素晴らしき音楽との出会い

1年に2万キロ以上もの旅をしながら出会った様々な素晴らしき音楽をつれづれなるままにご紹介。

 
 

リヴィングストン・テイラーの2017年新作アルバム「セイフ・ホーム」

2017-05-19

20146.jpg Livingston Taylor/Safe Home(Chesky Records/JD385/CD/0090368038524)

リヴィングストン・テイラーの2017年新作アルバム「セイフ・ホーム」

祝音楽活動50周年! CAPRICORN最初期アーティストのひとりとしても知られるLIVINGSTON TAYLORの2017年新作がCDリリース!

JAMES TAYLORの弟であり自らも多数の名盤を残すシンガー・ソングライターにして現在は名門バークリー音楽大学の教授でもあるLIVINGSTON TAYLOR。

2014年リリースの『BLUE SKY』以来となる新作は、アコースティックな響きに定評のあるブルックリンはTHE HIRSCH CENTERでの2015年12月18&19日録音。

バック・バンドにはジャズ・ピアニストSHELLY BERGにジャズ・ベーシストDAVID FINCK、MICHAEL JACKSONのバック・バンドでも知られる名セッション・パーカッショニストBASHIRI JOHNSON、リードも取るシンガー・ソングライター/ヴォーカリストCHELSEA BERRYという布陣で、円熟したリッチなヴォーカルが最高にリラックスした幕開けを告げる自身のペンによる極上のオープナー"I MUST BE DOING SOMETHING RIGHT"、CHELSEAのヴォーカルも映えるデュエット・クラシック"ANYTHING YOU CAN DO"にミュージカル映画「オズの魔法使」メドレー"MERRY OLD LAND OF OZ / OVER THE RAINBOW"、タイムレスなLOUIE ARMSTRONGトリビュート"LOUIE IS BLOWING THE WORLD AWAY"、あまりに優しく響くBEATLESのピアノ・ラウンジ・ジャズ"PENNY LANE"や大人の機微に溢れるEVERLY BROTHERSの"BYE BYE LOVE"カヴァーなどなど、フォーキー・タッチのジャズ・マナーを基本にしながら兄譲りのスムースでウォームでジェントルな作品に仕上がっています。

CHESKYの「BINAURAL + SERIES」の一枚としてシングル・マイクロフォンでレコーディングされた一枚です。

1.I Must Be Doing Something Right
2.Merry Old Land Of Oz / Over The Rainbow
3.It Might As Well Be Spring
4.Louie is Blowing the World Away
5.Penny Lane
6.People Will Say We're In Love
7.Never Never Land
8.My Romance
9.Shouldn't Have Fallen For You
10.Where Is Love
11.Anything You Can Do
12.Answer My Prayer
13.Bye Bye Love
14.Try to Remember

●上記輸入盤新譜CDは下記サイトにて好評販売中!
http://diskunion.net/rock/ct/detail/RS17051903

●リヴィングストン・テイラーのウェブサイトは下記です
http://livingstontaylor.com/


Posted by uncledog at 18:36:00 │Comments(0)TrackBack(0) | 素晴らしき音楽との出会い TOP | 前の記事次の記事

この記事へのトラックバックURL

http://blog.diskunion.net/user/uncledog/tapestry/cwtb.cgi/20146

この記事へのコメント


■お名前
■メール
■URL

■コメント

TOP OF PAGE