素晴らしき音楽との出会い

1年に2万キロ以上もの旅をしながら出会った様々な素晴らしき音楽をつれづれなるままにご紹介。

 
 

Tommy Talton/Somewhere South of Eden

2017-04-24

20088.jpg ◆入荷いたしました♪

<輸入盤新譜CD情報>

Tommy Talton/Somewhere South of Eden(Tommy Talton/CD/0718207506385)

70年代にスコット・ボイヤーと共に結成したバンド、カウボーイのメンバーだったトミー・タルトン。カプリコーンからリリースした4枚のLPは米国南部ロックのファンには説明不要だと思います。

一方、トミー・タルトンはセッション・ギターリストとしての顔を持っており、数多くのアルバムに参加しています。有名なアルバムとしてはグレッグ・オールマンの「レイド・バック」や「グレッグ・オールマン・ツアー」等があげられます。

トミー・タルトンの2017年新作「サムホエア・サウス・オブ・エデン」。

チャック・リーヴェル(オールマン・ブラザーズ・バンド)、スプナー・オールダム、スティーヴ・コン、ランドール・ブラムレットがゲスト参加。

サザン・ロック・ファン必聴! 2017年新作がCDリリース!

BONNIE BRAMLETTやGREGG ALLMAN、DICKEY BETTS、CLARENCE CARTER、CORKY LAING (MOUNTAIN)らのレコーディングにも参加したジョージア州メイコンのスタジオ・ミュージシャンの顔を持ち、GREGG ALLMANの「LAID BACK TOUR」にも参加、70年代にSCOTT BOYERとともにCAPRICORNのサザン・ロック・バンドCOWBOYで活躍したギタリストTOMMY TALTON。90年代にはヨーロッパへ移住、ALBERT LEEのバンドHOGAN'S HEROESのメンバーとともにTHE REBELIZERSを結成して活動、05年以降はALLMAN系のマガジン/レーベルHITTIN THE NOTEからソロ作をリリースし、地味ながら着実な活動を続けていた彼の2014年作『UNTIL AFTER THEN』以来となる新作が到着です。

MOTOWNライクなソウル"I CAN NOT BELIEVE IT"で幕を開け、ゲストにSTEVE CONNの美しいアコーディオンをフィーチャーしたブルース・ソング"HARD SITUATION"、サザン・ロックな"WE ARE CALLING"にメランコリーなスロウ・カントリー"SOMEWHERE SOUTH OF EDEN"、サザン・ジャムなブルース・ロック"WAITING ON THE SAINTS"にセンシティヴなラヴ・ソング"WHEN I FALL ASLEEP AGAIN"、コンガやピアノ、ファンキーなキーボードもフィーチャーしたラテン・インスパイアドなインスト"POBLANO"、JEFF MOSIERのバンジョーが楽しめるブルーグラス"DON'T GO AWAY SORE"、そしてSPOONER OLDHAMとの共作"I SURRENDER"などなどアメリカーナが豊潤に香る全11曲。

EMMY LOU HARRISやLUCINDA WILLIAMSとの仕事で知られるベーシストCHRIS DONOHUE、TONY JOE WHITEやBUDDY MILLER、同じくEMMY LOU HARRISらとの仕事で知られるドラマーBRYAN OWINGSをバックに従え、CHUCK LEAVELL、SPOONER OLDHAM、IKE STUBBLEFIELD、JOHN GINTY、KENNY HEAD、RANDALL BRAMBLETT、TOM RYANらが楽曲ごとにゲスト参加。

1.I Can't Believe It
2.Hard Situation
3.We Are Calling
4.Somewhere South of Eden
5.Poblano
6.Center of My Soul
7.Don't Go Away Sore
8.It's Gonna Come Down on You
9.I Surrender
10.Waiting on the Saints
11.When I Fall Asleep Again

●下記サイトで試聴可能です
http://tommytaltonband.com/discography1/

●上記輸入盤新譜CDは下記サイトにて好評販売中!
http://diskunion.net/rock/ct/detail/RS17042402


Posted by uncledog at 19:03:37 │Comments(0)TrackBack(0) | 素晴らしき音楽との出会い TOP | 前の記事次の記事

この記事へのトラックバックURL

http://blog.diskunion.net/user/uncledog/tapestry/cwtb.cgi/20088

この記事へのコメント


■お名前
■メール
■URL

■コメント

TOP OF PAGE