素晴らしき音楽との出会い

1年に2万キロ以上もの旅をしながら出会った様々な素晴らしき音楽をつれづれなるままにご紹介。

 
 

HOWARD WALES/RENDEZVOUS WITH THE SUN (LP+7")

2017-01-13

19899.jpg HOWARD WALES/RENDEZVOUS WITH THE SUN (LP+7")(WAH WAH RECORDS/LPS180/LP+7"/4040824086435)

ベイエリアのジャズ・ファンク・クラシック、76年ソロ・デビュー作自主盤がボーナス7"付属でリマスター初アナログ・リイシュー!

60年代には知る人ぞ知るサイケデリック・ブルース・コンボA.B. SKHYのメンバーとして活動し、70年のJERRY GARCIAとのコラボ・アルバム『HOOTEROLL』でDEADファンにも広く知られるセッション・キーボーディストHOWARD WALES。

70年代初頭、JERRY GARCIAがレギュラーを努めていたサンフランシスコの伝説のヴェニューMATRIXでのジャム・セッションに参加したことがきっかけで交流が始まり、名盤『AMERICAN BEAUTY』では2曲に参加、DEAD本体やGARCIAソロのライヴやセッションにも帯同。

また近年ではスピリチュアル・ジャズ・ファンク傑作として評価される SHADES OF JOYによるカルト・ムービー 『EL TOPO』にインスパイアされ製作された70年似非サントラ盤『MUSIC OF EL TOPO』への参加でもレアグル界隈に注目された手練です。

HOWARD自身のCOSTAL RECORDSからリリースされたプライヴェート・プレス唯一作。DJ HARVEYにも取り上げられた表題曲"RENDEZVOUS WITH THE SUN"、ヘヴィなドラムにスペイシーなキーボードが絡みつくエレクトロ・ファンク・フュージョン・マスターピース"KARNAVAL"をはじめ、ジャズ・ファンクでニューエイジでサイケデリックでプログレッシヴな独自の世界を展開する全10曲。

SANTANAにも参加したメキシコ系ティンバレス奏者PETER ESCOVEDO、SHADES OF JOYメイトでもあるベーシストROGER 'JELLY ROLL' TROY、同じくSHADES OF JOYメイトで『HOOTEROLL』でもテナー・サックスを披露するMARTIN FIERROに、SONS OF CHAMPLIN~のちCHICAGOのBILL CHAMPLINなどなど西海岸人脈が大挙参加しバックアップしています。

付属のボーナス7"EPには メガレアなCOSTAL RECORDSからのシングル楽曲"HUXLEY'S HOWL"、"MY BLUES"の2曲に加え、未発表の2曲も収録。500枚限定盤。

1. Rendezvous With The Sun (Part I)
2. Rendezvous With The Sun (Part II)
3. Karnaval
4. My Blues
5. Late Cruiser
6. Tides
7. Solar Eclipse
8. Distant Children
9. Side Street
10. Golden Flyer

●上記輸入盤新譜LPは下記ウェッブサイトにて好評販売中!
http://diskunion.net/rock/ct/detail/RS17011302


Posted by uncledog at 17:32:19 │Comments(0)TrackBack(0) | 素晴らしき音楽との出会い TOP | 前の記事次の記事

この記事へのトラックバックURL

http://blog.diskunion.net/user/uncledog/tapestry/cwtb.cgi/19899

この記事へのコメント


■お名前
■メール
■URL

■コメント

TOP OF PAGE