素晴らしき音楽との出会い

1年に2万キロ以上もの旅をしながら出会った様々な素晴らしき音楽をつれづれなるままにご紹介。

 
 

Gary Wilson & Tredici Bacci‎/Another Lonely Night In Brooklyn(CD)

2017-06-01

20125.jpg Gary Wilson & Tredici Bacci‎/Another Lonely Night In Brooklyn(Feeding Tube Records/FTR319CD/CD/0752830263116)

ニューヨークの奇才、そしてアウトサイダー・ポップの象徴的存在と言えるゲイリー・ウイルソンのライヴ・アルバム「アナザー・ロンリー・ナイト・イン・ブルックリン」。

いまや新作から発掘作までが広く知れ渡り、NYアウトサイダー界の重鎮となったGARY WILSON。

70年代NYの地下、NO WAVEやLOFTシーンへと繋がる異才中の異才として、ニューウェーヴからノイズ、サイケ、フリー・ジャズにディスコ、ファンク、メロウAORまでをARTHUR RUSSELLミーツPETER IVERSな感性でメルティング・ポットにぶち込んだ上にフリフリ撹拌して仕上がったドロドロ音塊を気が向いたときに気が向いたままにズレたグラサンとともに垂れ流したカルトすぎる彼の、2016年9月16日はSHEA STADIUM公演を収録したライヴ盤が登場です。

ロンリー・ナイトと銘打ちながらも、ボストンの大所帯アヴァン・マカロニ・ウェスタン・ムード・ラウンジ・バンドTREDICI BACCIをバックに迎えた1+12+マネキンの首一体という編成での一夜。

GARYの名をカルト・ヒーローに押し上げかつカルトな地位に踏みとどめ続けた77年の傑作『YOU THINK YOU REALLY KNOW ME』からの"YOU KEEP ON LOOKING"や"6.4 = MAKE OUT"、"WHEN YOU WALK INTO MY DREAMS"、"I WANNA LOSE CONTROL"、"YOU THINK YOU REALLY KNOW ME"、"CHROMIUM BITCH"といったクラシックに、同77年のシングルB面楽曲"WHEN I SPOKE OF LOVE"、03年『FORGOTTEN LOVERS』からの"NEW YORK SURF"、04年『MARY HAD BROWN HAIR』の"A VERY SMALL TOWN"、"LINDA WANTS TO BE ALONE"、"GARY SAW LINDA LAST NIGHT"、"NEWARK VALLEY"などなど新旧織り交ぜながら、ムーディかつアヴァンギャルド・ポップな演奏をバックに真にウィアードなGARY楽曲に新たな光と闇を照らし出す全14曲。

1.Intro
2.New York Surf
3.You Keep On Looking
4.6.4 = Make Out
5.When You Walk Into My Dreams
6.A Very Small Town
7.Linda Wants To Be Alone
8.Gary Saw Linda Last Night
9.I Wanna Loose Control
10.Newark Valley
11.You Think You Really Know Me
12.Chromium Bitch
13.When I Spoke Of Love
14.Forgoten Lover's Ending (Fanfare)

●上記輸入盤新譜CDは下記サイトにて好評販売中!
http://diskunion.net/rock/ct/detail/RS17053103


Posted by uncledog at 13:19:49 │Comments(0)TrackBack(0) | 素晴らしき音楽との出会い TOP | 前の記事次の記事

この記事へのトラックバックURL

http://blog.diskunion.net/user/uncledog/tapestry/cwtb.cgi/20125

この記事へのコメント


■お名前
■メール
■URL

■コメント

TOP OF PAGE