素晴らしき音楽との出会い

1年に2万キロ以上もの旅をしながら出会った様々な素晴らしき音楽をつれづれなるままにご紹介。

 
 

Clarence Ashley/Live and in Person(Jalopy RECORDS/JMR04/LP)

2017-04-18

20079.jpg <輸入盤新譜LP情報>

Clarence Ashley/Live and in Person(Jalopy RECORDS/JMR04/LP/0725543425812)

オールドタイム・ミュージックのファンに朗報!!

クラレンス・アシュレーが1963年にニューヨークのガーズ・フォーク・シティに出演した際のライヴが初出となる。

音源はこのアルバムをプロデュースしたピーター K シーゲルがプライベート録音していた音源です。

ニュー・ロスト・シティ・ランブラーズのジョン・コーエンがグリニッジ・ヴィレッジで撮影したクラレンス・アシュレーの未発表写真を提供した16ページ・ブックレット付

ライナーノーツもジョン・コーエンが担当。

なお、ライヴにはチャーリー・モンローズ・ケンタッキー・パートナーズのメンバー、テックス・アイズレーがギターで参加しています。

<SIDE A>
1 Dark Holler Blues
2 The Wreck of the Old 97
3 Omie Wise
4 Bully of the Town
5 Wild Bill Jones
6 Rude and Rambling Man
7 I'm the Man that Rode the Mule Around the World

<SIDE B>
1 The Coo Coo Bird
2 I Had But Fifty Cents
3 The House Carpenter
4 Shout Little Lulu
5 May I Sleep in Your Barn Tonight Mister?
6 Ain't No Use to High Hat Me
7 The Little Hillside



Posted by uncledog at 10:57:14 │Comments(0)TrackBack(0) | 素晴らしき音楽との出会い TOP | 前の記事次の記事

この記事へのトラックバックURL

http://blog.diskunion.net/user/uncledog/tapestry/cwtb.cgi/20079

この記事へのコメント


■お名前
■メール
■URL

■コメント

TOP OF PAGE