素晴らしき音楽との出会い

1年に2万キロ以上もの旅をしながら出会った様々な素晴らしき音楽をつれづれなるままにご紹介。

 
 

≪輸入ジャケ違いメキシコ盤CD≫ROLLING STONES/BLUE & LONESOME ◆遂に2016年度最終便にて初入荷♪♪

2016-12-28

19886.jpg ◆遂に2016年度最終便にて初入荷♪♪

≪輸入ジャケ違いメキシコ盤CD≫

ROLLING STONES/BLUE & LONESOME (MEXICO CD)(POLYDOR/5714942/CD/2299990220349)

≪輸入ジャケ違いメキシコ盤CD≫

バックの青から赤のグラデーションが白からピンクのグラデーションに変更されたジャケ・カラー違いのメキシコ盤エディションCD!

掲載ジャケット・イメージでは光の関係でタイトル・ロゴが飛んで見えますがきちんと白字で印刷されています。

11年振り、STONES待望の新作は、原点回帰のブルース・アルバム!

50年をかけて構想し、たったの3日でレコーディングされた作品。

THE ROLLING STONESが、彼らのハート&ソウルでもあるブルースというルーツそして情熱に回帰した、実に11年振りとなるスタジオ・アルバムが登場。

レコーディングされたのは昨年12月のたった3日間。若かりしSTONESがブルース・バンドとしてのキャリアをスタートさせたロンドン西部にあるBRITISH GROVE STUDIOSにて、全曲オーバーダブなしに生演奏された衝動的な作品! 偶然にも隣のスタジオでアルバムをレコーディングしていた旧友のERIC CLAPTONが2曲にゲスト参加。プロデュースはDON WASとGLIMMER TWINS(JAGGER/RICHARDS)。

「このアルバムは彼らの純粋な音楽作りへの愛情の証であり、そしてブルースはSTONESにとってやること全ての源になっている。」(DON WAS)

ALL TRACKS FEATURE:
MICK JAGGER (VOCALS & HARP)
KEITH RICHARDS (GUITAR)
CHARLIE WATTS (DRUMS)
RONNIE WOOD (GUITAR)

DARRYL JONES (BASS)
CHUCK LEAVELL (KEYBOARDS)
MATT CLIFFORD (KEYBOARDS)

GUESTS:
ERIC CLAPTON (GUITAR) (6, 12)
JIM KELTNER (PERCUSSION) (9)

1. Just Your Fool (Originally written and recorded in 1960 by Little Walter)
2. Commit a Crime (Originally written and recorded in 1966 by Howlin’ Wolf - Chester Burnett)
3. Blue and Lonesome (Originally written and recorded in 1959 by Little Walter)
4. All of Your Love (Originally written and recorded in 1967 by Magic Sam - Samuel Maghett)
5. I Gotta Go (Originally written and recorded in 1955 by Little Walter)
6. Everybody Knows About My Good Thing (Originally recorded in 1971 by Little Johnny Taylor, composed by Miles Grayson & Lermon Horton)
7. Ride ‘Em On Down (Originally written and recorded in 1955 by Eddie Taylor)
8. Hate To See You Go (Originally written and recorded in 1955 by Little Walter)
9. Hoo Doo Blues (Originally recorded in 1958 by Lightnin’ Slim, composed by Otis Hicks & Jerry West)
10. Little Rain (Originally recorded in 1957 by Jimmy Reed, composed by Ewart.G.Abner Jr. and Jimmy Reed)
11. Just Like I Treat You (Originally written by Willie Dixon and recorded by Howlin’ Wolf in December 1961)
12. I Can’t Quit You Baby (Originally written by Willie Dixon and recorded by Otis Rush in 1956)

●上記輸入盤新譜CDは下記サイトにて好評販売中!
http://diskunion.net/rock/ct/detail/RY161215RSMX01


Posted by uncledog at 10:20:17 │Comments(0)TrackBack(0) | 素晴らしき音楽との出会い TOP | 前の記事次の記事

この記事へのトラックバックURL

http://blog.diskunion.net/user/uncledog/tapestry/cwtb.cgi/19886

この記事へのコメント


■お名前
■メール
■URL

■コメント

TOP OF PAGE