素晴らしき音楽との出会い

1年に2万キロ以上もの旅をしながら出会った様々な素晴らしき音楽をつれづれなるままにご紹介。

 
 

バリー・マン&シンシア・ワイル/プライヴェート・トレジャーズ

2017-05-18

20140.jpg <国内盤新譜CD情報>

バリー・マン&シンシア・ワイル/プライヴェート・トレジャーズ(ヴィヴィド・サウンド/VSCD3954/CD+BONUS CD/4540399039541)

BARRY MANN & CYNTHIA WEIL/ORIGINAL DEMOS, PRIVATE RECORDINGS AND RARITIES

「どんな名曲・大ヒット曲も、最初は生まれたままだった…」

ついに世界解禁!!全ポップス・ファン驚愕!!そして、感涙!!バリー・マン&シンシア・ワイル監修のプライヴェート・レコーディング集が満を持しての登場!!

キャロル・キングの半生を描き、バリー・マン&シンシア・ワイルも登場する世界的大ヒット・ミュージカル『ビューティフル』の日本上陸を記念し、公演タイミングと同時に堂々のリリース!

クインシー・ジョーンズ『愛のコリーダ(The Dude)』収録の名曲「Just Once」、セルジオ・メンデスがヒットさせた「Never Gonna Let You Go」のオリジナル・デモ・レコーディングはなんとジェイムス・イングラムだった!!

そんなヒット・バラードを含む、ブリル・ビルディング時代/60'sポップス黄金期〜70'sシンガーソングライター〜80’s/90’s AOR、ブラック・コンテンポラリー期、そして現在ポップ・シーンまでを駆け抜ける名ソングライター・チームが残した珠玉の名曲群を収めた秘蔵のワークテープを紐解くと名曲が生まれたその奇跡の瞬間を感じることができる!!

いま世にはいくつものマン=ワイル・ソングブック的編集盤が出回っているけれど、それはほとんど楽曲提供先アーティストの音源を掻き集めて収録したもの。

バリー自身の歌が聴けるモノは、60〜70年代に出した『LAY IT ALL OUT』や『SURVIVOR』など4枚のリーダー作を除くと、ゲストも豪華だった先の新録セルフ・カヴァー集『SOUL & INSPIRATION』しかなかった。

でも今度登場するのは、その元ネタとでもいうべき、バリー秘蔵の60年代録音の真正デモと、90年代前半に宅録した(ほぼ)弾き語りの音源集なのだ。

それだけでも世にいるバリー・ファンは驚愕されると思う。けれど、もっともカナザワを感激させたのはその先だ。何と、クインシー・ジョーンズ、セルジオ・メンデスでそれぞれ大ヒットしたマン=ワイルの名バラードが、オリジナル・デモで聴けるのである。しかも普段はバリー自身がデモ・シンガーを務めるのに、これはクインシーの秘蔵っ子と言われて世に出るジェイムス・イングラムが、無名時代にデモ・シンガーを務めている。

すなわち、“クインシーの秘蔵っ子” を最初にクインシーに引き合わせたのは、バリー&シンシアだったのだ。そしてセル・メンのヒット曲として知られるバラード・ヒットも、同じシンガーがデモ録音していた。これを聴くと、なるほど セル・メン完成版の歌が “クインシーの秘蔵っ子” に酷似していた理由が分かる。

更にまだ誰も録音してないという、比較的新しいデモ楽曲もありーの、でアルバム・プロデュースは、『SOUL & INSPIRATION』と同じフレッド・モーリン。

この音源を90年代半ばにバリーから聴かされた彼は、それを作品に昇華させるべく奔走し、ゲストを迎えて新録『SOUL & INSPIRATION』として完成させた。

そして今回は、その元ネタをアルバムにまとめたワケ。彼の熱意がなければ、この音源集は陽の目を見なかっただろう。バリー&シンシア、そして我が友フレッド・モーリンに乾杯 (Toshi Kanazawa's Blogより)

未発表&レア写真、英文歌詞、マン&ワイルへのロング・インタビュー掲載の64P豪華ブックレット付き。解説:長門芳郎&金澤寿和。

※初回オーダーのみの特典として本編未収録のレア音源4曲を収録したボーナス・ディスク封入。

<ボーナスディスク>
1. Just Once
2. Rock and Roll Lullaby
3. Sometimes When You Touch
4. Never Gonna Let You Go

※すべてバリー・マン本人の歌唱によるデモ音源

1. (You’re My) Soul And Inspiration
2. Hungry
3. I Just Can’t Help Believing
4. We Gotta Get Out Of This Place
5. Looking Through The Eyes of Love
6. Kicks
7. Shades of Gray
8. Who Put The Bomp
9. You’ve Lost That Loving Feeling
10. Here You Come Again
11. Don’t Know Much
12. On Broadway
13. Somewhere Out There
14. Just Once (James Ingram DEMO)
15. Never Gonna Let You Go (James Ingram DEMO)
16. Just A Little Lovin’ (Margaret Ross’ DEMO)
17. There’s No Easy Way
18. You Turn Me Around
19. Now I Do
20. Somewhere In The Distance
21. Sometimes When We Touch (Work Tape)


Posted by uncledog at 13:31:19 │Comments(0)TrackBack(0) | 素晴らしき音楽との出会い TOP | 前の記事次の記事

この記事へのトラックバックURL

http://blog.diskunion.net/user/uncledog/tapestry/cwtb.cgi/20140

この記事へのコメント


■お名前
■メール
■URL

■コメント

TOP OF PAGE