素晴らしき音楽との出会い

1年に2万キロ以上もの旅をしながら出会った様々な素晴らしき音楽をつれづれなるままにご紹介。

 
 

Paul Butterfield/Live in New York 1970(2LP)

2017-04-20

19997.jpg Paul Butterfield/Live in New York 1970(Rockbeat Records/RKBT3347.1/2LP/0089353334727)

70年WPLJ-FMラジオ放送用音源が2LP化!

70年12月14日、NYはA&R STUDIOSでの一夜を収録。

アメリカン・ロック影の功労者PAUL BUTTERFIELDが率い、65年のデビューからMIKE BLOOMFIELDやELVIN BISHOPなどブルース・ロックを代表するギタリストを輩出した名バンドPAUL BUTTERFIELD BLUES BAND。

同年3月録音のライヴ・アルバム『LIVE』のクリスマス・プロモーションのため出演した、JACK ARNOLDとPHIL RAMONEが設立した名門スタジオA. & R.でのセッションを収録しています。

『LIVE』同様若きDAVID SANBORNがアルト・サックスで参加。冒頭から妖しげに吠えまくるブルース・ハープとヴォーカル、高らかに歌い上げるホーン・セクション、新加入したDENNIS WHITTEDのドラムも際立つズシズシを音を立てて迫りくる重厚で粘りつくようなバンド・サウンド。

ALBERT KINGクラシック"BORN UNDER A BAD SIGN"をはじめ、ブルース・ロックを中心にソウル、ファンクのグルーヴとジャジーな緊迫感を併せ持った極上にカッコいいライヴ音源です。

PAUL BUTTERFIELD: HARMONICA & VOCALS
DAVID SANBORN: ALTO SAXOPHONE
GENE DINWIDDIE: TENOR SAXOPHONE, FLUTE, VOCALS
DENNIS WHITTED: DRUMS
STEVE MADAIO: TRUMPET
ROD HICKS: BASS
RALPH WASH: GUITAR
TREVOR LAWERANCE: BARITONE SAXOPHONE

[Disc 1]
1. Born Under A Bad Sign
2. Play On
3. Driftin' Blues
4. Everything's Gonna Be Alright

[Disc 2]
1. The Boxer
2. Stuck In the Countryside
3. Love March
4. Back Together Again
5. So Far, So Good

●上記輸入盤新譜LPは下記サイトにて好評販売中!
http://diskunion.net/rock/ct/detail/RS17041815


Posted by uncledog at 18:04:14 │Comments(0)TrackBack(0) | 素晴らしき音楽との出会い TOP | 前の記事次の記事

この記事へのトラックバックURL

http://blog.diskunion.net/user/uncledog/tapestry/cwtb.cgi/19997

この記事へのコメント


■お名前
■メール
■URL

■コメント

TOP OF PAGE