素晴らしき音楽との出会い

1年に2万キロ以上もの旅をしながら出会った様々な素晴らしき音楽をつれづれなるままにご紹介。

 
 

KRIS KRISTOFFERSON/THE AUSTIN SESSIONS: EXPANDED EDITION

2017-03-16

20047.jpg KRIS KRISTOFFERSON/THE AUSTIN SESSIONS: EXPANDED EDITION(RHINO/8122794367/LP/0081227943677)

シンガー・ソングライター/俳優として活躍しているクリス・クリストファーソン。1997年の夏、彼はテキサスで自身の代表曲とも言える楽曲をシンプルなセッティングでレコーディングした。1999年、アトランティック・レコードは、これらの楽曲を『THE AUSTIN SESSIONS』というタイトルでリリースした。

そのレコーディングが行われてから、約20年。オリジナル・アルバムの最新リマスターを収録した『THE AUSTIN SESSIONS : EXPANDED EDITION』がアナログLPレコードでも発売となる。

テキサスにあるアーリン・スタジオで、プロデューサーのフレッド・モーリンが集めた、ロサンゼルスとナッシュヴィルのベテラン・セッションミュージシャンと一緒にレコーディングされた本作には、「ME AND BOBBY MCGEE」や、「WHY ME?」、そして「SUNDAY MORNING COMING DOWN」など、クリス・クリストファーソンの代表曲がシンプルでオーガニックなセッティングで収録されている。また、ジャクソン・ブラウン(「ME AND BOBBY MCGEE」)、ヴィンス・ギル(「HELP ME MAKE THROUGH THE NIGHT」)、スティーヴ・アール(「SUNDAY MORNING COMING DOWN」)、マーク・ノップラー(「PLEASE DON'T TELL ME HOW THE STORY ENDS」)など、彼の広い交友関係を伺えるような豪華ゲストも参加している。

ゴールデングローブ主演男優賞受賞、5回のグラミー賞受賞、そして2016年にもベスト・アメリカーナ・アルバムにもノミネートされた経験を持つ、クリス・クリストファーソン。ローリング・ストーン誌に「80になってもアウトロー」というタイトルの記事でフィーチャーされた現在80歳の彼は、2017年早々に全米ツアーを発表、今も尚精力的に活動を続けている。

1. Me And Bobby McGee
2. Sunday Morning Coming Down
3. For The Good Times
4. The Silver Tongued Devil And I
5. Help Me Make It Through The Night
6. Loving Her Was Easier (Than Anything I'll Ever Do Again)
7. To Beat The Devil
8. Who's To Bless And Who's To Blame
9. Why Me?
10. Nobody Wins
11. The Pilgrim: Chapter 33
12. Please Don't Tell Me How The Story Ends

●上記輸入盤新譜LPは下記サイトにて好評販売中
http://diskunion.net/rock/ct/detail/RS17031506


Posted by uncledog at 15:44:37 │Comments(0)TrackBack(0) | 素晴らしき音楽との出会い TOP | 前の記事次の記事

この記事へのトラックバックURL

http://blog.diskunion.net/user/uncledog/tapestry/cwtb.cgi/20047

この記事へのコメント


■お名前
■メール
■URL

■コメント

TOP OF PAGE