama Don't Allow
14.Stanley Brothers - Over in the Glory Land
15.The Cattlemen - She'll Be Coming 'Round the Mountain
16.The Weavers - Empty Pocket Blues
17.Hank Snow - The Wreck of the Old '97
18.Burl Ives - O Bury Me Not On the Lone Prairie
19.Woody Guthrie - Sourwood Mountain
20.Kingston Trio - M.T.A.

[DISC 8]

1.Billy Grammer - Gotta Travel On
2.Tennessee Ernie Ford - Mule Train
3.Kingston Trio - Sloop John B.
4.Burl Ives - Goober Peas
5.Skeets McDonald - Don't Let the Stars Get in Your Eyes
6.Pete Seeger - Billy Boy
7.Woody Guthrie - Columbus Stockade
8.Rusty Draper - Gambler's Guitar
9.Roy Rogers - Don't Fence Me in
10.Carter Family - Rambling Boy
11.Jimmie Driftwood - Jesse James
12.The Weavers - Let the Midnight Special
13.Doc Watson - Peg and Awl
14.Elders McIntosh & Edward's Sanctified Singers - Since I laid My Burden Down
15.Joan Baez - Rake and Rambling Boy
16.Sons of the Pioneers - Cigarettes, Whisky and Wild Wild Women
17.Burl Ives - Wayfaring Stranger
18.The Weavers - The Bay of Mexico
19.Woody Guthrie - More Pretty Girls than One
20.The Weavers - Almost Done

[DISC 9]

1.Terry Gilkyson - Marianne
2.The Weavers - Sinner Man
3.Hank Snow - The Last Ride
4.Carter Family - River Of Jordan
5.Vipers Skiffle Group - Hey Liley Liley Lo
6.Burl Ives - The Cowboy's Lament (Streets of Laredo)
7.Bailey Brothers - Rattlesnake Daddy
8.Kingston Trio - Saro Jane
9.Bill Monroe - The Coupon Song
10.Jimmie Driftwood - The Battle of San Juan Hill
11.Coon Creek Girls - Little Birdie
12.Delta Skiffle Group - John Brown's Body
13.Hodges Brothers - It Won’t Be Long
14.Morris Brothers - Salty Dog Blues
15.Blue Sky Boys - Are You from Dixie
16.The Weavers - The Keeper
17.McCormick Brothers - Banjo Twist
18.Woody Guthrie - Pretty Boy Floyd
19.Bailey Brothers - Happy Valley Special
20.Johnny Duncan & His Blue Grass Boys - Last Train to San Fernando

[DISC 10]

1.Johnny Cash - Bonanza
2.Woody Guthrie - Rangers Command
3.Kingston Trio - This Little Light of Mine
4.Bill Monroe - Orange Blossom Special
5.Vipers Skiffle Group - 10.000 Years Ago
6.Hank Snow - Casey Jones Was His Name
7.The Weavers - Erie Canal
8.Carter Family - Chewing Gum
9.City Ramblers Skiffle Group - When the Saints Go Marching In
10.Buster Carter & Preston Young - Roll in My Sweet Baby's Arms
11.Red Foley - Freight Train Boogie
12.The Weavers - Goodnight Irene
13.Don Gibson - Just One Time
14.Armstrong Twins - Baby Girl
15.Lonnie Donegan - Puttin' on the Style
16.Brownsferry Four - Will the Circle Be Unbroken
17.The Weavers - Get Along Little Dogies
18.Sons of the Pioneers - Ragtime Cowboy Joe
19.Bill Monroe - Y'All Come
20.Les Paul & Mary Ford - Vaya Con Dios

●上記輸入盤新譜CDは下記サイトにて好評販売中!
http://diskunion.net/rock/ct/detail/RS17072516



Posted by uncledog at 18:02:22Comments(0)TrackBack(0)

Robert Gordon & Link Wray/Cleveland '78

2017-07-27

20223.jpg Robert Gordon & Link Wray/Cleveland '78(Rockabilly Records/RBLY651.1/LP/0889466065118)

78年ライヴ音源がオレンジ・ヴァイナル仕様でアナログ・リリース!

1978年3月25日、オハイオ州クリーヴランドはTHE AGOURA公演を収録。

NYパンクスTUFF DARTSの活動でも知られネオロカ・ブームの火付け役ともなった帝王シンガーROBERT GORDONが、伝説であり憧れLINK WRAYを引っ張り出したプロジェクト、ROBERT GORDON WITH LINK WRAY。

77年と78年に2枚のアルバムをリリースしたデュオのライヴ・ステージを捉えた貴重な一夜です。

1ST『 ROBERT GORDON WITH LINK WRAY』で取り上げた"RED HOT"、"SUMMERTIME BLUES"、"THE FOOL"や、2ND『FRESH FISH SPECIAL』の"THE WAY I WALK"、"IF THIS IS WRONG"、"FIVE DAYS, FIVE DAYS"、"LONESOME TRAIN"、"TWENTY FLIGHT ROCK"に、BRUCE SPRINGSTEENが彼のアイドルELVIS PRESLEYをイメージして作りGORDONに提供した"FIRE"、そして言わずもがなのLINK WRAYクラシック"RUMBLE"、"RAWHIDE"も披露。LINK WRAYのギター・ソロも堪能できる名演盤です。

1 If This Is Wrong
2 Mystery Train
3 The Way I Walk
4 The Fool
5 I Sure Miss You
6 Rumble
7 Rawhide
8 Red Hot
9 My Baby Left Me
10 Lonesome Train
11 Five Days, Five Days
12 Summertime Blues
13 Twenty Flight Rock
14 Fire / Let's Play House
15 Endless Sleep

●上記輸入盤新譜LPは下記サイトにて好評販売中!
http://diskunion.net/rock/ct/detail/RS17072523



Posted by uncledog at 17:58:04Comments(0)TrackBack(0)

13th Floor Elevators/Psychedelic Circus

2017-07-27

20253.jpg 13th Floor Elevators/Psychedelic Circus(Sunset Blvd Records/CDSBR7915/CD/0708535791522)

09年初出リリースの60Sライヴ音源がCDリイシュー!

テキサス・サイケを、というよりも全サイケデリック・シーンを代表する名バンド13TH FLOOR ELEVATORSの未発表音源集。

1966年から67年のライヴ・テープ音源を中心にコンパイルされたもので、収録曲はファーストとほぼ同じ。

"ROLLER COASTER"、"FIRE ENGINE"、"YOU'RE GONNA MISS ME"といった13THクラシックにBO DIDDLEYカヴァー"BEFORE YOU ACCUSE ME"まで、ギミックを多用したスタジオ・サウンドもサイケの一側面ですがライヴならではのテンションとぶっ飛び具合に体が反応します。

1.Roller Coaster
2.You're Gonna Miss Me
3.Splash 1
4.Tried To Hide
5.Don't Fall Down
6.Reverberation
7.I'm Gonna Love You Too
8.You Don't Know
9.Everybody Needs Someone To Love
10.Monkey Island
11.Kingdom Of Heaven
12.Levitation
13.Before You Accuse Me
14.She Lives In A Time Of Her Own
15.Dust

●上記輸入盤新譜CDは下記サイトにて好評販売中!
http://diskunion.net/rock/ct/detail/RS17072512



Posted by uncledog at 17:52:26Comments(0)TrackBack(0)

V.A./THE ROUGH GUIDE TO HILLBILLY BLUES

2017-07-27

20258.jpg ◆輸入盤新譜CDがお先に入荷いたしました♪

V.A./THE ROUGH GUIDE TO HILLBILLY BLUES(WORLD MUSIC NETWORK/RGNET1357LP/LP/0605633135749)

V.A./THE ROUGH GUIDE TO HILLBILLY BLUES(WORLD MUSIC NETWORK/RGNET1357CD/CD/0605633135725)

●上記輸入盤新譜CDは下記サイトにて好評販売中!
http://diskunion.net/rock/ct/detail/RS17072517

カントリー・ブルース、ホワイト・ブルースのファンは要チェックなコンピレーション「ザ・ラフ・ガイド・トゥ・ヒルビリー・ブルース」。

ディック・ジャスティスの「コカイン」、フランク・ハッチスンの「スタッカリー」、ジミー・ロジャースの「ミュール・スキナー・ブルース」、クリフ・カーライルの「トラブル・マインディド・ブルース」他、全13曲収録。

<SIDE 1>
1.Roy Harvey & Jess Johnson/Guitar Rag
2.Dick Justice/Cocaine
3.Dock Boggs/Down South Blues
4.Frank Hutchison/Stackalee
5.Jimmie Rodgers/Mule Skinner Blues (Blue Yodel #8)
6.John Dilleshaw & The String Marvel/Spanish Fandango

<SIDE 2>
1.Clarence Greene/Johnson City Blues
2.Sam McGee/Buck Dancer's Choice
3.Darby And Tarlton/Slow Wicked Blues
4.Charlie Poole & The North Carolina Ramblers/If The River Was Whiskey
5.Dixon Brothers/Weave Room Blues
6.Larry Hensley/Match Box Blues
7.Cliff Carlisle/Trouble Minded Blues



Posted by uncledog at 17:48:25Comments(0)TrackBack(0)

SANDY ROGERS & AUSTIN DE LONE

2017-07-27

20264.jpg Sandy Rogers & Austin De Lone/Wonderin'(Rattle Records/CD/0888295488167)

サンディー・ロジャースの2016年新作、サード・アルバムは元エッグズ・オーヴァー・イージーのオースティン・デローンとのデュオ・アルバムで、カントリー・ブルース、ブルースをオリジナル作品でプレイしています。

「エレイン・メイ」のみ、オースティン・デローンのオリジナル作品です。

2016年3RDアルバムがCDリリース!

クエンティン・タランティーノ監督の92年代表作「レザボア・ドッグス」にもフィーチャーされた、85年ロバート・アルトマン作品「FOOL FOR LOVE」のタイトル楽曲"FOOL FOR LOVE"でも知られるシンガー・ソングライターSANDY ROGERS。

米国生まれ英国育ちの元祖パブ・ロック・バンドEGGS OVER EASYのキーボーディスト/ギター/ヴォーカルAUSTIN DE LONEを伴ったデュオによる2016年新作が登場です。

太いスライドの鳴く"MY BABY MINE"、ユニゾン・デュエットによる軽快な"MISSOURI BLUE"、ブルースハープも歌う"WONDERIN"、唯一のAUSTIN DE LONEのペンによる哀愁スロウ"ELAINE MAE"などなど、"FOOL FOR LOVE"のポップ・バラッドのイメージよりもさらにカントリー・ブルーズ要素の色濃いアメリカーナをDOLLY PARTONミーツJANIS JOPLINといった渋い声で奏でる全10曲。

1. Nothin' You Can Do 'Bout That
2. My Baby Mine
3. Missouri Blue
4. Good Dog
5. Wonderin'
6. Rented Room
7. The Tradewinds
8. Idaho
9. Elaine Mae(Austin De Lone)
10. Sand Walkin'

●上記輸入盤新譜CDは下記サイトにて好評販売中!
http://diskunion.net/rock/ct/detail/RS17072511

●下記サイトにて試聴可能です
https://store.cdbaby.com/cd/sandyrogers4#




Posted by uncledog at 17:45:21Comments(0)TrackBack(0)

Barbara Dickson, Archie Fisher, John MacKinnon/The Fate O’ Charlie: Songs of the Jacobite Rebellion

2017-07-26

20293.jpg <輸入盤新譜CD情報>

Barbara Dickson, Archie Fisher, John MacKinnon/The Fate O’ Charlie: Songs of the Jacobite Rebellion(Greyscale/GSGZ003CD/CD/5060230868875)

ジャコバイトとは1688年に英国で起こった名誉革命の反革命勢力の通称です。

その名誉革命で国外追放された祖父ジェームス2世が失ったスコットランド、イングランド、アイルランドを支配する王権を取り戻す野心を持ち、イタリアからフランスを経てやってきたスコットランドのステュワート王室の末裔であるボニー・プリンス・チャーリーと呼ばれたチャールズ・エドワード・ステュワートの運命をテーマにしたトータル・アルバム「ザ・フェイト・オー・チャーリー:ソングス・オブ・ザ・ジャコバイト・リべリオン」(TRAILER RECORDS/LER 3002/LP)が世界初CD化!!

プロデュースはトレイラー・レコーズの総帥、ビル・リーダーが担当。

オリジナル盤LPは1969年リリース。

アーチー・フィッシャーの重厚な歌唱、バーバラ・ディクソンの深みのあるトラッド・シンギングが堪能できる英国フォーク、トラッド等のファンは必携の1枚。

Archie Fisher(VOCAL,GUITAR,CONCERTINA,DULCIMER,MANDOLIN)
Barbara Dickson(VOCAL,GUITAR,BOHDLUN)
John MacKinnon(VOCAL,VIOLIN,MANDOLIN)

1.Cam Ye O'er Frae France
2.The Three Healths
3.Wha Wadna Fight for Charlie
4.The White Cockade
5.My Bonny Hieland Laddie
6.The Highland Widow’s Lament
7.Prestonpans
8.The Battle o’ Prestonpans
9.Killecrankie
10.O’er the Water ta Charlie
11.Prince Charlie
12.Highland Harry
13.The Fate O’ Charlie
14.The Highlander’s Lament
15.O’er the Water
16.The Flowers O’ the Forces



Posted by uncledog at 12:41:59Comments(0)TrackBack(0)

バリー・マン&シンシア・ワイル/プライヴェート・トレジャーズ

2017-07-26

20140.jpg ◆入荷いたしました♪

※初回のみの特典として本編未収録のレア音源4曲を収録したボーナス・ディスク封入!!

<国内盤新譜CD情報>

バリー・マン&シンシア・ワイル/プライヴェート・トレジャーズ(ヴィヴィド・サウンド/VSCD3954/CD+BONUS CD/4540399039541)

BARRY MANN & CYNTHIA WEIL/ORIGINAL DEMOS, PRIVATE RECORDINGS AND RARITIES

「どんな名曲・大ヒット曲も、最初は生まれたままだった…」

ついに世界解禁!!全ポップス・ファン驚愕!!そして、感涙!!バリー・マン&シンシア・ワイル監修のプライヴェート・レコーディング集が満を持しての登場!!

キャロル・キングの半生を描き、バリー・マン&シンシア・ワイルも登場する世界的大ヒット・ミュージカル『ビューティフル』の日本上陸を記念し、公演タイミングと同時に堂々のリリース!

クインシー・ジョーンズ『愛のコリーダ(The Dude)』収録の名曲「Just Once」、セルジオ・メンデスがヒットさせた「Never Gonna Let You Go」のオリジナル・デモ・レコーディングはなんとジェイムス・イングラムだった!!

そんなヒット・バラードを含む、ブリル・ビルディング時代/60'sポップス黄金期〜70'sシンガーソングライター〜80’s/90’s AOR、ブラック・コンテンポラリー期、そして現在ポップ・シーンまでを駆け抜ける名ソングライター・チームが残した珠玉の名曲群を収めた秘蔵のワークテープを紐解くと名曲が生まれたその奇跡の瞬間を感じることができる!!

いま世にはいくつものマン=ワイル・ソングブック的編集盤が出回っているけれど、それはほとんど楽曲提供先アーティストの音源を掻き集めて収録したもの。

バリー自身の歌が聴けるモノは、60〜70年代に出した『LAY IT ALL OUT』や『SURVIVOR』など4枚のリーダー作を除くと、ゲストも豪華だった先の新録セルフ・カヴァー集『SOUL & INSPIRATION』しかなかった。

でも今度登場するのは、その元ネタとでもいうべき、バリー秘蔵の60年代録音の真正デモと、90年代前半に宅録した(ほぼ)弾き語りの音源集なのだ。

それだけでも世にいるバリー・ファンは驚愕されると思う。けれど、もっともカナザワを感激させたのはその先だ。何と、クインシー・ジョーンズ、セルジオ・メンデスでそれぞれ大ヒットしたマン=ワイルの名バラードが、オリジナル・デモで聴けるのである。しかも普段はバリー自身がデモ・シンガーを務めるのに、これはクインシーの秘蔵っ子と言われて世に出るジェイムス・イングラムが、無名時代にデモ・シンガーを務めている。

すなわち、“クインシーの秘蔵っ子” を最初にクインシーに引き合わせたのは、バリー&シンシアだったのだ。そしてセル・メンのヒット曲として知られるバラード・ヒットも、同じシンガーがデモ録音していた。これを聴くと、なるほど セル・メン完成版の歌が “クインシーの秘蔵っ子” に酷似していた理由が分かる。

更にまだ誰も録音してないという、比較的新しいデモ楽曲もありーの、でアルバム・プロデュースは、『SOUL & INSPIRATION』と同じフレッド・モーリン。

この音源を90年代半ばにバリーから聴かされた彼は、それを作品に昇華させるべく奔走し、ゲストを迎えて新録『SOUL & INSPIRATION』として完成させた。

そして今回は、その元ネタをアルバムにまとめたワケ。彼の熱意がなければ、この音源集は陽の目を見なかっただろう。バリー&シンシア、そして我が友フレッド・モーリンに乾杯 (Toshi Kanazawa's Blogより)

未発表&レア写真、英文歌詞、マン&ワイルへのロング・インタビュー掲載の64P豪華ブックレット付き。解説:長門芳郎&金澤寿和。

※初回オーダーのみの特典として本編未収録のレア音源4曲を収録したボーナス・ディスク封入。

<ボーナスディスク>
1. Just Once
2. Rock and Roll Lullaby
3. Sometimes When You Touch
4. Never Gonna Let You Go

※すべてバリー・マン本人の歌唱によるデモ音源

1. (You’re My) Soul And Inspiration
2. Hungry
3. I Just Can’t Help Believing
4. We Gotta Get Out Of This Place
5. Looking Through The Eyes of Love
6. Kicks
7. Shades of Gray
8. Who Put The Bomp
9. You’ve Lost That Loving Feeling
10. Here You Come Again
11. Don’t Know Much
12. On Broadway
13. Somewhere Out There
14. Just Once (James Ingram DEMO)
15. Never Gonna Let You Go (James Ingram DEMO)
16. Just A Little Lovin’ (Margaret Ross’ DEMO)
17. There’s No Easy Way
18. You Turn Me Around
19. Now I Do
20. Somewhere In The Distance
21. Sometimes When We Touch (Work Tape)

●上記国内盤新譜CDは下記サイトにて好評販売中!
http://diskunion.net/rock/ct/detail/XAT-1245671968



Posted by uncledog at 10:04:28Comments(0)TrackBack(0)

Peter Lewis/Just Like Jack(Shagrat Records/ENT023/2LP)

2017-07-26

20256.jpg Peter Lewis/Just Like Jack(Shagrat Records/ENT023/2LP/5051078956510)

モビー・グレープのオリジナル・メンバーだったピーター・ルイスの2017年新作アルバム「ジャスト・ライク・ジャック」。

1995年にTAXIM RECORDSからリリースされたファースト・ソロ・アルバム「ピーター・ルイス」に続くスタジオ録音によるセカンド・ソロ・アルバムとなります。

レコーディングはテキサスのオースティンで行われ、ロッキー・エリクソン(元サーティーンス・フロア・エレヴェイタ―ズ)のバック・バンド、ジ・エクスプロ―シヴズのギターリスト、カム・キング他が参加。

昔ながらのディープなバリトン・ヴォイスは健在で、サウンド的にはバーズのメンバー、ジーン・パーソンズのファースト・ソロ・アルバム「キンドリング」に近いとのことなので興味深いものがあります。

なお、アナログ盤LPは英国盤のみのリリースで限定500枚プレス。

Peter Lewis(vocal,six and 12 string guitar,harmonica)
Layton DePenning(bass)
Cam King(guitar)
Freddie Krc(drums)

[DISC 1]

1.Be With Me
2.Courage
3.To The Hearse
4.Last Chance
5.Valley Music Festival

[DISC 2]

1.Sailing
2.The Survivor
3.Just Like Jack
4.When
5.These Blues

●上記輸入盤新譜LPは下記サイトにて好評販売中!
http://diskunion.net/rock/ct/detail/RS17072502



Posted by uncledog at 09:52:26Comments(0)TrackBack(0)

Stephen Stills & Judy Collins/Everybody Knows

2017-07-25

20292.jpg <輸入盤新譜情報>

Stephen Stills & Judy Collins/Everybody Knows(Wildflower/CD)

ステファン・スティルスとジュディ―・コリンズによる待望のデュオ・アルバム「エヴりバディ・ノウズ」。

1. Handle with Care
2. So Begins the Task
3. River of Gold
4. Judy
5. Everybody Knows
6. Houses
7. Reason to Believe
8. Girl from the North County
9. Who Knows Where the Time Goes
10. Questions



Posted by uncledog at 17:58:30Comments(0)TrackBack(0)

◆祝、来日決定!! ガーランド・ジェフリーズが2017年10月7〜8日に開催される朝霧ジャムに出演が決定!!

2017-07-25

20291.jpg ◆祝、来日決定!! ガーランド・ジェフリーズが2017年10月7〜8日に開催される朝霧ジャムに出演が決定!!

*以下は同フェスティバルのウェブサイト情報です

開催日/開催地:2017年10月7日 (土) 8日 (日) 富士山麓 朝霧アリーナ・ふもとっぱら

●詳細は下記同フェスティバルのウェブサイトを参照下さい!!
http://asagirijam.jp/

●同フェスティバルのFBは下記です
https://www.facebook.com/asagirijam/

*ガーランド・ジェフリーズの新作CD/LP好評販売中!!

Garland Jeffreys/14 Steps To Harlem(LUNA PARK RECORDS/LP005/CD/0040232552144)

Garland Jeffreys/14 Steps To Harlem(LUNA PARK RECORDS/LP006/LP/0040232553219)

ハードボイルドな語り口が魅力のシンガー・ソングライター、ガーランド・ジェフリーズの2017年新作アルバム「14 ステップス・トゥ・ハーレム」。

アルバム・タイトル曲の「14 ステップス・トゥ・ハーレム」は自分や兄弟を立派に育ててくれた父親と母親に捧げた楽曲で、幼少の頃の経験が歌われている印象的な内容です。

オリジナル作品に加えて、シラキュース大学時代からの親友、故ルー・リードへのトリビュートとしてヴェルヴェット・アンダーグラウンドの「ウェイティング・フォー・ザ・マン」のカバーやジョン・レノンの功績を称えてビートルズの「ヘルプ」をプレイしています。

ローリー・アンダースンがバイオリンでゲスト参加。又、娘のサヴァンナがデュエットで参加しています。

<CD>
1. When You Call My Name
2. Schoolyard Blues
3. 14 Steps To Harlem
4. Venus
5. Reggae On Broadway
6. Time Goes Away
7. Spanish Heart
8. I'm A Dreamer
9. Waiting For The Man
10. Help
11. Colored Boy Said
12. Luna Park Love Theme

[LP]

<Side One>
1. When You Call My Name
2. Schoolyard Blues
3. 14 Steps To Harlem
4. Venus
5. Reggae On Broadway
6. Time Goes Away

<Side Two>
1. Spanish Heart
2. I'm A Dreamer
3. Waiting For The Man
4. Help
5. Colored Boy Said
6. Luna Park Love Theme

●上記輸入盤新譜CDは下記サイトにて好評販売中!
http://diskunion.net/rock/ct/detail/RS17050802

●上記輸入盤新譜LPは下記サイトにて好評販売中!
http://diskunion.net/rock/ct/detail/RS17050803

●ガーランド・ジェフリーズのウェブサイトは下記です
http://garlandjeffreys.com/

●ガーランド・ジェフリーズのFBは下記です
https://www.facebook.com/GarlandJeffreys/?fref=ts



Posted by uncledog at 16:13:12Comments(0)TrackBack(0)

「ブライト・ポイボス」(TRAILER RECORDS/LER2076/LP)が遂に待望の正規再発決定!!

2017-07-24

20179.jpg ◆入荷いたしました♪

<輸入盤新譜情報>

Lal & Mike Waterson/Bright Phoebus(Domino Recording Co/REWIG102/CD/0887830010221)

●上記輸入盤新譜CDは下記サイトにて好評販売中!
http://diskunion.net/portal/ct/detail/1007200683

Lal & Mike Waterson/Bright Phoebus(Domino Recording Co/REWIGCD102X/DELUXE 2CD/0887830010207)

●上記輸入盤新譜CDは下記サイトにて好評販売中!
http://diskunion.net/portal/ct/detail/1007200684

Lal & Mike Waterson/Bright Phoebus(Domino Recording Co/REWIGLP102/STANDARD LP/0887830010214)

●上記輸入盤新譜LPは下記サイトにて好評販売中!
http://diskunion.net/portal/ct/detail/1007200685

Lal & Mike Waterson/Bright Phoebus(Domino Recording Co/DELUXE 2LP/0887830010238)

●上記輸入盤新譜LPは下記サイトにて好評販売中!
http://diskunion.net/portal/ct/detail/1007200686

英国におけるフォーク・リヴァイヴァル・シーンの中でも最も伝統的なスタンスで活動し、英国のトラッド・ソングを歌っていたファミリー・グループ、ウォーターソンズ。

そのウォーターソンズのメンバー、ラルとマイク・ウォーターソンズが1972年にトレイラー・レコーズからリリースしたフォーク・ロックの名作の誉れ高いアルバム「ブライト・ポイボス」(TRAILER RECORDS/LER2076/LP)が遂に待望の正規再発決定!!

なお、アルバム・タイトルにあるポイボスとはギリシア神話における太陽の神としてのアポロ(Apollo)の呼び名であり、擬人化された太陽のことである。

リチャード・トンプソン、マーティン・カーシー、アシュリー・ハッチングス、デイヴ・マタックス、ティム・ハート、マディ・プライア他、豪華ゲストが参加。

プロデュースはトレイラー・レコーズのビル・リーダーが担当。ジャケット・デザインはジャネット・ケールが手掛けているのもマニアには興味深いものです。

通常盤CD/LPの他に、未発表デモ音源を12曲追加収録したデラックス・ヴァージョンの2CD/2LPはマニアにはうれしい限りです。

MIKE WATERSON(VOCAL)
LAL WATERSON(VOCAL)
RICHARD THOMPSON(GUITAR)
MARTIN CARTHY(GUITAR)
ASHLEY HUTCHINGS(BASS)
DAVE MATTACKS(DRUMS)
SUE KIRKPATRICK(OBOE)
TIM HART(TUMBARINE)
MADDY PRIOR(VOCAL)

[DISC 1]

1.Rubber Band
2.The Scarecrow
3.Fine Horseman
4.Winifer Odd
5.Danny Rose
6.Child Among The Weeds
7.Magical Man
8.Never The Same
9.To Make You Stay
10.Shady Lady
11.Red Wine Promises
12.Bright Phoebus

[DISC 2](The 1971 Demos)

1.Danny Rose
2.Fine Horseman
3.Winifer Odd
4.Child Among The Weeds
5.Magical Man
6.Bright Phoebus
7.Red Wine Promises
8.Song For Thirza
9.The Scarecrow
10.Never The Same
11.One Of Those Days
12.Jack Frost



Posted by uncledog at 17:55:57Comments(0)TrackBack(0)

HANK WILLIAMS/ALONE & FORSAKEN: THE DEMOS(LP)

2017-07-24

20288.jpg <輸入盤新譜LP情報>

HANK WILLIAMS/ALONE & FORSAKEN: THE DEMOS(RURAL ROUTES/LPRR5001/LP/0639857500113)

ルーツ・ロック、カントリー・ロック等のファンにも人気の高いハンク・ウイリアムスのデモ音源集「アローン&フォーセイクン:ザ・デモズ」がアナログ盤LPでも登場。

「ホンキー・トンク・ブルース」「ジャンバラヤ」他、19曲収録(CDは29曲収録)

1.Honky Tonk Blues
2.Jambalaya (On The Bayou)
3.I Could Never Be Ashamed Of You
4.You Caused It All By Telling Lies
5.(I’m Gonna) Sing, Sing, Sing
6.Weary Blues From Waitin’
7.Tennessee Border
8.No Not Now
9.Thank God
10.Your Cheatin’ Heart
11.Fool About You
12.Blue Love (In My Heart)
13.Please Don’t Let Me Love You Alone & Forsaken
14.I Wish I Had A Nickel
15.With Tears In My Eyes
16.Rockin’ Chair Money
17.My Bucket’s Got A Hole In It
18.We Live In Two Different Worlds
19.Kaw-Liga



Posted by uncledog at 12:52:44Comments(0)TrackBack(0)

Peter Lewis/Just Like Jack(Steadyboy Records/STEB50.2/CD)

2017-07-21

20257.jpg Peter Lewis/Just Like Jack(Steadyboy Records/STEB50.2/CD/0614511844529)

モビー・グレープのオリジナル・メンバーだったピーター・ルイスの2017年新作アルバム「ジャスト・ライク・ジャック」。

1995年にTAXIM RECORDSからリリースされたファースト・ソロ・アルバム「ピーター・ルイス」に続くスタジオ録音によるセカンド・ソロ・アルバムとなります。

レコーディングはテキサスのオースティンで行われ、ロッキー・エリクソン(元サーティーンス・フロア・エレヴェイタ―ズ)のバック・バンド、ジ・エクスプロ―シヴズのギターリスト、カム・キング他が参加。

昔ながらのディープなバリトン・ヴォイスは健在で、サウンド的にはバーズのメンバー、ジーン・パーソンズのファースト・ソロ・アルバム「キンドリング」に近いとのことなので興味深いものがあります。

なお、アナログ盤LPは英国盤のみのリリースで限定500枚プレス。

Peter Lewis(vocal,six and 12 string guitar,harmonica)
Layton DePenning(bass)
Cam King(guitar)
Freddie Krc(drums)

1.Be with Me
2.Courage
3.To the Hearse
4.Last Chance
5.Sailing
6.Screwball
7.These Blues
8.The Survivor
9.When
10.Just Like Jack

●上記輸入盤新譜CDは下記サイトにて好評販売中!
http://diskunion.net/rock/ct/detail/RS17071802



Posted by uncledog at 10:57:38Comments(0)TrackBack(0)

Denny Laine Band & Ron Pullman/Denny Laine Band With Special Guest Artist Ron Pullman

2017-07-21

20181.jpg ◆入荷いたしました♪

<輸入盤新譜情報>

Denny Laine Band & Ron Pullman/Denny Laine Band With Special Guest Artist Ron Pullman(Ron Pullman Music/RONP239.1/12"EP/0040232574832)

元ムーディー・ブルース、ポール・マッカートニー&ウイングスのギターリスト、デニー・レインの2017年新作12インチ・シングル盤。

デニー・レイン・バンドとロン・プルマンによるスタジオ・ライヴ・レコーディングによる2曲「メント・トゥ・ビー」と「オーヴァー・ザ・ホライズン」を収録。

往年のマージ―・ビート・サウンドのようです。

<SIDE A>
Meant to Be

<SIDE B>
Over the Horizon

●上記輸入盤は下記サイトにて好評販売中!
http://diskunion.net/rock/ct/detail/RS17071805


●デニー・レインのウェブサイトは下記です
http://www.dennylaine.com/



Posted by uncledog at 10:48:40Comments(0)TrackBack(0)

V.A./Woody Guthrie:The Tribute Concerts(BEAR FAMILY RECORDS/BCD17329/3CD)

2017-07-19

20277.jpg <輸入盤新譜CD情報>

V.A./Woody Guthrie:The Tribute Concerts(BEAR FAMILY RECORDS/BCD17329/3CD/5397102173295)

1967年10月3日に亡くなった米国を代表するフォーク・シンガー、ウディ・ガスリーの2回に渡る追悼コンサート(オリジナル盤は2枚のアナログ盤LP)がボーナス・トラックを20曲追加収録した3枚組CDセットにて登場。

1968年1月20日にニューヨークのカーネギー・ホールにて開催された追悼コンサートにはボブ・ディラン、ザ・バンドのメンバー、ジャック・エリオット、アーロ・ガスリー、ジュディ・コリンズ、リッチ―・ヘヴンス、オデッタ、トム・パクストン、ピート・シーガーが出演。

1970年9月12日にロサンジェルスのハリウッド・ボールにて開催された追悼コンサートにはジョーン・バエズ、ジャック・エリオット、アーロ・ガスリー、オデッタ、カントリー・ジョー・マクドナルド、リッチ―・ヘヴンス、アール・ロビンソン、ピート・シーガー、ライ・クーダーが出演。

ハード・カバー仕様の書籍×2冊収録

[DISC 1]

1:Pete Seeger & Arlo Guthrie (harmonica) with Full Cast/Intro This Train Is Bound For Glory
2:Robert Ryan/Narration
3:Will Geer/Narration
4:Arlo Guthrie/Oklahoma Hills
5:Will Geer/Narration
6:Judy Collins/So Long, It's Been Good To Know Yuh (Dusty Old Dust)
7:Robert Ryan/Narration
8:Woody Guthrie/Riding In My Car
9:Will Geer/Narration
10:Pete Seeger/Curly Headed Baby
11:Robert Ryan/Narration
12:Odetta/Ramblin' Round
13:Will Geer/Narration
14:Pete Seeger, Judy Collins & Arlo Guthrie/Goin' Down The Road (I Ain't Gonna Be Treated This A-Way)
15:Robert Ryan/Narration
16:Tom Paxton/Pretty Boy Floyd
17:Will Geer/Narration
18:Richie Havens/Blues For Woody
19:Will Geer/Narration
20:Judy Collins/Plane Wreck At Los Gatos (Deportee)
21:Richie Havens/Vigilante Man
22:Tom Paxton/Pastures Of Plenty
23:Bob Dylan/Grand Coulee Dam
24:Bob Dylan/Dear Mrs Roosevelt
25:Bob Dylan/I Ain't Got No
26:Judy Collins/Roll On Columbia (Part 1)
27:Robert Ryan/Narration
28:Judy Collins/Roll On Columbia (Part 2)
29:Pete Seeger & Richie Havens/Jackhammer John
30:Tom Paxton/Biggest Thing That Man Has Ever Done (The Great Historical Bum)
31:Judy Collins & Pete Seeger/Union Maid
32:Robert Ryan/Will Geer/Judy Collins /Narration
33:Odetta, Will Geer, Arlo Guthrie with Full Cast/This Land Is Your Land

[DISC 2]

1:Full Cast/Intro This Train Is Bound For Glory
2:Peter Fonda & Will Geer/Narration
3:Arlo Guthrie/Oklahoma Hills
4:Will Geer/Narration
5:Joan Baez & Pete Seeger/So Long, It's Been Good To Know Yuh
6:Peter Fonda/Narration
7:Country Joe McDonald, Arlo Guthrie, Jack Elliott & Pete Seeger/Goin' Down The Road (Ain't Gonna Be Treated This A-Way)
8:Peter Fonda & Will Geer/Narration
9:Joan Baez/Hobo's Lullaby
10:Peter Fonda/Narration
11:Odetta/Ramblin' Round
12:Will Geer/Narration
13:Pete Seeger & Arlo Guthrie/I Ain't Got No Home (Woody Guthrie)
14:Peter Fonda/Narration
15:Country Joe McDonald/Pretty Boy Floyd
16:Richie Havens/Nine Hundred Miles
17:Will Geer & Peter Fonda/Narration
18:Joan Baez/Plane Wreck At Los Gatos (Deportee)
19:Peter Fonda/Narration
20:Odetta/John Hardy
21:Will Geer/Narration
22:Jack Elliott, Pete Seeger, Joan Baez, Earl Robinson, Country Joe McDonald & Arlo Guthrie/Hard Travelin'
23:Will Geer/Narration
24:Richie Havens/Vigilante Man
25:Peter Fonda/Narration
26:Jack Elliott/1913 Massacre
27:Arlo Guthrie/Do Re Mi (Woody Guthrie)
28:Will Geer/Narration
29:Joan Baez/Pastures Of Plenty (Woody Guthrie)
30:Peter Fonda/Narration
31:Earl Robinson & Pete Seeger/Roll On Columbia

[DISC 3]

1:Will Geer/Narration
2:Odetta with Will Geer & Peter Fonda/Why Oh Why & (Narration)
3:Earl Robinson/Mail Myself To You
4:Jack Elliott/Howdido
5:Peter Fonda/Narration
6:Country Joe McDonald/Woman At Home (Woody Guthrie / Country Joe McDonald)
7:Will Geer/Narration
8:Pete Seeger/The Sinking Of The Reuben James
9:Will Geer/Narration
10:Arlo Guthrie/Jesus Christ
11:Arlo Guthrie & Joan Baez, Odetta, John Pilla & Gib Guilbeau/I've Got To Know
12:Arlo Guthrie, Country Joe McDonald, Odetta, Joan Baez & Pete Seeger/This Train Is Bound For Glory
13:Peter Fonda & Joan Baez/Narration
14:Full Cast/This Land Is Your Land / So Long, It's Been Good To Know Yuh
15:Arlo Guthrie (interview)/The only thing I really remember…
16:Arlo Guthrie (interview)/These events with a multitude of people…
17:Judy Collins (interview)/First of all, your mom…
18:Jack Elliott (interview)/I received an invitation…
19:Jack Elliott (interview)/I was very excited about the whole thing…
20:Rick Robbins (interview)/It was a mob scene…
21:Rick Robbins (interview)/When he came out…
22:Judy Collins (interview)/I was very nervous…
23:Rick Robbins (interview)/I was very moved by…
24:Tom Paxton (interview)/I was invited by…
25:Tom Paxton (interview)/We all went on stage together…
26:Tom Paxton (interview)/Oh, I look at pictures of me…
27:Rick Robbins (interview)/And then after the show was more memories…
28:Phil Ochs (interview)/The Woody Guthrie concert was my last straw…
29:Arlo Guthrie (interview)/The second time I had more of a hand…
30:Country Joe McDonald (interview)/Well at the rehearsal…
31:Country Joe McDonald (interview)/The soundcheck for the show I was sitting…
32:Arlo Guthrie (interview)/One of the great things…
33:Arlo Guthrie (interview)/I was with Warner Brothers at the time…
34:Arlo Guthrie (interview)/The records were made taking bits and pieces…
35:Pete Seeger (interview)/Woody lives on…
36:Bob Dylan (interview)/Last Thoughts On Woody Guthrie



Posted by uncledog at 12:07:47Comments(0)TrackBack(0)

Randall Bramblett/Juke Joint At The Edge Of The World

2017-07-14

20174.jpg Randall Bramblett/Juke Joint At The Edge Of The World(New West Records/NEWW6398.2/CD/0607396639823)

●上記輸入盤新譜CDは下記サイトにて好評販売中!
http://diskunion.net/rock/ct/detail/RS17071402

Randall Bramblett/Juke Joint At The Edge Of The World(150 Gram Vinyl, Digital Download Card)(New West Records/NEWW5202.1/LP/0607396520213)

●上記輸入盤新譜LPは下記サイトにて好評販売中!
http://diskunion.net/rock/ct/detail/RS17071401

米国のベテラン・セッション・ミュージシャン、シンガー・ソングライター、ランドール・ブラムレットの2017年新作アルバム「ジューク・ジョイント・アット・ジ・エッジ・オブ・ザ・ワールド」。

ランドール・ブラムレットはサザン・ロック、アメリカン・ロックのファンやマニアには70年代にシー・レヴェルのレコーディングに参加していたことやグレッグ・オールマン、ロビー・ロバートソン、ボ二ー・ブラムレット等、数多くの有名アーティストのレコーディングやライヴに参加してきたセッション・ミュージシャン及びソングライターとして有名です。

1.Plan B
2.Pot Hole On Main Street
3.Trippy Little Thing
4.Garbage Man
5.I Just Don't Have The Time
6.Since You're Gone
7.Devil's Haircut
8.Fine
9.Mali Katra
10.Do You Want To Be Free

●ランドール・ブラムレットのウェブサイトは下記です
http://randallbramblett.com/



Posted by uncledog at 17:52:18Comments(0)TrackBack(0)

Willie Nile/Positively Bob: Willie Nile Sings Bob Dylan

2017-07-14

20225.jpg Willie Nile/Positively Bob: Willie Nile Sings Bob Dylan(Virtual Label Group/9916.1/LP/0881626505618)

●上記輸入盤新譜LPは下記サイトにて好評販売中!
http://diskunion.net/rock/ct/detail/RS17070331

Willie Nile/Positively Bob: Willie Nile Sings Bob Dylan(Virtual Label Group/9916.2/CD/0881626505625)

●上記輸入盤新譜CDは下記サイトにて好評販売中!
http://diskunion.net/rock/ct/detail/RS17071404

ウイリー・ナイルの2017年新作アルバム「ポジティヴリー・ボブ:ウイリー・ナイル・シングス・ボブ・ディラン」はボブ・ディランのカバー集です。

「新しいディラン」「次のスプリングスティーン」と称えられたアメリカのグレイトな80'Sシンガーソングライター、ウイリー・ナイルのディラン・ライクなソウルフルな歌声でどのようにディランの名曲に新たな息吹を吹き込んでいるか、楽しみです。

「時代は変わる」「風に吹かれて」「激しい雨が降る」他、全10曲収録。

1 The Times They Are A-Changin'
2 Rainy Day Women #12 & 35
3 Blowin' in the Wind
4 A Hard Rain's A-Gonna Fall
5 I Want You
6 Subterranean Homesick Blues
7 Love Minus Zero, No Limit
8 Every Grain of Sand
9 You Ain't Goin' Nowhere
10 Abandoned Love

●ウイリー・ナイルのウェブサイトは下記です
http://www.willienile.com/



Posted by uncledog at 17:42:49Comments(0)TrackBack(0)

Eric Andersen/Mingle With The Universe: Worlds Of Lord Byron

2017-07-14

20211.jpg Eric Andersen/Mingle With The Universe: Worlds Of Lord Byron(Meyer Records/MEYR214.1/LP/4260088442147)

●上記輸入盤新譜LPは下記サイトにて好評販売中!
http://diskunion.net/rock/ct/detail/RS17071005

Eric Andersen/Mingle With The Universe: Worlds Of Lord Byron(Meyer Records/MEYR213.2/CD/4260088442130)

●上記輸入盤新譜CDは下記サイトにて好評販売中!
http://diskunion.net/rock/ct/detail/RS17071403

エリック・アンダーセンの2017年新作アルバム「ミングル・ウィズ・ザ・ユニヴァース:ワールズ・オブ・ロード・バイロン」。

ロード・バイロンとして知られるイギリスの詩人、第6代バイロン男爵ジョージ・ゴードン・バイロンの詩にエリック・アンダーセンが曲を付けてレコーディングしたアルバムです。

1.There’ll Be None Of Beauty’s Daughters
2.Song To Augusta
3.She Walks In Beauty
4.Hail To The Curled Darling
5.Farewell To A Lady
6.Child Harold’s Farewell
7.Albion
8.Fifty Times
9.Darkness
10.Taqsim
11.Mingle With The Universe
12.Maid Of Athens

<CDのみのボーナス・トラック>
13.When We Two Parted
14.So We’ll Go No More A-Roving

●エリック・アンダーセンのウェブサイトは下記です
http://www.ericandersen.com/



Posted by uncledog at 17:39:08Comments(0)TrackBack(0)

Bruce Springsteen and the E Street Band/Wachovia Spectrum Philadelphia, PA October 20, 2009(Bruce Springsteen/3CDR)

2017-07-14

20275.jpg <輸入盤新譜CDR情報>

Bruce Springsteen and the E Street Band/Wachovia Spectrum Philadelphia, PA October 20, 2009(Bruce Springsteen/3CDR)

ブルース・スプリングスティーンの2009年10月20日、フィラデルフィアにあった屋内競技場、ワコビア・スペクトラムにて開催されたコンサートのライヴ音源の登場!!

Bruce Springsteen(Lead vocal, electric and acoustic guitars, harmonica, piano)
Roy Bittan(Piano, electric keyboards, accordian)
Clarence Clemons(Tenor and baritone saxophones, pennywhistle, percussion, backing vocal)
Nils Lofgren(Guitar, pedal steel guitar, accordion, backing vocal, harmonica)
Garry Tallent(Bass)
Stevie Van Zandt(Electric guitars, mandolin, vocal)
Max Weinberg(Drums)
Soozie Tyrell(Violin, acoustic guitar, backing vocal, percussion)
Charlie Giordano(Organ, electric keyboards)
Curtis King Jr.(Backing vocal, percussion)
Cindy Mizelle(Backing vocal, percussion)
Curt Ramm(Trumpet)

1. The Price You Pay
2. Wrecking Ball
3. Out in the Street
4. Hungry Heart
5. Working On A Dream
6. Born in the U.S.A.
7. Cover Me
8. Darlington County
9. Working On The Highway
10. Downbound Train
11. I'm On Fire
12. No Surrender
13. Bobby Jean
14. I'm Goin' Down
15. Glory Days
16. Dancing in the Dark
17. My Hometown
18. The Promised Land
19. The River
20. Long Walk Home
21. The Rising
22. Born to Run
23. (Your Love Keeps Lifting Me) Higher and Higher
24. Spirit In The Night
25. Loose Ends
26. Kitty's Back
27. American Land
28. Save the Last Dance For Me
29. Waitin' on a Sunny Day
30. Thunder Road
31. Rosalita (Come Out Tonight)

●下記ボスのサイトで試聴可能です
http://live.brucespringsteen.net/live-music/0,17344/Bruce-Springsteen---The-E-Street-Band-mp3-flac-download-10-20-2009-Wachovia-Spectrum-Philadelphia-PA.html



Posted by uncledog at 17:15:41Comments(0)TrackBack(0)

Terry Allen/Bottom of the World

2017-07-14

20274.jpg Terry Allen/Bottom of the World(Tla Records/TLAR44.2/CD/0634457577220)

Terry Allen/Bottom of the World(Tla Records/TLAR44.1/LP/0634457577213)

テリー・アレンの2013年のアルバム「ボトム・オブ・ザ・ワールド」。変わらぬいぶし銀の味わいがする素晴らしい内容です。

1.Four Corners
2.Queenie's Song
3.Hold on to the House
4.Do They Dream of Hell in Heaven
5.The Bottom of the World
6.Angels of the Wind
7.Emergency Human Blood Courier
8.Wake of the Red Witch
9.The Gift
10.Sidekick Anthem
11.Covenant

テリー・アレンのウェブサイトは下記です
http://www.terryallenartmusic.com/



Posted by uncledog at 11:49:18Comments(0)TrackBack(0)

DAN FORGELBERG/LIVE AT CARNEGIE HALL

2017-07-11

20210.jpg Dan Fogelberg/Live at Carnegie Hall(Nether Lands Records/5638944249.2/2CD/0888295576680)

1979年4月17日、NYCはカーネギー・ホール公演を収録。

ジェントルな語り口と巧みな多重録音によるハーモニーでSSW時代を代表する存在となったイリノイ出身のシンガー・ソングライター、ダン・フォーゲルバーグ。

79年のソロ・アコースティック・ツアーよりの一夜。

72年1ST『HOME FREE』からの"STARS"、"TO THE MORNING"、74年作『SOUVENIRS』からの"SOUVENIRS"、"ILLINOIS"、"PART OF THE PLAN"、"MORNING SKY"、"THERE'S A PLACE IN THE WORLD FOR A GAMBLER"、"(SOMEONE'S BEEN) TELLING YOU STORIES"、" SONG FROM HALF MOUNTAIN"、75年作『CAPTURED ANGEL』からの"CROW"、"OLD TENNESSEE"、"NEXT TIME"、77年作『NETHER LANDS』からの"NETHER LANDS"、"ONCE UPON A TIME"、"SKETCHES"、78年TIM WEISBERGとの共作『TWIN SONS OF DIFFERENT MOTHERS』からの"GUITAR ETUDE #3"、"PARIS NOCTURNE"などキャリアを振り返る楽曲群に、79年11月リリース予定の新作『PHOENIX』よりの"BEGGARS GAME"、"ALONG THE ROAD"に、80年に発表することになる名クリスマス・ソング"SAME OLD LANG SYNE (懐かしき恋人の歌)、LUIZ BONFAの『黒いオルフェ』クラシック"MANHA DE CARNIVAL"カヴァーも披露するなど、曲の良さをシンプルに最大限引き出す名演が詰まっています。

[Disc 1]
1. Nether Lands
2. Once Upon a Time
3. Stars
4. Crow
5. Old Tennessee
6. Song from Half Mountain
7. (Someone's Been) Telling You Stories
8. To the Morning
9. Paris Nocturne
10. Sketches Summer
11. Sketches Winter

[Disc 2]
1. Next Time
2. Manha De Carnival
3. Guitar Etude #3
4. Plastered in Paris
5. The Chauvinist Song
6. Full Moon Mansion
7. Beggars Game
8. Same Old Lang Syne
9. All Night Long
10. Morning Sky
11. Souvenirs
12. Illinois
13. Part of the Plan
14. There's a Place in the World for a Gambler
15. Along the Road

●上記輸入盤新譜CDは下記サイトにて好評販売中!
http://diskunion.net/rock/ct/detail/RS17071002

●下記サイトにて試聴可能です
https://store.cdbaby.com/cd/danfogelberg2



Posted by uncledog at 15:33:37Comments(0)TrackBack(0)

DON BARNES/RIDE THE STORM

2017-07-11

20220.jpg ◆入荷いたしました♪

<輸入盤新譜CD情報>

DON BARNES/RIDE THE STORM(MERODIC ROCK RECORDS/3003921.2/2CD/5055300392176)

サザン・ロックを代表するバンド、38スペシャルのボーカル、ギターを担当していたことで知られるドン・バーンズが1989年にレコーディングし、A&Mレコーズからリリース予定であったにもかかわらず惜しくもお蔵入りとなった幻のファースト・ソロ・アルバム「ライド・ザ・ストーム」が遂に初登場。

トトのメンバー、ジェフ・ポーカロ、マイク・ポーカロやダン・ハフ、マーティン・ブライリー他、豪華実力派が参加した佳作です。

AOR、メロディック・ハード等が好きな方は要チェックです。

ディスク1には本来、リリース予定だった楽曲を収録。ボーナス・ディスクとなるディスク2にはオルタネイト・ミックスと3曲のボーナス・トラックを追加収録。

[Disc 1]
01. RIDE THE STORM
02. LOOKING FOR YOU
03. I FALL BACK
04. DON'T LOOK DOWN
05. MAYBE YOU'LL BELIEVE ME NOW
06. I'D DO IT ALL OVER AGAIN
07. EVERY TIME WE SAY GOODBYE
08. FEELIN' STRONGER EVERY DAY
09. AFTER THE WAY
10. JOHNNY AIN'T SO COOL

[Disc 2]
01. RIDE THE STORM (ALTERNATE MIX)
02. LOOKING FOR YOU (ALTERNATE MIX)
03. I FALL BACK (ALTERNATE MIX)
04. DON'T LOOK DOWN (ALTERNATE MIX)
05. MAYBE YOU'LL BELIEVE ME NOW (ALTERNATE MIX)
06. I'D DO IT ALL OVER AGAIN (ALTERNATE MIX)
07. EVERY TIME WE SAY GOODBYE (ALTERNATE MIX)
08. FEELIN' STRONGER EVERY DAY (ALTERNATE MIX)
09. AFTER THE WAY (ALTERNATE MIX)
10. JOHNNY AIN'T SO COOL (ALTERNATE MIX)
11. THROUGH THE EYES OF LOVE (BONUS TRACK)
12. LOOKING FOR JULIET (BONUS TRACK)
13. LET'S TALK ABOUT LOVE (BONUS TRACK)

●上記輸入盤新譜CDは下記サイトにて好評販売中!
http://diskunion.net/rock/ct/detail/RS17071001



Posted by uncledog at 15:22:17Comments(0)TrackBack(0)

Raymond Scott/Three Willow Park: Electronic Music from Inner Space, 1961&#8211;1971

2017-07-11

20242.jpg Raymond Scott/Three Willow Park(Basta/BAKO432.1/3LP/8712530934329)

Three Willow Park: Electronic Music from Inner Space, 1961–1971

赤ちゃん向け電子音作品『SOOTHING SOUNDS FOR BABY』で知られる希代の電子音作家、まさかの未発表レア音源集第2弾が2CD/3LP発掘リリース!

PERREY-KINGSLEYやBRUCE HAACKらと並び立ち、TERRY RILEYからPHILIP GLASS、BRIAN ENOにKRAFTWERKにAPHEX TWINまでを繋いだモンド電子音楽の権威かつ象徴であり、50年代から自身の「研究室」で実験を繰り返し、CM音楽やカートゥーン・サントラなどポピュラー音楽のフィールドにいち早く電子音を取り入れた元ジャズ・バンド・リーダー兼作曲家、ピアニストRAYMOND SCOTT。

00年に発掘リリースされた56年から69年にかけての2CDレア音源集『MANHATTAN RESEARCH INC』に引き続いてのまさかの第2弾は、まさかの満面の笑みで61年から71年の61曲をコンパイル。実験音楽畑やロック畑、映画音楽畑の多くの音楽家が電子音響を宇宙からの音と位置づけアウター・スペースの音作りをしていた傍らで、この男はインナー・スペースと対峙した結果としての電子音を生み出していたようです。思いついたアイデアを形にしてみただけの"IDEA #35"、これいいじゃんと残した"NICE SOUND #3"、金の無駄遣いを音にしてみたらこんなかな?の"THE SOUND OF MONEY BEING WASTED"、ポップ・ロックってこんな感じだろって"CINDY ALTERNATE (POP ROCK)"、バレエっぽいのもやっとこうな"BALLET-LIKE BITS"などなど、前作から引き続き、創作楽器CLAVIVOX(キーボード・テルミン)に、ポリフォニックなシーケンサーCIRCLE MACHINE、ほかベース・ライン・ジェネレイターにリズム・モジュレイターにドラム・マシーンBANDITO THE BONGO ARTIST、テープ・モンタージュ、オシレーター、アコースティック楽器、声等々を駆使して生み出された貴重なお手製電子音クラシックスの数々。単なるJ脳内スケッチをポップでモンドでアブストラクトでアンビエントでシンセ・ポップな音塊として形に表した天才の仕事の片隅を聞いてぜひ悶絶を。

GERT-JAN BLOM / IRWIN CHUSIDのプロデュース。20ページ・ブックレット。

ダウンロード・コード付属。

※3枚組のボックス装ではなく3枚のLPとブックレットがまとめてシュリンク包装されています。

Disc 1
1. This Is a Sound/Alka-Seltzer Effects #7
2. Dorothea
3. Idea #35
4. Ohio Bell Mystery
5. Domino Sugar Demo
6. Auto-Lite Effects
7. Cyclic Bit #1
8. It's a Little Complicated
9. A Rhythm Ballet
10. The Sound of Money Being Wasted
11. Pygmy War Dance
12. Cindy Alternate (Pop Rock)
13. Nice Sound #3
14. Carribea
15. Rhythm Sample #9
16. Ballet-Like Bits
17. Cyclic Bit #2
18. Portofino (Theme)
19. Rhythm Sample #2
20. 1st Class Electronium (Part 1)
21. Limbo Effects Reel
22. Mood Piece
Disc 2
1. Thermofax Effects
2. Ripples Effects #1
3. Electronium Movie Score
4. In a 21st Century Drawing Room
5. Nice Set-Up #7
6. Idea #36
7. Cyclic Bit #3
8. Sparrows (Part 1)
9. Ripples Fugue
10. The Toy Trumpet (Demo #1)
11. IBM Probe #3
12. Portofino #3
13. Sparrows (Part 2)
14. Cindy Flair Look Rhythm
15. Super Cheer Instrumental
16. Auto-Lite Wheels Effects
17. Tone Stepper
18. Rhythm Sample #2 (Half-Speed Demo)
19. 1st Class Electronium (Part 2)
20. The Toy Trumpet (Demo #2)
Disc 3
1. Rhythm Sample #5
2. Ripples Effects #2
3. Effect #6/Five-Five
4. Rhythm Sample #6
5. Cat Concerto (Alley Cats)
6. Toy Funk
7. Iceberg Bit
8. 2nd Class Electronium
9. 500
10. Bee Swing
11. Clavivox Demo Intro
12. IBM Probe #4
13. Portofino #4
14. Night on a Calm Sea
15. Ohio Bell Rhythm Track
16. 1st Class Electronium (Part 3)
17. Baltimore Gas & Electric Test
18. Cindy Variations Pt. 1
19. Three Motown Electronium Adaptations (By Hoby Cook)

●上記輸入盤新譜LPは下記サイトにて好評販売中!
http://diskunion.net/rock/ct/detail/RS17071008

●レイモンド・スコットのウェブサイトは下記です
http://www.raymondscott.net/



Posted by uncledog at 15:16:28Comments(0)TrackBack(0)

PHILIPPE DEBARGE Feat The Pretty Things/Rock St Trop(Madfish/SMALP1078/LP)

2017-07-10

20266.jpg <輸入盤新譜LP情報>

PHILIPPE DEBARGE Feat The Pretty Things/Rock St Trop(Madfish/SMALP1078/LP/0636551807814)

1969年、資金繰りに苦労していたプリティ・シングスがエレクトリックバナナとはまた別にフランス人資産家フィリップ・デバージ氏に依頼されて録音したものの結局発売されなかったレア盤が2009年に初出となりましたが、今回は新たにリマスターし、アナログ盤LPでも登場!

「SFホロウ」及び「パラシュート」をリリースしていた時期の為、内容は素晴らしいの一言。

<SIDE 1>
1.Hello, How Do You Do ?
2.You Might Even Say
3.Alexander
4.Send You With Loving
5.You're Running You And Me

<SIDE 2>
1.Peace
2.Eagle's Son
3.Graves Of Grey
4.New Day
5.It'll Never Be Me
6.I'm Checking Out
7.All Gone Now




Posted by uncledog at 12:57:25Comments(0)TrackBack(0)

PHILIPPE DEBARGE Feat The Pretty Things/Rock St Trop(Madfish/SMACD1078/CD)

2017-07-10

20265.jpg <輸入盤新譜CD情報>

PHILIPPE DEBARGE Feat The Pretty Things/Rock St Trop(Madfish/SMACD1078/CD/0636551807821)

1969年、資金繰りに苦労していたプリティ・シングスがエレクトリックバナナとはまた別にフランス人資産家フィリップ・デバージ氏に依頼されて録音したものの結局発売されなかったレア盤が2009年に初出となりましたが、今回は新たにリマスターし、ボーナス・トラックを2曲追加した全15曲入りCDで再度登場!

「SFホロウ」及び「パラシュート」をリリースしていた時期の為、内容は素晴らしいの一言。

デジパック仕様、16ページ・ブックレット付

1. Hello, How Do You Do
2. You Might Even Say
3. Alexander
4. Send You With Loving
5. You're Running You and Me
6. Peace
7. Eagles Son
8. Graves of Grey
9. New Day
10. It'll Never Be Me
11. I'm Checking Out
12. All Gone Now

<BONUS TRACKS>
13. Monsieur Rock (Ballad of Philippe)
14.Lover
15.Silver Stars



Posted by uncledog at 12:49:46Comments(0)TrackBack(0)

STEVE YOUNG/HONKY-TONK MAN

2017-07-07

20233.jpg ◆入荷いたしました♪

<輸入盤新譜CD情報>

STEVE YOUNG/HONKY-TONK MAN(BIG PINK MUSIC/BIGPINK498/CD/8809270025025)

シンガー・ソングライター、スティーヴ・ヤングが1975年にリリースした3枚目のソロ・アルバム「ホンキー・トンク・マン」(Mountain Railroad Records/MR52776/LP)が紙ジャケ仕様で再発CD化。

1969年にA&Mからリリースしたソロ・デビュー・アルバム「ロック、ソールト&ネイル」、1972年のセカンド・アルバム「セヴン・ブリッジズ・ロード」に匹敵する素晴らしい内容です。

シンガーソング・ライター、アウトロー・カントリー等が好きな方にお薦め。

1. Honky-Tonk Man
2. Brain Cloudy Blues
3. Rock Salt & Nails
4. Rockin' Chair Money
5. Ramblin' Man
6. The Night They Drove Ol' Dixie Down
7. Traveling Kind
8. Sally Goodin'
9. Alabama Highway
10. Vision Of A Child
11. We've Been Together On This Earth Before
12. The White Trash Song

●上記輸入盤新譜CDは下記サイトにて好評販売中!
http://diskunion.net/rock/ct/detail/RY170623BP01



Posted by uncledog at 16:03:07Comments(0)TrackBack(0)

MARTIN BRILEY/FEAR OF THE UNKNOWN

2017-07-07

20234.jpg ◆入荷いたしました♪

<輸入盤新譜CD情報>

MARTIN BRILEY/FEAR OF THE UNKNOWN(BIG PINK MUSIC/BIGPINK499/CD/8809270025032)

英国のシンガー・ソングライター、マーティン・ブライリーが1981年にリリースしたファースト・アルバム「フィア・オブ・ジ・アンノウン」(Mercury/SRM-1-4026/LP)が紙ジャケ仕様で初CD化。

AOR、パワー・ポップ等のファンは要チェックです

1. Slipping Away
2. The Man I Feel
3. I Feel Like A Milkshake
4. First To Know
5. Heart Of Life
6. A Little Knowledge Is A Dangerous Thing
7. I Don't Feel Better
8. More Of The Same
9. One Step Behind
10. Fear Of The Unknown

●上記輸入盤新譜CDは下記サイトにて好評販売中!
http://diskunion.net/rock/ct/detail/RY170623BP02

●マーティン・ブライリーのウェブサイトは下記です
http://www.martinbriley.com/index.htm



Posted by uncledog at 16:01:50Comments(0)TrackBack(0)

JOEL SCOTT HILL, JOHN BARBATA, CHRIS ETHRIDGE/L.A. GETAWAY

2017-07-07

20235.jpg ◆入荷いたしました♪

<輸入盤新譜CD情報>

JOEL SCOTT HILL, JOHN BARBATA, CHRIS ETHRIDGE/L.A. GETAWAY(BIG PINK MUSIC/BIGPINK500/CD/8809270025049)

ジョエル・スコット・ヒル、ジョン・バーバタ、クリス・エスリッジが豪華ゲストを迎えてレコーディングしたLAスワンプの名作として有名な1971年のアルバム「L.A.ゲッタウェイ」(ATCO Records/SD 33-357/LP)が紙ジャケ仕様で再発CD化。

ジョエル・スコット・ヒルはこのセッションの後にキャンド・ヒートに参加。ジョン・バーバタは元タートルズのメンバー。クリス・エスリッジは元フライングバリット・ブラザーズのメンバーとしても知られています。

ドクター・ジョン、ブッカ― T ジョーンズ、スプナー・オールダム、レオン・ラッセル、ジョン・セバスチャン、クラレンス・ホワイト(バーズ)、クライド・キング他が参加。

1. Bring It To Jerome
2. It's Your Love
3. Long Ago
4. Craney Crow
5. The Promised Land
6. Ole Man Trouble
7. Eyesight
8. L.A. Getaway
9. Big City
10. So Long

●上記輸入盤新譜CDは下記サイトにて好評販売中!
http://diskunion.net/rock/ct/detail/RY170623BP03



Posted by uncledog at 16:00:35Comments(0)TrackBack(0)

NIGEL OLSSON/NIGEL OLSSON'S DRUM ORCHESTRA AND CHORUS

2017-07-07

20236.jpg ◆入荷いたしました♪

<輸入盤新譜CD情報>

NIGEL OLSSON/NIGEL OLSSON'S DRUM ORCHESTRA AND CHORUS(BIG PINK MUSIC/BIGPINK502/CD/8809270025063)

エルトン・ジョン・バンドのドラマーとして活躍したナイジェル・オルソンが1971年にリリースしたファースト・ソロ・アルバム「ナイジェル・オルソンズ・ドラム・オーケストラ・アンド・コーラス」(DJM Records/DJLPS 417/LP)が紙ジャケ仕様で再発CD化。

エルトン・ジョン・バンドのメンバー、ディー・マレイ、カリブ・クエイ及びB.J.コール、キャシー・マクドナルドがゲスト参加。

1. Sunshine Looks Like Rain
2. I'm Coming Home
3. Nature's Way
4. Hummingbird
5. Some Sweet Day
6. I Can't Go Home Again
7. And I Know In My Heart
8. We've Got A Long Way To Go
9. Wierdhouse
10. China

●上記輸入盤新譜CDは下記サイトにて好評販売中!
http://diskunion.net/rock/ct/detail/RY170623BP05

●ナイジェル・オルソンのファン・サイトは下記です
http://www.angelfire.com/ca/nigelfanclub/



Posted by uncledog at 15:58:30Comments(0)TrackBack(0)

GERRY LOCKRAN/HOLD ON-I'M COMING!

2017-07-07

20231.jpg ◆入荷いたしました♪

<輸入盤新譜CD情報>

GERRY LOCKRAN/HOLD ON-I'M COMING!(BIG PINK MUSIC/BIGPINK501/CD/8809270025056)

英国のブルース・シンガー、ギターリスト、シンガー・ソングライター、ジェリー・ロックランが1967年にリリースした激レアなファースト・ソロ・アルバム「ホールド・オン:アイム・カミング」(UK Planet Records原盤/PLL1002/LP) が紙ジャケ仕様で待望の初CD化!!

ジョン・マークがプロデュース。後にペンタングルのメンバーとなるベース奏者、ダニー・トンプソンやテリー・コックス他によるクールなプレイが堪能できる素晴らしいアルバムです。ライナーはアレクシス・コーナーが担当。

Gerry Lockran(vocal,guitar)
Johnny Birch(piano)
Danny Thompson(double bass)
Ray Warleigh(alto sax,flute)
Terry Cox(drums)

1. Feel So Good
2. See See Rider
3. Keep Your Hands Off Her
4. Seventh Son
5. Tell Me Baby
6. Black Girl
7. New York's My Home
8. Midnight Special
9. Soulful Dress
10. Wandering
11. So Much Trouble
12. Apples, Peaches And Cherries

*オリジナル盤LPの収録曲は下記オーダーとなります

<SIDE ONE>
1. Feel So Good
2. See See Rider
3. Keep Your Hands Off Her
4. Seventh Son
5. Tell Me Baby
6. Black Girl

<SIDE TWO>
1. New York's My Home
2. Midnight Special
3. Soulful Dress
4. Wandering
5. So Much Trouble
6. Apples, Peaches and Cherries

●上記輸入盤新譜CDは下記サイトにて好評販売中!
http://diskunion.net/rock/ct/detail/RY170623BP04

●ジェリー・ロックランのウェブサイトは下記です
http://www.gerrylockran.net/



Posted by uncledog at 15:55:32Comments(0)TrackBack(0)

Compton & Batteau/In California

2017-07-07

20196.jpg ◆入荷いたしました♪

<輸入盤新譜情報>

Compton & Batteau/In California(Earth Recordings/EARTHLP021/LP/0809236102188)

Compton & Batteau/In California(Earth Recordings/EARTHCD021/CD/0809236102171)

ジョン・コンプトンとロビン・バトゥによるデュオ、コンプトン&バトゥが1970年にコロンビア・レコーズからリリースした唯一のアルバム「イン・カリフォルニア」がアナログ盤LPとCDで待望の再発。

ジム・メッシーナ、ランディ・マイズナー、ラスティ・ヤング他がゲスト参加。

ジョン・コンプトンは1973年にリリースしたファースト・ソロ・アルバム「トゥ・ルナ」がシンガー・ソングライターのファンに人気の高い激レア盤として有名です。

1 Laughter Turns to Blue
2. Silk On Steel
3. Honeysuckle
4. Narration
5. Elevator
6. Narration
7. Homesick Kid
8.Proposition
9.Narration
10.Grotto Farm
11.Essa Vanessa
12.Zephyr
13.Narration
14.California

●上記輸入盤新譜LPは下記サイトにて好評販売中!
http://diskunion.net/rock/ct/detail/RS17070325

●上記輸入盤新譜CDは下記サイトにて好評販売中!
http://diskunion.net/rock/ct/detail/RS17070326



Posted by uncledog at 15:51:34Comments(0)TrackBack(0)

RONNIE D'ADDARIO/FIRST SONGS. 1976-1983

2017-07-05

20260.jpg RONNIE D'ADDARIO/FIRST SONGS. 1976-1983(YOU ARE THE COSMOS/YATC29/3CD/8436001906164)

ビートレスク・ポップ・ファンもLEMON TWIGSファンも必聴必携! 傑作しかないオブスキュア・ポップ・シンガー・ソングライターの初期音源集が3CDリリース!

76年作『TAKE IN A SHOW』、81年作『FALLING FOR LOVE』、83年作『GOOD FOR YOU』にデモなど4曲のボーナス・トラックをコンパイルした決定盤全40曲。

極一部のパワー・ポップ・ファンには知られたオブスキュア・ポップ・シンガー・ソングライターRONNIE D'ADDARIO。

マンハッタン生まれでED SULLIVAN THEATERの近くで育ち、BEATLESのED SULLIVANショウに触発されてギターを手にした極普通の青年。

アイリッシュ・フォーク・グループTHE CLANCY BROTHERS AND TOMMY MAKEMのTOMMY MAKEMのギタリストとしてキャリアをスタート、82年にTHE CARPENTERSが録音した未発表楽曲"FALLING FOR LOVE"の作者としてもマニアに知られるマイナーなシンガー・ソングライターです。

MCCARTNEYライクな弾むピアノの"I'M ON TO SOMETHING"、EMITT RHODESの未発表曲としか思えないキャッチー・フックの"NICE MEETING YOU - AGAIN"や"LET ME JUST LOOK AT YOU"、LEMON TWIGSにもカヴァーされる"LOVE STEPPED OUT"などなどなど、柔らかでジェントリーなヴォーカルとハーモニー、伸びやかでまろやかなポップ・センスで紡がれるあまりにも素晴らしい楽曲ぞろい。

大袈裟ではなくPAUL MCCARTNEY/WINGSやBADFINGERからBRIAN WILSON、GILBERT O'SULLIVAN、EMITT RHODES、TODD RUNDGREN、HONEYBUS、LEFT BANKE等々の系譜に確実に連なる名ポップ・ソングライターです。今まであまり知られてこなかったことが、いや知らなかったことが非常に悔やまれます。

ちなみにRONNIE D'ADDARIO、近年「アリエル・ピンク・ミーツ・レノン=マッカートニー」と評される大注目のティーン兄弟デュオLEMON TWIGSのBRIANとMICHAELのD'ADDARIO兄弟の父上でもあります。

[Disc 1]

1. Love Stepped Out
2. Take In A Show
3. You're Not Alone
4. Let's Lets Go
5. Time Meant Money Spent On You
6. Nice Meeting You-Again
7. The Sun Is Out
8. Here We Are Again
9. It's Spring Too Soon
10. T.R.E.N.C.H. Coat (bonus)
11. Lady Rag (bonus)
12. I Was Your Window (demo)

[Disc 2]

1. Falling For Love
2. Let Me Just Look At You
3. I'm On To Something
4. Steps
5. I Don't Have the Heart
6. You Played Too Rough With My Heart
7. Wait In the Wings
8. You Can Cure A Rainy Day
9. Two Little Children
10. I Woke Up Today
11. Just Passing Throught
12. Make Matters Worse
13. Vocal Tracks Medley (bonus)
14. Yesterday's News
16. Overnight Success

[Disc 3]

1. Good For You
2. Thinking Out Loud
3. Inspiration
4. Part Time Lovin' Is A Full Time Job
5. Next Time And Time Again
6. Love Up My Sleeve
7. Love On My Hands
8. Let's Take It Again
9. Suite 16
10. PDA
11. Pop Rock
12. Amanda Lynne

●上記輸入盤新譜CDは下記サイトにて好評販売中!
http://diskunion.net/rock/ct/detail/RS17070501



Posted by uncledog at 16:21:11Comments(0)TrackBack(0)

RONNIE D'ADDARIO/BEST OF 1976-1983

2017-07-05

20259.jpg RONNIE D'ADDARIO/BEST OF 1976-1983(YOU ARE THE COSMOS/YATC28/LP/8436001906157)

ビートレスク・ポップ・ファンもLEMON TWIGSファンも必聴必携! 傑作しかないオブスキュア・ポップ・シンガー・ソングライターの初期音源集が抜粋盤LPリリース!

76年作『TAKE IN A SHOW』、81年作『FALLING FOR LOVE』、83年作『GOOD FOR YOU』から抜粋された良いとこ取りの全12曲。

極一部のパワー・ポップ・ファンには知られたオブスキュア・ポップ・シンガー・ソングライターRONNIE D'ADDARIO。

マンハッタン生まれでED SULLIVAN THEATERの近くで育ち、BEATLESのED SULLIVANショウに触発されてギターを手にした極普通の青年。

アイリッシュ・フォーク・グループ、THE CLANCY BROTHERS AND TOMMY MAKEMのTOMMY MAKEMのギタリストとしてキャリアをスタート、82年にTHE CARPENTERSが録音した未発表楽曲"FALLING FOR LOVE"の作者としてもマニアに知られるマイナーなシンガー・ソングライターです。

MCCARTNEYライクな弾むピアノの"I'M ON TO SOMETHING"、EMITT RHODESの未発表曲としか思えないキャッチー・フックの"NICE MEETING YOU - AGAIN"や"LET ME JUST LOOK AT YOU"、LEMON TWIGSにもカヴァーされる"LOVE STEPPED OUT"などなどなど、柔らかでジェントリーなヴォーカルとハーモニー、伸びやかでまろやかなポップ・センスで紡がれるあまりにも素晴らしい楽曲ぞろい。

大袈裟ではなくPAUL MCCARTNEY/WINGSやBADFINGERからBRIAN WILSON、GILBERT O'SULLIVAN、EMITT RHODES、TODD RUNDGREN、HONEYBUS、LEFT BANKE等々の系譜に確実に連なる名ポップ・ソングライターです。今まであまり知られてこなかったことが、いや知らなかったことが非常に悔やまれます。。

ちなみにRONNIE D'ADDARIO、近年「アリエル・ピンク・ミーツ・レノン=マッカートニー」と評される大注目のティーン兄弟デュオLEMON TWIGSのBRIANとMICHAELのD'ADDARIO兄弟の父上でもあります。

1. Wait In the Wings
2. Nice Meeting You - Again
3. Good For You
4. Falling For Love
5. Love Stepped Out
6. Let Me Just Look At You
7. It's Spring Too Soon
8. Part Time Lovin' Is a Full Time Job
9. I'm On To Something
10. Thinking Out Loud
11. Take In a Show
12. The Sun Is Out

●上記輸入盤新譜LPは下記サイトにて好評販売中!
http://diskunion.net/rock/ct/detail/RS17070502



Posted by uncledog at 16:16:21Comments(0)TrackBack(0)

ビーチ・ボーイズ/サンシャイン・トゥモロウ~ビーチ・ボーイズ1967

2017-07-05

20215.jpg ◆入荷いたしました♪

<国内盤新譜CD情報>

ビーチ・ボーイズ/サンシャイン・トゥモロウ~ビーチ・ボーイズ1967(ユニバーサルミュージック インターナショナル/UICY-15607/8/2SHM-CD/4988031235720)

●1967年、『スマイル』の制作を断念したビーチ・ボーイズが、失意のブライアン・ウィルソン邸に集まって制作した2枚のアルバムに関連する貴重な未発表音源など、レコーディングから50年を経て明かされるファン待望の決定版2枚組コレクションが登場!

●ディスク1には、マーク・リネット&アラン・ボイドがオリジナルの8トラック・マスターから新たにミックスしたアルバム『ワイルド・ハニー』(1967年12月18日発表)初のステレオ版に加え、同セッションからのアウトテイクや別ヴァージョン、更には1967年11月のデトロイト公演を中心とした同アルバム収録曲のライヴ・バージョンなど、全31曲を収録。

●ディスク2には、アルバム『スマイリー・スマイル』(1967年9月18日発表)制作時のアウトテイクや別ヴァージョンの他、幻の“ライヴ” アルバム『レイド・イン・ハワイ』用にカリフォルニアのスタジオでレコーディングされた音源や、ブライアン・ウィルソンも参加したホノルルでのライヴ&リハーサルなどを収録。

●28Pブックレット封入/SHM-CD仕様

[DISC 1]
1-11 ★ワイルド・ハニー・ステレオ・アルバム(初登場)
12-25 ★ワイルド・ハニー・セッションズ: 1967年11月(未発表)
26-31 ★ワイルド・ハニー・ライヴ1967-1970(未発表)

[DISC 2]
1-10 ★スマイリー・スマイル・セッションズ: 1967年6~7月(未発表)
11-24 ★レイド・イン・ハワイ“ライヴ”アルバム: 1967年9月(未発表)
25-29 ★ライヴ・イン・ハワイ: 1967年8月(未発表)
30-32 ★サンクスギビング・ツアー1967(未発表)
33-34 ★スタジオ・レコーディング1967(未発表)

【ディスクユニオン・オリジナル特典】

『ザ・ビーチ・ボーイズ / サンシャイン・トゥモロウ~ビーチ・ボーイズ1967』をお買上げのお客様に先着で、ディスクユニオン・オリジナル・復刻ミニチュア・日本盤シングル・ジャケット『ワイルド・ハニー / ウインド・チャイムス』を差し上げます。

※復刻ミニチュア・ジャケット・・・当時の7"シングルを可能な限り再現した9cm×9cmサイズのペラジャケ・スリック特典です。

●ディスクユニオン・オリジナル・復刻ミニチュア・日本盤シングル・ジャケット『ワイルド・ハニー / ウインド・チャイムス』付き『ザ・ビーチ・ボーイズ / サンシャイン・トゥモロウ~ビーチ・ボーイズ1967』は下記サイトにて好評販売中!
http://diskunion.net/rock/ct/detail/RT170524BB01

[Disc 1]
1. ワイルド・ハニー
2. うれしくないかい
3. 愛するあの娘に
4. カントリー・エアー
5. ア・シング・オア・トゥー
6. ダーリン
7. アイド・ラヴ・ジャスト・ワンス・トゥ・シー・ユー
8. ヒア・カムズ・ザ・ナイト
9. 風を吹かせろ
10. すてきなブーガルー
11. ママ・セズ(モノ)
12. ロンリー・デイズ(オルタネイト・ヴァージョン)
13. クール・クール・ウォーター(オルタネイト・アーリー・ヴァージョン)
14. タイム・トゥ・ゲット・アローン(オルタネイト・アーリー・ヴァージョン)
15. キャント・ウェイト・トゥ・ロング(オルタネイト・アーリー・ヴァージョン)
16. アイド・ラヴ・ジャスト・ワンス・トゥ・シ-・ユー(オルタネイト・ヴァージョン)
17. 愛するあの娘に(ヴォーカル・インサート・セッション)
18. 愛するあの娘に(ロング・ヴァージョン)
19. ハイド・ゴー・シーク
20. ハニー・ゲット・ホーム
21. ワイルド・ハニー(セッション・ハイライツ)
22. うれしくないかい(セッション・ハイライツ)
23. 1.1.24, ダーリン(セッション・ハイライツ)
25. 風を吹かせろ(セッション・ハイライツ)
26. ワイルド・ハニー(ライヴ・イン・デトロイト1967年11月17日)
27. カントリー・エアー(ライヴ・イン・デトロイト1967年11月17日)
28. ダーリン(ライヴ・イン・ピッツバーグ1967年11月22日)
29. すてきなブーガルー(ライヴ・イン・デトロイト1967年11月17日)
30. うれしくないかい(ライヴ1970年)
31. ママ・セズ(セッション・ハイライツ)

[Disc 2]
1. 英雄と悪漢(シングル・ヴァージョン・バッキング・トラック)
2. ヴェジタブル(ロング・ヴァージョン)
3. フォール・ブレイクス・アンド・バック・トゥ・ウインター(オルタネイト・ミックス)
4. ウインド・チャイムズ(オルタネイト・タグ・セクション)
5. ワンダフル(バッキング・トラック)
6. ウィズ・ミー・トゥナイト(オルタネイト・ヴァージョン・ウィズ・セッション・イントロ)
7. リトル・パッド(バッキング・トラック)
8. オール・デイ・オール・ナイト (ホイッスル・イン)(オルタネイト・ヴァージョン 1)
9. オール・デイ・オール・ナイト (ホイッスル・イン)(オルタネイト・ヴァージョン 2)
10. タイトル不明(レッドウッド)
11. フレッド・ヴェイル・イントロ
12. あの娘のレター
13. ユー・アー・ソー・グッド・トゥ・ミー
14. ヘルプ・ミー・ロンダ
15. カリフォルニア・ガールズ
16. サーファー・ガール
17. スループ・ジョン・B
18. ウィズ・ア・リトル・ヘルプ・フロム・マイ・フレンズ
19. 心に春がいっぱい
20. 神のみぞ知る
21. グッド・ヴァイブレーション
22. ゲーム・オブ・ラヴ
23. あの娘のレター(オルタネイト・テイク)
24. ウィズ・ア・リトル・ヘルプ・フロム・マイ・フレンズ(ステレオ・ミックス)
25. ホーソーン・ブルーバ-ド(ライヴ)
26. サーフィン(ライヴ)
27. ゲッティング・ハングリー(ライヴ)
28. ハワイ(リハーサル)
29. 英雄と悪漢(リハーサル)
30. カリフォルニア・ガールズ(ライヴ・イン・ワシントンDC 1967年11月19日)
31. グラアデュエイション・デイ(ライヴ・イン・ワシントンDC 1967年11月19日)
32. アイ・ゲット・アラウンド(ライヴ・イン・ボストン 1967年11月23日)
33. サーフズ・アップ(1967ヴァージョン)
34. サーファー・ガール(1967アカペラ・ミックス)



Posted by uncledog at 09:49:22Comments(0)TrackBack(0)

日本盤シングル・ジャケット『ワイルド・ハニー / ウインド・チャイムス』の画像データが完成!!

2017-07-05

20239.jpg ◆入荷いたしました♪

◆ディスクユニオン・オリジナル・復刻ミニチュア・日本盤シングル・ジャケット『ワイルド・ハニー / ウインド・チャイムス』の画像データが完成いたしましたのでアップいたします♪

<国内盤新譜CD情報>

ビーチ・ボーイズ/サンシャイン・トゥモロウ~ビーチ・ボーイズ1967(ユニバーサルミュージック インターナショナル/UICY-15607/8/2SHM-CD/4988031235720)

●1967年、『スマイル』の制作を断念したビーチ・ボーイズが、失意のブライアン・ウィルソン邸に集まって制作した2枚のアルバムに関連する貴重な未発表音源など、レコーディングから50年を経て明かされるファン待望の決定版2枚組コレクションが登場!

●ディスク1には、マーク・リネット&アラン・ボイドがオリジナルの8トラック・マスターから新たにミックスしたアルバム『ワイルド・ハニー』(1967年12月18日発表)初のステレオ版に加え、同セッションからのアウトテイクや別ヴァージョン、更には1967年11月のデトロイト公演を中心とした同アルバム収録曲のライヴ・バージョンなど、全31曲を収録。

●ディスク2には、アルバム『スマイリー・スマイル』(1967年9月18日発表)制作時のアウトテイクや別ヴァージョンの他、幻の“ライヴ” アルバム『レイド・イン・ハワイ』用にカリフォルニアのスタジオでレコーディングされた音源や、ブライアン・ウィルソンも参加したホノルルでのライヴ&リハーサルなどを収録。

●28Pブックレット封入/SHM-CD仕様

[DISC 1]
1-11 ★ワイルド・ハニー・ステレオ・アルバム(初登場)
12-25 ★ワイルド・ハニー・セッションズ: 1967年11月(未発表)
26-31 ★ワイルド・ハニー・ライヴ1967-1970(未発表)

[DISC 2]
1-10 ★スマイリー・スマイル・セッションズ: 1967年6~7月(未発表)
11-24 ★レイド・イン・ハワイ“ライヴ”アルバム: 1967年9月(未発表)
25-29 ★ライヴ・イン・ハワイ: 1967年8月(未発表)
30-32 ★サンクスギビング・ツアー1967(未発表)
33-34 ★スタジオ・レコーディング1967(未発表)

【ディスクユニオン・オリジナル特典】

『ザ・ビーチ・ボーイズ / サンシャイン・トゥモロウ~ビーチ・ボーイズ1967』をお買上げのお客様に先着で、ディスクユニオン・オリジナル・復刻ミニチュア・日本盤シングル・ジャケット『ワイルド・ハニー / ウインド・チャイムス』を差し上げます。

※復刻ミニチュア・ジャケット・・・当時の7"シングルを可能な限り再現した9cm×9cmサイズのペラジャケ・スリック特典です。

●ディスクユニオン・オリジナル・復刻ミニチュア・日本盤シングル・ジャケット『ワイルド・ハニー / ウインド・チャイムス』付き『ザ・ビーチ・ボーイズ / サンシャイン・トゥモロウ~ビーチ・ボーイズ1967』は下記サイトにて好評販売中!
http://diskunion.net/rock/ct/detail/RT170524BB01

[Disc 1]
1. ワイルド・ハニー
2. うれしくないかい
3. 愛するあの娘に
4. カントリー・エアー
5. ア・シング・オア・トゥー
6. ダーリン
7. アイド・ラヴ・ジャスト・ワンス・トゥ・シー・ユー
8. ヒア・カムズ・ザ・ナイト
9. 風を吹かせろ
10. すてきなブーガルー
11. ママ・セズ(モノ)
12. ロンリー・デイズ(オルタネイト・ヴァージョン)
13. クール・クール・ウォーター(オルタネイト・アーリー・ヴァージョン)
14. タイム・トゥ・ゲット・アローン(オルタネイト・アーリー・ヴァージョン)
15. キャント・ウェイト・トゥ・ロング(オルタネイト・アーリー・ヴァージョン)
16. アイド・ラヴ・ジャスト・ワンス・トゥ・シ-・ユー(オルタネイト・ヴァージョン)
17. 愛するあの娘に(ヴォーカル・インサート・セッション)
18. 愛するあの娘に(ロング・ヴァージョン)
19. ハイド・ゴー・シーク
20. ハニー・ゲット・ホーム
21. ワイルド・ハニー(セッション・ハイライツ)
22. うれしくないかい(セッション・ハイライツ)
23. 1.1.24, ダーリン(セッション・ハイライツ)
25. 風を吹かせろ(セッション・ハイライツ)
26. ワイルド・ハニー(ライヴ・イン・デトロイト1967年11月17日)
27. カントリー・エアー(ライヴ・イン・デトロイト1967年11月17日)
28. ダーリン(ライヴ・イン・ピッツバーグ1967年11月22日)
29. すてきなブーガルー(ライヴ・イン・デトロイト1967年11月17日)
30. うれしくないかい(ライヴ1970年)
31. ママ・セズ(セッション・ハイライツ)

[Disc 2]
1. 英雄と悪漢(シングル・ヴァージョン・バッキング・トラック)
2. ヴェジタブル(ロング・ヴァージョン)
3. フォール・ブレイクス・アンド・バック・トゥ・ウインター(オルタネイト・ミックス)
4. ウインド・チャイムズ(オルタネイト・タグ・セクション)
5. ワンダフル(バッキング・トラック)
6. ウィズ・ミー・トゥナイト(オルタネイト・ヴァージョン・ウィズ・セッション・イントロ)
7. リトル・パッド(バッキング・トラック)
8. オール・デイ・オール・ナイト (ホイッスル・イン)(オルタネイト・ヴァージョン 1)
9. オール・デイ・オール・ナイト (ホイッスル・イン)(オルタネイト・ヴァージョン 2)
10. タイトル不明(レッドウッド)
11. フレッド・ヴェイル・イントロ
12. あの娘のレター
13. ユー・アー・ソー・グッド・トゥ・ミー
14. ヘルプ・ミー・ロンダ
15. カリフォルニア・ガールズ
16. サーファー・ガール
17. スループ・ジョン・B
18. ウィズ・ア・リトル・ヘルプ・フロム・マイ・フレンズ
19. 心に春がいっぱい
20. 神のみぞ知る
21. グッド・ヴァイブレーション
22. ゲーム・オブ・ラヴ
23. あの娘のレター(オルタネイト・テイク)
24. ウィズ・ア・リトル・ヘルプ・フロム・マイ・フレンズ(ステレオ・ミックス)
25. ホーソーン・ブルーバ-ド(ライヴ)
26. サーフィン(ライヴ)
27. ゲッティング・ハングリー(ライヴ)
28. ハワイ(リハーサル)
29. 英雄と悪漢(リハーサル)
30. カリフォルニア・ガールズ(ライヴ・イン・ワシントンDC 1967年11月19日)
31. グラアデュエイション・デイ(ライヴ・イン・ワシントンDC 1967年11月19日)
32. アイ・ゲット・アラウンド(ライヴ・イン・ボストン 1967年11月23日)
33. サーフズ・アップ(1967ヴァージョン)
34. サーファー・ガール(1967アカペラ・ミックス)



Posted by uncledog at 09:47:07Comments(0)TrackBack(0)

Chris Spedding/Joyland(LP)

2017-07-04

20222.jpg Chris Spedding/Joyland(Cleopatra/625.1/LP/0889466062513)

イギリスで最も有能なセッション・ギター・ヒーロー、CHRIS SPEDDINGが2014年にリリースした13枚目となるスタジオ・レコーディング新作「ジョイランド」が待望のアナログ盤LPで登場!

セッションマンとしてだけでなく名ソロ・ギタリストとしても英国ロック史に名を刻むまさに名人の新作は、ROXY MUSICのBRYAN FERRYにANDY MACKAY、元SMITHSのJOHNNY MARR、ロカビリー・クルーナーROBERT GORDON、地獄の番人ARTHUR BROWN、SEX PISTOLのGLEN MATLOCKにFREEのANDY FRASERなどなどその歴史そのままに豪華客人を招いた充実作。

ARTHUR BROWNの吼えるハードロッキンな"NOW YOU SEE IT"にFERRYのいぶし銀ヴォーカルも映える"GUN SHAFT CITY"、MARRのギターが蒼い余韻を残す"HEISENBERG"、ANDY MACKAY参加のポップロック・カヴァー"PIED PIPER"などなどピュアなロックリフとクールかつ熱いグルーヴが満載の一枚です。

1. Joyland(with Ian McShane, voiceover)
2. Now You See It(with Arthur Brown, vocal)
3. Cafe Racer(with Glen Matlock, bass)
4. Gun Shaft City(with Bryan Ferry, vocal)
5. Heisenberg(with Johnny Marr, guitars)
6. I Still Love You(with Robert Gordon, vocal)
7. Pied Piper(with Andy Mackay, oboe and sax)
8. Go Down South(with Steve Parsons, guitars and backing vocals)
9. Shock Treatment(with Andy Fraser, bass)
10. I’m Your Sin(with Lane, vocals)
11. Message For Stella(with Steve Parsons, vocals)
12. Boom Shakka Boom

●上記輸入盤新譜LPは下記サイトにて好評販売中!
http://diskunion.net/rock/ct/detail/RS17070314



Posted by uncledog at 18:51:37Comments(0)TrackBack(0)

Will Beeley/Passing Dream

2017-07-04

20158.jpg ◆入荷いたしました♪

<輸入盤新譜LP情報>

Will Beeley‎/Passing Dream(Tompkins Square/TSQ 5418/LP/0856225005418)

テキサスのシンガー・ソングライター、ウィル・ビーリーが1979年にマラコ・レコーズからリリースしたセカンド・ソロ・アルバム「パッシング・ドリーム」がアナログ盤LPのみで奇跡の再発!!

セカンド・ソロ・アルバム「パッシング・ドリーム」のレコーディングはミシシッピ州のジャクソンで行われた。

レコーディングには今ではボブ・ディランやレヴォン・ヘルム(ザ・バンド)とのコラボで有名となったラリー・キャンベルやジェームズ・ストラウド(マーシャル・タッカー・バンド)、著名なセッション・キーボード奏者、カーソン・ホウィットセット等が参加。

再発レーベルのインフォによればウィル・ビーリー(ウィリアム・C・ビーリー)はテキサス、サンアントニオで育ち、自身のコメントによれば常に詩が頭の中に浮かび上がっていたようだ。ゆえにギターを学び、頭の中に浮かんだ詩に曲を付けるようになった。ボブ・ディランやティム・ハーディンのようなフォーク、シンガー・ソングライターに興味を持つようになり、アコースティック・ギター奏法を学んでいった。その頃、友人から教わったのはアニマルズのヒットで有名な「ザ・ハウス・オブ・ザ・ライジング・サン」(邦題:朝日のあたる家)、ボブ・ディランの「ドント・シンク・トワイス」(邦題:くよくよするなよ)であった。

1967年になるとサンアントニオ・カレッジの近くにあった「ドゥーギーズ・ストーンヘンジ」やフォーク・ミュージック系コーヒー・ハウス「ザ・ゲイト・ハウス」に出演し始める。

1970年に友人の協力を得て自主制作盤LPで200枚プレスしたのがファースト・ソロ・アルバム「ガリヴァンティン」。ラジオ局、KTSAのDJ、ロン・ヒューストンとジョニー・オニールの注目を浴びたため、レコーディング契約ができるレコード会社を探すことになる。エレクトラ、キャピトル、A&Mレコーズ等の注目を引いたそうだ。

その頃、マラコ・レコーズと仕事をしていたA&Mのプロモーション担当者、ウェイン・シュラ―のバック・アップによって1974年にはマラコ・レコーズからシングル盤「レインボウ・ハイウェイ」をリリース。複数のラジオ局のチャートに上ったものの大きくはブレイクしなかったようだ。

紆余曲折を経て1976年にマラコ・レコーズで新曲をプレイしたところ、好評を得てセカンド・ソロ・アルバムとなる「パッシング・ドリーム」を1979年にリリース。

「レイニー・サンデイズ」と「スタンディング・アット・ザ・ステーション」がシングル・カットされた。しかし、大きな注目を浴びることもなく、今日に至っている。

今回の2枚のLPの再発をきっかけとしてサード・アルバムとなる新作が2018年にはリリース予定なので今から楽しみだ。

<SIDE A>
1.Standing At The Station
2.Sailin' With You
3.Tell Me How Are You
4.I Can't Pretend Much Longer
5.I Don't Know What I'm Into

<SIDE B>
1.Rainy Sundays
2.Circle
3.I Saw Jesus Peekin' Through A Hole In The Sky
4.Passing Dream
5.As The Darkness Of The Heaven

●上記輸入盤新譜LPは下記サイトにて好評販売中!
http://diskunion.net/rock/ct/detail/RS17070322



Posted by uncledog at 18:46:07Comments(0)TrackBack(0)

William C Beeley/Gallivantin'

2017-07-04

20159.jpg ◆入荷いたしました♪

<輸入盤新譜情報>

William C Beeley/Gallivantin'(Tompkins Square/TSQ 5401/LP/0856225005401)

●上記輸入盤新譜LPは下記サイトにて好評販売中!
http://diskunion.net/rock/ct/detail/RS17070320

William C Beeley/Gallivantin'(Tompkins Square/TSQ 5395/CD/0856225005395)

●上記輸入盤新譜CDは下記サイトにて好評販売中!
http://diskunion.net/rock/ct/detail/RS17070321

テキサスのシンガー・ソングライター、ウィリアム・C・ビーリー(ウィル・ビーリー)が1971年に自主制作盤LPでリリースしたファースト・ソロ・アルバム「ガリヴァンティン」(North Park/NPLP-101/LP)がCDとアナログ盤LPで奇跡の再発!!

オリジナル盤LPは200枚のみのプレスで激レアです。

テキサス、サンアントニオでレコーディングされたファースト・アルバムは初期のボブ・ディランを想起させるようなアコギ一本をバックにした弾き語りで、アシッド感も漂うローナー・フォーク的な雰囲気を持った内容です。

「ユー・エイント・ゴーイン・ノーホエア」はボブ・ディランのカバー、「リトル・ホイール・スピン・アンド・スピン/コダイン」はバフィー・セント・メリーのカバーです。

ティム・バックレー、ディノ・ヴァレンテが好きな方、アシッド・フォーク、サイケ、シンガー・ソングライター等のファンは要チェックです。

再発レーベルのインフォによればウィル・ビーリー(ウィリアム・C・ビーリー)はテキサス、サンアントニオで育ち、自身のコメントによれば常に詩が頭の中に浮かび上がっていたようだ。ゆえにギターを学び、頭の中に浮かんだ詩に曲を付けるようになった。ボブ・ディランやティム・ハーディンのようなフォーク、シンガー・ソングライターに興味を持つようになり、アコースティック・ギター奏法を学んでいった。その頃、友人から教わったのはアニマルズのヒットで有名な「ザ・ハウス・オブ・ザ・ライジング・サン」(邦題:朝日のあたる家)、ボブ・ディランの「ドント・シンク・トワイス」(邦題:くよくよするなよ)であった。

1967年になるとサンアントニオ・カレッジの近くにあった「ドゥーギーズ・ストーンヘンジ」やフォーク・ミュージック系コーヒー・ハウス「ザ・ゲイト・ハウス」に出演し始める。

1970年に友人の協力を得て自主制作盤LPで200枚プレスしたのがファースト・ソロ・アルバム「ガリヴァンティン」。ラジオ局、KTSAのDJ、ロン・ヒューストンとジョニー・オニールの注目を浴びたため、レコーディング契約ができるレコード会社を探すことになる。エレクトラ、キャピトル、A&Mレコーズ等の注目を引いたそうだ。

その頃、マラコ・レコーズと仕事をしていたA&Mのプロモーション担当者、ウェイン・シュラ―のバック・アップによって1974年にはマラコ・レコーズからシングル盤「レインボウ・ハイウェイ」をリリース。複数のラジオ局のチャートに上ったものの大きくはブレイクしなかったようだ。

紆余曲折を経て1976年にマラコ・レコーズで新曲をプレイしたところ、好評を得てセカンド・ソロ・アルバムとなる「パッシング・ドリーム」を1979年にリリース。

「レイニー・サンデイズ」と「スタンディング・アット・ザ・ステーション」がシングル・カットされた。しかし、大きな注目を浴びることもなく、今日に至っている。

今回の2枚のLPの再発をきっかけとしてサード・アルバムとなる新作が2018年にはリリース予定なので今から楽しみだ。

<SIDE A>
1.You Ain't Goin' Nowhere
2.Galivanter
3.Summer Colored Skin
4.Walk
5.And Then I'll Be Gone
6.Carol
7.Easter Sunday Song

<SIDE B>
1.Seasons Are Of Never
2.Weathered Lady
3.Little Wheel Spin & Spin/Codine



Posted by uncledog at 18:44:08Comments(0)TrackBack(0)

Sonny Landreth/Recorded Live In Lafayette

2017-07-04

20161.jpg Sonny Landreth/Recorded Live In Lafayette(180 Gram Vinyl, Digital Download Card, 2PC)(Provogue/PRRD75231.1/2LP/0819873014935)

2017年ライヴ・アルバムが2CD/180グラム重量盤2LPリリース!

ザディコに影響を受けた新奏法を次々と開発し「THE KING OF SLYDECO」とも呼ばれたスライド・ブルース・ギタリスト。ERIC CLAPTONが「世界でもっとも過小評価されているアーティスト」と絶賛し、80年代後半にJOHN HIATTのバンドで知名度を拡げた凄腕、SONNY LANDRETH。

現在住むインディアナ州ラファイエットでのライヴを収めた2枚組。ウクレレのDAVE RANSONとカホンのBRIAN BRIGNACとのトリオに加え、ゲストとしてアコーディオン/キーボードにTOMMY TALTONとも共演するSTEVE CONN、ギターにケイジャン・シーンの名手SAM BROUSSARDを迎えた編成で、アコースティックなセットからエレクトリックなセットへと変化していく2セットを収録。

DISC 1は81年1STからのタイトル・トラック"BLUES ATTACK"など元々エレクトリックな楽曲を見事にアコースティックなロウ・キー・サウンドに生まれ変わらせる名演はもちろん、オールド・ブルース・フェイヴァリットな"KEY TO THE HIGHWAY"、ROBERT JOHNSONカヴァー"WALKING BLUES"など、ブルース・ヒーローに敬意を払いつつも彼のオリジナルにしかならないSONNYの実力を窺い知れる珠玉のステージです。DISC 2は92年作『OUTWARD BOUND』からの"BACK TO BAYOU TECHE"、リリカルかつパワフルなインストルメンタル"UBERESSO"などなど、ライヴでもスタジオに劣らないギター・トーンを響かせるこちらも至高のステージとなっています。

ダウンロード・コード付属。

●上記輸入盤新譜LPは下記サイトにて好評販売中!
http://diskunion.net/rock/ct/detail/RS17070323

Sonny Landreth/Recorded Live In Lafayette(Provogue/PRRD75232.2/2CD/0819873014942)

ザディコに影響を受けた新奏法を次々と開発し「THE KING OF SLYDECO」とも呼ばれたスライド・ブルース・ギタリスト。ERIC CLAPTONが「世界でもっとも過小評価されているアーティスト」と絶賛し、80年代後半にJOHN HIATTのバンドで知名度を拡げた凄腕、SONNY LANDRETH。

現在住むインディアナ州ラファイエットでのライヴを収めた2枚組。ウクレレのDAVE RANSONとカホンのBRIAN BRIGNACとのトリオに加え、ゲストとしてアコーディオン/キーボードにTOMMY TALTONとも共演するSTEVE CONN、ギターにケイジャン・シーンの名手SAM BROUSSARDを迎えた編成で、アコースティックなセットからエレクトリックなセットへと変化していく2セットを収録。

DISC 1は81年1STからのタイトル・トラック"BLUES ATTACK"など元々エレクトリックな楽曲を見事にアコースティックなロウ・キー・サウンドに生まれ変わらせる名演はもちろん、オールド・ブルース・フェイヴァリットな"KEY TO THE HIGHWAY"、ROBERT JOHNSONカヴァー"WALKING BLUES"など、ブルース・ヒーローに敬意を払いつつも彼のオリジナルにしかならないSONNYの実力を窺い知れる珠玉のステージです。DISC 2は92年作『OUTWARD BOUND』からの"BACK TO BAYOU TECHE"、リリカルかつパワフルなインストルメンタル"UBERESSO"などなど、ライヴでもスタジオに劣らないギター・トーンを響かせるこちらも至高のステージとなっています。

●上記輸入盤新譜CDは下記サイトにて好評販売中!
http://diskunion.net/rock/ct/detail/RS17070324

Disc 1: Acoustic

1 Blues Attack
2 Hell At Home
3 Key To The Highway
4 Creole Angel
5 A World Away
6 The High Side
7 Bound By The Blues
8 The U.S.S. Zydecoldsmobile

Disc 2: Electric

1 Back To Bayou Teche
2 True Blue
3 The Milky Way Home
4 Brave New Girl
5 Überesso
6 Soul Salvation
7 Walkin’ Blues
8 The One And Only Truth



Posted by uncledog at 18:40:40Comments(0)TrackBack(0)

MICHAEL KELLY BLANCHARD/CarTunes(CD)

2017-07-04

20207.jpg MICHAEL KELLY BLANCHARD/CarTunes(GOLIARD MUSIC/GM98111/CD/0726264811120)

1977年にリリースしたアルバム「クウェイル」がメロウ・フォークの名盤として知られるシンガー・ソングライター、マイケル・ケリー・ブランチャード。

そのマイケル・ケリー・ブランチャードが恐らく自主制作盤でリリースしたアルバムは既にCDの入手は困難となっているようですが、自身のウェブサイトにて購入可能なようなのでご紹介いたします。

98年作がCDリリース!

メロウ・フォーク/プレAOR名盤として評価される77年2ND『QUAIL』でシンガー・ソングライター・ファンに知られるクリスチャン・ソングライター/ストーリー・テラーMICHAEL KELLY BLANCHARD。

10代から曲を書き始めバークリー音楽大学で学んだという彼。77年以来の活動はほとんど知られていませんでしたが、実はこれまでに18作のアルバムや3冊の小説を残すなど、少数リリースのプライヴェート・プレス盤を多くリリースしていました。

神へ捧げ美しく愛と悲しみを歌うクリスチャン・バラッドに軽快なカントリー/哀愁のフォーク・ジャズなど、渋みのあるヴォーカルと豊潤なソングライティング・センスで紡がれるハートフルなアコースティック・チューンの数々。

1.Glory Streams
2.Opposite's Game
3.Apricot Ears
4.Daniel
5.Love In The Little Things
6.Winter Babies
7.Coppertop
8.Gideon
9.Fathers Love Mothers
10.I'm Gonna Get Dressed By Myself
11.A Taste of Grace
12.Jesus Wash Me/Jesus My Savior
13.Simon
14.The Crumbly Napkin Man
15.Don't Let The Sun Go Down On You Mad

●上記輸入盤CDは下記サイトにて好評販売中!
http://diskunion.net/rock/ct/detail/RS170703MKB05

●マイケル・ケリー・ブランチャードのウェブサイトは下記です
http://www.michaelkellyblanchard.com/index.htm

●マイケル・ケリー・ブランチャードのFBは下記です
https://www.facebook.com/MichaelKellyBlanchard



Posted by uncledog at 18:32:45Comments(0)TrackBack(0)

MICHAEL KELLY BLANCHARD/Imagio Dei/Image of God(CD)

2017-07-04

20206.jpg MICHAEL KELLY BLANCHARD/Imagio Dei/Image of God(GOTZ MUSIC/GMG-7111/CD/0726264711123)

1977年にリリースしたアルバム「クウェイル」がメロウ・フォークの名盤として知られるシンガー・ソングライター、マイケル・ケリー・ブランチャード。

そのマイケル・ケリー・ブランチャードが恐らく自主制作盤でリリースしたアルバムは既にCDの入手は困難となっているようですが、自身のウェブサイトにて購入可能なようなのでご紹介いたします。

96年作がCDリリース!

メロウ・フォーク/プレAOR名盤として評価される77年2ND『QUAIL』でシンガー・ソングライター・ファンに知られるクリスチャン・ソングライター/ストーリー・テラーMICHAEL KELLY BLANCHARD。

10代から曲を書き始めバークリー音楽大学で学んだという彼。77年以来の活動はほとんど知られていませんでしたが、実はこれまでに18作のアルバムや3冊の小説を残すなど、少数リリースのプライヴェート・プレス盤を多くリリースしていました。

神へ捧げ美しく愛と悲しみを歌うクリスチャン・バラッドに軽快なカントリー/哀愁のフォーク・ジャズなど、渋みのあるヴォーカルと豊潤なソングライティング・センスで紡がれるハートフルなアコースティック・チューンの数々。

1.Tommy and Marty
2.She Knows
3.Lord of the Fields
4.You Never Catch a Fish
5.Daddy, Let's Shoot Some Hoop
6.Mom's a Little Girl Again
7.The Letter
8.Jesus, Hurry Please
9.Bigger Than Gray
10.I Love You, I Do, You Bet!
11.A Simple Hymn
12.The Man As a Boy
13.Imagio Dei
14.Down From the Hills

●上記輸入盤CDは下記サイトにて好評販売中!
http://diskunion.net/rock/ct/detail/RS170703MKB04



Posted by uncledog at 18:30:24Comments(0)TrackBack(0)

MICHAEL KELLY BLANCHARD/A View Out The Window(CD)

2017-07-04

20205.jpg MICHAEL KELLY BLANCHARD/A View Out The Window(MICHAEL KELLY BLANCHARD/7901133880/CD/0092193388027)

1977年にリリースしたアルバム「クウェイル」がメロウ・フォークの名盤として知られるシンガー・ソングライター、マイケル・ケリー・ブランチャード。

そのマイケル・ケリー・ブランチャードが恐らく自主制作盤でリリースしたアルバムは既にCDの入手は困難となっているようですが、自身のウェブサイトにて購入可能なようなのでご紹介いたします。

94年作がCDリリース!

メロウ・フォーク/プレAOR名盤として評価される77年2ND『QUAIL』でシンガー・ソングライター・ファンに知られるクリスチャン・ソングライター/ストーリー・テラーMICHAEL KELLY BLANCHARD。

10代から曲を書き始めバークリー音楽大学で学んだという彼。77年以来の活動はほとんど知られていませんでしたが、実はこれまでに18作のアルバムや3冊の小説を残すなど、少数リリースのプライヴェート・プレス盤を多くリリースしていました。

神へ捧げ美しく愛と悲しみを歌うクリスチャン・バラッドに軽快なカントリー/哀愁のフォーク・ジャズなど、渋みのあるヴォーカルと豊潤なソングライティング・センスで紡がれるハートフルなアコースティック・チューンの数々。

1.Love After All
2.Dayscape
3.Daddy Cut My Hair
4.Ann's Song
5.Saturday Dad
6.Jesus Heals the Heart
7.Under the Quarter Moon Sky
8.The Hand That Paints the Day
9.The Wind Blows Where It Will
10.Drive-In
11.Jig
12.Saturdays Like Summer
13.Constrained By Love
14.The View Out the Window
15.Bereft
16.The View Out the Window (REPRISE)
17.There is Still a King of Hearts

●上記輸入盤CDは下記サイトにて好評販売中!
http://diskunion.net/rock/ct/detail/RS170703MKB03



Posted by uncledog at 18:27:48Comments(0)TrackBack(0)

MICHAEL KELLY BLANCHARD/Mercy in the Maze(CD)

2017-07-04

20204.jpg MICHAEL KELLY BLANCHARD/Mercy in the Maze(GOTZ MUSIC/GMG-91111/CD/0026264111122)

1977年にリリースしたアルバム「クウェイル」がメロウ・フォークの名盤として知られるシンガー・ソングライター、マイケル・ケリー・ブランチャード。

そのマイケル・ケリー・ブランチャードが恐らく自主制作盤でリリースしたアルバムは既にCDの入手は困難となっているようですが、自身のウェブサイトにて購入可能なようなのでご紹介いたします。

91年作がCDリリース!

メロウ・フォーク/プレAOR名盤として評価される77年2ND『QUAIL』でシンガー・ソングライター・ファンに知られるクリスチャン・ソングライター/ストーリー・テラーMICHAEL KELLY BLANCHARD。

10代から曲を書き始めバークリー音楽大学で学んだという彼。77年以来の活動はほとんど知られていませんでしたが、実はこれまでに18作のアルバムや3冊の小説を残すなど、少数リリースのプライヴェート・プレス盤を多くリリースしていました。

神へ捧げ美しく愛と悲しみを歌うクリスチャン・バラッドに軽快なカントリー/哀愁のフォーク・ジャズなど、渋みのあるヴォーカルと豊潤なソングライティング・センスで紡がれるハートフルなアコースティック・チューンの数々。

1.Thanks Be To God
2.Grandmother Sundays
3.Chickadee Cherub
4.Interlude
5.On Sorrow's Other Side
6.Marty
7.Interlude
8.The Hope That Ends The Human Drought
9.The Bonnie Breath of God
10.I Love You, I Do, You Bet!
11.Interlude
12.Great is the Lord God
13.The Picture
14.There Are No Songs
15.Interlude
16.The Holy Land of the Broken Heart

●上記輸入盤CDは下記サイトにて好評販売中!
http://diskunion.net/rock/ct/detail/RS170703MKB02



Posted by uncledog at 18:25:19Comments(0)TrackBack(0)

MICHAEL KELLY BLANCHARD/Be Ye Glad(CD)

2017-07-04

20203.jpg MICHAEL KELLY BLANCHARD/Be Ye Glad(GOTZ MUSIC/GMG-88111/CD/0026264811121)

1977年にリリースしたアルバム「クウェイル」がメロウ・フォークの名盤として知られるシンガー・ソングライター、マイケル・ケリー・ブランチャード。

そのマイケル・ケリー・ブランチャードが恐らく自主制作盤でリリースしたアルバムは既にCDの入手は困難となっているようですが、自身のウェブサイトにて購入可能なようなのでご紹介いたします。

89年作がCDリリース!

メロウ・フォーク/プレAOR名盤として評価される77年2ND『QUAIL』でシンガー・ソングライター・ファンに知られるクリスチャン・ソングライター/ストーリー・テラーMICHAEL KELLY BLANCHARD。

10代から曲を書き始めバークリー音楽大学で学んだという彼。77年以来の活動はほとんど知られていませんでしたが、実はこれまでに18作のアルバムや3冊の小説を残すなど、少数リリースのプライヴェート・プレス盤を多くリリースしていました。

神へ捧げ美しく愛と悲しみを歌うクリスチャン・バラッドに軽快なカントリー/哀愁のフォーク・ジャズなど、渋みのあるヴォーカルと豊潤なソングライティング・センスで紡がれるハートフルなアコースティック・チューンの数々。苦しむ友に捧げられたという彼の敬虔なクリスチャンとしての側面を浮き彫りにする中期の代表作です。

1.Top of the Morning
2.The Love of the Father
3.Every Little One
4.Danny's Downs
5.Kids Forgive
6.Be Ye Glad
7.Cootie Girl
8.Thy True Love
9.Lord of the Living
10.The Trouble With Me/Jesus, the Lord of the Lonely Inside

●上記輸入盤CDは下記サイトにて好評販売中!
http://diskunion.net/rock/ct/detail/RS170703MKB01



Posted by uncledog at 18:22:53Comments(0)TrackBack(0)

MICHAEL KELLY BLANCHARD/There is Love(CD)

2017-07-04

20202.jpg MICHAEL KELLY BLANCHARD/There is Love FEATURING NOEL PAUL STOOKEY(NEWORLD/CD/0634479286933)

1977年にリリースしたアルバム「クウェイル」がメロウ・フォークの名盤として知られるシンガー・ソングライター、マイケル・ケリー・ブランチャード。

そのマイケル・ケリー・ブランチャードが恐らく自主制作盤でリリースしたアルバムは既にCDの入手は困難となっているようですが、自身のウェブサイトにて購入可能なようなのでご紹介いたします。

01年作がCDリリース!

メロウ・フォーク/プレAOR名盤として評価される77年2ND『QUAIL』でシンガー・ソングライター・ファンに知られるクリスチャン・ソングライター/ストーリー・テラーMICHAEL KELLY BLANCHARD。

10代から曲を書き始めバークリー音楽大学で学んだという彼。77年以来の活動はほとんど知られていませんでしたが、実はこれまでに18作のアルバムや3冊の小説を残すなど、少数リリースのプライヴェート・プレス盤を多くリリースしていました。

神へ捧げ美しく愛と悲しみを歌うクリスチャン・バラッドに軽快なカントリー/哀愁のフォーク・ジャズなど、渋みのあるヴォーカルと豊潤なソングライティング・センスで紡がれるハートフルなアコースティック・チューンの数々。

77年2NDのプロデューサーでもあるPETER, PAUL AND MARYのNOEL PAUL STOOKEYと再び組んだテレビ・スペシャルからの一枚。

コネチカット州サジントンのFIRST CONGREGATIONAL CHURCHでのライヴ録音。当然STOOKEYよりのハート・ウォーミングなモダン・フォークが詰まっています。

MUSICIANS:
GRETA BLANCHARD (VOCALS),
JOE NERNEY (RECORDER, SAXAPHONES, HARMONICA, WHISTLE AND VOCALS)
CAMERON KOTLER SAWZIN (CELLO)
RICHARD KNISS (BASS)
SUE EVANS (DRUMS AND PERCUSSION)

1.Love Rules
2.Lord of the Fields
3.Father's House
4.Daddy Cut My Hair
5.Chickadee Cherub
6.April Fool
7.Thy True Love
8.For the Love of it All
9.Bonnie Breath
10.The Wedding Song Story
11.Wedding Song (there is Love)
12.Angels We Have Heard on High
13.Little Town of Bethlehm
14.Come All Ye Faithful
15.Barnyard Christmas
16.Christmas Dinner
17.Love After All
18.Facets of the Jewel
19.Be Ye Glad

●上記輸入盤CDは下記サイトにて好評販売中!
http://diskunion.net/rock/ct/detail/RS170703MKB07



Posted by uncledog at 18:19:42Comments(0)TrackBack(0)

MICHAEL KELLY BLANCHARD/Good Grief(CD)

2017-07-04

20201.jpg MICHAEL KELLY BLANCHARD/Good Grief(GOTZ MUSIC/CD/0061171707013)

1977年にリリースしたアルバム「クウェイル」がメロウ・フォークの名盤として知られるシンガー・ソングライター、マイケル・ケリー・ブランチャード。

そのマイケル・ケリー・ブランチャードが恐らく自主制作盤でリリースしたアルバムは既にCDの入手は困難となっているようですが、自身のウェブサイトにて購入可能なようなのでご紹介いたします。

02年作がCDリリース!

メロウ・フォーク/プレAOR名盤として評価される77年2ND『QUAIL』でシンガー・ソングライター・ファンに知られるクリスチャン・ソングライター/ストーリー・テラーMICHAEL KELLY BLANCHARD。

10代から曲を書き始めバークリー音楽大学で学んだという彼。77年以来の活動はほとんど知られていませんでしたが、実はこれまでに18作のアルバムや3冊の小説を残すなど、少数リリースのプライヴェート・プレス盤を多くリリースしていました。

神へ捧げ美しく愛と悲しみを歌うクリスチャン・バラッドに軽快なカントリー/哀愁のフォーク・ジャズなど、渋みのあるヴォーカルと豊潤なソングライティング・センスで紡がれるハートフルなアコースティック・チューンの数々。

1.The Way of God
2.Still Here
3.The Love That's in My Mother's Eyes
4.Negotiations
5.Driving Dad
6.Brothers
7.Miss Ya Pop
8.Maples
9.The Other God
10.Open Letter to God
11.The Broken God
12.Lance These Wounds
13.North of Leaving

●上記輸入盤CDは下記サイトにて好評販売中!
http://diskunion.net/rock/ct/detail/RS170703MKB08



Posted by uncledog at 18:16:04Comments(0)TrackBack(0)

MICHAEL KELLY BLANCHARD/In From the Cold(CD)

2017-07-04

20200.jpg MICHAEL KELLY BLANCHARD/In From the Cold(GOTZ MUSIC/GMG-99111/CD/0726264991112)

1977年にリリースしたアルバム「クウェイル」がメロウ・フォークの名盤として知られるシンガー・ソングライター、マイケル・ケリー・ブランチャード。

そのマイケル・ケリー・ブランチャードが恐らく自主制作盤でリリースしたアルバムは既にCDの入手は困難となっているようですが、自身のウェブサイトにて購入可能なようなのでご紹介いたします。

99年作がCDリリース!

メロウ・フォーク/プレAOR名盤として評価される77年2ND『QUAIL』でシンガー・ソングライター・ファンに知られるクリスチャン・ソングライター/ストーリー・テラーMICHAEL KELLY BLANCHARD。

10代から曲を書き始めバークリー音楽大学で学んだという彼。77年以来の活動はほとんど知られていませんでしたが、実はこれまでに18作のアルバムや3冊の小説を残すなど、少数リリースのプライヴェート・プレス盤を多くリリースしていました。

神へ捧げ美しく愛と悲しみを歌うクリスチャン・バラッドに軽快なカントリー/哀愁のフォーク・ジャズなど、渋みのあるヴォーカルと豊潤なソングライティング・センスで紡がれるハートフルなアコースティック・チューンの数々。カントリー界の重要プロデューサーDON POTTERを迎えた一枚。

1.Cliffs of Moher
2.God in Grandma's Eyes
3.Oh Me, Oh You
4.In from the Cold
5.Love Me Back Again
6.It'll All Come Back
7.Pear
8.Renée
9.One of Us
10.By Love Deferred
11.Daniel Downs
12.Mercy on the Wind
13.While You Wait

●上記輸入盤CDは下記サイトにて好評販売中!
http://diskunion.net/rock/ct/detail/RS170703MKB06



Posted by uncledog at 18:13:42Comments(0)TrackBack(0)

MICHAEL KELLY BLANCHARD/Watered: Recollections of Nurture(CD)

2017-07-04

20199.jpg MICHAEL KELLY BLANCHARD/Watered: Recollections of Nurture(MICHAEL KELLY BLANCHARD/CD/0823483000745)

1977年にリリースしたアルバム「クウェイル」がメロウ・フォークの名盤として知られるシンガー・ソングライター、マイケル・ケリー・ブランチャード。

そのマイケル・ケリー・ブランチャードが恐らく自主制作盤でリリースしたアルバムは既にCDの入手は困難となっているようですが、自身のウェブサイトにて購入可能なようなのでご紹介いたします。

07年作がCDリリース!

メロウ・フォーク/プレAOR名盤として評価される77年2ND『QUAIL』でシンガー・ソングライター・ファンに知られるクリスチャン・ソングライター/ストーリー・テラーMICHAEL KELLY BLANCHARD。

10代から曲を書き始めバークリー音楽大学で学んだという彼。77年以来の活動はほとんど知られていませんでしたが、実はこれまでに18作のアルバムや3冊の小説を残すなど、少数リリースのプライヴェート・プレス盤を多くリリースしていました。

神へ捧げ美しく愛と悲しみを歌うクリスチャン・バラッドに軽快なカントリー/哀愁のフォーク・ジャズなど、渋みのあるヴォーカルと豊潤なソングライティング・センスで紡がれるハートフルなアコースティック・チューンの数々。

1.Immigrant's Dream
2.Farm's as Deep as the DNA
3.The House
4.The Pond
5.Love Has My Life
6.'Til the Terrors Are Done
7.Snowday!
8.Tippy, My Good Dog, Gone
9.Hayin'
10.Humphrey Too
11.The Boys Are Back
12.Why, That Was You
13.The Harbor
14.Call Me When You Get There

●上記輸入盤CDは下記サイトにて好評販売中!
http://diskunion.net/rock/ct/detail/RS170703MKB10



Posted by uncledog at 18:10:45Comments(0)TrackBack(0)

MICHAEL KELLY BLANCHARD/Incognito(CD)

2017-07-04

20198.jpg MICHAEL KELLY BLANCHARD/Incognito(MICHAEL KELLY BLANCHARD/MKB4565/CD/0823483001292)

1977年にリリースしたアルバム「クウェイル」がメロウ・フォークの名盤として知られるシンガー・ソングライター、マイケル・ケリー・ブランチャード。

そのマイケル・ケリー・ブランチャードが恐らく自主制作盤でリリースしたアルバムは既にCDの入手は困難となっているようですが、自身のウェブサイトにて購入可能なようなのでご紹介いたします。

07年作がCDリリース!

メロウ・フォーク/プレAOR名盤として評価される77年2ND『QUAIL』でシンガー・ソングライター・ファンに知られるクリスチャン・ソングライター/ストーリー・テラーMICHAEL KELLY BLANCHARD。

10代から曲を書き始めバークリー音楽大学で学んだという彼。77年以来の活動はほとんど知られていませんでしたが、実はこれまでに18作のアルバムや3冊の小説を残すなど、少数リリースのプライヴェート・プレス盤を多くリリースしていました。

神へ捧げ美しく愛と悲しみを歌うクリスチャン・バラッドに軽快なカントリー/哀愁のフォーク・ジャズなど、渋みのあるヴォーカルと豊潤なソングライティング・センスで紡がれるハートフルなアコースティック・チューンの数々。

1.You're Welcome Here
2.Aunt Amy
3.Let The Children Come
4.Little One
5.Uncle Jack
6.Just Enough
7.Bill And Bernie
8.Gotta Go Up
9.It's Okay Mister
10.Jesus, You're Crazy (But I Like That About You)
11.God in Disguise
12.Incognito

●上記輸入盤CDは下記サイトにて好評販売中!
http://diskunion.net/rock/ct/detail/RS170703MKB09



Posted by uncledog at 18:08:11Comments(0)TrackBack(0)

MICHAEL KELLY BLANCHARD/Strong Bonds Songs(CD)

2017-07-04

20197.jpg MICHAEL KELLY BLANCHARD/Strong Bonds Songs(MICHAEL KELLY BLANCHARD/MKB1954/CD/0823483001308)

1977年にリリースしたアルバム「クウェイル」がメロウ・フォークの名盤として知られるシンガー・ソングライター、マイケル・ケリー・ブランチャード。

そのマイケル・ケリー・ブランチャードが恐らく自主制作盤でリリースしたアルバムは既にCDの入手は困難となっているようですが、自身のウェブサイトにて購入可能なようなのでご紹介いたします。

09年作がCDリリース!

メロウ・フォーク/プレAOR名盤として評価される77年2ND『QUAIL』でシンガー・ソングライター・ファンに知られるクリスチャン・ソングライター/ストーリー・テラーMICHAEL KELLY BLANCHARD。

10代から曲を書き始めバークリー音楽大学で学んだという彼。77年以来の活動はほとんど知られていませんでしたが、実はこれまでに18作のアルバムや3冊の小説を残すなど、少数リリースのプライヴェート・プレス盤を多くリリースしていました。

神へ捧げ美しく愛と悲しみを歌うクリスチャン・バラッドに軽快なカントリー/哀愁のフォーク・ジャズなど、渋みのあるヴォーカルと豊潤なソングライティング・センスで紡がれるハートフルなアコースティック・チューンの数々。JOE NERNEYのサポートによる一枚。

1.Opposites' Game
2.One Gots the Floor, One Got the Ears
3.You and Me
4.I've Got A System (Don't Mess It Up)
5.Translation Complications
6.When You Look Out After Me
7.If You Knew
8.Glasses
9.Unexpected Expectations
10.I'm Doing Fine (But I've Been Better)
11.Wrong Name On The Tomb
12.Separate Beds
13.The Strongest Bond
14.Be Thou My Vision

●上記輸入盤CDは下記サイトにて好評販売中!
http://diskunion.net/rock/ct/detail/RS170703MKB11



Posted by uncledog at 18:05:13Comments(0)TrackBack(0)
TOP OF PAGE